2005年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2005.12.31 (Sat)

05年

年を追うごとに我が家は、年末年始らしさがなくなってるのですが、
とりあえずシメの言葉でも。

2005年はワタシには珍しく、普段と違う出来事がたくさんあった年でした。

一番大きいのは、やっぱり自分でサッカーをはじめたこと。
生活の中に、練習の日というものが挟まって、
中心とまでは言わないまでも、大きく影響するようになりました。
そして初めてたった一人で旅行を、しかも海外へ行ったこと。
まあいつのまにかそういう状況になってしまったわけですが、
思った以上に良い経験ができました。
結果オーライです。
去年までダラダラと文句を言いながら続けていた仕事も、やっと変えました。
見入りはめっぽう少ないけれど今は充実しています。
それからブログという形で、自分自身のフィールドを持ったこと。
おかげで歯止めと言うものがきかなくなった気がします(笑)
その色々な過程で新しい友人知人も増えました。
新しいことが沢山ありましたが、どれも刺激的で貴重な経験でした。

お世話になった皆様に感謝。
今後も自分勝手に興味の趣くままにマイペースでやっていきますが、
どうぞ長い目で見守ってください。
来年もよろしくお願いたします。
皆様も良いお年をお迎えください。
スポンサーサイト
23:08  |  それ以外  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2005.12.30 (Fri)

W杯抽選会を今頃見るやつ

スカパでやってた長丁場のW杯抽選会番組を、
ひまな時のために録画してあった。
ゴハンなど食べつつ細切れで見ていたのだが、
ドローが分かってる状態で、分かっていない時の会話を聞くのって面白いな。
民放ではぜったい出てこない辛辣な話題が次々何事もなく出てくるあたりもスカパならでは。

ドローが決まった後、ブラジルと最終戦で当たるのがわかった時の会話。
「ブラジルが消化試合だといいですね」
「日本も消化試合だったりしてね」
「逆にですか!」

「イタリアはチェコとあたるから、ネドベド疲れさせちゃえばいいんじゃないですか?」
「じゃあ日本もJのブラジル人を締め出しちゃおう」
「でもブラジル代表は痛くも痒くもないよ」
うはははははは。

でも一番楽しかったのは、ドイツのグループにポーランドが入った時に言ったクラッキーの一言。
「あ??ポーランド取られちゃった?」

それぞれの思惑と大人の事情が絡み合いつつ、
「このグループがいいなあ?」なんて屈託なくストレートに続く会話。
面白すぎだ。
初回放送しか現地映像が流れないとは思わなかったがな・・・。いいけど。
22:29  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.12.28 (Wed)

サンプラ千秋楽・アヴァンタージュ特盛り

0506シーズン来生たかお。
記念すべき30周年の年の、ウィンターブレイク前の締めくくりの1番は、
1日遅れの特盛りクリスマスバージョン。

早々にコメントを下さった方々、ありがとうございました。
引越しまで強要してすまんすまん。
遅くなりましたがサンプラレポについては、こちらをどうぞ。
どかんどかんぶら下って、思いのたけを綴られてください。

みなみなさま楽しい夜をありがとうございました。

23:36  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(16)

2005.12.26 (Mon)

ピアノが弾けたら楽しいだろうなと思う時

私はピアノが弾けません。
とゆーか音楽はまるでやんないので楽譜が読めません。
コード進行だの和音だのの基本も知りません。
でも分かったら楽しいだろうなーとは常々感じています。

来生さんの音楽がとても好きで、もう長いこと現役でずっと聴いてはいても、
彼のさりげない風な顔をした楽曲に仕込まれた、物凄い技の数々を
私はきちんと気がつくことが出来ない。
その点で、私は物凄くもったいないことをしているんじゃないかという気がしている。

というようなことを改めて感じてしまったので今日はそのことを。

先日の船橋ライブで極さんに貴重な楽譜集を貸していただいた。
というか時間がなかったので私がさっさと連れ帰ったのだが。
この場を借りて最大級のありがとう。
あなたの大事な若くてピチピチなたかおちゃんを拉致してスマン。
んで、明日はいよいよお別れなので、お礼がてら新記事アップ。
これを読むみなさんもまず極サンに感謝してからお読みするのですぞ。
00:17  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2005.12.25 (Sun)

今年の蹴りおさめ

今日はN志野スパロウズ45の全国制覇のお祝いをかねた納会、
と称していつもの練習グラウンドで、ノンアルコールビールで乾杯した。
JFAの立派な表彰状と、実はなんとこの優勝のとき同時に、
「フェアプレー賞」ももらってたんですね。パチパチ!!!!
これは自慢してもいいでしょう!!
あのFIFAの大会でおなじみの、岡本太郎チックな人の像をかたどった、
えらく重たいトロフィーを芝生の上に重々しく配置(笑)
男性四十路五十路チームと私のスパロウズ女性陣で総勢30人くらいいたかなあ。
焼肉焼きそばつまみにロールケーキにシュークリームにと
あれこれ飲んで食べて1時間もしないうちに「さあやるぞ!」ですよ。
うえー。
私はまだ2本目のビール味の炭酸で腹が膨れて走れねーよ。
みんな元気すぎです。

ボール蹴りたくて待ちきれない人たちは、あっという間にゲームをはじめましたが、
まあ私はゆるゆるとアップしながら、残りの連中と軽くリフティングをして体を動かし、
次のゲームから参加。
結局その後、女性対男性で15分のゲームを3本やりましたよ。
ピッチ、フルですよ。ひー。
大変だったけど、まあ随分と走れるようになったもんです。

私もサッカー初めて1年経ったわけですが、
まあ最初のころの目も当てられない状況を考えると、
よくみなさん温かい目で見守って一緒にゲームに入れてくれたもんだと
冷や汗が出ますが・・・。
なんつってまだまだ足を引っ張るばかりですがね。
来年も頑張りますよ。

そんで初蹴りは1月3日なんですってよ。
どうかしてるんじゃないでしょうかこの人たちは。
バイヤーでさえ1月4日だってーのに。
「来れる人は来てねー」だそうですが、さすがにまだ用事があって行けませんっ。
22:53  |  初心者  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.12.25 (Sun)

STAR SOCCER 創刊直前号

なるものが、スポーツオーソリティ(とゆうチェーンのスポーツ店。ジャスコあたりに入ってます)に置いてありました。
練習用の長袖シャツを試着して、外に出たら目の前の棚に置いてあった。
おそらくリバプー来日に当てて出されたのだろうから、
既に知っている方も多いかもしんない。
真っ赤な背景にジェラードとジョン・レノンのアップ。
「リバプールFCの50年☆ビートルズの50年」
端っこに「FREE」の文字を見て、Nさんの分と2冊をゲット。

1月に扶桑社からSPA系列で出るようだ。
微妙なラインから出るわね。
立ち読みするの恥ずかしくないといーけど。

ぱらぱら適当に読みながら、最後のビール君対ワイン君の対談が
ミョーに納得で面白かった。
ビールの国のサッカーとワインの国のサッカーのスタイルの違い。
確かにビールの国のサッカーは「ドーン!」で「バーン!」だよ。
私はそっちのほうが好きだがな。
もちろんビールもな♪
10:26  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.12.25 (Sun)

#17レバークーゼン対ハノーファー

大分経ちましたが、細々と感想など。
うーん、これは勝っておくべき試合だったんでは。

今年最後のホームゲームは、お客さんもサンタの帽子をかぶってみたりクリスマスムードでとても絵になる光景だったみたい。
ゲームは序盤からバイヤーが押しているようで、
シュートもがんがんと打っている。
珍しく枠にもしっかり飛んでいるようで、相手キーパーがはじく場面が続く。
システムは4?4?2に戻したみたい。
それがいいよ。なれないことに手を出しすぎてはいけません。
ホッキはいつのまにか怪我で戦列を離れている。
大丈夫なのかなあ。
代わりにマドゥニが入ることに。
マドゥニって最初の何回か使われたあと、もうずーーーーーっと干されていたけれど、ここへ来て出番がようやく回ってきたみたいね。
取ってみたけどパフォーマンスが期待できなかったのかしらん。
あんまり使われないもんだから、ポンテ移籍で欠員の出た「面白い顔の選手」の後釜というだけで取ったのかと勝手に納得してたわよ私は・・・。

バイヤーにしては調子のいい立ち上がりに期待を持ってティッカーを見つめる。
ハノーファーにはトーマスやらハンノやら懐かしい顔が。
トーマスは最初から抜け目のないプレーをしかけてきたみたい。
油断ならないのだ。
滑り出しはよかったし、枠にも飛んでいるが、肝腎のゴールが生まれない。
ハノーファーは若干ミスもあったり今いちノリきれてなかったりと、
チャンスはありそうなのに。
前半中にどっちが先に点を取るか・・・とドキドキしつつハーフタイム。
なぜかバビが流血してるらしい。大丈夫かい。
ブンデスのティッカーでは、シュナ前半不発と。
去年の今頃はポンテは9点取ってたぞとつっこまれている。
悪いけど9点なんて今季はまだ誰も取ってないわよ!!フン。

さて後半、どんな気合を入れてくれるんだと思いきや。
どーも焦りが出始めているようだ。
さっきまで枠に飛んでいたボールが飛ばなくなっている。
まずい。
シュート数は両者とも後半になっても順調に伸びており、
コーナーやらフリーキックやらも出ているようだが、いずれもそれが得点まで結びつかない。
うーん・・・・・・さすがにちょっと飽きてきたぞ。
ボケーと他のサイトなど覗き見しながら、なんだかまたブットがシャイニングしてるよーな気もするんだが、気合の入らないまま結局スコアレスドローで今季終了。
翌日のメルマガ見たら12位と書いてあってへこむ。何下がってんですか。
この順位って悪夢のシーズンと同じ気がするんだけど。
あの時もまあどうにかなるかなーノボさんも帰ってくるもんねーと、
ほのかな期待を寄せつつあまり危機感を感じてはいなかったのだ。
そんで蓋を開けたらまあ、あれよあれよとヒサンな出来事が続きまくってアウエーHSV戦まで転がり落ちつづけたんだよなー。
さて、今季はどうなるのだろう。

とりあえずスキッベは、何か明確な目標を立ててください。
なんだか気合入ってないみたいだから。
お尻に火がつかないと本気にならないのでは困るのだ。
ウィンターブレイクとはいいつつも、来年4日にはもう練習再開。
短いバカンスを楽しんで、来年も頑張っていい試合見せてくれよバイヤー。

00:19  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.12.24 (Sat)

Frohe Weihnachten!

開店休業状態が続いているな。
22日は今年最後のテニスをやって、その後飲みに行ってぐったり。
23日は河川敷のグラウンドで4チームぐるぐる総当りで20分3本サッカーやって銭湯行ってビール飲んでぐったり。
今日24日は朝もはよからサッカーの練習3時間でぐったり。
明日は昼からサッカーの納会でバーベキューらしいのだけど、
その後も練習試合をやるとかいってますけど酒飲むんじゃないんですか?
死ぬと思いますが。
もー寒いし体中痛いし健康的なんだかわからん年の瀬。

DVDのHDDは既に残り20時間を切りそうで、
こちらも必死に消化しなくてはいけません。
面白かったのは最終節のブレーメンとHSV。
最初から最後までスピードのある緊張感を保った試合内容。
あの寒い中ガス欠にもならず、走りきった選手たち。凄すぎる。
タカハラが珍しく30分くらいプレーさせてもらえてて、
もう一人と2人交代で入った選手とファーストタッチでアシスト&TOR!
UEFA杯には出させてもらってるらしいけど、リーグ戦では最近は時間稼ぎ交代な使われ方が多いタカハラ。
でも今回の動きを見ていると、もっとプレーさせてやんなよ!と思うくらいキレキレでしたよ。
調子はあの寒い中でプレーしていることを感じさせず、とても良さそうだった。
冬に移籍したいだろうねえ・・・でもビーレフェルトってのは・・・。
正直、もれなく放送がついてくるタカの移籍先というのは、
タカに関係なくブンデスを見ているほうからすれば大問題なんである。
今季の面白いHSVが見れなくなっちゃうのはさみしーしなー。
バイヤーに来ても「どうせレンタルに出されちゃう」とどこかで目にしたが、
思いっきりありそうな話だしな。笑えん。
出来ればHSVでそのまま頑張ってくれい。と百も承知のわがまま。

最終節のバイヤーについては後ほど。

18:35  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.12.20 (Tue)

極寒トヨタカップ観戦記

見てまいりました。
レッズ側コーナー付近のバックスタンド最前列。
最前列はさすがに初めて。
見ずらいと言われる横国だけど、それでも目の前にほんまもんのリバプールの面々。
信じられない(感涙)

写真はお見せできるよーなものはほとんどないので、男前のキャラ兄貴など。
20051219222200.jpg

目の前の練習風景を見ながらドキドキと期待が高まる。
ルイガルがものすごく小さくて華奢なのに驚く。
この体でプレミアでやってんだー。キッツイだろーなー。
簡単なストレッチの後、軽く体を動かし、全員入り乱れてのボール回し。
その後かるいシュート練習。
自分でまずパサーにボールを当ててラン、パサーがちょこっと出して、
それをシュート!
わあわあ練習が一緒一緒!!あっ外してる!一緒一緒!!(←超失礼)
次は何すんのかなあと思ったらあっという間に戻ってしまいました。
つまんなーい。もっとどんな練習すんのか見たいのにー。

選手が引っ込んでその後のセレモニーやら選手入場やら、
黙祷に入るまでの間や、全体にミョーに間延びしていたのが気になる。
ちょっと盛り上がる気持をキープしにくい進行だ。段取り悪い。
黙祷の終了の合図がそのままキックオフの笛、ってのもどーかと思った。

リバプーは立ち上がりから仕掛け、パスをつないでゴールに迫る。
いきなり惜しい展開に気持が震える。
とここで。
バカサポが乱入。
捕獲中にネットにからんでゴールネットを崩しやがってさらに時間がのろのろと過ぎていく。
せっかく高まった気持に思い切り水を差され、
体も冷えていく中で仕方なくボールをまわす選手たち。
この長くて空しい時間がとてもイヤだった。
せっかくいい感じにすべり出した流れが完全に切られてしまった。
その後、冷やされた雰囲気の中で、ボールをもってゆるゆる攻め上がるサンパウロ。
妙な間合いと途切れた緊張感に戸惑っているようなリバプールは、センターDFの間を思い切り狙われていた。
何やってんだ?そんなにあっさり裏を取られて!と思っている間に、
そのうち本当にそれが抜けてしまい、先制点を取られてしまった。
何てことだ!!

とても印象の良くない失点だった。悲しい。

サンパウロは個人でふらふらとボールをキープして突破を試みるだけでなく、
ダイレクトなパス交換からのワンツーも見せて、攻撃に独特のリズムがあるように見えた。
なんだか、いなされてるような間合い。
ボールを持って走る方向や、体の使い方が上手い。
下手に手を出すとファウルになりそうな場所に走る。スピードで持ち込むわけではなく、相手を後に背負いながら軽くかわしていくような動き。
うーむ。いやらしい。

リバプールもパスやサイドチェンジで自分たちの流れを作ろうとしている。
点が入ってようやく動きが出てきた。
後ろで広い範囲を見てケアするシャビ・アロンソ。
流れを変えようと広く走るジェラード。
キューウェルは左サイドで突破を試みようとしてるし、
ルイ・ガルもボールを持てばなんかしそうな雰囲気を出してる。
モリエンテスもトップの位置で惜しいプレーを続けてる。
それぞれの選手がそれらしいプレーを見せてくれてる。
私の位置から、背中を向けたシャビ・アロンソがボールを持ち、
そのまっすぐ先のゴール前にルイガルが見えた。
パスコースがキレイに見えて、ここだ!と思った瞬間、
アロンソが大きなフィードをルイガルに出した。
惜しくも彼はボールを上手く収めることは出来なかったけどゾクっとしたよ。
見えてるってこーゆーことなんだとドキドキ。

そうはいいつつ前半はなんだかもどかしい感じだった。
45分になる前に試合はブンデス時間で終了。

後半になれば、今度は私の目の前に攻撃がやってくる。
ここから反撃すればいいのだ!
レッズサポが待つこの場所で喜ばせてくれるんだよね!
と寒さで気が遠くなりそうになりながら後半に期待。
あーこんな寒くちゃビールも飲めないよ!!
(飲む気だったんか)

後半、リバプーは反撃を開始。
早々にコーナーもゲットし、サンパウロを脅かす。
がまたゴール前での接触でセーニが痛んだふりをして
足をピクつかせて痛さにうめいたふりをして
間延びした時間を間にはさみこむ。だからヤなんだよこいつら。

コーナーからの最初のシュートに、一瞬うわあ!と喜んではみたが、
やっぱりオフサイドだった。
同行のKさんと「そんなこったろうとは思ったよ・・・」と沈み込む。
その後も、ゴールネットは2回揺れた。
2回目はキーパーとなにやら話しているルイガルが見えて、
そんなとこにいちゃマズイだろ、と思ってたら向こう側でコーナーキックが蹴られて、目の前でヒーピアが飛んだ。
けどその前に視線の先に上がったフラッグと、笛の音が聞こえて、
ネットが揺れた瞬間も喜ぶことが出来なかった。
3回目もコーナーからドンピシャのヘッドがキレイに決まってネットを揺らしたけど、
この時もやっぱりフラッグがバッ!と上がるのが先に見えてしまって、
ああこれもダメなのか!と悲しい気持がぶわーっと溢れて、
またもやうっかりでも勘違いでも喜ぶことができず、とても辛かった。あーあー。
一瞬でも夢が見たかったよクソ(涙)
でも3回目はオフサイドだったの?
私はよくわかんなかったし、リプレイも見ている余裕がなかったのだけど、
あの3度目のシュートがダメだったとは思えない。
まわりのお客さんも、3度目のフラッグにイラついたのか、判定に不満があったのか分からないが、さすがにかなり騒然としたよ。

多分、2度目のシュート取消しの後の時間だと思うけど、
ジェラードが左サイドを上がって、ゴール前にグラウンダー気味の早いクロスを出し、
それがかるい曲線を描いてDFをかわしてトップのモリエンテスに届きそうで届かず、
戻ったボールを再びジェラードが今度は鋭いシュートで返した時、
ジェラードの勝ちたい気合のオーラがビリビリと飛んできて、心底感動して茫然となった。
凄いものを見たと思った。

クラウチが入った時、ポストの仕事をしっかりこなしてくれ!!と祈る気持で応援したよ。
とりあえずきっちり落として!そんで誰かが飛び込んできてくれ!とそればかり。
クラウチが入って、攻撃パターンもまた変わったし、期待はもてそうだったのにな。
ルイガルはかなりマークされてたんだろうなあ。
気が付くと相手に囲まれてて、パスを出すのが厳しそうだった。
アクションを仕掛けようとしても複数で体を寄せられて、なかなか突破できないシーンばかりが多かったように思う。
トリッキーなパスも見せるんだけど、うまく繋がらないのは体勢が難しいせいなのかもしれない。
あーそれでも後半左サイド側で、タッチラインを背にゴールラインを左にして、
ゴールに向かう姿勢で相手DFをフェイントでかわす時、あえて、なのかどうか、
狭いゴールライン際へボールをチョッ!と動かしてから次のアクションに移った時は、「そっちかよ!!」と思わずデカい声が出てしまった。
意表をつかれた。こーゆーことするから面白いんだろうなあルイガルは!
キューは、なんだか時間が経つにつれて頑なさというか焦りというか、
ボール持ちすぎのカンがあった。
意地になって突破しようとしてかえってあっさり取られてしまったり。
ちょっと残念なプレーが後半目立ったかもな。

あーあーあー。
切ないなー。勝ちたかったなー。せめて1点でも欲しかったなー。
不完全燃焼な気分で、スタジアムを後にした。
すっきりしないのは最初の失点のせい。
「やられちゃったーーー!」だったらよかったのに、
「やっちゃったーーーー!」だったから。
ネットが揺れるより先にフラッグが上がるのを2度も見てしまったから。
バカが乱入したせいで、試合にうまく入り込めなかったから。
終了後に浮かれたサンパウロサポが乱入してきて
「×××× ユー! リバプール!!」とバカみたいに騒いでいたから。
「うるせーこっちはリバプーサポ席なんだよ帰れ帰れ!!」
と心の中で悪態をつく。怖くて言えねーからなフン(涙)
・・・そして、未練たらしく準優勝の表彰を待っていたら、
大型ビジョンに映ったキャプテンが、
これ以上はなくくらいどよーーーーんと悲しそうな顔をしていたせいだ。
あああああああ。

とりあえず憶えているのはこんなところか。
記憶違いも多々あるかもしれない。
また試合を見直したら、色々と思い出すかもしれないけれど、なんだか
しばらく辛くて見れないかもなー。
それでも目の前でリバプールの選手たちのプレーを生で見ることが出来たのは、
本当に楽しかったです。大好きだみんな!

ありがとう、おつかれさま、帰ってもまだ勝負は続いてます。
調子を落とさずリーグ戦とCLを戦ってください。


● 訂正 ●
前半の終了時間がブンデス時間だったのは、その前の3位決定戦のほうでした。当り前だよサポ乱入したって自分で書いてんじゃん。
お詫びして訂正します。はずかしー。


テーマ : トヨタカップ ジャパン 2005 - ジャンル : スポーツ

00:32  |  ナマ観戦記・国内編  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2005.12.17 (Sat)

バイヤー通販顛末記

今、ラメロウが歌っています。
驚いたわよラメ!!!
上手いのもビックリだが、なんという美声。
オサリバンっぽい味わいも少し感じる高めの声。
話してる時もこんな声だっけ?

すごいマジメに作ってあんのねコレ。
蓋を開けてもラメがそこかしこに笑っているのにもオドロイタ。
音もきれいだしさー。フツーに聴けるじゃん。

シリーズ化すればいいのにー!!
でも低音麗しいシュナイダーさんは、前回の「We are the world」のときも呼ばれてなかったからムリか・・・。

いやまあ、
つい先ほど郵便局がバイヤーからのクリスマスプレゼントを届けてくれたのです。
早い!!
申し込んだのは12月2週目くらいだったかなあ。
一度はメールで頼んでみたんだが、去年それで大幅に処理が遅れたので、
もう一度、辞書を片手に公式ショップからなんとか申し込んだのだ。

ぎええ!!今ラメが「I love you」とか言ったッッ

すみません取り乱しました。

カード決済できるようにはなったが、思いっきりヤバそうなんですが・・・。
返ってきたメールはこちらも申し込み番号だけが書いてある自動返送メールのようで、
自分が申し込んだのがなんなのかもようわからず。
でも。
とりあえず今回はやたら早く到着しました。
相変わらず番地はどこにも記載されてないがな。
まあ以前、住所不定で早々に突っ返されて成田で裁断直前になっていたのを、
1ヵ月後にデンワで突き止めて以来、近所の郵便局には
「ドイツからの荷物がきてたらとりあえず私んちだから!!」
と怒ってクギをさしといたので、無事についたのであろう。

サッカーのストッキングもサイズがぴったりで嬉しい。
練習の時はくんだー♪
心配していたカレンダーも無事に入っていました。
オンラインショップに再挑戦したとき、なにげーに「取り扱いは11月いっぱいだかんね」と書いてあったんですが・・・。はは。
バイヤーカレンダーは受注生産なのかよ(汗)
しかーし。
サインカードセットが見あたらねえよ(涙)またかよ。
部屋着はロング丈のはずがショート丈が入ってるし。
バーゲン品のチョーカーは品切れだったのか?
んーむむむむ。やはりパーフェクトにはいかないようだな。
サインカードセットはメールして聞いてみよう。

その代わりと言うか。
今季のシーズンカタログとクリスマスカタログ。
それとクリスマスバージョンのポストカードが入ってました。
カタログは今回も選手がモデルで登場。
これは欲しかったので安堵。

なんだか素直に終わったためしのないバイヤー通販ですが、
今回はまだ支払いが終わってませんのでね。
まだ油断はできないかもしれません・・・。
16:21  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.12.16 (Fri)

CLの組み合わせも決まったようで

去年の今頃、バイヤーがよりによってリバプールと対戦するのが決まり、
「こりゃ行かねばならんのかも」
と冷や汗かいたんだよなあ(しみじみ)

さて。
リバプールはベンフィカと当たることになりました。
ベンフィカのことはよく分からんが、リバプーがリバプーの試合をやれば
ちゃんと勝てるんではないかしらん。

チェルシーとバルサの対戦と言うのも、
去年はものすごく「うおおおお!」と激しく動揺したが、
連続となると「またかいな」
今年のチェルシーは私の魅惑のウィングコンビ・ダフ&ロッベンはあまり見られないみたいなんで、あまりこの対戦もそそられないなあ。
バルサが激しく気合を入れまくってぶつかってきて、モウリーニョさんにいなされる、という結果を予想してみます。

ミランとバイエルンは、バイエルンが勝つと思いますよ私は。
とりあえず怖いのはカカ。ここだけは何とかしないとマズイ。
あとはセードルフがなんかしないか警戒して、
ガッツとまともにやりあって、とばっちりで紙をもらったりしないように冷静に対応すること(笑)

インテルはまあ毎度毎度ビミョーな相手を上手に引きますね・・・。

あらアーセナルはレアルのみなさんと当たるのね。
おかげでスルーしていたCLレアル戦を、今季初めて見ることになるのね。
場合によっちゃ両者パス回しまくりの展開になるのかもしれませんね。
面白いのか面白くないのかよく分からない試合になりそうだ。
23:20  |  CL・その他クラブチーム  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.12.16 (Fri)

行くぜ決勝!見たいぞ優勝!

トヨタカップ決勝カード決定。
無事にリバプーがもう1つの椅子をゲットしたようで何よりです。
昨日のサンパウロ戦が思いのほか面白くなっちゃったので、
ちょっと心配してたんですがね。
なんかゆるゆる?とした試合運びで、終わってみれば3?0の完封勝利。
クラウチがドペルパックとは予想だにしない展開。ねえNさん。

ジェラードのあのミドルシュートを生で見れた人がいるんですねー。
あの1プレーのために大枚払った甲斐があったというものでしょう!
テレビで見てたって、もー大騒ぎしちゃったよ。
すげーよキャプテン。

現地リバプーサポも結構来ていたんでしょうね。
あの人数にもかかわらず、開始直後はケセラセラが聞こえたし、
最後はユルネバ歌ってましたね。
サポが沢山いる席は楽しそうだなー。

日曜は行ってきますよ横浜!
廻り廻って私のところに流れ着いた大事なチケット。
色々な人にありがとう。
自分のチームの試合が2つあるのにばっくれますスミマセン・・・。
寒さ対策万全にして出かけたいと思います!!
帰りが心配なので、出来ることなら90分で圧勝もしくは辛勝(は心臓に悪いが)して、優勝セレモニーまできちんと見届けたいなあ。
と希望は伝えておく(笑)
PKも生で見たらどんななのか興味はつのるが、
自分のいる方から遠いところでやってたらそれもつまらんしなあ。

3位決定戦のお楽しみは、うーんサプリサのかわい子ちゃんかしら。
名前は覚えてないが、坊主頭の昔のバロシュみたいな子がおりました。
私好みのやんちゃ顔。
アジアのチームもスピードが魅力的だったしね。
両方とも寒さを忘れる盛り上がる試合になるといいなあ。

その前にバイヤーの最終節があるんよ。
こちらもきっちり笑顔でシメとくれ。
00:16  |  ナマ観戦記・国内編  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.12.15 (Thu)

復帰はゆっくり確実にね

2試合ほど怪我で休んでいたシュナが、復帰して元気にTOR。
おめでたや。
なので今日は復帰ネタ。
ラームとフレブもようやくゲームに戻ってきました。
嬉しい(涙)

ラームはCLでサニョルの代わりに右SBとかやらされててビックリしたが、
今は本来のポジションで、調子をぐんぐん上げている模様。
復帰すぐは控えめだった上がりも、遠慮なく仕掛けていくようになった。
バイエルンの左にはゼ・ロベルトという強力なパートナーがいるので、
大分助かっているように思える。
先日のラウテルン戦では、うっかりPKを与えてしまったが、
カーンが鋭い読みでばっちり止めて、「気にすんな」とラームの背中を軽く叩いた。
渋いぜキャプテン。髪も切ってサッパリ小奇麗になったし(関係ない)
あいかわらず胸元のボタンは上まできっちり止めているしな!
この調子で年内あとちょっと、いい感じでウィンターブレイクに突入して欲しい。
来年のW杯に照準を合わせて大事にフィットさせようね。
慌てなくてもそのポジションは空いてるから(笑)

フレブが出なくなって、
スタメンとベンチを確認したあとは思い切りスルーしていたアーセナルの試合。
ようやくCLで復帰。
突破の決まった消化試合でリハビリさせたあと、
先日ニューカッスル戦を見た。
今度はスタメン。久々のドリブルするフレブ!
でもやっぱり相変わらずゴール前でのラストプレーの選択肢はパスなんだなー。
試合は最初アーセナルペースで、まあこちらも相変わらず華麗なるパス回し。
そしてシュートは当番のアンリ。
ニューカッスルはほとんど試合をさせてもらってないが、でもアーセナルも先制した後が続かない。
なことやってる間に相手が徐々に盛り返しだす。
後半は押されっぱなし、というか相手のペースに巻き込まれ徐々にピッチは殺伐としてくる。
ホントにね。ニューカッスルやブラックバーンの試合を見ていると、
「殺伐」という雰囲気が漂う。
やるかやられるかみたいな。なんなの。
そんな中、フレブのような選手は格好のターゲットになっていたようで、
危機を感じたベンゲルが早々に彼を下げてくれた。
ああああああありがたや。
今まで大きな怪我のなかった彼がこんだけ戦列を離れるのは珍しいのだ。
やっとやっと復帰したのに削られて怪我人リストに舞い戻るのはごめんだよ。
その後、試合はさらに荒っぽさを増し、見ていられなくなったので早送り。
プレミアは正月返上。ほとんど休暇らしい休暇のない状態で試合は続く。
フレブもいつもと違う年の暮を、大事に過ごしてください。

12:41  |  CL・その他クラブチーム  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.12.11 (Sun)

#16 ニュルンベルク対バイヤー

今日は個人的祭り状態で。
あーもーやっぱり大好きだこの男。
sn1316.jpg

今季2点目。アウエーでの同点TOOOOOOOOOOR!
ほんっと嬉しそうな顔するんだ嬉しい時に!
こういう顔が沢山見たいんだよ。

sn1315.jpg

そしてオキマリのポーズ。
一時期、芝生に膝付いてずさー!なパフォをやった時期もあるが、
余裕のない時に決めた後は、何も考えずにコレが出る。
「いちばーん!!」

sn1312.jpg

そんでやっぱりプレー中はチョキ。
こんな選手は他にいない(笑)

sn1317.jpg

小さい人の愛で方。埋まってます。

いいじゃんもーたまにはー。
シュナTORが久々なんで、公式写真館もすっげー久々に見に行ったよ。
それだけの処理にえらい時間がかかって泣きが入ったが、
この笑顔でもうもうもう。今日の試合はこれですべてチャラ!(え)

だってまた勝てなかったんだもん。
ヴォロニンとホッキは外されてるし。3?4?3なんてやってるし。
いつものパターンで立ち上がりぼさっとして繋がらないまま先制されちゃって、
あわくって反撃に出てなんとか1点返す。
後半もその勢いでぶちかましながらシュートは入らず、
最後にブットがまたスーパーセーブをお見舞いして(とは言わない)
気が付くと勝点1。
アウエーで勝点1ならいいんですか?相手ニュルンベルクなんですが。

アウエー男のシュナイダーさん。
せっかくのTORなのにホームじゃないからコールされなくて寂しい。
なので私がやっておく。
「前半終了間際に意地の同点弾を叩き込んだ、
笑顔がキュートでちょっとやんちゃな三十路はだれだーーー――!
ベルントーーーーーーー!」
「シュナイダーーーーー!!」
「ダンケ!!」
「ビッテ!!」
すみません、ほっといてください。
23:11  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2005.12.11 (Sun)

W杯の組み合わせが決まったね(遅)

第一ポットにスペインが入ってるのは、
オランダを入れるとまたチェコと当たっちゃうかもしんないから、
という理由ですよね。
違いますか?

さてさて日本とクロアチアが当たるんですねー!
この日(だけじゃないが)は思い切り非国民させていただきますよ。
ニコにロベルトにマルコ。楽しみ楽しみ!
昨日はNさんとクロアチアとの対決を祝いつつ、
テレビで流される映像が古いだの、
注目はクラニツァールに集まってるが全然興味ないよねー、
な話で盛り上がる。
やっぱブンデス経由クロアチアだと、小ニコを見る機会は少ないし、
大体が見たときはあまりぱっとせんのだ。
U21の時もそれほど良かったように思えんし。
マルコのほうがずっとずっと頼もしかったよ。
私の印象では、彼はまだプレーが安定してないので期待を寄せにくい。
プレースタイルも特に私好みではないし。
顔は可愛いかもしらんがちょっとぷっくり体型なのもなあ(失礼)
パパはPKが怖くて見られないし。
(マインツのクロップもそうだったけどさ。代表監督としてはどうなのよー)
なのでクロアチア!と言いつつも視線は傍流なのかもしらん。
兄ニコは激しいからね。
日本代表の方は削られないように注意(笑)

オーストラリアについては、
次から当たる機会がぐっと増えるのに何もここで当たらんでもと思った。
せっかくW杯なんだから他のチームが良かったなあ。
でも、だからこそこの試合は勝たなきゃダメだと思うよ。
でないと次からW杯に出られない、という可能性がありますからね。
頑張ってください。
キューちゃんも頑張ってね。

ブラジルはまあ・・・。
当たるの第3戦でしょ。
大方の予想はブラジル消化試合なわけでしょ。
メンバーを落として(って言ってもブラジルなんだけど)
コンフェデの時のようなそこそこの好ゲームになるか、
それとも「サッカーって楽しいね!!」なテクニック満載ブラジルショーになりますか。
はてさて。
12:28  |  あちこち代表  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.12.08 (Thu)

今頃、叩かれまくってるんだろーなー

ロナウドのことです。

マンU、グループリーグ突破できませんでしたね。
一応その前にリーグのポーツマス戦を見たんですが、
そちらでは今回もパク・チソンが先発で、マンUの攻撃にいいリズムを与えておりました。
彼は玉離れが良いし、簡単だけど「お」と思うようなところへパスを出す。
1:1でも負けずにボールをキープする強さもあるし、
チャンスになりそうな時の反応も早い。
正直ゲームとして面白いのはパク・チソンがいる時だ。

パク・チソン、英語実況聞いてると
(たまにカスヤンや高木氏のロナウドぼやき節に耐えられなくなって聞く)
ジーサンパーク、って聞こえるんだよね。爺さんパーク。
どうでもいいすね。

さて、相手がポーツマスと言うのもあるのかもしらんけど、
マンUは「調子戻ったのかな?」なプレーで得点も入っていい感じ。
後半もう出番ないかと思ってたが割と早い段階でロナウド投入。
パク・チソンと同時起用した。
ピッチイン時のロナウドはもう「どよーーーーーん」とした表情丸出し。
半泣き状態でおいおいダイジョブ?
ロナウドは彼らしいまたぎフェイントもやらずにいられないんだけど、
それでも回りを見て早いパスも出しながら、ゲームに上手く入ったと思う。
表情も少しずつ明るくなり、しっかりアシストも決めた。
ファーガソンはCLでパクを最初からは使わないけど、さすがに次はアリなのかなと思った。
ロナウドも一緒に使うために、少し長めに彼をゲームに入れたのかなと。
試合は結局0?3で完封勝利。CLにもいい状態で入れるはず。

だったんだけどー。
蓋を開けたらロナウド先発、パクはベンチ。
解説の高木氏は顔面硬直(見えないけど)
ロナウドはポルトガルでのゲームに気負いまくって、
またぐし抜かそうとするし持ちまくり。アンド取られまくり。
回りはタイミングが合わず、引きずられるような格好で、
タダでさえ緊張して足が重いところへ、ぐずぐずとリズムを崩していく。
うわー・・・(汗)
私でさえ、ちょっと下げた方がいいんじゃない?と思ったぞ。
やっぱ最初パク・チソンでテンポよく攻撃をして、全体をノらせて得点取って、
後半になって相手が疲れてきたところへ、持ったりまたいだり目の前でごちゃごちゃうるさいロナウドを入れたほうが効果的な気がする。

先制はマンUだったけど、その後ベンフィカのビューティフォーなゴールで逆転されちゃった。
向こうはやれぶつかって死ぬほど痛いだの、担架よこせだの、
あ、まだ交代枠残ってた♪なんていやらしく時間使いまくり。
マンUは良いところなく、交代も効果なく、イライラばかりが募って、
結局そのままサヨウナラ。あーあー。

ロナウド色々言われてんだろーな。
今季は試練が多すぎるシーズンだけど、頑張ってへこたれずに強くなっていこうね。
顔に出さないような器用な真似は絶対おぼえられないだろーけど、
せめて早く切り替えられるようになるといいのだけどなー。
23:50  |  プレミア  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.12.08 (Thu)

#15 レバークーゼン対ヘルタ

途中まで書いて放置してたよ。はは。
次の試合が始まっちゃうので急いで仕上げます。

ホームゲームが続いている。
こういう時にちゃんと勝っておきたい。後で辛くなるので。

うーん、今回もスタメンはおろかベンチにも名前のないシュナ。
怪我が長引いているのだろうか。寒いしねえ。(関係ない?)
ラメが復活して3バックでカストロを落とした。
今日はバビッチを選択。ベルボといいとこ見せてくれ!

立ち上がり、パスをつないでのバイヤーらしい仕掛けでの攻撃は、
ボロニンの前で惜しくもにDF阻まれた。
バイヤーはそれでもこのパターンで繋げて狙っている。
久々のラメが最初から飛ばして、チーム内に激を飛ばしているように見える。
こういう熱い気合のプレーが大事なんだよね!
存在感を感じる。復帰おめでとうラメ。
マルコとベルボはお互いに感じつつ動いているようだ。
やっぱりこの二人で使いつづけて欲しいよなー。
左サイドからの崩しで、ベルボはさらにパスを選択するかと思いきや、
早い段階でミドルを打った。
これが先制点!
ベルボは1:1より囲まれてる方がいい仕事するよw

フライヤーが最初へなへなするほど使えなくてビビる。
1:1で負けるしパスも不正確だし頭を抱える。
シュナがでられないんだからアナタに頑張ってもらうしかないのよ!
まあ時間が経つにつれ調子を上げていってくれたので安堵しましたが。
驚かさないでくれ。
ベルボはワンツーのパスを意識してポスト的な仕事が多く、
ボロニンのほうが前へ突っかけてボールを追う形。
頑張りはとても伝わってくるのだけど、最後のところが決まらない。
ベルボだったら決めてくれるのだろうか?
役割を逆にしたほうがいいような気がする。うーん。

若造フリッツ・バルネッタ・ロルフェスは、精一杯自分の仕事をこなしている。
とてもいい感じ。
長い怪我からやっと復帰したフリッツ。
転ぶたびに冷や汗がどどと出ていたが、もう心配しなくても大丈夫かしら。
守備も落ち着いてるし、復活したと思っていい?
ロルフェスもボールを持って粘れるし、慌てたプレーも少ないし。
バルネッタは適度に熱くガンバリを見せていいところで飛び込んでくる。
若造は自分がいい勝負をするためにいっぱいいっぱいに集中している。

前半のバイヤーはゲームを丁寧に運ぼうとしてるように見えた。
相手へのプレッシャーも複数で対応し、何とかボールを物にしようと仕掛けていった。
決してスマートじゃないけど、泥臭く時間をかけた。好印象。
ヘルタの調子も今ひとつなのが手伝って、
バイヤーは何とかパスワークで前へと向かう動きを見せ、期待が持てた。
のになー。

実況で良平さんが「高給取りのヤル気のなさ」みたいな話を何度かしてたけど、
バイヤーの今の中途半端さみたいなものが、そーゆーとこにある気がする。
「バイヤーは節約経営にシフトしてきている」
「優秀な選手を育てても全部バイエルンが持ってっちゃう」
そうなんだろうな。
CLに出た経験をもつ選手たちにしてみれば、そういう大舞台でこそ本気が出せるのかもしれない。
今のチームメンバーで上を目指そうって言っても、どうすんだよ、みたいな気持もあるかも。
アウゲは実際そーゆーこと言って辞めさせられちゃったわけだし。
でも若造達にしてみれば、Aチームでスタメン確保するために今を頑張る気持の方が大きいかも。
目標の設定値が違うような感じがするのだ。
そーゆー温度差みたいなもんをラメやシュナのような選手が「今の勝負をちゃんと勝とう!」っていう気合で、ピッチ内で引っ張ってって欲しいんだけどね。
甘いですか。

バイヤーのDF陣のふがいなさを嘆くのってなんだか悪夢の0203以来のお約束・慣用句的になっているのがとてもイヤで、なるべく冷静に見ようと思っているのだけど、
(最後に残ってるのはDFだけど、失点の目はその前から生まれているのだから)
でもさすがに今日はフアンとホッキを二人並べるのは、緊張感がなくて困るなーと思った。
あまりいい影響を与えてない気がするのよね。
後半の途中でホッキを下げたのは、良平さんが言うように「スキッベ怒りの交代」だったのかしらん。

しかし同点にされてからのバイヤーのちぐはぐさが泣ける。
跳ね返す気力がないのよね。仕方ないのかもしれないが今は本当に自信がない。
交代で入ったクジノベクが、ゴール前でありえないバックパスをした時、
バイアレナのお客さん一瞬固まってたぞ。危ない危ない。
消極的過ぎるよクジノベク。
ヘルタに助けられて優勢だった前半の勢いが、
ヘルタが微妙に持ち返したことであっさりと帳消しされ、
なすがままに逆転されてしまう。
どうしたらいいんだろう。
切ないったらないよ。

ウィンターブレイクまであともう2試合。
頑張ろうバイヤー。
この際、中堅クラブとして一桁台で踏ん張るのが目標、
になったってかまわないから、自信を取り戻して欲しい。
22:44  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.12.07 (Wed)

結果を知ってから見てはいけない試合

そういう手に汗握る1戦がたまにある。
こないだのCL決勝戦しかり、プレーオフ#2のトルコ対スイスしかり。
1点1点で変わっていく展開を、一緒にハラハラしながら、
色々な状況に思いをめぐらしつつ見るのが醍醐味である。

CL第6戦のミラン対シャルケが、あんなに熱い試合になるとは思わなかった。
というかあまりちゃんと知らんかったのだ。勝点差とか得失点とか。
前半に1?1になって、俄然面白くなったね。

見どころは沢山。
ガッツ対コビーのガチンコ勝負やら、
そろそろ怪しさが誤魔化せなくなってきたんじゃないの?なマルの早々の交代とか(←イジワル)
後半、ミランがぐずぐずと崩れかかった中でのカカの勝負強さには参った。
スターと言うか、格の違う選手なんだとシミジミ思ったよ。
とんでもないヤツだ。一時は体がでかくなりすぎて少々太りぎみに見えていたのに、すっかりスッキリ逞しくなってるし。
(そうは言ってもこーゆーいい子のかわい子ちゃんに食指は動かないのよねー)
ポウルセンは前回カカ番で潰しまくっていたのに、今回はなんだか危ういプレーが目立った。
エルンストの方がもっとやばかったので替えることができなかったよーに思えた。
アルティントップの調子のよさがとても目立っていた。

最後の10分は胸が締め付けられるような目の離せない展開。
あと1点を取るためにシャルケはFW総動員をかけたけど、
でも前線に人がいっぱいいるから点が取れるかというとそういうもんでもないよね。
多すぎるFWは、動きが重なってかえってチャンスを狭めているような場面もあった。難しい。

お互いのファウルと、ミランの余裕のない中でのクリアが続く痺れる内容に、ロスタイムがもっと長ければいいのにと思った。
結局シャルケはあと1点を入れることができないまま、
3位に落ちてしまった。残念すぎる。

現地で生で見ていたyahshuさんは、思わぬ激闘に遭遇してラッキーだったな。
最後はどっちに勝って欲しいと思っていたのだろーか。

さて今夜はさらに痺れるグループD。
マンUかビジャレアルか、どちらを先に見るべきかなあ。悩んじゃう。

おっと、一応プレミア対決は微妙に時間差生観戦してました。(便利な追っかけ再生)
コメンテーターはカスヤンじゃなくて良かったとスタメンを見た瞬間に感謝した。
案の定トラオレが2発見せ場を作ってしまったが、高木氏だったので軽く流してくれた。
まあ彼はマンUでロナウドが出てくるといつまでもうるさいんだけどね。
しかしクラウチは、もっと肉つけたほうがいいんじゃない?
ポストで勝ってもキープ力で微妙だ。
ちゃんこ食っていっぱい寝て稽古に励んでくれ(違)
何はともあれ1位通過おめでとう。
リーグ6連勝だったなんて知らなかったわ。そりゃ4位にもなるわな。
22:32  |  CL・その他クラブチーム  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.12.06 (Tue)

最近の観戦事情

バイヤーとヘルタの試合を見終わって、少々逃避モードです。
はっはっは。

バレンシアは今季ムラのある試合をしていたけど、ここ最近は大分落ち着いてきたみたいだ。
ビセンテは完全に復活したといっていいだろうし、
ビジャもガツガツ頼もしく、FWとしてスタメンを確保してる。
なにやらマルチェナが監督に名指しで批判されてるとか小耳に挟んだりもしたが、
おおむね方向を誤らず快方へ向かっているようで何より。
スタメン固定するまでは行かないようだが。微妙な順位はそのせいか。
でもまだ余裕が感じられる。いいなあ。

リバプーは先週の民放での試合はパッとしなかったが、
そんでもさっきアーセナルTVをチェックしてたら、
いつのまにやら4位なんてとこにいる。
ズルイ!!抜け駆け!
プレミアはなんやかやで、順位表の顔ぶれもそれらしく入れ替わっていた。

インテルはどうなんでしょう。CL2戦目以降チェックしてない気がする・・・。
正直あまりもう興味がないのよね。

さてバイヤーはと言うと、せっかくちびちびと8位くらいまで上げた順位を、
ずるずると11位まで下げている。
この微妙すぎる順位が選手のモチベーションに影響してる。
というか選手間の温度差が感じられる。
頑張らないと順位は上がっていかないんだけどなあ。

怪我人も早く戻って来ないかなあ。
シュナはどうしちゃったんだ。
フレブはいつ戻ってくるのだ。
バンビちゃんやパンダーはちょっとはましになってるのだろうか。

などととりとめもなく思いつつ、微妙に盛り上がらないまま観戦は続くのである。
明日はもうCLだ。
00:48  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.12.04 (Sun)

痩せる!全国ツアーダイエット・船橋レポ

某所で「そんなに埋まらないよ」とポロっと言ってしまってすまなかった。
えらいたくさんのお客様が見えられて結構結構。
拍手のタイミングもバッチリで、ちょっと見直した千葉県ライブ。
よかった、これでまた来てくれるかな?


また毎度の長尺レポなのでうっかりクリックしないようにご注意。
16:34  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(16)

2005.12.04 (Sun)

ブンデスリーガプレビューをご覧になりましたか

日曜の注目カード、バイヤー対ヘルタのコーナーで、
バイヤーの昔の映像が流れたんですが、
奥様ご覧になりましたッ?(大汗)

なんなのあのプールでキャーな映像は!!!
懐かしい勝又ヘアにピアスとネックレス。
まぶしい胸板がのぞくシュナイダーさんと、
とろける癒し系笑顔をたたえたノイちゃんの衝撃映像。
なんの練習なんだよアレはっ。
背中から腕を回してノイちゃんをかかえた状態で、
プールの中を移動する怪しげ楽しげな二人。
反対側からは、こちらも満面の笑みをたたえて白い歯くっきり見せたラメロウが、
同じように誰やら選手を抱えてすれ違う。
シュナはすれ違うラメの組を見てちょっと得意げな笑顔。
「オレなんかノイだぜ!!」なんて自慢しているかのよう。
その時、一緒にラメの方に顔を動かしたノイちゃんの、
これまた「うっとり」としか言いようのない表情。
だからなんの練習なんだよソレはっ!(激汗)

あーもう驚いたの何の。
ブットのボヤキインタビューの深刻さもふっとぶっての。

念のためにと毎回録画しているBLP。
バイエルンの試合が始まるまでの短い時間に
思わず何度も見ちゃったじゃないの。(←バカ)
他にも精悍なゼ・ロベルトとか、7・3分け(何故)のポンテが
若いエメルソンとリンドナーホテル内でリフティングをする映像などもありましたが、
一応メインはスキッベとブットのインタビューで、
これからどうすんのバイヤー?な笑えない話がほとんどなので注意。
というかそんなとこで、そんな映像を流してしまう意図が分からんが、
まグッジョブです。Danke!Bitte!(←壊れた)
13:50  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.12.04 (Sun)

偶然にしては出来すぎる

カテ分けがあってるかどうか微妙だ。
レポの前にどうでもいい話。
自分ちだとレポも後回しにできるのでラクだなあ。

船橋ライブの日、実はチームの祝勝会(over45の全国制覇!)&忘年会があり、
大いに迷ったが頭の20分ほど出席して、
ビールをほんの30ミリくらい飲んで(くうううう)ライブに行った。
終わったらまだ2次会をやってたので、
はるばる来ていた極チャンと早々にお別れして(すまん)飛んでいったところ。

カラオケ個室の扉を開けたら、
まさに「夢の途中」のイントロがッ!!
なななななんの冗談だ!タイミング合いすぎだ!

入ってすぐ「歌え!歌え!」といわれるのかと思いきや、
ホントに偶然に!???予約の曲が流れ出したらしい。が。
恐ろしいキラーパスが通ったような気分だ。
いやスルーしたが。

旦那と来生ファンの某オッサンメンバーはこそこそと
「来生ナンバー歌いまくっちゃおうか」
「やばいっすよ?」
などと相談しつつもやらなかったと言っていた。
なのに。
二人とも驚いて爆笑しながら「ぶち壊しだな!!」
「ぶち壊しっすよ!!」せっかくの余韻が?。
なんだか慌しく大騒ぎの1日でございました。

20代の若者は「この曲知らない。誰っすか?」と思い切り言ってましたな。
そうかこの年でもう知らんのか。寂しいのう。
11:59  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.12.01 (Thu)

CLがパッとしない

グループリーグってこんなもんかな。
去年はバイヤーが出てたし、なにしろレアル相手の大爆発もあったし、
他にもいろいろ楽しんでたよーな気がするが。
なんか今年は盛り上がる試合が少ない。
5節も何となく見ているが、あまり心揺さぶられないなあ。
バイエルンはいい感じだったね。
ブンデスではほとんど放送されてないバイエルンだけど、
多分リーグ戦よりずっと内容の濃い試合をやってると思う。
ラーム復活おめでとう!
マカーイもみんなからの大量のパスをやっと結果に繋げることができて良かったな。
絶対決まるだろうという状態で外した時、さすがにもうパスもらえないかと思ったよ。

熱いプレーオフの試合とか、たまにひょっこり現れる面白い試合の印象が強くて、
CLは今はまだ影が薄いけど、年が明けてからが本番なんでしょうねやっぱり。
とりあえず6節の見どころはマンUとビジャレアルのいるグループかな。
シャルケが踏ん張りきれるかとか。
盛り上げてくれよー。
23:25  |  CL・その他クラブチーム  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2005.12.01 (Thu)

読んでたら触発されたので

極さんちの春江レポに連動しております。
いやーボリュームたっぷりでどこからつっこんでいいのやら。
ランダムに触れたのは一応こんなとこ。

・ ほほのたるみ
・ 連続トラブル
・ もう一人の鍵盤様のファン
・ 「余白の街」
・ 来生たかお初心者
・ 記念切手
・ ブン太節
08:51  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)
 | HOME |