2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2009.01.04 (Sun)

FCバンビーノ☆ver.0809

さて09年は華々しく、自分勝手に楽しむ「蛸足小ネタ総研」から!

もう随分と前にやった企画の第2弾です。
→ ドリームチームFCバンビーノ
あれから3年。
さすがにメンバーに無理が出てきたので、
ここで一発、リフレッシュさせたいと思います。
移籍市場も開いてることですし。関係ないけど(笑)
オファーだけなら私だって出したいわ!!

今回も選考基準はほぼ同じです。
チャーミングなこと。
笑顔もいいけど、そうでない時の味わい深い表情も
選考の対象になっております。
フォーメーションは最近ちょっと気になる4?2?3?1とさせていただきました。
一応プレー込みですので念のため。

GK: マヌエル・ノイアー
0809FCBノイアー

CB: ハイコ・ヴェスターマン
0809FCBハイコ

CB: カルロス・マルチェナ
0809FCBチェナ

右SB: ボシングワ
0809FCBボシングワ

左SB: ギャレス・ベイル
0809FCBベイル

ボランチ:ヴィダル
0809FCBヴィダル

ボランチ:ディニヤル・ビリャレトディノフ
0809FCBビリャ君

左サイド:アーロン・ハント
0809FCBハント

右サイド:マーカス・フォイルナー
0809FCBマーカス

トップ下:ミムン・アザウアク
0809FCBミムン

FW: ロマン・パブリチェンコ
0809FCBパブリン

監督:マルセル・コラー
0809FCBコラー

主審:ミヒャエル・ケンプター
0809FCBミヒャ

副審:ロベルト・ケンプター
0809FCBロビー


何か余分なものがくっついてますが、さくっとスルーして
今回の選考の詳細を以下に記します。
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ミムン・アザウアク

01:10  |  蛸足小ネタ総研  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2008.01.10 (Thu)

ウィンターブレイクSP 偏りのある100問100答

だいぶ前に、しいねちゃんから楽しげなものをもらった。
『蹴球選手バトン』
ネタ系ですな。
ウィンターブレイクに公開しようと、
ちょくちょく書きためておりました。
考えすぎて分んなくなってきたので、いい加減さらします(笑)

*******************************

<お約束>
原則として、外国人選手を対象とします。
(引退してても監督でもイイぜ!(←既に無法地帯))
選手名はいつもの呼び方で結構です。
該当者ナシ・○○全員!という回答もアリです。
自分がアンカーでもいいし、もちろん回してもOKです。

<このバトンの在り方>
1、言葉が通じないとか気にしない
2、年齢とか気にしない(年下選手でも兄にしたいとかねv)
3、存分にもうそ…もとい、想像しながら回答すること

*******************************

ということです。
100問あります!
蛸足らしくリーグも国もごっちゃまぜでお送りします。
お暇な方はお付き合いくださいませ。
冗談の通じない方はご遠慮下さいませ(笑)
12:19  |  蛸足小ネタ総研  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

2007.06.26 (Tue)

ピッチにおけるフェティッシュなプレー

久々の小ネタ総研です。
今回もマニアックに我が道を行きます。
本日のテーマは「私の好きなサッカーのプレー、アクション」
見目良い選手を見ているだけで嬉しいのと同じように、
サッカーを見ていて、その仕種そのものにグッとくることはないですか?
私はあります。

その1:「アウトのパス」
ピッと鋭く繰り出されるアウトのパスが大大大好きです。
蹴る時に肩がぐっと下がるアクションがまたタマラナイ!!
もう蹴る時の姿勢・形そのものにドキドキしちゃいます。
まさしくアウトのパスフェチです。

その2:「ぴたりと止るトラップ」
ロングレンジのパスを受けて、まるで何ごともなかったように
足元にピタリと止まるトラップが大好きです。
次へのアクションに繋げる、少し先に落とすトラップもいいけれど、
私は足に吸い付いたかのように、弾みもせずに着地するトラップを見ると、
「すげえええええええ」と何度も見てしまう。
なんでこんな遠い距離から来た強いボールを一瞬で手なずけちゃうの!
これはサッカー自分でやるようになってから気がついたアクション。
地味だけど難しいよ。

その3:「最後までボールを追うGKの目線」
当り前のことなんでしょうが、ボールがネットに突き刺さる、
その最後の瞬間まで、目を離さない、その姿に痺れます。
体の向きや動きがたとえ逆方向に向かっていても、
顔(視線)だけは最後までボールと一緒に動いていく。
もードキドキするんですよー。

その4:「頭も使うドリブル」
浮いたボールに向かって走りこみ、
前傾姿勢になった自分のオデコあたりのボールを、
ヘッドで叩きつけつつ相手を抜き去り、
ドリブルしていくアクションが好きです。
あのスピード感がたまんないのです。

うーんと思いつくのは今のとこ、これくらいか?
多分、ふつうもっと別のものがランキングされるような気がするが、
私的にはこの4つのアクションに限っては、
選手が誰だろうが、
展開がどうなってようがおかまいなしに、

きゃー!!」とドキドキしちゃうんである。
そこだけを取り出して堪能してしまう。そういうことはありませんか?
いえ、なくても別に困らないのでいいんですが。

多分、「ジェラードの肩をいからせて走る姿が好き」とか、
「シュナがフリーキックを失敗した後に頭をガリガリかく姿が好き」とか、
「ロシツキが後から体を「くの字」にしてスライディングして
ボールをカットする守備が好き」とか、
対象を絞った形だと思いつく人は多いかもしれませんね。
ここで出した例は私のものですけど。

まあそんな楽しみ方もしている、貧乏性ののもんさんなのでした。
21:36  |  蛸足小ネタ総研  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2006.08.15 (Tue)

あなたのプレーより顔が好き(追加召集)

前回(コチラ)取り上げた2名の中からちょっと画像を追加。

W杯の画像を集めていた時の拾い物。
さすがの私も一瞬ひるんだボルヘッティのくつろいだ表情。
20060815194703.jpg

現場の昼休みにしか見えなーーーーーい!!
さりげなく小さなカップも置いてあるけど、
ヤカンから直接入れたほうじ茶としか思えなーーーーい!
これでも一応サカ選手?!!

気を取り直して、
涙のスウェーデン主将を。
20060815194730.jpg

ドイツ戦後ですね。胸がキューとなる切ない画像です。
やっぱノボさんよりもメルベリのほうが男前だな。うん。

さて今日は「プレーよりも顔が好きな選手」に1名、若いの追加召集。
ブレーメンのアーロン・ハント。
20060815184837.jpg

まだたいして面白い写真が見つからずこんなんしかないが。
ブレーメン公式に行ったらもっと気が抜けて
口をポカンと開いた顔して
写ってやがりました。許してくれ(涙)
やんちゃというほど可愛げがなく、
ヤバそうな雰囲気を漂わせるでかい口元がチャームポイント。
背は高く四肢は伸びやかで、いかにもドイツの若いもんって感じだ。
まだまだ若くて青臭い甘さがちょっと残ってる微妙なニュアンス。
イイ子なんだか悪童なんだか判断できないくらいのプレーしかまだ見せてくれない。
選手としては良くも悪くもまだ中途半端です。
でも見てると楽しいの。顔が。
20:53  |  蛸足小ネタ総研  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2006.06.08 (Thu)

あなたのプレーより顔が好き

試合を見ていて、
顔が好き → プレーもいいじゃん!
プレーが好き → 顔もよくなってきた。
というように幸福な関係に発展していく場合は多いのですが、
ごくマレに、いつまでたっても顔のほうが好きな選手というのがおります。

小ネタ総研2回目のネタはなんとイケメン企画!
イレブン組むほど揃わないので、とりあえずランダムにご紹介。
発見次第、適宜追加の予定です。
「これだから腐女子はヤダね、ケッ」
と批判を受けちゃうかも!!きゃーどうしよう!
なところでW杯目前ですし、1発目は出場国から。

メキシコ代表・点取り屋ボルヘッティ
20060608200230.jpg

いきなりこれだよ。
どこがイケメン企画なんだよ!

という周囲の声は軽く無視しまして。

アップになると反射的に「あっカッコいい」とうっとりしてしまう。
味わい深いガテン系の男前。
首にタオルを巻いて角材の上に座っていて欲しい。

構わず次参ります。
スウェーデン代表キャプテン、メルベリ。


ユーロ2004の国歌斉唱時に「ノボさんみたい」と一目ぼれ。
W杯関連番組の私服インタがまた男前でねえ。
ちょっと知的な雰囲気も漂わせる落ち着いた大人のオトコという風情。
スウェーデンは好きだし、キャプテンでセンターバックをやってるにもかかわらず、
プレー的には何度見てもあんまし引っかかって来ないのが悲しい。
こないだペナ内で意味不明のハンドをしPKを献上していたな。

じゃ次はW杯には出ていないもっとマイナーなとこから。
アイスランド代表フレイデルソン。


ってマイナーすぎるだろ。一応チャールトン所属のDF。いつも忘れるが。
何年か前、ドイツ代表対アイスランド代表の試合のとき、
シュナとマッチアップしていた強面DF。ユニ交換もしたのよ。
02年のカーンをそのまま若くしたようなゴツイ風貌ながら、
意外に線が細いのがかわいい。
見かけによらず頼りない感じが漂うところがいつまでも顔だけを見てしまう要因だ。

メジャー系出しませんかそろそろ。
はい、ではメジャーなヤツを。
アラン・シアラー。
20060608212227.jpg

というか失礼だろ、シアラー様を捕まえて顔だけ好きって。
プレミア歴が浅いのでシアラーの凄さをよく知りませんが、
初めて見たのは0203CL2次グループリーグ。
不調のバイヤー相手に荒っぽいサッカーをするチームに度肝を抜かれ、
ほとんどいい印象はないのだが、
この人の顔だけは「俳優のようだなー」と気にいったのである。
色々な人生の機微のようなものがにじみ出ているようないい顔してます。

うーむ、FCバンビーノ企画のときも、
図らずも私の傾向が浮き彫りになってしまったが、
今回も見事にはずかしく偏った面構えが揃いましたな。
こういう一癖あるような、味わいのある顔に弱いのよ。
プレーとは別に(笑)
まだラインナップしたい選手がいたような気がするので、
いずれ画像を探すついでに捕獲しておきたいと思います。
いかんせん一般的な基準から遠く外れているので画像はそんな落ちてないのだが。
本人以外にはどこがどう嬉しいのか理解しがたい企画ですが、
そんなのお構いなしに続くのだ。

21:43  |  蛸足小ネタ総研  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT