2007年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2007.04.30 (Mon)

チケット代が引き落とされそうだ。

書こうかどうか迷ったが。
先日、旅行から帰って、カードの支払い明細が来ていたのでチェックしていたら、
レバークーゼンからの引き落としが入っていた。
?????????
なんだこれは!?
でも思いあたるのはFAXで申し込んだチケット代しかない。
でもあの時、FAXに対してもその後の問い合わせのメール数本に対しても、
バイヤーからは何の返事もなかったのだ。
カード会社に問い合わせたが、「商品をキャンセルしましたか?」
なんて言われてとりつく島もない。
キャンセルも何も、受け付けられてもいないのにどうやってキャンセルするのよ?
ああカード会社に「ここから引き落としの処理が来てますか?」って
確認すればよかったのか!!と改めて青ざめたのだが、
もう一度日付を確認して、申し込みをやった日付を確認すると、
1ヶ月もずれているのだ。
私がFAXしたり問い合わせメールをしたのは2月14日?2週間くらいの間。
そして引き落としの処理がされたのは3月14日だ。
これでどうやって確認しろと言うのだろう。
チケット確保しました」「予約番号はこの番号です」
などのメールが来ていないのに。

その時点でチケットが取れているのなら、
私は文句なくレバークーゼンに試合を見に行ったのだ。
そしてシュナがドペルパックの大活躍で
お立ち台で歓喜のパフォをやったあの試合を、
現地で見ることが出来たのだ。
それを思うと本当に悔しい。
何よりも私はバイヤーで活躍するシュナが見たくてレバークーゼンまで行くのだから。

というようなことを書いてですね、
数日前にメールしたんですが返事がまだ来ないんですよ。
1度チケット係りに宛てて書いたら、「もうこのアドレス使えません」
とかふざけたメッセージが帰ってくるし。
じゃあどこに出せばいいんだよ!と言いつつ会社宛てに送りましたけどね。

つくづく私はバイヤーの通販関係との相性が悪いと思っていましたが、
もう相性悪いとかそういう話じゃないんですよね。
こーゆー経験ありますか?
電話は無理ですしねえ。
対面じゃない状態で英語でこれだけのことを伝える自信なんてありませんよ。
とりあえずしつこく別のアドレスなり、
手紙なりで伝えていくしかないのかもしれませんが。
カード番号を書くリスクといわれればそれまでですが、
一般的なチケットシステムを使っていないバイヤーとの
やりとりの難しさを痛感しています。
こんなんでは怖くて次の試合を見に行けなくなっちゃうぞ。
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン チケット

13:44  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2007.04.30 (Mon)

マインツを応援していなければもっともっと楽しめた試合

ビーレフェルト対ブレーメンをライブで見ました。
今日ばかりは必死でブレーメンを応援です。
ここでビーレフェルトに負けておいていただかなければ、
マインツの残留がさらに厳しくなるのです。
ええマインツファンのエゴでございます。
ごめんなさいっ(←とクラッキーがハーフタイム中に言うとった)

しかしこの試合のビーレフェルトは凄まじかったですね。
昨日のBMG対シュッツの立ち上がりがこんな感じで、
がむしゃらに気迫だけでBMGは相手に対抗していた。
でもBMGはそれをコンプリートすることが出来ず、
何人かの選手の鬼気迫る闘志だけが所々で火を消さないようにあがいてるのに、
でも全体的にシュッツも含めて、だらりーんとした雰囲気の中にくすぶっていて、
何ともやるせない消化不良のゲームに終わった。
ああゴウリー退場の時の監督の態度ときたらっ!!(怒)
思い出しても腹がたつわ。

今回の試合は、シャルケ敗戦シュッツ勝利バイエルン敗戦を踏まえて、
ブレーメンとしては絶対に勝点3が必要な試合であったはず。
でもそれ以上にビーレフェルトの残留に向けての切迫さの方が勝っていたんでしょう。

マイスターシャーレってどれだけの意味を持つのか、
なんだか疑問に思えてくる。
だって本当に欲しそうなのカーンしか思い浮かばないもん。
各チーム3位以内確保というのが現実的な目標値であるのかもしれないが、
それにしたってこの力の出なさ加減はどうなのだ。
後半戦すぐの、ブレーメン対シャルケ、シュッツのあの手に汗握る熱い一戦はいったい何だったのかしら。
正直、バイエルンがCL枠に入り込む可能性がほとんどなくなった時点で、
上位3チームの今後のモチベーションの持っていき方が気になりますね。
そしてそれは同時に残留争いに大きく影響するんですが・・・
そんなこと上位チームには関係ないことですよね。(イヤミ)

さて試合は気迫で勝るビーレフェルトが、サポの応援を受けて、
一心不乱にゴールを攻めるという清清しいものでした。
これまでどんな試合をやっていたのか、正直印象がないですが、
この大事な残り数試合に賭ける意気込みの凄まじさを見せてくれただけで充分です。
残留争い中のチームに必要なのは何よりもこの闘志。
相手が誰だろうが、何点入れられようが、下を向かずに諦めず突き進む。
ブレーメンが息も絶え絶えにねじ込んだ同点弾を、
ものの数分で、しかも圧倒的な迫力でひっくり返す、
あのエネルギーには驚かされた。
3点目が入った瞬間は、私がマインツの応援をしていなければ、
涙が出るくらい感動的なゴールだったと思うよ。
私はマインツの応援をしていたのでその瞬間「ギャー!!」と叫んで倒れたが。

ブレーメンは前半のうちに点を入れておくべきだった。
ジエゴがまさに孤軍奮闘、
3人4人に囲まれても倒れずボールをキープし踏ん張りつづけていたあの時間帯に、
他のブレーメンの選手も彼にしっかりついていかなきゃならなかった。
ブレーメンの面々は「おおっ!!」と強さを感じる粘るプレーを見せてくれながら、
同時に「ひょええっ」とのけぞるような凡ミスをやらかすものだから、
バタバタしちゃってどうにもつながらない。
後半に出てきたハントも最初は良かったよーに見えたんだけど、
1:1で負けて倒される場面が多くなったな。
ひょろっとした体躯で負けてしまうのなら、もっと肉を付けないと勝てないぞ!

ビーレフェルトのヴェスターマン
私は彼の顔が好きで、アンテナに引っかかっていたのですが、
顔の通りの気合の入った選手の様子。
DFだということも、国籍がドイツだということも知りませんでしたよ。
来季シャルケに行くんだと言ってましたね。
じゃあ私にとって来季のシャルケは見た目にも嬉しいチームになるわ♪
・・・って誰がいるっけ?という皆様のためにお答えすると、
ミムン、パンダー、バレイラそしてヴェスターマン。コビーも入れておく?
きゃーどうしよう楽しい楽しい!!
ちっとも分からんわい!!ノイアーはスルーなのかい!
というツッコミが各方面からきている気がしますがいいってことよ。
しかし腐女子ファンの増えなさそうな顔ぶれよねシャルケってのは。
(おかげで情報が少なくて困る)

リンクを1件追加しました。
→ 好きにならずにはいられない
骨のあるコラムが読めます!
ブンデス観戦歴が長く、新参者の私にはいろいろと勉強になります?!
[ Mainz05 ]

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ブレーメン ヴェスターマン マインツ

13:06  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2007.04.26 (Thu)

CL準決勝 チェルシー対リバプール#1

HDDの空き容量をなんとか確保しつつ、先ほど観戦し終わりました。
いやー何度も言うようだが、
プレミア勢の強豪同士のガチの勝負にハズレはない!
基本の形勢は攻めるチェルシーと守るリバプールという感じだけど、
まあ一瞬の隙をついて目まぐるしく右へ左へ後へ前へと展開していく、
息もつかせぬボールの奪い合いは、本当に痺れますな。
主審のメルクさんがまた結構流すもんだから、試合が止らないのなんの。
タフでスピーディなまさにプレミアな熱い一番になりましたね。
こんな火の玉がはじけてるような試合を見ていると、
ちょっとユニ引っ張られただけで唇をとんがらせてる若造なんて
ちゃんちゃらコドモで笑っちゃうぜ、ケッてなもんです。
トラップの無駄のなさが、もう見ていて気持がいいのだ!!
足元に1回でピタリととまるボール、
パチっとはじけるように自分の次のアクションに繋げる場所に置く技術。
プロなんだから当り前じゃんと思うでしょうが、
つい先日見てきた試合ではお目にかかれなかったものですからねえ。
ぼよーんの後のテンパリパスとか山ほど見てたんで。
まあ状況的に比べるのもどうかと思いますが。

リバプールは確かにシュートが少なかったかもしれないけれど、
1?0はCL仕様で計算ずくなのかラファがどう考えているかは分かりません。
ただ今の段階ではどっちに転ぶかサッパリ分からんというところですね。
アンフィールドでさらにギアチェンジしたリバプーに期待します。

テーマ : UEFAチャンピオンズリーグ - ジャンル : スポーツ

タグ : CL リバプール チェルシー

22:22  |  CL・その他クラブチーム  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2007.04.25 (Wed)

帰ってまいりました!

ただいまです!
無事にドイツから帰ってまいりました。
さっきメール受信したら、どうも21日以降のメールが溢れてしまったみたいです。
そういうことがあるのか。
迷惑メールも放置してるだけじゃダメなのね。

さて今回は前回ほど大騒ぎなトラブルもなく、
なんだかドイツにいるのが信じられないくらい緊張感も少なく過ごしてまいりました。
嬉しかったのはミムンがちゃんと私のことを憶えていてくれたこと。
彼は半年の間に随分と落ち着いて、気持に余裕が出ており驚いてしまいました。
そして辛かったのはハンブルク出発のその日に
ミムンが怪我のために離脱したことです。
結局彼には29節敗戦の翌日の日曜以降、会っていません。
とても悔いの残る結果になってしまいました。
くそう、また会いにに行かねばな!!

観戦した試合は4試合。
1分3敗という悲しい戦績に終わりました。
まあ思うようには行かないもんです。
観光は山に海に地中にと(爆)あちこち飛び回ってまいりました。
まあその辺の話はまたダラダラと。

CL準決勝が始まってますね。
旅行中の録画でHDDの空き容量が4時間まで減ってしまい、録画が出来ません。
週末のブンデスの前になんとかしなければっ。

旅行前・旅行中いろいろとお世話になった皆様に感謝。
今回も皆様のご協力のお陰で楽しい時間を過ごすことが出来ました。
ありがとうありがとう。
[ Mimoun Azaouagh ]

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ミムン・アザウアク マインツ 観戦旅行 ブンデスリーガ

21:48  |  ドイツ観戦旅行記  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2007.04.12 (Thu)

それではドイツに行ってきます

※ この記事はタイマー投稿しています ※

4月12日(木)?25日(水)まで、
4度目のドイツ観戦旅行へ行ってきます。
立ち上がるたびに痛かった右膝は、
整骨院でテーピングを巻いてもらいつつ、
土日にサッカー練習&ミニゲームで酷使しつつ(やめとけ)
完全に治していただきました。安堵安堵。

今回はなんと一度もレバークーゼンに足を踏み入れない!
シュナにも会わない!というある意味恐ろしく贅沢な旅です。
信じられないな。
今回は全てミムン・アザウアクに会うための旅行です。
正月のおみくじに
「待ち人来たらず、遠き方にあり」と書いてあったのを、
「これはミムンは来ないからこっちから会いに行けってことだな!」
と了解(曲解ともいう)したのが始まりだったのかもしれません。
なにやら色々な偶然の重なり合いで、
私はなぜかこのたびドイツに行くことになったのでありました。
ホント私は無理を承知で今季中にもう一度ドイツに行きたかったので、
このめぐり合わせはまさしく運命。
願いは通じるものでございます。

どうか今回はトラブルがありませんように。
あっても対応できますように。
ではでは行ってきます!Tschues!
[ Mimoun Azaouagh ]

タグ : ブンデスリーガ マインツ ミムン・アザウアク 観戦旅行

07:00  |  ドイツ観戦旅行記  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2007.04.11 (Wed)

ブルッフヴェックから生放送決定!!!

うわわわわわ!!
準備でバタバタしていたら、直前にこんなプレゼント!
29節のマインツシャルケの大一番、Jスポにて生放送です!
今度は骨のある試合放送になって欲しいと心から願います!
クラッキーを痺れさせたいわ!

マインツはキャンプで気合充分の様子。
ミムンもひどい気管支炎をなんとか治して、合流しています。
20070411173222.jpg

無理はして欲しくないけど、でもやっぱり出て欲しいー!
あー私も気持が俄然盛り上がってまいりました。
大変な相手だけど、ホームの力で喰らいついてやりますよ。
リンコン復帰だろうがなんだろうが(怖)負けないからっ!
[ Mimoun Azaouagh ][ Mainz05 ]

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ マインツ ミムン・アザウアク シャルケ

17:56  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2007.04.10 (Tue)

間が悪い渡独でスミマセン

マインツ、結果が出なくなってます。
3連敗中です。
しかも負け方が、結構きついです。
今回も絶対落としたくない相手でしたが、
先制しつつも終了間際に逆転されるという、
かなりダメージの大きい負け方をしてしまいました。
チームの雰囲気は今どんな感じなのだろうか。

水曜日までチームは通常とは別の練習をするみたいだな。
外野をシャットアウトして気持をもう一度切り替えるための時間を持つのだろう。
次の相手は首位のシャルケで、
公式サイトの勝敗投票もさすがに能天気ではいられない結果が出ていた(苦笑)
そんな中、思いっきり私はマインツに飛ぶわけですが、
皆さん笑顔で迎えてくれるのでしょうか。とっても心配です!
まあ後半戦のスタートダッシュでこれだけの成績を残すなんてこと自体、
まるで考えていなかったことだから、
今の状況は厳しいとは言ってもまだまだ充分に望みはあるんだよね。
ただここから先は、運も絡んでくる微妙な展開が待っているわけですが。
マインツらしい前向き&ひたむきなサッカーで、
運を味方につけて欲しいと心から思います。

ミムンのインフルエンザは治ったかしら。
当然体力も消耗するだろうし、休養は十分に取って欲しい。
次の相手は、来季戻ることになっているチームだから、
彼は必ず出てくるだろうと思う。
無理はして欲しくない。
けれど彼は必ず気合のこもったプレーを見せてくれると信じてる。
このタイミングでインフルにかかっちゃったのも、
全てこのゲームのための伏線だったと思いたい!!

出発まであと2日に迫りました。
さてラブレターを仕上げねば。
[ Mimoun Azaouagh ][ Mainz05 ]

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ マインツ ミムン・アザウアク

16:06  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2007.04.10 (Tue)

だったら前節負けてれば良いじゃん!

バイヤーからのメールを受け取った時の第一声。

毎度毎度キミタチは私の期待を裏切る結果を残してくれてありがとう。
悪い流れは引きずりやすいもの。
素晴らしい結果はその時のもの。
どちらが出るかはその日次第。
なことを日々思いつつ、バイヤーの応援をしておりますが、
UEFA杯に引き続き、何ともしょっぱい失点、しかも大量失点で、
連敗中ですバイヤー。

あまりにも悲しいのできちんと調べておりません。
準備で忙しいの私。
UEFAはFut.comさんちで(リンク参照)
28節はハイライトで確認しました。
OGを責めはしないけど、セットプレーでの相変わらずの失点やら、
失点後の気持の立て直せなさ加減が、応援していてしみじみとやりきれない。
まあ動いているのを見るとね、攻撃時にやろうとしていることは分かるし、
枠に飛んでいないながらも惜しいところまで持ってってるのも分かるので、
とりあえず諦めきっているわけではないのだと思うけど、
でもねえ。

こんなところでボーフムに負けるくらいなら、
前節マインツで負けてくればよかったじゃないのよ。
しかも得失点+3までお土産に持たせちゃいましたね。
久々に許せん気持で一杯です。
そんな中で次またすぐにUEFA杯の折り返し。
そしてバイエルン戦が待っています。
そこで私からの要望は、
UEFAはお金が絡んでくるのだから、
後がなかろうがとりあえず勝ちを目指すこと。
そしてミュンヘンではきっちり負けて来い!!!!!
でないとまたややこしいことになるからね。勘弁してよ。

キースリングの赤は1発ですか?
そうすっとオマケがつくだろうから、
キミ30節の古巣対決に出られないかも知んないわよ。
も?バカバカ。

面倒なので今回のレポは(レポになってねー)これで終わりだ。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン

15:46  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2007.04.07 (Sat)

リンクの追加など、少々手直し。

渡独前ですが、ちょろっと手直しをしました。
「はじめにお読みください」のメンツを現バージョンに修正。
あとリンクを少々整理して、新たに2つ追加です。

Fut.com → コチラ
以前もチラリと紹介しましたが、
現在ドイツ遠征中でレバークーゼンやドイツ代表、
その他もろもろの試合を生観戦しておられる羨ましい方の(笑)ブログです。
こちらでは分からない生ならではの雰囲気が伝わるレポが
とても楽しい♪

バレンシアサッカーライフ → コチラ
知ってる方は多いでしょうね?。バレンシア在住スポーツライターの方のブログ。
以前見たとき日本に戻ってきたところだったので、
久しく覗きに行っていませんでしたが、
いつの間にかバレンシアにまた戻って、濃いレポをガンガン上げてくれていました!
ありがたいありがたい。
過去ログを見ていたらバラハの切なすぎるモデル姿を発見し、
久々にPCの前で大爆笑してしまいました。
ついでに勢い余ってショップから
マルチェナのユニを注文する始末。
ああ血迷ってる・・・。

タグ : マルチェナ

12:16  |  それ以外  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2007.04.06 (Fri)

何が一番面白かったかと問われれば。

一番最後に見たチェルシーバレンシアだったかな。
ディフェンシブで面白みに欠ける試合になるのではと、
最初に期待値のかなり低いところから見はじめたせいもある。
今季のチェルシーは私の好きなサイドアタックが面白くないので、
全然見てないのだが、久々に見たらバラックがなんかはまっていて驚いた。
その前に見たドイツ代表戦の時のようなプレー振り。
ようやく動きやすくなってきたのかしら。
以前はいるのかいないのか分からなくて、
たまのファウルでしか存在感を発揮できない、
よーな印象しか残念ながらなかったのだ。
でもこの試合のバラックは良かったよね?

バレンシアはなかなか苦しい台所事情ながらも
個々の選手がらしいプレーを見せまくってくれて感動しました。
アジャラとアルベルダの老獪で力強い守備にクラクラ。
もうほんと???にこの二人の頼もしさには参るわ。
ミゲルが久々にガンガンに上がったり下がったりしてるのに興奮し、
ビセンテの独特のサイドアタックが、
シルバとビジャのちっこいトリオと上手い具合に連動してワクワクするし、
ホアキンも間合いがチームの中で浮かなくなってきてる。
そしてテンポが早くて好守の切り替えが(双方)早くて、
ミスパスも少なくてメリハリがあったよ。
(他の3試合とも、立ち上がりからバタバタしてボールが落ち着かなかったもんなー)
純粋にゲームとしてとても面白く見ました。
1?1のスコアは若干バレンシア有利。
私はバレンシアを応援してるのでOKです!
どうかマルチェナをベスト4の試合に連れてってくれー!
残念なのはビセンテがまた、復活したと思ったら怪我で交代に(涙)
動きが冴えていただけにショックでかいです。ワーン。

ローマ対マンU
マンU苦しみつつも同点に追いついたのに、Cロナウドのパスのずれからカウンターを喰らって
追加点を入れられちゃったのが辛かった・・・。
相手の出場停止選手を増やせなかったのももったいない。
スコールズ不在で次も苦しいけど、何とか勝ち上がって欲しいもんだ。
しかしいつの間にマンUこんな怪我人だらけになってたの。

PSV対リバプール
アウエーのリバプーなんで、引いて守ってカウンターね、
と思いつつ心配せずに見ていたが、こんなにキレイに嵌まると驚く。
まさか3点も取れるとは!
ラファってヨーロッパの戦いにホント強いわ。

ミランバイエルン
ミランっていつまでこのメンツでやるつもりなんでしょう。
若返りする気配が感じられないんですが大丈夫なのか?
といいつつ60分半ばくらいまで、ミランの隙のない守備には唸りましたけど。
がちゃがちゃ動いてくれるピサロと元気なレルで盛り返したのが良かったわね。
ファンV10は大仕事してくれましたね。
次は勝つ気で行って欲しいけど、でも8割方モノにした気分です。
ファン・ボメルやカーンが出られないとか、疑惑丸出しPKとか、
W杯のフリ欠場以来、イタリヤ相手だと私は大いに勘繰ってしまうので、
この2得点はメチャクチャ嬉しいです。
追いついた時間とシュートの激烈さ。
ダメージは相当でかかったはずだ!うふふふふ?(イジワル)

テーマ : UEFAチャンピオンズリーグ - ジャンル : スポーツ

タグ : CL バイエルン バレンシア チェルシー ミラン

15:09  |  CL・その他クラブチーム  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2007.04.03 (Tue)

ミムンがインフルエンザです

マインツのメルマガをいつも心臓バクバクしながら読むのです。
ミムンが怪我してないだろうかって。

今日のニュースはルマンがバイヤー戦で怪我をして交代したことと、
ゲルバーが打撲の痛みが引かないということと、
そしてミムンがインフルエンザにかかったという話でした。

いずれも練習にはほどなく戻るからねーということですが。
ヴォルフスブルク戦に彼は出るかしら。
Mさんの話ではヴォルフスブルクは荒っぽい相手だと。
(自分としてはあまりそういうイメージがなかったので驚いたのだが)
そんでミムンが長期の怪我を負ったのはこのヴォルフスブルク戦だったのだ。
前半戦のときは風邪による体調不良が長引いて出なかった。
今回はどうだろう。
私個人のワガママな要望としてはゆっくりと休養して、
体調を整えてシャルケ戦に気合充分で出てきて欲しい、というのが本音。
ここをきっかけに下り調子に入っちゃったら困るなあ、というのも心配だ。

渡独までもう10日に迫りました。
宿は(とりあえず)すべて押えて、
試合チケットもロシュトック以外は現物を確保。
今はマイ時刻表と地図を作成中です。

自分でサッカーするのはいいけれど、筋力不足のために膝に負担が来ていて、
立ち上がるときにいちいち痛いのが気になりますが、
なんとかそれ以外は体調を維持しておきたいところ。
早くミムンに会いたいなー。
[ Mimoun Azaouagh ][ Mainz05 ]

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ マインツ ミムン・アザウアク

09:19  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

2007.04.02 (Mon)

いつもの夜桜

20070402212843.jpg

昨日は花見日和だったので、
いつもの場所で夜桜です。
近所の公園はライトアップをしないので、
夜は人出もぐっと少なくなるのだけど、
ちょうど街灯がともる階段上の桜がとても見事で、
私は毎年この場所でお花見をしています。
階段の先にきらきらと光る桜を眩しく眺めながら、登っていくのが最高なのだ。
20070402212856.jpg

なんかすっかり飲みすぎて、家に帰った時の記憶がないのだが、
朝起きたらダンナが「あ、なんか俺プリン食ってる」と残骸を発見し、
冷蔵庫にはアイスが1つ入っていた。
いつの間に私らはコンビニに寄っていたのだろうか・・・・・。
21:42  |  それ以外  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2007.04.02 (Mon)

0607BL #27 マインツ対レバークーゼン

バイエルン対シャルケの、これが特別な一番とはとても思えないような、
ごく普通?のテンションのゲームを見つつ、
ハーフタイムにブンデスのサイトを覗きに行くと、
2点が入っているようだが、それはすべてバイヤーのものだった。
しかも終了間際にドカドカとバルバレス祭りである。
兄貴、頼みますよ。
たまにはきちんと結果を出してサポを黙らせなきゃいけないのは分かるけど
今日は勘弁。

その後もテレビの前で、なんだか微妙なゲームを見ながら、
気がつくとあっという間に試合終了。
再びネットを確認すると、スコアは1?3に。
ああジダンが得点してる!!
うひゃーバイヤー3点目は連続だったのね。
そんでシュナのアウエーゴール。
わあああああああああああ。
ホント、シュナはきちっとアウエーで点が取れるんだよなあ。
もー悪いけど今日は勘弁して(泣)
その前にヴァッヘにイエローが出ているようなのでPKかと思いきや、
フリーキックが直接決まったのだろうか?

この試合に関しては、
私はバイヤー、負けてくれて全然構わなかったのに。
代表戦の後だし、順位的にも今は問題のない位置につけてるし。
マインツは苦手の部類に入るし。
マインツにしっかりと勝点3を積み上げて欲しかったんだよ。

試合は双方シュート数も多く、コーナーも多い、なかなか攻撃的な内容だったようだ。
両キーパーの好守に阻まれた見ごたえのある1戦だったみたい。
アドラーは見事に自分のポジションを確立しちゃったな。
ブットの今後がとても気になります。
さすがにこの時期、再就職先を考え出してしまうのではないだろうか。

ミムンは57分という微妙に早すぎる時間で交代させられちゃった。
バイヤーの3点目が入った後でのサビッチとの交代。
最近彼は少し下がり気味の位置でプレーしているとの現地情報なんで、
攻撃的な采配へと切り替えたための交代なんだと思うけど、
ミムンはきっと納得してないよーな気がします。
腐らず頑張って集中して怪我に気をつけて、
私が行くころは元気になっててよ!

古巣対決になるヴォロニンは80分になっての交代。
スキッベって温情スタメンとかやってたかなあ、どうだったっけ。
まあキースリングの方が調子がいいと見たんでしょうね。
それか気負ったヴォロニンがぶっ放すと見たのか。
現地マインツのファンたちはやっぱり彼にスタメンで出て欲しかったかな。

なんだか切ないのでバイヤーの公式を見に行けない。
良い意味でもそうでない意味でも、期待を裏切ってくれるチームだわバイヤー。
今週はいよいよUEFA杯の準々決勝が待っている。
普通は、弾みがついたとコメントするところなのだろうが、
まあ弾んでどこにいくのかわかんないし、そういう流れのようなものが
あるのかないのかまるで分からないのがバイヤーだ。
なのでとりあえず頑張って、勝てそうだったら勝っちゃってください。
なげやりなコメントのようでもあるが、別に私に愛がなくなったわけではなく、
自由にやってるのを眺めているのが嬉しいようなスタンスでいます。
[ Mimoun Azaouagh ][ Mainz05 ]

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ マインツ レバークーゼン シュナイダー ミムン・アザウアク

21:22  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |