2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2015.10.03 (Sat)

1516CL#2 バルセロナ対レバークーゼン

久々のサカ記事です。
もうサカ記事目当てで見に来る人なんていないでしょうが。

CL、カンプノウでのバルサ戦が、意外にもいい試合だったので
書き留めておこうかと。

この何年か、バイヤーはCLで、いわゆるビッグネーム相手だと
勝手にリスペクトしまくって委縮して自滅していました。
ただ今年初めの決勝トーナメントでは、アトレティコ・マドリード相手に
互角の戦いを見せ、最後惜しくもPKで敗退するという、
今までにはない展開でした。

これが大きな自信になったのか、
監督も成長したのか、よく分かりませんが。

バルセロナ相手に、カンプノウという場所で、
序盤から見せたバイヤーの動きは
相手が誰かということに呑まれずに、
自分たちが選んだ戦術を、迷うことなく遂行するという、
きわめてストイックなものでした。
相手の本拠地で、最終ラインの相手からすでにプレッシャーをかけ、
ボランチの選手にはさらにキツいマークで自由を奪い、
前線にいるコワイ選手たちにプレーする隙を与えないという、
徹底した組織プレーでした。

これが90分も持つわけがない。
誰が見ても思うプレーは、
逆に最初にこれだけの時間と力を割くことで、
自分たちのチャンスを作り出そうという
開き直りのようにも見えました。

何をしたらそうなるのか分からないけど、
バイヤーの選手たちに、
相手がバルサであるとか、ここがカンプノウであるとか
そういう意識が全然ないように感じました。
気負いすぎることなく、でもリーグ戦とは明らかに違う冷静さで、
目の前のプレー一つ一つを丁寧にやりきる選手たち。
凄い、かっこいいんですけど。

バルサは、簡単に後方からロングパスを送るようなチームじゃない。
それを見越したように、後ろでリズムを作ろうとするDFたちに
プレッシャーをかけていくバイヤーの選手たち。
攻撃の糸口になるようなポジションの選手を好きにさせないことで
全体の流れを作らせないプレー。
リーグ戦のマインツ戦で、
バウムガルトリンガーを抑え込んだ時のプレーが思い出された。

バルサはメッシがいない状況。
でもメッシがいないだけで、ぐだぐだになるようなチームではない。
今季のバルサの試合はぜんぜん見ていないけど、
メッシうんぬん以外にも、あまりコンディションは良くないのかもしれない。

バイヤーのプレースタイルとして、
近い距離でパスを数少ないタッチで回しながら
前線に迫っていく、というのがあるんだけど
わりとこのパスが正確ではないというか、
受ける味方に優しくないことが多くて、
トラップがうまくいかずに、無駄な時間を食うことが多いのだ。
浮き球が多くて、ヘッドとか、ボレーとか、
無理な態勢で収めないといけないボールが多くてね。
つい先日、現地に見に行った時も、
もう少しパスが正確ならいいのにと思うことが多かった。
のだけど、
なんかヘタなパスも受けているうちに、処理がうまくなっていくのかしらね。
CLバテボリソフ戦やマインツ戦を見ていたら、
パスの質が変わってないのに、プレーに流れが出てきているのが面白かった。

しかし。
バルサ戦は、そんなことやってたら相手にチャンスを渡すようなもの。
パスがしっかり受け手の足元に、
浮かずにちょうどいいパススピードで渡るということが続いていて
高い位置で奪った後の攻撃が効いていた。
チャンスがあるなら前半戦、と選手たちが割り切って動いているかのような
ハイプレス&「宵越しの金は持たない」エネルギーの使いっぷり。
でもただ突っ込んでオワリではなく、
最初で潰せなくても、2次3次の選手が奪えばいいという連動したプレー。

そして、その勢いを緩ませないまま、
バイヤーは先制点を取った。
見事だった。

1点でしかないけど、
これはカンプノウで取ったアウエーゴールなのだ。
持っている意味が全然違う。

私は、バイヤーはこの点を取るために、
最初に全部をつぎ込んだのだと思ってみていた。
もし、このあとで逆転されるようなことがあっても、
アウエーゴール一つがあるかないかで、ぜんぜん違う。
最初から受け身になって、
自分の中のビッグチームに押しつぶされるようなつまらないことはもうしない。
たとえこの後の時間で負けても、アウエーゴールを取りに行く。

後半に入って、バイヤーはすぐには後退せずに、
前半同様の戦い方を続けた。
チチャリートに変わってキースが入ったけど、
キースはちょっと、こういう追い回すタイプのプレーは、
もう難しいのかなと感じてしまったな。

バルサの調子の悪さは、メッシがいないことだけに収まってないみたいだった。
まあこういう時、私はバイヤー目線なのでよくわかんないんだけど。
イニエスタが負傷退場し、事態はさらに深刻になったようにも見えた。

80分くらいまで、バイヤーのリードは続いていたけど
結局そのあと追いつかれ、逆転されるという展開になった。
バルサ目線で見ていたなら、
やっとバルサらしいプレーが出て、
結果オーライになって良かったね、な試合だったんだろう。

私は、そりゃ悔しいなとも思ったけど、
でも今までのように勝手に自滅していた時代が終わって
ただの1試合として、監督の戦術に忠実に従い、
慌てることなくやりきった選手たちに、ちょっと感動した。
逆転はされたけど、2-1の結果はぜんぜん悲観するようなものじゃない。
(数年前に7点取られたことを思えば)
可能性の残る結果だと思うよ。

44番のカンプルがとにかく良かったです。
現地で見て、いい選手だなと思ったけど、
バイタリティだけでなく、冷静さもあわせ持ってる。
しつこいのに、過剰に熱いわけではないのが面白い。
ヴィダルやベンダーと、似ているようで似ていないのはこの辺ですね。
こういう選手が状態をキープしてコンスタントに試合に出ることが出来れば
バイヤーは安定したプレーを続けられるんじゃないかと思う。
シュミットが育てただけあるな、という感じです。

今季のバイヤーは、新加入の選手たちがうまく絡んでいて
かなり面白いんじゃないかと思います。
シーズンの中では、もちろんピークも下り坂の時もあって
それがいつ来るのかはわからないけど、
1つ乗り越えたような感じのするバイヤーを私はとてもいとおしく感じます。

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン バルセロナ

23:23  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2015.05.07 (Thu)

1415BL#31レバークーゼン対バイエルン、と最近のサカ観戦事情

去年の暮以来のサカ記事です。
バイヤー戦に至っては開幕のドル戦以来のご無沙汰。
今や看板に偽りありな蛸足ですが、
何度も言うけど、サッカーだけは見てるんですっ。
ブンデス・プレミア・セリエにヨーロッパのカップ戦、
自分の気になるチームに絞っていても、
なんやかやで週6、7本は見てると思います。
今はテレビ観戦がメインで、
それもコマギレで何日もかけてようやく見終わる、とか
パソコンいじる傍らで流しっぱなしとか、
途中でもういいやで消したり、なんて見方です。

ネット観戦などもうまったくしておりません。
12時までに寝る生活を心がけると、ドイツ時間で生活はできなくなります。
その上に「結果知らずに見たい」のは相変わらずなので、
ドイツのサイトにもぜんぜん近寄らず、
読まず聞かずでドイツ語は、
このところものすごい勢いで忘れていってます。マズい。

さて。
バイヤーの試合がこのところ続けてありました。
お祭りだったハノーファー戦に、あと一歩だったラインダービー。
そして今回のバイエルン戦は、運よくスカパの無料デーに当たり、
久々にフジネクストなど録画したらば
解説がしみずという
タダなんだから我慢しろ!な人選で、
思わず見る前に消そうかと思いましたが、
バイエルンは前節にマイスターになってたはずだし、
次はレアルとCLセミファイナルだし、
バイヤーのホームだし、
とそこそこ期待の持てそうな条件だったので、
一応見てみました。

バイエルンは、ひとつ前にポカールでPK戦の末、
敗退していたそうです。
あら。そんな精神的肉体的ダメージを追っているとは。
メンバーかなり落として来てくれました。
どのタイミングで当たるかってめぐりあわせなので、
いい時期に当たったと思います。

バイヤーは前半からいい感じに飛ばして入ってましたね。
キースのゴールは際どいオフサイドで取り消しになったのが残念です。
ホームなんだから認めたってイイだろ!くらいのわずかな位置だったのに。
その後も山盛りのコーナーキックのチャンスが、
ことごとく結果にならずイヤな予感がしましたが、
前半の白ソーセージのわずかなチャンスもなんとかしのいで
無事前半終了。
ピサロがいるってだけで、メンバーが急増イレブンだったとしても怖いです。

後半、早々に試合が動きました。
チャルハノールのフリーキックが壁の隙間を抜けてゴール左を直撃。
目の覚める素晴らしいゴールでした。
このあとバイエルンが猛攻に出るかと思いきや
むしろバイヤーの動きも集中度も上がった感じ。
パスのコース、選手の連動した動き、
際どい守備の場面で見せる丁寧さと思い切りのよさ。
見ていて気持ちのいいプレーが次々と。
おかげでしみずのネガティブ半笑いぐちゃぐちゃ解説の矛先は白ソーセージへ。
これだと気にしなければ耳にも入らない。

この試合、保存してもいいなと思ったのは、
80分を過ぎてブラントのダメ押し点が入った時。
残り10分あれば追いつくだけの個人技と精神力を持ってるのがバイエルン。
勝負はここからだよなあと思っていたら、まさかバイヤーに追加点が入るとは。
さすがに、今日の白ソーセージのメンバーで、追い上げがあるようには思えず。
ベララビがラフィーニャに絡まれて、
余分なイエローで次節出場停止になったのが痛かったな。
最後まで事故も起こらず、無事完封で終了。
次節の直接対決に向けて勢いがついた感じです。

あまりサカ記事書かないので、
ついでに総括じゃないけど、ざっくりした話も。

今季のバイヤーはシュミットという監督に代わって、
サッカーも大きく変わったとあちこちでことあるごとに言われているけれど、
私はそうまで変わったかなあ?と。
ここ数年はちょっとちまちましたパスワークの増えた内容だったかもしれないけど
その前はカウンターになれば3人4人がゴール前に走り込む
勢いのあるサッカーをしてたと思うんだよね。
もちろん、それは好調な状態の時だけど。
なので、私の中では、以前のいいサッカーをしてたバイヤーに戻った
にとどまらず、
それが長いシーズンの中でアップダウンありつつも、
思いのほか継続できているなという印象。
ま終盤に入って怪我人や契約解除などの厳しい話も続いてるんだけど、
ここまで来れば、ごまかしながら逃げ切れるのではと。

今季はキャラクターも面白いのが揃ってる。
サムはいなくなってしまったけど、
チャルハノールとベララビが面白いほど弾けてるし、
ソンも新たなコンビネーションの中で好調を維持。
ヴェンデウって若いブラジル人も左サイドバックとして優秀。
勢いだけで雑で大雑把なベニよりずーっと頼れるじゃん。
右サイドバックはヒルバートが安定してきたし。
イェドバイはいい素質を持ってるんだろうけど、
ちょっとキレやすいというか危なっかしいんだよね。
人員不足でこのあとはセンターバックをやってもらうしかないようだけど
1発で飛び込まないような慎重さが欲しいところ。
ま、バイヤーらしいっちゃらしいんだけど(汗)
そしてブラントが、
最近よくいるタイプの、ちゃんと教育されて育ってきた(金髪の)若手というキャラに収まらず
ちょっとはみ出すやんちゃな匂いが漂うところがイイですね。
そしてゴールを見たら、自ら積極的にシュートを打っていく気持ちよさ。
まだチームの役割の中にがっちり組み込まれない自由さが許されてて
それが結果に繋がってるのが頼もしい。
若い子たちがこの先、いつまでバイヤーに残ってくれるのかわからないけど、
そろそろ次世代バイヤーを担う選手たちとして自覚を持ってくれたらなーと期待します。

最近はあまり顔がどうこうという選手はいないんだけど
チャルハノールって美形だなとしみじみ思う。
まだ身体が出来上がる前の痩せ具合とか
手入れしてるっぽいヘアスタイルとか、
若いのに暗めの色気があるところとか、
ちょっとこれからどんなふうに成長するのか楽しみです。
ニコ・クラニチャルみたいにならないかな。

次節はアウエーのBMG戦。
FOXスポーツが中継してくれるようで嬉しい限り。
以前のように他チームの動向に一喜一憂しながら
ハラハラと試合を見るようなことはないけれど
CLストレートインをかけた終盤の直接対決は見どころたくさんありそうです。
なんて言っても、
録画したものを3日くらいかけて、縫い物とかしながら見てるんだろうけどね。

久々のサカ記事はこんなところで。
こないだ気付いのだが、今年はコパ・アメリカがあるんだね。
しかもチリ大会。
今年の6月もヒマなしですか。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : レバークーゼン ブンデスリーガ

20:48  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.08.27 (Wed)

1415BL#01 ドルトムント対レバークーゼン

前回、こんな試合ばっかやるんだったらファンでいられる自信がない、
と思ったが、
ブンデス開幕戦が、予想を裏切る面白い試合になったので
一応書きのこしておいた方がいいかなと。

昨シーズンも、そういやこんな試合があったなあと。
バイエルン相手だったかドルトムントだったか。
その時も、書いておこうと思いながら、途中で忘れてしまったのだった。

国内のブンデスのチーム相手なら
バイヤーはちゃんとやれるんだよ。
そーなんだよ。
CLで超有名ビッグクラブを前にすると、完全にテンパって
勝手に自滅、というか破滅していくのだが。
もしかして、こないだのCLプレーオフも、
アンセム聴いただけでトラウマになってビビってしまったのかもしれない。

奇襲にも似た開始9秒のブンデス最速ゴールを決めた後の長い時間を
バイヤーは浮足立たずに落ち着いてプレーした。
前半終わるまでは、そこまで面白い試合とは、実況解説が言うほど思わなかったけど
後半になって、気が付くとまだ先制点をキープしていて
70分を過ぎてもバイヤーは疲れてしまうこともなく
しっかり集中して走って守っていた。
それを見て、昨シーズンのことをようやく思い出したのだった。
ヤルときゃやれるんである、国内のチームなら。

プレーオフのぐだぐだの試合の後、監督に喝でも入れられたのだろうか。
あの時には見られなかった集中と緊張感と丁寧さが
この試合は最後まで見られた。
しかも終了間際にはダメ押しの追加点まで。
アウエーでドル相手に、開幕戦を勝利するなんて、
上出来すぎて次のプレーオフが怖い。

相手のドルトムントがどうだったのかは
よく分からなかったけど、
いつのまにかロイスの顔がダーティに変わっていたのにガッカリした。
去年まではまだスターらしい透明感があって、
抜け目のない勝負強い選手という感じでカッコよかったんだが
なんか性格の悪いおっさんみたいになってるのはどうしたことだ。チームカラーか。

開幕戦は移籍情報なんかも教えてくれる。
マヌーは、その試合の日の朝に、インドのムンバイへの移籍が決まったらしい。
アジアへの移籍の希望がかなったんだよね。

エムレ・ジャンはリバプールに行ったんだと。驚きのニュース。
昨シーズンの終わりの方はほとんど見てないからなんとも言えないが
そんな国外リーグから注目されるほど活躍していただろうか?
とりあえず白ソーセージが焦って引き上げるほどではなかったようだけど。

バイヤーの次の試合はホームでコペンハーゲン戦。
さてどっちのバイヤーが顔を出すでしょうか。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン ドルトムント

22:49  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.08.22 (Fri)

つまらないゲームを仕方なく見る

今シーズンの最初のサカ記事がこんなタイトルでスミマセン。
バイヤーがCLのプレーオフで、アウエーでコペンハーゲンと対戦しました。
スカパーで、クラッキーと良平さんというステキなタッグでやっていたのだが
いかんせん、内容があまりにもショボすぎて泣けた。

今年の初めに、自分自身にエライことが起ったので
ブンデスを見ている余裕はなくなり(プレミアは見ていても)
昨シーズンの後半になにがあったのやらあまり知らないのだが
久々に見たバイヤーは、まったく変わっていなかった。
いつのまにか監督が変わり、選手補強もかなりやったようだが、
そんな影響はまだ(良くも悪くも)何も出ておらず
それ以外の部分が、前シーズンと地続きに、ぐだぐだであった。

バイヤーのサッカーって、もっと面白かったはずなのに。

場当たり的なパスが物凄く多くなってる。
しかも浮き球。もうらほうが困るやつ。
あと味方に渡るとは限らないロングボールの多用。
ヘタクソな2部のチームじゃあるまいし(涙)
ベーニッシュのクロスは相変わらず勢いだけで、
ゴール前の様子なんてちっとも見ないで上げている。
外に出なければマシな方。
センターバックの守備もやっつけ気味で、
構えて集中して仕留める感じがぜんぜんないし。
セットプレーのお粗末さに限っては、この試合はさらに加速している感すら。
ゾーンディフェンス向いてないよね。
折り返されたらあわあわしちゃってもう混乱しちゃうんだもん。

まあ相手も同じ程度にミスしてくれたので
バイヤーは、点を取るところだけは難なく取れた。
どれも相手にもらったような感じの点なので
最後まで安心して見てはいられなかったが。

本当にチームのことが好きなファンであれば
内容うんぬんよりも、結果的に、どんな形であっても点を取り
勝ったことを喜ぶことができる、のだろうか。
私は、今のところ、0203のサッカーを見始めた最初のシーズンから
バイヤーのファンを続けているが
それは選手や時代が変わっても、
なんとなくバイヤーのサッカーのカラーは変わらなくて
それが好きで面白いから見ている、というのはある。
その時々で、個として好きな選手も出てくるし。

でも昨シーズンあたりから、
正直、バイヤーのサッカーの面白いやつを、見ていない気がする。
テレビ放送されたものがメインになるせいもある。
今回のコペンハーゲン戦を見て、
さすがにバイヤーのファンを続けていられるのか自信がない。
まだシーズンは始まったばかり、だけど
今日見ていて、うんざりしたのは、
昨シーズン見ていてイヤだなあと思っていたところなのだ。

前シーズン辛い思いをしながら見ていたチームを、
新しいシーズンになって、気持ちも新たにワクワク見始めたのに
蓋を開けたら、この数カ月はなんだったの?と思うほど
変わっていない、ということはよくある。
バイヤーもそうなのかと思ったら、悲しくなってきた。
次はいよいよブンデス開幕戦で、しかも相手はドルトムントなんですよ。
せっかくFOXで放送があるのに、ちっともワクワクしない。

コペンハーゲン戦は、続けて見るのがあまりに辛かったので
他のプレミアの面白い試合や、撮りだめしていた映画なんかを並行して見ながら
ものすごく細切れにしてようやく最後まで見た。
3日くらいかかった。
ファンでなければ、途中で投げ出す。
いや、今シーズン最初の試合くらい、
最後まで見ないとさすがにどうよと思っただけだな。

新しい監督は、若くて有能な人らしい。
新しい10番やら、ニュルンベルクの得点源ドルミッチやら、シャルケのパパちゃんやら
選手補強もうまくいったらしい。
もともといて、何かしらんいつのまにかぐだぐだになっていた選手たちにも
新しい刺激と、新しい変化をもたらしてくれることを期待したい。

でもバイヤーって、面白い選手が来るわりに、あまりパッとしないとか
パッとしても続けて在籍してくれない、とかそんな感じがあるんですが。

つまらないのに見続けるのは、私の経験上、2シーズンが限度です。
頑張れバイヤー。

タグ : レバークーゼン

21:49  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.12.08 (Sun)

1314BL#15 ドルトムント対レバークーゼン

2位3位の直接対決。CL最終戦前の大一番。
迷いに迷って仮眠後2時半起き。
起きて良かった!
眠気なんて一度も感じないまま90分。
FOXは契約してないんだよ!
映像として残せないのが辛い!でもお金ない!
後半は荒れた展開になったけど、
最後まで浮足立たず耐えに耐えたバイヤー偉い!
レポはまたあとで!はたして書いてる時間があるのやら~。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン ドルトムント

04:37  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT