2005年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2005.08.30 (Tue)

トークセッション第2回

公式にてトークセッション第2回のアップ。
今回は「将棋」
さらに濃く、ボリュームも増して、来生さんもご満悦の企画となったようですね。
相変わらずご本人が全て勝手に取り仕切って、
ジャーマネのワタクシは見てるだけです(笑)って笑ってる場合かよ!!
な段取りでつつがなく行なわれたようで。
だってステージ・プロデューサーですからボクってか。
エライ肩書きつけたもんでございますわね。ふ?ん。
ヤバイ、こんなところでネチネチ絡んでる場合か。

なところで。
営業抜きのレポで、がっぷり4つでフィードバックしようじゃないの。
スポンサーサイト
00:04  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

2005.08.28 (Sun)

#3ヴォルフスブルク対レバークーゼン

今日はちょっとネガティブなことを書きそう。
あまりそういう風には考えないのだけど。
これもバイヤーの罠にはまっているのかもしれないけど。

クラッキーがゲームの最初を見て言ってたけど、
「プレミアの格下チーム同士の対戦みたい」
ははは。ホントだな。
ボールは落ち着かないし、あっち向いてこっち向いて忙しい。
ヴォルフスブルクはやっぱりペトロフの穴を感じるな。
バイヤーは何でしょう。
マルコは今日は意地でもいいとこ見せないといけないから気合入って走り回ってた。
アチルソンは自分の好きなように上がって戻んなくて、
マルコが下がったり、シュナがいたりしてオドロイタ。
俺左SBだって出来ちゃうんだかんな。驚くなよ。スミマセン(笑)
ホッキもよく分からないタイミングで真中を上がってくるし、
ベルボは逆に妙に下がってたり、
バイヤーの動きは流動的というようなおよそ好意的なシロモノではなかった。
リズムが悪すぎるんだもん。
たまにフッといい感じに動きがあうことがある。でも続かないんだな。
もうちょっとお約束を決めた方がいいんじゃないかしらと。
アチルソンやカストロの上がり方が、ちょっともどかしい。
なんかミョーにゆるゆる上がるのだ。
まわりの動きが悪いのがいけないの?
クロスをあげるタイミングもちょっと遅いので、合わせられなかったりオフサイドを取られたり。
かみあわないなあ。
でもそこでベテランがゲームを締めてくれればいいんだけど。
(溜息)
シュナとラメが少々辛くなってないだろうか。
ラメが吹っ切られるのを見るのは辛い。
シュナのトラップがうまく行かずに足から突っ込んだりボールを取られたりするのを見るのも悲しい。
でも二人ともまだまだぜんぜん頑張れる年なんですけど。
今季(年齢的なw)2極分化が進んでるバイヤー。
ベテランの維持と若手の成長で、間を埋めていって欲しい。頼むよ!

それにしてもバイヤー、全体につまらんミスが多くないか?
基本的な処理が出来なかったり。トラップぼよーんはもういいよ(泣)
もっとセーフティファーストで、シンプルにいけばいいと思うんだけど。
前半のバイヤーのつながらなさ加減に、ベルボが珍しくすごく怒っていた。
苛立たしげにボールを蹴り返すシーンにはどきっとした。切れるな(大汗)
まあちゃんと持ちこたえて、冷静にプレーを最後まで続けたけど。焦ったわ。
あとさ?。
ファーストディフェンスが思いっきり軽いんですけど。
その次も軽いけど。
もっとプレッシャーかけていきなよ。間合いが入れないの?
あっさり前を向かせすぎるし、どうにもならない最終ラインまで下がりまくった後も競り合いきれずに抜かれてしまう。
ちょっと2点目の失点シーンは・・・キミらシンクロか!?と思うような
二人同時のスライディング。上げた足の角度も美しく(爆)
相手に何の邪魔にもなってないし。切ない。切ないぞ!!

ヴォルフスブルクのメンセゲス、面白かったですね。
アルゼンチンらしい、ギリギリ血管浮き出たプレー(笑)
1歩間違うと切れて手が出そうな。切れなかったけど。
顔は濃いけど身体つきはまだまだ華奢。少し注目。

あー赤紙もあったなあ。
ホッキのあれはダレッサンドロにやられた感じだけど、
マルコは自滅っぽい。本当にいらないカード。
素人が何言ってんだよな話になるが、ちょうどその日の練習でね?、
「後に人を背負ったプレー」ってのをやったんよ。
責める方は手を使って背中から相手を押えながらボールをキープしてもいいけど、
守る方は腰を落として体を入れて肩を使って相手にプレッシャーをかけて、
隙があれば足を間から入れてボールを奪う。
その時、手を使うとファウルになるかんね。と。
そういう練習したばっかなの。はは。
マルコ、感情にまかせて後ろからどついちゃダメ。
しかもしつこく3回も。キャラクター的にはマルコのほうが強そうなんだし。
せっかく気合で頑張って、チャンスも作ってたのに。台無し(涙)
ロスタイムが仇になるのは2年前の○ンテルだけで結構です。

あんまりな話ばかりするのもナンですので。
フリッツ、Aチームでのゲーム復帰おめでとう!!
ムリしなくていいから、ゆるゆるフィットさせてってね!

ポカルでは8得点できるだけの力もあるんだから(相手はともかく・・・)
気持を切り替えて、アウゲの言うことをよく聞いて(笑)
基本的なお約束だとか、丁寧なプレーとか、そういうところから仕切りなおそうよ。
赤紙2枚はきついけど、状態としては怪我人状況もまだそんなに酷くないし、
コンディション上げればいい感じでいける状態なんだから。
頑張れバイヤー。
10:33  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2005.08.27 (Sat)

バロシュ移籍すんの!?

86tkdvh-topsirka.jpg

なななななななナニこれ(激汗)

久々にチェコのスポーツサイトを見に行ったら、
こんなん見つけました。
い、いつのまにこんなことになってたんだ!
チェコ語なんてわかんないいいい。
レンタル?完全?
アストンヴィラって言われても!!わーん。

いえね。
なんかリバプーにはいられないんじゃないかなーってのは薄々覚悟はしてましたよ。
シャルケが良かったなあ。なんでシャルケ諦めちゃったんだよう。
○ラニーに払う分出せばいいのに(暴言)
リヨンって話があったときは、フランスリーグまでチェックすんのかよ!
と青くなったもんだが。

アストンヴィラ・・・誰がいたっけ。
スウェーデン代表のキャプテンがいなかったっけ?
うわあ、ぜんぜん分からんよ。どんなチームだよ?(泣)
少なくともダーティだった記憶はないのが救いだ。

はあ・・・カップ戦に出られるチームが良かったなあ・・・。
ガンバレ、バロシュ。
その表情はちょっと微妙だ。

(動揺するままにアップ。これからバイヤーの試合だってのに・・・)
22:07  |  プレミア  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2005.08.27 (Sat)

今季のCLはこう見る!

決まりましたね。
組み合わせなどはもうあちこちに書いてあるので、
個人的な注目など。

の前に。
ねえねえ、何でリバプーとチェルシーが一緒の組なの?
グループリーグの段階で、同じリーグのチームは一緒にならないんじゃないの?
リバプーは特別ルールで上がってきたから嫌がらせ?(違うだろう)
教えてえらい人。

今季のCLはこう見る!@のもん

今年はがんばって優勝しちゃってもいいぞなチーム
バイエルン(意外?)

健闘祈るぞ注目チーム
シャルケ・スパルタプラハ・ビジャレアル

一番応援に熱が入る(振り回されるとも言う)チーム
リバプール

内容いかんによっては応援するからねチーム
インテル

個別対応
マンUのCロナウド。
チェルシーのダフ&ロッベン。
アーセナルのフレブ&リュングベリ。
ミランのヤンクロフスキー。(ガッツはほっといても大丈夫だろ)
ベティスのオリベイラ。

そんなところで。
来月にはもう始まるんですねCL!
今季もシビレル対決をばしばし見たいぞ。

あっ。今季こそはプラハのブラジェク・オープニングCHU集を作らねばッ。
(いるよね?一気に老け込んでないよね?)
17:28  |  CL・その他クラブチーム  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.08.25 (Thu)

その背番号はなんなのか

ドイツ代表、スロバキア戦のメンバー表を見て。

GK イエンス・レーマン 9番

ってナニよ!!?

10番にあまり意味がないのがドイツで、
こないだのオランダ戦でもいつのまにかダイスラーが26番をつけてたので
どうしたん?と思ったんだけど。
9番にすら意味がないのか・・・。
てかイヤミでしょそれ。
悔しかったらもらえるような活躍してみい、とでもおっしゃりたいのですかね。

今回、ヤンセンが呼ばれたようですね。
先日のU20で、アドラーとともに他とは違うレベルに見えた選手でした。
すぐに使ってもらえるかどうかはわかんないけど、
シュナでぶっ通ししなくていい程度の働きを見せてくれると嬉しいがな。
10:16  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.08.23 (Tue)

#2チェルシー対アーセナル

フレブ初スタメンです。
リュングベリ、ピレスも同時に使われてます。
この3人は一緒にならないのかと思っていたので、
この大一番で使ってきたことでちょっと安心。
さあいいとこ見せられるかフレブ?

ロンドンダービーだし、序盤の注目カードだと思うんだけど、
どっちがホームか分からない様子見比べの立ち上がり・・・な印象でした。
アーセナルのパスはとても良く回る。
狭いところも通すし、選手に迷っているような感じもない。
でもシュートを打たない。
それがずっと続く。
フレブもボールを受けるし、面白いパスを渡してワンツーを意識して走りこんでみるが、
あまりパスは戻って来ないみたい。
まだ彼のプレーを認知されてないのかなあとも思う。
プレシーズンマッチからずっと、フレブは「アンリさんどうぞ?!」なパスもせっせと出してる。
アンリもそれを上手くつなげない時は「ワリイね。あんがと」的なパフォで返してくれてるみたいだけど、まだまだこの二人の絡みはこれからって感じですね。
だからこそフレブは遠慮しないで強行突破ドリブルを見せちゃってもよかったんじゃないかと思う。
フィジカル面はもうぜんぜん、心配ないですね。
2年前は何度も削られ、こかされて、痛さに泣きそうな表情を見せていましたが。
成長が嬉しい(ほろり)
ま相手チェルシーですからね。こんなもんじゃない荒っぽい連中がプレミアにはゴマンといますのでネ・・・。
まだまだ気をつけてねフレブ。

さて、リュングベリが前半早々にムリができずに負傷交代しちゃってから、
アーセナルにはリズムを崩して中に入り込んでいくようなタイプの選手が見当たらなくなった。
キレイに回るけど、それ以上じゃない。

うーん・・・・なんか見たことあると思ったけど、
マガトがいた時のシュツットってそんなゲームだった。
パスも小細工セットプレーも工夫していて面白いんだけど、
肝腎のシュートを打たない試合。
ゴール前に迫りつつも怖さのないチームだったよな。
こういう時はがむしゃらにゴールに向かってく汚れ役みたいな選手がいないと状況が打開できないよね。

今節のアーセナルは(っていつもどんなだかよく知りませんけど)
リュングベリを欠いて、ダービーの熱い魂みたいなもんもなくて、
なんかまあ・・・退屈でしたね。

チェルシーの方はクレスポが入ってどうなるんだろう。
トップで一人張ってても十分に彼なら得点できるけど、
私の好きだったダフ&ロッベンの入れ替わりつつ展開するサイド攻撃と
共存できるのかどうかが心配だ。
ただ勝つだけのチェルシーに興味はないのよ。
自由な左右ウイングがいて、真中からあらわれるランパードのミドル、なんてのがあってこそ楽しいチェルシーなのだ。私にとって。
どういう路線で行くのかモウリーニョ。

せっかくの大一番なのに、
まだリーグがあったまってない状態で始まっちゃって、もったいない試合でしたね。
もっといろいろな諸条件が入り乱れ始めたあたりで見たいカードではありましたが、
ま、次の折り返しを楽しみにしておこう。
21:11  |  プレミア  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2005.08.22 (Mon)

親善試合スウェーデン対チェコ

リュングベリがいないじゃん。
ポボルスキーはどうしたの?ロシ君は?

ネドベドがいないのは、先日の飲み会で教えてもらった。
「代表復帰するかどうかは明日決める」といった矢先に、
○ディーニにやられたらしい。
ちょっとアンタしばらく「許さんリスト」に入れとくから(怒)
ヤンクロも怪我の調子はどうなのかしら。

さて。
結果的にチェコは負けてしまったわけだけど、
内容は面白かったと思います。
両方とも攻撃姿勢を全面に見せていて、激しいけれど悪質ではないアタリの強いゲームで、見ごたえがありました。
ヤンクロにかわり左SBには最初ウィファルシが入ってたけど、よかったんじゃないかなあ。
フィオレンティーナではどっちだか忘れたが、サイドバックやってたはずだから、しっかり覚えたんでしょうな。
とりあえず3バックにしなかっただけでも安心だわ。
中盤が今日はスペースをうまく埋めてたように見えた。
ロシ君いないし、どうかなと思ったけど。
いつもはもっと間延びしてて、ガラセク一人じゃ面倒見切れませしぇん(泣)な状態なんだけどね。
私の注目しているシオンコが右サイドで結構走り回っていたかも。
右SBのグリゲラもガンガン上がってきてた。
3トップとは言いつつも中盤でハインツも上手く動いてたのか?(あまりよく見ていないんだけど)
コレルのポスト&バロシュのランニングでの攻撃も何度も見れて楽しかった。
やっぱりこのコンビはいいよ?。
バロシュのシュートは何回も阻まれちゃったけど、調子は十分良さそうだったよ!
おかしなコケ方もしなかったしね。
ヨシヨシ今日は合格点をやろう(←えらそう)
しっかしゴール前までドリブルで突破するとき、
ホント、足元のボールしか見てないんだよ(爆笑)相変わらずと言うか・・・。
後半は途中出場の、こちらも私の注目株ユンが、
きわどいシュートを2本ばかり打ってくれてワクワクした。
ゼレンカも出ましたね。こちらは彼らしい泥くさいプレーを見せることはなかったけど。
いずれ彼が必要になるような内容のときもあるだろうから、がんばって調子を整えておいて欲しいですね。

9月もあるけど本番は10月の直接対決。
照準を合わせてコンディションを万全にしてその試合を向かえて欲しい。
今回は、その日が楽しみになる内容でした。
22:31  |  チェコ代表  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2005.08.21 (Sun)

観戦記:バイヤーCL場外観戦記

観戦記:レバークーゼン練習見学CL前の続きです。

3月9日(水)

今回の旅行のハイライトである。
結果的にもハイライトになってしまった日である。

午前中は地図を片手にケルンをうろうろ。
途中、広場でたむろってビールを飲んで騒いでいるリバプーサポやら、
バナーを広げて気勢をあげるリバプーサポなどに遭遇。
ネット屋も探してみるが見つからなかった。
せっかく昨日見た練習から、予想最終ラインをYさんのサイトにアップしようと思ったのになー。

宿で少し仮眠を取った後、防寒準備を整え、
いよいよレバークーゼンに向かう。
ケルンの駅には既に警官が多く配備されている。
ホームにもビール片手のリバプーサポが歌を歌っている。
バイヤーサポは見当たらない。
ドイツ人たちはうるさいリバプーサポをイヤそーにしている。

●注● 写真は禁無断転載でお願いします。 ●注●

21:05  |  ドイツ観戦旅行記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.08.20 (Sat)

バイアレーナマガジン34頁をご参照ください

昨日また例のごとくいつものメンツでドイツビールを飲んだくれていたところ。
Nさんがバイアレーナマガジンの今季初の号を持参していた。

お持ちの皆様は34ページをご覧下さい。

スーツで決めるバイヤーの選手たちの真中に、
小学生みたいな座り方をした三十路がおるのですが。
シュレッダーのゴミの塊のような台の上に、
ちょこんと座って足をブラブラしかねない状態で座るその姿はナニ。
爆笑しすぎて腹が痛い。
他のみんなはキチッとそれなりの角度でさっそうと写っておるというのに。
ブラッカー君はちょっとマジメな営業の新入社員みたいだが。
フリッツとアドラーは「カッコいいオレ」って雰囲気で自慢げだが。

シュナは「クリスマスのプレゼントに新しいソフトを買ってもらって
その紙袋を嬉しげに両手で持ってる小学生」みたいなんですが。
どうしたらいいですか。

そして毎度のことながら、ネクタイの結び目が誰よりもデカイ。
そして更に私は断言するが。
スーツのボタンを外した時、ネクタイの長さは絶対ベルトに届くか届かないかくらいの長さしかない。
見なくても分かる!(ホントかよ)
ほんと、ネクタイ結ぶのヘタクソなんだよシュナは!!
誰かあの「ぱっちん」して止めるインチキネクタイを買ってあげて!
あ送ればいいのか?(爆)
って私がシュナに贈りたいと思うものってハラマキだのインチキネクタイだの・・・(涙)

今季はさすがにU13路線から脱却せざるを得ないかと思っていたのですが。
素になったときに見せる挙動があいかわらずこんなでは、
まだまだ素敵なオジサマ路線にすんなり突入とはいかないようだわ。
たまらんな(嬉)

バイアレーナマガジンをお持ちでない皆様には不親切な内容ですみません。
公式のどっか(スポンサー関連)あたりに画像おちてないのかな。
(↑重いんで探そうという気はほとんどない)
ファンクラブ入ってないと見れないページだったりして。ううむ。
16:20  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2005.08.20 (Sat)

炎天下に走る三十路四十路五十路

久々に初心者カテなど。
更新は久々だけど、練習はちゃんと毎週やってるんですよ。
このクソ暑い炎天下に、おじさんおばさんが2,3時間も汗を流して走り回ってるんだからどうかしてるよホント(笑)

もともと男性の年代別に2つのチームがあって、
そこに今年から女性チームが加わって、同じグラウンドで時間を少々ずらしながら練習しておるのですが、両方に顔を出す人もいるし、男女混合でやってます。
人数も毎週だいたい多くて20人くらいだしね。

数ヶ月前からダンナも引っ張り込んで、
とりあえず女性チームに混ぜて一緒にやっているのだけど
(まだまだスタミナ技術不足なんで、もんでもらってるのだ)
最近はミニゲーム(1本10?15分くらい)となれば男女両方の練習に顔を出し、
5本くらいやったりして死んでいる。
男性チームはピッチをフルに使ってゲームをすることもあるから、まあ半端じゃなくキツそうである。
私は半分より小さいピッチで2,3本もやればいっぱいいっぱいです。

そんでこの暑さといったら・・・。
夏の練習を乗り切ると、秋には大分スタミナがついてるらしいが、
それにしてもキツイキツイ。
お陰で随分と汗をかきやすくなりました。
でもサッカーやってても痩せないらしいよ。ガーン。
タダでさえ太い足がそのまま日々太くなっているような気がしていたのだが、
気のせいではないらしい。
「スカートなんて履けなくなるわよ」と言われますた。
ほっそい人も何人もいるので、いずれ絞れてこういう体型になるといいなあ、
などという淡い期待はもろくも崩れ。
痩せてる人はもともと痩せてんだよ。うう。
あんなに汗かいてるのになあ。
運動の種類が違うんでしょうね。しくしく。

明日は女性チームの練習試合があるのです。
I市の若い子チームを相手に、炎天下でバテないための練習、ということで
わざわざお昼にやるんです。ひー。
9月の関東大会を前に実戦も意識する、らしいけど
来れる人数が少ないみたいで、私も明日は出る機会があるという話。
マジっすか・・・ベンチでスポドリ係かと思ってたってのに。
今日はお風呂にじっくりつかって、マジメにストレッチの1つもやっとかないといけないのかもしれません(涙)

15:01  |  初心者  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.08.18 (Thu)

親善試合オランダ対ドイツ

もう当然のようにシュナ左サイドバックですが何か?

ラームとパンダーが復帰するまでは、暫定的にそこでがんばってください。
クリンシってば最後まで交代もしてくれないし。
おじさんだって疲れちゃうんだけどー。

多目的兵器はいいが、ロッベンを見させるのはいくらなんでもキツイと思うの。
彼は一人で止められる相手ではなし。フリーにするなどもってのほか。
2点ですんだから良かったものの、今季久々に見るロッベンは変わらず独特のリズムでドリブル&切り替えしでガンガンと前に仕掛けてきて楽しかったわ。やっぱいいすねロッベン。
えーと何の話だ。

なんだかどこから手をつけたらいいの?と考え込んでしまう内容でしたね。
また今日もバラックが一人全開であっちこっちに顔を出して、
ちゃんと仕事らしい仕事をしていた。
余計なカードももらわなかったし、キャプテン任命されて随分とマジメになったのだろうか・・・。ズル休みもしてないしな。
しかし中盤がバラック、フリ、エルンスト、ハマンってみんな中央に寄りがちなメンツではないですか?
サイドを生かした攻撃を見せるシーンが少なくて、前に顔を出していくのはバラックくらいであとは妙に後に陣取ってるように見えたなあ。
ドイツもっと前からプレスかけたほうがいいと思うんだけど。
ボール触れないし、トラップは決まらないし、シュート打つどころじゃない。
オランダは高い位置からチェックしかけてくし、サイドにはロッベン・カイトっていう面白いプレーヤーがいるし、分かりやすいFWのニステルもおるしね。守る時だってバランスがいいよ。

ドイツ、どういう攻撃がしたいの?
出すとこなくて迷って遅れて後に戻しての繰り返しで、なんか期待が持てなかったよ。
後半に出てきたアサモアはあの位置でいいの?
すんごい下すぎるような気がすんだけど?
攻撃についてはポドルスキーとシュバ坊のほうが、走り回ってくれる分、得点の可能性があるような気がする。
それから、もしかしてまたDF陣が責められてるかもしんないけど、
その前の段階があまりにお粗末すぎるので、とても彼らだけに責任を押し付けられません。
スライディングしてるのに何の邪魔にもなってない守備ってもうもう(涙)
情けないー。

よく追いついたなーと。
よくその後、引き離されなかったなーと。
んーと誰も怪我しなかったよね?
そんなんでとりあえずOKですか?
次は9月にホームで南アフリカ戦。
方向性がもうちっと見えるようなサッカーをお願いしますよ。

19:32  |  ドイツ代表  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.08.16 (Tue)

リバプー開幕もすっきりせず

バイヤーのゲームを見てぐったりしたので、
時間は遅いがお口直しにリバプーのゲームを見てから寝ることにした。

ジェラード元気だったなあ。
ミドルがんがん打ちまくり。
惜しいところで1発も入らなんだが・・・。
リバプーは怒涛の攻撃でゴールを何度も何度もおびやかすのだけど、
結局スコアレスドロー。
相手は10人になったのになあ。
途中からバイヤーのゲームを見てるみたいだった。

しかしプレミアのチームは「激しいのが信条」みたいなクラブが一つ二つじゃないのが心臓に悪いよ。
パーラーのようなダーティなのは私は苦手だ。

激しいのはキライじゃない。むしろ好きな方。
でも汚いのはダメだ。
ついでにダイビングもダメ。
私ってばなんて潔癖なのかしら(笑)

後はどうでもいい話。
・ルイガルは今季もアタックナンバーハーフ街道を走りつづけるようだ。
・キャラガーの兄貴が猫背だということに気がつく。
 猫背好きNさんが引っかかる要因を見たような気がする。
・バロシュ黒すぎ。キミもどこぞで焼いてきたのか。
・レイナの驚きのパフォーマンスに早くも粕谷氏のぼやきが聞こえてくるようだった。
 レーマンを引き合いに出すことは必須。悪かったわね。
・モモちゃんはまだプレミアに慣れてないので長い目で見守ってください。
23:15  |  プレミア  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2005.08.15 (Mon)

#2レバークーゼン対バイエルン

「大丈夫だろう」と思った試合はロクなことにならない、
ということを改めて思い出したよ私は。
やっぱり今季もバイヤーはバイヤーなのだ。
気を緩めちゃいけないのねサポも。すみませんね。
ワーン。

でも今回はバイエルンの強さが際立った試合だと思う。
私はやっぱマガトのやりたいサッカーが好きなんですね。
昨季のウインターブレイク明け、バイエルンが見せたマガトサッカーは
かなりショックだった。
きちんとしたパス。ココというポイントには複数でかけるディフェンス。
相手のミスを逃さない攻撃。
粘る中盤で押さえ込み相手に自由を与えず、そこを突破しても最後にはカーンが控えてる。
そして90分、集中力を切らさずに続ける気力と体力。
それを前半戦の間にしっかりモノにさせた。

今回のバイエルンを見ていると、選手個人のフィジカルの強さもパワーアップしてるようで、
歯が立たないなと思ったよ。
最初のほうでラメとバラックのマッチアップがあったとき、
ラメがあっけなくかわされていくのには焦った。
相手にならないじゃん、って感じ。
その後はラメも髪を逆立て白い太もももまぶしくどすこいどすこいと(ここまでラメのファイターぶりを表す時の慣用句)押し返したけどね。一番戦う気持を見せていた。
ボロニンも必死に絡んで行ったけど、それがつながっていかないのがもどかしかった。
シュナは消えまくっているし、クジノベクはまた球ばなれの悪い状態に戻っちゃった。
前半ミスから2点を先制されて、でもボロニンの粘りから流れを引き寄せPKをもらった後、
ここでノッてシュートをばかすか打って追いつけるかと思ったんだけど、
バエイルンはそんなに甘い相手じゃなかった。
慌てずペースを崩さずバイヤーが攻撃でしゃかりきになってる隙を狙って、
流れを断ち切るように3点目を入れた。
強すぎる。

バイヤー、これが今のベストの布陣なんだよね。
それが辛い。切るカードが少なすぎるんだよ。
波に乗れば流動的にガンガン攻撃が続いていくのに、
気持が下向きになると動きが鈍って足が止まってパスも出せないし、
出したパスに追いつけないで相手に取られてしまう。
5点目が入ったときは、さすがにしんどくなって見るのが辛くなった。
切れないでくれ、とだけ思って見てた。
マルコが2点目を意地で入れて、すごい形相でガッツポーズをしたとき、
3年前のCLニューカッスル戦(A)を思い出してしまった。
いい子だねマルコ(涙)
「オレを入れてりゃ勝てるんだよアウゲーー!!(怒)」とか思ってんだろ。

とりあえず得失点差は0に戻した。なんとか。
今回はバイエルンが強すぎて、それを乱せる力がなかった試合だったな。
引きずらないで次に切り替えて欲しい。
まだまだこのスタメンを中心に順調にやってもらわんと困るんだからね。

・・・しかしバイエルンのカリミってのもすぐに馴染みましたね。
デミチェリスといい、良いボランチはチームの心臓。
今季はバイエルンも楽しめそう。

次の試合の間に、代表戦ウィークが挟まるのね。
シーズン始まったばかりなのにもう色々と動いている。
とりあえず召集される皆様は怪我のないように帰ってきて下さいませ。

23:17  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2005.08.15 (Mon)

ただいま?

昨日、久々に渋滞にハマってぐったりして帰ってきました。
昔の友達と飲んだくれたり、川で泳いだり(←何してんの)
公園でサッカーの練習したり遊びまわってきました。

帰ってきて録画のチェックをしていたら、バイヤーの試合の最後に
ジェラードのアップが!!!
なななななにこれ!LIVEって!バイヤーの放送潰れたのか?
と思いきや、プレミアのJスポ枠だったんですね。
バイヤーの放送後に始まったみたい。
慌てて番組表チェック&録画予約で一安心。
ありがとうJスポ。ばんざーいばんざーい。

バイヤーのゲーム?
さっき見終わりましたよ。はは・・・(遠い目)

20050815220125.jpg

信州大学農学部の放牧場でみかけたクラニー。
22:25  |  それ以外  |  コメント(0)

2005.08.10 (Wed)

夏季休業中

お留守番スナ。
sn1047.jpg

ちょっくら遊びに行って来ます。
一応サッカーボールとスパイクもつんで。
ドライブ途中に素敵な芝生が見つかれば、履き替えて練習だぜ!

リアルタイムでバイヤー対バイエルンの試合が見れないのが甚だ残念・・・。
私が妻籠で飲んだくれていても頑張れバイヤー。負けるなバイヤー。

来週には戻ります。それまでみなさまごきげんよう。
00:34  |  それ以外  |  コメント(1)

2005.08.10 (Wed)

MUSIC FAIR レポ3回目

お約束どおりsevenさんの引っ越し祝いにアップいたします。
5枚組DVDはいまだ手付かず。
だってあまり賑わってないんだもん。
一体いつ見るつもりなんだ私は。

手持ちのミュージックフェアはこれが最後。
でもこれいつの放送なのかなあ。
2回目からしばらく経っていると思われますが。
季節は冬あたり。
今回はまだまだ可愛らしい聖子ちゃんと、
ナゾの姉妹外タレ・メイウッドをお迎えしてとりとめなくお送りします。

00:32  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

2005.08.08 (Mon)

マルコよ、開幕前の散髪はどうした

開幕するまでバイヤー公式サイトによりつかなかったので、
(だって重いんだもん)
新シーズンの写真なんかもチェックしていなかったのだが、
マルコよ、開幕前の散髪はどうしたのだ?

いつもは開幕前に気合を入れて髪をぱっつんぱっつんに切って、
「川谷卓三じゃん」とか(私に)言われてたってのに。
そのおばさんみたいな頭はなに。
まあオバサン度で言えばゲレーロより数倍マシかもしらんが・・・。(←余計なお世話)
W杯予選ブルガリア戦の時点でもかなり怪しくて、
でも開幕前までの辛抱、と思っていたのに。
あ、思い出した。
あん時マルコってばユニの下にアンダーつけてなかったんだよね。
ユニで顔をぬぐったら、お腹まるみえになったんだよ(驚)
どうしたんだ!何があったんだ!
と叫んだところで。
そのまま伸ばすつもりなのかなあ髪。
マルコのOK範囲ってすごく微妙なんだよな。
頼むからもうちょい短めにしておいで。

そしてシュナはコンフェデの時に、こっそり髪を切り、
そのままバイヤーのサインカードの撮影にまで突入してしまった。
サイド刈上げまではガマンするけど後ろ髪伸ばしておくのだけは、ほんとヤめて欲しい(涙)
「ヤンキー夫婦の子供」じゃないんだから。勘弁してくれ。

そうそう、今回トップ下だったんだよねシュナ。
私はまた右サイドバックで、
今季は魅惑のブラジル4バックかと思っていたのに。
なんたって「白いブラジル人」ですから。ほほ。
も1つおまけにボランチにも、「もっと白いブラジル人」ラメリーニョってのもおりますしね。
ラメリーチョにするとメキシカンになるので注意。
22:05  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2005.08.08 (Mon)

#1 フランクフルト対レバークーゼン

久々のティッカー観戦。久々の公式、Sport1。
日曜はブンデスラジオがないのがちょっと寂しい。
ドイツ語辞書もとりあえず用意してさあいよいよ開幕だあ。

スタメンはともかくベンチにしらん名前がごろごろ。
今日のシュナはトップ下のようだ。
カストロ君が右SBになってるけどこのままでいいんだろうな?

フランクフルトはシュナの古巣。
土曜のゲームでは2部からの昇格組みが健闘した模様。
バイヤーも気をつけようね、なんて書かれる間もなく早々に先制される。
ああもう。
公式ティッカーには危ないだの問題アリだの最初からネガティブな言葉が続く。
ベルボもまだ試合に入ってないよ・・・といわれた途端、
同点弾を決めた。こいつは失礼(笑)
Sport1のいつものボールマークやエッケマークが出ないので(なんで?)
いまいち状況が掴みにくいが、バイヤーは徐々にペースを上向きにしているようだ。
1点入れられる前にエンジンかけといて欲しいんだがな。

後半開始直後、ボローニンが逆転弾をお見舞い。
うおおボローニンらしいTORじゃん。
アウゲの喝がすぐ効き目となって現れる(笑)
バイヤーらしい展開に、ああ開幕したのねーとシミジミ。
でも1点差ではぜんぜん安全圏ではないのがバイヤー。
早く3点目を入れてラクな状況にしちゃってしちゃって!とお願いしたら
シュナが素敵に反応し(言ってろ)試合を方向付けるTORをビシッと入れてくれました。
ぎゃーーー!
昨季に引き続いて開幕TOOOOOR!
そんでもってその前の季と同じ、古巣にお見舞いTOOOOR!
今季もアウエーオトコとして頼もしい仕事をしてくれる?
何はともあれ嬉しいのだーー!!

こうなると止らないバイヤーは、続いて今度はクジノベクがTOR!
実況チャット中、Yさんが「前から順番に入れてるから次はフライヤー」と言うのに爆笑する。
いや、そろそろ最終ラインがうずうずして我先に上がってくるんじゃないか?(笑)
バイヤーティッカーにはあと1点入れれば1位だ!とか
ベルボのオフサイドに(まだ)5点目じゃない!とか
相変わらず調子こいたコメントが踊る。
テキスト形式でこんだけ表情豊かなティッカーって他にあるんだろうか。
形勢が悪くなると黙り込んで落ちるし。どんなティッカーじゃ。

結局、これ以上の追加点は奪えなかったが、
終わってみれば1?4のなんともバイヤーらしい勝利。
あまりのバイヤーらしさに、先行き不安をおぼえたりもする。
とりあえず次のバイエルン戦はホームゲームだし、
勢いに乗って山盛りシュートをぶっ放して欲しい。

本日のお試しはロルフェスとバルネッタ。
今季は若造だってとっとと使えるようになってもらわんと困るんで、
頑張って馴染んでね。
21:32  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2005.08.08 (Mon)

祝・開幕戦勝利&開幕TOR!

バイヤー開幕戦白星スタート!
ありがとうシュナ!試合を決める3点目。
昨季に続く開幕戦TORだー!
しかもその前の季と同じ、フランクフルト戦でのアウエーTOR!
古巣に容赦なく笑顔で決める男。

来週も調子に乗りすぎずしっかり勝ってくれよ!
02:42  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.08.07 (Sun)

アーセナルのフレブ

アーセナルTVでやっていたオーストリアツアーの試合を見ました。
フレブは4部との試合の前半と3部との試合の後半に出場。

初めて見る青いアーセナルユニのフレブは意外に似合っておりました。
試合のほうは開幕前の調整がメインのような内容で、
後は新戦力の様子見というか。
フレブは右サイド?中央にいましたね。へー。
後に下がり目の時はスルーパスを通し、前目でボールをもって行ける!と判断すればドリブルで何人いようが突破を試みる。
チームとしてどうこういう段階ではないので、
まず自分のプレーを意識的に見せるために頑張ってる感じでした。
相手をかわすアクションもいつもより派手目だったし(笑)
フレブは高速ドリブラーとしての側面が目立つけど、
絶妙なスルーパスにもぜひ注目していただきたい。シビレます。
ゴール前では強引なまでのドリブル突破で相手をかわしまくってゴールも決めた!
コンディションも良さげで、新天地で物怖じもせず頼もしくみえたよ。
プレミアの当たりはこんなもんじゃないが、不安はなさそうだ。

ポジションはリュングベリと重なるみたいですね。
リュングベリ好きな私としては複雑。
でもプレーとしては重ならないと思うんだけど、どうするベンゲル?

2515394.jpg

画像は新ホームユニのフレブ。
このユニ売ってるの見たけど、色が渋いし襟付きのわりにマヌケに見えないし、
かなーり欲しいかも・・・。

この後もアーセナルはコミュニティーシールドだのアムステルダムトーナメントだの、開幕前の大会が続く模様。
フレブもどこまでからんでいけるだろう。楽しみ楽しみ!
10:56  |  プレミア  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2005.08.07 (Sun)

自衛隊の夏祭りのため

ブンデス開幕したですが、地元の自衛隊の夏祭り&花火大会で飲んで帰ったため、
放送途中で爆睡。
まあバイヤーは今夜なのでねー。

それにしてもさあ。
今年から始まったのか「部隊フェス」と称して各部隊がグループダンスで競い合ってくれたわけですが、
その中に「ハードゲイ集団」がいて、えらい盛り上がりでした。
ヒロミGOのゴールドフィンガー(古ッ)にのせて、
黒皮のベスト&ビキニパンツでノリノリの皆様。
リズムが微妙に合わずばらんばらんなのがツボですが、
鍛えぬかれた体はまあそこらへんのオッサンとは違う。
最初のMC(笑)で腰を振りながら
「このN空挺団には?たくさんのハードゲイが潜伏しておるので?す。ゲイは友を呼ぶ?」などと
シャレだかなんだか分からない微妙な発言をして場内を沸かしておりました。
他にもチアガール風のミニスカート集団やら、
アーミーグリーンの褌めいたものだけで現れる集団やら、
何やってんだかN空挺団・・・。こんな楽しいイベントなら来年も頼む。

自衛隊の芸といえば。
以前、山形に出張に行った時、たまたま「花笠祭り」の最終日で、
一人でふらふら見に行ったのですが。
山車にはサラシをまいたイナセなお姉ちゃんが二人太鼓を叩いてて、その前を花笠の踊り手がダラダラと踊っている、というのが基本パターンで、盛り上がりにはイマイチ欠ける祭りでしたが、
その最後の山車が自衛隊のものでして、
一糸乱れず、腕や足をピン!と伸ばしてキビッキビッ!と踊る姿は爆笑ものでした。
あれきっと毎年オオトリで出てくんだろうなあ。
自衛隊の山車だけは見る価値あります(笑)

以上、自衛隊マニアの方には少しお役に立つかもしれないネタでした。

ああこれが待ちに待ったブンデス開幕時にかくネタかよ!
10:25  |  それ以外  |  コメント(0)

2005.08.05 (Fri)

観戦記・レバークーゼン練習見学CL前

観戦記:シュツットガルト・おまけの続きです。

3月8日(火)

シュツットガルトからICEでケルンへ直行。
宿へ荷物を放り込んで、Sバーンにてレバークーゼンへ。
途中、Yさん、Nさんより携帯に電話が入る。
「今からレバークーゼンだよ?」と上機嫌でしばらくお話。

曇り空の下、なつかしい川沿いの道を歩いてバイアレナをめざす。


●注● 写真は禁無断転載でお願いします。 ●注●



18:16  |  ドイツ観戦旅行記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.08.04 (Thu)

田中は良かったよ。でもね

田中達也スタメンなんで、一応座ってみたのだ代表戦を。
でもさー最後はもう血管ブチキレそうだったよ私は。

田中は良かった。
ボールを追いかけて、自分のところにきたチャンスをしっかり仕留めた。
巻と二人でトップにいた時は、あまりの合わなさにオドロイタ。
交代したのは巻。
相性のいいヤツ探しに、ジーコが田中を残してくれたのに感謝した。
3トップで逆転を狙った采配だったのにね。
全然、最終ラインには伝わってないみたいですが?

左サイドバック、誰か他におらんのですか?
私Jの事情をぜんぜん知らないもんで。
今スタメン奪える最大のポジションだと思うよ。
最後の交代枠にサントスを使わねばならないのを見たときは
あまりのもったいなさに泣いた。
コンバートして花開きそうなヤツとかいないの?

しかしさー。
なんでしょうねあの最終ライン。
同点になってからのボール回しまくり戻しまくり時間浪費しまくり。
「もうこれ以上失点したくないもんね」
そんなんだからオマエラ控えなんだよ!とムカムカムカムカしながら見ていた。
勝つ気ないヤツがピッチに立ってんじゃねー。
田中の逆転弾を期待して、仕方なく見つづけているのにああもうなんだってこんなしょーもないものを見せられなければならんのだああ。見たいビデオだってガマンしてるってのにいい。キー。
トップの3人がいくら気合を高めても(玉ちゃんはどうだったか・・・)
ボールが回って来ないんだからどうにもならないよ。
試合終了後、明らかに田中は怒ってた。当り前だ。
最後までゴールだけを考えて誰よりも気合を入れて走り回っていた。
私はもっと勝利に貪欲な、見るからに熱い選手が代表にいてほしい。
(内側でひっそり熱くたぎられてもそんなの分からーん)

コンフェデのブラジル戦の時もさー、
気がついたら怒ってたの私とセルちゃんだけだったよ。
今回どういう評価が大勢なのかしらんが、私はもう知りません(涙)
18:42  |  あちこち代表  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.08.02 (Tue)

バイエルンジャパンツアー・ジュビロ戦

今回は、3年前のYahooカーントピ以来、何かとお世話になっているPさんと初のご対面。
一緒に試合を見に行きました。

国立競技場でのジュビロ戦。
ブラッツオが攻めてくるときは右サイドだから、席はこっちでいいか?
と相談しながら座ったのだが、
今日のブラッツオは左サイドっぽかった。
しかもエンドが変わった。おいおい。
左サイドはなかなか面白かったと思うけど、サニョルとダイスラーの右サイドがなんか間延びしているように見えたな。

ピッチに出てきてベンチに座っている時、練習の時、
ブラッツオは彼らしい落ち着かない動きですぐに分かった(笑)
カーンはいつものようにユニをトレパンの中に締まいこんで練習していた(嬉)
シュバインシュタイガーは回りをランニングしながらお客さんに楽しげに手を振っていた。
いつまでも何周も走っているので「あ、出ないんだな」とわかった。残念。

先制点はクリアのもたついたところへ素早く決められてしまった。
前半のうちに、私たちの目の前でゴールを決めて追いついてくれよ!
と必死で応援したが前半はそのまま終了。
後半はジュビロサポ側へ攻め込んでいくバイエルン。
遠いよーブツブツ。と言ってる間にPKになったようだ。
うーむしかもピサロが失敗こいたらしい。
なのにオマケ臭いジャッジでやり直しとなった。
今度はバラックがどかんと決めた。まちょっと釈然としないわねやっぱ。
その後は流れの中から2点を追加した。
バラックのヘッドはバラックらしいTORだったな。
でも遠いんだよ。誰じゃエンドを変えたのは。
やっぱり目の前でゴールネットが揺れる所を見たいじゃんねー。

試合が終わって、1?3で勝ったから選手こっちに来てくれないかな?とワクワク待ったけど、あまり近くまでは来てくれなかった。
なぜかカーンは、ジュビロサポの前まで走っていき挨拶をしておった。
わけわからん。


やっぱり生で大声出しながら応援してサッカーを見るのは楽しい!
来年はどのチームが来てくれるんだろう。
モトが取れないからもう行かない、なんて言われちゃうかな。

今年の夏も贅沢に生観戦を楽しみつつオフが終了。
いよいよ新シーズンが始まりますよ。
う?(武者震い)
22:49  |  ナマ観戦記・国内編  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2005.08.01 (Mon)

羽田に行った人もいる

バイエルンのお見送りに羽田に行った方もおります。
深夜の羽田空港。彼らが来たのは1:30くらいだったとか。
その前にふらーっとマンUの皆様がお通りになったそうですが、
こちらはスタスタスタとファンサービスもなく行ってしまったとか。
「ロナウドいたでしょ!!」と一人焦る私。
彼女(Pさん)にロナウドの写真(持ってないが)を見せなかったことを後悔する。
「うーん、一人背が高くてすごい男前がいたよ?」
「それだ。それに決まってる!(←バカ)」

さてバイエルンの皆様は、フレンドリーにサインを書いてあげたりしたもよう。
ファンは深夜にもかかわらず結構な人数が集まっていて
3重くらいに取り巻いていたそうな。すごい。
Pさんはブラッツオのファンなので、行ってしまうブラッツオを追いかけて
手づくりの団扇を差し出したら、彼は手にとってちょっとあおいで(笑)
じーと見たらそこに自分の写真(TOR決めて大喜びの図)がプリントしてあったので
ニヤーとしたらしい。かわいい。
そんで裏を見たらバイエルンのマークとともに、
他の選手のサインが入っていたので「なるほど」と納得し、
とても丁寧にサインをして返してくれたそうです。
翌日見せてもらったが、もうすんごい丁寧なサインなんだよ!!
やっぱり嬉しいんだよねー。ウニョウニョーなんて波線のようなサインじゃないのだ。
良かったねえPさん!!
せっかくだから同じ団扇作ってメッセージ書いて送りなよ!と言ったら、
「そうだね!これ使えそう!」と新宿でもらった「ゆうせいみんえいかはんたい」の団扇を見て「この紙はがして使おうっと」と上機嫌。

そうそう、ブラッツオの前にルンメニゲさんにもサインをもらったらしい。
彼も団扇のバイエルンのマークを見て一瞬固まっていたようだが、
「ハンドメイド」と言ったらニコーとしてサインをくれたそうだ。
それきっと「オレはこんなの作っていいと許可してないんだが・・・アジアで勝手に海賊版なんて作りやがって」と思ってたんじゃないのか?(爆)
ルンメニゲさんは誰よりも丁寧に、ファンに対してゆっくりと対応しながら移動してくれたそうです。

あと生ロケはフェロモン爆発で、もう並みじゃなくオトコマエらしい。
もうぜんぜん違うのだと。
そうだろうなあ。見たかったなあ生ロケ。
・・・単なる興味です。
私は決して面食いではございませんので。
本当に面食いの方に怒られます。アンタのは違うって。
今度は選手に怒られそうだが。
一説には「のもんさんは口の開いてる選手が好きなんだよね」
とわけの分からないことを言われたりしますが。
んなわけないだろ!たまたま開いてるだけなの!
シュナとかバロシュとかロナウドとかマルチェナとか・・・多すぎ(涙)

さらに余談。新宿の加茂で、ロナウドの大きな写真が貼ってあったので、
「これこれ!ロナウド!可愛いでしょ!」と言ったらば
「あの写真うつりの悪い人に似てない? えーとのもんさんの好きな・・・」
「シュナかよ!!」
確かにそのロナウドはマユゲへにょーと情けない感じの顔をしていた。
う。似てるかも。試合してるときのシュナに。
写真うつりが悪いってそんな記憶のされ方が悲しい。

おいおい肝心のバイエルン戦レポは?
と、とりあえず後日で。
08:49  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)
 | HOME |