2009年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2009.01.31 (Sat)

ドイツに帰ってきた男・Teil2

その1
かめさんち経由で、
レオンが戻ってきたことを知る。
→ キッカーの記事: 96 holt Leon Andreasen

ボーフムのコラー監督もちょっと接触してたみたいだし、
ドルも話があったらしいし(クロップに呼ばれたら飛びついて行きそうだがな)
各方面から目をつけられていたライオン君は、
結局ハノーファーが獲得したようです。
ベンチで腐っているにはもったいない人材。
ピッチで暴れてもらいましょう。
低迷しているハノーファーですが、
まあ彼らが落ちると言うことはないだろうからなあ・・・。
ヘルタ同様、ハノーファーのサッカーもどんなもんだかはっきりとしないチームですが、
キャラクター的には私は好きなのがそろっているので楽しみです。
フスティ・クレブス・シュタイネル・バリッチュ・ハンケ・・・
これにアンドレアセンが入るわけですね。
初戦はシャルケです。出番があるといいなあ。
でも印象としてはハノーファーは、
シャルケにとってカモではないかと思っています(笑)

その2
トレパン・キラーイがバイヤーに入りました。びっくり。
Reviesportより → Ex-Herthaner kommt vom FC Burnley
え?何か控えのキーパーに問題でもあるんですか?
ってなーんも調べてないので、怪我人状態とかさっぱりなんですが。
32歳のベテランキーパーを今この時点で取るのはそういうことだよなあ。
ここへきてズデさん獲得に続き、平均年齢大幅アップなバイヤーです(笑)
トレパン先生に出番はあるのか?
ちょっと見たい気もします。

オマケ:
あまり興味はないのだが、
ホッフェンがまたいかにもな若造を連れてきたようで。
この面構え。実にホッフェンに相応しい。
どんな選手だかさっぱり知りませんが、
この野心剥き出し素材そのまんまな感じ。
ラングニックの教育が浸透したらすぐにでも、戦力として使えそうです。

ホッフェン顔

今更な話題ですが、ヒルデブラントがホッフェンに入った、というのを聞いた時も
私は膝を打つと言うか、腑に落ちると言うか、ピースがハマったと言うか、
これ以上ない、彼らしい場所に落ち着いたような気がしました。
私の中では腹黒なイメージなので(イメージですってば)
出場機会に恵まれずプライドをズタズタにされたイケメンキーパーが
リベンジを果たすに、ホッフェンハイムは申し分のない環境といえましょう。

なんかさー。
オーナーの先を見据えたクラブ育成方針の言葉の健全さとは裏腹に、
実際のところ目の前で展開するサッカーがアレなので、
私はこのチームをどこか胡散臭く思っていますヨ。
南の星が優勝するのとどっちがいいか、
という究極の2者択一を迫られたとき、
「ほ、ホッフェン」と言う、という程度にしか肩入れしていません、今のところ。
個々の選手を取り上げると、また違うんだけどねー。
ヴァイスなんてあのポジションらしい、対戦相手に嫌われそうなタイプの
いい選手だと思いますよ。
ま、あくまでも私の印象と好みの問題です。
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ハノーファー96 レバークーゼン ホッフェンハイム

14:53  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2009.01.30 (Fri)

ケンプターズの皆様へ、試合情報

本日より、ブンデスリーガもRückrundeに入ります。
そういうわけで我らがケンプター兄弟もさっそくお仕事が入っております。

兄:
ツヴァイテ金曜試合
アウグスブルク対ニュルンベルクで主審の仕事。

弟:
ブンデスリーガ金曜試合
HSV対バイエルンで線審の仕事。

選手もチームも審判も
後半戦も怪我なく風邪ひかず元気で頑張りましょう?。
もちろん、日本&ドイツで応援する皆々様も
体調を崩さないように、前向きな気持ちで共に頑張って参りましょう。
Viel Spass!!

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ミヒャエル・ケンプター ロベルト・ケンプター

22:21  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(11)

2009.01.29 (Thu)

バイヤーは順調に疲労回復

ミッドウィークにDFBポカルがあった。
今週末に再開するブンデスを前に、リハビリを兼ねて(笑)見ることにした。
初日、シャルケを見ようといったん寝て起きたのだが、
眠くて眠くて前半でアウト。
HSVも同時にやってて、両方のスコアが動いたのを見て、
ああ大丈夫だろうな、と寝てしまった。
問題なく両方とも勝ち上がったようで何よりです。
遅い時間にキックオフだったマインツも、3得点で勝利しておりました!
こちらはもうとても見れる時間ではなかったので、
最初から諦めていたんですが、
翌日うっちぃさんから、マーカスの調子がとても良かったことと、
試合後の笑顔がまた最高だったとの報告をいただき、
少し凹みました。
でも見れないもんは見れない。

2日目、休み中ぜんぜんチェックしていないバイヤーの調子を見る。
相手は、去年の暮れに土壇場で同点にされたコトブス。
ちょっとヤーな感じがしましたが、
試合が始まればなんの問題もありませんでした。
冬の休みがしっかり取れたのか、
どの選手も動きが良く、余裕のあるプレーぶりで、
彼ららしいサッカーが展開されていて、
またしばらくは大丈夫ね、と思いましたね。
幸先よくきれいな形でペトリック(と発音するんだそうですよ)が先制点を入れた後、
相手のパスミスをついてコーナーを得て、カドレツがヘッドで2点目。
3点目は、ヴィダルが後方から1発のスルーパスをレナトへだし、
レナトがセンターラインからドリブルで持ち込んでそのままシュート。
相手が寄せられないコース取りでのランニングが見事でした。

快勝バイヤー

前半で3点を取ったものだから、
後半に入ったらあまり多元で抜かれなくなってしまった。
たまーに映ると、カドレツがどんどん調子こいたプレーをするようになってて
ちょっと心配でした。
相手陣内のゴールライン際で競り合いながら、
ヒールで股抜き、相手を抜き去ってゴール前へラン、
くらいなら「おおー」で済むが、
上がってきながら、オーバーラップはせずパスを渡してその場でとどまってたり、
(後ろの面倒は誰が見るのだ)
せっかくのミドルシュートのチャンスを、
雑にぶっぱなしたりはいただけません。
1点取って気分もいいのかもしれないが、
巡ってきたチャンスは丁寧に扱わないと、後で泣きを見るからねー。
心しておくように。

最終的にはストリーミング映像が止まってしまい、
そのまま結果を知らずに寝ることに。
何で1点返されてんだか。
ま、後半戦の仮ホームとなるLTUアレナの1発目を、
快勝で飾ることができたのは大きいですね。
ピッチとの距離も近くて、いい感じのスタジアムです。

シンキエビッツがセンターバックとして戻って来たのが大きいですね。
層が厚くなりました。
このメンバーではたしてズデさんに出場機会があるのかどうか
少々気にかかりますが、きっとあなたの力が必要になる時が来るので、
頑張ってバイヤーの選手として準備しておいて下さい。

なんてねー。
ホントは最後にレヴィアパワーシュタディオンで花束贈呈して
ファンに囲まれてお別れするまで、残っていたかったよね。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン

12:37  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2009.01.28 (Wed)

ドイツに帰って来た男

マルコ、28歳の誕生日おめでとう!
ってヘルタの公式に書いてあった。
おおーマルコも28になったのか。
初めて見た時からそんくらいの見た目だったけどな。

バイヤーを離れスペインに転職していったものの、
思うような出場機会は与えられず、
そのためユーロにも呼ばれず、
寂しい選手生活を送っていたかもしれないマルコ・バビッチ
ブンデスに戻ってきます。
お帰りー!
ヘルタには仲良しヴォロニンがいるからすぐに馴染めるでしょう。
出場機会があるのかどうか、ヘルタのことはさっぱり分からんが、
もうベンチに座ってるつもりはないでしょう。
(ベティスではベンチにも座れないことが多かったけど)
頑張れマルコ!
猫背でワシワシ左サイドを駆け上がってくれ!

で、マルコが入ったからと言って
ヘルタのサッカーが面白くなるとは思えないんだけどね。
大体がヘルタのサッカーってどんなのよ?
うーむ、でもとりあえず機会があったら見ます。
だからマルコ出てきなさいね。

このニュースを調べていたら、
ヘルタの青い珊瑚礁が怪我で6?8週間アウトとありました。
ありゃりゃりゃりゃ・・・・。
Gute Besserung!

サンゴ礁
この写真ちょっとかわいい。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ヘルタ・ベルリン マルコ・バビッチ

21:48  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.27 (Tue)

RYUMEI・LIVE@TKO:DREIMAL

久々のRYUMEIさんのライブです。
Dreimal(3度目)なのは私の方で、
TKOではもう4度目になりますね。

予報では晴れ。
しかもライブの日。
なのに午前中、サカ練習をしている間中ずっと細かい雨が降り続き、
終わって帰る頃には雪も交じり(ひー)、
ひと汗かいた後で気温がガンガン下がりはじめ、
さすがに家に着くまでに風邪をひくかと思いました。
帰宅して風呂が沸いた頃には天気も回復。
ようやくリューメイ効果が出てきたようです。

本日は他にもうひと組のライブもある予定になっており、
事前にHaruさんがお店に確認したそうで、
リューメイさんの出番は後の方だと教えてもらいました。ダンケダンケ。
なので開演時間に駅に着くくらいでいいかなと、
いつもよりもゆっくりめに出かけました。
寒くて家から出たくなかったんだよう。

タグ : RYUMEI 小田木隆明

22:48  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)

2009.01.27 (Tue)

ジリナ戦ゴールシーンちょっと修正

ボーフムTVにハイライトが出てきて、
見てみたらゴールシーンが思ってたのとちょっと違いました(汗)
フクスが左から、中央よりももっと右寄りに走り込んでいたミムンへスルーパス。
このフクスのパスが、DFが回りに付いてきながらな状態で、
しかも結構な距離をグラウンダーで出したもので、
もう8割近い仕事はそこで作られたなって感じです。
ミムンが右でワントラップして左で縦に短いスルーパス。
中央から足を止めずにずーっと走り込んでいたハシェミアンがそれを受けて
ゴール右隅、キーパーの至近距離からシュート。
キーパーの股下を抜くゴールでした。
ああ見なければやっぱり分からんなー。

ミムンの惜しいシュートは、
中央でエパレがDFに囲まれつつ粘って出したパスを、
フリーで右に走り込んでいたミムンが受け、
キレのある、大きく前へとぐっと進むトラップ!
ここのアクションがめっちゃかっこいい!!
ドリブルで持ち込んでDFを前にしてバネのある振り抜きでシュート!
ボールは勢いよくバーをたたいて下に大きくバウンドしたものの、
ラインを惜しくも割ることができなかった。
ああ本当にこれが決まれば最高だったのに!
エパレの惜しいシュートはスローインから始まった攻撃から、
ヘッドで体ごと飛び込んだような豪快シュートは、こちらもバーに。
二人とも目の覚めるようなシュートを見せてくれました。

チケットはバックスタンドは売らなかったのだろうか?
お客さんの少なさは、チームへの関心の低さを表している、と
どれだったか記事にもありました。
そして後半に入って初めて戻ってきたホームのスタジアムで、
やはりファンはズデベルキャプテンを止めさせたコラーに対して
抗議のアピールをしていたようですね。
ファンの気持ちをチームに戻して、降格争いを戦うための力をもらうためには
後半戦の立ち上がりに大きな結果を出さないといけないなあ。
いろいろと難しい状態ですが、とにかく頑張ることです。
[ Mimoun Azaouagh ][ VfL Bochum 1848 ]

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ボーフム ミムン・アザウアク

00:33  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2009.01.25 (Sun)

スロバキアのチャンピオンに勝利!

最後のテストマッチ、MSK Zilina戦は、
ホーム・レヴィアパワーシュタディオンで行われました。
観衆2232人はちょっとさみしいかな?
相手のMSK Zilinaはスロバキアのチャンピオンで、
シェスタクの古巣でもあるようです。
公式のレポはこちら。
→ Generalprobe geglückt: 1:0 gegen Zilina
日本語版は出てくるのかしら。
前のフラ戦のやつ出てこないんだけど。

結果は1?0の勝利。
出場した選手は以下の通りです。
Fernandes – Concha, Maltritz, Yahia, Fuchs
– Imhof, Azaouagh, Dabrowski, Epalle
– Sestak (68, Kaloglu), Hashemian

あら、結局一人しか交代させてないんですね。
試合の流れがいい感じだったのだろうか。
また監督の「どーしよー」でずるずる様子を見る形にはまったのか?(笑)
それとも本番を前に、体を本格的に動かせようという腹でしょうか。
怪我人は出ていますが、
メンバー的にはほぼスタメンと見ていいようなメンツですからね。
アウトしているのは
フライヤーと小野サンとミチエルは続いて。
グローテとクリモビッツは先日の練習から故障者リストに加入しております。
他の選手達はベンチに入っていたようですね。

ゴールは77分にハシェミアン。
フクスが左サイドから、中央のミムンにパス、
ミムンが右でフリーでいたハシェミアンへヘッドでパスを出して、
ゴールとなったようです。(Reviesportによる)
ミムンちゃん、アシストです!ぱちぱち。
ミムンは前半24分には、見事な独走を見せシュートを打ったものの、
惜しくもバーに当たったようです。
うおー見たい見たい見たい!!
ジリナ戦1
調子よさそうなミムンです。
実はフラ戦の後にまたラブレターを書いたのだ。
「とても調子がよさそうね。後半戦はゴールを期待してる!」と
プレッシャーをかけておきました。ふふ。

同じく中盤でいい働きを見せていたエパレが、
こちらもシュートをバーに当て、気を吐いております。
ううむ小野サン出遅れておりますよ。

動画はまだ出ておりませんが、
DerWestenによる試合ギャラリーが80枚の大盤振る舞い! → コチラ
ハシェミアンがゴールするまでの様子がコマ送りで見られます!!
そしてゴール後にミムンと喜び合う様子が、これまたコマ送りでっ!

ジリナ戦2

二人ともいい顔してるー。
Hans Blosseyさんありがとう!
これからも毎回このボリュームで出してほしいわ。

この勝利に監督もご機嫌です。
「我々のチームは円熟したスロバキアのチームを相手に、
すばらしくて面白いプレーを見せることができたように思う。
最初の10分はまずい入り方をしたが、
そのあとは前へ出てプレーをし、しっかりと守った。
後半は我々の方が相手を上回り、
相手チームが我々のゴールを脅かすようなシーンはほとんどなかった。
我々の攻撃は実に見事に、ダイレクトなコンビプレーを見せ、
すぐさま結果に結びつけた。
水曜日の消音器(水を差されたとかそんなニュアンスかな?)の後、
再び勝利の道に戻ってきたことはとても重要だ。
木曜にはまた何人かが故障してしまったが、
大事なカールスルーエ戦の準備のために、
彼らが再び戻ってくることを望んでいる」

ハシェミアンがクリモビッツが休んでる間隙を縫って
ゴールしたのは大きいですね。
黙ってベンチに下げられてたまるかというところでしょう。
健全に競争し合って、チームに良い結果をもたらしてくれればgutでございます。

さて火曜日にはDFBポカルがあるようですが、
ボーフムはすでにHSVと当たって敗退してるので関係ありません。
日曜のリーグ戦に向けて、さらなる研鑽を積んでいただきたいっ。
この試合にまず勝つことが、とてもとても重要なのだ。
Auf geht’s!Bochum!
[ Mimoun Azaouagh ][ VfL Bochum 1848 ]

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム

11:54  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.23 (Fri)

FSVフランクフルト戦動画

Reviersportから出てきました。



ミムンとグローテのコンビネーションは残念ながら収録されておりませんでしたが、
ミムンのクロスから、クリモビッツがヘッドでそらし、
キーパーの手元に落ちたところをハシェミアンがわずかに押し込めず、
なシーンがありました。
うーん、こういう際どい一瞬を仕留めるか仕留めないかが肝なんですがねー。
そして失点のシーンは、いくらテストマッチとはいえ本番前の貴重な確認の場であるし、
本番ってのはすなわち降格争いなわけで、
そのわりに抜かれた後の諦めの早さは正直どんなもんかと。
抜かれる前のずるずる下がる感じも、緊張感があまりないんだよなあ。
もっと危機感持ってくんないと困りますよ。
練習の時にやっとかないで本番になって出来るのだろうか。
なことをぐるぐる考えるハイライトではありますが、
最後ベニッヒが笑かしてくれるので、ちょっと許す。

ボーフムTV版は前後にもう少し映像が入るだけでほとんど同じでした。
しかし終わった後はやっぱしょげしょげ感漂ってました。
だからちゃんと点取って守んないとー。

土曜の試合でクリモビッツは移籍初TORを取らないと、
プレッシャーがどんどんきつくなるので頑張ってくださいね。

多分間に合わない選手のリストは、公式のプレビュー記事によると
フライヤー、ミチエル、コンチャ、ヤヒア、小野サン。
なんですが、
これをダラダラ書いてる間に、また公式に今日の練習の記事がアップされて、
怪我人事情がまたあれこれ変わってるようです。
なんでグローテまで休んでるんだよー。

いずれ無理をする事態に備えて、今は無理をさせてないのかもしれませんが、
なんともヒヤヒヤするチーム事情です。
とにかく長く離脱するような怪我にだけ気を付けて、
なるべく沢山の選手の力を合わせて、本番を迎えたいですね。はあ。
[ Mimoun Azaouagh ]
[ VfL Bochum 1848 ]

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム

21:55  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2009.01.22 (Thu)

弱い方のフランクフルトに負けました

テストシュピール3つ目。
昨日はキックオフの時間までティッカーはないのかとあちこち探してみたものの
どこでもやってないようなので寝ました。
したら0?1で負けてたわ。残念。
これから多分、ボーフム日本語版がアップされるでしょうから
詳細は後にするとして。
メンバーは以下のとおり。

Heerwagen (46. Renno) - Pfertzel, Maltritz, Mavraj, Bönig (72. Fuchs)
- Azaouagh, Imhof (46. Schröder), Epalle (72. Dabrowski), Grote
- Klimowicz (46. Sestak), Hashemian (46. Kaloglu)

怪我人が出ているところは入れ替えしてない、という感じですかね。
小野さんは当初の予定ではスタメンに入っていて、
エパレが外れていました。
今フライヤーが怪我をしている状態なので、
小野とミムンが同時にピッチに立った場合のシュミレーションができる数少ない機会で、
どういうプレーをお互いが見せるのか、とても期待していたのですが。
午前の練習で背中を痛めて、試合の出場が見送られたようです。
うーむ。コメント不能。

コンチャも直前アウトしてますね。
まあどの選手もそれほど大きな怪我と言うわけではないようですし、
コラーの慎重さ加減は織り込み済み(苦笑)
本番にどれだけ無理が効くか、というのが肝心な所で。
今の段階で無理させて長引かせるよりは、
本番までに調子を整えておきたい、という判断なのだと思いたいですね。

うーんしかし、前半戦と使う選手に変化がなければ、
大きな前進は難しいんじゃないかなと私は思っています。
前半戦に頑張り切れなかった選手達の奮起を期待したいです。

試合内容は割といつものパターンなのかなと。
攻めているが決めきれず、最初のチャンスを仕留めなかったおかげで、
失点した後もずるずると、頑張りながらも返せないという。
グローテが左サイドを上がって、ミムンが絶好のパスを出す、
というシーンがあったらしいんですが、
ミムンがうまくボールをコントロールできず、
この攻撃は未遂に終わったくさいです。
あとから動画が出てくるかしらん。
グローテ半そでなんですけど。若いっていいわね。

24日土曜日、最後のテストマッチがあります。
今度はスタジアムで、試合と同じ時間帯にやるようです。
最後はしっかり決めようよね。
[ Mimoun Azaouagh ]
[ VfL Bochum 1848 ]

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム

09:24  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.21 (Wed)

古巣のチームでミムンは父と会う

今日、ボーフムは3つ目のテストマッチを、
いわゆる弱い方のフランクフルト(笑)FSV Frankfurtと行います。

FSV Frankfurtはミムンが自身のキャリアをスタートしたチームなんですが、
DerWestenの記事によると、ここでミムンのパパ、モハメド・アザウアクが
働いているようでございます。へー。
→ Bochum gegen Frankfurt: Familientreffen der Azaouaghs

くわしいことは夜になってから調べるとして。
今日予定されてるスタメンが結構面白い。
Heerwagen - Concha, Maltritz, Yahia, Bönig -
Imhof, Azaouagh, Grote, Ono - Hashemian, Klimowicz

一部フィットしてない選手がいる、というのもありますが、
なかなか興味深い組み合わせですね。
この中盤だとミムンが右に入るかもしれませんね。
ま、彼はどこでも出来るから問題ありません(笑)
コンチャの右サイドバックも何だかお久しぶりな気がします。
そしてハシェミアンとクリモビッツの相性はどうなのか?

最近は、ボーフムTVで今季前半戦の試合をつらつら見直しております。
ドローゲームばかり選んじゃうけど。
昨日もシャルケ戦を見ていて、どかんと蹴り飛ばすシーンも多かったんだが、
よく走って喰らいついて、互角に張り合っていたんだな、と改めて思いました。
試合直後シャルケの選手達が仰向けにひっくり返って、
めちゃくちゃしんどうな表情してましたもの。
そしてやっぱりメンヘン戦は勝てなかったけど、
前半戦のベストゲームだと思いました。
彼らの熱い気持ちと戦う姿勢に涙が出そうだったぞ。
やっぱり結果が出ないことでチーム内にもやもやが広がって、
終わりの方は、徐々に内容にも響いて行ってしまったのかなと思います。

だから今夜のゲームも、まずは勝ちたいですね。
ホームに戻ってきて、地元のファンの中で、勝利を喜びたいです。
[ Mimoun Azaouagh ]
[ VfL Bochum 1848 ]

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム

08:31  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.20 (Tue)

「僕がプレーするのに疑問の余地はない」

うっかりしてました。
キッカーにミムンのインタビューが15日付で出てました。
→ Azaouagh: "Keine Frage, ich spiele"

ボーフムのようなマイナーなチームだと、
こういうメジャーなサイトではあまり取り上げてくれないので、
しっかりチェックしてなかったわ。
なわけで、辞書を引き引き頑張って訳してみました。
ミムンのインタなんて待ってたって誰も訳してくれないもんね。
細かいニュアンスは間違ってるかもしれませんが、
ミムンのことなので、概ね大きく外れてはないと思います。多分。

ボーフム:中盤の競争激化。
アザウアク:「僕がプレーするのに疑問の余地はない」

プレイステーションでの対決に、アザウアクはくどき落とされなかった。
同室のアンタール・ヤヒアが「Pro Evolution Soccer」で彼に挑んだが、
結局ミムンは疲れていて相手にしなかった。
そしてアリカンテでのトレーニング中の、午後の休憩時間に
うたたねすることを選んだ。
「だってさ」元シャルケの選手は笑って説明する。
「退屈になっちゃったんだ。アンタールは僕にまるで勝てないんだもの」

同じように、この広範な中盤のプレーヤーは彼自身の状況の中で、
自信をもって走り回る。
中盤でのポジション争いはまさに激化しているが、
誰もアザウアクをスタメンのポジションから外すことはできない。
「僕が自分のフォームを維持してるなら、
僕がプレーしないなんてあり得ないよ」
と、この26歳の選手は言い切る。
彼は不満足な期間を過ごした後で、
去年の1月末にシャルケからボーフムへと移籍して来た。
そしてボーフムへ移籍した後、
彼は34試合中の30試合にほぼスタメンで出場している。
無茶苦茶な今シーズン初め、最初の7試合で5つのアシストをした後、
この華奢なテクニシャンは確かに少し緩んだ。*1
そして最後のホームのケルン戦(1:2)では
長く怪我をしていたエパレ(30歳)がいわゆる10番として、
アザウアクの固定ポジションを勝ちとった。*2

それで今は?
アザウアクはベンチ行きの恐れがあるのか?
このカメルーン人はトップ下の選択肢だ。そしてオノ(29歳)も。
オノは評判どおり最高のサッカー選手の一人ではあるが、
たびたび故障している。
しかし同じようにこのポジションを狙う。
アザウアクは言う。
「今僕はフィットしてると感じるし、自分ができることをすべて示したい」
日本人はホッフェンハイムでのテストマッチで結果を出した、
たとえばスタニスラフ・シェスタク(26歳)の先制点につながる見事なパスのような。
「自分のポジションについて僕は何の心配もしてないよ」
と彼は断言する。
「僕は右でも左でも、ディフェンダーの前ならどこだって出来る。
僕はそこが自分のいる場所だと確信してる」

そして彼はまた、ボーフムは2部にはいかないと確信している。
「これはマインツの時と似てる。パニックになんてならないよ。
後半戦のカールスルーエ戦で、僕たちは最初の1歩を踏み出す。
そしてそこから正しく出発するんだ」


ううううう(泣)
いつもいつもミムンの言葉を訳していると、胸が熱くなってくる。
彼の自信、彼の強さがガンガン伝わってきて、
たまらない気持になるのだ。
これからいよいよAbstiegskampf(降格争い)が始まる。
私も信じているよ、あなたの強さを。
またラブレターでも書くかああああ。

そしてミムンの記事にはいつもどこか、悪戯っぽい感じがあるのだ。
ヤヒアとミムンがゲームしているところを見てみたいわ。
ちゃちゃっとやって途中で飽きて、
頭にきたヤヒアに枕とかぶつけられてんじゃないかしら。
しかしどーりで写真がないはずだよ。
部屋で遊んでて、そのあと昼寝してたんじゃねー(笑)

*1 :「der Fein-Techniker」のFeinには華奢の他に、
洗練された、とか抜け目のない、なんて意味も載ってました。
多分その全部のニュアンスを含めた表現なんでしょう。
*2 :ケルン戦は外されたんじゃなくて、5枚揃って出られなかったのっ。
[ Mimoun Azaouagh ]
[ VfL Bochum 1848 ]

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム

00:37  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2009.01.18 (Sun)

ボーフム対Tianjin TEDA FC・ハイライト

ボーフム日本語版のレポはこちら。
→ 練習試合・天津戦は3―0で勝利

久々のティッカー観戦でしたが、おおむね間違ってなくて安堵(笑)
ネット観戦とボーフムTVのお陰で、
辞書引きながら文字で試合を追うことが本当になくなりました。
分かったような分からないような情報をたよりに、
更新をかけた次の瞬間に「TOR!」の文字を見るあの感じってのも
結構ドキドキして良いもんですけどね。
久々に今回、リアルタイムで3回もそれを見ることができて、
大いに楽しめました。

試合のハイライト動画もようやく出てきました。
→ Video: Lockeres 3:0 gegen Tianjin

あーハシェミアン&ミチエルのゴールは、
私はてっきりゴールに向かってまっすぐに二人が並走しながら、
最後のパスを渡して決めたのかと思ったら、
ハシェミアンが左のゴールラインからDFを交わしながら内に切れ込んで、
反対側からゴール前に詰めていたミチエルにボールを渡したものだったんですね。
やっぱ映像見ないと分んないやー。

エパレの重量級フリーキックが直接決まったゴールはお見事でした。
フリーキッカーもミムン、エパレ、フクスと、一応小野サンも入ってくるでしょうから、
この辺も激戦区でございますね。

攻撃のシーンはテンポがあっていい感じなんですが、
やはり裏を取られてのばたついた守りのシーンとか、
しょ?もないパスミスや、
取られてはいけない1:1の状況でボールを奪われてしまったりというシーンは、
何か前半戦に再三見ていたものを思い出させて、
まだまだ課題山積と言う気もします。
リーグ戦に入ったら、確実にココを突かれてきますので、
今のうちに具体的に修正していってほしいです。
2試合続けて勝ったから、自信はある程度戻ったでしょ。
さあ問題点にきちんと向き合おう。

動画の最後の方でサポが掲げていたフラッグが素敵でした。
「Jetzt noch 17 * gewinnen!!!」
「よし、あと17勝しちゃおうぜ!」
そうだそうだー!
この調子で頑張りましょうボーフム

翌日は浜辺で軽くランニング、な写真が出ております。
ミムンの全身筋肉バネでできてるような体がすんばらしいわ。

strandlauf_01.jpg
[ Mimoun Azaouagh ]
[ VfL Bochum 1848 ]

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム

13:47  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.17 (Sat)

Tooooooooooor für den VfL! × 3

テストシュピール2つ目。
生で文字観戦しました。
辞書を片手に気まぐれティッカー翻訳。
元ネタはこちら。
→ http://ticker.derwesten.de/we_ticker.php?kennung=VfL_testet_gegen_chinesischen_Erstligisten

分からない単語もありますし、意訳も入ってます。
中国チームの説明などはちょっとはしょりました。
お願いですから鵜呑みにしないでください。
簡単な試合展開が分かればいいかなーくらいの感じで読んでくださいね。
よそに持ち出すのも勘弁して下さい。

スタメン

Tor: 
Daniel Fernandes

Abwehr:
Marc Pfertzeil, Marcel Maltritz, Mergim Mavraj, Philipp Bönig

Mittelfeld:
Mimoun Azaouagh, Daniel Imhof, Joel Epalle, Christoph Dabrowski

Sturm:
Stanislav Sestak und Diego Klimowicz

クリモビッツはWadenbeinprellunのために出場が疑問視されていたが、
スタメンでプレーできる。

試合はちょっとばかり遅れて始まった。
中国チームのキックオフ。

開始3分、最初の(小さな)チャンスは中国チーム。
Octavian Chihaiaはヘッドで攻めるもボールは上へ外れる。

ボーフム最初のコーナーは外れたが、すぐさま惜しいチャンス!
しかしダブロのヘッドはキーパーのわずかに上へ。

この中国のチームはドイツ1部のチームの餌食になるつもりはないようだ!
中国チームはフィジカルが強くボール扱いも上手い。

フクスから危ないミスパス。
相手チームのブラジリアンOctavian Chihaiaが再びボーフムゴールに迫る。
17メーターからのシュートはフェルナンデスががっちりキャッチ。

15分、
20メーターからのフリーキックから。
エパレが左隅に見事に決める。

Tooooooooooooooooooooooooooooooooor für den VfL!

そしてさらに2?0にすべき展開!
エパレがドフリーでキーパーの前へ走るがキーパーが早く出る。残念。

そのわずか後、中国チームは18メーターの距離からミドルを打つ。
しかしフェルナンデスがしっかりキャッチ。

ちなみに相手のWei'an Tanは、中国製イビセビッチだ。
ここまでリーグで19ゴールを挙げている。

徐々にボーフムはゲームを支配。フォワードが次々と中国ゴールを攻める。

クリモビッツも続いて足で2?0とするところだった。
しかしボールはキーパーにではなく空へ向かって飛んだ。

なおも圧倒するボーフム。
ミムンから見事なコーナーキックが、ダイレクトにシェスタクに飛ぶ。
しかしボールはキーパーの手に収まった。

またもボーフム。
シェスタクは見込みのあるポジションにいたが
中国チームのキーパーがクリア。

ボーフムは相手をコントロールする。
マルセル・コラーのチームはポゼッションを上げて中国チームを圧倒する。
しかし決定的なシュートチャンスが不足している。

マフライからばかげたミス。
コラーは今日彼をテストしている。
中国のDuがボールを奪いシュートする。
しかし幸運なことにボールはフェルナンデスの守るゴールを大きく外れる。

ちなみに250人の観衆がこのゲームを見守っている。
(以下ちょっと説明あり)

プフェルツェルのセンタリングはシェスタクのヘッドよりも上に飛んだ。
しかしすでにオフサイドフラッグが上がっていた。残念。

あとわずか数ミリ!!
ボーフムのコーナー、エパレが右からマルトリッツへダイレクトに合わせる。
中国のキャプテンYi Baiがライン上でかきだす。
キーパーは何もできなかった。
しかし今だボーフムは最初の1点のみ。

エパレのコーナー。
再びシェスタクへ。
しかし中国の選手がクリア。
再びボーフムのコーナー。
フクスがコーナーを蹴るも短すぎた。(ここは微妙な訳です)

前半終了。

1?0で折り返し。
ボーフムは終始ゲームを支配しチャンスも作ったが、
ただ一つの問題は決定力だ。

後半開始。
ハーフタイムはホッフェン戦同様、10分は取らなかった。
頑張れボーフム!!

コラーはすぐに3人を交代。
マルトリッツに変わりヤヒア。クリモビッツとシェスタクに替え、
ハシェミアンとミチエルをフォワードに。

Tooooooooooooooooooooooooooooooooor für den VfL!

46分、2?0!
替えたばかりのフォワードコンビがさっそく仕留めた!

ハシェミアンは実にクレバーにやってのけた。
左サイドからボーフムは仕掛け、ペナルティエリアまでドリブルで切れ込む。
2人の相手選手をかわし、
並走していたミチエルがボールを受け流し込んだ!
ボールはゴールの中へ!

プフェルツェルの素晴らしいコーナーキックは直接ハシェミアンへ。
しかしヘディングは枠の外へ。

ミムンにイエローカード。
前の選手を荒っぽくumgeschubstした。

中国チームはさらに選手交代。
既にハーフタイムに元気な選手を何人か入れたいた。
(このあと続くが上手く訳せず)

ボーフムも選手交代。
観衆の拍手を受けてエパレがピッチを去る。
代わりに小野伸二が入る。

小野はSprunggelenkの怪我のために微妙だった。
しかし彼は今日ここで絶対にもう一度出ることを望んだ。
そして中国チームに向かって走った。

中国チームが反撃するには時間もそう多くはない。(以下説明あり)
おおむねこのチームは無害である。

中国チームのフリーキック。
右サイドからのボールは大きく外れる。全く危険はない。

ボーフムの交代。ダブロ、マフライ、プフェルツェルがアウト。
グローテ、パトリック・ファビアン、オリーを投入。

ハシェミアンからの見事なコーナーは右のポストに。
グローテがフリーで打つが、残念ながらキーパーの正面。
ボールは跳ね返り、グローテはもう一度試みるも、
再びキーパーが今度はがっちりとキャッチ。

中国チームはミスパスが続く。(以下説明)

さらにボーフムの交代。
ミムンに代えてカログル。フクスに代えてコンチャ。

そしてすぐに大きな大きなチャンス!
入ったばかりのカログルがその1分後に、3?0となりそうなシュート、
ボールはポストを直撃した。

Tooooooooooooooooooooooooooooooooor für den VfL!

85分、3?0!
コンチャのフリーキックをミチエルがヘッドで決めた!
キーパーも触れず!

試合終了。
ボーフムは中国の1部リーグチーム、Tianjin TEDA FC に3?0の勝利。
ボーフムのゴールは15分にエパレ、47分と85分にミチエル。

ボーフムの監督、マルセル・コラーは彼のチームの成果に満足している。
「私たちは多くのチャンスを作った。
多くのゴールを決めることができた。
3?0の結果はもちろん喜ばしい。
もっとゴールを決められたならさらに良かった。」
[ Mimoun Azaouagh ]
[ VfL Bochum 1848 ]

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム 小野伸二

02:32  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2009.01.16 (Fri)

ボーフムキャンプ情報てんこもり

次から次へと追いつけません。ぜえぜえ。

今日16:00(現地)でテストシュピール2つ目があります。
相手は中国のTianjin TEDA FC。
DerWestenでティッカーあるようなので、
久々に辞書と格闘してみようかしらん。
実はホッフェン戦でもあったみたいです。
「TOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOR FÜR BOCHUM!」
なんて記述があったわ。オマエはバイヤーティッカーか!
是非、今夜リアルタイムで目にしたいもんです。

公式によればコラー監督はミムンをスタメン起用する予定のようなので、
ドキドキしながら待ちたいと思います。
今のところスタメンで確定しているのはインフォフ、ミムン、エパレ、シェスタク。
小野サンはまだ出すかどうか確定してないようです。
練習中にベニッヒと足首を接触したみたいだけど、
ベニッヒの方がちょっと痛んでしまったのかしらん。
最終ラインは45分で交代して試すらしい。
短いキャンプの中でちょこちょこ怪我してる選手もいるようですが、
特に大きな問題になるほどではないようで安堵しております。
プフェルツェルも練習に戻ってきてるみたい。よかったよかった。
→ Freitag, 16 Uhr: VfL testet Tianjin

日曜にはキャンプも終了。
真冬のボーフムに戻ります。ぶるぶる。
毎日いい天気で気持ちの良さそうなトレーニングの様子を見ていると、
もうしばらくここで体を動かしたて方がいいんじゃないかと思いますよ。
ホントに来季2週間もウィンターブレイク早く終わらせるつもりなんだろうか。
止めた方がいいよなー。

公式には小野サンのインタ記事あり。
ま、これはしばらくまってりゃ日本語記事に出るだろうからそれを待つか。
小野サンの調子がいいようなので、
あれこれ記事で取り上げられる回数が増えております。
今は流れが来ているときなので、今度こそ怪我などしないで、
外野(岡ちゃんなど)の誘惑に惑わされず、
ひたすらストイックにボーフムでの成功を当面の目標として頑張っていただきたい。
もーこれまで何度となく「何故今ここで!!」なタイミングで
チャンスを逃したのを見てきたので、
さすがに今度こそはねえ、流れに乗らなくちゃいけません。

いわゆる10番のポジションは、ミムンかエパレかオノか、
なーんて話題も出ておりますね。
ふふふミムンちゃん、真っ向から受けて立ちなさい!
いっそフライヤーをベンチに追い出して、
3人同時に起用するってのも面白いと思うんだが(笑)
フライヤーはベンチスタートの方がいい仕事をする、
というのがバイヤー時代を見ていた私の評価。

さてDerWestenに選手インタ動画が続々出てきております。
シェスタクのドイツ語がとても分かりやすい!
私にもおぼろげーにですが何言ってるか聞き取れます。
新しいパートナー・クリモビッツと上手くやっていってくれそうです。
→ Sestak: "Muss Chancen besser nutzen"
ミチエルはビーレフェルトにはあげないとエルンスト氏が言ったらしいので(安堵)
ミチエルとも仲良くやってください。

オリーはトレーニングジムで自転車こいだりしつつ答えております。
もろこしヘッドよりも前髪がくたっとしてる方が可愛いのに、
こだわりヘアだからしょーがないわね。
→ Schröder: "Es wird schwer"
ほんのちらっとテニスしてるグローテが映ります。
受けるマルトリッツの腰の引け加減が笑える。
[ Mimoun Azaouagh ]
[ VfL Bochum 1848 ]

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム 小野伸二

22:13  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.15 (Thu)

エアー・G(ゲー)

ボーフムキャンプ中のひとコマ。
新キャプテン・マルトリッツとグローテのテニスマッチは
6?0,6?1のスコアでグローテが勝ちました。
テニスグローテ2
なかなか良いフォームです。
テニスグローテ1
ラケット、ウィルソンなんだー。
まあホテル備え付けのものでしょうけど。
私が借りてるのと同じタイプかなあ。(買え)
コレ自分が上手くなった気がするラケットなんだよね。
うーんグローテと対戦してみたい。
[ VfL Bochum 1848 ]

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ボーフム グローテ

10:46  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.14 (Wed)

お土産

DerWestenに小野選手の長いインタビュー動画あります。
とりあえず出かけるのでリンクだけ。

→ Shinji Ono: "Ich brauche Vertrauen"

英語で話しているので、上からドイツ語がかぶせられてます(笑)
珍しく小野サンの練習時の映像も見れるのでなかなかいい感じなのでは。
中盤2枚が移籍してしまったので、小野さんにかかる期待も大きいと思います。
怪我なくいい状態でシーズンまで仕上げてほしいですね。
[ VfL Bochum 1848 ]

タグ : ブンデスリーガ ボーフム 小野伸二

08:39  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.12 (Mon)

なぬ!秋の王者・ホッフェンハイムに快勝

テストシュピールの話ですが。
ドイツ語でも「Nanu!」って言うのね。
Bildの見出しを見て笑っちゃったよ。

ボーフムのスペインキャンプ、ウィンターブレイク中の最初の練習試合です。
DerWestenにちょこっと動画がありました。
→ Starker Start
フルマッチで得点は29分のシェスタク、79分にグローテ。
どちらもゴール前での1:1で、
キーパーをひょいとかわして、ゴールへ流し込むというシュートで
気持ちがいいです。
時間帯も何だか素敵じゃないの。
勝った経験を重ねて、どんどん前向きに行こうじゃないかー!
とこういうときは手放しで喜んどくに限ります。
我ながら内から喜びが押さえきれずに沸いてきて
落ち着かなくなるのがオカシイ。うれしーんだもん。

前半ホッフェンのゴールを守っていたのは、
ドイツへUターン就職したヒルデブラント。
ミムンとヒデブの繋がりは良く分かんないけど、
相変わらずあちこちで仲良さそうな様子を見せるミムンでございます。
ヒデブとミムン

ボーフムは前後半で選手を入れ替えながら、
様子を見ているようですね。
公式のレポはこちら → Hola – 2:0 gegen den Herbstmeister

意味もなくかわいいグローテを貼り付けちゃう。

靴下グローテ
[ VfL Bochum 1848 ]
[ Mimoun Azaouagh ]

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム

16:02  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.10 (Sat)

寒さからのがれてスペインへ

ズデさんに続き、ダニー・フクスが
ツヴァイテのカイザースラウテルンへ、レンタル移籍となりました。
最後の試合に使われてたし、ヒュンダイカップも呼ばれてたので、
後半からは戦力として考えてるのかと思ってたんですがね。
うーんダニー・フクスも顔がわりと好きだったんだが
(プレーはあまり見てないので印象が残ってないんよ)
カイザースで試合に出て頑張ってください。

さてボーフムのキャンプが始まりました。
どか雪のドイツから一変して、お天気良さそうなスペインです。
公式にどかどか記事が載ってますが、
とりあえず食いついてしまったのはスーツ画像。
思わず徘徊したらDerWestenにまとまって見つかりました。
→ Alicante, Tag 1
目が光ってシロウト臭いデジカメ写真です(苦笑)
ミムンがおらーん!!!
しっかり写ってきなさいっての。

しかしボーフムの選手のネクタイの結び方のいいかげんなこと。
以前ボーフムTVでミュンヘンから帰る時の選手インタも
ネクタイがみんなだらしなかったんだよなあ。
今回のシャツはブルーなのね。

可愛い眼鏡姿のオリー。
他の写真では本を片手にしておりました。うぷ。
スーツオリー

カッコいいのはミチエル。(一番左)
私はこの無精ひげのミチエルの顔が大好き。めちゃかっこええ。
私の中ではマルコ・ローゼと同じくくりです(笑)
ああタレ目にやはり弱い気がする。
ミチエルスーツ

あとReviersportに小野伸二選手に関する記事がありました。
→ „Das kann nicht alles sein“

えーとざざっと読めるとこだけ拾うと、
「日本では有名なスターも、まだボーフムではほとんど知られていない。
でも後半はその状況を変えないといけない。
彼は試合をリードするような役割を見せなければならないし、
コラー監督はさらに、彼には得点に絡む危険な選手としての役割を期待している。
そして彼はもっとツヴァイカンプで戦わなければならない。
小野:一人でドイツに戻ってきて、家族は3月までは来ない。
今はここでサッカーに集中するつもりです。
兄弟が来週には自分の世話をするために来る予定」
あとチームメイトとボーリングに行って面白かったと。
メンツはヤヒアとレンノとインフォフとグローテとドルス(ってのは分からないなあ)
どんな感じだったんだろー。
前半戦はチームも運が悪くて大変な状態だったけど、
後半戦は巻き返すよと意欲を見せてくれました。
頼みますよ小野さん。

追記: 
この記事なぜか検索でひっかかりやすいようなんですが
小野さんのファンは鵜呑みにしないように。
上手く日本語にまとめられないだけでここに書いてない文章もありますので。
[ VfL Bochum 1848 ]

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ボーフム 小野伸二

18:05  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

2009.01.08 (Thu)

キャプテン・ズデベル、バイヤーへ移籍。

公式を開いたら突然そんなニュースが載ってて吹きました。
→ Zdebel wechselt zu Bayer 04 Leverkusen

なんでいきなりそんなことに!!!

トレーニング初日、コラー監督はズデさんを
ボーフムのアマチュアの練習に行かせました。
怪我ではなさそうだし、何があるんだ・・・と思いつつ、
そのへんのニュースをちゃんと読んではいなかった。

今翻訳を使ってあれこれざざと見てみたが、
はっきりした理由は分からない。
前半戦の不調に対してズデさんが責任を持たなきゃいけないの?
ううう頭に入らない。
でも取締役エルンスト氏とコラー監督の間では、
考えの方向は一致してるようだ。

後半戦の巻き返しのために、
この決定が下されたんだとして、
一体どんな効果的があるのだろう。

大丈夫なのかボーフムは。
ズデさんのようなごりごり戦えるキャプテンを、こんな形で外して、
後半の長くて大変なリーグ戦をどうやって乗り切るんだ。
気持ちで引っ張れる百戦錬磨のベテランの存在が、
ここからの大きな支えになると思うんだけど。
毎回試合に出る必要はないんだよ。
そういう選手がいることが大きいのに。

わーなんか再開する前から一気に不安になってしまったんですが。
選手達だって動揺してるんじゃないの?私もしてる。

ズデさんの契約は09年7月とも10年7月とも書かれてて
何だかまだ情報も混乱してるようですが、
レバークーゼンとしては、
若い選手達の中に35歳の大ベテランが加入することは
良い影響があるんじゃないかなと思います。
まあバルバレスの兄貴とはプレースタイルがまったく違うし、
実のところズデさんにどれほど出場機会があるのか分かりません。
でもノイルーラに呼ばれてしまうまチームに行くよりは
よっぽどいい選択だと思います。

あーしかしなあ。
よっぽどの結果を最初から出さないと、
現地のファンが黙ってないと思うんだけど。
ズデさんもいなくなって、監督も出されちゃいました、
なんてことにどうかならないでください。
本気で心配です。

ズデさんギャラリーの中にあったひとコマ。
子犬のように首っ玉にかじりついてはしゃぐミムン。ううう。

ズデさん移籍

夏に成田で会って、興味津津で私とうっちぃさんが持つフラッグを
覗きこんでいたズデさん。
ホテルのロビーで唯一会ったのもズデさん。
いなくなるなんて考えてもみなかった。ほんっとうに寂しいよ。
ありがとうズデさん。バイヤーでの活躍を祈ってます。
そしてボーフムが残留できるように、どうぞ陰ながら見守って下さい。
[ VfL Bochum 1848 ]
[ Mimoun Azaouagh ]

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム ズデベル

00:20  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

2009.01.06 (Tue)

ボーフムのトレーニング初日

eyeP.TVに1月2日の初蹴りトレーニング動画がありまして、
およそ20分の長尺です。
→ Trainings-Auftakt 2009

みんな同じ恰好してるもんで、なかなかどれがミムンなのか
さすがの私も判別できない。
現地で見てれば別なんだろうが。
髪の色が明るいと見分けがつきやすいのだけどね。

が、明らかにミムンだ!というシーンがあって爆笑してしまった。
イヤ、笑うところじゃないんだけどさあ。

ストレッチしないミムン

全員が動きながら、複数のボールを誰彼とパスしていく練習のあと、
監督の声でいったん止まり、各自がその場でストレッチをするシーンです。
その中をしらーん顔しながらてれてれ歩いてる男が一人。
一人違う動きをするもんだから、思わずカメラもズームで寄ってます。

言われたらちゃんとストレッチをせんかい!!!

まったくもう、横浜のベンチサイドで見せた真剣ストレッチは
単なるアピールにすぎなかったのか?
相変わらずストレッチなんてやりもしないミムンでした。
怪我しても知らないよ、つか怪我したら困るんだからちゃんとやれっ。

6日のトレーニングは大雪が降ったあとのようで、
かいた雪がグラウンド横にてんこもりでした。
まだまだ寒いドイツ。
9日からはあったかいスペインでのキャンプです。
[ Mimoun Azaouagh ]
[ VfL Bochum 1848 ]

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム

23:58  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.05 (Mon)

決定力不足解消への道@ボーフム

その1

クリモビッツの移籍が決まったようです。

→ VfL verpflichtet Diego Klimowicz

ストライカー取ったかー。
まあここまで決定力不足な状態を思うと、
とりあえず点入れてくれるやつ!と思うんでしょうね。
ドルトムントで出場機会をもらえてなかったようなので、
ここは奮起して実力のほどを見せつけていただきたく。
大きな体でゴリゴリと点を取りまくってください。
期待しています。
守備は立て直して下さいね監督。

その2

ヒュンダイカップ、ボーフムは3位になりました。
→ Derbyfieber 2009: Stimmen & Statistik
→ "Derbyfieber": Halbes Dutzend gegen BVB!

箱形に仕切った小さいコートで、
入れる人数やら時間やら交代の制限やら、いまいちわからない大会ですが、
とりあえずボーフムの戦績は以下のとおり。

グループリーグ:
VfL Bochum 1848 - Preußen Münster 3:3
VfL Bochum 1848 - Borussia Dortmund 3:4
(グループリーグは2位で勝ち上がり)

準決勝:
VfL Bochum 1848 - Bayer Leverkusen 12:13 n.N. (2:2)

3位決定戦:
VfL Bochum 1848 - Borussia Dortmund 6:0

準決勝の12:13はPK戦になったせいです(笑)
しかし最初の3試合では結局勝ってないわけですね。
ようやく最後の試合で、6得点と快勝したわけですが。
ああ良かった。
こんな体慣らしの小さな大会でも、1勝もできなかったらさすがに困る。
ミムンは、最後のドルとの対戦ですんばらしいゴール2つを決めた模様。

この大会に呼ばれたのは、
第3キーパーのHeerwagen、第2キーパーのレンノ、
ミムン、ベニッヒ、クリスチアン・フクス、ダニー・フクス、
ハシェミアン、グローテ、マルトリッツ、マフライ、プフェルツェル、シェスタクの12人。
仕切りにずらり並んで戦況を見つめる様は少しアイスホッケーのようです。

hyundai3.jpg

選手交代でこの仕切りをまたいで中に戻る選手の写真もあったな。
お客さんも仕切りのすぐ後ろに席があって、
なんちゃってプレミアな雰囲気を味わえたのでは(笑)
[ Mimoun Azaouagh ]
プレミア風
[ VfL Bochum 1848 ]

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ミムン・アザウアク ボーフム

22:19  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2009.01.04 (Sun)

FCバンビーノ☆ver.0809

さて09年は華々しく、自分勝手に楽しむ「蛸足小ネタ総研」から!

もう随分と前にやった企画の第2弾です。
→ ドリームチームFCバンビーノ
あれから3年。
さすがにメンバーに無理が出てきたので、
ここで一発、リフレッシュさせたいと思います。
移籍市場も開いてることですし。関係ないけど(笑)
オファーだけなら私だって出したいわ!!

今回も選考基準はほぼ同じです。
チャーミングなこと。
笑顔もいいけど、そうでない時の味わい深い表情も
選考の対象になっております。
フォーメーションは最近ちょっと気になる4?2?3?1とさせていただきました。
一応プレー込みですので念のため。

GK: マヌエル・ノイアー
0809FCBノイアー

CB: ハイコ・ヴェスターマン
0809FCBハイコ

CB: カルロス・マルチェナ
0809FCBチェナ

右SB: ボシングワ
0809FCBボシングワ

左SB: ギャレス・ベイル
0809FCBベイル

ボランチ:ヴィダル
0809FCBヴィダル

ボランチ:ディニヤル・ビリャレトディノフ
0809FCBビリャ君

左サイド:アーロン・ハント
0809FCBハント

右サイド:マーカス・フォイルナー
0809FCBマーカス

トップ下:ミムン・アザウアク
0809FCBミムン

FW: ロマン・パブリチェンコ
0809FCBパブリン

監督:マルセル・コラー
0809FCBコラー

主審:ミヒャエル・ケンプター
0809FCBミヒャ

副審:ロベルト・ケンプター
0809FCBロビー


何か余分なものがくっついてますが、さくっとスルーして
今回の選考の詳細を以下に記します。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ミムン・アザウアク

01:10  |  蛸足小ネタ総研  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2009.01.03 (Sat)

今年のおみくじを好意的に解釈する

新年明けましておめでとうございます!!
拙ブログへのご訪問感謝です。
今年も変わらぬご愛顧を、よろしくお願いいたします。

新年企画はまだ準備中です。ふ?。

さて今日は初参りに行ってきました。
おみくじの結果は小吉。

その内容は、
「初は心の思うまゝに何事も成し遂げ難しといえども、
はげみて時節を待たば後にしあわせあるべし」
というようなものでした。

つまりボーフムは、後半戦も立ち上がりから苦しいけれど、
最終的には残留できる、とそういうことですよね?

ええそのように解釈させていただきます。

いつもより大きなコインを放りなげ、
いつもより多めにお願いしてきました。
ミムンの活躍と、ボーフムの残留と、マインツの昇格が
まず今年前半の目標です(笑)
諦めないで励むべし!

追記:

ボーフム、後半に向けてトレーニング再開しました。
ミムン、相変わらずなんてスレンダーなのかしら。
隣の小野さんは、えーと着膨れ?

09トレーニング

まずは4日のヒュンダイカップに向けて頑張りましょう!
ズデベルさんが初日からボーフム?の方に行かされたりと、
ちょっと不穏な空気もあるようですが(汗)
[ VfL Bochum 1848 ]
[ Mimoun Azaouagh ]

タグ : ブンデスリーガ ボーフム ミムン・アザウアク

00:04  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)
 | HOME |