FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2020.02.11 (Tue)

本棚:『まだまだ知らない夢の本屋ガイド』ほか

読んでいたのは去年の前半か。
考えさせられることの多かった、濃いラインナップです。

『誰も教えてくれないイベントの教科書』:テリー植田(19.02)
RYUMEIさんのファンミーティングをやり始めて、
次でもう10回目になる。イベントとしては11回目。
あらためて読んでみて、手探りで自分がやってきたことが
あながち間違ってはいなかったのだと確認できてほっとする。
イベントはコミュニケーション。
出演をお願いしているRYUMEIさんの満足と、
足を運んでくれたお客様の満足を
一番に考えること。
双方が作る雰囲気で、一体感のある場所ができあがる。
そうした場所にするために、
裏方としてやっておくことは本当にたくさんあるけど、
欲張らず、一つ一つ丁寧に進んでいけばおのずと伝わっていく。
ただやはり一人で抱えるリスクも感じる。
といっても、限られた時間の中では、作業を振り分けること自体が難しい。
この先どこまでミニマムな態勢でやっていけるのか分からないけど
見直しながら進めるしかない。
やってやれないことなんてない、と
この本を読んで思った次第。

で。
この記事の最終更新日は去年の7月でした。
このあと10月のファンミは台風19号の影響を受けて延期となり、
なんとか3月に開催する運びとなりました。
とはいえまだ保留な問題もあり、イベントを続けるのって難しいなと思います。
後日あらためてこの本を手に取って、
自然災害でイベントを中止にすることの意義が書かれていて
少し救われたような気持ちになりました。

『がんを生きぬくお金と仕事の相談室』:辻本由香(19.02)
実用的な本。
ファイナンシャルプランナーさんなので、
制度や保険やお金まわりのことについても
しっかりと取材されていていろいろと参考になる。
「トータルペイン」の表って、
自分を客観視したり、種類の違う問題を整理するのに
とても役に立つものがあるんだな。
患者だけでなく、支える周りの方も有効。
「かかる費用」と「かける費用」の問題は、
当事者とそうでない人との間で考え方に差が出る。
好きでなったわけではない病気と副作用に、
QOLの視点からちゃんとフォローが欲しいと思う。
患者会に潜入して儲けようとたくらんでいる輩もいるとは、
どこにでも鬼畜っているんだな。
弱っているところに付け込まれないように、
しっかり自ら向き合うことも大事。
ゆくゆくは遺伝子レベルでがんのリスクを知ることができるようになるだろうけど
すぐ裏に「差別」へ向かう意識が潜んでいるのが本当に情けないと思う。
二人に一人の現実の中で、いかに生活を維持しながら病気と付き合っていくか、
自分も周りも意識を変えていくこと。

『まだまだ知らない夢の本屋ガイド』(16:11)
面白かった!
各地の書店員さんが、まだ知られていない本屋を紹介するというガイドブック。
興味深い、ニッチでコアな要望に応えるような個性的な本屋が
次々と登場する。
地方にあって簡単には行けないような場所が続いて、
さあ東京が出てきた、と思ったら、紹介制の高額サービスだったり。
途中から、疑問がぼんやりと浮かんできて、
やっぱり、さきに最後の方を開いてしまった。
実際に書いた書店員さんのプロフィールを眺め、
そのひとつ前のページに答えが。
いろいろな方に依頼して書いてもらっているのに、
文章がバラバラな印象がなく、
やはり山のように本を読んでいる人は、文才もあるんだなーと感心。
最初は小説を読むようにキャラクターが変わる、くらいの差しか感じなかったけど、
忍者カフェから急に言葉が入ってこなくなっちゃって、
そのあといかにも女性のオタクが書いたような文章が出てきて、
ぜんぜん受け付けられなくて。
あーやっぱりそれぞれ違う人が書いてるんだなあ、と納得。
終盤の高松の本屋の話から、
またイイ感じに雰囲気のある話が続いてほっとした。
この本、一章一章をどう並べるか、が一番の肝のだったんじゃないかな。
お気に入りは「HOLE」と「河谷家書店」
アイディアが素晴らしいなと思ったのは「GOKUCHU BOOKS」「書庵 道草」
どの書店も夢がありつつ売れている、のが素晴らしい。
この本、どんなふうに読まれてるのかなあ、と検索してみたら、
このうちの一章を書いた方が実際に営まれているお店のHPがヒット。
fuzukue 本の読める店 http://fuzkue.com
本当にこういう素敵な店があるんだなあ。行ってみたい。

『たとえ世界が終わっても その先の日本を生きる君たちへ』:橋本治(17.02)
聞き書きの本。
50代と30代のライターを相手に、話ながら進めていく。
橋本治さんが育った時代の、目に見える世界の変わりよう、
生活や人が変わっていくのを肌で実感し、
そこから大事なことを抽出すると
ちゃんと世界を見るものさしができあがる。
橋本さんの中で、イギリスのEU離脱のお題は、
遠くローマ帝国の時代にまでさかのぼりながら、
ロシア崩壊や日本のバブル期、今の世の中にあふれる物言いにまで
経済というキーワードですべてつなげていく。
決してアクロバティックな論理ではなく、ごく普通にたどっていくだけで
物事がシンプルに見えてくる。
今のビッグデータなんてものに振り回されなくても、
橋本治という一人の頭の中で、
長く広い膨大な全体を網羅的にとらえ、
ひとの、普遍的な本質を取りだすことができる。
今ある、欲望を満たすだけのための「心のない論理」と
上っ面だけを装う、一見なんの問題もないきれいごとの「心の論理」ではなく
必要なのは、時間をかけて絡まったものをほどきながら考えていく「心のある論理」
でもそんな悠長ですぐに結論に達しない(結論もないかもしれない)ものに
辛抱強く付き合えるだけの力はどんどん奪われていって
1,2,3で分かるようなものにだけ反応し、決めつけ、排除してオシマイ。
橋本治のいなくなった世界で、誰が今を見直すヒントを出すことができるんだろう。
ネットやらAIやらと、取り巻く環境がこの先どんどん変わっていくとしても、
きっと橋本治の本の中に、そのヒントは書かれてある。
ほんとにね、橋本治の本はもっと読まれないといけないと思う。
説明するというのは時間がかかるもので、
でも橋本治さんだからこそ、
新書なんていうボリュームの中に収まるくらいにまで
すっきりさせることができるのだ。
難しい言い方で置いてきぼりをくらうこともなく、
平易な言葉と、身近な例で、
分からないことを丁寧に考えていくと、
いつのまにか、言われれば分かりきったこと、にまでたどり着く。

「金融経済」は殺しても死なないゾンビ。
オリンピック参勤交代方式。(金を使わせて余計なことをする体力を奪う)
「社会建設」がなくなって、欲望がすぐ充足されると、ヒトは人間じゃないものになる。
「大きくなる」はもう限界。お客のいない産業ってどういうこと?
「損得で物事を判断しない」ことを「正義」という。
もうね、橋本ワールドのまっとうさって凄いです。
スポンサーサイト



テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

10:41  |  蛸足図書室  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2020.01.26 (Sun)

単発でやってきたエクササイズあれこれ

アップしていない間に、ちょこちょこと変わったエクササイズをやっていました。
ダンナが持ってる株主優待券を使って、全国チェーンのスポーツクラブに行くこともあり、
そこでつまみ食い的に試してやってみたり。
思い出すままに書いてみます。

・バイク&筋トレ
正式名称は忘れたけど、自転車エクササイズと、ウエイトを二つ使った筋トレを
交互にやるエクササイズを2回くらいやりました。
筋トレのときは、自転車を下りてやるのが可笑しかったな。
スタミナ系有酸素運動と筋トレをムリヤリくっつけたプログラムでしたが楽しかったです。
人気がなくてすぐなくなっちゃったみたいだけど。残念。

・Jumping Hi
一人用の小さいトランポリンを使ったリズムエクササイズ。
上に跳ねるのではなく、下に押し込む!というのがポイントでした。
上半身は固定させて、膝から下を動かす感じ。
お腹周りにジミに効きます。意外にキツイ。
ステップを変えたりシザースを入れたり、簡単だけどけっこうハード。
機会があればまたやりたい。

・シンプルステップ
ステップ台を使ったエクササイズ。
単純なものですが、ステップ台をまたいで向こう側へ移動するアクションが入ってくると
途端に頭が動かなくなりあわあわしだすのが我ながら情けない。
強度はないし、アタマが混乱するのでよけいちゃんと動けず
あまり運動効果はないかも。
暇つぶしにやる感じです。

その他の小ネタ。

グローブ2

・アクアグローブ
アクアビクスで2年半使っていたら、手首のゴムが伸びて、
やってる間に脱げそうになるので、2代目を新調しました。
こんなになるまで続けていたのかとちょっと感慨深かったな。
そういや水着も2着、薄くなったり破れたりするまで使い切ったな(笑)

・なわとび
今年からレッスンが激減すると分かり、下半身はどうしようもなく重い。
なんとかしなければ!と、思い立って百均でなわとびを購入。
ボクシングやってる人がトレーニングでやるイメージなので、以前から興味があったのです。
グループファイトの中でもエアなわとびの動きもあるし。
ジムのない日、仕事から帰って荷物を置いたら、ぱっと近所の公園へ。
タイマーをしかけて10分ほど。休み休み飛び跳ねています。
エアと違って、実際に回しながら飛ぶのはけっこう大変!
1分飛び続けるのだってなかなかしんどい。息があがります。
始めて2日目に、ひゅんひゅんと鳴る音に気付いた幼稚園女子3人が寄ってきて
「ワタシもやるー!」とマイ縄跳びをもって来た時は焦りました。
彼女らのおしゃべりに付きあいながら、なんとか10分やり抜けたのは良かったけどね。
次からは子供の声が聞こえない場所でやることにしています(汗)

タグ : 自転車エクササイズ トランポリン なわとび アクアビクス

14:12  |  蛸足格闘部  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2020.01.26 (Sun)

このところの運動事情

蛸足格闘部、前回の更新から1年以上たってました。

このところの問題としては。
10年近く続けているF橋アリーナの格闘系クラスがなくなりそう、ということ。
インストラクター2名のうち、ひとりが去年異動になり、
レッスンの数が半分減ってしまいました。
一番打撃を受けたのは、平日夜のクラスがなくなったこと。
これでまったくお腹周りが減らなくなってきました。
で、今年の1月いっぱいで、もう一人も異動することに。
次に来る人は、ファイトのライセンスを持ってないとか。
資格を取らせてもらえるかどうかもわからない。
格闘系クラスはすべてなくなることに。

おいっ。

クラスやエクササイズのタイプは年によっていろいろ変わり
週4回くらい動ける時もあれば、月に2回くらいしかできない時もありました。
でもまるっきりなくなるってことはなかったはず。

F橋アリーナでいくら「お客様の声」やアンケートを記入したところで、
ぜんぜん力にならないみたい。
まだ今月中なら覆すことができるかもしれない。
一般ユーザーをなめんなよ!!と、
インストラクターの委託先の本社へメールを送ったところ、
これがけっこう反響があったらしく、
とりあえず来月1回、単発で他のインストラクターさんが来て
レッスンをやってくれることに変わった。
次以降は分からないけど、もろもろ検討してくれる要因にはなったかも。
ただ文句を書き連ねたのではなく、いろいろな要素を盛り込んで、
冷静に、困っていることを伝える姿勢で書いた。
声を届けないまま、言われたことを受け入れるなんてとんでもない!
公共施設で、安い値段で、行きたいときにすぐ行ける、
この手軽さがあるからこそ、10年間、続けて来れたのだ。

とはいえ、すぐに毎週レッスンができるような状況になるとは思えないので、
遠くなるけど、K飾区のスポーツセンターに、行ってみようかと思ってる。
片道500円、レッスンがワンコインで500円、折り合いが付けられる妥当な線です。
近隣のスポーツクラブを探しまくったけど、
受けたいクラスと、時間帯と、値段の条件が
希望に合うところなんてないんだよね。

もうひとつ。
アクアビクスの土曜のクラスが、こちらも1月からいきなり変更になり、
10時から12時に時間が変わり、
インストラクターさんはその時間に来れないために契約を打ち切られ(ヒドイ)
お客さんも都合がつかない人が多く人数激減。
来月からの先生もまだはっきり決まってないみたい。
お金が入りそうな見込みのある子供のクラスをその時間に新設したため
長くこの時間でやってきたオバサンたちがあおりをくらっています。

なんかなー。
人手不足だとか、経営の見直しだとか、
じんわりと世の中が不景気へ向かっていく影響が
こんなところにもすでに出てきてる気がします。

私としては、週に最低でも3日は動きたい。
実際は週4日くらい動かないと体重もお腹周りの肉も減らないし、
減りにくい冬場は現状維持ができないんだよねー。
もうずっと、デブなままで変わらなくてイヤになります。
格闘系とアクアビクスの、強度の高いプログラム二つを継続的にやっていきたいのに
これから先、いろいろ難しくなっていくのかなと暗澹たる思いでございます。

タグ : 格闘系エクササイズ アクアビクス

13:23  |  蛸足格闘部  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2020.01.13 (Mon)

ブルーの格子のシャツ

ブルー格子4re

前回のクレリックシャツがサイズがちょうどよかったので、
同じパターンを使って、もう一枚。
襟もカフスも共布で。
何にでも合わせられるフツーのシャツ。

ブルー格子re
ブルー格子3re
ブルー格子2re

以前、名古屋にコンサートを見に行った時、大塚屋で買ってきたうちの一つ。
パジャマのつもりで3メートル買ったけど、
シャツ2枚作ることにしました。
残りはそのうち半袖か七分丈のシャツにでも。



テーマ : ハンドメイドの作品たち - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 手縫い

14:59  |  趣味の針仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2020.01.04 (Sat)

来生たかおChristmas Color2019@オーチャードホール~1年越しのクリスマスプレゼント

水戸のバンドライブの余韻を残しつつ。

21日には神戸で、25日は渋谷で。
今年の締めくくりのクリスマスのライブです。
去年は超スペシャルで、選曲で度肝を抜かれまくって、めっちゃ楽しかったなー。

あとでここにレポを入れます。
一足先に神戸に行かれる方、気が向いたらご報告待ってます。
私はオーチャードが終わったら覗きに来ます。

*******************

帰ってきました。
まさかこの曲を!!!がたくさんあって、
2階席から飛び降りたいくらい嬉しかったです!
袖の席だったので、音が万全ではなかったかもしれないけど、
来生さんの声も素敵だったし、バンドの演奏はやっぱり楽しい!
クリスマスだけのサプライズと言わず、
通年ツアーでもこれくらいの驚きをもっと入れてほしいよーっ。

レポはどうなるか。さっぱり分かりませんが、なんとか頑張ります。
見るとこ聴くとこ多すぎてとっちらかりそう。

お会いできたみなさん、お元気そうで良かったです!!

*******************

明けましておめでとうございます。
ようやく出来上がったのでアップします。
お年賀としてお納めください。
コメントのお返事はまたのちほど。

毎度のボリュームです。追記へどうぞ。

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : 来生たかお RYUMEI 小田木隆明

12:21  |  RYUMEI・来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(16)
 | HOME |  NEXT