2011年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.08.31 (Wed)

ミムン、トレーニングに復帰!

やっと、やっと、ミムンがチーム練習に合流です!!!!

VfL-Trainer Funkel hofft auf neue personelle Optionen@westline.de
Mit zwölf Feldspielern zum Testspiel@Der Westen

火曜の練習に、参加したようです。
昨日の夜にはまだニュースが載ってなくて、
「今週は復帰する予定」と書かれてました。
今週ったって終わりの方ってこともあるし、
そのまままたうやむや、なんてこともあるかも
と半信半疑でした。

でももう昨日、合流してたんだー!ワーン。

今週はインターナショナルウィーク。
ボーフムからも各国代表やドイツのU20、U21で呼ばれている選手たちもいます。
水曜には、残っている選手でテストシュピールが予定されてます。

ミムンがまだどの程度の回復具合なのかは分かりません。
次節はディナモ・ドレスデンとのアウエー。
復帰がまたれるけど、さすがにこのゲームは時期尚早では、との記述もあります。
私もそう思う。
チームとしてミムンの復帰に希望をかけたいのはよっく分かるけど
慌てて使ってまた怪我して、じゃ意味がない。
ここからフルは無理でもコンスタントに出場することが
ボーフムにとっても一番の助けになるはず。

ええ無理して、パダボーン戦にいない、とか
練習がまた別メニューとかなるのがイヤなんです。
だって3年ぶりに会うんだよ!!
ドイツに行くのは4年ぶりなんだよ!

ミムンには、旅行を計画した段階で、そのつど手紙を書いてる。
9月くらいに行く、この週の練習と試合に行く、
こないだは「パダボーン戦の、ここの席取ったから!」って書いて送った。
ちゃんと見てると思って出してる。
最初に知らせた時点で、まだ2ヶ月ほどあったから、
ゆっくり照準を合わせてリハを続けることが出来たはず。
と信じてる。

思った以上にギリギリになってしまったけど、
この数週間、ミムンについての小さな記事もほとんどなかったことを思うと
よく間に合ってくれた、って感じです。
ううううううう(涙)
もう練習場でも会えないと思ってたもん~~。

朝から嬉しいニュースで、胸がいっぱいです。
帰ってきたらもうちょっとちゃんと読もう。
ミムン、頑張れ!!!!待ってるからね!
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク 観戦旅行 ボーフム

08:27  |  ドイツ観戦旅行記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.08.27 (Sat)

観戦旅行準備中:手配あれこれ

試合のチケット

うう~、期待していたCL&ELは全てハズレ。
CLのバイヤーは1日前でアウエー、
ELのシャルケもアウエー戦となってしまいました。
がああああああっくり。
行きたかったよフェルティンスアレーナ!!
夕べ組み合わせが決まった段階では、
「こりゃ確実にチケット取れるな」と思ってたんだが。

もう一つハノーファーはホームでStandard Lüttich戦(どこだよ)
キックオフは19:00で、見に行ったとして
帰りは21:30の電車に乗らないとその日のうちに帰れません。
乗れなかったら23時まで電車ありません。
そうまでして行くゲームか?

観戦予定は、
土曜のラインダービー、
日曜のボーフム戦(ミムンいないかも)、
その後でスポーツバーでシャルケ対白ソーセージ。
ELはまあテレビで見れるかなあ。
さーみしー。

練習見学

ボーフムの練習予定を毎節後にチェックしております。
曜日によって午前と午後の2回ある場合があるようで。
うーん、私の行く週だと、木曜とかそれにあたるかなあ。
通常は10:00始まりですが、
試合前日は午後になるみたい。アウエーで移動がある時は午前。
これも私が見に行くのはホームゲームで、
土曜はレバークーゼンに行かねばならないので
午後に練習あったらアウトだなあ。
今のことろ、練習の見れる可能性があるのは木曜と金曜。
木曜が2回練習だったら、その日に遊びに行ける場所はかなり限られます。
ミムンがいるなら、もちろん練習の方がいいんだけどね。
金曜はきっと午前だけだろうから、午後は観光に当てよっと。

今季のシャルケはほとんど練習時間をチェックしてませんが、
やはり午前中が多いだろうなあ。
私が見に行った4年前は全部午前でした。
あとELでアウエーに行くから、
金曜もあっても軽くランニングとかそんなのかもなあ。
生パパちゃんに会いたかったなあ(涙)

バイヤーは生意気にも今季から
試合前の練習が非公開になりやがりました。
んだよっ!!
ま、ヴィダルもいないしねえ(涙)いいんだけどさあ。

な感じで、
ボーフムくらいしか、見に行けないような感じです。
それもなあ、ミムンいるかどうか分かんないし。
普段からそんな賑わってる練習場でもない上にチーム状況がこんなで
お客さんいるのかしら。
ギャラリーの少ない練習見学ほど気まずいモノはないのであるよ。
その点でもシャルケは夢のようであった。

宿泊

宿はケルンで1泊、ボーフムで4泊、ザールブリュッケンで1泊です。
ボーフムはスタジアムから400メートルと近い場所。
→ Excelsior Bochum
朝食ビュッフェ付き。

ぐずぐずしてたら選択肢がとても少なくなってしまったのよ。
中央駅からもがんばれば歩いて帰れるだろう距離なので
遊び歩いて遅くなっても大丈夫でしょう。
Booking.comがいろいろバージョンアップしてて、
この宿は何日前に最後の部屋が予約されました、とか
今何人がこの宿をチェックしてる、とか
なかなか人を焦らせる情報が入ってきて面白かったです。
それより私は「その宿の最寄り駅はどこなのか」ってのをちゃんと書いてほしいんだが。

時刻表

時刻表のプリントアウトもだいたい終わりました。
今回はわりとシンプルな行程なので楽だったなあ。
事前に時刻表をプリントする際は、途中駅もちゃんと表示させておくと便利です。
乗り間違ってないか不安な時、ホントに乗り間違えちゃってる時、
途中駅の情報があるだけで随分違います。

ジャーマンレイルパス

普通に切符を買った場合の2人分の交通費を計算し、
ジャーマンレイルパスを使用した時にどんだけ特になるかをチェック。
パスを探してたら、
8月末まで6日間のパスが20%引き!のキャンペーンがあちこちで。おおっ!
いろいろ格安チケットサイトを見比べて、
おそらく最安値であろうところから先程ゲット。
6日で2等ツインが33000円なら超お得!
数日したら手元に届くでしょう。
バリデーションは現地でやることにしました。
CLがあったら時間がもったいないからこっちでやってこうかと思ったけど。
実際パスを使うのは4日くらいかなと思うんですが、
このパスがあれば急に遠出をしたくなっても大丈夫です!

観光地

なわけで、今近くの観光地をいろいろ物色しております。
まだアーヘンに行ってないので今回は行ってみようかなあ~。
大聖堂はステンドグラスフェチの旦那がよろこぶであろう。
ボーフムの鉱山博物館は、
夜のライトアップも散歩で行ってみようかと思ってます。
もうメインとなるはずのサッカー観戦が、思ったよりもしょぼくなってしまったので
頭を切り替えて観光面も意識して増やしていこうと。

なんて、いつもだってサカばかり見てるわけじゃなくて
貪欲にあちこち遊びまわっているんだが、
今回はさすがにいかんせん滞在日数が短すぎて、
行動範囲が限られちゃう。
そのわりに航空券は高いしで、
モトが取れないような気がすごくするんだよねえ。
いかん、こんな下向き発言ばかりでは!
目いっぱい楽しんで帰ってくるのだ!!

今回もドイツのMOGUNCIANAさんが、
いろいろと一緒に遊んでくれるようなので(感謝感謝)
レストランでまともな食事とビールをいただく機会がありそうです。
うーれしー。
いつも犠牲になるのは食生活(笑)

あとは現金の用意とか、海外旅行保健とか。
なんのかんので具体化して行く旅行の計画をするのは楽しいです。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : 観戦旅行 ブンデスリーガ ボーフム レバークーゼン シャルケ

15:37  |  ドイツ観戦旅行記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.08.27 (Sat)

1112-2BL#6 ボーフム対グロイター・フュルト

なんてレポ用のタイトル付けましたけど、
うっかりタイマー予約を間違って
ワタクシ仮眠のつもりが爆睡しておりました。

朝起きて、公式を見て、スコア見て、がくうっと。

起きなくてよかったわ。
なんて言ってしまうような試合をするな!!!

得点経過もあんまりだが、
スタメン&交代を見てさらにどうしようかと。

Luthe
- Kopplin, Maltritz, Sinkiewicz, Ostrzolek
- Kramer, Johansson
- Freier, Inui, Berger (64. Aydin)
- Ginczek

フンケルは1-3になった段階でベルガーを代えてフォワードのアイディンを入れ
その4分後にさらに引き離された後、
何も手を打つことが出来なかった。

フンケルの打つ手は決まっている。
ベルガーを下げた後にどういう構成になったのかは分からないが、
ツートップにしたところでこれ以上
フェデリコやテセというジョーカーを入れるわけにはいかない。
今期待をかけてるのはアイディンとギンチェクらしいので。
攻めて行きたいが後ろを削ることはできない。
前節の動きを思うと、きっとツートップにしたことで乾はサイドにポジションを移し
ボールに触れなくなっていったんじゃないかと。
チャンスを作れず、自陣に押されてアップアップでしのぐだけ、だったのではないかと。

でも今いるメンバーを考えても、
スタメンのヨハンソンをダブロに代えられるくらいだ。
フォワードのメンバーをいじっても、
中盤から後ろはダブロを入れればほぼベストメンバー。
ポジションを奪えるような強烈な選手はボーフムにはいない。
おかしいなあ、いつのまにこんな選手層薄くなってんの?
ってそりゃ降格した間に選手が移り、
その上フンケルがかなりの大掃除をしたからだよ!
そこそこボーフムで実績のあった選手たちが、本当に少なくなってしまった。
両サイドバックの期待の若手は、今季はっきりと停滞してるし。
おかしい、ここがもうちょっと伸びてくる予定なのに。

こんなんじゃ、ミムンが戻ってきてもどうなるかわかんない。

昨シーズンのこの時期、
私はミムンの離脱とともにまったくボーフムの試合を見ていない。
ただとにかく状況だけが日々酷くなっていくのは確認してた。
でも何故か、前半戦の終わりから調子を上げてきて
ミムンが戻ってきた後半頭も、
続いてボーフムはポイントを積み上げて行った。
ヘルタに敗れるまでは。
あの時の試合内容を見ていても、
何がきっかけで、何を改善したからどうなった、という明確なポイントは分からない。
強いて言うなら、フェデリコの不思議パワーがさく裂していたのと、
ミムンがそれなりにチームを活性化していたせい。

フンケルでこのまま行ってもどうにもならないだろう。
と、
きっと昨シーズンも思われてて、
でも最後はなんかしらん3位にまで行ってたから、
今の体制で続いてしまってる。

監督を代えたって、すぐには後任が決まらないのだボーフムは。
すぐ決まるようなヤツはロクなモノではない。あのひげの人とか。

次週はインターナショナルウィーク。
その後アウエーの、しかもディナモ・ドレスデンなんて難しいチームを相手にして
ホームに戻ってパダボーン戦。
私この試合をメインスタンドで見るんすよ(涙)
なんか、すごいターニングポイントになっちゃったりしてねー。
外に出たらサポが暴れてたりしてねー。

とにかく、今の内容は、いまだかつてないくらい酷すぎます。
ミムンがいるから、まだ追っているけれど。
でももうニュースをちゃんと読まなくなってる。
ギャラリーすら見に行かない。

現地のサポのフラストレーションは半端ないと思う。
ボーフムがどうなるのか、さっぱり分からないよ。

練習も見に行くつもりなんですけど~。
人なんていないんだろうなああ~。
なんであたしこんな値段の高い時期に見に行くんだ~。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム

11:12  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2011.08.26 (Fri)

UEFAからのそこはかとない強要

CL抽選会が終了。
組み合わせは各自確認てことで(オイ)

私が個人的に気になっていたバイヤーの初戦は
13日(火)アウエーでチェルシー戦でした。
ちっ。
なわけで、旅行第一日目にバイアレナまで飛んで
CLを見るという野望は早くも打ち砕かれてしまいました。
ざーんねーん。

他の組み合わせを見る中で、
あちこち仕組まれたような偶然のような対戦がありーの、
死のグループ、も複数あるような印象もあり。


で、しばーらくしてからふと気付く。

あ。
バイヤーも因縁試合組まれてんのか。

どうするドゥット?
UEFAがバラックスタメンで出せって言ってるよ?

ねえそんでまたキャプテンのロルフェスをベンチに置くの?

この二人は並び立てないのだろうか。
昨季のハインケスは「長期戦を見込んだローテーション」と思って見てたけど
ドゥットはどうなのかまだ分かんない。試合を見てても。
スターとキャプテンをローテーションさせる意味ってなんでしょう。

まいいけど、
バイヤーはCLが初めての経験となる選手が多い中、
謙虚にチャレンジャーとして、
一試合一試合に真摯に向き合ってくれればよろし。
そしてグループステージ突破を当面の目標として、
がんばっていただきたいっ。

シャルケとハノーファーもEL本戦出場が決まりましたね!!
もー朝から嬉しいビックリ!凄いことだ!!
つかセビージャがあああああ(涙)
個人的には15日の夜の予定に関わるので
今夜のEL抽選会が楽しみです。
シャルケ~ホームゲーム来いよ~!!
ハノーファーはね、遠くて帰ってこれないのが昨日時刻表調べてて分かったからね。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : CL レバークーゼン

08:22  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2011.08.25 (Thu)

移籍市場に参戦したい

いよいよCL抽選会が本日行われます。
バイヤーの相手と試合日程がヒジョーに気になるので
どんなチームがいるのか今更ながら見に行って、
びっくりニュースを見つけてしまいました。

ルガーノ、フェネルバフチェからフリーで放出の可能性。

のあにいいいいいいいい。
バイヤー!取りに行け!(←無理)


ルガーノがトルコのチームにいるのは知っていて、
フェネルだったよなあ、というのもぼんやり覚えてて、
今季のトルコってどこが出てくんの?
と思ったら、
フェネル、せっかくCLに出れるのに八百長問題で権利剥奪のニュースが。
→ フェネルバフチェにUCL出場権剥奪処分@UEFA公式
おいおいおい。

で。この問題でフェネルバフチェはリーグ2部降格処分の可能性もあり、
その場合、ルガーノを放出せざるを得ないだろうと。
ユベやラツィオが興味を示してる、とか何とか。
うわーユベとかありそう(汗)ぜんぜんチーム事情分かんないけど。

移籍市場が閉まるまでまだまだ時間はたっぷり。
思わぬところにホットな問題発生でドキドキしてきた。
せめて見やすいリーグに行ってくれないかなあ。
ルガーノのような、熱くて頼もしくて存在感があって得点力もあって
フリーで獲得できるチャンスがあるかも!なんてセンターバック、いませんよ。
しかも超男前!!!ムキムキの胸板も鼻血モノ。
そりゃウルグアイのキャプテンすから、
タダで取ってもその後のお給料問題がありますが。

あーあーバイヤーに来たらユニ速攻で買うのになあ。
練習見れなくても出待ちしちゃうのになあ。
と妄想だけは限りなく膨らむのであった。

画像でも貼ろうかな、なんて久々に画像の旅に出たら
えらいもんを見つけてしまいました。
思い月 - Pensierino -
ナポリのファンの方の読み応えのあるサイトです。
ナポリもセリエもよく分からなくても、
私にも関係のありそうなお宝がいろいろ埋まっていそうなサイトです。

で、このサイトのこのページがヒット。
ウルグアイ代表カレンダー2011 Calendario Celeste 2011
おおおおお欲しいいいいいいい。ってもう9月になるよ!!
そしてこの動画。カレンダー撮影時の様子が分かる。
凄すぎて爆笑の嵐。



ペレスがいないのが残念すぎるっ。

タグ : ディエゴ・ルガーノ ウルグアイ

10:46  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.08.21 (Sun)

BEADORAツアー、もうすぐ始まるよ!

RYUMEIさんと隈さんの行きずりユニットBEADORAの初ツアーがいよいよ始まります。

25日(木)
東京(池尻大橋)RockerRoom
open 19:00 start 19:30
¥3000+D
27日(土)
福岡(博多) Player
open 18:30 start 19:00
¥3000+D
28日(日)
大阪(アメ村)Twice Cafe(http://twicecafe.com/)
open 17:30 start 18:00
¥3000+D

ここ見てる方に確認です。
もし今回のBEADORAツアーに行きたいのに、
TYPE-2のサイトからうまく申し込みが出来ない!って諦めてる人いますか?
申し込み用メアドに直接携帯で送れば多分大丈夫だと思います。
→ ticket@type2.tv
名前・電話・住所を明記して申し込みしてくださいませ。
ライブまで期間は短いけど、なんか対応してくれる、かも。
リューメイさんも待ってますよー!
つか直接出かけても大丈夫じゃないのかなあ(笑)どうでしょ。

大阪はリューメイさんライブ初体験の方が二人ほどいらっしゃる予定とのこと。
楽しい時間を約束します!

私は大阪行きの格安ツアーを探していたら
JAL航空券+宿で激安19,800円!
しかも宿がライブハウスの入ってるビル、という
笑っちゃうようなのが見つかって、それで行ってきます。
ライブハウスで飲んだくれても大丈夫!
他にも温泉大浴場+無料朝食のプランがあって捨てがたかったんだけど、
往復こだまで、若干高いので、今回は飛行機直訪直帰ツアーにしました(笑)

ビートルズとオリジナルとセッションと(山盛り?)トークで
お腹一杯間違いなし。
リハの感触も良さそうで、良いライブになると思いますよー。
ライブはいつでもその時限り!
今度また、は存在しません。
万障お繰り合わせのうえ、お初の方も思い切ってどうぞ。
おっかなくないですよー。

*************************

マイスペ日記にも更新来たよー。
いよいよ明後日からBEADRA始動!
大阪&福岡はライブの後は打ち上げがあるそうです。
3500円で食べ飲み放題。
食い倒れってのもアリか(爆)
大阪でお会いするみなさま、せっかくなのでお付き合いよろしくねえ。
いこいこさんと飲みたかったわー。

リハの感じがすんごく良さそうで、
事前にこんなに様子が伝わってくるのも珍しいなと。
つかこんなにリハやってるのが珍しい気がする。
ガンガン期待が上がっております。

タグ : 小田木隆明 RYUMEI

20:17  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

2011.08.21 (Sun)

1112BL#3 シュツットガルト対レバークーゼン

えーと、
結果0-1での勝利となりましたが、
やっぱいろいろ私としては不満というか不安の残る内容だったので、
手放しで喜んではいません。
最初の70分くらいまでなら、花マルあげたのになあ。

前節のブレーメン戦は、
見てはいたんだけど朦朧としていて、
あまりきちんと覚えてないです。
まあ両方のカラーが出ていたバタバタ落ち着かないせわしない試合だったなあと。
そしてバイヤーはいい時間帯に得点を決めて、あれはすごく良かったなと。
ロルフェスをベンチスタートさせる采配ははなはだ疑問ですが
バラックは使わなきゃならないし、ベンダーは使いたいしで
まあ悩ましいところなんでしょうけど、
チームにわざわざ波紋を作ることはないので、
上手くやってほしいです監督さん。

さて。
今回はシュールレとトプラク以外は、
先シーズンの流れをくんだ順当なスタメンではないかと。
立ち上がりはすこしもたもたしてたけど、
途中からバイヤーらしい動きがぐっと出てきて久々にワクワク。
両サイドバックがガンガンしかけ、中盤から前は流動的に動き、
守備に入れば人数かけて囲い込むように守る。
サイドと中央から、複合的に攻めて行く。
最初から、これで良かったんじゃないの?
得点も早くて、しかもバイヤーらしい形。
後方ロルのパスを受けカドレツが左からミドル、
弾いたところを詰めてキースが押し込んで先制点!
素晴らしい!!!

その後の守備も、上がり過ぎず引きすぎず、
バランスのいいポジショニングで無理のない体勢で守備。
前半終了までは文句なしです。

後半に入り、シュッツの最初の猛攻をしのぎ、
ちょっとバイヤーまだ60分台なのに少し間延び。
疲れが出るには早いんだけど、
相手の交代の方が早く上手く対応しないと踏ん張れなそうだ。
守備も前半同様に人数かけて奪いに行くんだけど
足先ちょっとひっかけるだけになっちゃって
完全に奪いきることが出来ない。
ごちゃごちゃやってる間にボールが抜けて行っても
でもまだ次でカットできてたから決定的なミスにはならなかったけど、
どうもギリギリすれすれなところをかろうじて走りぬけている感じだ。

バイヤーはサム、レナト、キースをそれぞれシュバーブ、ハンノ、デルディヨクに交代。
前線の3枚を代えたにもかかわらず、
この辺からバイヤーはてんで攻めなくなっていく。
残り何分あると思ってるんだろう。
中盤から前の選手にボールが渡り、ここからカウンター!なタイミングであっても
みんな敵陣に入るとスピードダウン。
ボールを後ろや横に回し、前にぐっと踏み込むような動きがない。
確かにボールは取られてないし、
今回は血の気の引くような凡ミス馬鹿ミスうっかりミスや運の悪さはなかったが、
かといって1点を守りきれるような固さは無かった。
相手の方が追いつくために仕掛けてきてるのに、
ゴール前に敵味方が集まった時は、やはり肝の冷えるシーンが増える。
本当に、今回ボールをうまくクリアできたのは、運が良かったのだと思ってほしいよ。
運よく相手に当たらなかった、運よく相手に渡らなかった、
運よく味方のいる場所や、危険の少ないスペースのあるところに落ちた。
いや、ちゃんとポジション取ってるから出来てるんですけどね。
でも相手の攻めを受けていては、いつか不測の事態が起こって追いつかれる。
たったの1点しか取ってないのに。

もういらいらいらいらいらいらしっぱなし。
でも、途中は疲れもあるし相手の勢いもあるし、
70分くらいからは多少しのぐことを優先する試合運びでも
仕方ないかもしれない、と思ってた。
最後の80分くらいから、グッともう一度攻めにかかっていけばいい。
今の時間を堪えて、最後にギアを上げられたら相手だってイヤに違いない。

行かないんだよバイヤー。
ぜんぜん。
まるで行こうともしない。
完全に守りのペース配分。
あと何分残ってると思ってるんだ。
一度緩んだ気持をもう一度上げるのにどれだけエネルギーがいるか。
代わって入った選手もまた「俺が!俺が!」な
アピールしようと個人的な気合いがないのだ。
指示されてるのかもしれないけど。

これシュツットガルトだから、まだこれで行けたんだと思うよ。
良くも悪くも中堅クラス。
華のあるトップのストライカーがいるでもなく、
ドン引きダーティにもなりきれないクラス。
妙に間合いを取ってくれてバイヤーにとってはやりやすい相手。

これがドゥットのカラーなんでしょうか?
だとしたら、やっぱ願い下げだな。

こんなみみっちいサッカー見てて面白いかよっ。

あなたがいたクラブはそれで良かったのかもしれない。
でもここはバイヤーレバークーゼン
そして、こことても重要だと思うんだが
ブンデスリーガはもはや1点を争うリーグではない。
取るときは相手がだれであろうとどんなに瀕死の状態であろうと
恥ずかしげもなく鬼のように取って
得失点差でモノを言わせるリーグなのだ。
他の試合を見てみろ。4-1、5-0、5-3。
点取ってなんぼなんだよ。
最初に取った虎の子の1点を大事に大事に最後まで落とさないように持ち帰るのは
他のもっと降格を争うようなチームが現実的にやればいい。

私は前半に見せたようなバイヤーの試合をもっと見たい。
たとえドゥットのカラーが
センターバックに連れてきた自分の教え子にしか出せないとしても。
今日の試合は、いつもなら3点は取れた試合。
1点くらい失点するかもしれないけど。
攻めずに時間を費やすことに集中力を使うようなサッカーで勝っても
ちっとも面白くない。
それにだいたいがそんな1点を守れるほど盤石じゃないだろ。
惚れ惚れするような固い守備が見れるんなら、考え直してやってもいいがな。

超上から目線でモノを言ってみました。

キース、初得点おめでとう!!
今日もフラストレーションのたまるトップの仕事だったけど、
気合いでよく頑張ったよ!

般若君(9番)はもうちょっとバイヤーに慣れるまでかかるかなという印象。
他の選手の動きやパスのイメージが微妙にずれることが多かった。
あとフィジカル鍛えといて。
もっと前でボールキープできないと苦しい。

ライナーツは目立たず良かったです。
彼は目立たない方がイイ。

シュッツについても一言。
今シーズン、ハルニクがチャラ男になっててビックリだよ。
あと最後に退場になったオランダ人、時間使ってくれてありがとう。
あと、スタジアムをサッカー専用にして
異様に迫力のある場所に変わったのはすごいです!!

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン シュツットガルト

11:35  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.08.20 (Sat)

乾初ゴール!なるも、

またもクソ試合。

ツヴァイテ5節 ウニオン・ベルリン対ボーフム

乾のゴールはフライヤーのパスから
ベルガーがライン際で潰れながら繋いで
フリーで乾がドリブルで仕掛け、
ゴール前でワンアクション入れて流し込んだズーパーなゴール。

前半終了まぎわの失点がしょうもない。
フリーでただ処理するだけの浮きダマを、
シンキがしっかりミートできず、
後ろにふっ飛ばし危うくアイゲントアになりそうなところがエッケになり
そのエッケからの流れで、
今度はペナ内でシンキが相手を後ろから抱え込んで、
相手に身体を預けられて倒れてPKを取られた。

シンキのワンマンショーで乾のゴールが台無し。

逆転の1点は、あれはDFが悪いのではなく
前線で守備をさぼった選手のせい。
ボール持ってる相手のそばに3人くらいいたろうが!
近くにいるだけで寄せに行かず、
相手にフリーで打たせたボールは
見事にDFの裏を抜け、ルーテと1:1に。
モスケラ、落ち着いてルーテをかわしてガラ空きのゴールへ流し込んで2-1。
モスケラ、交代直後の大仕事。

逆にボーフムは、フライヤーを交代させてから
まったくサッカーにならなくなった。
アイディンも下げ、ギンチェクとテセの2トップに替え
乾を左に、ゲルバーを右に。
乾は左に移ってから消えてしまったなあ。中央にいて捌いた方がいい。
フライヤーを残してゲルバーか乾を下げた方が良かったんじゃないのか。
まあフンケルの采配をどうこう言ってもしょうがないんだけどよー。

この試合も、実況見ながら追ってたんだけど、
ベルリンの2点目に対して、
DFのミスという人が多かったのに驚いたよ。
あれはどうしようもないだろ。
そりゃボーフムのDFがクソなのはデフォですが。

しかしシンキはもうどうしたらいいの。
ヤヒアさんよりすごいじゃないの。
ヤヒアさんの方が男前だった分、下がってるじゃないの。
フリーで胸トラップしてるのに、ボールがドゥルルっと腕を流れるのはどうなの。
ファウル取られなくて良かったよ。
ルーテがとにかく飛び出しまくって防いでいたのは怖かったけど助かった。
またもDF(シンキだったらどうしよう)がトラップをミスって相手に裏を取られ
ルーテがファウル覚悟で相手にぶつかりに行ったプレーが
イエローだったのは運が良かったとしか言いようがない。
これでルーテがいなくなったらボーフムは死亡します。

あとなあ、
実況スレ、結構面白かったんだけど、
交代の映像でしっかりフライヤーの背中が映ってるのに、
誰かが言った「乾交代」の一言で、
一気に大勢が信じて騒ぎだしたのはどうなんだと。
試合見てないのか。
交代時の選手名の表示は見てても映像は確認してないのか。
公式やキッカーのティッカー立ち上げてないのか。
乾が左に移ってるのも見てないし。
いやー確認もしないでよくあんだけ嘆けるもんだと。
怖いなーと思いました。

あ、ドイツの実況、タカシイヌイが言いにくいのか
たまに思い切り
タカハシイヌイとはっきり言う時がある。
牛田やウザミよりマシ?

雑に書きなぐってとりあえずアップ。
そろそろマーカスを見なければっ。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ボーフム 乾貴士

22:25  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2011.08.20 (Sat)

ボーフムのチケット購入の手引き

久々のドイツ観戦旅行準備編です。

えー今さっきボーフムのHPよりチケットを購入したので
忘れないうちに手順などを書いていきます。
テセ選手&乾選手を見に行こう!という方もこれから出てくるかもしれませんし。

でも。
基本、ボーフムのチケットは
現地購入でまったく問題ないと思います。


ただ4年前の記憶で、
当日券はあるのだけど、前の方の席は会員じゃないと買えなかったと思います。
その時はバックスタンド側に行ったのですが、
窓口が2種類あって「○列~○列」と書いた紙が貼ってありました。
前の方がいいな、と買いに行ったら断られちゃった。
会員以外はピッチから離れた上の方の座席が買えました。

なので、もしピッチに近い場所で見たい!と思った方は
ネットで購入するのがいいかもです。
メインスタンド側に行ったことがないので、
そっちの窓口ではどうなってるのか未確認です。

まあボーフムはこじんまりとしたスタジアムなので、
どこで見ても、結構近く感じると思いますが。

チケットはeventimという業者が担当してます。
ここのシステムを利用しているチームは他にもあるし、
サッカーチケット以外のものも扱っているので、
探してみると他にも説明している人がいる、かもしれない(笑)

購入時に個人情報の登録をしますが日本からでもOK。
あ、ページはすべてドイツ語です。
VISA、マスター、アメックスなどのカードが使用できます。
郵送先は日本以外の指定が出来ます。(日本に送るとすごく高いはず)
が!自宅プリントも選択できるので、
購入と同時にチケットがゲットできるのでとても安心。
ただ、これだと途中の交通費無料の恩恵にあずかれませんので注意。

チケットショップのONLINETICKETを選ぶと、
現在購入できる試合の一覧が出てきます。
今どれだけ売れてるのかが○マークでパーセンテージ表示されます。
Bestellenをクリックすると、スタジアムのブロック表示が出るので
希望のエリアをクリック。
ボーフム座席

OSTがいわゆる熱いサポーターのいるゴール裏。
SUDのA,Bはホームサポーターが多め。Dはアウエーサポ率高いです。
サポによっては発煙筒焚きますのでご注意。
どんな状態で見れるのかを確認したい方は、
チケットページの上のバー、
あるいはRevierpowerSTADIONページの上のバー「360°」を選ぶと、
ピッチ中央からぐるーりとカメラが回って、どんな感じがイメージできます。

全部の座席の値段はPreislisteで確認できます。
ブロックを選んでいくと(全体表示→4ブロックごとの表示)
座席が選べる画面になります。
値段によって色分けされています。
グレーはもう購入されている座席。
表示されている料金に何種類かある場合、
安いのは子供や割引対象になる人の料金になります。
グリーンのSpielferdがピッチのある場所ですので注意。

ボーフム座席2

座席をぽちっとすると、画面が変わって
自分が選んだ試合、どの席か、値段は、というのが一覧で出ます。
この時点で選んだ席を他の座席に変更したい時は、Anderen Platze waehlen を、
これで良ければWeiter zur Buchung を選びます。

次の画面でWeitere Tickets auzwaehlen を選ぶと、追加して座席が購入できます。

これでおしまい、となったらGewaehlte Tickets buchenを選択。
個人情報の登録画面に移ります。

Benutzennameはログイン時に表示される名前。
その下のパスワードは、2回入れます。(Wiederholenが確認用の項目)

次の画面の右側にLieferadresseを指定するところがあります。
ドイツ国内に送りたい、など登録以外の住所を指定できます。
日本に送ると送料がとても高いです!
でもっ、その後の項目で、チケットをプリントするか、という指定があるので
ここは入れなくても大丈夫でしょう。

その後、カードの番号を入力する画面になります。
(このへんから書きながら実際の画面で確認してませんが)
カードナンバーの次の項目は、
裏に記載してあるセキュリティコードの番号を入れます。

その次にチケットを登録住所(郵送先)に送るか、
print@homeにするか、の選択画面になったはず。
ここで手数料が表示されますので、
チケットを確実に手元に用意しておきたい方は
print@home(1.5ユーロ)を選択しましょう。
最後にたしか、もう一度メールアドレスの確認画面が出るので、
間違いがないかチェックしてください。

えーと、たぶんこの辺で購入手続きは完了した、はず。

間もなくメールに購入完了のお知らせと、
print@homeの場合はチケットのPDFファイルが添付されてきます。
これを印刷すればOK!

簡単ではありますが
ボーフム公式からチケットを購入する際の手順の説明はオシマイ。
あとは自助努力で。
間違ってたらご指摘ビッテ。

ちょっと気が向いたので、珍しく親切になってみました(笑)

私は今回、Mブロックを購入。
ミムンは出ないかもしれないけど、
でも今更この旅行を取りやめるわけにはいかんのだー。

さて、
チケットもついに購入してしまったし、
これから旅行前最後になるであろうラブレターを書かねばなりません。
ドイツ語と格闘じゃー。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ボーフム 観戦旅行

12:21  |  ドイツ観戦旅行記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.08.19 (Fri)

そしてリーガ・エスパニョーラも開幕する

さっきフジNEXTとJスポとNHK-BSとWOWOWのページを並べて
今週末の録画予約スケジュールをこねくり回した。
ちなみに太字が私の立ち位置。

今週の予定。

20日(土)
20:00 ツヴァイテ:ウニオン・ベルリン対ボーフム ネット観戦
22:20 ブンデス:ドルトムント対ニュルンベルク フジ
21日(日)
2:50 リーガ:ビジャレアル対S・ヒホン WOW
22:20 ブンデス:マインツ対シャルケ フジ
22日(月)
6:40 ブンデス:シュツットガルト対レバークーゼン フジ
17:00 プレミア:チェルシー対ウエストブロムウィッチ Jスポ
21:00 プレミア:アーセナル対リバプール Jスポ
23日(火)
1:00 プレミア:ボルトン対マンC BS
4:00 リーガ:ベティス対セビージャ WOW
25日(木)
2:00 プレミア:マンU対スパーズ BS

今節はテレビ放送されるものが多いのでラクな気がする。
チェスカは今回はまあいいだろ。

ニュースサイト徘徊に気をつけて、うっかり防止に努めたい。
その前に録画で失敗しないように細心の注意を払いたい。

しかしこれにCL・ELが加わるのかと思うと。
アンタ馬鹿じゃないの、としか言いようがない。


追記

スペインは選手会のストライキがあるとかで
開幕試合が延期になるらしい。
そんなことがあるとは。
慌ててバイヤーの録画に切り替えました。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

23:29  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.08.15 (Mon)

録画失敗しまくり週間

ブンデスに続き、プレミアも開幕。
スカパーの予約と連動していないDVDデッキは
録画予約を入れるのが面倒でしょうがない。
BSオンリーでサッカーを見てた時は、番組表からぽちっとするだけで予約できたのに。
イチイチ、メモしてちまちま入力してるので
今週の録画を半端なく間違えててがっかりだよ!
チェスカは何にも映ってなかったしチェルシーは最初の20分が撮れてない。
さっきシャルケを録画しながらおっかけ再生してたら
前半でとまってやがったよ!!
お陰でシャルケがどうなったのか今でも分かんないよ!

スカパを3カ月以上見ていなかったので、
久々の激粗い画面に目眩。
地デジはいいけど、だからってアナログの画面が劣化するのってどうなの!?
3月にブラウン管から液晶に替えた時も、
いきなり画質が悪くなってビックリしたんだが
BSデジタルに慣れた目に、再びのスカパーはあまりにキタナイ。
だからってハイビジョン対応チューナーにするほど余裕はない。
そりゃネットでちーさく粗く紙芝居の中継でサッカー見てるけどさ
テレビで同じような画質ってあんまりだよなあ。
今まで撮りためた標準画質のDVDも、液晶テレビのせいで再生画質が劣化しちゃう。
こんなことならブラウン管のテレビ、再生用に取っておくべきだったよなあ。
なんて置いておく場所なんてないんだが。
だからハードを変えるのヤなんだよっ!

週末はいろいろ忙しく、ネットで試合を見ていても半分寝ていたような状態。
バイヤーの試合もなんとか起きて見ていたが
あまりちゃんと覚えていない。
途中交代のキャプテン・ロルフェス気合いの折り返しにカドレツのシュートで
バイヤー勝って良かったわあ、な都合のいいところだけはとりあえず覚えてる。

そして明日から1泊で伊豆に旅行なのだ。
バイヤーのレポは書けない気がするし、
シャルケの後半戦を見るのは帰って来てからだ。
ニュースサイトもチェックできず、
すぐにまた次の試合がやってくる。

なんか生活間違ってるー。
23:47  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2011.08.14 (Sun)

1112-2BL#4 ボーフム対ザンクト・パウリ

起きてネットで見てました。
今日も実況を探して、並行して追ってたが
異様に伸びが早くて笑った。
乾選手って生でチェックしようと思う熱心なファンがいっぱいいるんだねえ。

前節の壊滅的な内容に比べたら
前半の最初の飛ばし具合といい、その後のバタつき加減といい
まあボーフムね、な見慣れた試合展開でしたが、
結果だけ見れば前節のがマシってのがサッカーの怖いところ。

スタメンを前触れなしにいじってくるのはフンケルの十八番だが
今日もキッカーの予想なんて軽く無視して、我が道を行きます。
でもコプリンとオスチョレクがスタメン復帰、
ベルガーが初戦の退場以来のチャンス、
何故かクラマーがスタメン大抜擢、は
前節の異様なまでのボールロストぶりが目立ったヨハンソンを
さすがに使えなかったという理由かもしれませんが。
そして日本のファンが待ちに待った乾のスタメン。

立ち上がりのスピード感、テンポの良さにドキドキ。
まったくボーフムというチームは蓋を開けなければ何も分からない。
今日は良い日じゃん、と思う間もなく
乾の縦パス、フライヤーのヒール、ダブロの気合いのツッコミから早々にゴール。
(オフサイドくさかったが)
そういえばボーフムは開始15分までに点を取ることが多いのだ。取る時は。
ま、それを持ちこたえられないのもいつものことなのだが。
乾のプレーについては、これなら起点と申しても差し支えないレベル。

そこに至るまでも、乾選手は何度かトップ下の位置から縦パスを狙うなど
前節には全くなかったプレーを見せ、
スタジアムのファンの心にかすかな期待を呼び起こしたのではないかしらん。

ファンと言えば
今日は随分スタジアム盛り上がってんなーと思ったが
歌いまくっているのはパウリのファンばかりであった。
開幕戦は不安になるほどにガ~ラガラだったのに
パウリからどんだけ来てるのか分からんが
結構そこそこ埋まっていた。ありがたいことだ。
月曜より金曜の方が入りやすいのかな。
パウリサポのおかげでボーフムのファンたちも張りあうように歌っていたし。

乾選手に戻ると、
立ち上がりの期待感、小さな体でドリブルを試みる勢い、気の効いたパス、
どれもミムンのことを思い出すようなプレーばかりだった。
これでミドルシュートを狙ってくれば、本当に彼の代役って感じだなあ。
そしていつの間にか、ボールを大事にし過ぎて持ちすぎて囲まれたり
軽くボールを失ってみたり、味方に通じないパスを出したり、
そんなところまで一緒でなくてもいいのに、なプレーも。
守備面ではまだまともに衝突することはなかったが
自分の周りで交通事故のにように吹っ飛びまくる屈強な男たちを見ていて
どう感じたのかなと。
いずれ洗礼を受ける日がくるでしょうから、フィジカル鍛えておいてください。
フンケルの指示なのか、割と前に残っていることが多く、
アイディンがよく動いて下がって触ってたと思う。
フリーになることが多く、パスを受けて出すタイミングも早めなお陰で
無駄に相手に体当たりされることもない。
ボールが届かなくなった前半途中からちょっと存在感が薄れてきたので、
70分あたりで交代かと思ったんですが、
ダブロの前半での負傷退場もあって、フル出場となったのかなと。
もし枠が残っていたらフンケルはフェデリコを入れてると思う。
後半さすがに息切れし始めて、
集中力も続かなくなってきたかなと思ったところで大チャンス。
フライヤーが長距離を単独ドリブル突破し、
3人を引き連れたところでフリーの乾へパスをしたシーンは、
確実に決めてほしかった。
ここで決めたたら「プチカガワ」「ミニカガワ」とも言われなくなったかもしれない。
いや彼自身のことだけでなく、
ボーフムにとっても決定的なシーンだっただけに。

だいたいが、こんだけ90分を通してキレキレのフライヤーってのも珍しいのだ。
次に彼がこのパフォーマンスを見せる保証はない。
そしてこんなチャンスも、ボーフムはそうそう作れない。

結局、ここで入れないことで、後半残りわずかのところで逆転されることに。
見慣れた光景だが、慣れることはない。
ここまで起きててこれかと、いつものようにやりきれない。
集中していた時間に決めないで、70分過ぎから失速し、
場当たり的なやっつけ守備で、逃げ切れないのは毎度のこと。
気の毒なのはルーテ。

しかしコプリンはどうしちゃったのっ。
上がってくるのは良いけど、
ああまでクロスの質が下がるってどうなのよー。
別に今までもそんな良いクロス上げてるわけじゃなかったけど
今回はヒドすぎ(涙)
マティアスも最初は攻撃に絡んで面白かったのに、
あとは軽くぶっちぎられるシーンばかりで。
ベルガーは気持に体がついてってない印象だったなあ。
交代で入ったトスキも調子悪かったし、
ギンチェクも存在感がなかった。
せっかくフェデリコよりも優先して使ってもらえたってのに。

力強かったダブロが早々に負傷交代したのが
この試合、一番大きかったと思います。
今日の彼は、ボランチの位置でしっかりと跳ね返し、
攻撃にも機を見て加わる視野の広さがあったんだけどなあ。
フォクツはまだまだそこまでじゃないのだ。
今日のダブロと今日のフライヤーがずっとピッチに立っていたら
もうちっとマシな結果が出てたと思うよ。

まあ相手のパウリが思いのほか良いチームだったというのもある。
昨シーズン、早々に降格を決めて、監督も交代しているのだが、
組織的なプレーが目立って、もはや荒いだけのネタチームとは言えないような感じ。
思ったよりもスマートで、パウリじゃないみたい。
どこまでこの状態を保って行けるか、ちょっと気になります。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ボーフム ザンクト・パウリ 乾貴士

01:06  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2011.08.12 (Fri)

久々に営業ミムン

ミムンのニュースがほとんど出てきません。
怪我の具合がどうなってるのか、
そもそも原因は分かったのか、もうさっぱりです。

な中、
子供たちのイベントに参加した記事が公式に。
→ Azaouagh und Fabian besuchen Bolzer
久々の元気そうなミムンです!
シンプルな黒いTシャツの下の筋肉は、
さすがに少し落ちてきている気がします。

ミムン、営業中

あと1カ月強。
せめて練習に復帰できるように祈る日々です。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ミムン・アザウアク ボーフム

20:59  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.08.10 (Wed)

1112-2BL#3 ハンザ・ロシュトック対ボーフム

気は進まないが一応。

この試合、確実にネットで見れるので一応起きたんだけど、
開始5分で寝ようかと思いました。
でも乾選手帯同してるし、乾選手のファンがどういう感じなのか興味があったので
途中から2chの実況を探して並行して見てました。
最終的には、この実況のゆるゆるしたノリで、救われたような気持でした。
途中から試合を見に来た人が「ボーフムどっち?」と聞いて
「弱い方」
と返事があった時は死ぬほど笑ったなあ。

乾選手を目当てに、初めてボーフムの試合を見た人にとっては
えらい衝撃だったかもしれませんが、
それよりも長く見ていたファンにとっても(ファンなのか?という疑問すら浮かぶが)
この試合はかつてないほど壊滅的な内容であったことをお断りしておきたいと思います。

私がボーフムの試合を意識して見出したのはミムンが移籍してきた年からだけど、
多分、記憶の中でもワースト1位になってもいいような試合だったと思います。
まあ記憶なんていい加減なんで、
今までもこれに拮抗するような目も当てられない試合もあったかもしれませんが。
でも、彼らも毎回毎回、こんな試合をしているわけではないということを、
一応声を大にして言っておきたいです。
でないと、乾選手が出て、(せいぜい)いつもの試合展開になった時に
全ての手柄を持って行かれそうな気がするので。
もうちょい、普段はマトモです。
ま、それでも面白いと思う試合は少ないけれど。

と、
えらい言い訳じみた前置きをしたところで。

それにしたって、ねえあなた。
これはないでしょう、って内容でした。
90分フルで。

だいたいがフンケルのスタメンの決め方はよく分からない。
選手交代も同様。
スタメンは、前節調子の良かった選手を平気で外す癖に、
交代のメンバーは試合展開にかかわらず同じようなパターンだったりすることが多い。
普通、逆だろう。

そして、彼のやりたいサッカーがイマイチよく分からない。
そして、もし分かったとしても多分あまりファンからは歓迎されない。
だって面白くないんだもん。

ボーフムの選手の基本的なプレーのひとつひとつが
拙いことはもう了承済みだけど、
なんというか、この90分はそれを凝縮したような感じだった。
普通、90分の間には、もう少し普通のサッカーのような展開があるもんだが。
まあそれは相手のロシュトックについても同様で、
ワンタッチのパスが3つ続いただけで、
さざ波のようなどよめきが発生した時は、情けなくて涙が出た。
喜ぶなよ(涙)

相手のロシュトックが、ここぞというところで空ぶりしたりトラップミスしたり、
宇宙へぶっ放したりしなければ、
ボーフムは壊滅的なスコアで負けていたかもしれない。

ドイツでは2部の月曜の注目ゲームは、
普通に民放で放送されています。
こんなものを流しても、2部の人気向上には百害あって一利なし、な感じかも。
もう見ないで~~って思う。

ただでさえ詰まらないゲームが、
ベニヒのつまらないミスによるイエロー2枚で退場になって
さらに展開の読めないクソ詰まらないゲームへ突入した。
乾選手の投入は、ここで完全に無いモノになったと思ったが
ファンというのはいじましくて、最後まで見てしまうんですね。

でも、重ねて言い訳させてもらうけど
今回の試合は、群を抜いてヒドかったんです。

なので、あの試合内容で、前半から一人少ないのに
ドローで終わったことは、もう奇跡に近いです。
これを運がイイというか悪いと言うかは、個人差があるかもしれないけれど。

試合を見ながら取っていたメモはあるんですが
いちいち書きだしても、むなしいのでヤメます。

ただ、印象として残っているのは
フンケルはフェデリコの不思議パワーをえらく信用しているな、ってことと
(最後まで発動しなかったが)
ヤヒアさんの代わりにシンキエビッツが入っても、
内容的にほとんど変わってないのはどうしたものかと。
GKだけは、他のチームと遜色がありません。
ルーテがいなかったらボーフムはきっとドリッテに落ちる。

この試合を見る前までは、バイヤーがつまんなくてどうしようかと思ったが
次元が違うものが国内にあるんだと言うことを目の当たりにして、
しかもそれがミムンがいることで、
当事者として応援せざるを得ないチームなのだと言うことに
良いんだか悪いんだか悲しい気持ちになりました。

私はボーフムの試合を見ているので、
バイヤーの守備の批判をされても
「何をお門違いなこと言ってんの!
このレベルで守備崩壊とか言われたら浮かばれないわ!」
と意味もなくふんぞり返って反論できます。
下位にあえぐチームを見ていると
ある意味、謙虚になりますね。
最低ラインがどんどん下がるので。


ボーフム、次の試合は金曜ゲームです。
逃避したくても、あっという間に現実が迫ってくるんだなあ。

そしてミムンちゃんは今どういう状態なのか、
非常に気になります。
最近は、もう会えればいい、くらいの気持です。
会えずに戻ることになるのではないかという思いも半分くらいしています。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ボーフム ハンザ・ロシュトック

23:58  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2011.08.09 (Tue)

RYUMEI・LIVE@RR~赤裸々昭和歌謡祭

行ってきましたRYUMEIライブ。
リューメイさんのライブは2か月ぶり、
会うのは来生さんのライブから1カ月ぶり。
でももう随分前のような気がします。

今回はルーツを探りえぐって掘り出すセキララなライブでした。
もう爆笑の連続。
カバー盛りだくさん、だけどしっかりリューメイカラー。
2度と聴けない(であろう)名曲の数々。
レポはなるべく早めにと思っております。

*******************

ただいま、思い出し笑いをしつつ書き進んでおります。
8割ちょっとまでこぎつけた、かな?
もうしばらくお待ちを。

*******************

出来ましたー。

RYUMEIの本当のルーツはどこざんしょ」
子供のころに聴いていて血肉となっている音楽をカバーで振り返る、
という実にディープでレアな企画。

おそらく今宵限りの、サプライズにあふれた、
スペシャルなライブでした。
今回のレポで伝えられるのは、
そのうちのほんの触りでしかないのかもしれません。

では70年代後半~80年代前半のRYUMEIワールドへ!

タグ : 小田木隆明 RYUMEI 北村真紀

23:50  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)

2011.08.09 (Tue)

苦行

ボーフムの試合、起きて最後まで生で見てしまった。

こうまですごい試合も久々な気がするがもう分からない。

2chの実況スレでどれだけの人が見てるのかチェックしてたが
途中から実況の方が面白くなってしまった。
お陰で今は少しなごんでます。ははは。
ドイツの2部、ボーフムの現実はこんなもん。
私も乾出してくれと思っちゃったよ。

ミムン、今どういう状態なんだろう。
私このチームを高いお金を払って見に行くの?

一人減ってドローなら上出来だ。
見るほどの内容はどこにもなかったが。

寝よ。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ボーフム

05:13  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2011.08.08 (Mon)

バイヤーの開幕戦

いつの間に、バイヤーはこんなクソつまらないサッカーをするようになったんだ?

CBが怪しいとかサイドバックが上がって戻ってこないとか中盤が無いとか(雑な感想だな)
特定の選手を使ってくれないとか、
バイヤーについての紋切り型の批判があるけど、
そういうことじゃなくてですね。

何をしたいのかさっぱりわからないんだよ!!!!

私の好きなバイヤーは、選手たちが連動して動き、
ポジションを入れ替えつつも流動的にカバーして、
誰でも関係なく攻撃に参加し、全員で守り、
機を見てカウンターとなれば3人くらいが一斉に仕掛けていく、
そういうサッカーなんだよ!!
自分のポジションに固まって動かないようなサッカーを見てて楽しいか!

ピッチに危ない場所があれば、どこであろうが駆け付けるヴィダル。
ボールを持ったらドリブルして中に切れ込んでシュートまで打つバルネッタ。
そういう動きをする選手がいない。
ロルフェス、サムくらいか。自分の持ち場を離れて動いていたのは。
でもそう思ってたのも最初くらいで、
何というかね、
基本的なことが本当に出来てないよ。
つまらんトラップミスが多すぎて、攻撃にリズムが生まれない。
ムリな体勢で渡すから、味方もきちんと受けられず、その隙を狙われる。
しかも、時間がさらに進むにつれ、
もっとレベルの低い問題が増えて行く。
たかが競り合っただけで、よろめいて倒れる。ファウルももらえない。
相手のそばにいるだけでプレスをかけないからあっさりと抜かれる。
最初の選手が抜かれたと言うのに、
次の防波堤になるべき選手も同じような軽さで同じように淡白に抜かれる。
追いつこうとしても遅くてまったく止められない。
腕を使ってるのに相手を倒せるだけの力がない。
足を引っかけようとしても遅すぎて自分だけが倒れる。

フィジカル鍛えろよッ!!!
1:1で弱すぎる。ジャンプ力もない。判断も鈍い。足が遅い。
とにかく体が動いてなさすぎる!!
戦術とか言う以前の問題だよ。
マガトでも呼んで物理的に鍛えてもらいたいよ。

だいたいポカルの初戦で落としたことで
もう私は監督解任してほしいくらいなんですけど。

今季はCLがある。確かに。
リーグ戦と並行して過密日程になるのは困る。
でもポカルは年に数回のものだ。
運が良ければ、最短ルートでEL出場権が得られる。
タイトルだって、他の二つに比べたら一番取りやすい。

たいして疲れてもいないこの時期に、
未来の過密日程を言い訳に、
初戦敗退を受け入れるなんて心境にはならないね、私は。
難しい相手であることは、ハナから分かっていたのに。

とりあえず、でもリーグ戦で何をするかを見てからだと思った。
ドゥットがどういう方向性を持ってるのか、
私にはまだぜんぜん分からなかったし。
フライブルクの試合を意識して見たこともないので、
彼に対しては良いも悪いも何も印象が無いし。

見ても分かんなかったけどな。

キャプテンであるロルフェスを、
ポカルに続いて試合途中の、しかも60分なんて時間に
交代させる意味って何なんだろう。
しかも入るのがヨルゲンセン、ってどういう戦術なの?

最終ラインが高いとか、最終ラインが弱いとか、そういう問題じゃない。
なんて、前から私はそう思ってないですけどっ!
高いなら高いなりの守備意識を持ってやるべきなのだ。
高くしてるのに、変な位置で取られるからピンチになる。
両サイドが上がっているならば、
それなりのカバーと危機管理をしなければならない。
上がるな、後ろに張り付いてろ、は解決とは言えない。
だいたいそんなのバイヤーじゃないし。

あまりにもお粗末すぎる。
フィジカル弱すぎて話になんない。
気力も感じられないし、だいたいがやる気も感じられねーよ。
開幕なのに、どいつもこいつも不景気な雰囲気で。
まあベンチに座らされてるメンバーを見ても、
彼らが納得して座ってるとは思えないもんね。
チーム内に不穏な空気が漂っててもおかしくないわな。

こんなのでCLなんて、笑っちゃうよ。
ヨーロッパ枠の無駄遣いをバイヤーもするつもりなんですかね?
CLに(ELも)出るってことは、
自分たちだけの問題じゃないんですけど。
ヨーロッパ出場権はご褒美じゃないんだ。
そこが始まりなのだ。
同時にこの先のドイツサッカーに対しても
ある程度の責任を持たなきゃなんないんだよ。

と、自分のブログなので言いたい放題ですが、別に良いんだ。

とりあえず、今日のスタメンを見て、
ドゥットが若い選手を中心にして、新しいバイヤーを作ろう、
なんて思ってるんなら、
早々に現実を見て方向を考え直してほしいと思う。
若い選手を使うのは構わない、が、
バランスってものがあるだろう。
それでもなお、どこを向いても若い子ばかりのチームをまとめたいのなら
(若い子にとって)魅力のある大人が、
先頭に立って笛を吹かなきゃならない。

バイヤーには今無いものが多すぎるなあ、と思った次第です。

バイヤーに関しては、誰がいるから、という視点では見ていない、つもりだ。
その代り、サッカーが面白いから、というのはかなり大きなウエイトを占めてる。
それが無くなった時、私はバイヤーをそれでも応援するかどうか。
怪しいもんだと思ったよ。

一気に書いて無責任に寝ます。フン。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン

01:26  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2011.08.06 (Sat)

開幕セレモニーだけ生で見た

ゆんべ23時ごろに寝て、一応3:15ごろ起きた。
ネットを立ち上げ、フジNEXTも付けて、セレモニーをワクワクして待つ。

つまんなかったー。

金がぜんぜんかかってない気がする。
記憶に新しいのはヴォルフスブルクの雄々しいセレモニー。
体から火花を噴射する近未来コスの男と、
オオカミの毛皮をかぶって跳ねる狩猟時代のような男が対照的で
すんごいカッコよかった。
次の年のバイエルンは、透明な球体の中に人が入ってごろごろ動きまわって
ほのぼのしすぎてうすら気味悪かった。
政党ポスターじゃあるまいし。

でも今年のドルトムントはちゃっちかったなあ。
動く人文字も大した動きじゃ無かったしさあ。
あとはエンブレムが回って、フラッグ持った人が並ぶだけ。
ハデなのはモニターの編集された映像と、
終わってからのサポが掲げた皿や紙吹雪の方がよっぽどハデハデしかった。
なんだよーこのために起きたのによー。
ハイコの顔だけちらっとみてまた寝たよ。
土曜はニュルンベルクの試合もあるから体力温存しなきゃ。

で。
午前中またジムでひと暴れしてきてから録画を見ました。

ドルトムントは、前季の流れを引き継いでる感じがしたな。
その中でクロッポの新しいかわいこちゃんたちがきちんとはめられてる。
若い子は言うこと聞くしね。素直に対応できるし。
クバなんてもう飽きられかかってるみたい。
捨てられそうな雰囲気。
ジダンなんてどうなるんだろう。
彼にとって問題なのは、試合に出ることよりも、
クロッポの愛情が他へ移っていくことの方だろうけど。
ハイナルのような悲しい経過をたどらなければいいよねー。
ドルのポジション争いは生臭くてイヤだわあ。

で。
この試合、もちろんHSVを見るために見たんだけど。
なんか面白くなくなってるなあ。
ロシュトもペトロイパもゼ・ロベルトもいない。
ヤロリンもスタメンから外されてる。
可能性のありそうなゲレーロは、
コパの疲れもあるのか途中で太腿を負傷して離脱。
トップが決定力の薄いペトリッチだけでは心もとない。
前期からの新しい選手、今季からの新しい選手、イマイチまだグッと来ない。
あ、トゥレってサイドの選手はちょっと面白そうだけど。
前目であれだけボール持てれば期待もしたくなる。
ハイコはまだ新しいコンビに慣れてないのかな。
正面は強いと思うが、まだ体が重そうだ。
裏を取られる動きにちょっと弱いのよねー。
そういやマタイセンもいなくなっちゃったのかしらん。
キャラがバラエティに富んでいて面白いチームだったんだけど、
なんか今季は小粒な印象です。
続けて見たいと思うような感じがなかったなあ。
ドルトムントとの調整の度合いの差を感じた内容だった。

ハイコ、頑張ってね。
まだまだあなたは伸びる選手だーっ!!

と、ひとしきり雑につづったところで
この辺で昼寝でもしておきましょ。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ドルトムント HSV

13:41  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.08.05 (Fri)

それは次に取っておいて!!

そういやELプレーオフの組み合わせも決まったんだよな、で
UEFAのサイトを見に行ったら、

ハノーファー96対セビージャ

えええええええええええええええええ。
だからああああああ、
それは私が行く時に取っておいてよ!!!!

私が行く時はEL本戦の1回戦がある。
この時、シャルケホームで試合があれば、
見に行くつもりでいる。
でも、もしハノーファーの相手がスパーズだったりセビージャだったりしたら
そっちに行きたいなあー。
だってベイル君やペロッティが見たいもん。
と妄想していたのだ。

なんでここで当たる。
しかも片っぽ落ちるだろ!

なんだよもー。
じゃあシャルケが勝って次でスパーズと当たるってのはどうでしょう。
だってセビージャが続けてドイツのクラブってことはないと思うの。
(セビージャが上がってほしいと思っている人の談)

本戦だったら良くない?

ええいそんなことばかり書いてないで、もう寝るよ!!

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

23:04  |  CL・その他クラブチーム  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.08.05 (Fri)

ツアーと別にワンマンもあるよ

明日なので、ちょっとアゲます。
リューメイさんのマイスペ&Twitterも見てね。


8月の末に隈さんとのタッグで東京・福岡・大阪でライブツアーを行うことは
以前お知らせしましたが、
8月頭に、いつものRockerRoomにて、ワンマンライブがあります。

8月6日(土)
open:19:00 start:19:30 \3000+D

今回はルーツを探る邦楽カバーを聴けるようですよ。
4月にあったDJイベントでもそれっぽい曲を流してくれたんですが、
かなりマニアックなラインナップでした。
またこっちの予想を超えるビックリするようなものが出てくるのかしらん。

久々のワンマンなので、オリジナルとカバーがたっぷりと楽しめると思います。
カバーはその時限りのものも多いので、
興味のある方は是非是非、この機会に!
まだライブまで間がありますので、
スケジュールなど考えてみてくださいませ。
ご相談承りますw

マイスペの方ではどこまで情報出てるかな、と久々に見に行ったら
トップの写真が変わってました。
いつ撮ったのやら、カメラ目線の男前が写ってるのでチェックしに行ってビッテ。

タグ : 小田木隆明 RYUMEI

21:55  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

2011.08.05 (Fri)

いよいよ1112シーズン・ブンデス開幕です!

今日は早く寝ようと思ってるのに、
そわそわして忙しいです。
あれはどうなった?これはどうなってんだ?で
直前になってあちこちのサイトを能率悪くフラフラしまくっています。
ブンデス始まるだけでこれだもんねー。
プレミア、リーガエスパニョーラ、CL&ELと次々増えて行くのかと思うと、
毎度、どうやって追っかけてたんだと気が遠くなります。
数カ月ぶりにスカパーの予約を入れてたら、
ロシアリーグでチェスカがゼニトと対戦してたり(汗)
なんだこの注目マッチは。
早くもDVD容量との自転車操業が始まりそうな予感。

土曜日は出かけて、帰ってくるのは日付が変わってからになるのですが、
ニュルンベルクの試合は、運よく1:30だったんですね。
助かった!!
最後まで起きてられるのかヒッジョーに不安。
でも今は何よりもマーカスが動いているところが見たいの!!

HSVは金曜深夜(つか土曜未明の3:30)
シャルケはフジで放送があるからあとでも大丈夫だし、
ニュルンベルクは1:30。
バイヤーは日曜の22:30だし、
ホーフムは火曜3:15。
今節は上手い具合に時間がばらけました。
問題になるのは私の体力だけです。

プレシーズンマッチなんてほとんど見ていないし、
移籍関連ニュースもわざわざ見に行ってない。
試合始って「どええええええ!!」となるのも毎年のこと。
怖いやら楽しみやら。

ボーフムはロシュトックでアウエー戦。
ポカルから同じ相手との連戦となります。
主審はあのビビアナさん。

1112-bibi.jpg

乾選手の移籍でブンデス2部の試合を初ネット観戦する方は
驚くんじゃないかねえ。
なでしこの決勝吹いてた人が男の試合やってるよ!なんて。

書いてることも、ふらふらと能率が悪いです。

旅行の準備もまだまだ山ほどあるし、
遊びに行く予定も山盛り。
ヒマがあれば体を動かしたいし。
体力勝負、もいつまで続くのか分かりませんが、
やりたいことをやりたい時に!全力で頑張りまっす。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ボーフム ニュルンベルク

21:30  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.08.04 (Thu)

1112・ケンプターズ通信

いよいよエアステも開幕です。
DFBの主審のリストや写真もアップされてるので、
今季のロビーをご紹介。
公式サイトではスライドショーで主審の写真が次々出てきますが、
ロビーはツヴァイテの主審だから出てこないのかも。
癖のあり過ぎる面々ばかりで見ててもときめきません。

ロビーDFB1112

個人ページのプロフ写真はコチラ。
ちょっと爬虫類チックになってきました。いい感じです(笑)

検索の途中で見つけた去年の10月のロビーです。
着膨れ?

ロビー1112

これだけじゃあんまりなので、
営業中のオフショット?
やっぱり男前ですね。

ロビー営業中


今季もすでにポカルで1試合、次節はドリッテで主審を務めます。
もう1年、ツヴァイテで修業を積んで、
そろそろ来季あたり、なんて話になるでしょうか。

さて。

ミヒャのことに関しては、
ジジイとの裁判が収束してから、まったく記事が出てきません。
DFBの公式でも触れられておりません。
前季はドリッテに所属していたミヒャですが、
今掲載されているリストが今季のものであるなら
ミヒャは今季も続けてドリッテの審判として場が与えられているようです。
あとは実際に笛を吹く日がいつになるのか。
長い目で、辛抱強く見守りたいと思います。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ミヒャエル・ケンプター ロベルト・ケンプター

11:54  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2011.08.02 (Tue)

マーカスファン号泣ギャラリー

もうちょっとお付き合いください。

ニュルンベルク公式に、試合レポと山盛りギャラリーがアップされました。
57枚!
"Für Berlin noch ein Stück drauf packen"
出てくるのは遅かったけど、出てきたらすごい数。うれすぃー。
マーカスの力強いシュートシーン、
血管ブチ切れそうなほど力強いガッツポーズを決めてる写真、
ハットトリックを決めた後、顔を覆いながら走る写真、
そして解放されたような歓喜の笑顔。
もう1枚1枚の彼の表情、体の動き、彼の熱が伝わってくるような写真ばかり。
涙なくして見れません。ウワーン。
本当に、本当に、ほんっっっっとおに移籍して良かった。

その前に紹介したnordbayern.deの1.FCニュルンベルクのページにも
記事がどっさり。
公式には入ってない写真もいろいろと。

ブンデス公式でインタなんて出てきちゃうかも~、まだ早いか?
なんていそいそと見に行ってみたら
ポカルの前にもうすでにインタビューを受けてました。
リンク上手くはれないので、クラブチームのページから探してください。
長尺インタです。
ざざっと読んだけど、いい内容の記事でした。
訳してる時間はちょっとないのだ。

そしていろいろさまよっているうちに、
今日もラブレターは一向に進まないのであった。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : マーカス・フォイルナー ニュルンベルク

00:18  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |