2018年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2018.06.17 (Sun)

アイスランドのサッカー見るべし!

レコ発レポを放り投げても、これは書いておきたい!
ロシア大会、グループD、アルゼンチン対アイスランド、見てました。
もう大興奮です。涙出そうだ!
アイスランドは、私の注目チームの一つですが(もう一つはコスタリカです)
本当に、期待を裏切らない、期待以上のチームです!
とにかく、守備が、素晴らしい!!
90分間を走り抜ける、集中力と体力。
アルゼンチンに対して、複数で取り巻いて奪う、
あるいは1:1で身体をぶつけ、あずけ、投げ出して奪う。
取った後も、いたずらに蹴り飛ばすのではなく、
パスをつないで切り抜け逃げ切る。
あちこちでぶつかり合いがあるけれど、
タフではあっても、決してダーティではないのだ。ここもんのすごく重要。
足の先、身体を入れるわずか1歩にかける気合いが半端ない。
熱いけれども、首から上は冷静で、慌てるということがない。
落ち着いて、確実な道をちゃんと選ぶ。
かといって引きこもりなんかじゃないのです。
チャンスとあれば人数を割いてゴール前に襲い掛かる。
これもあるから、見ていて気持ちがイイのだ!
守備には確実性を、攻撃のときは思い切りの良さを。
大事にし過ぎてチャンスを逃すなんて、チキンなことはやんない。
だからってむやみにリキんで大きく外すようなことはない。
ゴール前に来たら、とにかくシュートまで持って行く。
それがそのまま入らなくても、
次に帰ってくるボールを追えば、またチャンスは生まれていく。
全員が前だけ向いてるわけでもなく、
中ほどで、セカンドボールにそなえ、構えている選手たちもいる。
ひたむき。
というには、どいつもこいつもゴツいので、ちょっと似合わないんだけど、
欲をかかずに目の前のことにひたすら全力出す、みたいなサッカーを見て
惚れないやつはいないでしょ。
残り10分くらいからはもうドキドキが止まらなくて。
アルゼンチンの猛攻に
身体をこれでもかと投げ出しては立ち上がりまた食らいついていく彼らを見てると
涙が出そうになってくる。
本当に素晴らしいチームです。
ユーロで見せた力が、そのまま引き継がれてる。
アルゼンチン相手の勝ち点1は、フロックではありません。

グループ内にはクロアチア、ナイジェリアという、侮れないチームがいて
アイスランドがどこまで踏ん張るのか、まだまだ目が離せません。
楽しみ過ぎる。

私のごひいきの、8番ビルキル・ビャルナソンは、
2年経ってごつさを増し、
走る範囲も、体力も、さらにパワーアップしたように思います。
基本的に左サイドにいるけれど、彼のポジションはあってないようなもの。
攻撃時には、敵陣のゴール前にまで入り込み、
セットプレーは、流れ弾の処理に走り、
攻撃を受けている時は、自陣深くまで戻ってガツガツのツヴァイカンプ上等!です。
もともと姿勢はいい選手でしたが、横幅もついて、当たり負けしません。
やっぱ好きだわ、こーゆータイプ。

こんな熱い試合を見てると、
日本の試合とか、やっぱ見れないよなあー。
スポンサーサイト

テーマ : FIFAワールドカップ - ジャンル : スポーツ

タグ : アイスランド代表 ビルキル・ビャルナソン

13:47  |  あちこち代表  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.06.12 (Tue)

ロシアW杯を前にちょっとだけサカな話

今週からワールドカップが始まります。
放送予定を調べてるんだが、
再放送まで含めて全部を一覧で網羅できるサイトってないのか。
全部ナマで録画するわけにいかんだろー。

4年前は化学療法(しかもEC)のさなかで、
4時に起きて見たりしてましたが、
今はそこまでの熱はなく。
でもそこそこ気になるチームの試合は見たいじゃないの。

私が注目してるチームはこちらです。
アイスランドとコスタリカ。

はい、狙ってるわけじゃないんですよ~。
いつものことです。

コスタリカは、4年前のブラジル大会で見て
すごく魅力的なチームだったので惚れました。
ケイラー・ナバスがこの大会のあとマドリーへ移籍したんですよ。
あの時、私の琴線に触れたのは、17番の若いボランチ・テヘダでした。
4年経って、また出てくるかな。ちょっとイイ男になってないかな。

アイスランドは、2年前のユーロで旋風を巻き起こしたチーム。
これも一応、開幕する前からチェックしてたんだからね~。
私の注目は、8番のMFビルキル・ビャルナソン。
当時の所属のバーゼルでのプレーはイマイチ面白くなかったけどな。
今回の予選も好調なまま突破したようなので、楽しみです。
バイキングクラップがまた流行るかしらん。
↑簡単に見えてテンポを取るのがかなり難しい。
真似するチームが続出したがけっこうグダグダになって笑えます。
例えるなら、中田裕二のライブのアンコールの拍手に近いです。

***********

CL決勝戦を見てて、最後に知ったのですが、
来季からスカパーでの放送権がなくなったんですね。
ダゾーンがもってっちゃったらしい。ふざけんなよ。
来シーズン、どうやってサッカー見るか、まだぜんぜん考えてません。

***********

なので、解約前にせっかくだからと録画した、
アンドレア・ピルロの引退試合をダラダラと見ています。
レジェンドてんこ盛り!
ピッチの中に10番のユニが複数いて笑えます。
メンバー表を見て、「あっ!!ヤンクロフスキーがいる
などと真っ先に興奮するのは私しかいません。
みんなおっさんになってスピードは落ちてるし、
ライン際で踏ん張れなくて転んだりしてますが、
パスコースの選択やトラップの技術は衰えないもんだなーと、面白いです。
ピッポ・インザーギが、控えにいたとき、
ベンチに座るアンチェロッティの足元の地面に体育座りして、
いろいろ話してるのがすっごく可愛かったです。試合出たいんだろうなあと。
後半になって出てきたら、
懐かしすぎるピッポの動きに感動してしまった。
彼はラインギリギリで飛び出す前の、ちゃんと繋いで次の動きを作るところから
しっかり始めているのです。
シロートのおっさんサッカーが
横着してオフサイドに引っかかりまくっているのとは違うのだ。
ゴールしたくてしたくてたまらないのが全身から溢れまくってて、
何度も何度もゴール前で往復してるのがスバラシイ。
ようやっとゴールが生まれて、
でもユニ引っ張って血管浮き出すほど叫ぶようなパフォはさすがになかったけど(笑)
なんやかやでトリブレッタしちゃうところも素敵。
試合後もちゃんとボール抱えてるのも可愛い。
ユニ着てピッチにいると、中身がぜんぜん変わってないんだなあーと思う。
ガッツ(ガットゥーゾ)も、短い出場時間ながらすごい存在感でした。
あのお祭りサッカーの中で、後ろからガツガツいくなんざ、彼にしかできません。
引退試合で、こんなに面白いの珍しいな。

10:47  |  あちこち代表  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.07.16 (Sat)

ようやくユーロ2016見終わりました

 ポルトガル優勝、おめでとう!! 

あー、ロナウドってなんであんなにもらい泣きを誘うのだー。
2004年の涙から12年。
31になっても、表情はあの時とぜんぜん変わってない。
いろいろ思い出しちゃったよ2004年のこと。
予選からチェコを応援して、ギリシャに撃沈された悪夢のような準決勝。
そのあとのポルトガルを、またしてもつまらんサッカーで
1撃で倒したギリシャ。あーもー。
まだピカピカのガキだったロナウドを、そこから何年か追ってたなあー。
ゴール前で倒れまくってても好きだった。バカみたいに可愛くて。

正直、決勝に来るまでのポルトガルの試合はあんま面白くなかった。
クロアチア戦なんて、今大会で一番面白くない試合だったし。

ウェールズの勢いを潰して決勝に進んで、
2004年の雪辱かー!とは思ったけど、
でもフランスのが面白い試合してるしなーと、
試合を見ていたらば。

ねええ、ロナウドがねええ。
ワールドカップのネイマールを思い出してしまった。
あんなに早く、自ら交代の意思表示をするなんて、
どんだけ辛いだろう、とこちらも胸が締め付けられるような思い。

だから、クリスチアーノの分も頑張れポルトガルー!
と単純に思いはしなかったけど、
あの衝撃的な状況から、落ち着いて持ち直していく選手たちを見てたら、
徐々に応援する気持ちがポルトガルへと傾いた。
両キーパーのスーパーセーブも試合をキリリと引き締めた。

延長が決まって、戻ってきてからのロナウドの姿も、
とにかく映るたびに、こっちの涙腺ヤバい。
こういう気持ちがまるまる顔に出ちゃうような選手、
今そんないないでしょ。
ロナウドのそーゆーところが私はたまんなく好きなのである。

PKにまで行かずに、試合が決着してよかった。
ピッチにロナウドはいなかったけど、
ここまで来るのにロナウドなしには来れなかったからね。
ほんと優勝おめでとうポルトガル。
フランスも頑張ったけど残念だった。残念なままで終わってほっとした。

その他いろいろと。思いつくまま。

今大会、24チームになって、
何をどうしたら得になるのかが分かりにくくて、
結果的にすごく面白くなったかも。

ポルトガルだって、
グループリーグで2位狙いなんて
せこいことを考えてたら危うく敗退しそうになって
結果3位になったことで、死の山に入らずに済んだわけだし。
何がどう転ぶか分からない。

私は試合しか見てなくて、
その後の解説番組やニュースサイトを見てないので、
3位のチームが振り分けられるシステムがよく分かんなかったけど、
1位になったからといって、
有利だったか?というカードもたくさんあった気がする。
今までなら消化試合になっていたものが、
3位で滑り込みの可能性が出たことで
最後まで本気でやってくるチームが多かったのも、
番狂わせを増やしたと思う。

逆に、今までなら勝負がかからない試合だからこそ、
出してもらえた経験値の浅い若手とか保険のベテランとかが
出場機会をもらえずに、そのまま帰国なんてのもあったんじゃないかな。

でも、その余裕のない中でも、
ちゃんと状態を見極めて、主流ではない選手たちを投入していった国が
むしろ後々、全体の戦力アップにつながっていったのかもしれない。
こんなところでも、監督の力量が問われた大会だった気がする。

大会前から注目していたアイスランドの躍進には、
「ほーらね♪」な鼻高々な気分です。
ま予選の試合なんて二つくらいしか見れてないですが。
思い起こせば2004年はチェコ、2008年はロシア。
どちらも予選の段階から、ここが来る!!とバリバリ期待してましたの。
ロシアなんて誰もマークしてなかったよ。ふふん。
どちらも魅力的なサッカーをして、大会を大いに沸かせましたのよ。

今大会のベストゲームは、
やっぱアイスランドとイングランドの決勝トーナメントでしょう。
あの試合ばかりは、情報遮断が完全に出来て、
最後まで手に汗握って観戦できました。
結果知らなくて良かったよ。
あとはウェールズの初戦スロバキア戦と、
フランス対アイルランドも、劇的で印象的な試合でした。
チームの面白さで言えば、フランスが良かったかな。
クセのある選手が多くて、これからどう熟成していくのか楽しみです。

今回は生で見た試合は一つもなく、
全部録画して、自分の都合に合わせてみてました。
それも一つの試合を、何日もかけて。
それで盛り上がるのかって言えば、そりゃ盛り上がんないですけど、
もうね、4時起きして生で見るとか無理だから。身体こわす。
ま、結果の分かってしまった試合もボロボロあるんですがね。
しょうがないです。
自分から、情報のありそうな場所には近寄らない以外の
防衛手段はありません。

おまけに、後半はウィンブルドンという、
私にとっては一番外せないグランドスラムもあるので、
録画したものを見る順番も絡んできて大変でした。
アンディ・マレーを応援してると、
6月のウィンブルドンを見ないという選択肢はないんだよ。
今回、さすがに一瞬どうしようかと思ったけど、
優勝するかもしれない!!とデッキの容量、時間帯を調整しつつなんとか録画。
良かったです。
優勝しましたから!!
おめでとうアンディ~~~

一番忙しかった1か月が終了しました。
来生さんのライブもあったしねー。
プールもジムも行ってたしねー。
服も縫ってたしねー。

海外サッカーの新シーズンが始まるまで、
しばしの間、のんびりと過ごせます。
人身売買が盛り上がってるところでしょうけど。
これもシーズン始まって、試合見てびっくりということになりそうです。

今年の8月はオリンピックがあるんだよねえ。
ドイツの若造たちがちょっと気になるので、
放送予定とか調べた方がいいのかなー。どうする~。

タグ : ユーロ2016

15:49  |  あちこち代表  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.06.26 (Sun)

ゆるゆるユーロ2016観戦中!

久々のサカネタです。
もはや新しくカテ作るわけでもなく。

ユーロ2016、ゆるゆる見ております。
参加チームも増え、とても1日で見れる量ではなく、
割り切って録画したものを、自分の時間の中で見ています。
容量のないハードディスクを、日々四苦八苦しながら調整してます。
(なんでウィンブルドンって6月なんだろう。泣)

サカネタをほとんど書いていなくても、
私がチェックするものはいろいろあるので、
相変わらず、見る数はそんなに減らないという状況です。

よーやくグループリーグの第3戦も中ほどまで見終わりました。
今回は3位のチームにも、決勝トーナメント進出の望みがあるので、
終盤になって白熱した試合が増えていて面白いです。
序盤のほうが、慎重に入りすぎて、
いまいち見どころのない試合が多かったですね。
あんまり盛り上がらないのに、
試合終了間際になって動く試合が多かったので、
帳尻合わされたとか、どん底に突き落とされたとか、
まあいろいろ、見ているこちらも上がったり下がったりです。

毎度の後出しじゃんけんですが。
私が応援してるのは、アイスランドとウェールズ。
どちらも、国際大会初出場ながら、
見事な試合運びで決勝トーナメント進出という
嬉しいことになっております。
この両チームの素敵なところは、
引いて守るだけではなく、しっかりと攻撃の際には人数かけることですね。
守備が固いのが前提ですが、それもドン引きマンツーマンの肉弾戦オンリーではなく
鋭い読みと落ち着きと勇気で、球際で勝っていくというのが、
見ていてとても気持ちがいいです!

ウェールズに関しては、ベイル君の凄さと可愛さは言うまでもないけど、
アレンの守備での働きまくりっぷりに、改めて感動しています。
いやーここまでやる選手だったとは!!
モドリッチかと思ったよ!!

あとアイスランドは、
私の注目選手、ビルキル・ビャルナソンが、
期待を裏切らないプレーぶり。
初戦ポルトガル戦でのシュートはトリハダモノでした。

書いててよかった、私のアリバイ記事。今年の2月。
→ アイスランドのビルキル・ビャルナソンに注目

先ほど見終わったばかりの、第3戦・オーストリア戦も
最後の最後に追加点で劇的な勝利となったのですが、
ここでもシュートこそ出来なかったけど、
諦めずに自陣から敵陣のゴール前まで走り込んだ選手のひとりであったことが
あの大きな結果に結びついたんだと思います。
もおおおお涙モノだったよ!

なんか両チームとも、雰囲気がとても清々しくて。
初の国際大会に出た喜びと、
挑戦する権利を手にワクワクしながら臆することなく向かっていく感じが
たまらなく魅力的です。
熱さがダーティに出るのではなく、キリリとした緊張感を持って現れるのもイイ。
でも身体を張る場面では逃げない。
サッカーを見る楽しさを思い出すようなチームです。
昨シーズンのレスターと言い、サッカーというのは、
見飽きたようでいてもまだまだホント面白い。

サポーターたちの雰囲気も、
これまで見てきた数々の大会の中でも珍しいほど、感動的に素晴らしくて。
この場で起こる何もかもを、すべて楽しんで味わっているというのが伝わって、
こちらのココロも洗われるようです。

みんなで旅をしている、
そんなチームが複数あるこの大会、かなり面白くなってきました。
最初は24チームなんて、プラティニが余計なことして、と思ってたけど
このチーム数だからこそ、生まれている数々の奇跡を見てると、
チャンスが増えるって悪くないなあと、単純に思ったり。

まだ全グループの第3戦を見ていないので、
結果どんな組み合わせになっているのかほとんど知らないのですが
いや、一部やらかしたチームがいて、
とばっちりをくらってる1位通過の国があるみたいですが(笑)
まあそんなのも含めて、
これから後半戦に入ってますます面白くなりそうなユーロです。
延長戦も入ってくるので、
さらにリアルタイムから遠ざかりながら見ていくことになりそうです。

しっかし、私の知ってる選手たちが、
のきなみ30代とかになっててやんなるわー。
あと、今のところ、コレ!というような新顔が見つかっていないのも寂しいです。
最近はどこもみんないい子ちゃんが増えちゃってるみたいだなあー。
面構えでグッときて、
プレーをみてさらに惚れるようなタイプの選手が激減してます。
つまんなーい。

テーマ : 欧州サッカー全般 - ジャンル : スポーツ

タグ : ユーロ2016 ビルキル・ビャルナソン アイスランド代表 ウェールズ代表

13:10  |  あちこち代表  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.05.22 (Fri)

コパアメリカ2015、はじまるよ!

ってもう、忙しいんだけどーっ。

各国リーグ戦の最終節、カップ戦の決勝と
まだこれから今季のグランドフィナーレが控えているというのに、
もうその先の話なんてしてすみません。

6月12日(金)から7月5日(日)まで、全26試合。
スカパーで放送があります。
今年の開催地はチリ!
やっべー、もう見ないわけには(涙)
今回の招待国はメキシコとジャマイカ。
コスタリカじゃなくて良かった。死にます。

4年前の大会はウルグアイ大注目で連日大騒ぎで見ていました。
ウルグアイ代表はこの大会時がキャラも実力もコンビネーションも
ピークだったなー。
そして結果も出したしなー。泣いたよ。

去年のブラジルW杯で、
南米勢の勢いの良さと魅力がばーんと炸裂。
このタイミングでの大会に、
スカパーも始まる前から盛り上げようってんで
5月の下旬から特番だの4年前の試合だの次々放送。
DVDに焼いてると分かっているのに、
どかどか予約を入れて首を絞めている自分。ああ。
見れる人は2011年のアルゼンチン対ウルグアイ、
ぜったい見た方がいいっす。

なところで、
とりあえず今回は、
チリがそうとうやってくれるんじゃないかと期待しています。
ヴィダルもマティ・フェルナンデスも絶好調だしね!
とくに今季のマティは、フィオレンティーナで
怪我もせずコンスタントに試合に出て、しかもいい仕事してるのだ。
ヴィダルも、終盤戦に入って調子がガンガン上がってるし。
キャラクターもそろってるので楽しみです。
あとはメキシコ、コロンビア、ブラジルも気になるし。
ウルグアイはピークを過ぎた感があるが一応まだチェックするだろうし、
なんやかんやで、見たい試合が山となりそうな。

南米時間なので、深夜~早朝の時間帯になるけど
多くても1日2試合だし、決勝トーナメントに入れば1日1試合。
スポーツニュースに気を付ければ、そこそこ追えるような気がする。
あとはデッキの容量の確保。ってそこが一番大変かも。
→ コパアメリカ チリ2015・放送予定

まあサカレポ書いてる余裕はないかもしれないけど、
ひそっとサカモード全開の1か月になりそうです。

つか大会中に御大のライブはあるし、
ウィンブルドンもあるんだよなあー。
マレーを応援してるとウィンブルドンって外せないんだよなあ(涙)

タグ : コパアメリカ2015 チリ代表

11:36  |  あちこち代表  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT