2011年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2011.12.31 (Sat)

2011シメのご挨拶

なんかいろいろ書いてみましたが
まとまらないので、もう今回はあっさりと。

今年も色々なことがありました。
私がこうやって好き勝手やっているのも
たまたま運が良かっただけなんだと思います。
これからも何が起こるか分からないけれど、
前向きに頑張っていこうと思います。
なんからしくないなあ。

遊びに来てくれる皆様のおかげで、
蛸足は続いているのです。
世間の中心からそれたところで騒々しくしているブログを
見にきてくれて本当にありがとう。
ココロより感謝しています。

来年もこんな調子で続きますが、
どうぞよろしく、お付き合いくださいませ。
スポンサーサイト
22:28  |  それ以外  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.12.31 (Sat)

和解

ミヒャに関するまとめを何とか年内にアップしようと思ったのですが、
あーーーーもう時間切れです。
この前に書いたもの(→ミヒャの裁判はようやく終結!?)に記事リンクがついただけ、
な大雑把なモノで申し訳ないですが。

ミヒャエル・ケンプターとエロジジイとの泥仕合は、
ひとまずの決着をみました。
ここでざっとでも詳細書ければいいんですが(汗)
いい加減なことを書くわけにもいかんので。
スマン。また時間があったら。

12月6日(裁判前)

Amerells Feldzug geht in eine neue Runde@Welt.ONLINE
Nächste Runde im Fall Amerell vs. Kempter@Revier.Sport
Fallstricke@FR.ONLINE

12月7日(裁判後)
Amerells Feldzug geht in eine neue Runde@Welt.ONLINE
↓ニュースのビデオ映像あり。
Amerell und Kempter einigen sich nach Rechtsstreit@Welt.ONLINE
Amerell und Kempter einigen sich@Welt.ONLINE
Vergleich zwischen Kempter und Amerell@Kicker(既出)
Schmierentheater ohne Sieger@FR.ONLINE
Rechtsstreit Amerell gegen Kempter beigelegt@FR.ONLINE
Kempter: Einigung mit Amerell@Bild.ONLINE
Amerell und Kempter einigen sich@SPIEGEL.ONLINE
Rechtsstreit ist beigelegt@Revier.Sport

このくらいでいいでしょ。

12月8日
Endlich Abpfiff@FR.ONLINE

裁判当日のミヒャ。
ツンツン頭でピリッとした緊張感のあった以前の様子が消え、
2年の間、このめんどくさい問題に関わり続けて
さすがにくたびれて老けた感じがいたします。
角が取れて大人っぽくなった、とも言えますが。

ミヒャ裁判収束

彼の記事に関しては、8日を過ぎてからのものは見当たりません。
次にニュースが出てくる時は、
後半戦のドリッテで笛を吹く、とかそんな内容であってほしいと心から思います。
「勝者なき終結」と思われている今回の事件ですが、
ミヒャにとって最優先に問題にされるべきは
これから先の審判としてのキャリアです。

どうかこれ以上、いたずらに外野にかき回されず、
今度こそ無事に復帰への道を辿ってほしい。

クリスマスを前に、ひとまずの解決がついて
ミヒャも家族も、少し人心地ついたのではないでしょうか。
お疲れ様、そしてこれからまた再スタートへ向けて頑張ってミヒャ。

来年も蛸足はミヒャとロビーのケンプター兄弟を
見守り応援して行こうと思います。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミヒャエル・ケンプター

19:05  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.12.31 (Sat)

今年買ったユニフォーム

今年は2枚、新しいユニを買いました。

開幕のころに買った1枚。

マーカスユニ1

マーカスユニ2

マーカスです♪
「今シーズン、ブンデスの中で一番カッコいいユニ」と言われたニュルンベルク
色もすごくキレイなの。
難点は、洗濯をしたら「FEULNER」の文字が早々にはがれてきたこと。
上の方から小さな破片が。
私はココに金を払ってるっちゅーのに。
おかげでまだ4回くらいしか着れてません(涙)
ニュルンベルクも日本への配送はしていないのですが、
途中でハタと気がついて、M母のところに送るように指定して手に入れました。
ボーフムもそうやってりゃ良かったんだああああ。

着用例:

マーカス着用例

そしてもう一つ。
ウィンターブレイクを前に買った1枚。
つい先日、里帰り中のM母からもらいました。
これはバイアレナに行ったついでに作ってもらったのです。
私が行った時はまだ販売してなかったので。

ベンダーユニ2

ベンダーユニ1

おほほほほほ。
まさかのベンダーユニ!!!
いやー私がベンダーのユニを作るとは思わんかったなあ。
ロルフェスとキースで悩みに悩んでいたところへ
急成長して頭角を現してきたベンダー。
今後への大きな期待を込めて、作らせていただきましたッ。
ヴィダルの後継者はキミだ!
スポンサーロゴでごたついた時間は、このためにあったのかと思うくらいだ。

年が明けたら最初のグループキックで着て行こう♪

着用例:

ベンダー着用例

ユーロが激下がっておるので、ホントはもう1枚作りたかったんだけど
ちょっとタイミングを逸しております。
スパーズでパーカーのユニを作ろうかなあ、
なんて思ってるんですが。
いきなりパーカー(笑)だって好きなんだもん。
去年買った白ユニは透けまくりで、しかも今季はシンプル極まりないのでヤメテ、
濃いネイビーのサードにしようかなあ、
試合で見た記憶ないけど、どうしようかなあ、で
迷いまくってます。
実は11月末まで、海外発送料無料のキャンペーンをやってたのに
12月になって気がついたり。
迷って時間かかるとサイズはどんどんなくなります。うーむ。

オマケ。

昔のユニ

ちょっと写真暗いですが。
クラマーちゃんとヨナス(Acquistapaceが読めない)のデパートでのサイン会♪
ではなく、
その後ろにあるセール品に目が釘付け。

なんだよ!昨シーズンのデニム調ユニ、
デパートで安く売ってたのかよ!!
いや、値段は問題じゃないんだが。
今年のなんちゃってユナイテッドユニはあまりにダサくて、
現地に行ったけど買わなかったのだ。
古いのまだ売ってるの知ってたら買いに行ったのにい~。
マーキングできなくたってかまわん。うう。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン ニュルンベルク マーカス・フォイルナー ラース・ベンダー

12:15  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.12.26 (Mon)

Stand Alone2011 Christmas Color~願いがかなう瞬間

 Frohe Weihnachten! 
チーバ君

チーバ君とクリスマスツリー@F橋アリーナ。

今年は24日新宿、25日神戸と、
まさにドンピシャな日程でのライブになります。
クリスマス寒波も来ております。
皆さん万全の体調でいらっしゃいませ~。
会場では御大からのプレゼントが、ドーンと発売されますので
そちらも楽しみです。

コメントは随時受け付けております。
構わずじゃんじゃん言ってくれ。

**********************

帰ってきました。
口を開くとネタバレしそう(汗)
クリスマスに相応しい、盛りだくさんのライブでした。
来生さんにただただ感謝です。
明日の神戸に参戦する方も、どうぞお楽しみに!

終わってからの物販ブース付近での顔合わせも、
その後移動してからの飲み会もエライ楽しかったです。
みなさまお付き合いありがとうございました!
レポはこれからゆっくりと。
メモは山ほど取った気でいたんだけど、
なんだかぜんぜん足りない気がする~。

コメントも随時受付中~。
ケータイで見ている方は、今のうちにコメント欄を直接ブクマしとくと良いそうですよ。
蛸足でのライブレポを読む時の裏ワザだそうです。(管理人未検証w)

**********************

なんとか終わりまでこぎつけました。
DVD見たいよう、で特急で頑張ったんだけど、もう日付変わっちゃった。
見れないじゃん(涙)
今年最後の1週間に、見れる時間は来るのだろうか。

レポはまた明日、見直しかけてからアップします。

神戸はどんなだったかな。
来生さんも仕事納めでしたね。
年末年始はゆっくりとご家族でお過ごしください。

**********************

れいさんちがもうアップされてます。
同じくらいのペースで書いてたみたいだわ。
→ Made In クリスマス?来生たかおクリスマスコンサート2011@新宿文化センター
ってもうみんな読んでるかも。

どうぞ合わせ技でお楽しみください。
同じライブの話とは思えない、多重レポ。
蛸足は毎度、騒々しく参ります~。

タグ : 来生たかお 小田木隆明 RYUMEI

23:06  |  来生たかお  |  トラックバック(1)  |  コメント(26)

2011.12.24 (Sat)

ドゥットに関して個人的に思うこと

ブンデスのHinrundeが終わって、短いウィンターブレイクに入った。

バイヤーの最後のニュルンベルク戦、
ファンが歌っていたのが応援チャントではなく、皮肉交じりの歌だった、
な話を聞いて、バイヤーのファンもおかしくなってるなと思った。

ドゥットに関する評価も、そろそろ「これでいいの?」な方向に
固まってきてるんじゃないだろうか。

昨シーズン、ハインケスがシーズン中に電撃ヘッドハンティングに合い、
慌ててドゥットと契約を決めたあたりから、
あまり良い感じはしてなかった。
まあその時は
「CL出るつもりなのに、なんでそんなマイナーチームの若い監督連れてくんの」だった。
ドゥットのこともフライブルクのこともよく知らなかったけど。
ポカルの初戦を落とした時、
早くも自分の不安が間違ってないような気がした。

で。
その後は、もうずーっとここで監督に対する不満を毎回書いてた気がする。

私がドゥットを信用できないのは
彼が目の前の現実の試合を見ないからだ。

断わっておくが、
個人的に、今のバイヤーに「彼を出さないからこの監督は信用できない」
な選手は、私にはいない。
コンディションや相手やチーム状況を分析したうえで、
出られる選手、出られない選手が出るのは当然のこと。

そうではなく、
自分の頭の中にある夢に従って、現実を合わせようとする監督を
私は信用しない。

バイヤーの選手たちは(これでも一応)無名の若手の集団ではない。
でも基本的にお坊ちゃま体質なので、
上から厳しくがんじがらめ、ってのがまず合わないと思う。
もーっと伸び伸びさせつつ、目標と自信を与えて、
内からパワーが出るように誘導しないといけない。
そんでペース配分を間違えないように、適度に休ませないといけない。
と、私は考えてる。

ドゥットがやろうとしていることは、
クロッポ(若い子起用)とマガト(強権)のいいとこどりで、
結局バイヤーに一番合わない指導を続けてるように見える。

CLチェルシー戦、決勝トーナメント進出を土壇場で手にした試合のあとで
カメラは円陣を組もうとする監督と選手たちを映した。
でも円陣にはなりそうでならず、
なし崩し的に解散になったのが印象深かった。
監督はすごく興奮してて熱く何かを語っているが、
選手はそれぞれ温度差があるように見えた。
バイヤー、一つじゃないなと思った。

フツーさ、円陣組んで、監督が熱く語ってさ、
選手たちも興奮をむりやり抑えつけたような熱い表情で真剣に聞くとかさ、
わーっとノリで集まって輪になって、みんなでジャンプして喜ぶとかさ、
そういうシーンを予測するじゃん。
バイヤーそうじゃなかったんだよね。
この期に及んで。

成績が出ていないわけではない。伸び悩んではいるが。
CLだってチェルシーを倒してさらに上のステージへ進んだ。
これといって、今監督をどうこうするネタはない。
それでもこのままではバイヤーは、徐々に方向を過まって、
いずれどうにもならないところまでズレていってしまいそうな気がする。

監督は、一番変えやすいポジションだ。
選手は、一度手放したら、戻っては来ない。
少なくとも、数年は。
手遅れにならないうちに、この休みを有効に使うべきだ。
バルサ戦まで引導を渡すのを待つ必要はない。

注:
私がバイヤーの監督に対して、
ここまでネガティブな印象が強いのはこれまで2人だけです。
もう一人は0203シーズンで、トッピーとアウゲの中継ぎをやった
ユースチームの監督ですね。
すでに名前も覚えておりませんが。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン ロビン・ドゥット

01:07  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.12.21 (Wed)

あと30分闘いたかった

DFBポカル、ボーフム対バイエルンを生で見てました。

善戦なんて言いたくない。
悔しい、心から。
あと30分、ホームのお客さんたちを喜ばせたかった。

91分のロッベンのゴールなんて、お決まりすぎて最悪だ。

ボーフムは今シーズン最高の試合をしたかもしれない。
結果だけ見れば、6点入れて勝った試合の方が良いかもしれないけど。
でもホームに満員のお客さんを入れて、
バイエルン相手に先制し、後半に追いつかれてもなおしぶとく闘い、
大いにお客さんの気持を惹きつけ湧かせた90分。
残りあと僅かで、もう30分闘う権利を得られたはずだった。
サイドチェンジのパスはミスになってしまったが。
もう少しキープするのに策は無かったかと思うが。

たとえ延長で逆転されても、
この試合をもっとお客さんに見てほしかった。
本当にもったいない。
ボーフムが今季、こんなにたくさんのお客さんの前でサッカーをしたのは初めてだった。
そしてそれに足るだけの内容を見せたことも。

悔しいなああ。本当に悔しい。

せめてウインターブレイク明けの試合に、
足を運ぶファンが増えてくれればいいが。

同時刻にやっていたニュルンベルク対フュルトも並行して見ていた。

ニュルンベルクも、序盤の攻撃を得点に繋げられず、
逆にコーナーから失点、その1点を返せずに負けてしまったようだ。
後半は中継が全く繋がらなくなってしまった。
マーカスは右サイドバックで続けてスタメン出場。
チャンドラーを左サイドバックにポジションチェンジしてまで出してくれた。
ゴール前へ惜しいクロスも何度も上げたし、
もちろん最終ラインの守備でも体張って気合いで闘いまくった。
1点返せないのが今のニュルンベルクの力なんだよなあ。
ダービーマッチで相手の気合いも勝っていたのかもしれない。
なんとも残念な結果に終わってしまった。

ボーフムの試合についてはまたあとで、書く、かもしれない。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : DFBポカール ブンデスリーガ ボーフム ニュルンベルク

05:10  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

2011.12.20 (Tue)

ブンデスリーガ公式のマーカスインタビュー

17節の注目選手!で、レバークーゼン戦後のマーカスのインタがありました。
→ "Wir haben zu viele Punkte liegen lassen"
やっぱあの試合見てたら気になっちゃうよね~。

ものすごく大雑把に読んだところでは。
3-0と快勝したこの試合、でもまだまだマーカスは満足していないようです。
ニュルンベルクはコンパクトに、かつフィジカル面でもバイヤーよりも優勢に闘ったと。
そして僅かばかり運があったと。
このポジションについては、昔ユース時代にちょっとやったことがあったので
監督に言われた時もやれます、と答えたみたいですね。
ただやはり本職のチャンドラーの方がずっと上手くやるよ、と謙遜しております。

今季のニュルンベルクに少しばかり足りなかったのは
フィジカル面でのタフさ。
まあ昨シーズンほどのダーティさまでは必要ありませんが
今のダイナミックなプレースタイルに、
もうひと匙の強さとしつこさが加われば
後半まだまだ立て直すだけの可能性はあると思います。

ニュルンベルクは年内もう一つ試合が残っています。
DFBポカール。
相手は超ご近所のフュルトでございます。
勢い的には2部とはいえフュルトの方があるのかもしれませんが
ダービーマッチ、熱いゲームを期待してます。
頑張れニュルンベルク
チャンドラーがこの試合は出られるだろうから、
マーカスはどうかなー出番回ってくるかなー。
マーカスも頑張れー!

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ニュルンベルク マーカス・フォイルナー

01:12  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.12.20 (Tue)

早まるなハンノ!

さて。
ちょっとキッカーなど久々に見に行ったら
どうもハンノが新しいチームを探したい、なニュースが。
→ Bayer stellt Balitsch frei

ああああああああああドゥットの犠牲者がまたっ(涙)
つかね、ハンノのような中堅の、
経験のある選手を手放したらいけませんて!!
取り立ててスーパーじゃないけど、
試合の中で頑張り、若い子の背中を押すようなプレーをする選手は
一朝一夕に出来上がるものではありません。
こういう選手を大事にしないと、若い子にも不安を呼ぶぞ!
「僕たちも可愛がられてるの今だけなんだ・・・」

ハノーファー戦だって、あんなに攻めあぐねてたのに、
古巣のハンノを使わずに、交代枠を残してドローにしてんだよ。
そりゃハンノも見切りつけるわな。
久々にベンチ入りさせておいてコレだもん。

未知数の若手というわけでも、他国の代表と言うわけでもない。
早まらないで、バイヤーで復活する日を辛抱強く待ってもらうわけにはいかないのかな。
監督の方が出てくの時間の問題だから!
もうちょっと我慢して欲しい。
出ていくなハンノ!

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン ハンノ・バリッチュ

01:07  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.12.18 (Sun)

1112-2BL#18&19 デュッセルドルフ戦&FSVフランクフルト戦

まとめてドンですんません。

18節 ボーフム対デュッセルドルフ

この試合、とても乾選手が苦戦していたように思います。
いつものように後ろ目のポジションからボールを捌いていたのだけど
今日は相手の寄せが早かった気がする。
いよいよツヴァイカンプの場に引き出されたというか、
それだけ認知されてきたのかもしれません。
パスミスやボールを奪われるシーンもいつもより多め。
ただいつものようにフリーでいいパス何本も通したし、
きっちりゴールも決めた。
乾選手が持つと、ボーフムのファンがさざ波のようにざわめくのだ。
すっかりファンから認められてるようですね。
なんやかやでこのメンバーで決めてくれる乾はエライ。
小野さんがいた時よりもチーム力は下がっているのに結果はバンバン出してるからなあ。
まあ2部だから、と言えばそれまでですが。

テセとアイディンのツートップにしたのだが、
アイディンの方がポストとしての収まりがいい。
テセは1回で終わっちゃうんだよね。
アイディンの方が上手く受けられなくても粘ってしつこく絡んでいくので
そこからもう一度ボーフムのチャンスに繋ぎ直してくれるのだ。
久々に回ってきたスタメンにアイディンも張りきってます。

ボーフム、何をどうしたのか分からないが
明らかに修正されてきている。
ようやくサッカーチームらしくなって来たもんなあ。
ってどういう評価(苦笑)

で。
後半の70分くらいまで、なんかイイ感じだったんだよね。
途中でリズム良く、選手同士で広いレンジでパスを回す場面があって、
おおおボーフムがこんなアジな真似を!と驚きつつも嬉しくなってたら
誰かがマルに渡したんですよ。

あっ、マルに出すなよ!

と思ったが遅かった。
マルはちょっと考えて、少し遠くにぽーんとパスを出した。
それが思い切り相手に渡った。
そんで思い切りカウンターを食らった。
そして案の定、1点返された。

バカバカバカバカバカ!!!!!!

どおおおおおしてこいつはこういうことをするんだああああああ!!!!
いつもいつもいつもいつもいつも!!!

ま、それでもボーフムは、ちっ、と思いつつも
足を止めずに気持を切らさずに何事もないようにプレーを続けたが
でも結局、その後追加点を入れることが出来なかった。

勝てた試合だったのに!!
相手だって、無敗とは思えないような内容だったのに!
前節6点入れて勝った試合の流れで、今日も勝つべき試合だった。あーあ。

19節 FSVフランクフルト対ボーフム

これメモ取ってないんですよ。
中継がブツ切れ状態で。
いい加減に見てたんで、試合の雰囲気とかあまりよく分かってません。
相手は降格圏にいて、お客さんも少なくて、気の毒な雰囲気です。
前半で立て続けに得点したのは大きかったなあ。
そうそう、コプリンが好き勝手やってんなあ、と思ってたら
なんかしらんゴール前まで走り込んでゴールしてたんだよね。
もう誰も彼(の自分勝手を)を止められません。
2点目はテセが素早く反転してゴール。
ちょっと強引かなと思ったシュートだったけど
ちゃんとゴールに入って良かった良かった。
その後、乾選手も1:1のシーンがあったようだけど、
キーパーにぶつけてたなあ。
こういうところで決めるのが課題、と前から言われてる気がすんだけど。
試合的にはあまり面白い内容ではなかったように思います。
でも最後まで、この2点を守りきって完封勝利。
ここ3戦で負けなしです。前節かってりゃ3連勝だったのにねー。

さてっ。
年内のリーグ戦は終わりましたが、
ボーフムにはまだDFBポカールが残っております。
相手は天下の白ソーセージ!
ホームは久々にスターを見たいお客さんで埋め尽くされるでしょう。
その声援を味方につけて、とりあえず失点2くらいで頑張ろう!
なお、この試合CSガオラでも放送あります。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ボーフム

19:02  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.12.18 (Sun)

完全収録!サントリーホールライブDVD発売!

素晴らしい!
期待していたものが、本当に実現しました。
サントリーホールでの35周年スペシャルライブ、
完全収録で発売されます!

リストを見ながら、実際どうだっけ、と自分のレポを読みなおし、
(→ 35周年Premium Stand Alone~サントリーホールでガチンコ勝負!
あああの曲が!あのアレンジが!!あの歌声が~~!!!
もう一度、映像とともに聴けるんだと、嬉しくて震えております。
なんて待ち遠しい!!!!

発売は12月24日。予約受け付けは18日より。(まだないようだが・・・)
テンイヤーズのサイトおよびライブ会場での限定販売。
これはクリコンでゲットするしかないっすね。
うひょーなんて素敵なクリスマスプレゼント!

ライブDVD

心躍るDVDジャケ。
サントリーホール、行った方も行かれなかった方も
来生ファンなら必須アイテム!マストバイ!!
3800円、ってこんな値段でいいの?
だって家で何度も見れるのにー!(←当たり前)

詳細は御大の本丸にて。
左のリンクより飛んでってくれたまえ。

タグ : 来生たかお 小田木隆明 RYUMEI

17:18  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

2011.12.18 (Sun)

1112BL#17  レバークーゼン対ニュルンベルク

この試合は思い切りマーカスモードで見ていたので、
ニュルンベルクの完封勝利が死ぬほど嬉しいです。

何度かニュルンベルクについては書いておりますが、
いい試合をしながら勝ち点を重ねることが出来ず、
とにかく運に見放されまくり、
最近は内容にも徐々に影響が出始めているような雰囲気が出ていた中で、
もうこれ以上、前半戦に星を落とせない状況で向かえた試合です。
相手がバイヤーと言うのが、個人的にはヤメテほしかったところですが。

マーカスは、怪我をして戦列を時々離れたりしたあと、
他の怪我で長期離脱していた選手が戻ってきたため、
スタメンを奪われていた状態でしたが、
ちょこちょこ少ない時間ながらも交代での出場はありました。
今日も多分ベンチだろうと、期待していなかったのですが
前節レッドで退場になった右サイドバックのチャンドラーの代わりに
このポジションでの出場という離れ業でスタメンゲット!
驚きましたが、それだけ監督の信頼はあるということなんだと思います。

あまり見たことのないポジションながら
マーカスのやる気はマックス。
表情からも、並々ならぬ気合いが。

残念ながら前半は安定した中継がなく、
時間帯もはっきりしない状態の観戦でした。
後半は少しマシになったけど。
早々にニュルンベルクが2点を先制するという予想外の展開に、
私はもうすっかりニュルンベルクモードです。
そりゃバイヤーだってホームの最終戦だから勝った方がいいに決まってるんだけど、
ここで落としたところで大勢に影響はない。
最終的にELに滑り込めればいいのだ。

驚いたのは、バイアレナのファンたちの異様なまでの堪え性の無さ。
ブーイングしたくて来てるんじゃないかと思うほど、
誰であろうがお構いなしに、
ミスをすればブー、後ろに戻せばブー、
シュートが決まらなければ盛大なタメイキの後にブー。
何なんだろう。
それでも並行してバイヤーを応援する歌が威勢よく聞えてもくるのだから
ファンの中でも意見が二分しているのかもしれない。
ただこのブーイングは、ニュルンベルクに向けられたものでないことは確か。
こりゃバルサが来てもファンの後押しどころか、追いうちになりかねないな。
バイヤーは今日は確かにいつもらしい流れるような動きはなく、
ミスが多くみられる。
疲れもあるんだろうし、プレッシャーから過度に緊張しているのかもしれない。
こういう時はせめて個人技でなんとかしてほしいが
今日はなかなかそれも良いところまで行けず。
シェーファーが今日は安定して固い守備を見せている。

ニュルンベルクは今日は本当に、運に見放されることなく、
ダイナミックなプレーが結果に結びついていて嬉しい。
後半に入って70分あたりからは自陣に引いて守る時間が圧倒的に増えたので
いつもそこから不幸にもPKを取られてしまうケースが多いだけに
ハラハラして見守ってしまった。
悪質なプレーではなく、守備の気合いが入り過ぎてファウルになることが多いのだ。
でも今日は、そこまでギリギリのプレーにはならず、
しっかりと集中して守ることが出来ていた。
マーカスも、今日のこのポジションであればフル出場はほぼ確実だろう。
でもガンガンいつも通り仕掛けていくのは止められない。
フリーキックのシュートモーションを見ているだけで涙出そうだ。
守りに守ってチャンスをうかがい、
ついにそこからニュルンベルクが3点目を引き出した時、
もう今日は完封できるような気がした。
つかしてくれと願った。
ここまでずっと報われなかったニュルンベルクも、
この試合は、ちゃんと試合内容に見合う結果が得られそうだった。

そして無事に終了の笛が。
ニュルンベルク、アウエーで0-3の大きな結果を手にすることが出来た。
マーカスの解放されて体の内からこぼれ出したような笑顔を久しぶりに見ることが出来た。
良かったよマーカス、今日は90分いい仕事をしまくったよ!
チャンドラーの出場停止で回ってきた出番だけど、
持っている力と気持の強さは監督にも十分伝わっているはずだ。

さて。
バイヤーに関しては、あまりにもホームのプレッシャーが強すぎて、
気の毒なくらいだった。
こぼれ球を受けて、体を後ろに向けただけで
「戻すんじゃねえ!」ってヒステリックな秒殺ブーイングを受けるんだよ。
まだパス出してないのに、ファンの視線が容赦なく査定目線になっている。
ブーイングの為のブーイングになってるのが怖い。
ここまでセンシティブではなかったと思ったが、今日はどうしちゃったんだろう。

選手起用もイマイチ分からない中で、使われる選手はとことん使われ
疲労をためてパフォーマンスが落ちてもまだ選択肢の中に残される。
今日はさすがに後半すぐの2枚替えという珍しい采配に出たものの
(ごまかせないくらいパフォーマンスが落ちていたカドレツとロルフェス。うう)
残ったカードはどれもあまり信頼を得ていない選手ばかりで
今日もまた監督はルールとして許されている枠を使い切らずに、
ただ指をくわえて選手たちがブーイングにさらされるのを放置した。
この監督への現地の評価ってどうなんだろう。
自己評価だけはすごく高そうだけどな。

ま今日はニュルンベルクが快勝したので
私はぐっすり眠れます。
マーカス、おめでとう。
今日は久々に私の大好きな火の玉マーカスでした。
短い休み、家族と一緒に穏やかなクリスマスを過ごしてね。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン ニュルンベルク マーカス・フォイルナー

01:59  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2011.12.17 (Sat)

なんの因果か

CLのドローが終わった。
CLのドローの抽選会のつもりで録画していたのがELでビックリだよ!
せっかくドキドキしながら見ようと思ったのに大失敗。
しょうがない、先にバイヤーの相手だけ公式でチェックしよう、
とアクセスしたら繋がんねー。
キッカーを見に行ったらどうも相手がバルサくさかった。

なんでー。
そりゃ何年か前に、まだグループリーグ制が2回あった時にあたったけどさあ、
因縁なんてそんな無いじゃん。


・・・・・・まてよ。

一人だけ、CLに精通している選手がいましたね。
前の所属はチェルシー。
すんごい遠回りだけど、これも因縁ゲームになんの?
いいよもうそんなんで当てなくてもー。
バイヤーはジミ~にジミ~なチームとやってジミ~に勝ち上がるという
私の希望はもろくも崩れ去った。くっそー。

やってみなけりゃわからない。
決勝トーナメントならなおさら。
当たる前から負けると思うな。

正論ですね。

でも無理だと思う。
削りに行くチームでもないし、
放り込みのチームでもない。
だいたいがそんなに気持で頑張れるチームじゃないもん。
上手いことPK戦にまで持ち込めれば、
勝てると思う。
勝機はそこだな、多分。

私の予想ではアーセナルあたり来るんじゃないかと思ってたんだけどなー。
似たものチームで良い試合になるような気がしたんだけど。残念。

つか私、マンUがELになったの、つい先日まで知りませんでした。
頑張ってイヤイヤ出てください。
バイエルンだって「敗者の大会」といいつつ出てましたから。
食わず嫌いはイケマセン。
うっかり掘り出し物が見つかるかもしんないわよ。ねっ。

ナポリ対チェルシーが面白そうです。
もちろんナポリを応援しますよ。

久々のサカネタがこんなもんでスミマセン。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : CL レバークーゼン

00:21  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.12.16 (Fri)

bieN・LIVE@RR~小田木さんちの端近で

えっ、RYUMEIライブじゃなくてbieNライブなの?
と思ったあなたはスルドイ。
私も店の前に行って驚いた。

1112-12-9-1.jpg

今回はAkai Tonkoさんとのツーマンライブ。
下に降りたら予想外のものは置いてあるし。
相変わらず、こちらの期待をはるかに超える楽しさでした。
2時間半、あっという間だったなー。

レポはなるべく早めに頑張ります。

***********************

8割くらいまで行ったかなあ。
思ったよりは進みが早いです。
もうちょっとお待ちを。

***********************

できました。
明日の山形・来生さんのライブを前に、
リューメイさんのライブレポをアップです。


あ、来生さんの山形ライブについてなど、
今後のネタバレになりそうなことは、
ここではなく別の場所でお願いします。たのんます!

タグ : 小田木隆明 小田木確郎 RYUMEI bieN

22:38  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(13)

2011.12.15 (Thu)

可処分時間の奪い合い~カーネーション

以前、ちらっと書きましたが(→ みつあみフェチ
見事にハマってますNHK朝の連ドラ「カーネーション」。

保険用の録画は、むしろ「2度見」のために撮ってるような感じです。
恐ろしいことに、ぎゅう詰めのDVDデッキに
「スタジオパークからこんにちは」なんてタイトルまで侵入する始末。
ネタバレしたくないので「後から見る」ために消せません。馬鹿ですね。
おばあちゃんと勝さんが今デッキにいて、
今後八重子さんと木之元のおっちゃんが加わる予定。
役名で言うな気色悪い。

朝はいそいそとテレビの前に座る日々。
そして泣いた目で出勤の準備に戻るという。
私が朝の15分、泣きながらドラマを見てるなんざだれが信じよう。
そんでmixiを見に行っていろんな感想見て書いて、なんてやってるので
時間がどんどん奪われていきます。

もともとテレビのドラマはあまり見ない。
ドラマにハマったことが無いとは言わない(すぐに思い出せない)、
が。
ここまでしっかりした、丁寧かつ周到かつ自然なシナリオと、
顔面だけで演技できる上質の役者がそろって、
素に戻らずに15分入り込める魅力的なドラマはそう無い、と思う。
尾野真知子さん、どんだけ上手いんだ。

ミシンや縫い物のシーンも好きで、
並行して自分の服もちくちく手縫い継続中。

サッカーももちろん見てるけど、
やっぱそれなりの試合じゃないと集中できない。
ブンデスのためのフジネクストなんて12月は解約しちゃったよ。
また2月ごろ再開の予定。
ブログに書くほどの試合もあまりないし。
蛸足も蛸足部分が増えててサカブログ色が前より減ってますね。
もともと万人向けのネタはないんですが(苦笑)

というか、
サッカーも長く見ていると、
「すでに見たことがあるようなスーパープレー」
「すでに見たことがあるような劇的勝利」が増えて、
以前ならコーフンしてキーを叩きまくっていたような試合も
今は「あー面白かった」で済んでしまうのは、やっぱちょっと寂しい。
目を奪われるような未知の選手もどんどん少なくなってるしね。

な感じで、
12月はいろいろと出かける用事も多く、
暮れで家の中だって少しはマシにしないといかんし、
やること多く、チェックしたいことも多く、
蛸足の更新は微妙な状態が続いていますが、
あわあわと忙しい日々を送っております。

針仕事カテでいいのか、これ(笑)

タグ : カーネーション

12:02  |  趣味の針仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

2011.12.11 (Sun)

ミヒャの裁判はようやく終結!?

とりあえずキッカーの記事だけですが。
ドイツのM母より、ミヒャの裁判は調停が成立したようですとのメールをもらい
慌ててキッカー見に行きました。
慌て過ぎてクラシコの結果が分かっちまいました。迂闊(涙)

Vergleich zwischen Kempter und Amerell@Kicker

こないだ検索したのいつだったっけかなあ。
12月に入って少ししてから一度調べた時はまだ出てなくて。
週明けくらいにまた動きがあるかも、で
その後もバタバタしてたので気が付きませんでした。

あとでまとめてサイト徘徊してきます。
そんなヒマあるのかよ。
つか無いので今すぐ見に行くのはやめておけっ。
まミヒャのニュースを追ってるのなんて蛸足くらいなので
興味のある方は、また覗きに来てください。

ざっと見た感じでは、
ミヒャの要求した損害賠償は受け入れられなかったけど
事態としては収束したようです。
「彼が復帰することが優先」とミヒャの美人弁護士も言ってるようですね。
エロジジイ側が新たな訴訟を起こそうとする動きは、
裁判所の方で拒否されてるようです。
で、いいのかしらん。

まる2年近くを費やしたミヒャの事件は
ようやく、ようやく正しい方向へ向かいだしたのかもしれません。

気になる、でも他に片づけるべきことがあるので我慢っ。
とりあえずアップ!

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミヒャエル・ケンプター

12:15  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.12.11 (Sun)

今日もマラソン中継デー

9時からボーフム、23:30からニュルンベルク、翌2:30からレバークーゼン
なぜ3試合とも同じ日にやるかなあ。

ただいまボーフム戦を見終わったところです。
レポはあとでな。
とりあえず、センターバックのベテランを何とかしないとダメだわ。
勝てる試合だったのにー。キー!

次の試合はニュルンベルク
前節HSVとの直接対決で負けちゃってどんどんヤバイ状況になってます。
マーカスはまたベンチスタート。
怪我人が戻って来て、最近スタメンの機会がありませんが
いずれまた彼の力が必要になる時が来るはずだ!

なマーカス、久々に公式見に行ったら、
クリスマスマーケットでチームがこんなアルバイトを。

マーカスバイト中2

私もマーカスが焼いてくれたニュルンベルガーを食べたいよー!!!!

マーカスバイト中1

ニュルンベルクは男前が多いので、お客さんたちも喜んだであろう。

マーカスバイト中3

中央は私がひそかにニュルンベルクのオダギリ・ジョーと呼んでいるプラッテンハルト。
たれ目がセクシー(笑)
この私服があまりにらしくて笑っちまった。
ちなみに左はニュルンベルクのG.I.ジョーこと(嘘)エスヴァイン。
なんかカチッとしたヘアスタイルと顔つきがフィギュアみたいなんだもん。
右のチャンドラーもこうやって見ると結構カワイイな。

さてそろそろ試合が始まるぞー。頑張れニュルンベルクー!

**********************

マラソン観戦、終了しました。
ニュルンベルクは前半の内に先制され1発レッドをくらい、
マーカスを後半から投入するも流れを変えられず
ホームで2失点で負けました。
今回もこんな負け方。どんだけ運がないのだ(涙)

バイヤーはなあ、
策のない監督の下でプレーすると疲弊するよな!
な内容でした。
淡白にボール取られたシュールレをピッチサイドで罵倒するヒマがあったら
ちゃんと指導せいよ。
何やりたいのかさっぱりわからんのじゃボケェ!
バイヤーの選手たちが息も絶え絶えで最後まで何とか失点せずに逃げ切ったことを
褒めないといけないのかもしれません。
あーあ。
こちらもレポはまたあとでね。

寝よっと。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ボーフム ニュルンベルク マーカス・フォイルナー レバークーゼン

04:39  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2011.12.10 (Sat)

本棚:『熊にみえて熊じゃない』ほか

あいかわらず突然あらわれる蛸足図書室。

『熊にみえて熊じゃない』:いしいしんじ(10.03)
いしいしんじ、という名前は目にしていたが、読んだのは初めて。
途中であとがきを見たら
「クロワッサン」に連載していたエッセイをまとめたものらしい。
クロワッサンだとう?と思いつつ
(↑読んだことはないが鼻もちならないスカシた雑誌に違いない)
不思議に柔らかで味のある独特の文章が気持よかった。
くたびれた頭にちょうどいい緩さと手ごたえ。
おいしいもの、美しい風景、面白い人たちを描く言葉の選び方に
彼の感じ方がそのまますんなりと現れていて新鮮だった。
「魚と少年」「終点の酒場」でグッと世界に引き込まれ
「男はア、タ、マ」「鍵あいてます」のシュールさに爆笑し、
「山と鴨せいろ」「小説の教室」で素敵なものに出会った。
「猿田さんに」は忘れられない文章になった。
といいつつこの文章で小説を読んでみたいとは思わないなあ。
現実の、まさに「熊にみえて熊じゃない」感じが魅力的な本でした。

『見仏記 ゴールデンガイド編』:いとうせいこう みうらじゅん(09.04)
とりたてて読みたいものがないと、違うジャンルの棚に足を延ばしたりする。
久々に読む見仏記シリーズ。
3まで読んで、その後も続いていろいろ出てたようだがスルーしてた。
初版の日付は新しいが、内容は2003~2004年にWEBで連載されていたものらしい。
ちなみに、私の書棚であるF橋市立東図書館は
見仏記1は随筆・エッセイの棚に、
見仏記2仏友編は美術書の棚に、
見仏記3海外編は旅行記の棚にあった。
素晴らしい配架だと思う。
私はこのシリーズは、「みうらじゅんのイラスト」と、
いとうせいこうが書く「みうらじゅんの言葉」を読みたくて読んでる。
宇治の平等院の拝観が時間制になってチケットをもらうというくだりで
「うわっ、もうライブじゃん」と言って盛り上がった、というのに爆笑してしまった。
いとうさんの文章はちょっとなあ、言葉の選び方とか論理や考察の範囲が
頭でっかちの高校生が書いてるみたいでちょっと苦手だ。
彼は目の前にある現実の仏像を見ずに、
頭の中で知識や思想をこねてたわむれてしまう。
なぜ、そこまで出かけて、今目の前にいる素晴らしい仏像そのものを見ないんだ、
といつも歯がゆく感じる。
この本はゴールデンと言いつつ、
マイナーな場所にある、見るべき仏のガイドになっていた。
最後に紹介された浄土寺の阿弥陀三尊は、多分写真では見たことがあると思うが
実際に西日のあたる状態で見てみたいと思った。
建物の構造まで取り入れて来迎の状態を具現した三尊は
きっと素晴らしいものに違いない。

『スットコランド日記 深煎り』:宮田珠己(10.08)
以前読んだものの続編。
言葉の選び方、表現の仕方が微妙におかしい。
適度なユルサで頭使わなくて楽しめます。

『本の現場 本はどう生まれ、だれに読まれているか』:永江朗(09.07)
04年~07年に書かれた記事+補足。
電子書籍に関する本を読んだ後でやはり古い感じはする。
ネットの影響がこれ以降どこまで進んでいるのか。
本を読むって形はそう簡単に変わらないだろうが
本の形で出てくるものはどんどん変わっていくのかも知んない。
なんて本屋に行っても洋裁の本しか最近見てない私。
もっとうろうろしないとなー。

『本当はちがうんだ日記』:穂村弘(05.03)
気持の揺れ動きをたくみに拾い上げるところは、
やはり歌人の感性で、
この細やかな文章が男性ものというのがすごいなーと思うんだが
ときおり「総務部長」とか「40過ぎて」な言葉が入ってくると、うッと詰まる。
この微妙な頼りないふわふわした気持の外見が突然現れて
いいのか、これで、と思ってしまうが
自分だってそう大差ないではないかと思いなおす。
「みえないスタンプ」は傑作だった。

今回はタイプの違うゆるゆるしたおじさん達の本を読んでみました。
(永江朗は違うかw)
11:46  |  蛸足図書室  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.12.09 (Fri)

1112CL #6 ゲンク対レバークーゼン

録画で見ましたけど、
あまり面白い試合じゃ無かったですね。
シュート打たなきゃ入らない、って試合でした。
パス成功数がいくら上がっても、回してるだけじゃ勝てません。

バラックが帯同されててビックリだよ。
名前の横に黄色いカードのマークがついてるのに。

1位と2位で、次楽になるかどうかは大きく変わる、のは分かってます。
でもバラックがカードもらって、
決勝トーナメントの初戦に出られませんって方が
もっと大きな問題のような気がする。
バラックがカードをもらわない可能性は、そんなに低くは無いだろう。

結果的には、カードはもらわず、チャラにできた。
最悪の結果だけは避けられた。

でもアウエーの試合でまたフル出場。
(最後はどこにいるのか分からないくらい消えてましたが)
週末にはハノーファー戦という大事な試合もあるのに。
しかも結局ドローで終わって、2位になってしまった。
意味ねー。

1位を狙うつもりでいるのに、
センターバックからマヌーを外して、
バラックフル出場させるってなんかおかしくない。
中途半端なんだよな。
毎度毎度、私とドゥットの考えは合わなくてイライラしてしまう。
なんてシロートの私の方が正解だなんて言いませんけどね。
こういう私とソリの合わない選手や監督がたまにいるのだ。

とはいえ、ロルフェスのパスミスとかちょっと多かったような気がする。
バラックよりもロルの方が疲れてきてるのかも。
あと最後にライナーツを下げてヨルゲンセンを入れた時、
最終ラインはどういうメンバーで守ってたんでしょうか。
私は最後までよく分かんなかった。
まさかの3バック?

他のグループの結果もあまり分かってないので、
2位になったことがどれほどキツイのかも実感がない。
どのグループも順当に強いチームが1位と言うわけでもなかろう。
ドローが楽しみ。
バイヤーの因縁がらみのネタはもうバラック対チェルシーで終わってると思うので
あまり目立った所とは当たらない気がする。
レアルと当たっても今更って感じでしょ。
な希望的観測で、トーナメントの1回戦は目立たずジミに
ひっそり勝ち上がりたいと思ってます。

なところで、この試合のレポはオシマイ。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : CL レバークーゼン ゲンク

00:38  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2011.12.07 (Wed)

1112BL#15 レバークーゼン対ホッフェンハイム

最近、見ながら書いているメモが消失しています。
何でじゃー。

なわけで、
今やすっかり記憶のかなたのこの試合。

金曜の試合でしたが、ホッフェンハイムはわりと分がイイ印象があったので、
きっと勝つだろう、じゃあ起きてみなきゃ、で起きました。
ちゃんと勝ちましたね。
途中で眠くなりそうなほど、危なげなかったと思います。
そしてホッフェンハイムは1部に上がってだいぶ経つのに、
監督も違う人になっているのに、
やはり失点して焦ってくると地が出るというか。
荒っぽく雑になるのが相変わらずだなと思いました。
ホッフェンハイムは野心とエネルギーを持っている若い選手、というのが
人選の基本にあるようで、
監督はその荒々しい力を正しい方向に向かわせるのが仕事、って感じがする。
サーカスの調教みたい。
ま、怪我人が出なくて良かったよ。

バイヤーの監督の方は、
バラックをようやく「休ませる」という采配を覚えたみたいです。
次からこのパターンが連続して出てくるかも。

おおそうだ。
一つ覚えてるのは、
キースがとてもとても前向きで充実した感じだったこと。
デルとのツートップで、キースはやっぱり汚れ役の方だったんだけど、
いつものように相手DFに削られ倒され踏まれて泥だらけになっても
拍手でパスをくれた味方に応じる姿が何度も。
普段はもっと不満を溜めこんでイラついているのに、
この試合は、倒されることを仕事と割り切って、
どんどんパス出せ!と頼もしく見えた。
チームの雰囲気が良いんだろうなと思った。
みんな仲良く和気あいあいとかじゃなくて、
勝負にこだわる、勝つということに対してのチームの意識が
ちょっとは変わったのかも、なんて私は思ったんですがね。どうでしょう。

残念ながらこれ以上、今思い出せません。
1点目が入ってから、次が決まるまでが長くて、
その間にバラック下げちゃって一瞬不安になったけど、
でも順当に勝ったと思います。

さてこれからバイヤーのCL6戦目を見ます。
まだ見てないもんだから、このリーグ戦の内容について
公式確認したりキッカー見たり出来ないんだよ。
間違ってるところもあるかもしんないけど、
どっちにしてもこれ以上は書けないので、
このままアップしてオワリです。いい加減だなオイ。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン ホッフェンハイム

16:43  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.12.06 (Tue)

ベイルのシューズ

先日のスパーズ対ボルトン戦。
先制点を決めたベイルは、手間取りながらシューズを脱ぎ、
両手で高く天に掲げた。
ギャリー・スピードと、何かしら関係のあるシューズなんだろうと思った。

スパーズの日本公式サポーターズクラブのサイトにその時のことが書いてあった。

→ ベイル ギャリーへの尊敬

前もって用意されたシューズ。
しっかりとゴールを決めたベイル。
実際に決めるのは容易なことではない。

ギャリー・スピード氏の冥福を祈ります。
そしてもうこのようなことが続かないようにと願います。

タグ : ギャレス・ベイル トッテナム

01:00  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.12.05 (Mon)

RYUMEI@YouTube-この季節にふさわしく

RYUMEIさんのチャンネルに、新しいオリジナル動画アップされましたー。
12月といえば「ハメルーン」の季節でございます ←ヒイラギの絵文字がない。



これは3周年ライブでの演奏ですね。
ライブレポはコチラ。→RYUMEI・LIVE on Birthday@RR~RYUMEIは1日にして成らず
この曲についてはわりとあっさり書いてますが(笑)
最近のライブでのスタンダードバージョンですね。
伸びのあるリューメイヴォイスをご堪能あれ。

さて、今週の金曜日はRockerRoomでマンスリーライブですよー。
今回はAkai Tonkoさんとのツーマンです。
OPEN 19:00 / START 19:30 ¥2500+D

保育園でのシークレットライブで歌った曲を
今回のライブでも聴かせてくれるようです。
いったい何を歌ったのやら、楽しみです。
お時間のある方はぜひぜひ生の歌声&ギターを至近距離で!

タグ : 小田木隆明 RYUMEI

21:50  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2011.12.05 (Mon)

1112-2BL#17 ボーフム対アウエ

 緊急開催!ボーフムTOR祭り! 

期待しないで見ていたら、
まさかのボーフムゴールラッシュ。
今季初めてのお金を払ってもいい試合だったような気がする。

前の試合で、ファンを見捨てるようなぐだぐだっぷりを披露しといて
ここまで生まれ変わると誰が思うであろう。
いや、前の試合のコメントの返事で
「まあいきなり前節の流れと関係のない試合をするボーフムですので、
次はまた見違えるようなワクワクする試合を・・・・(むなしい)」
と書いたのは私だが、
まさか本当にそうなるなんて99%信じていなかった。
残りの1%は、ボーフムだからな、でどこか期待しているところもあった。

1%が現実になった。

マティアスに替えてトスキを左サイドバックに起用。
彼がこのポジションをやるとは知らんかった。
そしてギンに替えてアイディンをスタメンに。
結果、この2枚の采配がドンピシャ。
トスキは2ゴール2アシストの大活躍。
アイディンもドペル。
信じられない。

ハーフタイムの間に見ていた中継が途切れ、
ちょっと諦めようかと思いつつ、しつこく更新かけてたら復活。
その10分の間に4点目がすでに入っていてビックリ。

私の中でのボーフムの調子を判断する基準が一つある。
マルの顔。
今日のマルは、輪郭がシャープではっきりしていた。
これはちょっと期待しても良いかもしれない。
まさかでも15分にゴール決めるとは思わなかった。
ヘッドに当てるつもりが当たらず、
相手が先に触ったボールが肩のあたりに当たって入るというラッキーゴールだったが
久々にホームのサポを喜ばせるゴールだった。

マルが集中してない時は、
輪郭が溶けだしたようなボーヨーとしたぼやけた印象がある。
前節のマルはまさにそんな感じ。
つか今季はそういう時が多い。
前季はシャープで締まっている時の方が多く、
試合の時もしっかりとした守備が出来てた。
マルの顔はボーフムのチームの雰囲気が分かるバロメーター。

しかし何をどうすると、今日のようなチームが出来上がるのか。
ミスはあるけど、しつこく追いまわすだけの前向きさがあるし、
パスもうまく繋がって、ワクワクするような攻撃が何度も見れた。
2点目なんて、ボーフムの攻撃の流れでチャンスが続いていた中で生まれた。
クラマーがホント、いい味出してます。
彼の試合を見るセンスとカバーする範囲の広さと自信、
試合を重ねるたびにどんどんと良くなってます。

ボーフムは後半に入ってさらに3点を追加。
おかげでこのどさくさにまぎれて、
フォクツやヨハンソンを交代で入れる余裕っぷり。
相変わらず二人ともちょっとビミョーなプレーでしたが
このスコアと他の選手のノリノリの動きの中に
うまく紛れ込ませることが出来ました。
そして最後の交代で、
マルを下げてアイスランドのイケメン君をデビューさせました。
残り少ない時間だったけど、
ゴールライン際で相手を背負いつつ相手に当ててボールを出すなど
落ち着いたプレーには期待を持ってしまいます。
CBはボーフムのウィークポイント。
ここに少しでも光明が見れるようになれば良いが。

分けて取ればいいのに、という声もあるかもしれないが
取れるうちに取っておくのも大事なことだ。
今日の試合でボーフムは得点で6プラス。
得失点差を一気に半分のマイナス6にまで改善させた。
ポイントはようやく20にのせた。

気がつくと、今日の試合で前半戦が終わったことになる。
今季は2部だけ2試合フライングの変則開催なのだ。
次の試合は後半戦の初戦になる。
昨季はこのへんから怒涛の連勝状態になったんだよな。

とはいえ、冷静に考えれば昇格争いなんてカヤの外だろう。
ボーフムが目標とすべきなのは、やはり集客アップだろう。
少しでもお客さんの喜ぶ試合をするように
次もまた、今日の半分くらいの調子の良さでも
なんとか引き継いでくれたらいいなと思う。
謙虚でしょ。
でも次にまたまったく違う目が出るのがボーフムだからな。

レポらしいレポにちっともなってないが
今回はこれにてアップ。

タグ : ブンデスリーガ ボーフム

00:54  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2011.12.01 (Thu)

本日10時まで!無料フル視聴←終了しました

RYUMEIさんがつぶやいてたので急ぎ横流ししますー。

RYUMEIJUNEによる作曲、
黒木メイサ『Breeze Out』の24時間限定フル試聴、
ただいまオンエア中です。
12月1日22時までになります。急げ!
黒木メイサ公式サイト

カッコよくて気持ちのイイ楽曲です。
PVのメイサちゃんがキレイすぎてCGみたいだー。
これはCMも楽しみですね。

CD「Woman's Worth/Breeze Out」は12月7日発売です。
Breeze Outのインストも入ってるから、
RYUMEIファンにはお得?(笑)

*****************

10時過ぎたけどまだ聴けるな。
(どうもPV画面を開きっぱなしにしているせいらしい)

もう聴けなくなったよ!と言う人はこちらをどうぞ。
→ スバルBRZサイト
コラボレーションPVが見れます。

さっきから何度も繰り返し聴いてるけど
癖になるサビですねー。
何言ってんだかさっぱりわからんが(笑)
ま、そういうもんでしょ。
サウンドの細かなところも拾って聴きたくなるー。

タグ : 小田木隆明 RYUMEI JUNE 黒木メイサ

22:29  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

2011.12.01 (Thu)

日暮里逆上ショッピング2011

先日、一年ぶりに日暮里繊維街のセールに行ってきた。
→ 日暮里繊維卸協同組合のサイト
年4回のセールはこちらでチェックできます。冬のセールは3日まで。

今回の戦利品はこちら。

201111291935000.jpg

上の3つが各2メートル。
左から3メートル、2メートル、4メートル。
右下の無地はメーター100円の特価品。
適度に厚くて肌触りもイイ感じ。
値段よりもずっと良いモノです!
シーツの裏用に買ったんだが、もったいないかも。

戦利品1

左の千鳥柄は、ついでで引っ張り出したら結構可愛くて。
規則正しく並んだ中に、梅の赤い色がイイ感じ。
右上のおにぎりのような、鉄火巻きのような柄は一目ぼれ。
メーター980円とかなり強気な値段でしたが、エイヤで買ってしまいました。
その下の柄は白い丸が書いてあるもの。ドットのようでちょっと違う。
柄が見えるように写真撮ったので色がとんでますが
生地はぐっと濃い藍色。これでブラウスを作りたい~。

戦利品4

真っ赤な地色に豚の柄。
ちょっとピンクの豚が混じってるのだ。
パジャマかなあ、と思うと3メートルになる。
柄が一方方向なのでうまく裁断しないとね。

戦利品2

また使い道に困る布を買ってしまった。
昭和30年代チックな色と柄がたまらん。
こういうのを見つけるのが楽しくて、またしばらくすると行きたくなってしまう。
「ミハマクロス」で2メートル袋入りで売ってた。この半分でもいいんだけどなー。
さてどうすべか。

「安田商店3丁目店」で去年悩んで買わなかったナイロン生地を買うつもりで行ったら
欲しい水色の布が無かった。
やはり布は見つけた時に買わないとダメですね。

最近は布を売る店もどんどんなくなってて悲しいです。
10年前はまだスーパーの店頭で期間限定で布を売る店が出てたりしてたのに。
先日、T田沼のイトーヨーカードーも売り場改装とともに
ミシン&洋裁の店が無くなってしまったようだ。ガーン(涙)
ユザワヤだけじゃ意味ないんだよなー。

さて、
ここからどれだけ形にできるか。
「カーネーション」の糸ちゃんを見ながら、
今はいろいろ考えるのが楽しいです。

タグ : 日暮里繊維街

10:46  |  趣味の針仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |