2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2006.07.13 (Thu)

いまさら決勝 フランス対イタリア

一応生で観戦しました。
イタリア優勝はヤだった、というネガティブな理由でフランス応援です。
でもどうでもいいんです。

なんだか色々なことがあった120分+PKでした。
筋書き通りにはいかないわねーとジダン退場を見送る。

今回オーストラリア戦の一件から、無関心→まったく応援できなくなった、
というネガティブな思いが強まったイタリア代表でしたが、
それでもかつてはイタリア代表の試合を楽しんで見ていた時期だってあったのだ。
今でも個人的に好きな選手がいる。
それがガッツとザンブロッタとカンナバロ。
よりによってというか・・・ものの見事にこの選手たちの働きのお陰で!!
イタリアは優勝までこぎつけることができたのだ。
だからヤなんだけど、仕方ないわね、
あなたたちの仕事の分だけお祝いしてあげる、という心境だ。
しかしなんでガッツは嬉しさのあまり、上ではなく下を脱ぐのだ。

頭突きとは無関係に、私はこの大会のMVPは絶対カンちゃんだと思ってた。
彼はもう最初から最後まで、全試合においてキレッキレで、
どんな場面においても間違いというものがなかった。
カテナチオというよりも、半分以上はカンちゃんの個人技で、
守り倒したような気がする。

これが記者の投票によるものだというのが、何だかガッカリだ。
まるで試合をやるまえから決まってたみたいじゃないか。
ジダンのフィナーレにはふさわしいかもしれないが、
こんな作りもんめいたいい話に簡単に流れちゃっていいのか?
まあ結局この安易な感動ストーリーは、
本人の頭突きでミソをつけられちゃったわけだけど。

ジダンにはもっと別の賞をあげればいいんじゃないかな。
あの復活劇は間違いなく、世界中のオジサンたちの希望の星になったと思うし。

単に私は今回のMVPということにおいて引っかかってる。
頭突きは無関係に。
このW杯という期間中に限って、
ちょうど上手くコンディションを合わせることができて、
(ってこれが一番難しいのだということを、まざまざと何度も見せ付けられたよ!)
見事にピッチの上で輝くことができた選手たちを、
記者たちはちゃんと自分の目で見てたのかなあ?と思うよ。
ジダンは確かに偉大な選手なんだろうし、
W杯でのプレーも試合を重ねるうちに徐々にフィットさせ、
以前の姿を思い出させるような復活を見せたかもしれない。
でも「この決勝を最後にサッカー界から引退するジダン」
というバイアスがかかってなかったら、
果たして彼はMVPを受賞できてただろうか。

なーんてことを考えてました。
相変わらずひねくれててすみません。
やっぱり目の前で走っている選手のことを見てなんぼだと思うのよ。
スポンサーサイト
20:51  |  2006・WC  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.07.06 (Thu)

準決勝 ポルトガル対フランス

半分くらい意識を失いながら見ていました。
なんかあまり面白くなくて。
準決勝ってこんなものでしたっけ。
1発勝負だからしょうがないのか。

注目していた選手が、いつもの活躍を見せられなかったのもある。
ポルトガルなら、ロナウド、ミゲル、マニシェ。
フランスは、調子が上がってきて自信のついてきたリベリ。
んー、どの選手も持ち味が生かせず、見ていて欲求不満が残った。
点が入るゲームが面白いわけではないが、
チャンスを逃さずPKに持っていった、1点だけってのもなあ。
ロナウドはドリブルで長い距離を走ってる間に、
数人のDFに囲まれて潰されてしまうし、
ミゲルはジダンとアンリを見るのでいっぱいいっぱい。
リベリはいつものスタミナ溢れるランニングが見られずに途中で交代しちゃった。
守備に注目して、双方のボランチやセンターバックを中心に見ていたら、
また違った面白さがあったのかなあ。
でもデコが入っててあの内容のポルトガルってのもちょっと辛かった。
でも終了近くのロナウドのフリーキックは惜しかったね。
すっと落ちて、GK思わずレシーブ(バレーボールならファウルです)、
詰めたフィーゴのヘッドは上手く当たらずバーをわずかに越えてしまった。
あの後の絶望にくれるロナウドの表情。ああ。

先日ベスト4が出た段階で、サッカーの仲間と話をしていてその人は言った。
「グループリーグでしょぼかったチームの方が、トーナメントで上がってくるんだよ。
だから最初からイケイケだったアルゼンチンみたいのは結構ダメなんだよね」
そうなるとグループリーグのショボさではダントツだったフランス超有利!

決勝はどうなるのかなあ。
なんかゴリゴリの潰しあいで、それが面白ければいいけれど、
1歩間違うととんでもなく退屈な一戦になりそう。

まあ今回のW杯を見てて、同じくくりの(同日とか、同順位とか)のゲームの、
両方が面白かった試合ってのがないような気がしてるので、
決勝はなんとなく固く渋く玄人好みに、0?1フランス勝利。
で3位決定戦はもう派手にシュート祭りで、ってのがいいなあ。

やはり3位決定戦はドイツにきっちり勝ってもらって、
スコア的には4?2とかで(笑)
スタジアムを歓喜の渦でいっぱいにして、
選手たちありがとう!ファンのみんなもありがとう!
な大団円で締めくくりたいものです。
コンフェデの時のように。
ロナウドには申し訳ないが、もう一回泣いてもらう。

テーマ : 2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル : スポーツ

21:54  |  2006・WC  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2006.07.04 (Tue)

痛いところ

二つのニュースから。

フリがイタリア戦欠場するらしい → コチラ

アルゼンチン戦後の乱闘中に、
フリがクルスを殴ったシーンがビデオに映っていたとのことで、
イタリアメディアが抗議した。
ってことでいいのか?

前記事でも最後にちらっと書いたけど、
シュバ坊が何かしたのかなあと思ってたけど、
別に彼が特にどうということはなかったようで、
ごめんねシュバ坊。
ああいうシーンはすぐに判断しちゃいかんな。

でもあのヒートアップした状況に、止めに入るのも難しいよね。
止めないわけにも行かないけれど、どんなとばっちりがくるか分からん。
あの時シュナイダーさんは口をぽかんと開け、
おなかの中にサッカーボールを入れた状態で(なんで!!)
騒ぎの輪の近くでウロウロしていたら、
主審のミヘルさんに「あっち行ってなさい」といなされたシーンが映ってましたが。脱力。

んで。
このニュースを読んで最初に思ったのは。
とりあえずイタリア戦に一番出てきて欲しくない選手を、
出停に追い込むことができたわね。
って感じです。
ユーロの予選リーグの時も、デンマーク対スウェーデンの劇的2?2に対し、
すぐに「八百長」発言が出てきたしなあ。
試合見てれば八百長発言なんて出るはずもないし、
すぐにそういう発言が出てくるあたり、
お国のサッカー事情を反映してるのでは?と思ったもんです。
というかとっとと自分らが2勝してれば良いだけの話しだろ。

FIFAももっとしっかりしてくれよ。

んが、これで決まってしまったのなら、
仕方がない、それを前提にスタメン組むしかない。
てことはケールになるんでしょうね。
思いがけず廻ってきた出場のチャンスを、
スタメン奪取の絶好のアピールポイントとして、
彼には前向きなモチベーションでプレーして欲しい。
決して「イタリア許せねえ」と負のモチベーションを燃え上がらせて
相手を削りに行かないように。
どっちが出るのか微妙なところがとっても心配。

なんだか勝手に外野から火をつけられて、
必要のない遺恨を前提にプレーしなきゃいけないのがヤダよ。
開催国っていうだけで、
ジャッジや処分に必要以上にナーバスな視線が送られてるんだしさ。
そんで、もういいかげん、
こういうマイナス要因をチームの結束に繋げて頑張る、
という主旨の発言も、気分が悪いのだ。
まあそう言わずには気持の持っていきようがない、というのはあるだろうけど。
通りのいい言葉は繰り返されすぎて、どんどんと形骸化してくんだよな。
まるでチームの結束が目的のような、本末転倒振りが悲しい。

もう1つのニュース。

ナカタ現役引退 → 引退メッセージ”全文

はあ?

最初は昨日たまたま見たヤフの1行ニュース。
そして朝見たスカパのデイリーニュース。

それほどのことをやりましたか、あそこで?

以下はちょいとたたんどこう。
以下中田に好意的な方は読んではいけません。
読んだ後から何か言われても責任は負いません。
17:53  |  2006・WC  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2006.07.03 (Mon)

準々決勝をあれこれと

イタリア対ウクライナ
ウクライナはボローニンがいないことの穴が大きいなあと感じた。
ミレフスキーがスタメンでかなり期待して見ていましたが、
体は大きいけど使い方の面でまだ持て余しているような。
経験豊富なカンちゃんの前では何もさせてもらえません。
まだまだこれからという感じかな。
そんなミレフスキーの活躍した2006U21が、
7月にJスポで放送されるらしい。
要チェックです!楽しみに見たいと思います。
イタリアはいきなりのザンブロッタの強気ゴールに、
「何てことを!」とクラクラと目眩がしました。
いえあまりにも素敵で。
くそーこんなことでは騙されないぞ!と気を持ち直してウクライナを応援。
でもウクライナは結局いいところを見せられずに終わっちゃったなあ。
ドイツ対ウクライナを期待していたのに残念だ。

イングランド対ポルトガル
次の日、自分の試合のために早朝から出かけなくてはいけないのだから、
90分で終わらせてね、と勝手にお願いしつつ生観戦。
内容的にもあまりこう面白いとは言えなく、何度も挫折しかかった。
この両チームについてはもうどちらが上がってもいい、という状態だったので、
早く先制点決めてくれ?と睡魔と闘いながら見る。
まこのあと試合は無情にもPK戦までもつれこみ、
寝たのは3時近くになっちまったわけですが・・・。

キーマンとなるポジションが出場停止のポルトガルだったけど、
試合途中でいなくなったわけではなく、仕切りなおしてのスタメンは、
気持も新たに頑張っていた。
あんなに泣いてたロナウドも出場できる嬉しさでニコニコしながら走っている。
やっぱミゲル凄いっす。
攻撃する気満々で、最終ラインからタイミングよく上がってくる姿がたまらないです。
主審は例のチェコ対ガーナを吹いたアルゼンチンのヤツでしたが、
最初は大人しく吹いてたけど、ルーニーへの1発退場は痛かった。
まあルーニーは前回の試合でちょっと心配していた状況だったので、
あーあと頭を抱えたよ。
続いて出てきたクラウチが、長い足を自由自在に操って、相手が取れない位置でトラップしながらボールを自分のものにしている姿を見ていて、
やっぱりワントップならクラウチだったんでは、と今更のように思う。
ルーニーを出したいのならツートップで。
でも中盤が点を取れるイングランドだからやりたい布陣だったのかもしれないけどね。
しかしランパードは最後まで不発で終わってしまいましたね。
ロナウジーニョよりもこっちのほうがビックリで残念だ。
PKを外したランパードの後に抜かれた映像で、
ジェラードが貧血でも起こしそうな顔をしてたのが心配だった。
しっかりしてくれジェラード!(涙)
と思ったらこちらも止められちゃいました。
キャラガーのやり直しも、ちょっと主審なんなのよ?と怒ったが、
実況が「さっさと終わらせて帰りたいのに」云々にはちょっとワロた。
ポルトガルはフィーゴをもう下げた状態だった。
でもいたら外すような気がしたので、私は安堵したけど。
こちらも失敗があって五分の状況ではあったけど、
まさか最後がロナウドとは思わなかったわよ。
PKになった状況で、真っ先にフェリポンの近くに寄ってって、
「ねえねえ誰が蹴るの!俺何番!!」と覗き込みに行ってたロナウド。
その前の試合で1回蹴ってたのも良かったかもしれない。
あの時は「こんなにPK前に気合剥き出しに入れてるやつは初めて見たよ」と爆笑させてもらった。ほとんど相撲の高見盛である。
な割に、蹴る瞬間は落ち着いてきっちりと当てた。
今回も気合十分に進み出て、ボールに思いを込めてキスした後、
軽くフェイントを入れつつキックは力強く決めた。
天然のナルシスト(要するにガキ)は怖いな。スター性があるわよ。
なわけでポルトガル、ベスト4進出!

ブラジル対フランス
試合に向かう車中で、結果とスコアまで突然聞かされる。
おいおいおい!と思ったがまあブラジル敗退だし?と、
夜になって飲みながら見る。
先に見終わっていた旦那が「失点のシーンが凄いよ」と言うのでよく見ていたら、
ははははははは(脱力)
なんでセットプレーのあの状況でついてく選手がCB2枚とボランチだけなんだ?
残りの選手はライン上で突っ立ってるだけで、
別にトラップをかけたわけでもなく、
一人はラインを越えてふらふら歩いていたし(体重90キロの方のロナウド)
一人はキックの前に膝に思い切り手をついて疲れた体を休めていた。(ロベカルさん)
あのような緊張感のないセットプレーでアンリをフリーにしたら、
いくらなんでも決めるでしょう。
フランスはリベリがまたパワーアップして走り回っていて驚いた。
選ばれたのはこういう訳があったの?
次はどうなるんでしょうか。
ここまで来たらエンジンかかって、優勝目指すぞモードに入っちゃうのかしら?
何だか気になってきました。

***********

なんというか。
この段階までくると、強豪国であれ、気力スタミナ集中力がなによりも試合を動かすんだなあと実感する。
なにふり構わずがむしゃらに走りつづけるトップクラスの選手たち。
これが本番なんだ。

テーマ : 2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル : スポーツ

08:41  |  2006・WC  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.06.29 (Thu)

ベスト8が出揃いました

たいした更新も出来ずにあっという間にベスト8が出揃いました。
それにしても試合によって温度差の激しい決勝Tではありました。
次への影響も雲泥の差がありそうだ。

とりあえず、準々決勝へ向けて一言。
最後まで試合は11人対11人で

STOP退場者!

ドイツ対スウェーデン
過去記事参照。
いまだになんでここにドイツが残っているのかが不思議でしょうがない。
日頃ドイツを見ていなかった人から見て、この大会のドイツは強いですか?
私はもう近視眼的になってるからよう分からん。
次はアルヘンだから私は諦めムードですが、
いい内容で清清しく散るならそれもよし。
うっかり上がるならとんだサプライズ。
そうなったら、得点王はクローゼだな。
というか今大会面白さ最強のアルヘンを下して、
サッカーファンを納得させられる勝利なんて出来るのだろうか。

アルゼンチン対メキシコ
決勝Tの中で一番面白かったよ。
これはダービーだと選手が言うだけのことはあるね。
W杯であること以上の気合が双方にみなぎっていた好ゲームでした。
エインセのうっかりミス→突撃奪還はありゃ赤でもおかしくなかったけど、
それ以外は概ね気になるシーンもなく。
ボルヘッティも戻ってきてくれて私は嬉しい?。
メキシコの交代が怪我によるものというのが痛かったな。
体力勝負の後半に入って元気なテベスやメッシを入れられるアルゼンチン。
層の厚さは32チーム中ダントツ。
アイマールが比較的長くプレーできましたが、リケルメとの存在感の差を感じました。
しかしマクシ、アトレティコでも決定力のあるなくてはならない選手だったが、
こんなに活躍しまくったらどっかに連れていかれそう(涙)

イタリア対オーストラリア
オーストラリアに勝ちあがって欲しかった。
肉弾戦チームの限界もあるのかしらともちらと思いつつ。
なんだよあのPKはーー!!
マテ1発退場のフォローがあれなのか。
あーあーあイタリアらしい勝ち方でしたわね。(トゲトゲ)

スイス対ウクライナ
決勝Tで一番清清しかったのがこれ。
双方のチームに興味のない人にとっては、
面白みのない120分+PKだったかもしれない。
でもマジメに全員で戦いつづける両チームの泥臭くも気持の良いプレーは十分に魅力的だった。
あれ時間的には朝起きたらニュースの時間にまだやってたわけでしょ。
日本戦の敗退とともにW杯が終わってしまった一般の方の目に、
あの試合はどう映ったのかなーと気になる。
安定していたのは王子様チモシュク。まさに戦うボランチ。
あのプレー振りはラメにかぶるな。
15番ミレフスキーは今回もわずかな時間の出場があったが、
PKでその存在を大きく印象付けたんじゃないだろか。
なんじゃあの心臓に毛が生えた蹴り方は。大物過ぎるぞ。
シェバはなんだか外すような気がしたの。したら本当にはずしちゃった。
一番手の失敗って双方に大きく影響するよね。
逆に相手側へのプレッシャーがさらに大きくなって、
それに飲まれてしまう可能性だってある。
スイスはまさにそんな感じだった。
バルネッタが2番手に出てきたのには驚いた。期待されてるんだろうな。
でもバイヤーじゃそんなの任される機会なんて皆無だし。
まだまだ大きくならないといけないねバルネッタ。

次はイタリア相手です。
あんなやり方で勝ってきた相手をいい気にならせるのはイヤなので、
絶対苦しめて目にモノ見せて欲しいっ。と鼻息も荒くなる。
でもウクライナ好不調の波が1試合ごとなんですが。
次は順番からいえばヤバそう。
幸いマテ兄貴もデロッシもおらんから怪我する可能性は減っただろう。

イングランド対エクアドル
なんかつまんない試合でした。
ルーニーのワントップってどうなんでしょう。
ワントップならポストの出来るクラウチだと思うんだけど。
キツイマークを突破できずにイタズラにイライラさせるだけで、
ルーニーの悪い面が出てきそうでひやひやした。
激怒したルーニーの形相がどんどん恐ろしくなってゆく。
ベッカムのフリーキックで逃げ切った試合。
この大会、回転しつつボールが弧を描いて落ちていくシュートって本当に珍しい。
新しいボールは、ミドルシュートを打つ選手にとっては嬉しい改良だったかもしんないが、
引っ掛けて曲げるボールを得意としていた選手にとっては、
蹴りずらいものになったような気がするよ。

ポルトガル対オランダ
過去記事参照。
次は体力・コンディション的にイングランドに大きく分がありそうだけど、
まあ勝負はその時にならないと分かんないので。
ロナウドが出られるのか、デコの不在がどこまで響くのか、
ジェラードの必殺技が出ないといけないような展開になるのか、
ワクワクしながら待ってます。

ブラジル対ガーナ
ガーナにもうちょっと頑張って欲しかったんですが、
シュート決められないんじゃどうにもならん。
今の段階でもまだブラジルは調整し切れてないと思う。
実況の「王国ブラジル。強いブラジル」という言葉がやたらめったら空しく、
こんな面白くないブラジルを見せられるお客さんもいい迷惑。
2点目なんてまるっきりオフサイドじゃんよ。あーあ。
ブラジルは時間が経つにつれ倒しにくくなる相手だと思うから、
早めになんとかして欲しい。
だからフランスには次、大仕事して欲しいんだけど、
じいちゃんもうゴール決めちゃったからな・・・。

スペイン対フランス
ま、スペインは転んで3点もらえただけでも御の字だと思いなさいよ。

フランス、リベリが切れまくっててビックリ。
って考えたら私は他にスイス戦しか見てないんだけど。
このまま波に乗れるのかしら。
ジダンが3点目を入れちゃったのが気がかりです。
なんか「いい話」になっちゃって、気がすんじゃったっりしてないのかしら。
ドイツ戦でのタカハラのように。
でも次こそブラジルを倒して欲しいんですが?。

テーマ : 2006年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル : スポーツ

12:05  |  2006・WC  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)
 | HOME |  NEXT