2006年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2006.01.30 (Mon)

ニュルンベルク対HSV

今までノーマークだったニュルンベルクのサッカーが意外に面白かったんです。

HSVは新戦力をいきなり投入し、バルバレスの兄貴やファン・デル・ファールト、アフリカ勢を欠いた状態で、いつもどおりとは行かない感じでした。
ニュルンベルクのオウンゴールでHSVが先制した時間帯までは、
HSVの方が若干優勢に見えたけど、
その後もりもりとニュルンベルクが勢いとスピードを増し、
ガンガン攻め込んでいくのがなんというか、清清しいんですよ。

HSVは動きが繋がらなくなって、
その頃にはデ・ヨングもかなり負担が大きくなってきてたのかなあ。
いっぱいいっぱいだったのかも。
ボランチっていると分からないのが一番効いてるんだな、
とこういうのみると思うのだ。
ヴィッキーの印象はあまりないのだけど、やっぱり彼はいい仕事をしてたんだろうな。
今回、何でスタメンじゃなかったのかな。

まあそんな感じで、点が動いた後のニュルンベルクの押せ押せの雰囲気の中、
HSVは逆転されてしまう。
キースリングってのがまたふてぶてしさのある、頼もしい選手ですね。
ニュルンベルクはこれ!と言って突出して華のある選手はいないけど、
ドンドン相手を攻め込んで、気合でボールを奪っていくスタイルはなかなか私好みです。
マインツのような若造爽やか路線ではないけど、しつこく粘り強いサッカー。
あ、一人いい感じの気合系オヤジがいたな。ズベン・ミュラー。憶えとこ♪

いつものHSVだったら、負けなかったかもしれない。
タカも休みを挟んだけど、まだ体の動きはキレているようだし、
調子の良いときに、しかもこんな持ち駒の少ない時は、
きっちり決めて欲しかったけどね。
バイエルンを追っかける立場のチームに寄せられる期待は大きいのだから。
しかしポイント差、随分あいちゃたなあw
スポンサーサイト
08:59  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.01.29 (Sun)

#18 レバークーゼン対フランクフルト

今日は思い立って観戦しながら追っかけレポ。
ラジオは今日も多元中継ラジオだが、あるだけマシだ。
こちらも興味の趣くまま多元中継レポで参ります。

-15
バイヤーの状況がわからないまま観戦再開。PCが遅すぎて不安だ。

-4
フリッツがグリッペ!!!!(インフルエンザ)シュナにうつすなよ!
今日はフリッツの変わりに右サイドバックに入るのだろうか。
新人ステンマンが左SBでスタメン。今度は仕事してくれるSBなんだろうか。

-2
ヨネスってやっぱり前いたヨネス?ジョーンズというのかもしらんが。
フランクフルトのキャプテンやってるの?
あープロイスもいるんだね。古巣対決。お手柔らかに頼む。

一節のように大量得点で勝ちたいもんだが・・・贅沢は言わないけどホームなんだし勝ってくれよ。

ラジオが紛らわしい名前を・・・ケルンに「ベンシュナイダー」とかいうやたら似た名前のやつがいるんだよな。

14
双方リズムを掴みかねている様子。立ち上がり弱いなあバイヤー。

げげヴォル先制。アウゲ効果か?

17
Vorsicht!!!!!
今日もオキマリの「あぶねえ!!」ってもうもう。
フランクフルトがきだしたなあ。

18
ああああ今日もブットはポストと二人でファインセーブ(大汗)
堪えてくれブット、そろそろエンジンかけてくれバイヤー!
運に助けられてるうちに流れを引き寄せてくれよ。

おおドンちゃんがシュネラー、シュネラーといわれておる。
見たいなあ、元気に走ってんだろうなあ。

ありゃヴォル、アイゲントアか?ドル同点になっちゃった。

24
やっとバイヤーにチャンスが回ってきたか?ああもうかかりが遅いなあ。
しっかりこの時間になんとかしてくれよ。

28
うお、バイヤーきてるきてる?そのままガツンと決める時間だ!

32
なのにあっちゅうまにブットの前にボールが来てるー!

34
うーん段々焦って中盤省略、後方からズドーンなパスをだしてるようだが、
ヴォロニンには運がないし、ベルボにはどーにもならないよーなパスが行っちゃったようだな。
大きいパスが正確に出せればいいんだけど、そーゆーのもめっきりなくなっちゃったなあ。

38
バルネッタとロルフェスから大チャンス。が決められず。
決めてくれ!チャンスはそんなにたくさんは無いんだぞ!

41
アマナティディスにやられましたか。しかもこんな時間に。
しっかりしてくれ。
プロイスからパスが通ったのか。
ブットと1:1の状況で冷静に決めてくれちゃったようだな。
アウエーなら十分すぎる仕事だ。

バイヤー、やけくそシュート打ちまくり。落ち着け。枠に飛ばせ。

気持だけ焦って前半終了。
相変わらずの試合運び。一ヶ月休みがあったようにはとても思えない。笑えない。

45
ロルフェスが交代か。珍しいな。
代わったフライヤーがいきなりドリブルでチャンスを作ったようだが枠を外れたようだ。

シュナを上げて3?5?2か。スキッベ勝負かけてきたなあ。
大丈夫なのか3バックなんて。
ヴォロニンはとりあえず下がり過ぎないように、ゴールに近いところでボールをもらってくれよ。

そういやロシツキはそのままドルにいるのか。まあまだあと数日あるけど・・・。

後半直後の勢いを今度こそ得点に結び付けて欲しいなあ。
前がかりすぎて反撃をくらうのも心配だけど。

65
いい加減得点のニオイがしてきているようだ。
もう一頑張りだバイヤー。フライヤーが調子がとても良さそうなんだが。

67
Tooooooooooooooooooooooooooooooor
エライぞフライヤー!!!きっちり結果を出したね!
今日は頼もしいなどうしたんだフライヤー。

やっと追いついた。ここからだバイヤー。逆転するまで気を抜くな!

72
エルフミーター!!!

畳み掛けるようにバイヤーに得点のチャンス!!
う、キッカーはもうブットだろうな?ブット復活だよな?

どきどきしながら何度も公式をクリックするがいつまでたっても更新されない。
まさか失敗したか?都合が悪いと黙り込んだりおちたりするバイヤーティッカー。
さっさと結果を表示してくれ!
と思う中、ラジオの方でどうもブットが冷静に決めた、らしいことを言っている。
聞き間違いかもしれないし、早くテキストでスコアを確認したい。

そして

74
Tooooooooooooooooooooooooooooooooooooooor
よかったブットしっかり決めたんだ!
後は急いでゴールまで戻れ!
シュナ、嬉しくても抱きついて邪魔しないのよ!

まだ残り時間はたくさんある。
最後まで気を抜かずに試合を終わらせたい。

83
なのにブットが大仕事!!ああブットがいなかったらどうすんだよバイヤー。
なんとか凌いだみたいだが、まだまだ試合は終わらない。

84
ピンチの後のせっかくのチャンスを
ベルボはまた決められなかったのかそうなのか。

85
バビッチ、イン。またこんな時間に時間稼ぎもかねての交代だ。
マルコはそういえば誕生日を過ぎたはず。
えーと33でいいんだっけ?(違う)

88
公式はもう「3ポイントはもらったぜ!」
と早くも喜んでいるがまだ試合は終わってないんだよ。

91
マルコ、意地のハンマー弾は惜しくもわずかに外れたようだ!!
決定的な3点目にはならず。

92
もう1つの枠を時間稼ぎのために使う。
まあ結果的にそういう使い方ができたわけだけど、
やっぱりスキッベは動くのがおそいと思う。

93
試合終了!!
久々の勝点3!!!今季5勝目!少ねぇ!!(苦笑)

後半はバイヤーのことばかりを気にしながら過ぎた。こんなのも久しぶりだ。
おかげで最後までレポらしくなったじゃん。
ま、この調子の追っかけレポが続くとは思えないが、
また気が向いたらやってみよう。

来週はアウエー、アリアンツアレーナに乗り込んでのバイエルン戦。
オリンピアシュタディオンでの勝てない呪縛はとけたはずなので、
新スタジアムでは気持も新たに攻めの姿勢で走るのだバイヤー!
来週は放送あるといいな。日曜録画で良いからさ。
ルールダービーも気になるもんね。

タカ&トニーの急造コンビはどんなだったのやら。
こちらは明日放送を見てみよう。
02:00  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2006.01.28 (Sat)

再開

他のどのリーグが通常営業に戻っていても、
やっぱりブンデスのウィンターブレークが明けないと
後半戦が始まった気がしない。
先ほど金曜の後期開幕戦を見て、内容的には微妙なのかもしれないけど、
久々のブンデスにワクワクしてしまった。
武骨で激しいぶつかり合い。好きだなあ。楽しいなあ。

しかし移籍関連ネタをさっぱりチェックしてないので、
ブンデスプレビューで、アイウトンがHSVに移ったのを知って茫然としております。
ダイジョブなのか、せっかく今いい感じに仲良しクラブなのに。
そしてアウゲがヴォルフスブルクの練習を指導しているのを見て、
分かってはいても切なくて切なくて。うう(涙)
でもメンセゲスを、しっかり鍛えて成長させてやって下さい。

バイヤーの状況もさっぱりわからないんですが(オイ)
新戦力は二人くらいいるんだっけ?
パパドプーロス君ってのはギリシャですか?
何か聞いたことある名前なんだがどこで聞いたんだろうか。
すっかり休みボケした状態で、今日からまた観戦の日々です。
頑張れバイヤー、後半戦はもうちっと勝てよ。
21:55  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.01.28 (Sat)

2006初蹴り

今日はやっとこさの初蹴りでした。
先週は雪だったからね。
5人ほど雪のグラウンドで転げまわってサッカーした連中もいたらしいが。
病気だ。

いつも最初にインサイドキック、インステップキック、腿トラップを
それぞれ両足10回、胸トラップ10回、ヘディング10回をペアを組んでやるんだけど、
今日はちょっと応用編で、
カラーコーンの脇に立って、そこから前に飛び出してボールを受ける、
という形でやってみた。
カラーコーンを敵に見立てて、敵より早くボールに触り、正確に相手に返す、
というのがこの練習のキモである。
最初は飛び出すタイミングがつかめず、きちんとボールに当たらないので、
勝手な方向にびよーんと飛んでしまったが、
早めに動き出ししっかり止ってきちんと当てれば大丈夫。
単純だけどイメージが掴みやすくためになる練習でした。

ここでサッカー2年目を迎える私の目標。
トラップをしっかりできるように。
試合中にもらったボールを無駄にしたくないからね。
ディフェンスを最後まで続けること。
どのポジションにいても、とりあえず今は相手に喰らいついて
相手を自由に動かさせないのが大事な仕事。
私のようにテクが無いヤツはとりあえずスタミナでカバーですよ。
めざせガットゥーゾ!

日々精進。怪我に注意して今年も頑張りますv
21:30  |  初心者  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.01.25 (Wed)

ビジャは頼もしいなあ

ベティス対バレンシアを見ていて、
ビジャがとても頼もしいので驚いてしまった。
それほど背も高いわけではなく、体型的にもスマートとはいいがたい。
でもそのおかげで重心が低く安定してるように感じるし、
相手とぶつかっても吹っ飛ばされることも少なく、
バランスを崩しながらも踏ん張りつづけている。エライ。
ちょっとルーニーにもかぶって見えた。

そんで今回は改めて「これは絶対決めないと」ってところでキチンと決めるな、
と思ったのだ。
カウンターや1発のパスで、フリーで抜け出し走りこむままキーパーと1:1。
これ以上はないくらいのチャンスで、でもすんなり決まるシーンは意外に少ない。
たいがい「今のは決めて欲しかったですね?」と解説がぼやくお決まりの場面。
ベルボなんてもうイヤ!になるくらい入れてくんないもんな。

私の中では、こういう状況でも必ず仕留めるのは
ロッベンとルーニー。
この二人に持たせたらもう絶対入っちゃう!!
それもトリッキーなマネをしないで、とっとと決める。強力な決定力と集中力。
そーゆーイメージがある。

これからはビジャも入れてあげよう。
どんな時でも泥臭くゴールを狙う姿は感動的である。

***

そして全然関係ないが、最近気が付いたカワイ子ちゃん。
ベティスの16番オスカル・ロペス。
何となくベティスの試合を見るたびに、
「おや可愛い」「あら可愛い♪」
と目の端にちらちらと引っかかる選手がいたので、
今回意識的に絞り込んでみた。
まあ私の好きそうな、ちょっと浅黒くて、顔の造作がやんちゃ系。
試合中それほど気持が顔に出ているタイプではなようだ。
プレーとしてもまだ際立ったものはないようなので、
今はちらっと映るのが嬉しい、というレベルだが、
右サイドでいいクロスをあげているあたり、
今後の活躍にも期待したい選手ではある(笑)
23:33  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.01.22 (Sun)

バンビちゃんシャルケデビュー!!

ぎゃー嬉しいいいいい(大泣)
バンビちゃんが、シャルケの練習試合で45分スタメン出場してた!!!
相手はどんくらいなんだか分からんが、シャルケはメンバー的には一軍だったぞ。
わーん長かったよう!!
1年2ヶ月くらいヘーキで経っちゃった気がする。
おめでとうおめでとう!

さっきシャルケのショップでも覗いてみようかなーと久々に公式を開いた。
念のために「Azaouagh」でサイト内検索をしたら、
やっと嬉しいニュースがヒットした!!!
後半戦は出られそう?監督の目にはちゃんと彼のプレーが届いたかしら!
って今監督、誰なんだっけ?
まあいいや。
頑張ってシャルケの一員として、お役に立ってね!
そんで怪我だけは気をつけて、テレビで会える日を待ってるぞ。
おめでとうおめでとう!

パンダちゃんはまだかなー。
(バンビにパンダって動物園かw)

註:ミムン・アズアク Mimoun Azaoagh
読みがあっているのか分からないのでプレー振りから勝手にバンビちゃん呼ばわりしている。
詳細は過去記事→「バンビちゃんて誰ですか」を参照。
[ Mimoun Azaouagh ]
15:07  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.01.22 (Sun)

0304CLチェルシー対シュツットガルト

ウィンターブレイクはダビング月間。
といいつつ進まない。
今日はもう一度見たかったチェルシー対シュッツの
決勝トーナメントセカンドレグ。
この試合貧富の差はあっても、
両者の実力差はほとんどなかった。

ここで当時のレポを転載。

見る方もスタミナがいるのだと思った一戦。
展開が早い早い!!本当にシュツットの選手はよく走るよね?。
イヤこういうの大好きですよ私は。
みんな同じイメージを持ってるんでしょうね。
動きに迷いがないからボールをすぐ前に持っていける。
ミスが少ないのも驚きでした。
バックでのクリアボールがラインを割らないのよ。
正確なパスになることが多くて、相手陣内にすぐ戻れる。
ついていくチェルシーの方は大変だったんじゃないかな。
シュツットの体力なら後半も行けるから心配してなかったけど。
攻めの最後のシュートに勢いがあれば・・・と何度も思ったよ。
いいところまで行くのにさー(溜息)
決めなきゃ勝てないのだ。
ダフはやっぱり怖かった!好きなんだけど、今回はやはりヤメて欲しかったわ。
自分アピールしないとヤバい状況だから気合が初めからエライ入ってるし(笑)
(ランパードもね・・・いいとこにいるのよね。憎らしいくらい?)
担当がジブコさんで「あらエラいヤツを見る羽目になったな・・・」と冷や汗が。
しかし!
今回のジブコは冷静でカッコよかったぞ!!
あれでサードの黒ユニだったらどうするNさん、帰って来れないわよ!!
ってな勢いでした。
スコアレスドローで、OGの1本だけで敗退、というなんだかなあ?!!な終わりでした。
・・・チェルシーも1点くらい取って欲しかったわよ。どうせならっ。
あー悔しい悔しい。
お互いクリーンで素早くて内容の濃いゲームではありましたが。
もう見れないのは本当に残念だーーっ。


ヤフ掲示板で書いてたころと文章がちっとも変わってない。はは。

両方ともチームとしてよくできている、というのが基本にあって、
その中で私の目にはダフやラームやフレブの個人技がキラキラと飛び込んでくる、
という面白い試合でした。
元気いっぱいのラームを見るのは本当に久しぶりなので、
ああ怪我をする前はこんなに攻撃的に駆け上がってチャンスを作っていたんだ!
とドキドキしてしまった。
早くトップフォームに戻ることを心から祈る。

怪我上がりらしいダフは、高いモチベーションで、前半はそれこそすべて彼を経由してゲームが面白くなっていた印象がある。
ダフはやっぱいいな?と惚れ直す。
チェルシーはまだラニエリ時代で、怪我人も出たせいでフォーメーションをいじくったのだがどうも上手く行かず、後半は完全にシュッツに押されまくっていた。
ダフもすっかり影が薄くなってしまった。
バレンシアの時も思ったがこの人の采配はナゾである。

当時のレポで「シュッツの体力なら問題ない」と書いてたが、
そーなんだよ、この時の監督はマガト。
基礎体力をガンガン鍛えるこの監督のやり方は、私は結構好きである。
走ってナンボですから。うふ。

早い展開、熱いけれどクリーンなぶつかり合い、
組織的なプレーの中に時折光る個人技。
まさに私好みのサッカー。
楽しゅうございました。
14:27  |  CL・その他クラブチーム  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.01.21 (Sat)

ドリームチームFCバンビーノ

久々に新カテ作りました。「蛸足小ネタ総研」
続くのかどうかは分かりませんが。

自分のサイトを持ったらやろうと思っていた企画があります。
ベストイレブンです。
もう自分の好きな選手をやたらめったら詰め込むのです。
以前ちょっと考えたらサイドの選手ばかりで話になりませんでしたが、
今はもうちょい各ポジションにいるはずだ!
と突然思い立ち、さっきダビングしながらずっと考えていました。
選考については後ほど語るとしてまずはスタメン発表。
読むほうも色々突っ込みたいだろうが、とりあえずガマンしてくれ。

● 今回の選考基準 ●
可愛いこと。とくに笑顔が。

フォーメーションは私の大好きな4?4?2である。
GK:ヴァイデンフェラー(ドルトムント)
20060121152945.jpg

CB:マルチェナ(バレンシア)
20060121153111.jpg
CB:カンナヴァロ(ユベントス)20060121153038.jpg

右SB:シュナイダー(バイヤー)
20060121153203.jpg
左SB:ラーム(バイエルン)20060121153237.jpg

ボランチ:アルメイダ(引退)
20060121153323.jpg
トップ下:フレブ(アーセナル)20060121153547.jpg

右S:アズアク(シャルケ)
20060121153420.jpg
左S:私の大好きなクリスチアーノ・ロナウド(マンU)20060121153505.jpg


FW:バロシュ(ヴィラ)
20060121153736.jpg
FW:フィゲロア(ビジャ・レアルから移籍すんのか?)20060121153630.jpg

自分で書いてて大爆笑だ。

以下は大もめにもめた選考の詳細を(笑)

[ Mimoun Azaouagh ]
16:30  |  蛸足小ネタ総研  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2006.01.20 (Fri)

むちゃくちゃ感動的な映像

BSジャパンの放送を見終わった。
凄かった。感動しちゃったよ。
正味10分くらいだったのかなあ。
結果的に思いもかけず優勝までしちゃったことで(嬉♪)、
内容的に大幅路線変更になったと言ってたが、
おかげで練習する私の姿なんぞはほんのチラリと本人にしか分からん程度にしか映らず、
清水でのグループリーグ&決勝トーナメントの様子に
大幅に時間を割いてくれて、嬉しかった。
私は応援に行かなかったんで、すっごく見たかったんだよー!
センターバックがドリブルで4人抜き&アシストのシーンやら、
キャプテン得意のヘディングがばっちり決まったシーンやら、
決勝戦でのコーナーキックが直接決まった決勝点のシーンやら、
なんつうか面白すぎる映像てんこもりでワクワクしてしまった。
芝もめっちゃキレイだったしなあ。
バカなことばかり言ってるシーンを挟んでる間もないくらい、
濃い試合の様子が流れてた。
そしてキャプテン(ママ)とコーチ(パパ)の夫婦愛・・・。
爆笑、じゃない微笑ましいサイドストーリーをテレビ的にからめつつ、
感動的な番組に仕上がっておりました。
「あの決定力が日本代表に欠けている」とまで言わしめたw
すげー面白かった。自画自賛。
http://www.bs-j.co.jp/tsubo/back.html

明日はようやっと練習なんだが、雪が降るみたいだからどうなのかなあ。
温泉行ったり、銀座に行ったりしてたんで私の初蹴りはまだなんですが、
体なまりまくってがっちがちのぷ?よぷよです。笑えん。
22:30  |  初心者  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.01.20 (Fri)

怠惰なカメラワーク

ぴぃさんとご対面した、バイエルン夏の興行。
ジュビロ戦を見させていただきました。

気になるゲレーロの髪型は、ヘアバンドで抑え気味にしたので
「カツラ疑惑ヘア」とはまた違う感じに収まっていた。
やきそば・・・確かにそんな感じよねゲレーロの髪型って。
今度からあの手の髪型はみんな「やきそば」でキマリ!

いえ今回気になったのは、なんといってもカメラワーク。
サッカーの中継っていつもこんなだっけか?
すんごい遅いんだけど反応が。
しかも必要最小限にしか動こうとしない。
ワイド画面だとちゃんと見えるのか?んなわけないだろうな。
リモコンをいじってみるがバラちゃんの鼻の穴がさらにワイドになっただけであった。

とにかくぎりッぎりのところにボールがあるのだ。
ヘタすりゃ切れる。
ボールを触って切り返してる選手の足が見えるのはまだいい方で、
ボールを持っている選手とあい対している選手の体の動きと視線で、
今ボールがどのへんにあるのかを判断せよという強引な画面。
ボールを持っている選手とボールはぎりぎり枠の外だ。
もうちょっと動けばいいだけの話なのに。

ここで待っててしばらくすればボールが来るから待ってよっと。
な、ものぐさカメラだ。
あまりにも続くと笑えるよ。
先制点なんていきなり画面の右上端のところから、
ボールだけがびよーーんと飛び出てきたもんな。
スローで見たらつま先だけがちらっと見えていた。
一体ゴールしたのは誰なんだ!
そんでそいつはいつからそこにいるのだ!
飛び込んできたのか、たまたまその場にいたのか!
どうなんだエッ?

シュートしたボールが、どうもわずかにゴールを外れたらしい。
でも肝腎のゴールの端と、ボールが映ってない。
どういうことなんだエッ?

てなことをずーっと言いながら見ていた。
このカメラさんは試合に夢中になっててカメラを操作するのが遅れているのだろうか。
なんだかボールを受ける側の気持になりすぎて、
ボールが入ってくるのをゴール前で待っている、
のが映像として出てしまったのだろうか。
なんだかわかんないが、サッカー中継としてはありえないカメラワークだ。

以前、南米予選で映像が20分近く流れなかった時、
クラッキーは「今ここでロベカルがボールを切り替えした、とお思い下さい」
と言うよーなイメージ喚起実況を行なっていた。
のを思い出してしまったw

21:12  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.01.19 (Thu)

あんな寒いところで歌わせるのねNHK

記事入れる前にコメントに返信しそうになった。
まず記事を書けよ。
あらトラバまで!!
こちらは書いてから読みに行かせていただきます。ありがとう。

それにしても
年が明けて番組内容もリニューアルしたのやら、
まさか55歳のオジサマを、あんな入り口付近のめっちゃ寒そうな場所で
歌わせるとは思わなかったわ。
お疲れ様でしたたんぽぽちゃん。
今夜は熱いお風呂で四肢を伸ばして体を温めてね。

では、となりで性懲りもなくWindyNightを流しつつレポにとりかかる。
22:31  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(13)

2006.01.17 (Tue)

こそっとTV出演情報

今日は宣伝。

去年ぽろぽろ触れましたが、
私の所属する女子サッカーチームの練習風景やら、
清水でのover45全国大会優勝の様子やら、
がついに放送されるようです。
メインはover45のメンバーなので私なんて映らんと思う。映らんでいい。
「大人のツボ」BS?JAPAN
1月20日(金)午後9時?
1月21日(土)午後10時?(再放送)
テレビ東京系のBSです。ch171?CH173。
これってでもデジタル契約してないと見れないのかな。
私はデジWOW入ってるおかげで見られるが。
ゲストを呼んだり、他にも特集あったりするみたいだから
正味何分あるのやらわかんないけどね。
http://www.bs-j.co.jp/tsubo/index.html

このブログがメンバーに発見されないことを祈りつつw
22:23  |  初心者  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.01.17 (Tue)

浮気心の行く末は

チームの勢いが良いと当然のことながら愛も深まる。

と書いてすぐ思いあたって前言撤回するようだが、
チームの勢いが良いんだか悪いんだかわかんないと、
翻弄されるまま愛が深みにはまっている、
というのが正解かもしれない。私の場合。
言っててちょっとヤになったが。

これで見事にはまったのが、バイヤー、インテル、リバプール。
もしかしたらバレンシアもそうかも。
というか、チームの勢いと相関関係にあるわけだが、
私がチームとして好きになりはじめると、なぜか野戦病院化する(している)
という恐ろしいデータに気が付いたのはいつだったか。
0203のバイヤー、
0304のインテル(まあインテルはいつもだろという話もある)、
0405のバレンシア、そしてリバプール。
はじめはどのチームも「この選手が気になる!」で見始めたはずなのに。
何試合見ても、いまだに選手だけ見ているチームは山ほどあるし、
調子の安定しないチームだって山ほどある。
なのにこの4チームに翻弄されてしまったのはなんなのかしら。

今季は怪我人悪循環スパイラルにはまっていて、私がヤキモキしなければならないほど、
チームとして気にかかっているところがないのが幸いだ。

バイヤーは今季、元気がなくて応援していても少し寂しい。
上がり下がりの上がりの部分が少なすぎる。
インテルは昨季もう「大丈夫だな」と思った後あまり見なくなってしまって、
今はもうあの頃のメンバーも少ないし、なんだか遠い存在になってしまった。
トルドは元気かなあ。コルドバさんは元気かなあ。

そんな中で、今季の立ち上がりはスタメン固定できずにふらふら迷走していたかのようなリバプールとバレンシアが、なんだかいつのまにか形が出来上がってきちゃったんじゃないの?な嬉しい状態に。
でも疑い深いので完全に安心はしていないけど(←0203バイヤーのトラウマ)
両方とも、今はポイント差はあれどダントツ首位のチームを追撃するのはもしかしてここなんじゃないの?な勢いがある。
まだ折り返したばかりだけど、なんだかこの先が楽しみだなあ。
「喜べるうちに喜んどけ」というのも0203で学んだ教訓である。あっはっは。

そのかわり今季は掘り出し物がとても少ない!
去年までは一人や二人や三人、いきなり「何だこいつは!!」でハートに突き刺さってくる選手がいたもんだが。
あるいは潜伏期間を経て発症する選手とか。
今季は不作だ。思いあたる選手がオドンコールくらいしか出てこない。
ちょっと寂しい。
誰かいないかなあ。
いきなりサイドをぐわーっと駆け上がってくるヤツとか。
ゴール前で倒されてもものともせずに起き上がりボールを追っかけて走ってくヤツとか。
いきなり2列目くらいからミドルシュートぶっぱなすヤツとか。
笑顔がたまらなくキュートなヤツとか。
お心当たりの方は、蛸足ののもんまで。みなさまの情報お待ちしております。
01:00  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2006.01.15 (Sun)

夏に来ていたゲレーロの髪型

ウィンターブレイクなので、えらい長いこと借りっぱなしになっている
バイエルン夏の巡業FC東京戦を見ました。(ごめんねぴぃさん)
こっちは行ってないのだ。
その時、私は国立で「私の大好きなクリスチアーノ・ロナウド」
(←とりあえず今ここまででワンセットw)の一挙一動に目を細めていたのだった。

試合、意外に面白かったなあ。
ルシオは当然のように上がってくるし。
きっと最初から「TORしてやる」という気で入ってたのかもしれない。
新入生のカリミも張り切って頑張ってるし。
デミチェリスもガンガン行ってる。
余裕で前半中に2点を先制。
そんでね。
後半にピサロとゲレーロが入ったんだけど。
ゲレーロの髪型がすごいのなんの。

その後のジュビロ戦を見に行った時に、
電光掲示板に映ったゲレーロの写真を見たときも、
なんでそんなオバチャンみたいな頭!!!!!
と激しく驚いたわけですが。
なんか昔の漫画みたいなチリチリ細かいパーマで、
前髪とか何にも気にしてないようなオデコ丸出しな顔だったような記憶がある。
ちょっといかついオバチャン。いるいる?。
でも遠くから見たゲレーロは別にそんなオバチャンヘアではなかったのだ。
だけど近寄ってみると。

カツラがずれかかったオッサン
みたいな頭だったんですね。

ここで画像を探し出してお目にかけたい気持は山ほどあるのだが。
そんなんしてるといつまでも記事が完成しない。
なんだろ、頭の上のほうの髪を伸ばして耳の後あたりまで来てるんだけど、
その下のほうは刈り上げたような状態になってるのね。
生え際のあたりも全体に若干剃っているようで、
やっぱりその上の髪が少し長めに垂れてる感じなの。
そして少し広がり加減の髪を両手でごしごしとしごくように、
頭に押さえつけるような仕種をするのよ。
「あっゲレーロ課長!ずれてます!!」と心の中で注意しつつも声に出して言えない部下。
のような落ち着かない気分にさせる、そんな髪型。
イメージできましたでしょうか。

こいつマユゲを整えてる!!
と2年前初めて彼をみた時の衝撃は今でも憶えているが、
お洒落さん、なのかどうか判断に迷う。
だからといって誰に指導してもらったらいいのかも分からないけど。

なんて8月のことを今言われてもねえ。
すまんゲレーロ。髪型とプレーは関係ないから。
23:31  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2006.01.15 (Sun)

バレンシア対オサスナ

わー観戦レポは久しぶり!!
だって久々にきゃーきゃー手を叩きながら喜んで見ちゃったもんねえ。

ポイント差はあるが、2位オサスナと3位バレンシアの直接対決。
バレンシアは立ち上がり再三惜しいシーンを作る。
ほんの最後の1蹴りが決まらないだけで、攻撃の形はしっかり出来ていて期待が持てる。
19分、ミスタからの流れはゾクゾクした。
ミスタがヘディングで落として、ビジャが走りこんでDFを背負いながら
足でボールをトラップして引き寄せ(うおお!!)
戻ってくるDFがいるなかをキープ。
後をミスタが走り抜けていくのがおぼろげに見える中、
そこには渡さず、さらに奥でフリーで駆け込んでくるビセンテへパス!
ビセンテがシュートをゴール右隅をねらって放つも惜しくも枠外。
もううう面白いの!!
でもそのシュートのためにビセンテは足首をひねって倒れこんでしまった。
それまでの相手のマークがきつかったので接触かと思ったが、
自分でやってしまったみたいだ。
顔を手で覆う仕種に緊張が走る。
わーんせっかく長い時間をかけてトップフォームに戻ったのに!!
そのまま担架で運ばれ交代してしまった。
顔はずっと手で覆ったまま。心配心配。
昨季はビセンテがいなくなってからあっという間に調子を崩したんだよバレンシア。
大事無いことを祈る。

その後ゴール前の接触でマルチェナも痛んだ。
もう彼が試合中に激しく痛がって転がっているのは毎度のことなのだが、
やっぱり毎度焦る。
センターバックは大変だ。
ヤツも「ああもうオレこれからどうしたらいいんだよう」
な感じで苦悶しながら痛さを堪えるサマが物々しいのだが、
案外ピッチ外に出された後、なんとか戻ってくることが多いので、
ちょっと人騒がせだが見ているこっちもまだ余裕がある。(ひでえ)

ついでだけど、
マルチェナはファウルで揉めてる時なんかに混ざってきて
よく早口で文句を言ってる。
相手を思い切り指差しながら、
「なんだよおまえそーゆーことすんのかよせんせーせんせーこいつですこいつがこーんなことするんですよいいんですかちゃんとみてましたか」
なことをずーっと言っている。想像だが。
同じ顔してるがシュナはこういうことはしないな。
一瞬ガッと熱くなるが、案外すぐに冷めておかまいなしにとっとと場を離れてしまう。
か、手が出ちゃう。ダメじゃん。
マルチェナはガタイもいいし体を張ったプレーは勇気があると思うが、
ひょっとして意外にちっさい男なのかもしれないと最近思うw
←勝手に決めない。

ビセンテの交代ではいったレゲイロ。
私はよくまだ知らないけど調子は上がっている選手らしい。
その後何本か彼に大きなチャンスが回ってきたが、どちらも決めきれず、
どうしても「ビセンテだったらどうなんだろう」という思いがよぎる。
それでもロスタイム残り30秒のところで、
ミゲルのスローイン→ミスタがドリブルで繋いで中央まで走りこんだあと左サイドのレゲイロへパス→レゲイロがゴール右隅へお見事シュート!!!
もうもうもう!!!!ぎゃーーーーーと大騒ぎ!!!
このまま前半スコアレスドローで、何となく決めきれないまま・・・
なんてイヤな流れを感じていただけに、
この滑り込みの先制点はとても大きなものだった。
ビセンテの代わりに結果を出したレゲイロもエライ!
ビセンテの怪我の具合はとても心配だが、それでも今のバレンシアは昨季とは安心感が違う。

ビジャもホントいいFWだよなー。
私はこういう最後まで喰らいついてくしつこいFWが好きだ。
ちょっとくらいバランスが崩れても倒れずに、ボールを失うまいとする気迫を感じるFW。
スマートじゃないけど、どっしりとした体型がまたいいですね。

ミスタも悪くないと思うけど、彼の本来のポジションを考えると、
彼自身も、回りも今の状態で満足していないだろうな。
その働きをミスタがやってちゃいけないでしょう、と思うんだろう。

あとねえ、右SBのミゲルがいいですねー。どんどん楽しくなる。
昨季クーロ・トーレスが怪我で離脱してから、迷走しまくったポジション。
カルボーニさんがやらされてたりしたもんなあ。
今季ミゲルを取ったのは大正解だと思う。
走りこんでくるタイミングがたまらなくいい。弱いんだよこーゆーの。
守備も落ち着いてきたし、ライン際でもちゃんと出さずに繋げていこうという意識が強いし。
攻撃に転じる時の感覚もいいし。
クーロ・トーレスもようやく復帰が近づいて来たらしいが、
ミゲルを右サイドに上げればなんの問題もないっしょ。

なところで後半。今度は7分。
左サイドからのスローインで受けたボールを
「そっち?」って思うくらいマイナスに大きくサイドチェンジ。
それを受けたミゲルが、アングロを走らせるボールを縦にあげる。
アングロが走りこんでライジング(っていわないのかな)をあわせてクロス!
中央のミスタの頭上を越えて、上手くフリーになったビジャがヘッドで決めた。
ビューティフォー!!!あんたたち面白すぎ。

オサスナにもコーナーやらフリーキックやら、セットプレーからの危ういシーンがあるのだけど、
今度はカニサレスが、最初は左手!最後は右手!でスーパーセーブ。
フツーなら入りそうなシュートをギリギリではじき出した。

ビジャを後半20分に早々に下げ、ミスタでチャンスがなかなか生まれなくなったところでクライファートがピッチ・イン。
入って早い段階で、クライファートがヘッドで落とし、
アングロがちょっとキツイかな?なスルーパスをゴール前に出したのだけど、
クライファートはまるで追いつかなかったのがな・・・。
いや見ていても「ちょっと難しいな」と思うスピードのボールだったけど、
もっと自分で落とした段階からぐわっと加速して突っ込んでれば、
どうにかなったんじゃないの?ビジャなら。
と思ってしまうようなシーンであった。

試合は2:0の完勝。
ビセンテの怪我という不安材料はありますが、いい試合でございました。

そうそう、オサスナのアシスタントコーチがメヒコの人で、ガテン系の男前でした。
メキシコってなんつうか味わい深いいい男がおりますね。楽しみ。
12:41  |  CL・その他クラブチーム  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2006.01.14 (Sat)

覗き見山野楽器ライブ

家でゆっくりしてたんで立ち見だよ。
自分の身長を考えたら、もうちょっと早めに出るべきなんでしょうけど。
だって早く行っても雨降ってるし、ヒマ潰せないもんなあ。
銀座でサッカー雑誌あれこれ立ち読みしてたが、
SPA増刊StarSoccerあんま面白くないぞ。
(あ、クラウチの画像は面白かったかも)

今回は異常なボリュームのファンレターと、
一足先のバレンタインのお土産持って、
初仕事を人垣から覗き見させていただきました。
23:31  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(19)

2006.01.11 (Wed)

唐突にW杯優勝予想

FOOTの正月特番を見た。
勝手にW杯の勝敗を予想して優勝を決めちゃうヤツ。
あんまり深く考えてなかったが、グループ分けが決まったことで、
その次の決勝トーナメントの組み合わせもおのずと決まっちゃうのよね。
各コメンテーターの独断で出来上がったトーナメント表を見て、
なんだか当日のお楽しみがちょっと薄れた気がしてしまったよ。
実際のところどうなるか分かんないけど、
対戦の可能性のほとんどない試合ってのが沢山あんだなーと。
もったいないなあと今更のようにちょっとがっかりしてみたり(笑)

つい先日、「W杯はどこが優勝すると思う?」と聞かれ、
しばらく悩んだ挙げ句「スウェーデン
と答えた自分にちょっと驚いています。
聞いた相手も絶句していたが。
心情的にはチェコですよ。
え、ドイツ?・・・まあ健闘を祈る、というところで?。
今年私のところに届いた年賀状には「ドイツに見に行くの?」と
やたらめったら書いてありましたが、
行ったら他の気になる国をチェックできないっしょw
その1ヶ月間は昼夜逆転ひきこもり生活をしたい気持は山ほどあるが。
23:29  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.01.11 (Wed)

3試合の合計得点は0

浮気相手があちこちに点在していても、
やっぱりブンデスのウィンターブレイク中は気が抜ける。
他のリーグではドカンドカン試合やってますがね。

旅行から帰って、急いで3試合ほどを消化。
アーセナル対マンU
アトレティコ・マドリ対バレンシア
ビジャレアル・対レアル・マドリ
どれもなかなか拮抗したいい試合だったと思うけど、
結局どの試合もスコアレスドロー。
キーパーのナイスセーブや、際どいシュートも多かったし、
パスワークやら集中したディフェンスやら見どころもあった。
それでもちょっと欲求不満ではある。

嗜好がちょっと変わってきたのかなあ。
いやでも3試合連続してゴールが見れないってのはさすがにねえ(苦笑)
まあ油断したバックパスからの失点だとか、怪しいPKなんかよりは、
最後まで気の抜けないスコアレスドローの方が楽しいかもしんないけどさ。
などと一人ブツブツ。

そういや今は移籍市場大解放中なのよね。
カッサーノがレアルに移ったことをさっき知りましたよ。
これはニュースとしてはデカかったのかね。(←あんた興味なさ過ぎ)
今季はカッサーノのプレーを見てないのでなんとも言えないが、
どうなんですかね?ネタの旬は過ぎたような気もすんだが。
そんなところも含めてレアルっぽい移籍ですね。

それとチェルシーがマニシェを呼んだこと。
なんだかこちらも、いかにもらしい選択ですなー。微妙にジミで。
ま、マニシェはモウリーニョがチェルシーに移った時に、
何で連れてかないの?と思っていたのでちょっと嬉しい。
マニシェ好きなんですよ。
サイドアタッカーも好きだが、彼のように体力があって、
2列目くらいからミドルシュートを隙あらば打っちゃう選手も大好きだったりする。

バイヤーはなんかめぼしい動きはあるのかしらん。
お金がないので期待はしませんが。

そんな感じでゆるゆる過ぎていく1月。
23:24  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2006.01.09 (Mon)

帰りました

飲みすぎ食べすぎ風呂入りすぎ。
渋温泉は何度行っても楽しい。
しかし体調はこんな感じ。
20060109233233.jpg

23:34  |  それ以外  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2006.01.05 (Thu)

しばらくサッカーが見れないが

ちょっくら明日の夕方から連休は長野方面へ出かけてきます。
飲み屋で騒いで温泉入ってきます。
戻りは月曜夜。

リーガエスパニョーラが再開しますな。
久々のアトレティコ・マドリー放送が嬉しい。
調子の悪いスカパーチューナーに不安を覚えつつ、
録画予約を目いっぱい入れて遊び行くぜGOGO。

23:41  |  それ以外  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2006.01.04 (Wed)

実家で捕獲した若き日のたかおちゃん

「遊歩道」予約特典のはずだったポスター。
実際は来生さんの手書き譜をあしらった紙製のブックカバー &
サインが書いてある栞のセットがついていたのですが、
ポスターじゃなかったのかよう、とゴネてレコード店でもらったものでございます。
もうすっかりうすぼやけて破れていたりしますが。
かなりでっかいサイズなんで、剥がして持ってきてもかさばるし、
剥がした壁も寂しいしで、そのまままた置いてきた。
とりあえず画像だけ確保。

というわけで、お年賀です。
00:22  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2006.01.01 (Sun)

あけましておめでとうございます

昨日やっとできた年賀状をちらりとご紹介。
20060101090544.jpg

ちなみにその前の年はこんなの。
スポーツ新聞風にキメた。

20060101092122.jpg

09:23  |  それ以外  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)
 | HOME |