2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.02.23 (Thu)

1617CL ROUND16#1 パリ・サンジェルマン対バルセロナ

突然のサカ記事。
しかも試合はもう先週おわっていたりする。

いやー大興奮でした!!
久々に、画面にくぎ付け。選手の一挙手一投足から目が離せない。
ユーロ2016以来だよ、こんなにガッツリとサッカーを見たの。

私はもちろんパリサンジェルマン応援。
といってもCLで見るくらいしかできてないけど。
今季ウナイ・エメリに監督が変わって、
去年のゲームは、まだまだ選手たちに、
システムの変化が浸透してない感じのサッカーが多かった。
マテュイディだけ孤軍奮闘、みたいな。
ズラタンが抜けて、カバーニが名実ともにトップになったけど、
相変わらずと言うか、超カンタンそうなシュートを外してたり。
出来上がっていたものを、新しく構築するというのは、
一流プレーヤーが集まっていても、
そうそう簡単にはいかないんだなーともどかしく見てました。

ウィンターブレイクを開けて、
CL決勝トーナメントの組み合わせもちゃんと知らずに予約を入れました。
ニュースでうっかり「あのバルセロナが」などというのを見て、
あ、やらかしたのか?(でないとこんな形で取り上げられない)と思ったけど
その時、バルサの相手がパリだということはすっかり失念。
昨日になって、パリの試合をようやっと見るかあ、と
再生押したら相手がバルサでした。はは。
おかげで、面白い試合になりそうだ、と期待値を持って見ることが出来ましたよ。

でもまさか、前半で2点も先制とか、考えなかったなあー。
冬の人身売買で入ったドラクスラー(もちろんここで初めて移籍を知った)が
すっかりオトナな顔になって、
モチベーション高いでーす!なプレーで見せてくれました。
なんか感無量ですね。

最近流行りのデュエルってのは、ツヴァイカンプってことでいいのかな。
今日のパリはもうそこここでバルサ相手に勝ちまくっていた。
しかもガツガツ、フィジカルでゴリ押しするんじゃなくて、
スマートに体を寄せてスルリとジャマをし奪っていく。
一人で奪いきれなくても、続いて二人目三人目が連動して襲い掛かり、
最初の選手が崩した相手がバランスを持ち直す前に、
ボールを奪って任務を完遂していく。
そして流れるようにカウンター。
痺れるようなスルーパス。
完璧な守備そして攻撃への流れ。
一流のサッカーって、やっぱり最高に面白い。

パリの選手たちがぜんぜん慌てないのだ。
身体が充実していて集中力が半端ない。
サッカーは体型でやるものではないし、
どんな体型でも出来るのが面白いスポーツなのだけど、
今回はパリの選手のスマートさが際立ってたなー。
背が高く、手足が細く、しなやかな動き。
でも体幹が強くて、競り合っても負けないし、
バランスを崩しても次への動きが素早い。
一人がつぶれても、周りにフォローする選手がいるので流れが止まらない。
でもこれは相当の運動量がないとできない技で、
最後まで持たないというのが常なんだけど、
今日のパリは80分まで全然勢いが衰えなかったなー。

ベラッティが怪我で退場した時が、
一番どうなるか!?と思ったところでした。
ラビオ、マテュイディとの中盤3枚が完璧だったから。
しかしながら、入った選手もうまく流れに乗って、
ここまでのペースを崩すことなく、
パリがとどめの4点目を入れたときはもう最高すぎて泣きそうでした。
しかもカバーニ!!
しかも、普通よりもぜんぜん難しいだろ!なハイスピードのシュート!
こんなカバーニを見るのも久々だよー(涙)

この辺から明らかにバルサの選手たちがイライラを爆発させてましたね。
でもパリは冷静さをキープ。
これまで煮え湯を飲まされ続けていたエメリ監督と、
さんざCLで対戦させられてきたパリ。
むしろここまで経験してきたことで、
バルサに対するリスペクトという畏怖やら緊張が無くなって、
フツーに倒す相手として闘えてるように見えました。
もともとサイズの小さいバルサの選手たちが、
いらついて審判に文句を言ってみたり、
相手にいらぬちょっかいを出したりすることで
余計にちっさく見えてしまったなー。

残り10分になって、アウエーゴールを取られたくない&疲労もあって
自陣に引く場面が増えたのでちょっとヒヤヒヤでした。
バルサの前線3枚相手に、たとえあと10分でも、
これは得策ではないんじゃないかと。
ほんのちょっとの隙間だけで、ゴールを奪える力を持ってる選手ばかり。
やはりというか、シュートチャンスが増えてしまって
あわやというシーンも。
これはマズイ、でそのあとは奪ってから中盤、相手陣内でキープという形に
持って行ったので安堵しました。
相手はバルサなのだから、1点だって、持ち帰らせてはいけません。

とにかく、バルサらしいことをすべて封じ込めた試合でした。
お土産ひとつも持たせずに、
次は敵地カンプノウでの対戦です。
バルサだって今回のようなやられっぱなしの試合にはならないでしょうが、
ひっくり返すのは至難の業。
つかパリが!今度こそ上に行くもんね!!

そんで。
またも壮大な後出しジャンケンなんだけど、
ワタシ、ラビオにずーーっと注目してたのです。
彼がローンで出される前から見てたので、
ウィキを調べると1213シーズンに興味を持ったんだなー。
最初からおお!って感じではなく、
パリの試合を他の選手を目当てに見ていて
見終わった後に、プレーがココロに残る選手がいたなあ、というタイプ。
なんか堅実というか、気の利いたプレーを見せてて。
ひょろっとしてるんだけど弱くない。
しかも当時からあのクルクルの髪の毛。
それからパリの試合を見るときは、
必ず出てるかどうか気にして見ていた選手。
なんですが、まあ実際はそこまで上手くなったー!!という試合はなくて、
豪華な選手たちが揃うパリの中では、スタメン確保も難しい位置で。
でもそれなりに出場機会はコンスタントにもらっている感じ。
が、
今回はモッタの出場停止のおかげで最初から起用されたのかな?
中盤の底に入ったのだけど、序盤からすごい気合い。
いきなり後方から走り込んで相手のボールをインターセプトするという技からスタート。
早々にネイマール相手にファウルしてイエロー食らってしまいましたが、
そのあとのプレーはとてもイエローもらってるとは思えないほど
冷静でタフなプレーの連続でした。うーん、メンタルも強いっす。
メッシから何度ボールを奪ったことか!
彼のインターセプトが、何度パリのカウンターの起点になったことか!
もうきゃあきゃあ言いっぱなしでした。
今日のラビオは凄すぎる!
ワタシじゃなくても、この試合で注目する人が増えてくこと必須!
小さいメッシの身体に、190センチ近いラビオの長い手足が絡みついて、
後ろからでも真横からでもするりとボールにタッチして、
今度は細い体をしなやかに動かして
相手をかわして次への動きへ移っていく。
もう惚れ惚れです。
知らん間に、首も太くなって、四肢もハリがあって、
筋肉質なんだけどモリモリじゃない、
とてもイイ感じに体が出来上がってきてます。
しかもまだ21だよ!!!(つか私が注目した時って17とかそんなか?)
これからどんだけ化けるんだろう。
嬉しいことに男前度もアップ。モデルのようですよ。
以前は草食動物のようなちょっと寝ぼけた顔だったのに。
25くらいになったらアナタ、
精悍になってすごい色気も出てきそうな感じですよ。楽しみ―!
パリの中心選手になってるか、
どこかにさらわれていくか分かりませんがね。
こういう自分だけが気になってた選手が、
やっぱ本物だったと知るときが一番楽しいです。ふふん。

思わず、興奮のままにサカレポなどアップしてしまいました。
しかも毎度の自分目線で、
どんな試合展開だったのか誰が出てたんだかというちゃんとした情報が抜ける。
ま自分メモなんでいいんです。(とはいえ、あとから自分で読んでもわからない)

もう誰もサッカー目当てにここなんて来てないよ(苦笑)
スポンサーサイト

テーマ : 欧州サッカー全般 - ジャンル : スポーツ

タグ : パリ・サンジェルマン ラビオ

09:32  |  CL・その他クラブチーム  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.07.08 (Wed)

コパアメリカ2015、チリが優勝しました

コパアメリカ2015
決勝は開催国チリ対アルゼンチン。

びっくりした。
ずっとアルゼンチンが勝つんだと思って見てた。
べつに、アルゼンチンを応援していたからではありません。

試合は録画をして、
そのあとライブに行ったりしてたので、すぐには見れず、
うっかり月曜の朝のNHKで、
スポーツニュース一覧の中に「アルゼンチン」の文字を見てしまったのだ。
そりゃあなた、「アルゼンチン」ってあったら、
優勝したんだと思うでしょ。

あわてて別のチャンネルにしたものの、
その一瞬の単語に、やっぱダメだったか~と思い、
そんな中で、ようやっと試合を見始めた。
とりあえず、スコアも得点者も分からないのだから、まだ楽しめるはず。
いつ点入れられちゃうのかなあ、滅私だったらやだァ。
とか思いながら、4日くらいかけて見た。

試合は、最初から最後まで、両者譲らず意地のぶつかり合い。
スマートではないが、ダーティでもない、緊張感のある内容。
表情一つ変えず、試合を冷静にさばく主審。
華麗なテクも個人技もアイディアも見せる余裕はないが、
各々が持っている勝負への執念、
集中力と基本的な技術の高さが随所に見られる好ゲームでした。

実力は拮抗してました。
アルゼンチンのほうが、
隙を見せたら何をするかわからない危険さを持っているので
チリは一瞬たりとも気が抜けず、
とにかく全員が同じように走り守り闘ってました。
なんというか、こういうチリの辛抱強さと気合いの凄さに、
私は参ってしまうのだ。
華のある選手なんていないけど、
そこそこ個性のある選手たちが
自分のやるべきことを必死でやっている。
素敵なチームなんですよチリは、昔から。
(私のチリ応援歴は、ヴィダルがレバークーゼンに加入すると決まった時の、
2007年U20、カナダ大会からなので、かなりのものでございます)

90分で終わらず、延長になっても、まだ決着がつかない。
ここまで互角でやってきてるのに、一瞬でアルゼンチンが持っていくのか(涙)
なんて思ってたらPKになった。え。

PK戦の時に、選手たちが全員で肩を組んでいないチームは負ける、
というのが私の持論だが、
アルゼンチンは、滅私と、あと誰だかが、その一列の中に入ってなかった。
チリは全員でひとかたまりになって、固唾をのんで見守っていた。

したら、
アルゼンチンは2人が続けて外したんだよね。

さすがに、ここまで来たら、こっから逆転するとは思い難い。

まさかまさかで。
開催国チリが、PK戦を制し、悲願のコパ初優勝となったのだった。
えええええええ!!!(嬉)


なんだったんだ、あのNHKの表示は!
メッシがっかりとか、そーゆーリード?紛らわしいんだよ!
つか、チリが勝ったんだから、素直に喜べばいいじゃん!

なんだかボー然としつつ、
チリの選手たちが歓喜に溢れ抱き合っている映像にこちらも涙。
良かった、チリ、ちゃんと最後まで頑張って、優勝をつかんだよ。ううう。

最初に「アルゼンチン」の文字を見ていなければ、
もっとハラハラして、死にそうになりながら見ていたかもしれないな。

優勝セレモニーは、とりあえずもう少ししてから
じっくり見ようかなと思います。
おめでとうチリ。
私の好きなチームが、2大会続けて優勝で(前回はウルグアイ)
嬉しいです。誇らしいです。

これでようやっと、私のサカシーズンも終了。
8月の再開まで、しばしのお休みです。
(ってドイツに行く準備があるだろ!)

さて、ウィンブルドンを見るかー。

タグ : コパアメリカ2015 チリ

22:59  |  CL・その他クラブチーム  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.05.26 (Mon)

1314CL決勝→W杯とサカシーズンは終わらない

久々のサカネタです。
今シーズンの締めくくり、
チャンピオンズの決勝があったのでしっかりと見ました。
白い巨人軍に高値で買われていったベイル君の、
初めてと言ってもいい大舞台ですよ。

今年はレアルの試合を、そこそこ見ていました。
まあ夢中になって、と言うほどではないですけど。
ベイル君メインなところにルカ・モドリッチのおまけつき、というスタンス。
慣れない右サイドへのコンバートは、見ている方ももどかしいプレーの連続だったけど
文句も言わず、与えられたポジションの中で、
頑張って順応していこうとしてるのがエライわベイル君、な目線で見てました。
スパーズ時代の、ダイナミックなプレーや印象的なゴールの数々を思うと
決して満足とは言えないんですけど、
でもいずれそういうプレーが出せるような状態に、彼なら持っていくでしょう。
今年は、不振のベンゼマにシュートを取らせ、クリロナにも気を使いまくり、
その中で自身もゴールという結果を出し、
高額新入生としては完ぺきな仕事っぷりだったと思います。

決勝でのマドリードダービーは、守備の粘り強さとタフさの目立つ好ゲームでした。
シュートに至るプレーはあまりにも少ないけれど、
各局面で展開される集中したぶつかり合いの数々は見ごたえたっぷり。
さすが決勝。質が高い。
主審も試合を止めずにうまく進めてたと思います。

ただ90分後のロスタイムは、やはり長すぎだったと思います。
あれが3分だったら、結果は変わってただろうなあ。
ベイル君の諦めないランニングのおかげで、レアルが逆転してから
なんやかやで最後は大きな差のあるスコアになってしまいました。
両者ともに足が動かない中でのせめぎ合いも、
まさに決勝ならではの光景。まさに死闘。

つかやっぱ、ロナウドに全部持ってかれちゃった感がありますな。
ま、しょーがない。
彼の機嫌がよくないとねえ。みんな無邪気に喜べないじゃんね。
しかもあの肉体美をどーんとさらされた日には。
終了後のカメラを独り占め。
ユニの下にインナー着てる選手が多い中、眼福眼福。
いいけどさあ、ちったあベイル君を映せよ!!

なところで、
一息ついてここで見るのを中断。
またあとで表彰式&お祭り騒ぎをゆっくり見ようと思います。
ベイル君のくしゃくしゃの笑顔を見なければ。

セレモニーも、今年はなかなか素敵だったんじゃないですかね。
一部、文字がひっくり返ったシートがありましたけど。
ほのぼのしすぎず、ちょっとカッコよくて、気分が盛り上がりました。

さて。
いよいよワールドカップが目の前なわけですが。
今年はスカパは撤退しちゃうし、
試合時間も日常生活に支障をきたすような感じだし、
だいたいが試合数がやたら多いし、
以前ほど、各国の状況や選手たちのことが分かってないしで
どこまでしっかり見て行けるやら分かりませんが
なんとか出来る範囲で追っかけるつもりです。
いつもなら個人的に推してるチームとかあるんですけど、
今年はなあ、まあ一般的なサカファンと同じように
ベルギーが本戦でどこまでやるのか楽しみ、ってくらいですかね。
ポルトガルもチーム力が高くなってる気がするの。
あとはチリとウルグアイとメキシコとクロアチアをチェックして、
ドイツのマイヤーちゃんと私のベンダーと、スイスのナポリ組と、
フランスのポグバがどこまで化けるか、とか
はたしてブラジルは鬼のような組み合わせをくぐりぬけて決勝まで辿りつけるのか、とか
書きだしたら、今年も普通に忙しくなりそうな予感です。
同時進行でウィンブルドンがあるのが困るんだよなあ。
つか私、乳がんの化学療法中なんだよなあ。
いいのかこんな生活で。

タグ : ギャレス・ベイル

00:21  |  CL・その他クラブチーム  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.09.16 (Mon)

ベイルのゴール、ヴィダルのゴール

ベイル君、レアル戦先発でスタートです。
トップ下にはまだ早いみたいで右サイド。
突破できそうなところやシュートを打てそうなところも
最初は遠慮気味にプレー。
シュートなんて、まずは諸先輩方へのパスから始めてる感じです。
右に留まるようなことはなく、中に切れ込んだり、
ロナウドとポジションチェンジしたりと動きまわっているのはいい印象です。
ベイルっぽい状況になると、
お茶の間もスタジオもスタジアムも、
一瞬の緊張と期待感が高まる感じが面白い。
ビジャレアルも調子が良いようで、
思ったよりも互角な試合は結構面白かったです。

後半に入ってこのまま遠慮気味なプレーに終始するのかと思ったら、
突然ゴール前にスライディングするように滑り込んでのゴール!!
左からのグラウンダーのクロスに上手く合わせて飛び込んで、
後ろから身体を抱え込まれながらも足先で流し込む、
なんとも泥臭いゴール!
華のある強烈な印象のゴールが多いベイルの中では
珍しいタイプのゴールじゃないかな。
なにはともあれ、デビュー戦で決めるなんて
やっぱりベイル君は持ってます!
いつものハートのパフォーマンスもどこか控えめ。
弾ける喜びよりも安堵の方がずっと大きいような表情にグッときてしまった。

しかしリーガに来るとベイル君の健やかで大きな身体がよく目立つ。
プレミアでかいやつばっかだからなー。

このあと、20分ほど残してだったかな?お疲れ様の交代。
このベイルのゴールで、レアルは同点に追いついて、
このあとさらに追加点を入れていきます。
ま、その後にビジャレアルに追いつかれてしまうのだけど、
試合としてはもういいや、でざざーっと早送り。
次はホームでお披露目です。
その前にCLもあるな。

続けてインテル対ユベントスのイタリアダービー。
インテルは、ナポリの指揮官を連れてってしまいました。
うおー、カンパニャーロまで引き抜いてったかー!
私はヴィダル目線でユベントス応援。
まだ3節なのにギチギチの緊張感がぶつかり合ういい試合でした。
ボールを取っては取り返すの連続。
身体を抱え込みながらのフィジカルごりごりのディフェンスは、
主審も流すところは流し、取るとこは取り、
見ていても気持のいいさばき方でした。
ミスも少なくテンポもよく、パスの選択一つにも見どころたっぷり。
ピルロという預け場所がある分、ユーベは楽ですね。
後半に入ってインテルに先制点。
のあと、わずか2分後にヴィダルのゴールで同点に。
こういうところできっちり決めるところがヴィダルだよなー。
タフに汗かきまくった上にゴールもしちゃう。
愛すべき選手です。
さすがに試合も80分あたりからは
両者に疲れが蓄積して息切れ状態になったけど、
最初からぶっ飛ばしまくったからしょうがない。
レベルの高い、意識の高い、一歩も譲らないぶつかり合いは
見ごたえ十分でした。

ベイルとヴィダルのゴールが続けて見れて大満足なり。
この後も見なければいけない試合がてんこもりだー!
CLも始まるし、いよいよサカシーズンは本格始動です。

タグ : ギャレス・ベイル アルトゥロ・ヴィダル

23:47  |  CL・その他クラブチーム  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.09.05 (Thu)

ベイル君は新天地へ

よーやくアーセナル対スパーズのダービーを見終わったので
スパーズ公式を見に行った。
ベイル君は今季から白い巨人軍の一員です。
とほほ。
→ ギャレス・ベイルからの声明@スパーズジャパン

残念だけど、まだマドリーだっただけ良かった、かなあ。
でもホントはプレミアから出て行ってほしくなかった。
優勝を狙うチームが複数あって、
ピリピリした試合が年に何度もあるようなリーグの方が絶対面白いもん。
レアルに行ったら、強いのバルサだけでしょ。(暴言)
今のリーガでそれ以外のチームはお金がなくて
チームを継続して育てて作って行ける余裕なんてないじゃん。
いい選手がいたらお金に替えないと。
マジメに本気出してやるべき試合がクラシコだけで
あとはレベル下がって横並びみたいな状況で勝ち続けるのって
見てて楽しいのかな。
相手を翻弄して、余裕ぶちかましたプレーをして、自分たちだけ楽しくて、
得点を重ねてくのって、面白いんだろうか。
スピード感も当たりの強さも切り替えの早さも、
プレミアの方が見ごたえあるんだよなー。

などとブツブツ言いつつ。
まあバルサで檻の中に入れられるより数倍マシ、と思うようにはしてる。
狭い檻の中でパス回しなんて芸をさせられるベイル君なんて悲しい。
まだレアルの方が、スペースを生かしてカウンターを決めるような試合が見れそうだもん。

ただCR7がいるのにどこで使うんだよ?
とはずーーーっと思ってた。
でも昨シーズンのベイル君は左サイドに留まらず、トップ下でも実力を発揮。
印象的な時間の印象的なゴールも、山と決めてたので
CR7との共存は十分できそうである。
じゃあ今いるそのポジションて誰よ?と思ったらエジルだった。
エジルならまあ押しのけることは出来ちゃうかもしれない。
そこまでアンタッチャブルではないだろう。

で。
WOWOWのHPを見に行ったら、
エジル放出のニュースが載ってた。
ビンゴ。
レアルの試合は最近ほとんど見てないので、
エジルがどんだけレアルにとって欠かせないパーツなのかは分からないが
ロナウドのコメント読んでると、結構痛いっぽいですね。そうなんだ。

でもベイル君取るってんだから、
彼のためにポジション開けないとダメでしょう。
ロナウドを超える移籍金払うんだし。
まだまだロナウドは放出するような年齢でもないし。

ベイル君のいないスパーズは、
新しく入った選手や、新しくスタメン起用されてる選手らが頑張ってて
何だかいい雰囲気の試合をしてる。
それはそれでいいことだ。

今季からレアルの試合、チェックするんだアタシ。
実感ない。
残念だがユニは買わない。
レアルのユニ買っちゃうなんて恥ずかしいもん。

柄沢アナのマジメな実況聞かなきゃいけないのかな。
私の好みはひょうひょうとした田中アナです。

タグ : ギャレス・ベイル

19:09  |  CL・その他クラブチーム  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT