2011年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2011.06.27 (Mon)

マーカスのシーズン開始

ニュルンベルクのトレーニング開始は26日でした。

マーカスの今季の番号は7番です。
マインツで最後につけていた番号に再び戻ります。

ニュルンベルクに強いニュースサイトってどこなんだろ。
そっちの方はノーチェックなので、めぼしい画像を探せない。
とりあえず公式のマーカス。

マーカス初日

さ、さすがに少しオジサンになったか。
でも柔らかな雰囲気がイイ感じです。

ニュルンベルクの今年のユニがなかなかカッコいいので
欲しいんだけど、
(胸のスポンサーがアレですが)
どーもここも日本への発送はしてないようなのだ。
以前ドイツに行った時に、街中にあるファンショップに行ってみたのだが、
買ってすぐプレスしてくれるような雰囲気でも無かったんだよねー。
ダメ元で問い合わせしてみようかなあ。

スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ニュルンベルク マーカス・フォイルナー

23:45  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.06.22 (Wed)

2部の夏は短く、1部の冬は短く、

私の休みはどっちも短いと。
ふざけんなー!!

ブンデス11-12シーズンの対戦表が出ました。
ツヴァイテが7月の半ばから開幕するなんて聞いてないよッ(涙)
ぜんぜん休みないじゃんか!
しかも南米選手権やってるっての。
せめて7月くらいは、気ままにサッカー見たかったよ。
なんで一緒に開幕しないんだよー。

で、エアステはじゃあミッドウィークとかにやるわけ?
と両方の日程表を動かない頭で見比べていたら
どーも1部の方は、ウインターブレイクが短くて、
1月半ばから始まるらしい。
2試合おいて2月から2部が再開する。

これはいったい何の嫌がらせですか。
ボーフムが1部に上がれなかったからって、
こんなヒドイ仕打ちが待ってるなんて。
ユーロがあるから前倒しになるのは覚悟してたけど、
なんで時間差開幕。
節電!?
いや、むしろのもん家的にはぜんぜん節電にならないだろ。


考えてみたら
どーせプレミア見てるんだから、
年末年始だって休みなしなんだよな。
って慰めになってねー。

まだまだのんびりしていたいのに、
いきなり叩き起こされたような気分です。
しかもあまり他の人は関係ないところが納得いかないです。
ちっくしょー。


あ、ブンデスの開幕について触れていませんね。

3年続けてマヌエル・フリードリヒに対するピンポイント攻撃で
頭が痛いです。
開幕でマインツと当たるのはもう2シーズン前にやったでしょうが。
新鮮味がないってのー。
そういう個人的な小ネタが絡まないチームと当たりたかったなー。


考えてみたら。
前半はずーっと1部と2部で試合数が違う状態で進むわけですね。
頭が混乱しそうだーーー(涙)

タグ : ブンデスリーガ ツヴァイテリーガ ボーフム レバークーゼン

00:19  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2011.06.20 (Mon)

ようこそ般若くん

バイヤーのスタートっていつかなーと久々に公式を見たら
ベアンスが。

あ、シュールレか。
ってキミいくつなの?

般若くん1

見るたび顔が変わっていくような気がする。ゴツく。

最初に意識した時は、ボーフムとの対戦でゴールを決めた時。
なんかおばちゃんみたいな顔の選手に決められちゃったよ、と良い印象がない。

般若くん3

たまに見ると、こんなだっけか?と思う顔になっている。

般若くん2

般若のよう。怖い。笑ってるのに。
私はマインツの試合をもう見ていないし、
彼が活躍していると聞いても見てないので何とも言えない。
早くからバイヤーへの移籍が決まっていたし
ドイツ代表にも選ばれているので、きっと可能性のある良い選手なのだろう。
マインツも5位に入ったことだし。
すまん、開幕当初はELに出るなんて思ってなかったから、
重要な戦力の引き抜きになってしまった。申し訳ない。

シーズン途中で、ベアンスってこんな顔だったなと思い出した。
きっと彼も大人になったらこういう顔になるんだろうな。

般若くんの先輩

まさか移籍してきた最初の写真で、もうこうなってるとは思わかなったよ。
↑最初に戻る。
時間だけが矢のように過ぎているのか彼のところで。

ともあれ。
今季からはバイヤーの選手。
バイヤーのサッカーがどう変わるのか、変わらないのか分からないが
その中で真価が発揮できるように願う。
CLはきっと実力を伸ばす大きなチャンスになるだろう。
ちなみに。
ここから先もコンスタントにドイツ代表に呼ばれるかどうかは分からない。
たとえ呼ばれても使われるには、まだまだ遠い道のりが待っている、と思う。
バイヤーは今はそういう位置づけです。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン マインツ アンドレ・シュールレ

08:23  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.06.19 (Sun)

1112ボーフム、練習開始!

レヴィア土建組合の花見の席で「兄弟船」を歌うルーテ。嘘です。

組合の花見

前季の終わりに見つけて貼り忘れてただけです。


一つ前の記事の続きになります。
ボーフムの新シーズンの最初のトレーニングも始まりました。
ミムンもちゃんといますね。安心安心。
相変わらずランニングでは、
後ろの方で円周の内側を走っているようですが。
最初の日からそんななのは、平常心でいる、ということなのかどうなのか(笑)

1112トレーニング1

初日はどのサイトでもかなり大盤振る舞いなギャラリーを載せてくれています。
ミムンの番号がすごく気になるんですが、
来季彼はこんな番号もらっちゃうんでしょうか!?

1112トレーニング3

ボーフム結構いい加減なので、
練習の時とか自分の番号じゃないモノ着てたりするんで。
でももらっちゃうんなら、それは期待(というか責任)の裏返しで
来季は1年通じて確かな仕事をしなければいけない、という意味だと思います。
いや、毎年そうなんだけどさ。
怪我しないで、とりあえず。全てはそこからなのだ。

私としたことが、
3月以来ミムンにラブレターを書いていないのだ。
終盤に入ってくると、どのタイミングで出したらいいのか分からなくなるし、
終わるとすぐ休みなんだよなーと思うとまた内容がズレそうだし、
じゃあ開始の時に届くように!と思いつつぼやぼやしてたら始まってしまった。
あかん。早く書こう。書け。

初日はランニングやフィジカルトレーニングの他、
ミニゲームも行ったみたいです。
ミムンが足裏を使ってこれから何かを仕掛けそうな雰囲気。
いい写真だなあ。

1112トレーニング2

やんちゃ坊主もこれくらいの顔ならまだなあ、いいんだけど。
泣き虫ボウヤもこれくらいキリリと・・・まだまだか。

1112トレーニング4

コップリンは髪を切って少しだけ大人びたような。
マティアスも、イベントの時のふっくらは何だったのかしらん。
キミらの成長はボーフムの未来につながる。頑張りなさいね。

1112トレーニング5

移籍関連は、ボーフムにしてもまだいろいろ動いている模様。
まあこの辺はネタとしてきちんと扱うことはしませんので、
各自ご確認ください。

ボーフムはこれから親善試合だ、ファン感謝デーだ、キャンプだと
いろいろ忙しくなるでしょう。
ニュースが出てきたら「おっ」てな感じで
マイペースにアップして行きたいと思います。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ミムン・アザウアク ボーフム ブンデスリーガ

15:54  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.06.19 (Sun)

ボーフムの新シーズンがスタート

18日の土曜日から、ボーフムの新シーズンがスタートしています。
新ユニや新シャツ・トレーニングウエアなどのお披露目が
ファッションショー形式で行われるのもボーフムのお約束です。
公式で発表された新ユニを見て、
いきなりどん底に叩き落とされたような気分です。

今季のボーフムは「なんちゃってユナイテッド」です。

なんちゃってユニ

かっこわりいいいいいいいいいいい(涙)
つかマティアス、太っただろ!

Bildには「ブラジル代表みたい(ぷ)」とも書かれています。うるせー。
それなら「Do You Football」(←これでもメーカー名です)の方がマシ!?
つか昨シーズンのデニム調ユニの方が数倍カッコよかったじゃんよおおおお。
ロゴも残念な感じです。ううう。

残念ロゴ

もし買う機会があっても今回はさすがに欲しくないと思いました。

さてここまで決まっている新人ちゃんたちのお披露目もここであります。

1112新人1

左から
Daniel Ginczek (BVB), Christoph Kramer (Bayer Leverkusen II),
Denis Berger (Kickers Offenbach), Lukas Sinkiewicz (FC Augsburg),
他にも決まってる選手がいるはずですが、今回は間に合わず。
ゲッツェの兄とかいう噂があるんですが(笑)兄って。

お久しぶりのシンキ。
バイヤーにいたんですが出番が少ないのと、出るとイマイチだったという記憶が。
アウグスブルクに行ってたんですね。
せっかく1部に上がったのにボーフムに来ちゃっていいの?
なんかコーチにしか見えないんですがw

面構えで気になるのはやっぱり3番目のデニス・ベルガー。
どんな選手か全く分かりませんが、
ドリッテのキッカーズ・オッフェンバッハから来た29歳。
ポジションは左のミットフィルダーで左利き。

1112新人2

期待したくなる風貌です。

左の若い子ちゃん二人がいかにもで笑ってしまいました。

いかにも

やんちゃというには可愛げのないドルのギンチェク(というのかな)と
白くてリンゴほっぺで金髪で泣きそうで背だけは高くてほっそいバイヤーユースのクラマー。
バイヤー出身の若いのってこんなのばっか。
私的にはちっともそそられないんだよなー。

悲しいお知らせが。私にとってですが。
昨シーズン当初、私が顔面チェックでイチオシだったマレクが
(→ 過去記事:ボーフムの新シーズンはとっくに始まってます)
ビーレフェルトへ1年間レンタル移籍になってしまいました。
ってドリッテじゃんよー。
彼はミムンが復帰してから出番がなくなってしまい、
ボーフム2に戻されたりしてたんですが、
修行の場として他のチームへ行くことになったようです。
大きくなって戻ってくるのを待ってるよ。

RZATKOWSKI.jpg

ぜったいこっちのユニの方がいいっ。

ついでと言ってはなんですが、
コルクマツはレンタルもとのフランクフルトへ、
ザグリクもパウリへの移籍が決まったようです。
ザクリクちょっと好きだったのに。しくしく。

このお披露目ステージに出てきた選手たちは
続いてサイン会を行ったようです。
カードはまだ新ユニの写真しか載ってないようですけどね。

長くなったので練習初日については次で!
シーズン始まると一気に忙しくなる~。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ボーフム

13:35  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.06.17 (Fri)

格子柄・横長グラニー完成!!

連日サッカーと関係のないネタばかり書いている蛸足です。
とりあえずコパ・アメリカが始まるまでお休みだな。
残っている録画などを見始めても、まったく身が入ってません。

このバッグ、たしかシーズン終了してから作り始めたような気がする。
布は去年の11月に日暮里繊維街のセールで買ったハギレ。
材質はウールだか化繊だか分からないのだけど、
厚みと質感に高級感(笑)があります。
1.4メートルしかないのでバッグ用に買いました。

で、
以前から覗いていて、
創作意欲を非常にかきたててくれるサイトがありまして、
ここで公開している横長グラニーの型紙をいただいて、
丁寧に丁寧に作ってみました。

自分で言うのもなんだが、
売っててもおかしくないようなモノが出来たぞー。
(こまかいところを見なければw)

bag-10.jpg

bag-2.jpg
bag-3.jpg
bag-1.jpg

内布は黒いナイロン。ハーフコートを作った余り布。
両方とも接着芯を貼り、外布の底になる部分は何枚か貼り重ねて補強。
接着芯を貼るだけで、バッグは何倍もカッコよくなる。
もっと前から知っておけばよかった。
中にポケットとマグネット付き。
A4もすっぽり入る大きさと太いマチが実用的です!

持ち手は、この布だと布テープタイプのものはちょっと似合わないので、
たまたま店で見つけた合皮の持ち手を購入。
小物一つで出来上がりにハッタリが効きますので(笑)
そーなると今度は口の処理が問題で、
中表に縫って返すと、布が重なり過ぎてしまう。
今度は、この布にあう合皮のバイアステープをあちこち探し回ることに。
これがまたタイミング良く、ユザワヤでセールになっていたので購入。
まめつぶさんのオリジナルと同じように、口をぐるっとまつりました。
この表布がちょっとしたことですぐにほつれるので、
テープを付ける前に、ブランケットステッチで裁ち目をかがっています。
(縫う時は左から右!)


bag-7.jpg
bag-5.jpg

今回も結局すべて手縫いです。カバン職人か。
分厚いところも太い針で一目一目縫いましたよ。
こっちの方が時間帯を選ばないので、
ミシン引っ張り出すよりも早くできるのだ。
持ち手の、本体に縫いつけた合皮の部分に、
カシメでも打つとさらにそれっぽくなるんでしょうが、
私カシメ打つのヘタクソなんでやめました。
ここまでやって最後に台無しにしたら泣くに泣けん。

実際に使いだしてから予測される心配事が二つ。
合皮のテープがボロボロやぶけないか。
表布を引っかけて、糸がほつれて抜けてやしないか。
丁寧に使えばいいんですねそうですね。


今回、お世話になったサイトはこちらです。
→ こだわり出産・育児グッズ
参考にしたのはこのページ
→ 横長グラニートートバッグの型紙&作り方
ここのハンドメイド系のカテゴリを、ヒマがあると何回も見てる。
管理人まめつぶさんの、布の選び方、バッグのデザイン、
どれもセンスがイイ!
手作り系サイトによくあるリネンでナチュラルでレースでラブリーなものとは違って
ポップで個性的で実用的なバッグがいろいろあって
とても刺激になります。
今回ようやく(アレンジしちゃったけど)完成できて嬉しい。

もうひとつ、気に入って覗いている手作りバッグのブログ。
→ ACOTONE
イタリア在住の方で、ネット販売も行ってます。
彼女の布の選び方、合わせ方、デザインも素敵なんです。
シンプルで実用的で洗練されていて、
自分でこんなの作りたい、と妄想する時のヒントがたくさん。
洋裁や手芸の本ではなかなかお目にかからないクールなデザインです。

他にこういったテイストのサイトないかなあ。

タグ : グラニーバッグ 手縫い

22:26  |  趣味の針仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2011.06.15 (Wed)

RYUMEI・LIVE@RR~若い熱気と湿気でムンムン

早いもので、もう6月のマンスリーライブがやってまいりました。
今度はRYUMEIさんと松添昭市朗さんのツーマンライブです。
セッションもありますよー。

6月11日(土)
open: 19:00 start:19:30 \3000+D
池尻大橋 RockerRoom

雨はきっとライブの前にやむでしょう!

*****************

帰ってきました。
雨はちゃんとライブの前までにやみました。実力派晴れ男です。
今日もセッションありで盛りだくさんでした。
ライブってみんなで作るモノなんだなあと実感。
濃密な時間をありがとうございました。

レポはなるべく早く、と思っております。

*****************

何とか出来ましたー。
今回もあれこれ盛りだくさんです。
もう一度聴きたいあの音あの声。

よっしゃー今夜はゆっくり酒でも呑むぞー!
(飲むと眠くなって書けなくなるからガマンしてたw)

タグ : RYUMEI 小田木隆明 北村真紀

14:10  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

2011.06.14 (Tue)

すれちがい

知らんかった。
東博に来るのかー!

→ 空海と密教美術展・公式サイト

つか9月25日までって。

いえね。
リューメイさんの大阪ライブが8月末にあるので、
どーせなら1泊して、久々に東寺に行こうと思ってたのだ。
京都駅からも近いし。
私の帝釈天に会おうと思ったのに。
東京の博物館に8体が出張してくるらしい。
もちろん目玉になるであろう帝ちゃんも一緒に。
てことは東寺の立体密教曼陀羅も不完全な状態になってるわけですね。
ガーン。
あのお堂の構成が好きなのにー。
前回来た阿修羅は、興福寺でも国宝館のショーケースの中にいるのだが、
東寺の帝釈天は、すぐ横に立って見られるのだ。
平日の午前中だったら、人も少なくてゆっくり見れると思ってたのに~。
なんだよもう~。

帝釈天

古美術研究会時代「のもんさんの仏像」と呼ばれていた帝ちゃん。

以前、何かの徘徊の折に見つけた悶絶サイトなんだが、
このページにリンクしていいものか悩んで紹介していなかった。
が、やはり一緒にこの笑いを共有したい!(いるのか)
→ 仏像イケメンズオフィシャルサイト
帝ちゃんは「ベースの貴公子」と呼ばれている。
22:51  |  それ以外  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.06.12 (Sun)

DFBポカル1回戦の抽選

入れ替え戦が終わって、
とたんにボケーとオフシーズンモードに突入しているワタクシ。
それでもサカ界は、止まることなく動いている。

ポカルの1回戦の抽選が行われていたようです。
RevierSportを何気に開いたら、
トップにフンケルの顔があったので、何事かと思ったよ(汗)

てことはつまり、
ボーフム的には難しい相手と当たった、ということなんだろうな。
初戦の相手はロシュトックでした。うーむ。
サポが荒いことで有名な、
と言われてるんだが、
私、そんな話を知らずに、
現地に見に行ったことがあるんだよね。
応援が熱かった印象が強くあるのだけど、
危ないサポの印象はあまりないんです。
一応試合は2部の、1位と2位の直接対決だったんだけど。

それはさておき。
ボーフムとしては、確かにやっかいな相手かもしれません。
しかもアウエーになるし。
でも同じ2部の相手として、これから2回は対戦することになっているのだから、
ここはきちんと対応したいところ。
シーズン始まったばかりでガチの相手ってのは、難しいかもしれないけど、
油断が入る余地がなくて、いいかもしれない。

で。
バイヤーの相手はディナモ・ドレスデンでした。
あちゃー。
正直、当たりたくはない相手です。
ここもサポが熱いらしいしね。
私の中ではウルフ・キルステンの古巣、
というくらいしか印象がないんだけど。

以前バイヤーは昇格前のザンクト・パウリというババをひいて、
初戦敗退の1部チームという憂き目にあったことがあります。
今回もそうならないように祈ります。
CLとの2足のわらじを考えると負担は少なめに、
なんてヘタレたことも考えたくなるが、
しっかり1部としての矜持を持って、
撥ねつけていただきたいもんでございます。

ポカル1回戦は7月29日から8月1日の間で行われます。
あっという間なんだろうなあ。
そんで開幕っていつから?

タグ : ブンデスリーガ ボーフム レバークーゼン

13:22  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.06.07 (Tue)

マーカス、新天地へ

新しい彼のチームはニュルンベルクです。

Feulner kommt zum Club@1.FCN公式


最近はニュースサイトもほとんどチェックせず、
Transfermarktくらいは見といた方がいいんだよなーと思いつつ
やっぱり気が進まないのでほっておいたら、
MOGUNCIANAさんが教えてくれました。
言われなかったらいつまで知らずにいたのやら(苦笑)

ニュースは6月3日付け。
早くから彼が動いていたことが分かる。
冬の間に移籍することだってできたし、
BVB側はそれを勧めていただろう。
でもマーカスが自分でそれを納得するには、
まだ時間が必要だったんだろう。
真面目で不器用で、
前に進むにもひとつひとつじりじりと進まなければいられないマーカス。
分かっていても、待っているのは辛い。

ニュースのコメントの中で、
マインツ時代にすでにニュルンベルクからもオファーがあったと言っている。
まあ他のチームと競り合って落とせるほどの力がなかったのだろう。

こんなんありました。
マーカスの値段。(ぽちっとするとでかくなります)

マーカスの値段

マインツを1部に上げ、
2部のフィールドプレーヤーの中で採点トップだった実力は
彼の価値を一気に押し上げ、
そして急速に落としていった。
今ならニュルンベルクにだって手が出せる。

たとえモチベーションが高くても、
技術やメンタル面が素晴らしくても、
見せる場がなければ分からない。

ニュルンベルクは彼の故郷から80キロくらいしか離れていないのだとか。
西から離れて、故郷に近い南のクラブで
マーカスは心機一転、またじりじりと歩を進めていくんだろうな。

ニュルンベルクは私はわりと好感触のチームで、
古くはサエンコ、キースリング、ズヴェン・ミュラーに始まり、
コレルやブラジェクやクルーゲやギガックスなど、
私の好きな選手もたびたび加入している。
0910シーズンは特に思い入れのある選手はいなかったが
たまたま見た試合で覚えているのはイスラエルのコーエン。
彼はちょっと面白そうだ。
おっさんたちのひたむきなチーム、というのが基本的な私のイメージで
まちょっと0910は荒っぽかったのでイメージダウンだったのだけど
火の玉マーカスには合っているような気がする。

とりあえず、怪我のないように。
健康でないと、何も始まらないからね。
2年間のブランクの中から学んだことを
来シーズンから活かせばいい。

いよいよマーカスも復活するんだ。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : マーカス・フォイルナー ニュルンベルク

23:37  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.06.04 (Sat)

ふたり以上で暴走行為

昔、くるまの免許を取った時、
2人以上で走ってるだけで、
集団暴走行為とみなされると聞きました。

こんばんは、蛸足格闘部です。

先日、いつものF橋アリーナに
グループキックのトライアルコースに行ってきました。
誰でも500円払えば、単発で参加出来るのです。
最近始まった19:05からのコース。
微妙な時間帯だったのですが、
ムリすれば行けないことはないので、
軽く腹ごしらえして夕飯の支度をして行ってみたら、
ジムの受付で「寂しい時間にありがとうございます」と。
「????」
「3人くらいしかいないんですよ、この時間」
「えっ」

このトライアルコースは500円で誰でも、
なんですが、月間フリーパスでは参加できないのだとか。
なので、朝昼夜問わずどんな時間に行ってもどんなレッスンでも必ずいる人たちが
ここにはこないのだと。
ああなんて分かりやすい。
しかも時間も遅いので、なかなか一般の人も集まらないようで。
にしたって。

インストラクターの方も「あっ増えた!今日は3人です!」
なんて喜んでるし。
「先週は2人だったんですよ!」
おいおい。
今日の動きは、こないだの土曜にやったのと同じはずなので、
テンポも難しいしごまかしながらなんとか頑張ろうと思ってたら
3人じゃごまかしようがないではないか。
まあいろいろ教わって前より動けるようになったけど。

いつも行ってる火曜の20:05からの通常レッスンでも
少なくとも15人ほどはいるし、
土日の明るい時間なら30人くらいいるスタジオに
センセの前に三人並んで、
隅っこ(爆笑)で激しく動く私たち。

さみしい。

というか異様。

「来週はもう一人くるから4人です!」
もう私が来ないわけにはいかない状態に。
前回も来たという常連の女性が
「でも一人だったらやめようよね」

来月はこの時間のトライアル無くなるんじゃないの?(汗)


お近くの方で興味のある方は行ってみては。
18日(土)にはグループキック無料レッスンもやるらしいっす。

タグ : グループキック

00:14  |  蛸足格闘部  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.06.02 (Thu)

ミヒャの裁判経過

はい、二つ前の記事(達磨のご利益)の続きです。

蛸足で以前、2月の法廷での件についてアップしています。
ミヒャに関する最近の動き:続報
おもにニュースのリンクを紹介しただけで
細かいところまでは追い切れていませんが、
その次の裁判は4月、とあったので
それらしい時期に検索をして出てきたのが以下の記事。
Amerell stellt Befangenheitsantrag@Welt.Online

この日までに文書を提出しなければならないのに、
アメレル側で、本来なら許されない期限の延長を申し入れた、らしい。
それが却下されると今度は
「この3人の裁判官は偏見を持ってる」と言いがかりを付け
これも裁判所側は取り合わず、といった感じでしょうか。
ミヒャの弁護士はこの露骨な引き延ばし策を「理解不能!」と怒ってるようです。
で、判決が言い渡されるのは5月の10日、と。

そのあとこんな記事も出てきてたらしい。
Gericht weist Amerells Ablehnungsgesuch zurück@Welt.Online
裁判所は、裁判官に対するアメレル側の拒絶について
「根拠がない」として退けた、らしい。当然じゃ。

な感じで。
なんかよく分かんないんですが
また次は5月、と伸びてしまったのです。

この4月の件に関しては、
他に記事がほとんどないような状態だったかな。
でまた5月10日くらいに動きがあるかと調べてみたんだが
その時はさっぱり出て来なくって、
もしかしてこのままミヒャのことはうやむやのうちに
ネタとして取り上げられなくなってしまうのかと不安になってました。

遅れていろいろ出てきたみたいだなあ。

あのあと辛抱強く追ってれば良かったんだろうが、
正直調べるのもなかなか気持ちが進まないもんで、
気になりながらもそのままにしていました。

とりあえず今回見つかった最新のニュースは
どれも11日~13日とかそれくらいのものなので
それ以降とくにアメレル側で
目立った動きはない、ということなんだろうな。


なところで、
ばーっとこの件についてのリンクを貼って行きます。

おなじみWELT.ONLINE
5月10日の記事(裁判前)
Amerell stellt Strafanzeige gegen Michael Kempter
5月12日(裁判後)
Amerell unterliegt im Prozess gegen Kempter
5月13日(内容的には↑とほぼ同じか)
Nächste Niederlage für Amerell

もう一つおなじみFR.ONLINE
5月12日(裁判後)
Schiedsrichter-Skandal: Amerell verliert erneut
同日。DFBはアメレルへの調査を開始?
DFB leitet Ermittlungsverfahren gegen Amerell ein

その他メディアから。↑以外のもので内容がほぼ重複しているものは省いています。
裁判前。
5月10日
Amerell-Anzeige verzögert Prozessende@SPIEGEL.ONLINE
5月11日。
Entscheidung wird Donnerstag verkündet@Revier.Sport
裁判後。
5月12日
Amerell verliert Prozess gegen Kempter@Bild.ONLINE
早くもミヒャ復帰の可能性について。
Kempter will wieder pfeifen@11FREUNDE
同じ内容でもビルトの方が面白おかしくなる。
Kempter will wieder Bundesliga pfeifen@Bild.ONLINE

ミヒャは、この結果に満足しているしほっとしていると。
非常につらかったと語っています。
これはもう過ぎたこととして、今は少しでも早く復帰して
遅れた分を取り戻したい、と意欲を見せています。
ミヒャがブンデスリーガで笛を吹いたのは
2010年の1月17日が最後。
彼の復帰は来シーズンの2部か3部になるのではと期待されています。

ただ完全にこれで問題が解決したとは言い切れず、
アメレル側は、ミヒャを相手に訴えていた15万ユーロの損害賠償が
裁判所から退けられたことに納得しておらず、
「自分の名誉のために闘う!」と息巻いているようです。いい加減にしろ。
DFBのツヴァンツィガー氏もジジイの反省の無さっぷりに呆れているようです。

Kickerには記事がないんだなあ。

DFBからは以下の記事。
Kontrollausschuss leitet Ermittlungen gegen Amerell ein@DFB.de


さて、裁判に絡む分量のある記事を読まねばならないのですが、
ちゃんと読もうとすると、
どーしても2月の段階の記事もきちんと読みなおさないと分かんなくなりそうで、
もう頭がパンク状態になってます。
この辺の内容はまた時間を置いて、でいいすか。
なんてミヒャの件をまだ気にしてる人ってどんだけいるんだろう。

最後のDFBの記事についても、ちょっと後回し。
ただこれはミヒャについてと言うよりも、
ミヒャの裁判の判決が出た後での
アメレルに対するDFBの対応、といった内容です。

WELT.ONLINEにある「Die Chronik des Schiedsrichterskandals」
この事件の時系列をコンパクトにまとめたものも、
もう一度おさらいして読みたいんだよね。
47項目に渡ってます。
始まりは2008年の10月18日。
・・・・・・にせんはちねん。
どれだけの年月が経ったんだ。
この苦しい事件も、ようやく終わりが見えてきたのだろうか。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミヒャエル・ケンプター

23:14  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2011.06.02 (Thu)

既定路線

公然の秘密だったノイアーの移籍先が
ようやく公開された。

「この続きはCMのあとで!」
みたいな陳腐な引っ張りに振り回されるのも終わった。
でももうみんな驚かない。


契約は2016年までの5年契約。

おめでとうノイアー、
この先5年間、
キミの代表での正GKとしてのキャリアは保障された。

だいたい代表で1番を背負っていて、
安穏と同じクラブにいられるわけがない。
ここへの流れはもう伏線のようなもの。

アドラーは怪我をしてその挑戦権を手放してしまった。
バイヤー目線で言えば、ほっと胸をなでおろしてます。
アンタはここにいなさいね。
ま、(今季失速することのないチームを作り上げた)監督の引き抜きという
荒技で来るとは思ってなかったが。
油断も隙もないよ南の白ソーセージはよ。


あ、じゃあマンUは誰にするんだろう。
やっぱデ・ヘアかな。
彼は良いよねー。
若いし素質あるしふてぶてしいし背も高いしね。
私はデ・ヘアに期待しております。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : マヌエル・ノイアー ブンデスリーガ シャルケ バイエルン

13:26  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)
 | HOME |