2010年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2010.11.29 (Mon)

しぶとく粘って掴んだ勝ち点3

スパーズ対リバプールを生で観戦。
早く寝なきゃと思うのに、書かずに寝られん。

胃の痛い、心臓が縮まるゲームだった。
お互い最初から切れのいい動きで、攻守の切り替えの早さを見ていると、
確実に好ゲームになることがわかった。
ただ動きの良さと同時に、双方小さなパスミスが散見され、
それが失点のきっかけになるんじゃないかと早くも冷汗が出まくり。

この時期仕方がないのかもしれないが、
この試合も怪我で早々に2選手を下げざるを得なかった。
ラフィは出たり入ったりを繰り返してるが、
好調のカブールの離脱が痛い。
もう一体どれだけこの連鎖は続くんだろう。
とはいえ交代で入ったバソングが、
デリケートな場所での相手の決定機をしっかりと潰し、
大いに力になってくれて助かった!!

前半数回あった決定機をこちらも仕留めきれず
逆に先制点を許してしまったのは痛かった。
もう2枚のカードを切っているのも苦しい。
後半、それでも前節と同じようなハンドでPKを得て、
デフォーが落ち着いてボールを持っていたので、
さすがに大丈夫かなと思ったら、枠を外すとは・・・。
スパーズ3回PKもらって3回外してんなあ、とガクリと来たが、
でも今までも2回、ちゃんとその後点取ってるし、で気を取り直すも
選手たちも分かってても疲労がどっと出るだろうなと、
こちらもどんどん胃がキリキリするような気分に。
幸い、試合は前半同様に、キレを見せつつミスもあるという際どいバランスが続き、
ガタガタ崩れると言うことにはならなくて良かったが、
さすがに飛ばし過ぎた疲れも見え始め、
神経戦に入ってきたなあと。
ハリーも3枚目を切るのを躊躇しているし。
選手たちも怪我したかと思うような素振りをたまに見せるので、そのたびドキドキだ。
そしてキャラガーが負傷離脱。
リバプールのこともずっと気になっているので、
またここで大事な選手がピッチを(今日は)去るのかと胸が痛い。
戦術以前の問題での選手交代が目立ってくる時期に入ってるのか。ううう。

リバプールの方が、内容的にも決定的なシーンは多かったと思う。
メイレレスがグーッと調子を上げ、リバプールにフィットしてきて、
実に怖い選手になっている。
スパーズは1:1の場面でのギリギリの守備でなんとかしのぎ切ったが
寿命がどんだけ縮んだかと。
3,4発入ってたっておかしくない。
だからあの時間に逆転弾が決まったのは、かなりダメージでかいと思う。
最初のカウンターはオフサイドになったが
その後の攻撃はしっかり2列目から抜け出してレノンが決めた。
リバプールには本当に厳しい得点になってしまったけど
でもホワイトハートレーンで負けるわけにはいかないんだよ。

スパーズは、気持ちがくじけてもおかしくないような状況に何度もなりながら
それでも最後の最後まで試合から気持ちを離さずに、
よく粘って走ったと思う。
特にルカの攻守にわたる大車輪の活躍には頭が下がる。
前節に続いて、難しい相手から連続で勝利をもぎ取った。
あー明日も祝杯あげなくちゃだな。

ちょこっと叫んで終わろうと思ったが
やっぱりずるずる書いてしまった。
寝ないと死ぬぞ!

おおっ、ベイルのことに触れてない!!
ベイルはCLで見せた疲労感のようなものは無く、
もう回復したのかと思うような動きで、
結果を残すようなプレーは見せきれなかったが、
それでも手こずらせるには十分の動きだったと思う。
フリーキックを2回外した後、3回目はそろそろイイとこ行くんじゃないかと思ったら
ハンドでPKをゲット。決まんなかったけど(涙)
こぼれ球からのボレーシュートも2回くらいあったけど、
決められず。
あれ決まってたらまたポイント3倍だよ。(何の)
ゴール後の笑顔も屈託なく、元気なんだなと嬉しくなる。
最後の方でもまた足引っかけられて厳しそうな表情で治療を受けていたが
今日も何とかピッチに戻れた。
怪我だけが本当に心配だ。
ちゃんと休みをもらいながら、体をいたわりつつ走り続けてほしいよ。



ちゃまさんの素敵コメントが入ってる(嬉)
明日ゆっくりじっくり噛みしめて読むからね!!
スポンサーサイト

テーマ : プレミアリーグ - ジャンル : スポーツ

タグ : トッテナム ギャレス・ベイル リバプール

03:34  |  プレミア  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.11.28 (Sun)

のもんの恋愛性質の秘密を公開!

こんなことやってる場合じゃないんだが、
あまりに面白かったので。

検索のついでにヒットした占いサイト。
→ 星愛ショウのツカエル!相性占い
相性も占えるようですが、
自分大好きなのもんさんは自分の性質を占ってみました。

結果は以下に。
都合のいいとこだけ抜粋するのもヤラしいので、
性質の部分だけ全部載せてみた。
恋愛性質に大爆笑。
22:30  |  思い出し笑い  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2010.11.28 (Sun)

サッカーボーイズ「明日のスター選手は僕だ!」

突然ですがおすすめ番組。
BS1で6日連続でやるドキュメンタリー
サッカーボーイズ「明日のスター選手は僕だ!」
が面白いっす。

→ 番組紹介ページ(2回目)
「イタリアのプロサッカーチーム、インテル・ミラノとのユース契約を目指し、
イギリスの少年たちが厳しいセレクションを勝ち抜くサッカーオーディション番組」です。

さっき1回目を見たんだが、
イタリアに渡った10人のうち、一人が落とされるところまでが放送されました。
最初の10人の少年たちもキャラが粒ぞろいで、
回を重ねるごとにさらにドラマが生まれそうです。
サッカー選手になる道はいろいろあるでしょうが、
最短距離でインテルに繋がる道に挑戦し、
挫折を味わっていくイタイケな少年たちを見るってのも
なんつーかSっぽいですわね。

10人の中で誰がお好みと問われれば、
迷うことなくベンを選びます。
私の好きなやんちゃタイプ。笑顔もかわゆい。
自分カッコいいと意識してる身のこなし。
移動中のバスの中はもれなく上半身脱いでます。
グラサン姿もクリスチアーノか!と。
スター性だけは十分すぎるほどに持っていますw
クリロナ好きでないと、
「ヤダこんな自意識過剰でビッグマウスでカッコばかり付けてるヤツ。
ちょっとイケメンで上手いからってイイ気になるな!」と嫌われそうですが、
私はこーゆー子は大好き。
インテルとの契約までこぎつけなくても、
いつかどこかで出てきそうな雰囲気を持ってます。

しかしどいつもこいつもティーンエイジャーのくせに
いっぱしの口をききやがります(笑)
でもプロにまで辿りつくには、それくらいの押しの強さが必要なのかもね。

再放送があるのかどうか分かんないですが、
一見の価値ありです。
とりあえず連続なので、明日からあと5回です。
2回目はなんとモウ様(←当時インテル監督)が
サプライズで少年たちと面会だ!

この番組に付いての続きはこちら → サッカーボーイズを見終わった

タグ : サッカーボーイズ「明日のスター選手は僕だ!」

20:26  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.11.25 (Thu)

スパーズ、CLグループリーグ突破

余裕で。

得点を取った時間がらしくてよろしい。
開始6分と前半のロスタイム。
カブール、前節に続いて連続ゴールにビックリ。
ロスタイムはルカがゴール前で落ち着いてフェイクを入れつつループでゴール。見事。
これで8割がた決まったなと。
初戦はこの状況で追いつかれたことも覚えてるけど、
今日のブレーメン相手で後半劇的に何かが変わるとは思えなかった。

ベイルのPKは失敗に終わったが、
その後、ベイルのクロスがバーを叩いてピッチの反対サイドにわたり
レノンがDFをかわしてグラウンダーのクロスを入れ、
クラウチがしっかり押し込んで試合を決めた。

 今日のベイル君

スパーズの前半の得点が決まった時、
いつもならもっとワーッとはじけた笑顔なんだけど、
今日は二つとも、すこし固いような笑顔だったのがすんごく気になった。
試合開始前も実況が、ベイルの出場も微妙だった、と言ってたので
何が原因で、とまで言ってなかったのだが、
やっぱりかなり疲労が溜まってんじゃないのかなあ。
上がって下がって攻撃して守って相手に寄せられて何度も倒されて
左右のコーナーとフリーキックも蹴ってんだよ。
彼のスタミナは折り紙つきだが、それにしたって頼りすぎ。
後半PKになった時に、キッカーがちゃんと映る前に
サポがベイル!ベイル!とチャントを歌ってたので、彼が蹴るのかと驚いた。
私はベイルがPK蹴ってる記憶がないので。
ベイルはボールを持って、後ろの味方の方を何度か見るような感じで、
ボールを置いた後も少し動きが揺れてるようで、
難しいかな、と思ったんですが、
コースが甘くて、なのかキックミスなのか、
ヴィーゼに弾かれてしまいました。
毎度ここで書いても後出しジャンケンなんだけど、
PKが失敗しそうだな、という予想は結構当たる。
ボール持っている時の表情やアクションを見てると分かりませんか?
で、
もしここでベイルがPKを決めてたら、
ベイルはもっと早く下げてもらえたんだと思うんだよね。
結局ここで試合を決定づけることが出来ず、
彼はそのままピッチに残り、
その後しばらくはレノンのいる右サイドとデフォーが目立つシーンが増え、
ベイルもまだまだサイドを突破して惜しいクロスを上げるなど、
得点に絡みそうな動きを見せていたが、
気迫のようなピリッとした動きは少し陰ってきてる、よーな気がいたしました。
いえ難なく突破できるので、パッと見た感じはそういう風に見えないけれど。
そしてベイルがシュート気味のクロスを上げ、バーに当たってレノンにわたり…
でさっき書いたような3点目。
これでもう大丈夫だろう、でニコがその後、交代で入った。
正直、良かったなと。
彼のプレーを見ていたいけれど、
いつ何時でもトップフォームと言うわけではないのだ。
クロスの精度が悪い時や、ツヴァイカンプでボールを奪われる方が多い時もある。
疲弊させてコンディションを徐々に下げていくほうがリスクが高い。
ちゃんとその前に回復させるだけの休みを与えた方が良い。
なんて休む間もなく、週末はまたリバプール戦というビッグゲームが待っている。
うわーん、頑張れベイル君!!

さて、
ジーナスが早々に負傷退場したのが痛いです。
このポジション、つい先だってもハドルストーンが離脱したばかり。
交代で入ったパラシオスは最近また調子を上げ始めているので
替わったからといって何の問題もありませんけど、
でも好調♪と思ってる先から怪我していなくなるのが切なすぎる。
怪我人が途切れることなくジミに続出しているのは本当に困る。
とはいえ、昨シーズンも怪我人だらけの中で
ベンチにいた選手たちにチャンスが回ってきて、
それが大当たりして最終的に4位!なんてことにもなったわけだし、
はからずもローテーションのような形になって、
試合を重ねることでスパーズの選手層も結果的に厚くなった。
のでこの苦境も何とか全員で戦って乗りきって行けたらなーと。
再びチャンスをもらったニコも、分かりやすい結果を残せなかったけど、
代表ではしっかりキープレーヤーとして働いてるわけだし
まだまだ腐らず辛抱して欲しいと思います。
あのフリーキックと、終盤デフォーに出したスルーパスが通っていたら
もっと違ってたんだろうなあ。惜しい。


ブレーメンは、もうどうしちゃったのだな。
マリンだけが孤軍奮闘で、
せめてアルメイダでもいればいいのに帯同すらされていない。
ハントは絶好調とまでは言えないが、動きは特に悪くなく、
でもマリンとハントの二人だけでは、彼も良さが出ないんだよね。
もう一人、昨シーズンのエジルのような選手がいると、
コンビネーションの枠が広がって、いい味が出てくるんだけどなあ。
(エジルが良いから、という意味じゃないんですからねっ)
ブレーメンは得点取れそうな気がしないし、守りも雑なんだよね。
簡単にワンフェイクで抜かれちゃうし、
結局いつもの「止まれなくて体当たり」みたいな
体の固い守備でファウルで止めるしかない。
ヴィーゼも人のせいにばっかりしてないで、
もうちょっと味方を鼓舞するような声のかけ方しないと、
失点なんて減らないよ。
サポはかなり辛抱強く、選手たちを勇気づけるような歌を一生懸命歌っていたけど
最後は声もなく絶望した表情で固まっていた。
せっかく望みを捨てずに駆けつけてきてくれたファンに、
やる気のないプレーしか見せられないのはあんまりだよ。

タグ : CL トッテナム ギャレス・ベイル ブレーメン

12:40  |  CL・その他クラブチーム  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2010.11.21 (Sun)

REVUE:『Add some music』・RYUMEI

そろそろ何か書けるくらいに落ち着いたか?
と思うんだが、
聴きはじめるとどーっと耳が音の微細な網の中に絡め取られて
帰って来れない。
気持ち良すぎて。
買ってからどんだけ経つんだよ!

一体、これ以上何を付けくわえようと言うんだ?
無力さを感じるくらい、楽しんでいます。

今回の新譜の、と、というよりもリューメイさんの音楽の面白さって何だ?
といろいろ考えていて、
「こうだ」と思うそばからそれだけじゃないな、と。
そして次から次へとめろめろな賛辞ばかりが浮かんでは消えていく。
これじゃとてもレビューになんてなりません。


ここまでの文章を書いたのすら、もうはるか前な気がする。


とりあえず私はこんなところを楽しんでます、なことを
以下ランダムに書いてます。
これだけ書くのに一体何日かかったことか。
まだ聴いていない人にとって、
これが参考になるのかどうかすら、もう私にはわかんない。

タグ : 小田木隆明 RYUMEI

22:19  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(16)

2010.11.21 (Sun)

1011BL #13 レバークーゼン対バイエルン

仮眠取って生で見てました。
あ、前節のパウリ戦も一応見ていたんだけど、
中継が怪しかったので、あまり内容を覚えてません。
勝って良かった、くらい(笑)

今の順位とホームであることを考えると、勝っておきたいゲームだったし、
もうひと踏ん張り丁寧に出来れば、勝っていてもおかしくない内容だった。

あ、でも開始すぐの幻のゴールが、
ちゃんとジャッジされて決まってたら、
大きく影響してただろうな。
何度リプレイを見てもオフサイドにしてもらったのはラッキーだった。

な前提で以下ランダムに。

複数の選手が連動しての攻撃は、随分と見られるようになった。
サムとレナトがお互いいいコンビネーション。
これにバルネッタやヴィダルがからんで、
後ろでロルフェスがどっしり構えているのが効いてますな。

ロルはフル出場が増えていて、
復帰の後で上手く着陸出来た感じがする。
体も強くなって頼もしい限りだ。
落ち着いたキャプテンがピッチにいるとそれだけで安心感がある。

デルディヨクはシャルケ戦のあたりから消えてる時間が増えてる気がする。
前は決定機くらいはあったのに(惜しげもなく外すけど)
決定機そのものの数が減っている。
FWいないんだから頑張れよ。
ゴールによっぽど近い動きをしていたのはサムの方だな。

ヴィダルはチリから帰ってきた割に元気いっぱいで驚いた(笑)
向こうでしっかりゴールも決めてきたし!
チリの試合では頭に包帯のような物をしてたんだが(後半からみた)
大事なかったみたいで何より。
PKのシーンは、一瞬上体を動かしてブットを誘った後に逆に打つ技ありゴール。
落ち着いてんなあ。
決まった後はハートのパフォ。
今日はベイル君に続いてハートの日

バイエルンも思ったより調子を上げている感じで、
特にシュバの動きのキレの良さが怖い。
最初からセットプレーでシュバーブがマークを振り切られるなど、
時間の問題かなとヒヤヒヤ。
プラニッチも左サイドバックでのポジションに固定で入る機会が増えて
安定感が増してる気がする。

テンポよく、球際の当たりにも厳しいゲームで、
主審のジャッジも最初は辛いかと思ったが、
結構ちゃんと見ているようで、
選手の方が勝手に判断してイライラしないようにと願うばかり。
ワンタッチのパスや素早い動きに双方の選手の動きも
分かっているものと、条件反射的なものとが混在して、
ギリギリのコースを繋がっていくような展開で、
集中力が切れた方がそのまま押し込まれそうだ。
セットプレーのポジショニングなどが怪しくて、
ここから決められそうな雰囲気がぷんぷんする。
レネの体の動きも見ていて不安にさせるような感じだし。
自陣の際どい場所でファウルをしないようにするのだけが防衛策だ。

何度目かのセットプレー、
ファーになる右サイドにいるバイエルンの選手にマークがついてない、
と思った直後にゴメスにやられた。
マヌーがゴメスの動きを外してしまった。
あとで何度も流れたリプレイを確認したら、
ゴールから距離を置いた中央にいたシュバーブは、手でゴールに近いマヌーに
ゴメスのカバーを伝えているようにも見えるが
ボールの方に意識が言っていて足が止まっている。
さらに右の遠い位置にいたのはサムで、
こちらもボールの方を見ているだけで詰める準備が出来ていない。
ニアで受けたシュバにバイヤーの選手二人が引き付けられ、
シュバのループ気味のパスがゴール前に出された時にマヌーは思わず前に誘われ、
その後ろでゴメスはフリーでシュートを決めるだけだった。
うーん。
以前の師匠なゴメスならともかく、最近はゴールを決めることを思い出してるのに、
マークはずしたら入れるっちゅうの。

まあ前半終了間際に追いついてから、
後半はゴメスのマークはしっかりとマヌーが最後まで責任を持っていたし、
前はフワフワしていたバイヤーの守備も、きちんと連動して奪うところまで
見られるようになってきた。
そうそう、これをもっと洗練させた動きを以前は普通にやってたんだよ。

カストロが復帰してきたのが大きいな!!
シュバーブはまだボールを持って迷ってもたつくのだ。
考えた末に出したボールが味方の助けにならなかったりするし(汗)
クロースに狙われまくってるしw

カストロはその点肝が据わってるので、見ていても安心感がある。
彼が入った後にリベリが入ってきたが、
問題なく対応できていたし。
むしろバイヤーの左サイドを中心にバイエルンに攻撃をやらせているようにも見え、
いいじゃないかと思った。
リベリはまだそこまで広く顔を出してこないし、
とりあえず触らせないのが一番の守備。

クロースについてもついでに。
以前CLの解説で良平さんが「なんでバイエルンに来てあの動きが出来ないんだか」
と嘆いていたが、そんなん「バイヤーじゃないから」です。
彼がまだバイヤーで楽しく伸び伸びプレーしてた時、
「バイヤーにいるから出来るんだからね。帰った先は別のチームだからこうはいかないよ」
とワタシはずーーーーっと思ってたので、ほらね、ってなもんでございます。
フリーキックが決まらないのまでは知りません。

バイヤーの失点は相変わらずセットプレーから起こりそうだったが、
得点は流れの中からのコンビネーションプレーに可能性がありそうだった。
人の組み合わせを変え、ポジショニングも変えながら、
多くのバリエーションで攻撃を仕掛けていて
この感じでもっと調子を掴んで行けたら上向いて行けそうな予感がした。
いかんせん、最後の詰めが甘く、
シュート打ちきるところまで持っていく回数が少ないのが惜しい。

あーあと凄く気になったのが、
レネのフィードが味方にわたる回数が少なすぎ。
多くのボールが相手の最終ラインを超える位置まで飛んでしまう。
それじゃ味方もどうもできないぞ。
ノイアーを見習って精進すべし。
それとセットプレーの時の動きが前より悪くなってないだろうか。
体、重すぎなんじゃないの?
胸板厚くなった分だけ、動きに影響してる気がする。

うーん、
やっぱりこの試合、勝っておくべき内容だったと思う。
まだバイエルンはいつものこの時期のバイエルンではない。
と言いつつ、
最初のオフサイドになったゴールなんて見てしまうと、
勝ち点取れてラッキーだったかな、とも思ってしまう(笑)

次の相手はホッフェンハイム。読めねえ?。
でもこの試合で見せた攻守の連携に、期待を持ってしまう。

なところで、
今日もこれ以上の手直しはしないでアップしちゃいます。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン バイエルン

21:44  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.11.21 (Sun)

ノースロンドンダービーで逆転勝利!!

アーセナルホームのノースロンドンダービー
ここまでの長い歴史の中でも圧倒的に分が悪いスパーズ。
しかも前半はダメダメで臆病なスパーズで
2?0で済んで良かったねな試合を見せていたのに、
後半50分いきなりベイルの得点で反撃開始。

これ、蛸足に遊びに来てくれるちゃまさんが見に行ってるんだよねえ!!
いやー、これだけで元を完全に取ったと言えますな。
パブリンがスタメンで、不思議ゴールは残念ながら見せられなかったけど。

ベイルのゴールの起点になったデフォーの高いジャンプからの繋ぎが素晴らしかった!
拾って胸から滑り落とすようなラフィのトラップからベイルへ足先でながし、
ベイルが受けて中央より右の方からドリブルで仕掛け、
アウトサイドのシュートでゴール!!
私はアウトを使ったプレー大好きなんだよー!
しかもベイルがやってくれるなんて最高だ!
今季何得点目なんだベイル!凄すぎだ!!
ベイル君は小さくハートを作って見せて、
カメラのある方を振り返った時には
「まだ負けてる」ってちゃんと自覚した表情だった。素敵。

こっからスパーズはスイッチが入ったようだ。
こうなった時のスパーズは本当に面白い。
いや前半はグダグダで、ベイルは2人3人4人に囲まれキツイ守備で押さえまくられちゃうし
アス・エコトはまた集中しきってない雑なプレーを見せるし
ギャラスの気合いしか印象に残らないような内容だったんだけどね。
でもこんな内容でも、2失点してても、
こっから追いついたりひっくり返したり、今季は何度もやってるからなあ、
とどこかでまだ思って見てました。

まさか本当に、追いつくならまだしも逆転するとはさー。

2点目はセットプレーの壁に入ってたセスク
(が隣のシャマフの腕を持ち上げてのw)ハンドでPK。
ラフィが早いモーションのあと少し遅らせて蹴る小憎い技で同点に。
その後もスパーズは完全に集中して、
危険な位置での守備も、ギリギリ冷静に踏ん張り
前にはドカンで蹴り出しても、
復活のデフォーが切れのある動きで追いかけるという展開で
流れは半分以上スパーズのペースになった。

逆転弾は何分だったか。
セットプレーからカブールの後頭部ヘッド!
これが上手くコースに決まった!
前半のプレーからはまったく気配すらしなかったゴールが3つも!
ベンゲルはペットボトルを投げつけて大激怒。

88分にベイルが左サイドを突破して猛然とドリブルで仕掛けた時は
鳥肌立ったわよ。
まだこの時間にトップスピードで行けるベイル。
しかもちゃんとクロスを上げるところまで。
ボールは残念ながら味方が3人いる間のスペースに流れたが
これで4点目、なんてことになったらベイルの株はまたドカーンと上がったな。
いやこのドリブルだけでも、十分に震えたよ私は。

これ以外にも、キヨのスーパーセーブや、ルカの際どいシュートや毎度の好守備、
デフォーも長く試合に出てなかったとは思えない仕上がりだったし、
カブールの気合いの守備や、ジーナスの献身的なプレーなど、
言い出したらきりがないが
後半だけは見どころいっぱいだった!
ギャラスはもちろん、90分を通してずっと見どころ満載でした。

ちゃまさん、凄い体験をしたよなあ。
後でぜったい報告してね。待ってます。
次はCLも見るみたいだから、ホームでGL突破の瞬間も目撃してほしいわ。

すぐ仮眠を取るつもりが、
たまらずソッコーで書いてます。
ああもうこの試合で思わず涙ぐむほど興奮したので
バイヤーの試合はまたテンション上がらず見てしまいそうだ。
いつもだと、ここでバイエルンと当たって負けて、
バイエルンは復調路線へ向かいバイヤーは調子を落とし・・・
ってシナリオはもう散々見てきたので
今日はそういう試合にならないように、全力で頑張るように。

タグ : トッテナム ギャレス・ベイル ノースロンドンダービー アーセナル

00:14  |  プレミア  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2010.11.18 (Thu)

日暮里逆上ショッピング

ものすごく久々に、日暮里繊維街のセールに行った。
サッカー見始めてから行ってないと思うから、もう8年以上は軽く経ってるか。
作ってる暇がないのと、
近所のユザワヤあたりをひやかすだけで
たまにヘンなの見つけるくらいで我慢してました。
でもここ最近、なんやかやでずっとチクチク針仕事をしてるので
新しいモノが欲しくなってきたのよ。
家にはまだまだ山盛りの布があるんだが、いいじゃんたまにはー。

戦利品。これでも抑えた。

日暮里2

今回いちばんのヒットは↓右上のコットン。
お釜とお茶碗柄。なんだこれ?!で一目ぼれ。
左も可愛い。洋服のかかったマネキンの柄。
写真ではぼやけちゃってるのが残念。
それぞれ3メートル。

下の二つは帆布。
左は竜と千鳥のデザインがイイ。
右は昔のマッチラベル柄。
それぞれ1メートル。
あとはウールかな?こまかい格子柄のハギレが1.4メートル。
麻と綿の混紡のチェック柄が3メートル。

日暮里1

ホントは安くてまとめてセールになってるようなナイロン生地が欲しかったんす。
ジャケットやコートを作るつもりだった。
ジャケットは旅行の時とかすごく重宝する。
軽いし暖かいし、くるくる丸めてカバンに仕舞えるから。
気に入ってずーっと着てたのがそろそろくたびれてきたので
新しいのを作ろうと思ってたんだがなあ。
でも今日はめぼしいナイロンは見つけられず。残念無念。

さて何にしようかな?。

タグ : 日暮里繊維街

21:41  |  趣味の針仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.11.17 (Wed)

今夜は代表戦でーす

ウェールズの試合はないみたいです。残念なりよ。
でもベイル君は休養できるからいいか。

アルゼンチンは(私の)期待のペロッティは今回も召集されてないようです。む?。
イングランドはキャロルの名前がありますね。うひょー♪
代表として認めていいのか(私生活の)資質が問われておりますが、
まああんなダイナミックなFWをほっとくのはもったいない。
親善なんだし使ってやってくれい。

ネットオンリーで見たいのはロシアかなあ。
パブリン呼ばれなくなっちゃってんのかな。
前は怪我だったと思うんだが。なんでなんでー。

ドイツはスウェーデンとやるようだが、
スウェーデン、エルマンの名前がないよー。
でもベリがいる。うーんどうしよう。
時間微妙だし。

一番気になるのは
明日の朝になるチリ対ウルグアイです。
マティの名前もないんだが(涙)
親善とはいえ、熱い試合にならないかとドキドキ。

でっ。
そういやコパ・アメリカの組み合わせが決まったんだよな、で調べた。
日本がアルヘンとやるのは知ってたけど。
アルヘンこないだやったからもういいよ。
ペロッティが出るなら話は別だが。

私の大注目はグループC!!
ウルグアイ・チリ・メキシコ・ペルー!!!
だあああああウルグアイ、チリ、メキシコのうち、一つは落ちちゃうのね(涙)
(ペルーはどうでもいいらしい)
ブラジルとアルゼンチンを別グループにすると、
結果的に残ったグループが死のグループなってしまうのね。
全部の放送があるのかどうか分からないが、
グループCは全試合見たいよう?(涙)
大会は7月にあるようです。今からワクワク。
問題は地球の裏側時間なのがな。
21:36  |  あちこち代表  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.11.17 (Wed)

28歳はどんな年になるのだろう

Liever Mimoun!
Alles Gute zum Geburtstag!

ミムンは今日で28になります。

1011シーズンが始まる前に、
ミムンは何故かボーフムでプレーすることを拒んで、
移籍を希望していたようですが、
結局マーケットが開いている間に彼に対するオファーは無く、
今はボーフム

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ミムン・アザウアク

07:33  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.11.17 (Wed)

蠅のようなチーム

これが岡ちゃんの目指していたものなのかどうかわからないが、
今のクロッポドルトムントの試合を見ていると、
その言葉が思い浮かぶ。

うるさいのが次から次へとやってきて
体をぶつけて手を使ってそれで取れなきゃ
右から左からスライディングで突っ込んでくる。
何人も何人も。
とにかくコンタクトプレーが多いのだ。
そしてボールを奪ったら蠅が散るように逃げていく。
攻撃面での連動性は見ていても面白いとは思う。
でも守備面でのプレーは、
ファウルぎりぎりすぎて見ていて気持ちが良くない。
清々しさとはほど遠い。
相手が嫌がっているのは効果があるってことだし、
あれを90分やり続ける体力と集中力は買うが。
でも私は好きじゃないなやっぱ。

最近、もう諦めの境地に入ったので、
ドルの試合もまあフツーに見るようになっているんだが、
HSV戦はどーしてもHSV寄りになる。
で、フジのNEXT録画を、たまたま何もしないでテレビだけ見てたんだが
(だいたいなんか手を動かしたりしてるので)
久々に聞く風まの解説が、相変わらずサイテーなのに目眩が。
ドルトムントはチームの調子も良いし順位も上だしカガヴァもチームとして絡んでるので
ネガティブ発言は無いのだが、
(ボーフムの時とはそこが大違い)
HSVについては、ゼ・ロベルトという有名選手のみベタ褒めで
後はまとめてクソ扱いだ。
ここにニステルが出てたら、彼も確実に褒め組だけどね。
風まは有名な選手が大好き。
ヤツの陰気くさい決めつけ解説を聞いてると
知らない人にはHSVがどんだけクソチームなのかと思われそうだ。
見ている方が判断するより早く、
マイナスな決めつけをするのは何とかならないのか。
ハイコの足が相手選手にかかったシーンのスローが流れた時
即座に「踏みに行ってますね」
と切り捨てた時は本気で血が逆流したわよ。ハイコはそんなプレーしねえよ!
まあ一事が万事、そんな感じ。
褒めるとしても「ドリブルだけですけどね」
だけ、は余計だろ。
ミスリードも甚だしい。
日本人目当てでブンデスを見始めた人にとっては気にならないのだろうか。

うんこチームにたかる蠅チームってことか。
なんて思いながら、後半はもうテキトーに見てました。

副音声を付けないのはもはや意地になってるレベルですが、
最初に順位表も出さないのはどういうわけだろう。


そうそう、どの試合だったか、
また残り5分くらいでダ・シルバが出てきた時、
フリーキックの時に見せた彼の表情が素敵でしたね。
「お前らと違って俺はこの5分で結果出さなきゃいけないんだよ」
鬼気迫る感じで、他の誰にも蹴らせない、って顔だった。
ダ・シルバも頑張れ。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ドルトムント

01:06  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.11.16 (Tue)

◎◎ 御大・六十の賀 ◎◎

           還暦

来生孝夫として60年。
来生たかおとして35年。
節目の年を迎えたことを喜ばしく思います。

私はなんだ?かれこれ28年くらいになるのか?
やーね、いつのまにそんなことに。
28年前から今の今まで、来生たかおは揺らぐことなく
私の中で不動のポジションを占めています。

こんな風にネットで語りまくる日々が来ようとは夢にも思わなかったがな。
人生って面白いわねえ。

健康を気にして何かをするとかしないなんてことを
御大がするとは思えないけど、
1日でも長く私たちの前で歌ってほしい。
願うのはそれくらい。

あとは御大が好きなように、好きなことをして、
好きじゃないことはやらないで、
これからも誰のものでもない自分の道を
頑固に突き進んでください。
私も勝手について行くから気にしないで。

 誕生日おめでとう。  

タグ : 来生たかお

00:00  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(37)

2010.11.14 (Sun)

泥だらけの2ゴール

スパーズ対ブラックバーン、
今日はJスポの放送は無くネット頼み。
並行してバイヤーの試合(中継途切れまくり)も見ていたので、
どっちも細かいところまで追えず。
やっぱり試合はテレビで見たいし、
一つの試合にだけ集中したいよなー。

CLでは2試合続けて大活躍だけど、
リーグ戦では二人がかりで抑え込まれてなかなか良いところの出せないベイル君。
連戦の疲れもそろそろ出てくるんじゃないかとひやひやしている今日この頃ですが、
この試合のベイル君は左でダメなら右へ行ったり、
中央に顔を出したりと、抜け道を模索しているようだったな。

まあネットの粗い画面で、2試合同時だと
ちゃんと追えないんだけどね。

しかしここへきて、ベイルがドペルパックとは思わなんだ!!
最初のゴールは右のコーナーキックから、
ニアでそらすようにヘッドで合わせたボール。
これがスパーズの先制点。
その後、パブリンが決定機を思い切り外したり、
その上PKまで外しやがって、
と思ったら、折り返しのクロスにフリーでどかんと豪快なヘディングで2点目を入れたりと、
まったくもってどんだけ不思議ちゃんなんだよパブ!
クラウチの3点目は、パブのシュートのこぼれ球に反応したクラウチが
相手DFよりもするりと早く押し込んだようだった。
そして最後の4点目は、これはラフィが胸トラップでうまくつないだところに
素早く入り込んでシュートしたベイルのゴール。
ここで久々のハートのセレブレーション。
引いた画面に映ったお客さんからも同じようなポーズが見えて笑ってしまった。
ええ私もベイルがハートを作った時に、
おんなじようにPCの前でハートを作りましたとも。うふ。
そしてその後も、チャンスとなれば左サイドを猛然と駆けあがる。
この時間に、まだそれだけの体力を残しているのだから凄いよ。
でもいい加減、ベイル頼みで酷使しまくってる場合じゃないと思う。
太腿や背中にテーピングしながら頑張ってるんだからさー。
うまく休みも取らせてやってくださいませ。
これから一層マークがキツクなっていくことを思うと、
アフターで削られて怪我なんて最悪のことまで頭をよぎってしまう。


久々にリーグ戦で4点なんて爆発しつつも、
中途半端なクリアから試合も終盤に差し掛かったところで2失点と
なんともぴりっとしないスパーズですが、
とりあえず今いるメンバーで守らないといけないからねえ。
踏ん張るしかないですよ。
ホームで勝ち点3取れて何よりだ。

あー前節の試合よりも、こっちの方を放送してほしかったなー。
なんて結果が出てるから言えるんだけどさ。
ベイルのゴールはハイライトを録画して見るよ。くすん。

ベイル君、今季もうゴールどんだけ決めたんだろう。
リーグ戦、CL、代表戦、ヘタなFWよりよっぽど決めてるよ。
そしていつでもユニは最後に泥だらけ。
そんなところも大好きだ!!

画像を探しに行きたいが、今行くといろいろ地雷を踏みそうなので
このままアップしてにやにやして寝ます。

タグ : トッテナム ギャレス・ベイル

02:22  |  プレミア  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.11.11 (Thu)

めろめろな近況

カレンダー

日本密林サイトにある私を誘惑するブツ。
スパーズ2011年カレンダーでございます。
ベイルはもちろん入っているが、ベイルのためだけに買うのは贅沢すぎる気がする。
動いてないレノンを見てもしょうがないし・・・。
パブリンとニコが入ってたらソッコー買ったのにい。

めっきり更新頻度が下がっております。
試合たまりまくってて見るのが忙しいのよ。
ブンデス・プレミア・リーガ・CL・UEL・ロシアリーグ
もろもろチェックしている貧乏性ののもんさんは
結果を知らずに見たいので、最近はネット徘徊も自由に出来ずにおります。
ツィッターをやってる友人たちが今何をやってんだか
もう何週間も把握しておりません。
みなさんお元気でしょうか。

面白かった試合がちょこちょこありました。
プレミア、ニューカッスル対サンダーランド、アーセナル対ニューカッスル。
キャロルが最近めっぽうイイです。
あのバランスのとれた大きなガタイから繰り出すダイナミックなプレーの数々。
特に上半身の動きにほれぼれ。
迫力のポストプレー、打点高く力強いヘッドは敵ゴールに向かうのみならず
自陣での守備にも大活躍。
そしてあの不敵な面構え。プライベートでのお騒がせなどニュースにも事欠かぬ。
甘くて可愛いショートケーキのような選手などお呼びじゃないんだよ。
ボルトン対スパーズはネットで見ていて(ロッテが延長しまくりだったので)
面白かったと思うんだが、
ボルトンの個性的な面々が強力だったからかもしれませぬ。
Mペトロフ、やっぱ最高ですよ!
これは後日ちゃんとテレビで再確認の予定。(そんな暇あるのか)
リバプール対チェルシーも熱い試合でした。
ここからいよいよ上向けるのかリバプール。
リーガでは8節のヒホン対ビジャレアル、アトレティコ・マドリード対アルメニア、と
中堅相手にガツガツ対抗する下位チームのゲームが期待以上に面白かったです。
スペインはビジャレアルとアトレティコ、セビージャが私のマストゲーム。
デポルが全然見れないのが寂しい。チームも調子悪そうだけど。
CLはミラン対レアルが予想外の好ゲームで驚いた。
これは保存してもいいかも。

で。
並行してマーシャルワークアウトで汗を流したり、
手縫い熱が猛然と上がっており、
余り布で服を縫ったり、バッグを縫ったり、
試合見ながらチクチク針を動かしています。
来週は日暮里繊維問屋街の冬のセールがあるので
すんごい久々に出かけてくる予定。
パソに向かうとサカ関連で徘徊がままならないのもあって、
RYUMEIさんのCDかけてめろめろ状態です。
そうそう、ミムンがもうすぐ誕生日なので、
ラブレターを書いて先日送ったぞ。
ドイツ語から離れまくっているので書くのがエライ大変でした。
週末はロッテがなんと日本一になったので
そのお祝いでダンナがおごってくれるので、
船橋の立ち飲み屋以外の飲み屋を物色しなくちゃいけません。
そしてまた試合を見るのがずれ込んで行くんだな。

な感じで、
日々遊んでばっかでなかなかブログの更新にまで手が回らぬ状態ですが
のもんさんは元気です。

以上近況報告でした。

00:23  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.11.09 (Tue)

1011BL#11 レバークーゼン対カイザース・ラウテルン

ざっとでも書かないとまた書かずにさぼってしまいそう。
あれこれ忙しすぎてシャルケ戦のことをちっともかけずに過ぎてしまった。
まああれはねえ、内容があったのがシャルケで運があったのがバイヤーという
何とも切ない試合だったけどねえ・・・。
なところで今日も大雑把に順不同の箇条書き。

守備面での連動した動きが見れないのが不安です。
以前は囲い込んで最終的に奪う、見事な守備の形があったのに、
今は個人が局面で対応する場面が多く、
そこで抜かれたらいきなりピンチ。
どっしり構えて受ける感じがなくて、
どうにもふわふわした感じが漂ってるのが気になる。
今シーズン、バイヤーはずっとそうだ。なんで?

最終ラインで一人だけ後ろに残ってる人がいるのって普通?
どのチームもあんなもの?
オフサイド取れそうに見えるのに取れてないのって、
それが影響してないの?

攻撃面ではアイディアを出そうとしているのは見える。
でもまだ共有されてない面も多い。
ドリブラーが多いので個人レベルで持ってくこともできるが、
そのまま選択肢を狭めて潰れるパターンが多いなあ。
走れてはいるが、攻撃面でも場当たり的な対応が散見される。

あとどいつもこいつもシュートが枠に飛ばなすぎ。
最後の集中、丁寧さにかけ、せっかくのチャンスが台無し。
調子の上がってる選手もいるし、
連戦の中でも踏ん張って調子を維持している選手もいて
そこそこ何人かが絡んで良い形も作れているのに、
一番大事な最後のところが雑だからもったいないんだよっ。

レナトが頼もしかったです!
動きの強さとセンスのあるパス。
サムとのコンビネーションがこれから見れそうな予感。

サムは出場回数が経験に順調に反映されてるようで嬉しい。
バイヤー3点目のボレーシュートは本人もびっくりのクラッセなゴールだった。
ちなみに似たようなゴールをベイルが決めてたけど、
ベイルの方がもっと豪快で難易度高かった。うふ。
まああんなゴールは宝くじのようなものなので、
普通の決定機に枠に飛ばせるように精進してくれい。

ヨルゲンセンもそこそこ出場機会をもらって期待されてるようなので
頑張って早く使える戦力に成長してくれ。
私も期待しておるよ。

ハンノがマルチプレーヤーぶりを発揮していてちょっと嬉しい。
どこでも任せられる働き盛りの選手ってほんと助かる。

相手がスペースを与えてくれてたから助かったような感じだ。
もっとタイトに複数でプレスをかけてきたり、
ハードな守備を仕掛けてくる相手だったら、
この結果にはなってないと思う。
バイヤーの選手たちの立ち位置も微妙に距離があって
味方の動きを見てから自分が動いているように見えるんだよね。
チームとしての自信が感じられない。

2点目のようなゴールがもっと見たい。
レナトが攻撃の口火を切り、ロルフェスとワンツーのあと
ゴール前のヘルメスへクロス。ヘルメスきっちり押し込んだ。
綺麗な崩しからの得点だった。
ロルフェルのスルーパスがお見事でした。

最後の最後に追加点入れられそうなピンチが連続で来るあたりが
集中してなくてヤんなっちゃうよ。

まあ結果的には仮眠して起きて見て良かったと思える試合でした。
そろそろ内容でもすっきり満足させてくれい。

文章ぐだぐだだけど、もうこのままアップします。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン

00:57  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.11.07 (Sun)

ただいま12回表

日本シリーズ観戦中。
昨日に続き15回コースか!?
バイヤーの試合があるので仮眠を取りたいのに寝られねー。
今日で決めろやロッテ!!
22:55  |  それ以外  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.11.03 (Wed)

ご一緒にジャンピングニー

押忍!久々の蛸足格闘部です!

先日の日曜日、また新しいエクササイズに挑戦してまいりました。
グループキック
アメリカで大流行!ってうさんくせー。
これまでやったボクササイズ、マーシャルワークアウト、カーディオボクシングと
基本的にそんな変わりは無いと思いますが、
ボクシング、空手、ムエタイと色々な動きを取り入れて
かなり激しく動いてきました。
インストラクターが違うと、新鮮で面白い。

初めてやったよジャンピングニー。

今までのエクササイズでも、
相手の首根っこを掴んで引き寄せ、膝で顔面を打ち付けるようなアクションは
(言うまでもないが、そういう動きだけですw)
定番で何度もやってきたけれど、
ジャンプしながらやるのは初めてっす。
これムエタイの技だったのね。
飛ぶタイミングが難しい。

あとエルボーも、今までは横にスライドさせるような動きはやったことがあるが
上に振りあげるのは初パターンだった。
「よしなさい!」なツッコミ系の動きから
「いらっしゃ~い」な三枝的動きへ。←これで相手が倒せんのかよ。

ここ何回か、友人で20代の干物娘を誘って一緒にやっている。
だいたい格闘系エクササイズの話をすると食いついてくる人は多いんだが、
じゃあおいでよ、って言うと「時間ない」「遠い」とか言うんだよな。
彼女は「やる!」ってわざわざ車でやってくる。
先日もグループキックのレッスンの後、
続けてベリーダンスのレッスンだったので、(市の施設の無軌道ぶりw)
「面白そうだよ!やっていこうかなあ」と言うので
「せっかく来たんだし、500円だからやってけば」で置いてきた。
私は忙しいから帰ったけど、
あとからメールで「面白かったよ!ハマりそう!」と
ボクササイズをやった時と同じようなメールが入ってきたので
「それは何より。強くて色気のある女を目指すんだよ」と送ったら
「いいね!そうする!」と返事が返ってきた。
誰かこの干物娘をもらってやって下さい(笑)

体重は減ったかどうか怪しいが、
少なくとも腹周りは前より引き締まっております。うひひ。
足がちっとも細くならないのが不満です。

タグ : グループキック

22:49  |  蛸足格闘部  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.11.03 (Wed)

ベイル君は止められない!

スパーズ、CL第4節はホワイトハートレーンでのインテル戦。
今回もベイル君は圧倒的な存在感で
インテルの右サイドをチンチンにさせていただきました。
もう誰がこようが彼を止められるヤツはいないのだっ!

と天狗になってしまうほど、
今日もベイル君は最高に素敵でした。
彼の凄さはスピード・突破力・クロスの正確さ・決定力・スタミナ、冷静さ、
もう数え切れないほどたくさんある。
悪いけど、そんなの前からそうなんだからね。
今更驚かれてもねえ。何言っちゃってんの?である。

でもあれだけベイルに前節やられておきながら、
そしてラファは昨シーズンまでプレミアで戦っておきながら
なぜああもベイルに好き放題やらせてしまったのか。

いい加減、ベイル対策ってのはどのチームだって考えてきてるのに。
そしてベイルだって押さえこまれてしまえば、
力を発揮しきれないパフォーマンスで終わってしまうことだって
まだまだ多々ある。

でもマイコン、ルシオ、サムエル、サネッティ、あと他にもいろいろ、
彼が置き去りにしたインテルの選手は山ほど。
最後のカウンターの時の、最初のトラップだって
ああでかすぎる!と思ったのに、余裕でギアチェンジ。
あの時間帯にまだあれだけの余力と集中力を残している。
トップスピードで自分の出したボールに追いついて、
正確なクロスでパブのゴールをアシスト。
あれでいれなきゃFW廃業!なゴールをパブリンしっかり決めた。
ベイル君はその前の2点目も、クラウチへ正確なボールを上げてアシスト。
今日は3点のうち、2点に直接絡んで大活躍!
チームも(1点は返されたが)3?1の快勝で、
ベイル君もキュートな笑顔満開です!!
私もでれでれ?。

スパーズはその前のマンU戦で、イヤ?な形で失点しているし、
リーグ戦でもまだまだピリッとしない試合を見せたりと
盤石とは言い難いが、
でもこういうスペシャルな試合もまだまだ見せてくれる。
今日は守備も集中してたし、ボールのない場所でもよく選手たちは動いていたし、
見ていて面白かったです!
ヒヤヒヤするシーンだって当然あったけど、
グディチーニがしっかり正面キャッチするボールが多くて
そのたびにまた「大丈夫!」という気持ちになる。


最近はホント、スパーズネタというかベイル君の話ばっかり書いているが
書きたくなる気持ちになる試合をやってくれるのだ。
見ている試合もある。
録画したまま消化していない試合はもっとある(汗)
でもスパーズの試合は何をおいても最優先で見てしまうし、
気持ちが高まってパソを思わず立ち上げてしまう。
他の試合の関係で、ニュースや画像を探しに行けないのが残念だ。

さっ、今日は溜まりまくった試合を少しでもたくさん見なければ。
夜はまたロッテ戦で占領されちゃうからなー。

タグ : ギャレス・ベイル トッテナム インテル CL

11:42  |  CL・その他クラブチーム  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2010.11.03 (Wed)

RYUMEI・LIVE@RR?「Add some music」発売記念ライブ!

記念すべき発売日にモロに台風が来ると言う、
ある意味とても印象に残る日になりそうですね。
まだ雨足はそれほどでもありませんが、
場合によっちゃベンチコートででかけるハメになるか。それはイヤじゃー。
運行状況も気になるので早めに出ようと思います。

戻ってまずはレポの仮書き。
外せない試合は今回すべて放送があるので、
ゆっくり後からチェックできるのがありがたい。
台風のせいで衛星受信出来ないかも、というのが最大の懸念事項。うう。

明日は昼にまた格闘系エクササイズで暴れてきますので
CDを聴くのはその後になります。

なスケジュールで動く予定です。
レポはのんびりお待ちください。

*****************

帰ってきました。
心配していた台風はそれほどでもなく、
駅地下のPRONTで腹ごしらえして外に出たら
もう小降りと言ってもいいような状態。
終わって出ればもうすっかり雨は上がっていました。
リューメイさん、精いっぱいの晴れオトコパワーで、
被害を最小限にまで食い止めた模様。素晴らしい。

ライブはその代わりというか、またも予期せぬトラブル発生で
リューメイさんたちもいろいろイヤな汗をかいたと思うんですが、
終わってみれば大満足のライブ。
今日も最初から最後まで本当に楽しい時間を過ごしました。
ありがとうリューメイさん!カクロウさん!マキちゃん!

お先に本日のお土産。
CD発売記念フォト。

記念ライブ

「ニューアルバム 『Add Some Music』 どうぞよろしくねん♪」

*****************

できました。出来たということにします。
今回はあえてシンプルなタイトルにしてみました。(←いつも考えすぎなんだよ)
中身はいつもと変わらず、うっかりに開くと大変なことになる量が。
お茶でも入れてゆっくりどうぞ。

タグ : 小田木隆明 RYUMEI

00:12  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(51)
 | HOME |