FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2018.11.13 (Tue)

RYUMEI・FANMEETING・8@早稲田RiNen~m7♭5は切なさの秘密

怒涛のレコ発ライブから5ヵ月。
1年ぶりのFANMEETINGと称してのライブです。

次のライブやりましょうと、話が決まったのは8月の頭。
それから地道な作業を重ねつつ、この日を迎えました。
いつも楽しみに来てくれる方、
初めて&ものすごく久しぶりに来てくれる方、
泣く泣くどうにもならない事情であきらめざるを得なかった方、
すべての人の思いが集まる日になります。

いつもと同じように見えても
毎回、手探りです。
回を重ねるごとに、
自分の力不足や思い上がりを突き付けられているようにも思います。
でもこういう日々を過ぎて、気付くと新しい場所に立ってて、
まあとりあえず、ここまでは悪くなかったのかなと思います。
この先も間違わずに進む保証はないけれど。
うーん、むしろ、不安です。

来てくださる方には、心から楽しい時間を。
もろもろ行き届かないところもあると思いますが
なにとぞよろしくお願いします。

時間に余裕をもって。
細かいお金を用意して。
楽しむ気持ちをマックスにして。
お気をつけていらっしゃいませ!

まだ返事のこない方もおりますけど、
当日ふらっと来るのでもかまわないです。
迷っている方も、遠慮せずに来てくれたら嬉しいです。

この日にしか体験できない、
RYUMEIさんの歌声&ギターを、
日常とは切り離された空間で
たっぷりと堪能してください。

********************

RYUMEI・FANMEETING vol.8
早稲田RiNen  → HP http://waseda-rinen.com
東京メトロ・東西線・早稲田駅、1番出口を出たら、左へ。
30秒で、ローソン手前に地下に降りる階段があります。

開場13:00 開演 13:30
3,500円 ワンドリンク別。
ライブ後、打ち上げがあります。
フード持ち込みフリー。
ドリンクはお店でご購入ください。

私は入口すぐの受付にいます。
お支払い&ドリンクの交換は、
奥のカウンター(ステージ横)になります。
ライブが開始してから到着された方は、頃合いを見て、
カウンターに直接行ってください。

********************

なお、レポはここへ続けていきますので、
ご意見ご感想などこちらでお待ちしております。

********************

帰ってきました!
たっぷりと充実のライブ&打ち上げでした。
また新しい出会い・つながりがあちこちで生まれましたね!
ひとつひとつ、手を伸ばしたら届くような距離感で
大きくなっていくRYUMEIさんを取り巻く世界。
この地道さというか、堅実さが、
RYUMEIさんの持っている資質に通じるようにも思います。

レポは時間を見つけて頑張って書きます。
みなさまからの感想、待っています。
いきなりは書きにくいよ!という方は、
メールでワンクッション置いていただければ、こちらで転載いたしますよ。

みなさんちゃんと無事に家までたどり着いてくださいね。

********************

ファンミが終わってかなり経ってしましました。
ようやくレポ、アップです。
前回は3部作でしたが、今回はこれ一つで。
長いのは相変わらずなので、時間を取ってゆっくりと、
お楽しみいただけると嬉しいです。

P1140043re.jpg
スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : RYUMEI 小田木隆明 早稲田RiNen

10:35  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(26)

2018.10.27 (Sat)

身体が先に衣替え

久々の蛸足格闘部です。

週1回のリハビリにちゃんと通っています。
ほぼ毎日、家での筋トレを朝と夕方に続けています。

6月下旬に始まったリハビリも、
連続して施術できる期間というのが決まっているらしく、
残りあと3回くらいになりました。
ゆるふわのカワイイお兄ちゃんとの楽しい時間も
終わってしまうのがさみしいです。
声がまた、ふわっと柔らかくて少し高めで好みだったのになー。
(何しに行ってるんだか)

最初に教わった3つの筋トレは、
回を重ねるうちに7つにまで増え、
忙しい朝の時間をなんとかやりくりしつつ、
サボらないように頑張っております。
基本、そこまで追い込むような運動ではないし、
正味10分?くらいのものなので、
無理せず、でも甘やかさないようにやってます。

おかげさまで、腰痛はほぼなくなりました。
朝も普通に起きれるし、
立ちっぱなしから動くときの痛みもなくなった。
それなりに筋力がついたのかもしれません。
でもセンセからは、腹筋も背筋も、あともう1歩、
2歩3歩(3歩かよ!)と言われてますが。

夏の間、アクアビクスは少し控えていましたが、
8月中旬に、スクールが再開してから、
また行くようになりました。
骨盤を意識した立ち方、お腹に力を入れること、かかとをしっかりつけること、
そんなのを気にしながら、以前の7割くらいの力加減で動いてます。
プールの後でも、翌日にイテテとなることもなくなった気がします。

ちょっと筋肉つけるだけで、
なくなる不調ってたくさんあるんですよ。

さて。
9月の終わりくらいから、
なんかちょっと多めに食べることが続いて、
やばいなあ、と思ってたんですが、
案の定、体重が500グラム上で推移するようになりました。
ガクリ。
夏は、ちょっと1キロ増えてしまっても、
気付くとスーッと下がっていたのに、
秋が近づいて来たらもう、
身体の方が勝手に、たくわえモードに入ったみたいっす。
だから、あるものを使えと!!
10月に入ったくらいから、完全に、
身体の方が先に衣替えしたみたいです。

まあ一応、動いていれば、お腹周りのたるみも取れていくので
数字のことばかり気にせんと、
ちゃんと地道に筋トレして、
格闘系やプールで暴れていこうと思います。

みなさまも、日々のちょっとしたことから、
身体は変わっていくので、
いい季節の今から、ちょこちょこ動いてみるといいですよ。
いちばんの肝は続けること。無理しないこと。
健康だけは、分割払いしてるのもんさんです。

タグ : 筋トレ アクアビクス リハビリ

11:43  |  蛸足格闘部  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.10.24 (Wed)

RYUMEI・FANMEETING 8 近づいてきました

10月も下旬に入り、すっかり季節も変わりましたが
みなさま体調など崩されていませんか?

11月4日(日)、ファンミーティング8回目も近づいてまいりました。

*****************

RYUMEI・FANMEETING vol.8
早稲田RiNen  → HP http://waseda-rinen.com
東京メトロ・東西線・早稲田駅、1番出口を出たら、左へ。
30秒で、ローソン手前に地下に降りる階段があります。

開場13:00 開演 13:30
3,500円 ワンドリンク別。
ライブ後、打ち上げがあります。
フード持ち込みフリー。
ドリンクはお店でご購入ください。

*****************

参加しやすい曜日・時間てなんだろう、と模索しながら
日曜の午後という設定をしてみましたが
まあ、いろいろたまたまもあるのでしょうが
参加できない方がぽろぽろいるという感じです。
本来であれば、来れる方なのですが
ちょうど折悪く、断念せざるを得ないというのが、切ないですね。
他の日だったら、と思うこともありますが、
決めたときは、もうこの日しかないなあという状況でした。

まだ時間ありますので、
迷っている、ちょっと頑張ればどうにかなる、
そんな方は、えいやとご参加いただけると嬉しいです。

RYUMEIさんのほうでは、わりと早い段階から
ライブについても準備が進んでいるような感じでした!
私の方は、相変わらずというか、
いよいよライブが近づいての1か月は正念場というか、
返信を待つのか・こちらから行くのか、
悩ましい日々を過ごしています。
チケットは8割くらいできたかな。
何枚作ればいいんだかわかりません。
ウエルカムボードは、どうだろう。やらないかも。
早稲田RiNenさんは、
お迎えできるようなところに飾るスペースがないのですよ。
お店自前のちゃんとした案内看板もありますしね。

と、何やらテンション下がり気味なことばかり書いておりますが、
今回、はじめて参加してくれる方もおりますし
久しぶりの方、前回から続いて2回目の方、と
新鮮な顔ぶれになりそうです。
おそらくライブ参加・最年少記録になるであろうお客様も。
とても楽しみです。

参加される方へのお願いです。
お金、なるべく細かい状態でお持ちくださいね。
万札ご遠慮ください。

地元民でない限り、
東西線・早稲田駅からいらしてください。
他の駅からだと迷います。
こちらも案内できません(汗)

FANMEETINGとしては1年ぶり。
RYUMEIさんの、オリジナル&唯一無二のカバーを
至近距離でたっぷり味わってください。
そのあとは飲んでおしゃべりして、
RYUMEIさんの飾らない人柄に触れたり、
ファン同士のつながりを広げたり、
楽しい時間をお過ごしください。

みなさまのお越しを、心よりお待ちしております!



テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : RYUMEI 小田木隆明

22:35  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

2018.10.21 (Sun)

本棚『インターネットが普及したら、ぼくたちが原始人に戻っちゃったわけ』ほか

更新が滞っているので、
たまっている本の記事を引っ張り出します。
この本読んでたの、3~4月くらい?えー?
随分前のような、こないだのような、ヘンな感覚です。

『ローカルブックストアである福岡ブックスキューブリック』:大井実(17.01)
以前読んだ『本屋がなくなったら困るじゃないか』の
企画元であるブックオカを主宰している方の本。
個人で本屋を始めるいきさつから、
地域の中に定着し広がっていく15年の記録。
読み進むのが大変なほど、みっちりと濃い。
限られたスペースの中に置ける本を選ぶことが、
そのまま店の個性になる。
可能性を広げていくと、
雑貨やカフェやイベントなども、本屋の中に入っていくのも面白い。

『節約する人に貧しい人はいない』:中川淳一郎(16.03)
図書館の家庭の棚に、
なんでこのヒトの本があるんだろうと思って借りた。
要は身の丈の生活をしましょう、ということ。
人の方を見て、人の基準で生活してもしょうがないよと。
値段や行動の無駄を、これでもかと具体的にあげていくことで
やっと気づく人もいるのだろうな。
というか、右肩上がりやバブルのころに生まれた経済観念が異様で
もういい加減、そういうのから離れなよ、と思う。
会社は二人で出来る、というのは目からウロコ。
3人になった時点ですでに生まれる歪みがある。
この本を読んだ後、
先日、最近の子は免許を持ってても車を運転する技術がない、な話を聞いて
見栄も案外、役に立ってたんだな、と思った。

『本の本 夢眠書店、はじめます』:夢眠ねむ(17.11)
「でんぱ組.inc」のメンバーだそうな。
ガチの本好きのようで、
本をめぐる様々な職種の方とのインタビューがたくさん。
書店だけでなく流通や校閲など、
表だけでなく裏方の仕事についても突っ込んでいくのが面白い。
インタビューの最後にいつも入る「夢眠書店へのアドバイス」という項目が、
この先、本当に本屋を実現するための助言であるといいと思った。

『デザインの仕事』:寄藤文平・(聞き手)木村俊介(17.07)
名前を知らなくても、広告を見ればこのヒトだったのかと分かる。
パラパラ見たときには、挿絵が入っていないので、
どういう人なのか分からなかった。
デザインを仕事にすること、アイディアの出し方、本を装丁する場合の距離感、
紹介というレベルではない、職人の現場の考え方や技術について
具体例を含めて細かなところまで語っている。
実際に関心があって進もうとしている人や、
仕事として携わっている人に
届くような深さの話が詰まっていて
とても刺激的だった。

『インターネットが普及したら、ぼくたちが原始人に戻っちゃったわけ』
:小林弘人・柳瀬博一(15.01)
こういう話はやっぱり本で読むのが一番入りやすいな。
ネットが普及したことで変化した世界を網羅的に語る。
誰でも発信できる、さらに誰でも作れるところまで環境が整っていく中で
プロの役割も、変化していかなければならない。
情報のキュレーションだけでなく、
まとめたところから生まれる視野、解説、解析などに比重が移っていく。
ビッグデータも集めるだけでは意味がなく、
どう生かした使い方ができるかが肝心。
プラットフォームを持っているものが強かった時期はもう終わって
個人の能力で差が出ていく時代に。
誰でも発信できるようになったからこそ、
発信するだけでは何もしていないのと同じ。
何かを動かしてこそ影響を与えてこそ、発信したと言える。
アートとサイエンスという、仕組みの違う視点を
バランスよく組み合わせなければ、狙った効果は生み出せない。
どこでも同じようなものが手に入るとき、
結局残るのは、個人の関係。
友達として把握できる人数にはだいたいの上限がある。
山ほどある情報の信頼性、自分にとって有用かどうかの選択は、
それを発信しているのが誰なのか、という点に行きつく。
どこを取っても刺激的な本で、
今の状況、これからの変化を分かりやすく教えてくれる。
手元に置いておきたくなる本。

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

17:09  |  蛸足図書室  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.10.02 (Tue)

FMわっちでRYUMEIさんの楽曲オンエア!(3回目)

わっちアフタヌーンアワーにて、
RYUMEIさんの楽曲、かけていただけましたー!

今回は 「小さな世界」 でした!!

コウイチーーー!!メールしときゃよかった。

「リクエストにお答えしましょう」と、
RYUMEIさんの簡単なプロフィールを紹介して、
バックではもう、鳥の声とフットステップが。
おお~~!!これが来ましたかあーーー!!
ナレーションから入るところがラジオっぽーい!!
今日の気候のように爽やかな歌声です。
すごくぴったり!!

ほーりーさん、ありがとうございました!!
無事、リアルタイムで聴けましたー。

他にも聴けた方、いるかなあ。

タグ : RYUMEI 小田木隆明

12:20  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(16)
 | HOME |  NEXT