2011年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2011.03.30 (Wed)

本棚:『西遊記』ほか

『西遊記』全8巻:邱永漢(S52.1?S52.08)
高校時代からの愛読書。残念ながら絶版。
色男だけど頑固で、すぐ泣くわめく馬から落ちるさらわれる三蔵様が可愛すぎる。
ダメな上司に使える部下3人と個性的な妖怪や菩薩・如来たち。
当時の社会や経済を背景にした「お金の神様」邱永漢ならではの解釈が面白い。
あとがきを読むと文庫版になる10年前に書かれていたらしい。ビックリ。
今読んでもぜんぜん古くないし。
藤城清治氏の美麗影絵の挿絵がまた素晴らしいのだ。
私の中の三蔵さまはこの本と、
「悟空の大冒険」で野沢那智が吹き替えしてた情けない三蔵さまがベスト。
夏目雅子もイイけど、ちょっとキチンとしすぎなのね。
石坂浩二だとキャスト的には丁度いいんだが(何)

『関係する女・所有する男』:斎藤環(09.09)
最初の章でジェンダーセンシティブの考えに触れていて、
その後で続きを読んでいくと、
男特有・女特有、という視点での記述にふっと立ち止まってしまうが、
読み進むうちに、どちらも程度問題なのだなと分かってくる。
自分の中でも、男性的な考え方、女性的な視点、と物事によって立ち位置は違うし。
「見るは所有の第一歩」な言葉に目からウロコ(笑)
私はサッカーを男性的な視点で見てるかもなあと。
「関係」を見つけてそこに萌える、という女性的な視点はメインにはならない。
「女固有なんて決めつけないで!」と怒って読むと、
せっかく転がっているヒントまで読み落としてしまうと思う。

『路上観察学入門』:赤瀬川原平・藤森照信・南伸坊編(86.05)
これも手持ちの古い本。
今は路上観察系の趣味はさまざまなバリエーションで認知を得ているけど、
これは立ち上がりのあと、ある程度系統が見えてきた頃にまとめた本。
最初の熱気のようなものが微笑ましく、久々に読んで懐かしく思ったり。
トマソンはもうこの時点で形式が出来上がり過ぎてて、
単なる歴史の記録になってるなあ(苦笑)
カケラコレクターの一木氏の話が、今読んでも一番インパクトがある。
一木氏以外にも一人一人が群発的に行動して足で集めたナマの物件の数々。
ネットなんて便利なモノがない時代の迫力。
四方田犬彦のセンスだけは(この本に限らず)私はどーにもついて行けない。

『傷だらけの店長?それでもやらねばならない?』:伊達雅彦(10.08)
図書館で借りてスミマセン。
書店店長のエッセイ、で何気なく手に取ったが
書店の日常の中にある現実の厳しさに、読みながら少し重たくなった。
本が好き、大好きな本を買ってもらいたい、という思いだけでは
どうにもならない、書店の厳しい現実を、まさにその理由で続けていく。
寝る暇もなく忙殺される日々から大型競合店の参入で最後は店を閉じるまでの記録。
私自身が本をもう買ってないし(経済的問題&収容スペースが読書量に見合わない)
本屋に立ち寄ることも少なくなっているしなあ。
ネットで買う物は自分がもう分かっているものしか手に入れられないよな。
ジャンルを超えて思いがけないモノに出会うことが本を読む醍醐味なんだよね。
この醍醐味はサッカーをみること、布を買うことにも通じる。

『もしもし、運命の人ですか。』:穂村弘(07.03)
恋愛が始まる予感のココロの機微を、巧みに拾い上げているのが面白い。
言葉のセンスはさすが歌人。
女性が書いたらこうはならないだろうし、
男性でここまで書く人もそういないだろう。
読んでいる分には、このロマンチックさ加減も「可愛い」と思わないでもないが
自分の隣にいる人が、ほんの一言にこうまでぐるぐる妄想してたらちょっと怖い。
やっぱ予想を超えるワイルド系の方が良いかも(笑)


だいぶ前にここまで書いてあった。
その後で読んでる本もあるけど、
とりあえずそれはまたあとで。
スポンサーサイト
10:05  |  蛸足図書室  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.03.28 (Mon)

3日はDJイベント@RR

リューメイさんの日記が更新されてます。
→ 寒いッス、痛いッス!の巻。
また体壊してるし(苦笑)大丈夫なのかしらん。
来生さんの新潟ライブもちゃんと行われるようですね!
広島、福岡はどうだったんだろう。
どなたか見に行かれた方、タレコミお待ちしておりますよ。

さてっ。
週末、4月3日(日)はRockerRoomでDJイベントがあります。
START・19:00?
参加費1000円と、飲食代はそれぞれ別に。
ってFoodも出るのか。どんな感じなんだろー?

もともと隈さんとなんかやろう、と計画されていたものですが、
このたびの震災が間にあって、
被災された方へのサポートイベントとしての役目もプラスされたようです。
いいんじゃないでしょうか。
まだ現在進行形の困難が山積みではあるけれど、
模索しながら支援の道をさぐるのは悪いことではないはず。
日々やれることからやってみる。

いつものライブとは違う試み。
むしろ今回しか見れない?なリューメイさんに会えるかも。
このイベントで何をやるのかまだ分からないけれど、
とりあえずドキドキしつつ行ってまいります。
そろそろ私にも音楽が必要です。

時間も比較的早いし、興味のある方ご一緒にどうですか。

タグ : RYUMEI 小田木隆明

21:31  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.03.27 (Sun)

ブランケットステッチの縫い方のコツ

ものすごく唐突ですが。
手縫いをやってて、最近気がついたので。

ブランケットステッチの縫い方って、
洋裁の本だと、だいたい右から左に縫うように書いてあるんだけど、
これぜったい、左から右に縫った方がやりやすい。

針を持った右手の動きに無理がないのだ。
右→左だと、糸を針の後ろに回すのに、
自分で右手で引っかけないといけないんだが
(私が不器用なだけか?)
左→右だと、縫った流れで糸が右側に自然に倒れるので、
そのまま次の針を入れるだけで、糸が後ろに回った状態になって
あとは引き抜くだけ、になる。
糸を引っかけるワンアクションが無くなって、すいすい縫えます。

写真撮ってみました。
見えにくいかな。

bag-8.jpg

左から縫った方が、腕の動きも外に向かうのでラクだよ。
右からだと体の内に腕が動くので窮屈な感じになるでしょ。

と、
縫った人にしか分からんような話でした。
でもやる機会のある人は、一度お試しあれ!
体で分かると思います。

タグ : 手縫い ブランケットステッチ

17:22  |  趣味の針仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.03.27 (Sun)

1011-2BL#27 ボーフム対コットブス(続き)

またあとで、ってほったらかしてました。

リンク追加のお知らせ。
よくコメントをいただくreisさんのブログです。
私よりもずっとボーフムへの愛にあふれています。
彼の文体は、怒っていたり嘆いていたりしてもふんわりしていて味がある。
人柄なのかも。

→ 怠け者の備忘録(フスバル編)

この一つ前の試合は、震災が起こった直後で
見てはいてもどこかふわふわしていた。
ミムンがゴールを決めたことが、私にとっての救いでした。

さて、
ホームでコトブス戦。
ポイント差はそれほどなく、確実に勝っておきたい相手。
ボーフムの選手たちの動きはそう悪くは無いのだが
全体にミスが多い。
やりたいことは見ていても分かるが、
トラップミス、パスミス、合わない呼吸、味方に渡らないスローイン、
などなど、防げるミスが多くてなかなかリズムが出ない。
プレーがちょっとずつずれていて、やり直してる間に好機を逸して後ろに戻す、
なシーンが多くてもどかしい。
いつもはもっと効いてるコプリンも今日はイマイチ。
それでもテセへ良いパスを渡したが、今度はテセの最後のトラップが大きすぎて
シュートを打つ前に相手にカットされてしまう。
前半そんなペースでフラストレーションがたまり出したようなところで終了。

後半、少し修正するかと思ったが
あまりそういうこともなく、
せっかくのコーナーからのチャンスも、
こぼれ球の処理をミスってカウンターの大ピンチとか
なんか相変わらずの試合運び。
丁寧にやるだけでもっと楽になるはずなのに。

コトブス、リスタートからシンプルに、
2列目の選手が飛び込んでシュートを打ってきたが、バーに当たって難を逃れる。
この試合の中で一番際どいシュートだった。
ボーフムはこの時、縦に突破してくる選手をカバーできていなかった。
この辺から相手のペースが続き、ボーフムは堪える時間。
相手の方が勢いと精度が上がってきている。
ボーフムは今のままだと、またまぐれみたいなゴールを期待するしかないのか。

ミムンは今日は、ちょっと昔のプレーに戻っちゃってるかも。
動きは良いが踏ん張りが利かず、
気持ちが先走って持ちすぎて囲まれて取られることが多い。
表情を見ても「うまくいってない」って思ってるのが分かる。
ミムンだけでなく、
どの選手もだんだん個人レベルで頑張ってどんづまって、取られる展開になってきた。
今日はダブロも存在感が薄い。
66分、早くも2枚替え。
テセとヨハンソンが交代で、フェデリコとデディッチが入る。

これが何でか当たったんですねえ。

ミムンがドリブルで中に切れ込みながらダブロとワンツー、
受けてさらに左のコルクマツへパス。
コルクマツがまた中にドリブルで入りながら、
3人に囲まれつつボールを何とかキープ、
右にフリーでいたフェデリコへ一直線のパス!
ダブロの前をスルーして渡ったボールを、
フェデリコ落ち着いてゴールにまいて決めた。
ビックリしたよ!!
力強くミート、でもないが、いつもの拍子抜けするような力ないシュートでもなく
アイスカルトなゴールでした。70分。
で、りプレイを流してる間に、
もう自陣でピンチで
ルーテが足一つでクリアしてる映像に戻るあたりがボーフムだよ(大汗)

コトブスが73分に、一気に3枚替え。
相馬選手が出てきました。
右からいきなりすごい勢いで駆けあがってきたりして、怖いです。
残りは15分以上。ここからが長い。
今日はでも絶対に3ポイントが必要なのだ。
相手に攻め込まれながら、際どいところを何度も切り抜けるボーフム。
ファウルもらえてるうちが花だよ。気を付けろよー。

ミムンと相馬選手のマッチアップが何度も。
見ごたえのあるシーン。
相馬選手、かなり存在感あります。
気合いの金髪も似合ってるし。
残りまだ10分。まだまだ気が遠くなるほど長い。
いきなり相馬選手ミドルシュートとか打ってくるし(涙)
枠を外してはいたけどかなり鋭くて
ルーテがカットしたが怖いのなんの。
その後に続いたコーナーから、コトブスのヘディングシュートが今度はバーに当たるなど
生きた心地がしない。
ミムンもフリーでパスを受けてシュートするシーンがあったが
相手に当ててしまう。
そこは確実に決めなければいけないのに。
コトブスにさっきから何度打たれてるんだか。
1発のロングパスから一気に仕掛ける動きも多い。
枠に飛んでいないだけで責められまくっている。
もうやだあああああ。

ミムンがインターセプトから、中央へ見事なスルーパスを通すも
デディッチがシュート体勢に入ったところで寄せられて倒れる。
そこはもうちょっと後ろを意識して踏ん張れよ!
ボーフムのゴール前はヤヒアがファウルをもらってしのぐばかりで、
これだっていつスルーされるか分かんない。
時間が少なくなるほどにコトブスのチャンスが増えていく。
本当にこれで最後まで持ちこたえられるのか。
デディッチは気合いだけで精度と詰めが甘く、
フェデリコは体が固く重そうな動き。
マルが倒れて時間を使いだすが、外に出されるからあまり好ましくはない。
最後しっかり攻めきって敵陣で時間を使いたいのに。
時間稼ぎの交代はミムン。トスキがロスタイムに入る。
こちらも微妙なファウルをもらって、相手にイエローを出させるなど
微妙な時間の使い方。
ヤヒアもここが正念場と倒れまくって文句言って時間を使う。
しかしリスタートがチャンスにならず、
逆に相手がドカンと大きく蹴ってくる。

ボーフム、よれよれながら勝ちました。
ほんと、どうしてこんなにファンを消耗させるの。

貴重なポイントをホームで死守し、
アウエとフュルトが分けたおかげで、少し楽になった。
上位とのポイント差も詰まってきた。

でも今日みたいなプレー、ぜったい上がったら通用しないからねっ。

コトブス戦勝利

とりあえず喜んどけー。
[ Mimoun Azaouagh ][ VfL Bochum 1848 ]

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム

17:14  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.03.24 (Thu)

パニックにならないために

私のいる団地の棟は、当面計画停電やらないんだって。
同じ団地でも別の棟はやってるらしいんですが。
フーン。

先日も紹介したTwitterを毎日チェックしているだけで
冷静で詳しい情報がいろいろと入ってくる。
Twitterはこういうヒトを見つけると利用価値が高いんだなあと実感してる。
→ http://twitter.com/HYamaguchi
膨大なネットの中の情報を、手探りで探すのには限界があるもん。

そこで紹介されていた、現在の電力使用状況が分かるサイト。個人作成。
無駄にカッコいい。
→ http://kanmisikou.net/lab/power/

ボランティアに関するブログ。
→ 西宮市議会議員 今村岳司氏のブログ
3月13日、14日のものと合わせてお読みください。

震災は自分探しのネタでも自己満足の具でもない。
誰にでもやれること、必要なことは必ずある。
相手を元気にしてあげたい、希望を与えたいという優しい気持ちは
決して間違いではないが
そこに思い上がりは無いか、自分が気持ちイイだけではないのかと
常に謙虚に振り返りたいと思う。

放射線に関する専門家の講演記録。
→ 2011年3月21日14時- 山下俊一氏・高村昇氏「放射線と私たちの健康との関係」講演会
→ 2011年3月21日14時- 山下俊一氏・高村昇氏「放射線と私たちの健康との関係」質疑応答
食べ物に関して不安を感じている人は是非読んでほしいです。
一般的に誰もがもつ疑問に丁寧に答えていて分かりやすい。
テレビでニュース見てると、数値報告ニュースと「安全です」解説が交互に流れて、
安心させたいのか不安を煽りたいのか理解に苦しむが、
これを読んだら、二十歳すぎの大人には問題ないことがわかったよ(笑)
このブログでは他にも記者会見の文字起こしを掲載しているようです。

11:17  |  それ以外  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2011.03.22 (Tue)

1011-2BL#27 ボーフム対コットブス

日本のための黙祷。
ミムンの姿を見てグッと来てしまった(涙)

1011-2-27-1.jpg

なんとかホームで勝ち点3を死守。
久々に見るボーフム、というか2部の試合は
ミスが多くてもどかしい。

コルクマツが3人に囲まれながらもボールを繋ぎ、
交代で入ったフェデリコがフリーでシュート。
ゴールにまいて入れるような軌道。
コルクマツにボールをパスする前の動きは
ミムンがドリブルで相手をしぶとく抜きながら、
中央でダブロとワンツーの動きを入れ、
コルクマツへパスを出したところから。

ゴールに至るまでの選手たちの動きは粘り強く、
いいコースを運んだ結果で
素晴らしいものだった。

でもな。
ゴール以外の部分は、
やりたいことはとても分かるんだが
技術がついてってません、な内容で、
自分の目が、そこまで見ていた試合に引きづられているのは百も承知で
それでもなお、これでいいのか?と。
もう少し、ボーフムの選手たちは上手かったと思うんだが。

とりあえずここまででアップ。
こまいところはまたあとで。
→ できました。コチラ
[ Mimoun Azaouagh ][ VfL Bochum 1848 ]

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム

08:18  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.03.21 (Mon)

かっさらわれた監督

抵抗できずに、差し出すしかないバイヤーって何。

Robin Dutt wird neuer Coach bei Bayer 04@公式

ハインケスの成果は3年目に実を結ぶと思ってたのに。
なんだってこっちに白ソーセージの不調のとばっちりが来なきゃなんないの。
自分より調子のいいところの主力の引き抜きはあのチームの常套手段とはいえ、
あまりに露骨で胸糞悪い。
頼むからこのあとで選手まで連れて行くのだけはやめてくれ。

しかしなんでこのタイミングで?
すぐ動揺するバイヤーの選手たちのプレーに影響しないのか。

残り試合を考えると、
バイヤーはまだ難敵が残っている。ハノーファーもわりと厳しい。
最終節がフライブルクってのも、どんな因縁なのか。

少なくとも、
バイエルン戦に勝って、相手の進路を断たねばならない。
ハインケスの置き土産として、これだけは譲れない。
CL圏内もこのまま確保しなければならない。
この二つだけ、頼むから残して行って(涙)

ドゥットについてはよく分からない。
46歳は監督としては若手の部類。
CLという舞台でどれだけのものを見せられるのか。
若さの勢いは悪いけどバイヤーには無いものなので、
ちゃんとした戦術とローテーションを組まないと、
最悪の事態になることも予想される。

今はこれ以上考えられない。
悲しくてしょうがない。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン

23:03  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2011.03.21 (Mon)

1011BL#27 レバークーゼン対シャルケ

現在の順位、置かれてる状況に対して妙な緊張もなく、
普通にサッカーやれていて
バイヤーは無事に完封勝利。
これでいい。

センターバックがライナーツとシュバーブという時点で
かなりヒヤヒヤしたのだが、
前から守備やって後ろの選手は前向いて処理する、というやり方を守っていたので
下手に裏を取られて見失うシーンは思ったよりも少なく、
中盤の運動量に支えられて、バイヤーは上手くゲームを支配出来てたと思う。

シャルケの監督が変わって、
すぐにラングニックが指揮を執るわけではなかったのも運が良かった。
もちろん、ファルファンの不在が一番、
バイヤーにとって幸運だったのは間違いない。
うっちーの攻撃力がここで半減するもの。

デルディヨクは、UELの最初の決勝トーナメントで点を取ったあたりから
しょげしょげした動きが見えなくなってきたようだ。
今日のゴールはいつもなら打たないようなシュート。
でもそれが入った。
ゴール上隅に、綺麗にすっと落ちた。
その後は、割と調子落ちる前の感じに戻ったかも。
簡単そうなプレーで精度を欠いたり、持ちすぎて取られたり。
あまり凹んでないあたりも前のコンディションに戻ってんのかも。
落ち込んでるよりそっちの方がいいけど、
決定機は丁寧に頼むよ。

フジの清水さんは、シャルケのプレーを見るのに忙しく、
バイヤーに関してはバラックの動きしか追えないようで、
バラックのことしか話さない。
彼が中盤の良い位置につねにいる、と何度も繰り返してたが
そこがバラックに課せられたポジションなんだから当たり前だ。
バイヤーなんだから守備もやって当たり前。
あのポジションであればゴール前に顔を出すのも当たり前。
特別扱いされてるとすれば、
コーナーキックの時はバラックの頭をかなり意識していたことくらいか。
バラックも普通によくやっていた。
別に他の選手と比べて飛び抜けたことはしていない。
むしろ、同じ程度のミスもあったし、
仲間との動きが合わない所も多々あった。
全体的に今日のバイヤーの選手たちの動きは、
ちょっとイイ、あたりで安定してたように見える。
ヴィダルも相変わらずいいカバーに入ってたし、
サムのするするとした抜け目のない動きも顕在。
ハンノもベテランらしく、応急処置的なポジションでも順当なプレー。
ロルフェスも落ち着いて捌いてたし、
レナトも良く全体を見てチャンスを作ってた。
レナトもバラックも同じ黄色いシューズなので、
一瞬見間違えるが、両方とも同じように働いてたよ。
まあ私にはレナトの方が、チャンスをより多く作っていたように見えたけど。

なんかUELが無くなって、すっきりしたんじゃないのかな。
ビジャレアル戦の初戦は、相手が何故か大きくメンバーを落としてくれたことと、
(ニウマールとカニとサンチがベンチってありえねえよ)
立ち上がり、落ち着いてプレー出来ていたので、期待したんだが、
途中から華々しくガス欠。
足も頭も動かない中で、ベンチの対応も遅く、
結局フラフラのまま気合いも出せずにやられて終わった。
私当初からライナーツってあまり評価高くないんですけど、
(不景気な顔のせいもあることは否定しない)
ほぼ全試合に、時にポジションを替えつつも出場し、
フル出場の機会もこれだけあるってのに、
ここへきてもまだ、ここまでの成長、ってのはちょっとどうなの。
もうちょっと何とかなっててくれてていいんじゃないのか。
まあハッギも最初のころは頼りなくてしょうがなかったけど、
その後グンと伸びて安定したからなあ。
待つしかないのか。
でもキースが激怒するのも分かるっての。
第2戦は、すでにバイヤーの選手全体に諦めムードが漂ってて、
やりたくなさが、如実に表れていた。
別になにが決まったわけではないのに、
ああなってしまうメンタルだけは信じられない。
これを監督のせいにされてはかなわない。

まあ、そんなボーナスステージが終わったことと、
現在、上とのポイントは多少縮まり、
下のポイントはこの試合分くらいは余裕があり、
そのさらに下はもっと余裕がある、という状況で
バイヤーは特に緊張することなく、試合に入れたのかなと思う。
まだ残り試合も残っているし。
今後またドルが危うくなって来たり、
ハノーファーが負けなかったりすると、
途端にあわあわして、浮足立ってしまいそうだが。

とりあえず、今日は上手くやったと思います。
きちんと決めたのは最初の1点だけで、
その後は、決定機がありながら決めきれない、
普段にありがちな内容だったのが不満ですが。
70分ごろに全体に自陣に引き出して、
ブレーメン戦でやらかした痛い目をまた見るつもりかと焦ったけど、
すぐ修正して前からプレスに戻ったし。
試合の後半に入っても、疲労で足が止まることもなく、
お互い助け合いながら最後までミスを最小限にプレー出来ました。
裏を取られなかったのもそうだし、
ヤバい位置でのファウルの数も少なかった。
その二つを丁寧に処理するだけで、ピンチというのは大きく減る。
あ、バルネッタの復活は大きなポイントだ。
時間は少ないながら、トップ下の位置で危ない場面で守備に入ったり
動きは思ったよりもずっと良いようだ。

次はアウエーでカイザース戦。
おおっ、何かしでかしちゃいそうな雰囲気がする。
いつもならこういう相手で、こういうタイミングの時に、
落としてしまうことが多い。
さて、今季のバイヤーがいつもと違うのかどうか、
ちゃんと見せてくれよ。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン シャルケ

12:06  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.03.19 (Sat)

フルーツバスケット!

テレビを見ていて暗い気持ちになってるのもなんなので
気を取り直してELなど見ているが
バイヤーもチェスカも私の気分を晴らしてはくれない。
両方とも途中で投げて昨日は不貞寝。
今日、バイヤーだけはなげやりな気分で最後まで見たが、
ピッチに立つ選手たちの気持ちがさっぱり分からず困惑する。

ロクにニュースも見ていなかったら
いつの間にかマガトが辞めさせられて、
ホッフェンを辞めたラングニックがやってきて、
マガトはヴォルフスブルクの監督にすぐさまおさまっていた。
いきなり追い出されたリトバルスキーがどうなったのかは分からない。

まあそれはいいんだけど。

どうしてバイエルンの監督が辞めさせられると
バイヤーの周辺が騒がしくなるのだ。

いつだって白ソーセージの連中は(ファンも含めて)
ひとんちのものを、自分ちのもののように話す。
現役だろうと何だろうと、頓着しない。
一時瀕死の状態だったバイエルンを数試合で救った、
という突如として美談を思い出して
今フツーに他のチームで指揮を執っている監督が
「次に来る監督」として当たり前に語られる。
バイヤーの都合なんて一言もない。

EL見てたらルディ・フェラーが弱気発言したらしいネタを話してた。
目を付けられたら断れないのか。

私はハインケスで良い派なのだが。

今彼が置かれてる位置がよく分からない。
ELでは結局、惜しいところもなく敗退したが、
最後のドイツチームとして踏ん張ったし、
リーグ戦も2位の位置につけている。
そりゃドルが独走しているのと、
いつもならもう少し元気なチームが軒並み躓いているせいもあるだろうが
バイヤーは躓かないでこの時期になっても下降線をたどらず
そこそこの状態をキープできている。
失速し続けたここ数年を思えば、大きな成果だと思う。
頼りないベテラン、試合経験のあさいぴよぴよ、
中堅と言うにはまだ不安定な主軸たち。
そんなメンバーをやりくりして、ローテーションして、
怪我人も出ながら何とか持ちこたえた実績は十分あると思うんだけど、
そんな風に超ポジティブなの私だけなんだろうか。
ハインケスが経験値を基にいくら指導しても、
そういう風に動いてくれない選手(動きたくない、とかじゃなくて)
をもどかしく思っている、
と私は見てるんだけど。

バラックがどうだこうだと言う話もあるようだ。加藤サンが言ってたが。
興味がないので調べる気もないんだが。
でもなんか言う前に、コンディションしっかり整えてくれよ。
今の状態だと、出したら次怪我しそう、な使い方しかできないじゃん。
怪我がちなのは覚悟してたけど、
正直、ここまで力をあてにできないとは思わなかったもの。

それでも、
内部がどうなっているのかに関係なく、
外部の巨大組織に目を付けられちゃったら
仕方なく差し出すしかないのか。
立場弱いなあ。

次の監督とか、もう探しに行ってるのかな?
ファンが喜ぶような夢の見られる監督なんてそうそういないと思うけど。

来年はCLがあるんです。
選手も出たことない、監督も出たことないじゃ困るんだけど。
そんでリーグに手が回らず下位できゅうきゅうとか。
冗談じゃないよ。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン

17:59  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.03.19 (Sat)

ルール地方でチャリティマッチ

チャリティゲーム

3月27日にボーフムのスタジアムで
チャリティマッチが行われるようです。
公式のニュース。
→ SuperPott kooperiert mit Aktion Deutschland Hilft
このポスターはその前から見覚えがあるので、
もともと計画されていたゲームに、
日本に対する支援の活動も組み入れてくれたのかな。

今更ながら、
シャルケ、ドル、ボーフムとルールダービー(ボーフムはオマケのような扱いですが)
を担う3チームのいずれにも、日本の選手が所属しているというのは
驚くべきことだよなあ。

ちょうど代表ウィークに開催される試合。
ニュースだけでも日本に届くといいのですが。
>[ VfL Bochum 1848 ]

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

12:05  |  ブンデス  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)

2011.03.16 (Wed)

買い物前に落ち着こう

188764_141499222583038_100001688830090_262336_737593_n.jpg

STOP PANIC BUYING
買ったもん、賞味期限が切れても食えよ。
20:27  |  それ以外  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2011.03.15 (Tue)

ミムン、今季初TOR!復帰後初TOR!

地震で大変なことになっているのは重々承知、なんですが。
サッカーちょっと見させてください(泣)

ツヴァイテリーガ、26節アーヘン対ボーフム
ミムン、スタメン出場で1ゴール、1アシストです。

15分、ミムンが右サイドから、クロスのような大きな振りで蹴ったボールは
そのまま左の隅へループで吸い込まれて行きました。
キーパーの頭上を越えて。

こんなタイミングで、ミムンのゴールが生まれるなんて。
どーんと胸がいっぱいに(涙)

後半、コルクマツとのワンツーで、アシスト。
他にもぐるりとゴール前を横切りながらのシュートは
キーパーのセーブで阻まれました。
調子が良さそうなミムンです。
次もぜひスタメンでお願いします。


今日はごく簡単にこのへんでオシマイ。

明日から計画停電始まるようです。

追記:
試合後のテセ。震災にあわれた方へのメッセージ。(少し大きくなります)

355774_m0w757h504q90v36235_23536575.jpg
[ Mimoun Azaouagh ][ VfL Bochum 1848 ]

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム

00:46  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.03.12 (Sat)

とりいそぎ

地震の被害が広がっているようです。
昨晩、電力が足りないと市内放送があったので、
不要不急のネットは無用、とテレビを見ています。

コメント欄では近況を書いていますが、
船橋在住の私は大きな被害はなく無事です。

これから徐々に色々な状況が分かってくるでしょう。
被害が少しでもも少なく収まるようにと願っています。
かつてない被害の広さと大きさで言葉もありません。
千葉でも余震が断続的に続いていて、こんなの経験ないし。

どなたなまもご無事で。
10:36  |  それ以外  |  トラックバック(0)  |  コメント(25)

2011.03.08 (Tue)

35th Anniversary Tour 初日・坂戸~40年の時を経て

いよいよ来生たかお35周年ツアーが始まります。
おめでたい年なので、今回は全国を回ります。
初日は坂戸。
以前は初日目当てに行ったもんですが、さて今回はどうなりますか。

はるばる行ってくるよ。
天気が良くて何よりだ。

レポはちょっと時間かかると思います。
感想はお好きにいつでもいくらでも。

***********************

帰ってまいりました。
行きは爆睡していて早く感じたのに、
帰りは乗り換え忘れそうなくらい長かったなあ(笑)

初日、素敵でしたよ。
行って良かったです。
駅からもそんな遠くなかったし。

あっ、行く前に売り子さん出没情報を追加するの忘れてた!!
本日も売り子さんの前には行列ができておりました。
感謝感謝。
来生さんも今回はちゃんと「シンガーソングライターのRYUMEI
って言ってくれてた(笑)
売り子さんはこのあとの会場でも毎回出没するようです。
新しくフライヤー(チラシ)も作って一緒に入ってますよ!

レポはまたあとでゆっくりと。
週末は試合てんこもり&明日はテレビ買いに行く予定なのだ。

1曲タイトルが分かんないのがあるんだよなあ。
メンバー紹介のあとの1曲目。誰かこっそり教えてビッテ。
 ↓
解決しました。鍵コメさん、鉄さん、ありがとう!

***********************

ようやく完成です。
ネタバレOKな方はお入りください。

タグ : 来生たかお 小田木隆明 RYUMEI

00:19  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(33)

2011.03.07 (Mon)

ボーフムの試合はあとでまた

25節ボーフム対カールスルーエ。
なんで2部の試合、土曜日にやるんだよう。
出かけていたので、見れたのは85分くらいから。
テセが同点弾を入れた後だった。
首っ玉にミムンが抱きついているリプレイが出てた。

今、選手交代状況を見たら
ミムンは後半に交代で出ていたのか。
キッカーの予想スタメンとかなり違うメンバーで入ってるんだな。
フンケルは直前になって何を考えたんだろう。

まだボーフムTVに加入していないんだよね。
世界情勢の影響で、ユーロがじわじわまた上がりだして困ってます。
入っとくんだった・・・。

デッキに録画してある試合を見るのを優先していて
ネット徘徊もままならない状態です。
ボーフムのこの試合の状況を調べるのはまだ先になりそうだ。
今日2部の最後の試合がありますね。
ここで引き離されないようにしたいところですが、どうなるか。
[ Mimoun Azaouagh ][ VfL Bochum 1848 ]

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム

23:02  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2011.03.07 (Mon)

1011BL#25 レバークーゼン対ヴォルフスブルク

土日出かけてると試合が消化できない?。
放送あるだけ助かってる。
やっとシャルケ戦とバイヤーの試合を見終わったところ。
プレミア、リーガは手つかず。ミッドウィ?クにはもうCL&ELだっ。

なところで手短に。

バイヤー、手堅かったです。
最初ベンチを見た時は、ダメかも、と思いましたが
ヴィダル、ヒーピア不在の中、
マヌーまで早々に離脱するというアクシデントもありましたが!!
落ち着いて攻め、落ち着いて守り、相手の調子にも助けられつつ
3?0の快勝です。

実況が試合の中で「バイエルンが負けたので」と言ったので、
相手はどこだと今調べたらハノーファーとは!
今季に限っては本物なんですねハノーファー。
でも慣れないことすると来季残留争いすることになるかもなー、
なんて今から心配です。

マヌーの怪我は、肩甲骨にひび?
現段階でまだはっきりしたところは分からないながら、
長く離脱することになるかもしれません。
まだライナーツがおぼつかない中、教育係1名がいなくなるのか(汗)
倒れた時の映像では、そこまで、とは思わなかったのに、
当たったところがまずかったのか。
1日でも早い復帰を願っています。

でっ。
ヒーピアはいないし、ベンチには実質3人しかいないってのに、
誰がセンターやるんだよ!と思ったら
ヴィダを右サイドバックに入れてシュバーブとライナーツの泣き顔コンビですよ。
大丈夫なのかよ?。
シュバーブ、センターバックやったことあったっけ??

でも結果的に、
中盤がかなり頑張って、キースも前からガンガン守備やってくれたので
後ろは裏を取られるようなシーンもほとんどなく、
サイドからの突破は何度か受けたけれど、人数かけて処理。
前向いての守備が多かったので、慌てるシーンも多くなかったと思います。
マヌーがピッチをさってさらに厳しくなったこの状況で、
とにかく何とかしなければ、自分がまずミスをしないように、と
集中できたのかもしれないですね。

それでも、ピッチ狭しと駆けまわって攻守に威力を発揮していた
ヴィダルの不在はかなり大きいかと思ったんですが、
今日はレナトが同じ仕事をやってくれました!
いつもはもっと気持が出過ぎて精度に影響してしまうんだけど、
今日は落ち着いてボールを処理出来てたんじゃないかな。
ロルとベンダーの後ろにまで戻って、ゲームを組み立てに入るなど
ホント、ヴィダルさながらの動きに感動してしまった。

バイヤーのシュート最初の2つは、少しラッキーな部分もあったかも。
ベンダーのシュートは、ミートしなかった分、
スピードと角度が目測と違っただろうし、
レナトのシュートは、あれは止められておかしくないような質だったもんなあ。
3つ目のキースのゴールは、キースの集中力と執念のたまものです。

途中で入ったヴィダは、ここまでの出場機会を思えば及第点だと。
シュバーブのようにオーバーラップすることはあまりなかったけど、
サムがその分ガンガン行ってたので問題なし。
守備では体を張って、慌てず対応できてました。
1度横からカットするナイスな守備があって、
その後気を良くしたのか、自陣でもたもたこねくって相手に取られるという
ヴィダルのようなマネをして、ちょっと頭痛くなりましたが。
まあ結果オーライ。ご愛敬ってことで。
ヨルゲンセンはもうちょっとアピールしても良かったんじゃないかなー。
消極的な安全策を取るプレーが目立ってました。

ヴォルフスブルクは後半エムボカニを入れてきて、
一発ドーンで攻めてくるかと思いきや、
やはりジエゴあたりがいると、
パスやドリブルで繋いで、って形になってしまうのかな。
イエローは多かったけど、手荒に雑に飛び込んでくるようなシーンも少なく、
バイヤーは対応しやすかったと思う。

まあ次はそうはいかないけど。
ビジャレアルの方が、あらゆる面でバイヤーよりも上だと思う。
ベストメンバーだったとしてもどうかと思うのに、
怪我人状況が厳しい中で当たらなければならないのが辛い。
それでもバイヤーらしく、やるべきだ。

今回、最後までゲームのペースを崩さず済んだのは、
前線からのプレスを最後まで続けたからだと思う。
早い段階で相手を追い込み、
たとえ奪われても正対して守ることができれば
バイヤーは強い。
自陣に追い込まれたところでセットプレーになると危ないが、
そこでカットしてカウンターに持って行ければしめたものだ。
今回は使える人数が少ない中でも、
開き直って落ち着いて、点を取っても変わらない姿勢を続けたことで
一番いい結果を出したと思う。
前節、ブレーメン戦で高い授業料を払っただけあるよ。
慌てて不安定な守備をすることもあるし、セットプレーのマークも怪しいが、
守りの形をちゃんと取れれば出来るんです。
ザルが2位になんてなれるわけがないでしょ。
引きこもりなんて、慣れないことしないで、
バイヤーはバイヤーのやり方で守ればいい。

バイエルンがこけたことで、少し楽にはなったが
まだ残り試合でどうにでもなる状況だ。
3位と4位は雲泥の差だが、2位と3位の間も
同じCL圏内とはいえ大きな大きな差がある。
最後まで気を抜かず、選手をやりくりして、
その中で残り少ない今シーズンどんどん経験を重ねて、
来季に繋がる力を付けてほしい。
来季に入ってからが本番なんだからね!

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン ヴォルフスブルク

22:51  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.03.03 (Thu)

解禁!SONGS

***************************

再放送のお知らせ。
4日(金)1:30? ※木曜の深夜です。NHK総合。
7日(月)17:30? BS2。

ご注意!
以下の地域の方は、再放送時間が変更になっています。

→ 近畿地方(大阪・京都・兵庫・和歌山・奈良・滋賀)にお住まいの皆様へ
   SONGS“
来生たかお”再放送時間変更について

4日(金)の分が、
3月9日(水)2:45?3:14に変更になります。
※ 火曜深夜です。NHK総合。

***************************

場所だけとりあえず。
私を待たず、好きに語ってくれたまえ。

***************************

放送見たっ。
録画忘れてた!(爆笑)
慌てて途中からボタン押して、今再放送の予約も入れましたよ。
NHK、グッジョブでした。感謝感謝感謝。

***************************

放送直後から熱いため息の聞えるようなコメントの数々。
ありがとうございます!!

こちらもよーやく出来ました。
以下本編でございます。



番宣は、その日の朝見た。
まだ半分寝てる状態でテレビつけたら
いきなり来生さんだった。
おおおおおおお!!
「夢の途中」と「セカンドラブ」がちらりと。
正面向き!!!大丈夫!!??
と寝ぼけながらも焦る自分。
あっという間に過ぎ去る映像とともに、
本放送へのわずかな不安(笑)

5分前からテレビの前に座って待機。
ニュースが終わると突然始まるのだこの番組。

まさかいきなりロケ映像&御大のご挨拶とは。

そしてDVDの録画マークが点灯していないことに気が付く。
でええええ(汗)
テレビの映像はそのままで、リモコンで操作。あぶねえあぶねえ。

NHKってカメラを上手く意識させない撮り方をするんでしょうかね。
以前の「音楽夢くらぶ」出演時も、
緊張はしてるんでしょうけど、画面からはあまり分からず、
自然な感じで歌っているなあと思ったのですが、
今回も落ち着いた歌いっぷりでしたね。
テレビの来生さんて、見てるこっちが緊張しちゃう時があるものね。

ついでだからその時のレポもリンクしとく。
この時は30周年でお呼ばれしたみたい。
→ このたびの本格音楽番組出演について語る

編成陣の豪華さについては、私は不見識なので多くを語れません。
そこはお任せします。
アレンジはライトで、テンポも早くて良かったと思いますよ。
最近のライブのゆっくりしたテンポになれた耳には、むしろ懐かしくもあり。
親しみやすい軽さが出てたんじゃないかなあ。
お洒落にアダルトで豪華、でも何気なく聴けて、
来生メロディーを素敵に彩ってくれましたね。
久々にストリングスと共演する来生さん。
来生メロディーは格調高いアレンジにもぴったりハマる。
今回すべての曲を編曲していただいたのは、アルバムでもお世話になった渡辺俊幸さん。
素敵な解釈で魅力を存分に引き出してくれました。ありがとうございます。
またこういう贅沢なライブも見たいよなあ?。無理かなあ。
私個人の好みで言えば、もっとアコギの音を聴きたいんだけど、
エレキってところが、また軽くていいんだろうねえ。

この早さでやるとメドレー3曲も30分の中で聴けちゃうんですよね。
お得感がありました。
ライブだと「え?」とか言うくせに(笑)
というか、一般のお客さんに
少しでもたくさん聴いてもらえるような構成にしてくれて
ほんと感謝してますよ!!
これを機会に「ああ懐かしい」「また聴いてみようかな」
という気になればしめたものです。
他の回をほとんど見ていないので比較はできないのですが、
メドレーって珍しくない?
通常4曲のところを、オサリバンをひとくさりとメドレーで3曲、
あと普通に3曲でしょう。
トークの量や懐かし映像も適量だったし。
いやー、感謝感謝感謝。

メドレーは映像的にもすんばらしかった!
番宣でちらっと見た正面アングルだったけど、
ぱっと見た時に「足が長く見える!!!」と驚愕。
そしてお腹回りを巧みに鍵盤で隠しているので
上と下を繋げるとスッキリしてるように錯覚する!凄い!!
なんとなく、ピアノを弾く映像は横から、な先入観があったが
いやーん、この手があったのかあ、と目からウロコ。
(以前ライブの時に、正面向きアングルでピアノを据えた時もありましたが)

エピソードは、前回ラジオでやった時よりも濃かったんじゃないかなあ。
ラジオの時は、話はたくさん聞けたけど、
すでに知ってるような内容が多くあまり新鮮味を感じなかったんだが
今回はコンパクトながらツボを押さえてて、
ラーメン屋での話なんてちょっと感動しちゃった。

動く仕事場映像も、貴重だよねえ?。
写真では見ていても、やっぱり臨場感が違う!
違うアングルでいろいろ映してくれて、
そこに来生さんがいて、
飾ってあるジャケットや、使いこんでいる様々な品、小物の一つ一つが
実に良い雰囲気でおさまっていて、
来生さんの体温を感じる部屋だった。

「Goodbye day」
僕に歌い続ける勇気をくれた曲、には正直驚きました。
「勇気をくれた」?
いえ、気持ちはそうなんでしょうけど、
なんか「感動をありがとう」「背中を押してもらいました」的なニオイがして
一瞬逃げたくなりました。
こういう大雑把な言い回しが苦手なんだよっ。

SONGSは映像が素晴らしいですよね。
茜色にけぶる映像の中央にピアノ。
印象的なハーモニカの音色。
こうやって聴くと、
タケさんのドラムとはまた違うんだなーなんて思ったり。
最後のサビは「オーーーーーーオォーーッオ?」と高く飛翔するのが好きなんだけど
やってくれませんでした。
ちょっと消化不良ナリ。

ロケ地が長野とは。そして小津つながりだったとは。
こんな機会じゃないと行けなかったのかも。
良かったねえ来生さん。
しかし何か違和感あるなと思ったのは、
やっぱ来生さんて東京都下・郊外のイメージだからだな。
まるごと自然の中にいる来生さん。
ちょっと地元民のようにも見えw

冬の冴えた空気が見えるような、いい風景でしたね。
囲炉裏端でお茶を飲む来生さんがまたイイんだ?。
さすがにコーヒーじゃないよね(笑)
年相応に素敵な雰囲気だったなあ。
月子さんがコメントで「座布団を足で」と書いてあったので
爆笑しながらチェックしちゃったよ。
確かに!足で!自然に!!

そして忘れてならないのが
この時の一言ですね。
35年、一貫して変わらない曲作り、は来生たかおの姿勢として
ファンはもう承知で、これを支持して聴いてきてるわけだけど、

「僕も今60歳。
改めて自分の音楽人生を振り返り、
ずっと変わらない音楽への熱い思いを、
再確認することが、出来ました」

熱いぞ来生さん(感涙)

これが他のアーチストなら、
陳腐なお決まりの、シメに収まりのいい自動的な言葉と
聞き流してしまうんですが、
来生たかおが言うと、「あえて」という重みが加わって
何やら感慨深いです。

60歳という年になって、
なお情熱を口にしてくれるんだと、
驚くとともに、
嬉しくてじーんとしてしまいましたよワタクシ。

そして最後、新譜から選ばれた1曲が「針の雨」とは!!!

「え」
止まっちゃったもの。
意外や意外!
驚き、そしてニヤリとさせる喜びがじわじわっと広がる。

コレがあるから、事前に曲を知りたくないんだよね。

今までピアノに隠れて歌っていたのが、
最後はスツールに腰掛けて。
一瞬、ボタンのツレ具合に「むむ」と思いはしたものの、
青いライトと引いたアングル、
そして何よりタートルネック。
黒いタートルをジャケットの中に着ることで、
首から下がスッと伸びて、これまたスッキリ効果が!!!!
喉の下にためこんだどんぐりも分からないし!(入れてない)
さすが国営放送!さすが有能でセンス溢れるSONGSスタッフ!!
こうまで見事に、来生たかおをスリムに見せてくれるとは!
もうビックリですよ!
え?CG!?(うそです)

生ストリングスで聴く「針の雨」
しっとり色気のある大人の歌詞。
静かで暗さのあるエレガントなバラード。
こんな曲、テレビで聴けないよ?
「僕は もろく途方に暮れる」
なんて歌詞見てたらゾクゾクしたー。

さてっ
テッテー的にほめちぎったところで
最後ちょっと気になるところを少々。
やはり喉が圧迫されているんじゃないでしょうか、肉に。
空気の通りが悪いなあ、と端々気になったり。
やはり「破たんなく出せるのはここまで」というセーブした声に聴こえてしまうのが
残念でもあり寂しくもあり。

ライブではもう少し出るはず。
初日、お願いしますよ。
あさってじゃん、早いなあ。

曲目リストとアーチストはこちらで確認してください。
→ SONGS・来生たかおのページ。

あと、ついでと言っては申し訳ないが、
検索の途中で見つけた御大に関するブログの記事。
なかなか面白いです!
「ジャンル」や「音楽」という言葉で言いたいことが、
私のイメージするものとかなり近くて
うんうん、と頷きながら読んでしまった。

→ 来生たかお研究~@みどりのろうごくblog様
いきなり美女がどどんと出てきてビビりますが(笑)記事は読みごたえあり。

タグ : 来生たかお

11:03  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)

2011.03.01 (Tue)

SONGS~準備編(追記あり)

***************************

本放送は、2日(水)22:55~。NHK総合。

再放送のお知らせ。
4日(金)1:30~ ※木曜の深夜です。NHK総合。
7日(月)17:30~ BS2。

ご注意!
以下の地域の方は、再放送時間が変更になっています。

→ 近畿地方(大阪・京都・兵庫・和歌山・奈良・滋賀)にお住まいの皆様へ
  
SONGS来生たかお”再放送時間変更について

4日(金)の分が、
3月9日(水)2:45~3:14に変更になります。 
※ 火曜深夜です。NHK総合。

***************************

新譜の時間差店頭発売を前に、
御大、いよいよ営業モードに入ってまいりました。
      
     
「 S O N G S 」
          
ついに出ちゃうよ!

後回しにしてましたが、番組最後に次回の予告があるようなので
あわててアップしときます。

@SONGS NHKオンライン
SONGS系の番組をまとめた総合ページです。

トップの画像にそのうち御大がシャアッと現れるのでしょうか。
ドキドキしますね(いろいろな意味で)
再放送の予定などもここでチェックできます。
SONGSってフツーのとプレミアムとあるんかい。
モルツかよ。
御大はフツーの方で出ます。NHK総合。
アンテナをお持ちでない方にも、広く楽しんでいただけますね。

放送前に曲目も確認できるようですね。
「ゆず」のページを見て「栄光への架け橋」がなくて安堵いたしました。
うっかり聴いてしまったらどうしようかと。
わっ「Hey和」ですってよHey和!!ウヒャー

また、放送が終わったあとでは、
さらにその曲についての詳細なデータもアップされるようです。
サポートアーチストの名前なども。

はい、ここで「えっじゃあ!」と思われた方に残念なお知らせです。
RYUMEIさんは出てないそうです。先日本人に聞きました。
なんだよー。

えー御大の予告編は2月23日(水)「ゆず」の回のおしまいに流れます。
番組放送時間は午後10:55~午後11:24。 
お忘れなきよう。

そして本編は3月2日(水)です。
座して待て。

これでカッコいい来生さんが出て来なかったら
受信料返してもらうかんね!(とんだとばっちり)

タグ : 来生たかお SONGS

22:39  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(20)
 | HOME |