2010年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2010.05.31 (Mon)

禍福はあざなえる縄のごとし

マヌが代表のキーパーに選ばれたという嬉しいニュースのあとで
なんでまたこんなニュースが入ってくるのだ。

ハイコ、KahnbeinbruchでW杯出場できません。
足のどの部分か分からないが、
左足のひざから下をぶっといギプスで固めていたので
とてもじゃないが2週間を切った今の状況で出場なんて無理だ。
ゆっくり治す方に専念するしかない。

ハイコ離脱

DFB公式にあったハイコのインタビュービデオ。
→ WM-Aus für Heiko Westermann
笑顔すら見せて応えるハイコが切なすぎる。
前大会では完全なバックアップ要員扱いだったハイコ。
今大会はポジションが確定してない中、
マルチプレーヤー的な使われ方をされそうだったが
それでも彼に求められてる仕事は大きかった。

本番前の親善試合は必要なものだが、
必ず何人かの選手がこうしたゲームで直前で泣きを見ることになる。
まさかハイコにそんなことが起るなんて。

ドイツ代表に対する私の応援モチベは上がったり下がったりぐねぐねしているが
彼が一緒に行かないなんて、
ハイコがそこにいないなんて、
まだ受け入れられない。

でも頑張ってねマヌ。うううう(涙)
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ドイツ代表 ハイコ・ヴェスターマン

08:29  |  ドイツ代表  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2010.05.30 (Sun)

ビリイの私服

ビリイ私服

モノのついででロシアのサイトを久々に覗いたら
何故かビリイのインタビュー。
4本セットでかなり長尺。
というかその私服はどうなの。
金の細いネックレスもしてんですが
むちむちの上半身とバラ色の頬がなんだかいかがわしいです。
↓まるで街角でお客をひいているのを補導されたようではないか。

ビリイ私服2

ロシア語なのでこれっぽっちも分かりませんが、
シビアな表情で答えている時間が長く、
くだけた笑顔はあまりありません。
何のインタビューなんだよ。
興味のある方は(いないか)こちらにありますのでご参考までに。
→ Динияр Билялетдинов в гостях у "СЭ"

タグ : ディニヤル・ビリャレトディノフ

20:25  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.05.27 (Thu)

ミヒャの事件はどう収束するの?

今日は早く寝ようと思ったのに、
ミヒャどうなったかなと久々にチェックしたら、
どうもつい最近、動きがあったみたいです。
この件に関しての調査は終了した、ようなニュアンスで
読んでいてもエロジジイ側に有利なのか、ミヒャとDFB側に有利なのか
何だか分かんなくてもどかしい。

記事のあれこれをリンクしときます。

FR.ONLINE → Verfahren gegen Amarell eingestellt

WELD.ONLINE → Verfahren gegen Amerell und Kempter eingestellt

SPIEGEL.ONLINE → Verfahren gegen Amerell und Kempter eingestellt

DFB公式 → Amerell scheitert mit Anklage gegen Kempter

RevierSport → Verfahren wurde eingestellt

Kicker → Amerell und Kempter: Einstellungen

もう頭が働きません。
DFBの記事以外は、アメレルの方が満足してるように見えるんだけど
どうなってんの。
またこの事態を受けて、新しい展開に移っていくのだろうか。
ミヒャはまた審判としてちゃんと戻ってこれるのだろうか。

代表戦が各国で多数行われる中、
このスキャンダルのおかげで、早々に今回の仕事から外されたミヒャ。
何もなければ最年少FIFAレフェリーとして、
どこかの小さな国でデビューしていたかもしれないのに。

あかん。限界。寝ます。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ミヒャエル・ケンプター

00:38  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.05.23 (Sun)

0910CL-THE FINAL

0910CL-5.jpg

うーむ感慨深い。
私がインテルを好きで見ていたのは0203?0304くらいかな。
トルド、コルトバ、鉄人カピターノ、マテ兄貴
この試合に出ていたのはサネッティとちょっとだけ兄貴だけだが
このはじけまくる笑顔に、
試合とは別のところでまたグッときた。
コルドバさんなんて子供のようだよ。
いい顔してるなあみんな(涙)

0910CL-F4.jpg

かつてポルトが優勝した時、
力強いガッツポーズをし、何事かを吠えながら、
足早にロッカールームに引き上げて行ったのとは
まったく対照的に、
・・・・ってこれはもしかしてその前の試合だったっけ?
ポルト優勝時はメダルをもらった後、
静かに外してすぐに下がって行ったんだっけ?
すでにうろ覚えでゴメンナサイだが、
ただ今回は、その時と全く違っていたのだ。

モウ様(ええ、もちろん様付です)は選手たちと喜びまくって
笑顔でジュニアを肩車して、
いつまでもピッチで最高の笑顔を振りまいていた。
笑顔に屈託がない。
ココロから素直に喜んでそれを表に遠慮なく出していたのに、正直びっくりした。
素晴らしい(涙)
やっぱチャーミングな人なのよね。

もちろん、インテルの試合展開も素晴らしかった。
ボールポゼッションの数字は試合の内容を何も表わさない。
攻めるチャンスをうかがうためにじわじわとボールを回しても、
出す場所がなくて危なげない後ろの方でボールを回すしかなくても、
出てくる値は一緒だ。

今回もカンビアッソの守備にはほれぼれ。
それから前半のロッベンをぎりぎりで抑えていたキブに変わって
ポジションを移動してきたサネッティもさすがの安定感。
ほんとにこの二人呼ばなくていいのかマラドーナ。
攻撃に転じた時のワンタッチのパスの正確さと絶妙さで
最短でゴール前まで迫る強さ。
おまけにミリートの決定力。
エトーの前線からの守備もジミながら効いていて唸りまくった。
いちいち言いだしたらきりがないくらいチームとしての力に差があった。
だってCLファイナルだもん。
運に助けられ結果オーライで勝ってきて
「せっかくだから」で優勝できるような半端なタイトルじゃないんだよ。
特に守備面は大きく水を開けられてると思う。レベル違うもん。
左で効いていたアルティントップと
何かきっかけ一つでやりそうなオリッチを下げ、
ハームロスなゴメスを入れるあたりで、
バイエルンは勝てないと思いました。

まず守備、そして攻撃、実力を伴ってストイックに勝利を掴んだインテル
願った通りに、ちゃんと優勝して私は安堵。
最後まで得点を許さなかったのも嬉しい。

無駄に荒れることのない、緊張感のある気持ちのいい試合でした。
ハワード・ウエブが目立とうとしなかったのも、
試合が上手く流れた要因だと思います。
ヨーロッパリーグのファイナルの主審といい、
両方ともいいジャッジだったんじゃないだろうか。

これでひとまず今シーズンのサッカーは全て終わり。
こっからはあちこちで代表戦が開催され、
その後いよいよ本番のW杯が始まります。
まあクラブチームその他でまだ気にかかるあれこれはありますが、
モード切り替えて、体調優先で、さらに追いかけたいと思います。

テーマ : UEFAチャンピオンズリーグ - ジャンル : スポーツ

タグ : CL インテル バイエルン・ミュンヘン

22:50  |  CL・その他クラブチーム  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.05.22 (Sat)

フンケルかよ??????

気が進まぬまま今日もボーフム公式をのぞく。
トップにフンケルの顔が。

だあああああああああ????。

ずるずると脱力する。

いいのか。なんでそんなに早く決めちゃうんだ。
よりによって、ヘルタを沈没させたばかりの監督。
面白いサッカーなんて期待できまい。
いやボーフムを立て直せるのかどうかも分からない。
ノイルーラでないだけマシ。
ってそんな最低条件を持ちだしても気分は晴れない。

ホントに大丈夫なのかよおおお。
頭が動かず、山ほどある記事も読む気がしない。


ミムンについては、先日出てたRevierSportの記事くらいかなあ。
→ „Massenflucht?“ Mit Hindernissen (!)

ざざっと読むと、
ミムンとフクスの契約条項の中には、
1部でプレーするという文言が入ってるようだ。
5月末までに移籍金を払えるチームが見つかったら
出ていってもいい、のだろうか。
実際はまだどの選手に対しても移籍の交渉はされてない、と
エルンスト氏が言ってるようだ。
結局、最後は二人ともチームに残ることになるんじゃないの?な結論なのか。

まあね。
フクスはともかくとして、
(彼なら指導次第でもっと伸びると思う)
ミムンについては監督の影響が大きく、
しかも気に入られているからと言って、
コンスタントに力を発揮するかというと
それもちょっと微妙、という感じなので、
移籍の話が進むかどうか、私はあまり考えてない。
どうするのがミムンにとって良いことなのかも
今は正直よくわからない。
まだヘアリッヒがいたころだったか、
ミムンとグローテにカールスルーエが興味を示してる、
な記述はちらっと見たことがある。
でもカールスルーエも2部だしね。
それこそ上がってくる可能性はそう多くない。
まああそこはクレブスもいたはずだし、
チームとしての印象はそれほど悪くないんだけどね。

最終節の後で、ミムンに手紙を出した。
あなたにとっては悔いの残るシーズンになってしまったと。
もう少し出番がもらえれば、また違う結末になっていたんじゃないかと。
今後については、あなたの決断を私は支持する。
どんな時も私はあなたを応援している。

ミムンは今何を考えているだろう。

ボーフムの他の選手たちについては、
既に最終節でクリモビッツとレノさんがファンに最後の挨拶をしている。
契約が切れるのは他にエパレとハシェミアン。
ホルトビーについては、こちらも「1部でプレーする」という条件があるので
他のブンデスのチームにレンタルで移ることになるんじゃないだろうか。
ヤヒアやデディッチは契約が残っており、
W杯後に改めて検討するのではないか。
売れそうなのはスタニ。
買ってくれるチームの名前はまだ出てこない。

まだまだ落ち着かない状態が続くな。あーあ。
[ Mimoun Azaouagh ][ VfL Bochum 1848 ]

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム

22:22  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2010.05.21 (Fri)

W杯の予定

ドイツのリーグが終わったら、
なんか気が抜けて、
サカ関係のネタをあさるのも片手間な感じでございます。

そんななか。
W杯をどうやって見たらいいんだろうと頭を悩ませる今日この頃。
試合がいつあるのか一覧で見れるこちらを参考にしてみてください。
→ W杯2010 地上波/BS/CSテレビ放送予定
チェックしているチームがバタバタ落ちた今回のW杯ですが
それなりに気になるチームはあるわけで
やっぱり毎日、睡眠時間との戦いになりそうです。

テーマ : 欧州サッカー全般 - ジャンル : スポーツ

22:29  |  CL・その他クラブチーム  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.05.18 (Tue)

バラック、怪我でWMアウト・・・

FA杯決勝を見る前に、
ちらっと「バラックが怪我」というニュースの見出しは見た。
うっちぃさんからメールで「バラック、W杯ダメみたい」とメールをもらった。
見るのを後回しにしていたFA杯をやっと見た。
ボアテングの足はバラックの足の甲を踏んで、
横から足ごとさらうように残りの身体が滑り込んだ。
固定された上で横からさらに力が加わったように見える。
ああこれで、ダメにしちゃったんだ。

チェルシー優勝のあと、
バラックもメインスタンド上段にある表彰台まで上がっていったようだが、
ピッチに戻って台の上に乗って一緒に騒いではいないようだった。
でもこの時はまだ自分の足で歩いてた。

この時期、怪我のニュースが入ってくるのだけが怖い。

FA杯決勝という場で、気を抜いて試合をするわけにはいかないが、
ポーツマスの立ち上がりの蟹挟み的なスライディングを、
主審が流したのが、
なんかイヤ?な感じだったのよ。

バラックの不在で、
ドイツ代表はもう終わったかもしれない。
バラックのような仕事をし、相手に強い存在感を感じさせ、
味方にキャプテンシーを示す選手は
今回のドイツ代表にはいない。

キャプテンはシュバがやるんだろうな。
他に適当な選手いないし。

一番しんどいのはバラックだ。
彼にとって最後のW杯だったんじゃないかな。
かける言葉なんて思いつかない。
ただ早く怪我が治ることを祈るのみだ。

もうこれ以上、怪我でW杯を棒に振る選手が出ませんように。
日本代表も大丈夫なのかな。
韓国なんて、中途半端にはやれない相手と親善試合なんて。
大事なのは本番だからね。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ドイツ代表 ミヒャエル・バラック

22:55  |  ドイツ代表  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.05.17 (Mon)

これをベスト盤にしてはならぬ

キスコムにて突然、秋のCDリリース告知に加えて
リクエスト募集のお知らせ。
→ http://www.kisugitakao.com/request/index.html

今の私は相当にヒネくれまくっておりますので、
これを見た最初の感想は
新曲6曲くらいしか入んないのか?であった。

2枚組とは書いてないし。
『余韻』のアルバムのように、1枚の中で前半後半のような構成にするのでありましょう。

次に頭に浮かんだのは。

また王道ばかり選曲してベストアルバムみたいにするつもりじゃないだろうな。
であった。

さらに浮かんだのは。
そうでないとして、リクエストの多かったものなどを精査してセレクトした場合、
きっと私の苦手なお嬢さん向けの楽曲が選ばれるのであろうな。
ということであった。

な感じで
トントントンとこの3つが続けざまに連想されたので、
「なんか騙されそうな気がする」
というのが現在の偽らざる心境であるわけです。

素直じゃないにもほどがある。

まあ制作側の思惑はこちらではどうにも計りかねるので、
あえてファンの皆様に申し上げるとすれば
リクエストをする上で、
今の来生たかおが歌ってどうなのか。
という点を鋭く検討したうえで、選に当たってほしいということである。

細かく言うと、
還暦を迎え、声も低くなり、
艶と伸びにも経年のバイアスがかかっているコンディションにおいて、
少女の切なさや逡巡やときめきのようなテーマを歌ってサマになるだろうか。
聴いてみたい、良い曲だから、という好奇心から昔のアイドルの楽曲をリクエストして
それをこの先ずっと聴き続けたいと思うだろうか。
ライブに行けば高確率で聴ける、
あるいはジャケットやタイトルが違うだけで過去何度もベスト盤に収録されている
数多くのスタンダードナンバーを、
思い出がたくさんあるから、という理由で、
貴重な新曲CDに一緒に入れたいだろうか。

これはラジオのリクエストでも、
ライブのリクエストでもない。
これから先、家で何度も聴くための曲を選ぶ、ということなのだ。
仇やおろそかに選んでいいものではない。

なんてことを考えてるのは、どーせ私くらいのもんだろーよ。

ぶっちゃけ具体的にこんなだったらヤダ、というのがあって。
夢の途中やシルロマやGBDやセカンドラブが入ってたら
やっぱ「損した」と思うし。
好きな人がたくさんいるのを承知の上で言うが、
「恋人の領分」や「雨とピアノ」や「P・R・E・S・E・N・T」
が入っても私個人はぜんぜん嬉しくない。
でも「恋人の領分」は入る気がするが。
むしろ入らないとおかしいと思う。

そして、たとえどんなに私の好きな名曲であっても、
一度CDとして販売されている曲を、
もう一度、今回のCDに入れてほしいとは、まったく思わない。

あーのー・・・
一つ気になる点があるのですが。

リクエストの曲は提供曲アリですよね?
過去歌ったことのない曲でもOKなんですよね?

ちゃんと、あらためて、
今回のアルバム用に歌ってくれるんですよね?


「想い出に残る曲」「今改めて聞きたい曲」
と書かれると、
過去一度も歌ったことのない提供曲は、その範疇に無いように思えてくる。

どんだけ警戒してんだよ。

リクエストは確かに嬉しい。
でも私が望んでいたのはラビリンス?なんだよな。
公式があえてそう言わないところに、これだけの邪推の生まれる余地がある。
なんだか「リクエスト」という形で、ファンに責任を押しつけられているような気がする。
のはいくらなんでも言い過ぎか。


リクエストするとオマケでつくらしいライブCDはちょっと気になる。
「どの曲が届くのかお楽しみに?」
って何パターン作るんだろう。
ヤフオクで取引されるほど活気のある動きになるとは思えないんだが。
それとも一人で何枚も買ってもらおう、という策なのだろうか。
ほかならぬ来生たかおでその戦略は通用するのだろうか。

無駄を承知で言ってみる。
「ライブCDの音源は、習志野でやった「いのちの電話」ライブの
『赤毛の隣人』をお願いします。やり直し込みでも可」


リクエストは出す。
でもきっと私のリクエストはCDにはならないだろう。
だから、ライブで歌ってほしい。
それだけで十分だ。

最後に私のリクエストを3つ。
ちなみにこれは「ライブで歌ってくれ・提供曲バージョン」と同じです。
以下採用確率の高そうな順で書くと。
1・「流れる・・・」:高橋真梨子
2・「夢ではナイト」:小堺一機
3・「Windy Night」:アガペハウス
思い出は特にない。
3については、実現可能性は、ライブにおいても、
ほぼゼロに近いと思っています。
今の来生さんには歌えないよきっと。(←挑発)




あーでも改めて見たら

「もう一度聞きたい曲」のリクエスト

って書いてある。


なんだよベスト盤かよ。ちぇー。

以下コメント欄にて、この話はさらにディープに続きます。

タグ : 来生たかお

15:59  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(34)

2010.05.16 (Sun)

RYUMEI・LIVE@RR??突撃となりのカクロウさん

こっから延長戦に突入です。
ライブレポについてはこちらを参照してください。
→ RYUMEI・LIVE@RR??池尻大橋のパワースポット

ライブが終わり、リューメイさんはあちこちでご挨拶。
来生組は後ろで話をしながらやってくるのを待ちます。

タグ : 小田木隆明 RYUMEI

23:30  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2010.05.16 (Sun)

RYUMEI・LIVE@RR??池尻大橋のパワースポット

行ってまいりましたリューメイさんの月一ライブ。
本日はシンガーソングライターの馬場雄一さんとの2マンライブで、
出かける前に、出番は後ろの方だという情報が入りましたので、
急きょ、腹ごしらえをしてから途中入場することにいたしました。

本日は名古屋からHさん、大阪からKazuhiさんが参加。
前回の兄弟ライブのあとで、次が土曜だと分かってからほどなく、
二人から「行く!」とメールが入って嬉しかったです。
いつも遠方から、本当にありがたいことでございます。

2マンということで、
いつもよりは曲数も少なめ、時間も少なめではありましたが、
そんなことをまったく感じさせない濃さで、
今日もやっぱり大満足のライブでした。

終わってからも色々お話しすることが出来ましたので、
そのあたりのネタもあれこれと後ほど。

急ぎ次回ライブのご案内も。
6月13日(日)18:30?
場所は同じくRockerRoomで。
馬場雄一さんとの2マンです。
出番は前になります。交渉したので決まりです(笑)

リューメイさん、ワタシの記憶違いでした。
13日はグループBのほかにCもあります。
20:30 韓国対ギリシャ
23:00 アルゼンチン対ナイジェリア 好カードです!
27:30 イングランド対アメリカ うわあこれも見なきゃじゃん!っていつ寝たらいいんだ!!
ドイツはグループDでした。お詫びして訂正します。(ブンデス見てるのに…)

すいません、リューメイさん!さらに間違えてました。
↑は12日土曜日の日程。
開幕は11日なんですね。そうだったのか。
なので13日の日程は、
20:30 アルジェリア対スロベニア(グループC)
23:00 セルビア対ガーナ(グループD)
27:30 ドイツ対オーストラリア(グループD)
第1戦はボーフムのファンでなければ(だとしても?)見どころを見つけにくいジミカード。
セルビアは今大会ダークホース的な役割をしそうなチーム。
ドイツはバラック不在でどうなるか読めなくなりました。
(バラックを怪我させたボアテング兄がガーナ代表ってのは皮肉すぎるな)

ではレポはもうしばらくお待ちくださ?い。

***********************

出来ました。
恐ろしいことに一つじゃ終わりませんでした。
時間の余裕のある時にお楽しみあれ。

タグ : 小田木隆明 RYUMEI

23:29  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.05.13 (Thu)

0910ヨーロッパリーグ決勝戦

UEFA杯あらためヨーロッパリーグ、
今大会最初の決勝戦はアトレティコ対フルハムという
ちょっと玄人好みの対戦でしたが、
決勝戦にふさわしい、攻守に緊張感のある見ごたえのある試合でした。
1発勝負にありがちな様子をうかがう時間が長い試合ではなく、
双方の持ち味を生かしながら隙を探していくような展開は、
実に面白かったです。

両チームとも個人的には毎回チェックはしていないけど、
そこそこ見ているチーム。
アトレティコは私が見始めた時から在籍しているペレアが好きで、
まあ彼は試合によってムラのあるCB(でもありSBでもある)なんだが
今日は当たりの日でした。
長い手足と早さと読みと強さが効いてました。
あと今季ブレイクしはじめた若いデ・ヘアというキーパーがなかなか良いのだ。
フルハムはダフとサイモン・デイビスがお気に入り。
デイビスは数年前からいつの間にかビジュアルで気になってたのだが、
(タレ目とちょっとクルクルした髪に弱いのね)
サイドハーフというポジションでチャンスに顔を出すあたりで、
プレーも込みで好きなっていった選手であります。
だからちゃんとウエールズの試合も見てんのよ。
この二人だけでなく、ヨーロッパリーグを見ている間に、
ボランチのエトゥフやトップのゲラを始め、
チームとしての組織の強さに徐々に惹かれていった感じです。
強烈な面白さはないけど、崩れない強さのある堅実なチームだなあと。

今回担当の主審も良かったです。
流すところはきっちり流してプレーを止めずに選手にやらせるので
試合がいいムードのまま途切れなかった。
まだ見た感じは若そうなのに、落ち着いてよく見えてる。
イタリアの主審だそうですよ。
ミヒャもこんな主審になってほしいなあ。
(多分この落ち着いた感じは無理だな。ロビーはなれるかも)

得点の入り方も、流れの中で相手を崩してのゴールで
見ていても気持ちのいいものでした。
フォルランの最後まで集中してゴールに向かう姿勢や、
デイビスの確実に枠を捉えたボレーシュートのカッコよさ!!

UEL決勝2

デイビスは準決勝でも気合いの突破でゴール決めてるし、
のもんさんはゴキゲンです。あーカッコいい。
最後の決勝点も、個人技というよりも、
ライン際まで集中を切らさず、
ゴール前もきちんと目視するだけの余裕を持ったアグエロの強さと
来たボールを外さないフォルランの技術の高さのコンビネーションで生まれたもので、
個人で崩された、というようなイヤ?なもやもや感は残らなかった。
その時間になると、組織で跳ね返していたフルハムに気持ちはかなり傾いていたのだが
終了間際のこの得点の入り方はあまりに見事で、
もう仕方ない、と思える決定打でした。
アトレティコも攻守にいいプレーしてたしなあ?。
おめでとうアトレティコ!!

延長までもつれながら
最後までスタミナと気力で走りきった選手たち。
清々しいいい試合でした。

最後カップを受取って、ピッチに戻って歓喜に沸く選手たちが
それぞれ自分たちの国の旗を背中に巻いているのが
とても印象に残った。
スペイン、ポルトガル、ウルグアイ、コロンビア、
ウィファルシはチェコ国旗もってないのか?(笑)
みんないい笑顔でした。

UEL決勝1

セレモニーはちょっとお金かかってない感がありましたが(笑)
その辺も大会のグレードが上がって行けば、
おのずと盛り上がってくるんでございましょう。
いやでもあのアンセムはちょっとね。
同じメロが続くから高まる感じがないんだよね。渋すぎる。
もっとB級でもガーッと上げてく展開で、
印象に残るものにすれば良かったのにねえ。

テーマ : 欧州サッカー全般 - ジャンル : スポーツ

タグ : UEFAヨーロッパリーグ フルハム アトレティコ・マドリード サイモン・デイビス

12:12  |  CL・その他クラブチーム  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.05.13 (Thu)

終わっていたオンエアと始まるライブ

リューメイさんの話です。

昨日録画しておいた「GO! FES TV」をザッピング。
途中からMCUのインタビューが始まり慌てる。
えっ、今週出てくるの!?
先週の予告では何も言ってなかったからまだだと思ってた。
MCUのライブから3曲がハイライトで紹介され、
リューメイさんもおぼろげに画面に移るシーンが何度か。
「あっ」
言ってる間にいなくなるが。
一番長く映りそうなシーンでは、主役に隠れてまったく見えず。はは。
もう一人の女性コーラスの方はばっちり映っていたのですがね。

そうそうこの時はまだ髪も切りたてのくるんくるんだったのよね。
最初のバラードチックな曲のコーラスとか
聴こえそうで聴こえないのがもどかしい。
3曲目は元気にタオルぐるぐる回して楽しそうでした。
ま、どれも遠目に暗い中に映ってるので、
言われなければ分からないと思います。
スリムでカッコいいのは分かる。

ライブ映像をオンエアしちゃったから、もうこれから先は放送しないかなー。
次週予告で言ってればここでちゃんと告知しようと思ってたんですが。
しかも前に一度紹介した時から、放送曜日が変わってるし。すまん。

さてオンエアは事後報告になってしまいましたが、
今週末はまたマンスリーライブがありまっせ。
15日(土) RockerRoomです。
詳細はリューメイさんのマイスペを見てねん。
今回は弾き語りですよー。ワクワク。

リューメイさん、髪はどんな感じになってるかな。
私は先週末に、例のごとしでまっすぐに伸ばして切ったら
まだ毛先がばらばらしてて、
「響」のミツコみたいで不本意ナリ。

あ。
御大のライブも九州でありますね。
練習の成果を知りたいところだけど、
さすがに九州からのレポは届かないだろうなあ。
魂込めて弾いて歌ってらっしゃいませ!

タグ : 小田木隆明 RYUMEI

00:14  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.05.12 (Wed)

ICH SAGE DANKE SCHNIX!

シュナ引退試合2

最後の試合の翌日、ニュースサイトを巡って見たが、
試合の様子がわかる動画が見つかんなーい。
キッカーのビデオをとりあえずどうぞ。
→ Schneiders-grosse-Abschieds-Gala 

その後、もう少ししたらあれこれと出てきましたよ。

RP.ONLINEのギャラリー。
セレモニー画像が多くて胸が苦しくなります。
→ Ein Lichtermeer für Bernd Schneider zum Abschied

シュナ引退試合1

→ Bernd Schneider auf dem roten Sofa der RP
試合前にバイアレナでインタビューがあったみたい。
最後にバイヤーの仲間たちとの記念撮影があって、
良い雰囲気なんだよね。

シュナ引退試合4

バイアレナマガジンのシュナ特別号にも最後に載っていますよ。
あっ、引退試合のハイライト動画も今ならトップにあります。お早めに。
→ SCHNIX SAGTE DANHE ALLE INFOS

ギャラリーはRevierSportも枚数多いですね。
こちらは試合中の写真が中心。
→ Bernd Schneiders Abschiedsspiel
最後はスポンサーの気球とファンの写真ばかりになっちゃうが。
キースとマルコの絡みが楽しくて、
この二人、レベルとノリが近そうだなと。

シュナ引退試合6

マルコ、帰ってこないかな、バイヤーに。ムリか。
懐かしいジブコビッチの姿も。しかも外ハネジブコだ!!(爆笑)

集まったメンバーと得点経過も公式をどうぞ。
→ Schnix hat Tschüss gesagt
02日韓から見始めて、バイヤーのファンになった私にとっては
「一番最初の私のメンバーたち」で感慨深い。
つかトーマスはいないのか?

シュナは娘と息子を伴って入場。
向かって右のちょっとふっくらなお嬢ちゃんはエメリーちゃんです。
左の女の子はどなたかわかりませんが。
そしてクライネ・シュニックス・ジオバンニ君が激似!
3つくらいになるんかな?

シュナ引退試合5

さて、YouTubeにテレビでオンエアされた分がアップされてきました!
これからまた増えて行くのか、消されてしまうか分かりませんが、
アップしてくれた方に感謝です!!
入場するまで。
→ Bernd Schneider geht
試合の様子。シュナがゴールするたびにバイアレナに響くシュナイダーのコール。
レーマンも今季で引退を決めたのに、お祭りゲームでゴールを守ってくれてありがとう。
→ All Stars - Leverkusen
後半70分の交代、そしてファンとのお別れ。
無邪気にライトを拾って歩くエメリーちゃんにまた涙。
→ Tschüß Schnix

この3本立てビデオを見て、ようやくシュナが引退したことを実感しました。
こんなに多くのファン、そして仲間たちに愛されて、
惜しまれながら送ってもらえるシュナはとても幸せな選手です。

シュナ引退試合3

ありがとう、シュナ。
あなたに会えたことを感謝しています。
スーパーポジティブで熱い職人。
私にとってのキャプテンはベルント・シュナイダーしかいません。
これからの人生にも幸多かれ。

まだまだ寂しいし、吹っ切れたわけでもないけれど。
ほんの少しだけ区切りがついた、ような気がします。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ベルント・シュナイダー ドイツ代表 ブンデスリーガ レバークーゼン

23:26  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2010.05.10 (Mon)

カウントダウン



涙ぼろぼろ流しながら見ています。

今日の引退試合の模様はWDRでライブ放送されるようです。
さすがに日本からは見れなそうだな。

バイヤー公式のシュナの特集ページ。
→ DAS ABSCHIEDSSPIEL: SCHNIX SAGT DANKE

関係者からの沢山の言葉、ファングッズ、シュナへの質問、いろいろと。
バイアレナマガジンは試合のあとでオンラインで見れるようになるようですね。

ブンデス公式のシュナのインタ。
ざざっと読んだだけでもう駄目。
→ "Ich werde dem Fußball erhalten bleiben"

探せばまだいろいろあるんだろうが、
ちょっと見ただけでもう胸がいっぱいになるし、
目頭が怪しいしで、とてもじゃないけど私がもたない。
でももうすぐ、その時間がやってくる。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : レバークーゼン ベルント・シュナイダー ブンデスリーガ ドイツ代表

21:18  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.05.09 (Sun)

喪失

だめでした。

ボーフムはホームで1点も返せず、

前半で3点のビハインドのまま、





言葉が続きません。

いろいろなことがぐるぐる回る。

結局、今のボーフムには1部にとどまるだけの力がないのだと。

この後どうなるのか分からないが、
今はまだ何も考えられない。
もやもやしたいろいろな断片を、言葉の形にしたくない気分だ。



今季は良いことがなかったシーズンになっちゃったな。

月曜にはシュナの引退試合がある。
また一つ区切りをつけなくてはならないのか。

泣きたい。
[ Mimoun Azaouagh ][ VfL Bochum 1848 ]

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム

00:57  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.05.07 (Fri)

残り1試合:ハノーファー戦を前に(追記あり)

ドキドキしています。
明日、運命が決まる。

バイエルン戦のあとで、
チームの雰囲気はとても良い感じみたいです。
選手たちには笑顔が戻り、
最後の試合に向けて集中している模様。
苦しくてニュースをあれこれ読むことはできないけれど、
チームはファンの応援を力に、前向きに闘う気持ちでいっぱいのようです。

ブンデス公式にボーフムのビデオが。
Vorscau の Bochum ist bereit! 参照のこと。
最初の方に少しトレーニングの映像があって、
ご機嫌な笑顔で先頭を走っているミムンがほんの一瞬映ります。

最終節前トレーニング

先頭なんて走んないくせに!!

もうすっかり彼は重荷から解放されているんだなと
嬉しくて、この幸せそうな顔を見ているだけで涙が出そうです。
怪我の話でミムンの名前ももう出てこなくなったし。
きっと今ミムンは心身ともに万全の状態にあるんだと、
・・・どうかな。大丈夫かな?
でもいやがうえにも期待してしまいます。

思い出してeyep.TVを見に行ったら、久々にボーフムの練習ビデオがありました。
バイエルン戦前の、ボシュツ監督トレーニング初日。
→ Das erste Training: Blockade aus den Köpfen rausbekommen
長尺です。ハンドボール形式の練習から、ミニゲームまで、いろいろと。
こちらはその後の4日のトレーニングの模様。
→ Endspiel, Zitterspiel, Rechenspiel
どちらのビデオも、選手たちの表情が明るくて、
リラックスしているのがとても印象に残ります。
ボーフム公式ではフクスのインタビューが上がってて、
彼の表情もまたとても穏やかで、
どうかこのいい雰囲気のまま、最後に最高の試合を見せてほしいと思います。

明るい選手たちを見ていたら、少し、ワクワクした気持ちが出てきました。
でもやっぱり怖い。はあ。
何が出来るわけじゃないけれど、
応援だけは目いっぱい送る。
頑張れミムン、頑張れボーフム

追記:
金曜のトレーニングの日、ボーフム公式の呼びかけにこたえて
1200人のファンがユングスたちの応援に駆けつけました。
それぞれ思いのこもったバナーを持ち、フラッグを振る姿にはグッときました。
選手たちは練習のあと、ファンにサインを書きながら、
ポジティブな力を沢山受け取ったに違いありません!
彼らの為にもすべてを出し切ってホーム最終節を勝利で飾ろう!

最終節前応援
[ Mimoun Azaouagh ][ VfL Bochum 1848 ]

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム

23:18  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.05.07 (Fri)

0910ケンプターズ通信:最終節

いよいよ最後の試合です。
もうすでに緊張してきています。
あーどうしよう。

ロビーの予定が出ています。
ブンデスリーガで線審の仕事。
8日(土)15:30キックオフ、ヴォルフスブルク対フランクフルト
最終節はヴォルフスブルクの放送はございません。

前節パダボーン対アーヘン、ロビーのキッカー採点は2でした。
最後にいい点数もらえました。パチパチ。
来季はさらにステップアップできるように頑張りましょう!

さて。
ミヒャに関してはニュースがまるで見当たらない状態です。
まだ日曜のツヴァイテの予定は出ていませんが、
記事がないので多分休みだと思います。
前触れなく入っていたら嬉しいんだけどね。

今季、ミヒャにとっては大波乱の年となってしまいましたが、
恐れていた最悪の事態は回避され、
あとは復帰へ向けて上手く軌道に乗るだけだと思います。
不安はまだありますが、彼ならきっと乗り越えてくれると信じています。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミヒャエル・ケンプター ロベルト・ケンプター

21:57  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.05.07 (Fri)

まったくワクワクしないドイツ代表

なこと書くとまた突っ込まれそう。
でもここを好んで覗きに来るマニアックな方は、
私の意見に陰ながらうなずく方が多いと思うので
気にせず書く。

ドイツ代表の暫定27人
→ Löw setzt auf Bayern-Block: sieben Münchner nominiert@ブンデス公式
なんかこう、もうどこをとってもどうしたらいいのか分からないメンバーで
W杯の楽しみがまたどーんと失われた感がぬぐえない。

楽しみだったのドイツ代表
一応少しくらいは楽しみだったわよ!
ハイコは当確だろうし、ハントやキースがどんな隙間を見つけて入ってくるのか、
GK問題はどうなるのか、
そこそこ楽しみは自分なりに見つけてたんだよ。
でもクラニーの件があって、
その後でこのメンバー。
楽しみガタ落ちどころか、むしろやり場のない怒り倍増。

経験なのか期待値なのか戦術上のパーツなのか
なんだかちっとも立ち位置がわからんが、
いちいち文句たれるときりがないし、
また言いがかりとか言われるのも面倒なので割愛。
少なくとも、今シーズンの出来は不問だということは分かるが。
ま、それはユーロの時も一緒だったからな!!

食い倒れソーセージ王国からは8人。
クロースは借り物だし、W杯終わったらバイヤーの選手じゃないもん。
だから8人で合ってます。
かつて関係のあった選手は他に4人。(たぶんね)
優秀な人材はソーセージ王国とかかわりがあるのです。
選手を見る目が確かだという証拠ですね。王国万歳!

えーとバイヤーからは
怪我でレネとロルフェスが辞退。
ヘルメスは怪我のせいで今季はそれらしい活躍を見せていないので落選。
キースは得点ランキングの上位に食い込み、
前半戦のバイヤーの勢いをけん引していた実績が買われて選出されました。
なぜかライナーツが選ばれてて驚きました。
彼はまだ早すぎると思います。
マルタ戦要員とはいえ、他にいないのか?
カストロとかのがマシじゃね?
いや、マルタ戦オンリーだとカストロは洒落にならんからか。
にしてもねえ。
バイヤーのファンだからライナーツに関しては言うが、
なんで選ばれたのか分かりません。
バイヤーから一人だけじゃあんまりだからバランス取ったのか?

他にもマルタ要員で目を疑うような選手もおるし、
武闘派枠なんてあったのかよ!(怒)
他にもマルタ戦だけでしょ?と思ったら
なんか暫定メンバーにちゃっかり入ってるDFもいて
どさくさまぎれにしても、あんまりすぎる。
誰とは言わないけど。
どんだけ人材不足なんだよドイツ代表

3人目のキーパーはブット。
今やくいだおれソーセージ王国の守護神。
ここへきてまさかの代表入り。
しかも怪我で離脱を余儀なくされたレネの空席とは皮肉なめぐり合わせ。
まさかまさかで本番のピッチに立ったりしないでしょうね?
だとしたらこの数年注目を集めていたGK問題が、
ホントにただ直視したくないだけだったということがバレてしまう。
ノイアーが立つ可能性がどんどん薄くなっていくような気がするのは気のせいか。

サプライズ、はポジティブな出来事に対して使うもの。
今回のこれは「寝耳に水」と言うよりない。

またこの後、脱落する選手がいる。
もうなんか考えたくないわ。
ドイツ代表ページはすでに内容一新。
ハントのページは闇の彼方へ。やってらんねーよォ。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ドイツ代表

00:05  |  ドイツ代表  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2010.05.03 (Mon)

クラニーはW杯に連れて行かない

→ Kuranyi nicht zur WM@ブンデス公式

レブが電話で伝えたらしい。

彼のやり方はいつもこうだな。

あのええかっこしいが世間の声に負けて、
クラニーを呼び戻すなんて体裁の悪いことをするとは思えなかった。
分かっていたけど、
少しだけ希望の光をちらつかせるあたりがえげつないと思う。
しかもしばらく放置しておく念の入れよう。

「Dieser Traum ist jetzt bereits zum zweiten Mal geplatzt.」
もう2度も、この夢は砕けている。
クラニーのこの言葉が一番辛い。
最初だってあんまりな仕打ちだったのに。
あの事件のあとで、彼を呼ぶつもりなんてもうないくせに、
「世間の声に耳を傾ける」なんてポーズを取ったがために、
いたずらにクラニーの気持ちを揺さぶるようなことになって、
でもそんなこと関係ない。
スパッと「呼ばない」って言えばいいのに。
そこまで残酷な罰を受けなければいけないのだろうか。

代表監督の仕事はクラブチームとは違う。
あまたいる優秀な選手たちの中から、
自分の戦術で生かせる選手を選ぶところから始まる。
既にできているバラバラにあるパーツを寄せて、
短期間で最大限の効果を発揮する形を作って行かなければならない。
しかもドイツ代表の場合は、南の星の御用機関でもあるので、
勝手に問屋を飛ばして発注先を決めるわけにもいかない。
あ、それは決まりじゃない?私の妄想?
こりゃまった失礼いたしました?。

ついでに。
代表GK問題もさー、
どうせ南の星行きを呑むか呑まないかが最大の要因になるんだから
ヴィーゼで良いんじゃない?と思う。
彼なら「オレの実力を良くわかってるじゃねーか」
で胸を張って意気揚々と南の星の正GKの座に就いてくれると思う。
目の前に守備陣がいようといまいと彼なら動じないし、
失点したって「俺は悪くない」で気にしないから向いてるよきっと。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ドイツ代表 ケヴィン・クラニー

23:43  |  ドイツ代表  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2010.05.03 (Mon)

スーパーポジティブシンキング!

33節の試合後の記事や写真を見ていても、
FCくいだおれ太郎のネタばかりで
あまり面白くないのだが、
Bildに載っていたミムンの言葉に、胸が詰まって熱くなった。
→ Bochums Endspiel-Schwur
そこだけ抜き書き。

3カ月ぶりにスタメンに戻ったミムン・アザウアクは言った。
「ボシュツはすでに大きな仕事をやったよ。
彼は僕たちに力強く語り、再び自信を取り戻させたんだ!」
「僕はこの脱出が成功すると、1000パーセント確信してる。
ハノーファーに勝って、僕たちは残留する!」

0910バイエルン戦

ミムンのこの言葉を、私はずっとずっと待ってた。
彼の前向きで力強い言葉はきっとチームを奮い立たせるだろう。
いつだって彼はこういう言葉を使う。
あとは「ファンの力が僕たちに必要なんだ」が加われば完成だ。
1000パーセントだよ!もう最高じゃないか。

ミムンの言葉は大げさだろうか。
単なる根拠のないビッグマウスにしか聞えないだろうか。
多分、前の監督は、彼のこういうところが合わなかったんだと思う。
謙虚さを美徳とする感性には、
ミムンの言葉は浮ついて無責任に映るかもしれない。

でも今までコンスタントに出場機会をもらっていた選手が
いきなり怪我でもないのにベンチにも入れてもらえなくなって、
それでも謙虚でいろと言われたら
どうやってアピールしたらいいのか分かんないよ。
ましてミムンは、確固としたゆるぎない自信だけは持ってる選手で、
それがパワーの源なのだ。
ヘアリッヒの手腕についてはボーフムの仕事だけで決めつけるわけにはいかないが、
少なくともミムンとの関係という限定的な項目については
彼の方から何か改善して行こうという動きが見えず、
この先もまったく展望が見られなかっただけに、
今ミムンがその状態から解放されていることが、ほんっとうに嬉しい。

次の試合はニュルンベルクの動向も絡んで、
残留・入れ替え戦・降格のどの目が出るか分からない。
それでもボーフムはホームで戦えるだけ有利だと思う。
あとは全員で、サポも巻き込んで、火の玉になって90分走るだけなのだ。
ミムンの言葉を聞くと、
それは不可能ではないと思えてくる。

次節、フジの中継カード差し替えてほしいなあ。
上位の順位がほぼ確定になった段階で、
最終節にマインツ対シャルケを放送することにした根拠が
もう無くなってしまったわけでしょ。
かつてJスポがヴォルフスブルクとカイザースの渋すぎる最終マッチを放送したように、
今からでもいいから変えてくれると嬉しいんだけど。
なんて無理を承知で言ってみました。
そりゃ私だって最終節でなければこの対戦を見たいと思うよ。
いいじゃん、両方とも来季もテレビで見られるんだからさー!!
[ Mimoun Azaouagh ][ VfL Bochum 1848 ]

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム

22:04  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.05.02 (Sun)

言葉はばらばらに 0910BL#33




ミムン、12節以来の、スタメンフル出場おめでとう。

もっと彼を使ってくれれば良かったのに。

それでもボーフムがヘアリッヒ体勢を終わらせてくれたことを
私は感謝する。

フクスのフリーキックで1点を返せた。
主審の野郎、ロスタイム取らなかった。
こっから同点に追いつくところだったのに。
つまらん冗談だな。

ハノーファーが6点取るなんて、だれが思うよ。
フジを見ながらPCでカンファレンスの中継を立ち上げて
耳でドイツ語聴きながら、各地の得点経過をたまに映像で確認してた。
フライブルクもケルン相手に逆転してる。
ニュルンベルクはHSVに4失点か。
ヘルタは降格が決まってしまった。
バイヤーのしょっぱい試合で一瞬希望を見ただろうに。
シャルケは、どうしちゃったんだろう。
なんか弱そうなユニになっちゃってたし。

ボーフムは立ち上がりのバイエルンのラッシュに圧されて
結局寄りきられた。
2失点目が瞬く間に入るのだけは何とかならんのか。
まあその後は、あまり相手ががっついてこなかったので、
落ち着くことが出来たけど。

遅すぎる監督解任すぐの試合で、
優勝に片足を突っ込んでいるソーセージ王国(来季はくいだおれ人形ユニ)相手に、
アウエーであの内容なら、もういいことにしたい。
「気持ちが見えない」とか厳しいこと言わないでよ清水さん。
あれでいっぱいいっぱいなんだよ。
監督変わってなかったら、もっと凄いものをお見せしちゃったと思うぞ。

最後まで、ちゃんと走って、チャンスになりそうな動きだって
90分の間に何度も見せてくれたもの。
あの雰囲気の中に飲み込まれないようにするだけだって
相当のエネルギーがいると思う。

次はホームで最後の試合。
まだ望みを捨てるのは早い。
頑張れボーフム
[ Mimoun Azaouagh ][ VfL Bochum 1848 ]

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム

00:57  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2010.05.01 (Sat)

いつのまにやらロシアンリーグ!

盲点。

ちまちまと週末のサカ試合の録画予約をしていたら
「ロシアプレミアリーグ」なる番組が。

ひえええええええ(狂喜)

いつのまにスカパーはそんなことを始めたんだ!!
→ 2010 ロシアンプレミアリーグ 放送スケジュール
しかも4月の下旬から始まってたし!

たしかに、本田圭佑は海外へ移籍して活躍しているが、
それとロシアリーグの放送にまで発想が至らなかった。
そうか、そういう方向は十分にありだな。
トルコリーグだって稲本景気で放送してたこともあったのだ。
W杯前だしなあ。
しかし思い切ったことを。

とはいえ。
もうかなりのロシア代表選手たちは
プレミアにやってきて日常的に試合を見れる状況になっているが。
パブリュチェンコにアルシャビンにビリャレトディノフにジルコフ。
うーん、しかしプレミア目の付けどころが確かだなあ。
あ、私もね♪うっふっふ?。
でもまだCSKAには心ときめく代表選手たちが残ってるしね。
セマクのいるルビンもあるし、サエンコはまだロシアで頑張っているのだろうか。
いやー本田△がいなければ、こんな恩恵にはあずかれなかったわけで、
感謝感謝感謝。
作業の合間に粗いネットの中継でチェックしていたロシアリーグ
テレビで見れるのだ。

うーん、まだ実感ないぞお。
そしてまた忙しくなっちゃったぞお。

テーマ : 欧州サッカー全般 - ジャンル : スポーツ

タグ : ロシアリーグ 本田圭佑

10:43  |  CL・その他クラブチーム  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.05.01 (Sat)

ボシュツ監督、初練習

昨日は夜遅く帰ってきて、突然のヘアリッヒ解任ニュースには驚いたなー。

ボシュツ新監督のもとでボーフムはトレーニング。
最初の集合写真の中に、ミムンらしいのはいるようないないような感じだったが
ボールを使う練習になったらいきなり監督の前でやる気十分なミムン。
まったく、こういうところはどんな監督相手でも変わりゃしないのね。
いいけど。
気合い入った背中が頼もしいぞ。

33節前トレーニング

ボーフムのミムンの写真自体、とても久々なんだよ。
元気そうで嬉しい。

バイエルン戦での予定スタメンは以下の通り。
Heerwagen
- Concha, Maltritz, Yahia, Bönig
- Freier, Maric, Azaouagh, Fuchs
- Epalle, Sestak.
ちょっと構成だけ見るとマリッチの負担がかかりそうだが(苦笑)
全員でとにかくやるしかないんだよ。

相手は優勝を確実にするために一つも落とせないバイエルン。
CLでオリッチのおかげで敵地で0?3で勝利し
恐ろしいことに決勝にまでたどり着いたチーム。
いつの間に内容不問でファイナルに行けるようになったんだCL。
ま、いいけどよ、人んちのことは。

ヘアリッヒのことは、
あのぐだぐだだったボーフムに、
後半戦に入って負けない試合をやらせることができたことは、
本当に驚いたし、力を持っていることは間違いないと思う。
あの時点でのポイントの積み重ねがなければ、
ボーフムはもうとっくに降格確定してただろう。
ただ転機に気付かず、そのまま流れを手放し、
その後立て直すどころかさらに混迷を深める試合を続けたことは、
残り少ない時間を無駄に費やすだけだった。

監督が変わろうと元のままだろうと、
次の試合の結果に変わりはないかもしれないが、
足並みをそろえ目標をはっきりさせたことで、
きっとこれからのボーフムに、ポジティブな何かを残す試合になると思う。
そういう試合を見たいんだよ。
[ Mimoun Azaouagh ][ VfL Bochum 1848 ]

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム

01:23  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2010.05.01 (Sat)

0910ケンプターズ通信:33節

いよいよ全試合同時開催の段階まで来てしまいました。
ツヴァイテの主審の予定がなかなか出てこなかったので、
もしやミヒャが…などと淡い期待を抱きましたが、
今回も出番は回ってきておりません。
レギオネルでもなんでもいいから笛を吹かせてー!
第4主審だって構わないから!!

ロビーの予定。
ツヴァイテリーガで主審の仕事。
2日(日)17:30キックオフ、パダボーン対アーヘン

ただミヒャの出場予定がないことで、
あのクソエロジジイがネタを仕掛けるタイミングが無い、
という状態になっているのかなと。
あまり静かなままだと焦れて何かしでかす気もするので、
注意を怠らないでほしいと思います。
今シーズンはもう難しいかもしれないが
(そんなネタにかかずらわってるほどDFBも暇じゃないだろ)
次のシーズンの始まる間にも、あれこれ仕事の機会はあるでしょうから
復帰へ向けてしっかりと準備をしておいてほしいです。
頑張れミヒャー!

タグ : ブンデスリーガ ミヒャエル・ケンプター ロベルト・ケンプター

00:47  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |