2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2012.05.14 (Mon)

プレミアリーグは劇的な結末

プレミアリーグ最終節。
スカパーで生で見てました。シティの方ね。
90分まで来て、さすがに無理だと諦めてました。
点が取れそうな雰囲気がまったくなかった。
堪えようのない怒りをぶつけてるサポの映像とか見て
このまま終わったらスタジアムはどうなっちゃうんだろうと。

まさかまさか。
ロスタイムに入ってから、優勝に必要な2点を取るなんて。
鳥肌が立つってこういうことかと。
アグエロの決勝点が入った時はサアッと血の気が引くような感覚を覚えました。
いえ、凄すぎて。嬉しくて。

お金を持ってるオーナーのおかげで
順位をのぼせたチームは多々ありますが、
今季のシティはちゃんとチームになってましたよ。
前季までは確かに寄せ集めの個人技頼りのチームだったけど。
なのでシティの優勝については、当然の結果だったと思ってます。
成り金チームが勝つなんて!って、
常勝してお金持ってるチームやそんなチームを応援してるファンが言っても
説得力無いしな~。

終了の笛が鳴った後、
44年ぶりの優勝に喜びを爆発させピッチになだれ込んだサポたちが
しばらくしてセレモニーの準備をするために
ちゃんと席に戻っていったのに衝撃を受けました。
イングランドのサポって凄い。

スパーズはどうなったんだろ。
順位表が出るたびに、慌てて目をそらし消音しております。
最後にCLでバイエルンが意地を見せてくれれば
スパーズ的にはきっと幸せな結末になるんであろう。
不本意ながらその日に限りドイツの白ソーセージを応援する所存でございます。

さていよいよセレモニーが始まるようです。
おめでとうシティ。
今季のサッカーの終盤を一番盛り上げてくれたプレミアリーグ、楽しかったぞー!
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : プレミアリーグ マンチェスター・シティ

01:25  |  プレミア  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2011.05.23 (Mon)

踏みとどまったスパーズ

最近あまり触れていないが、
スパーズの試合は何とか見ております。

ブラックプール戦の後半にベイルが相手2人に挟まれて足首を負傷して交代。
診察の結果、靭帯断裂で開幕までには完治するであろう、という
我慢を強いられる状況になってしまいました。
前半、かなり勢い良くサイドを攻めていたし、
クロスの強さも戻ってきて、今度こそ!と期待したんだけど。
2010年花盛りだったベイル君は
2011年に入ってちょっと苦しんでいる。がんばれー(涙)
この試合、スパーズは山ほどあった決定機を決めきれずドローに終わる。
スパーズもずっともどかしい試合が続いてる。

続くCL枠獲得の直接対決になるマンC戦は敗退。ううう。
気が付くと順位が逆転されている状態で挑んだリバプール戦は
まさかの完封勝利。
これがでかかったなあ。
慌ててプレミアのEL出場枠を調べると、
リーグ戦では5位にしか許されてないのね。
とにかく勝って5位は死守しなきゃいけない状況で挑んだホームのバーミンガム戦。
プレミアの降格争いも得失点差もからんでエライことに。
しかも潰しあいの対戦もあったり物凄い。
スパーズの相手のバーミンガムも現時点ではぎりぎり免れているが
どうなるか分からない。
なのになんであんなにバーミンガムのサポーターたちは
仮装してお祭り状態なんだろう?????
前半まだ試合が動いていない時は、明らかに朗らかで楽しそうだったし。
それがスパーズがパブリンのゴールで先制した途端、
一気に奈落の底に突き落とされた表情に。当たり前だが。
リバプールはその前にアストンヴィラに失点してビハインドの状態が続いている。
今のままならスパーズの5位は確定だが
どちらも1点だけで何とも言えない。
残り10分ほどになって、リバプールは依然として同点弾を入れられなかったが、
スパーズはバーミンガムに追いつかれてしまった。おいっ。
今のままならバーミンガムの降格はなくなる。
一気に喜びを大爆発させるサポを見てたら、
このままでもいいかなあ、なんて思ったりもするんだが、
この勢いで逆転なんてされようものなら
スパーズがとんでもないことになってしまう。
やきもき複雑な思いで試合を見ていたら、
他の試合が動いて、スパーズに関係なく、
バーミンガムは再び降格圏に落とされた。
うーん、それじゃあしょうがないじゃん。
というわけで、
リバプールが最後に意地を見せないことと、
スパーズがやらかさないことを祈りつつ、
必死で残りの時間応援する。
リバプールのロスタイム4分が過ぎて試合終了。
スパーズはロスタイム3分があとわずかに迫ったところで
なんとパブリンがトドメの1発。
うそーーーーーーーー!!!!
パブリン、本当に分からん奴だ!!
これBSで録画放送があるようなので、またゆっくり見ようっと。

いや、私リバプールもヨーロッパで見たかったんです。
でもリーグ戦での権利は5位にしかないんだもん。
冬を過ぎてスアレス・キャロルが入って
トーレスがいなくなってメイレレスの調子が良くて
私はまたご機嫌になってたんだが。
残念です。
でも前半の状態を考えるとここまで来れたのもすごいがな。

スパーズとリバプールのネット中継を繋げながら
もう一つ何か、でマンC対ボルトンを見てた。
エバートン対チェルシーにしようと思ったんだが
ビリイがベンチにもいなかったから、
ボルトンのエルマンとデイビスをチョイスしました。
勝てなかったが今季のボルトンも良かったです。
チェルシーはいつの間にか負けておった。
何やってんだろう。
アーセナルなんて4位になってるし。


ま今季のプレミアについては
スパーズが5位を死守できたので、満足ということにしておきます。
大満足ではないが(笑)
来季もまた楽しみでございます。

タグ : トッテナム ギャレス・ベイル リバプール

12:21  |  プレミア  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2011.04.10 (Sun)

スパーズらしさが戻ってきたぞ

ブンデスと30分の時間差で始まるスパーズ対ストークをsopで見る。
CLの大敗の後でどんなチーム状況になっているかとひやひやしてたが、
吹っ切れたように選手たちの動きが良くて嬉しくなる。

ベイルもルカもパブリンも、
今までピリッとしなかったのが嘘のようにキレキレだ。
ベイルの伸びやかでダイナミックなプレーにドキドキする。
ようやくコンディションが戻ってきたか。
パブリンは日替わりコンディションな感じなので、
今日はイイ日、という感じか。
カブールもハドルストンもスタメンで戻ってきたのも大きい!
ハドルストンは長かったもんね(涙)お帰りなさい。

勢いに乗ってスパーズはクラウチの先制点が早々に決まる。
そして待ちに待ったルカのゴールも!!

ゴールを見るのも、なんだかとても久しぶりな気がする。
このところかろうじてドローな試合が多かったし。
点すら入らないことも多かった。

ちょっと前の楽しいスパーズだよ今日は。
で、得点シーンのみならず、
失点シーンもちょっと前の楽しいスパーズで、
3-1の状態から3-2にされた時は、
いつか追いつかれるんじゃないかと、
最後まで気が気じゃ無かった。
お客さんたちも緊張感あふれる表情で、
背中をガチガチにして祈るように試合を見てるし。
終了するまで危ないシーン、ピンチの連続だったけど、
とりあえず何とか3-2で逃げ切ったスパーズ。
まだまだCL圏内を諦めるわけにはいかーん。

点を取って取られて最後まで安心させてくれないが
でもこういうスパーズの方がずっと楽しい。

次はいよいよアーセナルとのロンドンダービー。
ホームでガツンとスパーズらしくはじけるプレーを見せてくれ。
ベイルもそろそろゴールしちゃってよー。

タグ : トッテナム ギャレス・ベイル

01:16  |  プレミア  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.02.16 (Wed)

久々に興奮したスコアレスドロー

フルハムチェルシーの試合だけひとつ遅れて開催されたのを忘れてて、
録画したものをなんとなく見始める。
30分まで見て中断、
その後続きを見始めたら、最後まで目が離せなくなってしまった。

とにかく、耐えて耐えて耐えて耐えまくるフルハム
前半終了間際に「このままゼロで終わらせる!」と必死スイッチが入り、
後半に入って怒涛のチェルシーのシュートの雨あられを浴びながら
ゴール前でとにかく跳ね返すフルハム
時間をみるとまだ55分、って10分しかたってないのか!!と愕然とする。
いくらなんでもまだまだ時間がありすぎる。
でもこのままいけるとこまで頑張ってほしいなあ。
せっかく今節はスパーズが勝ってポイント差が現時点で3あるのだ。
試合数もチェルシーの方が少ないし、たとえ今の時点で上にいてもいずれは、
という不安はあるが、でも差がつけられるならその方がいい。

といたって個人的な理由でフルハムを応援していたが、
あながちそれだけでもない。
今までは特にチームとして印象の残らなかったフルハムだったが
昨シーズンのヨーロッパリーグを何試合か見ているうちに、
それなりに愛着も生まれてきているのだ。
まあ試合内容によるけどね。
面白くない時はぜんぜん面白くないし。
でも今日は見ごたえがあって面白いフルハムじゃないか。

お気に入りはサイモン・デイビス。
サイドのベテラン。男前。
あとはダフ。チェルシー時代から大好き。
最近はずっと好調に見える。
デンプシーもキープレーヤー。顔が怖いが。
今日は出てないけどボランチにもエトゥフって良い選手がいるんです。
後からグジョンセンも出てきたし。うおー。

次から次へとハイテンポで繰り出されるチェルシーの攻撃を
全員で必死になって食い止めまくる。
いつやられるか分からない。
足をとめたり気持ちを切らしたりミスした方が負ける。
でもパスミスとか、自陣でボール奪われたりとか結構あるので
そのたびヒヤヒヤノンストップ。
チェルシーのカウンターに後ろから追いすがったマーフィーが足を滑らせ転倒。
ああやられちゃう!と思ったらそのゴロゴロ1回転した足にボールが当たってラインにカット!
回転レシーブならぬ回転ディフェンス!
もう大爆笑でした。
まだ行けるよフルハム!

あと30分、あと20分、ぎゃーもう10分!と
絶え間のない攻撃にさらされながら、時間がノロノロと過ぎていく。
ここでうっかり「時間を使って」なんて色気が出そうものなら
その隙にドーンと決められてしまいそうな危うい均衡。
それでも気が付くともうロスタイム!
ここでまさかのPK判定。
ダヴィド・ルイスの守備でファウルを取られてチェルシー絶体絶命!
ぎゃースパーズに追い風!
キッカーはデンプシーで、さすがにこの状況で彼なら決めるだろう、
と思ったのにツェフに弾かれました。
コース甘かった。
うーん、まああのルイスの守備でPKってのは厳しすぎたからなあ。
怪しい判定に基づくPKはやっぱり決まらないものなんだな。
その後最初の掲示よりも2分ほどオーバーしながらも
なんとかフルハム逃げきりました。
目の前の3ポイントこそ逃したけど、でも失うことは無かった。

いやでもPK以外のシーンでも、やられっぱなしというわけでもなかったんだよ。
終了間際のサイモン・デイビスのヘッドなんて、
これまでの彼だったら劇的ゴールで決まりそうな惜しいものだったしなあ。

なんか圧されまくって最後は結局くずおれてしまう試合をいろいろと見ていると、
こういう緊張感のある中身の濃いスコアレスドローがたまらなく面白い。
うん、これは保存版ですね。


チェルシーについては、
ものすごい大騒ぎで移籍したトーレスのことは
まるで興味がないのです。
まあリバプにいた時点から、私はとくにどうでも良かったんですが。
(Aマドリ時代の転び屋王子の印象がずっとあるので)
むしろキャロル&スアレスなんて曲者を買い揃えられたんだから
私的にはリバプー株うなぎ上りです。メイレレスもイイし♪
余談でした。
チェルシーはボシングワさんだけでは寂しい、ジルコフもちっとも出てこないし
と思ってたら
ダヴィド・ルイスなんて面白い選手を取ってたんですね。
ベンフィカの試合でちょっとココロに引っかかっていたDFだったので、
さすがお目が高いですね。
市場にあまり出回らない若くて才能のあるDF。
センターバックにいる時はあまり前に仕掛けはしないけど、
すごく精度の高いフィードを持っていて、
十分これ武器になりそう。
もちろんCBとしての仕事も申し分なし。
フットワークも軽いし、スタミナもあるし、度胸もある。
涼しげな顔でやたら熱くなったりしないけど、負けん気は強そう。
テリーどこにいるの?ってくらい、縦横無尽に働きまくってた。
途中から右SBに移ってからは積極的に攻撃にも顔を出してたし。
ボシングワさんもうかうかしてられません。
敵陣ゴールライン際でラインを割りそうなボールを
オーバーヘッドで折り返す執念のプレーには震えたぞ。
あまりにキレイな顔立ちなのでポルトガルの方かと思ったら
ブラジル代表だと。あらビックリ。
ブラジル代表もチェルシーも、センターバックの後任が見つかって
これから安泰なんじゃないの?。

プレミアは「今見ておかなきゃ!」な選手が
色々なチームにいて面白いよなあ。

テーマ : プレミアリーグ - ジャンル : スポーツ

タグ : フルハム チェルシー ダヴィド・ルイス

00:30  |  プレミア  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.02.03 (Thu)

ラ ハッスル ゴメスショー

今節のプレミアリーグはミッドウィーク開催。
スパーズはアウエーでブラックバーンと対戦です。

ベイル君は腰の治療のため、依然としてお休みでございます。
復帰はサンダーランド戦かCLとのこと。
直前のニュースを確認したら、ピーナールが怪我でアウト。
ルカがなんと虫垂炎で緊急手術!って
相変わらず怪我人が出たり入ったりしてるスパーズです。
ベンチにウッドゲイトが戻ってきましたー。長かったなあ。

このメンバーならニコのスタメンもあるかも!
と頑張って5時起きしました。
なのに、ラフィが右、レノンが左ってそりゃないよ。
レノンの左ってのが意外に使えるというのは分かったけど
でもここはチームに残ることを決めてくれたニコに出番を与えてほしかったなあ。
うーむ。

試合は立ち上がりバタバタしたかと思ったら、
ラフィのロングクロスをクラウチが直接そらすようにゴールに入れて
あっという間に先制です!
うひょー!

やっぱポストプレーで勝てるFWっていいよなあ。
最近はワントップを採用するチームも増えていて、
でもこれはトップの強さにものすごく左右されるんだよね。
プレミアのクラウチ、ケヴィン・デイヴィス、そしてキャロル!!
彼らの強くてプレーを止めないポストプレーには痺れまくりです。

でもその後はオープンな試合展開。
ブラックバーンなのに結構パスを回したりして(笑)
際どいシュートもガンガン飛ばしてきて
なかなかスリリングな展開。
攻撃に至るプロセスがスパーズは本当に楽しいなあ。
アス・エコトが守備に自信を付けて堂々としたプレーをするのも
もう驚かずに見ていられるようになったが(笑)
なんだかスルーパスにも磨きがかかっていてやっぱり驚いてしまった。
面白いなあアス・エコト。

しかし今日の試合はゴメスの数々の神セーブなくしては語れません。
大敗したFA杯は見ていないのでどんなだったのか分かりませんが、
この試合は気合いを入れ直して来たんだと思います。
去年もリーグ戦が進む中で、
神がかったゴメスに救われた試合がいくつもあったなあと。
今年もここから先、彼の活躍で勝ちを拾っていけるかどうか、
大きな鍵になるでしょうね。
ここぞというところでのプレーを期待してます。

って、これBSでやるのか!!
(起きなくて良かったじゃん)
チェックしたらアーセナル対エバートンの放送もある??!
NHKはJスポと必ずダブるカードを放送するもんだと思っていたが
Jスポでやらないこの2試合、
しかも両方見たかった試合をやってくれるなんて。
これからは番組表ちゃんとチェックしよう。
そしてますます忙しくなっていく。

注:タイトルはシティボーイズライブ「ラ ハッスルきのこショー」からパクりました。

タグ : トッテナム

10:23  |  プレミア  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT