2012年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2012.03.31 (Sat)

酒と涙と~カーネーション

サッカーは見てるんですが、
なかなかここにアップするようなテンションにならず。
個人的にはマンCと対決したスポルティング・リスボンに、
チリのマティアス・フェルナンデスと、
セビージャを出た後の消息が不明(←調べてないだけ)だったディエゴ・カペルがいて
元気に走り回っていたのが嬉しかったです。
スポルティングはヨーロッパリーグで次のラウンドに進み、
今は録画してある試合をいつ見ようかとワクワクしています。

先日はエバートンからロシアに戻ったビリィ(ビリャレトディノフ)が
スパモスで元気にしてるのを見て安堵したり。
相変わらず、自分勝手なアンテナで生きています。

さてっ。
いよいよ明日で最終回となる「カーネーション
の前に、今日は頼んでいたものがものすごい早さで到着してビックリです。
だんじりか!
注文したのは昨日の午前中。
届いたのは今日の夕方。
まさに仕事から帰って家についたら、ゆうパックの車が止まってました。

カーネーションの糸子のモデル、岸和田のお母ちゃん小篠綾子さんが
愛飲していたという日本酒です。
mixiで教えてもらい、私が食いついていたら、
通販で買えるとさらなる情報をもらい、すぐさまショップに飛んでゲット。
ついでに日ごろお世話になってる月子さんにもゲット。
ナイショで贈りました。ひひ。

篁2

篁1

トピの方がショップに連絡してくれたそうで(感動)
おまけに「コシノ家ゆかりマップ」を付けてくれました。
いろいろなエピソードが書いてあって読みながらしみじみ。
旅行でかなりの場所を行き倒した私ですが
岸和田はまだ未踏の地。
いずれ「太陽の塔」とセットで訪れたい。

今日は最終回を前に、糸子が亡くなってしまいました。
ワタクシ、ドラマを見て声を出して泣くなんて初めてです。
そんな日に導かれたようにやってきた糸子の酒。

いずれ糸子と晩酌するような気分で、
風味を損なわない程度に大事にチビチビと味わいたいと思います。

ショップHPはコチラ→http://store.shopping.yahoo.co.jp/gancho/index.html

針仕事カテなのに、カーネーションの酒の話題でスマン。
今度トートバッグを紹介します。お楽しみに~。
スポンサーサイト

タグ : カーネーション 小篠綾子

00:01  |  趣味の針仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2012.03.25 (Sun)

バイヤーの試合まとめて

シャルケ戦、録画しといたの見た。

監督解任 マダァー?(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン


バルサン戦のセカンドレグは、前半の途中から流し見。
後半はほとんど見ないで、終わったところでソッコー消した。

続くリーグ戦ヴォルフスブルクとBMG戦は、
半分でも見れる時間に帰って来てはいたのだが、
酔っぱらってる上に、ちょうどいいタイミングで失点したりするので
やる気がなくなって寝てしまった。

長いシーズン、こういう状態にハマることはままあること。
でも何だか浮上するような気がしない。

チームがちぐはぐなような感じがする。

シャルケ戦は芝の影響もあったのかもしれないが
選手のフィジカルのバランスが悪すぎるような気がする。
毎度のことだが、トラップがちゃんとしてないので、
余分な時間、体の動き、精度への悪影響が出る。
パスを繋ごうという意識はあるが、
それが自分が楽になるために出してるような感じなのだ。
渡してオワリで次がない。
もらう方も難しい。
相手に寄せられてるところでもらうから、簡単にすぐ奪われてしまう。
スペースに出してもトラップで時間を食うから
流れるような動きが生まれない。

反応が鈍いんだよねみんな。
体の動きがあってなくて、
運動会に出たオトーサンみたいに足が残ってる。
重心が後ろにあるので、咄嗟の動きが遅い。
疲れもあるのかもしれない。

レナトもいつも悲しそうな顔をしてるが、
どこか調子が悪いのだろうか。
なんでもないプレーに物凄い労力を使っているように見えた。

ロルフェスがフルでプレーできたのはベンダーが怪我でいないからなのか?
バラックはいつになったら戻ってくるの?
ダ・コスタが傷んでピッチを出なければならなくなった後に
まず投入されるのがデルディヨクってのも引っかかる。
そりゃ失点はもうしていたけどさあ。
しばらくして思った。
マヌーはトプラクがやらかした場合に出す予備のカードなんだと。

したらカドレツの方がカードもらったり
ファルファンとヤバイことになりそうな雰囲気になってしまったので、
先にオツィプカとの交代になってしまった。

なんでこの監督の采配は減点方式なんだろう。

こんなやり方をして、負けがこんでる時の選手は、
どうやったら前向きな気持ちでプレーできるんだろうか。

バルネッタが長い長い離脱期間を終えて、ようやくピッチに戻ってきた。
こんな状態のチームで申し訳ないような気持ちだよ。
もっともっとポジティブな気持で、復帰の日を迎えさせてあげたかった。

バイヤーのベテラン・中堅はみんな宙ぶらりんな扱い。
怪我をしている間だって落ち着かないだろう。
自分のこれまでの実績や自信が揺らぐような状態に置かれて
チームの状況はここへきて底に到達してる。
今はあつい信頼を受けているカストロだって、
明日はどうなるか分からないと、
どこかで冷めて考えているんじゃないだろうか。

「底」はシーズンの間に必ずやってくる。
それをどう乗り切るか、乗り越えるかでチームはさらに成長するのだ。

バイヤーはいつこの状態から抜け出せるんだろう。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン

17:33  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.03.20 (Tue)

糸子のブラウス、八重子さんのエプロン

サッカーはいろいろ底に入ってるので、
ちゃら~っとかわしてお気楽に手縫い仕事の更新。

カーネーションに相変わらずハマっているのもんさんは
夏木糸子になっても面白くてやっぱり1日2回は見ています。
今月いっぱいで終了なんて残念すぎる。

さて、最近作ったのが「カーネーション」からみの服。

40代前後の糸ちゃんがよくヘチマカラーの服を着ていたので、
久々に縫いました。
以前同じデザインで作ったものを、生地を変えて。
濃紺に白抜きのドットの柄なんですが、なかなか実物に近い色が出ませんな。
ちょっとソフトで調整しています。

P1060963-RS.jpg

P1060964-RS.jpg

糸子が着てたのは↓こんな感じ。
襟はバイアス布で縁取ってある凝ったデザインです。
チェックの柄がそこでキレイに切り替わっててオシャレでした。
これだと分かりにくいかな。
NHKのサイトで画像拝借してきました。
「お化けがとんかつ食べてる」のシーンですまん(笑)

糸子ブラウス

もひとつ。

八重子さんが最初のころに着てたエプロン。

P1060966-RS.jpg

P1060973-RS.jpg

どの辺が八重子さんなのかと言うと、
ボタンをループで引っかけてるデザインが。
シンプルなのに珍しくて可愛いなあと一目ぼれ。

八重子さんエプロン

ネットで拾った無料型紙で作ったんだが(ループは自分で変えた)
着てみたら横幅がありすぎて
慌ててタックを寄せて調整しました。
私の作るもんは、土壇場でのデザイン変更がままある。
ごまかしてるだけだが。

オマケのアームカバー。おそろいで。

201203171245000.jpg

これも糸子つながり?
以前作ったきんちゃく。
真ん中のロゴは「日本手酌の会」のマークとしてネットに落ちていたモノ(笑)
アイロンプリントしてあります。
しかし手酌で晩酌する朝ドラヒロインってかつていただろうか。

201203201152001.jpg

タグ : カーネーション 手縫い

12:06  |  趣味の針仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

2012.03.19 (Mon)

あんまりだ

Azaouagh nach Kieferbruch operiert

とり急ぎボーフム公式より。

ミムンはデュイスブルクの病院に運ばれCTなど検査を受けた結果
あごの骨折が分かり、手術をすることになるようだ。
相手選手の膝が強くぶつかったようで、一時は意識を失っていたミムン。

おそらく今季中、ピッチに戻るのは難しいのではと。

最悪だ。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ボーフム ミムン・アザウアク

08:31  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.03.19 (Mon)

1112-2BL#26 デュイスブルク対ボーフム

サッカーを見ていると、
否応なしに、辛い場面を見る羽目になる。

ミムンが相手選手二人に挟まれて倒れ
そのまま仰向けになったまま動かず、
スタッフが数人手当に入るも
いつまでもその人だかりがなくならず
ミムンの様子も埋もれてさっぱり分からず
そのうちに、担架に縛られるようにして、
左足をぶらりと担架の外に出したような格好で
そのまま運ばれて行ってしまった。
ちらりと頭部が見えたけれど、ミムンはまったく動いている様子がなかった。
ボーフムのティッカーには意識不明のようだと書いてある。

試合が終わって、ティッカーの最後にミムンの様子が少し書いてあった。
ミムンは脳しんとうを起こしていて、病院にそのまま運ばれたらしい。
大丈夫なんだろうか。

胸がふさがって気分がめいる。


前半19分には、ミムンのアシストで乾がゴールを決めている。
ミムンは一度は失ったボールを、すぐにカットしたボーフムの選手からパスを受け、
前を向いて絶妙なタイミングで乾の足もとへと転がすパスを出した。
乾は相手を背負いながら、早いうちに足先でシュート。

ただ最初から試合内容は双方おぼつかない感じで
自らのミスによって試合の集中力が保てなくなるような
見ていても力の入りにくい内容だった。
相手のミスもあってそれなりにチャンスはあったのだが
やっぱり精度に難があり過ぎるので、決めることが出来なかった。
ミムンは一度右からのカウンターでドリブルで一気に仕掛けるも
ゴール前の切り返しで左へ展開すればいいのに右に返して
どん詰まってシュートを相手に当てるという残念なシーンがあった。

ミムンだけじゃない。
こういう決定的なところでボーフムは何度も何度もチャンスを無駄にしてしまうのだから、
逆転されても文句は言えない。

でもデュイスブルクの逆転のゴールは、スローで見たら
明らかに戻りオフサイドだったけどな。
どうせ2部なんてそういうクソ審判しか当てられないんだ。

仕方なく最後まで見ていた。
ミムンのことが気になって集中なんててんで出来ないし
ただ惰性で見ていただけだ。
サッカーを見ることは義務ではないのにな。

ミムンの怪我が大したことありませんように。
早く無事でいるニュースが入ってほしい。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ボーフム ミムン・アザウアク

00:01  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2012.03.16 (Fri)

bieN・LIVE@RR「みんなの歌 vol.1」~福袋的イベント

冷たい雨の残る中、冬のコートに厚手のマフラーで出かけてきました。
今日は出演アーチストが4組もいたので、
味わいの違う音楽をいろいろ楽しめましたよ。

リューメイさんは髪を切って、
また私好みのくるくる可愛い感じになってました。うれすぃー。

終始ゴキゲンなリューメイ兄さん。
声もギターもトークも目線もノリノリでございました。

楽しいレポはこれから頑張って書いていきまっす。
いつになるやら自分でも読めませんが、
テキトーに待っていてくださいませ。

ちなみに次のライブは4月14日(土)
詳細は未定ですが、ツーマンの予定だそうです。

************************

なんとか出来ました~。
この中にあるいろいろなモノを楽しんでもらえたら幸いです。
よろしかったら感想も寄せてくださいませー。

2012-03-10.jpg

タグ : 小田木隆明 RYUMEI 小田木確朗 bieN

00:52  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

2012.03.13 (Tue)

スカパーのサッカーページが最悪過ぎる件

おいおいおいおいー!
なんだよこんなに使いにくいサイトに変えるってどういうことだああ。

視聴者が好きなチームやリーグを把握しようっていう魂胆があるのは分かるが
試合ごとのスケジュールが一気に一覧で見れないってどういうこと。

いちいち日にちごとに見るとか、チームごとに見るとか
ぽちぽち何度もやらんといかんのか!
そんなヒマじゃないんだよっ。(←サカ見てるくせに)
CLの録画スケジュール立てようかと見に行ったら
いつのまにこんな変わってまったくよおおお。
どこかやりやすいやり方ないのかとさまよってる間に
知らなくてもいい結果のニュースが目に入っちゃうしよおお。

あちこちのリーグとあちこちのチームをちょっとずつつまみ食いしてるワタシには
使い勝手が悪すぎる。
キーーーーっ!(怒)

タグ : スカパー

11:50  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.03.10 (Sat)

1112-2BL#25 パダボーン対ボーフム

私が去年ドイツに見に行った試合の折り返しの対戦かあ。
なんて観戦旅行記がずーっとほったらかしです。スミマセン。
写真を編集するのが面倒でな・・・。
あの時からボーフムはベルクマン体制に変わったんでした。
監督交代の初戦は前半の頑張りが報われず、後半にぎったんぎったんにされました。

さて。
前節はあまりいい試合をしてなかったので、
期待はしてなかったんですが、
そういう先入観というか予想がまったく役に立たないのもボーフムです。

ベルクマンはボーフムに合ってると思います。
やりたいのは多分パスサッカー。
ボーフムに精度が足りないだけで、やらせようとしているのは見える。

ボーフムのように精神面がもろく、
ちょっとしたことで試合内容が浮き沈みするチームを、
辛抱強く軌道修正させているところが、本当にすごいと思う。

ボーフムはチーム状況が良くなっても長続きせず、
たわいもないことから、あっという間に
とんでもない凡ミスを繰り返すチームに戻ってしまう。
それでもぐずぐず沈ませずに、
次の試合ではその影響が残ってないような感じで試合が始まってることが良くある。
この試合もそんな感じだった。

私はミムンのファンだから、彼を中心に見ているが
今日のミムンは体が大きく見えた。
怪我明けのフィジカルトレーニングがようやく効いてきたのか、
モリモリの上半身が戻って、体にキレが出てきた。

1112-2-25-5.jpg

1112-2-25-11.jpg

前節はまだ体が追いついていなかったのが
今日は相手との競り合いでもバランスを崩さず
攻守の切り替えも早い。
パスの精度が高く、パススピードもはっきりと早い。
気持が何より前向きだし。
どうしちゃったのミムンちゃん。
前節は途中から、かなり気持がキレそうな危うい雰囲気だったのに。
いつものようにボールを取られるシーンも、
ファウルをもらえないシーンもあるけれど、
そこでクサらない気合いがあって、見ていてドキドキしてしまった。
やっぱりミムンの調子が良くないと楽しくない!
一度はペナないで転がされ、でも笛が吹かないので急いで起き上がり
さらにゴール前へ侵入したところからマイナスのパスを乾へ。
乾選手、そこは確実に決めてほしいところだったが、
相手に当たってエッケになってしまった。
おいおいおいおいー!

ミムンは68分にフライヤーと交代になった。
もったいないな。今日はまだまだやれそうだった。
ミムンもそう感じてるみたいで、ちょっと不満げでした。
怪我の影響はなくなったようだし、
コンスタントに出続けて、ボーフムを支えてくださいな。

ボーフムは今シーズンの明確な目標はないと思う。
落ちる心配もおそらくないだろうが、上に上がる可能性ももうない。
お客さんに喜んでもらうチームになることが一番大事な目標だろう。
今日のボーフムは、点が入らない状況が続いたせいもあるかもしれないが
最後までかなり冷静で集中も続いていて、いい試合をしてたと思う。
特に中盤のフェデリコとクラマーが良かったような気がするなー。
ボーフムは90分の中でボケっとうっかりした雰囲気がほとんど無かった。
アキスタパーチェ(やっと名前覚えた)も集中して最終ラインで働いてたし、
マルが悪目立ちするシーンもそれほどなく、顔も心なしか締まっていた。
乾選手は以前ほどボーフムの中で目立ってはいないが、
消えているわけではなく、チームのプレーに馴染んでる感じだ。

珍しく画像でも貼ってみる。
テセはいなくなってしまったけど、
ピッチでの表情は落ち着いて気合い入ってます。

1112-2-25-8.jpg

ベルクマンが上手いんでしょうね、きっと。
簡単に技術やメンタルが向上するわけではないが、
本来持っている力をちゃんと出せればボーフムはそれなりに良いチームなんである。
ベルクマンは焦らずじっくりとチームに向き合って
チームを成長させようとしてるように見える。

1112-2-25-7.jpg

↑こういう監督さんがミムンには合ってる(笑)

むしろこの試合は相手にも助けられていた気がする。
ツヴァイテ上位にいるだけあるから、
きっと組織のしっかりした自分たちのプレーを持っているんだろう。
よくあるガツガツくるタイプではなく、
スペースを持ってプレーしているので、
ボーフムのミスが目立たなかったのかもしれないし。
パスが回りやすかったように感じたな。
それとゴール前での精度がちょっと残念で、
気迫の様なものも、他のツヴァイテと当たった時に比べると少なかったようだ。
攻め込まれるシーンはいつものように何度もあったけど、
ボーフムは最後まで落ち着いて集中して対応し続けることができた。

スコアは0-0だったけど、
前節のことも考えれば、ボーフムにとってはかなり意味のある1ポイントだと思う。
いい試合でしたよ。
ま、それが次に繋がるかどうかは、ボーフムなので予断を許しません。

次はアウエーでデュイスブルクとのダービーです。
ぜひファンを喜ばせる試合を!

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ボーフム ミムン・アザウアク パダボーン

16:26  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.03.05 (Mon)

ニュルンベルク、粘り腰の勝利!

勝ったああああああ!!!
凄い!凄いよ!
前節のブレーメン戦も後半かなりたってからの先制&決勝点で、
今節BMG戦も踏ん張り抜いて87分の先制&決勝点!

良い内容の試合をしながら勝ち点を積み上げられなかった前半戦から
今は、いい内容をそのままに、ちゃんと結果に繋がってる。
選手に自信が戻って来てる。

とにかく走る。守りにも粘る。
クリアははっきり、迷いなく大きく。
攻める時も、何人もの選手が前へ仕掛ける。
無理はしないで、安全策もちゃんと取る。
1:1でも決して引かない。
裏を取られるようなボールが入っても、
戻ってなんとかしようと必死に抵抗する。
決定力がないのだけが心配だが
それでも諦めないで最後まで信じて走り続けるニュルンベルク
もおおおおカッコいいのなんの!!

前節も今節も、走った分、頑張った分が、きちんと報われた。
順位は9位にまで上がった!(暫定だけど)
もう降格の心配をする必要はないだろう。
よく下を向かずに、自分たちのプレーを変えずに、
ここまで頑張ったよ。
泣けてくるー。

マーカスのサイドバックとしての能力は
ガンガン上がっております。
今日なんてもう、上がりまくりなのに、しっかり戻ってピンチもカバー!
サイドバックとしてのあるべき姿を実践しています。
もおおお惚れちゃうううううう!!

ああ起きて応援して良かった。
おめでとうニュルンベルク
シアワセな気持で眠ります。

タグ : ブンデスリーガ ニュルンベルク マーカス・フォイルナー

01:52  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.03.05 (Mon)

レバークーゼン3連勝

ケルンとのダービーに勝ち、バイエルンをホームで下したというのに
こんなひとまとめでスミマセン。
もっと喜んで興奮して書くべきなんでしょうが。
いえ、嬉しいです。ホントです(笑)

両方ともちゃんと見てました。
sopで録画もしたし。
ケルン戦はメモも取ってあるのだが、
あまり思い出せない。
あ、ベンダーが素晴らしい活躍っぷりで
「さすが私がユニ買うだけあるわね。フフン」と悦に入っておりました。

その前のボーフムの試合の後で、かなり消耗しており
見ているんだけど、集中できないし眠いしで。
その後ニュルンベルクの試合が控えていたこともあり、
さらにニュルンベルクがブレーメン相手にアウエーで驚異の粘り勝ちをしたので
23節は気分的にはもうそっちでシアワセになってました。

さて昨日の24節バイエルン戦も、やはり注目ゲームなのでsop中継があり
これもきちんと録画しました。
これはもう一回ちゃんと見たいなあと思う試合だった。
いやこの日は朝ドラが「オノマチ糸子最終回」で
信じられないほどの完成度の高さだったもんで
(↑分からない人にはさっぱり分からないでしょう)
そっちのサイトに気を取られていて、
やはり意識が集中しきれていなかったのだ。
メモもあまり取れてない。

えーととりあえず覚えているのは、
般若君がフェイスガードを付けていて、
「仮面の2枚重ね?」と思ったとか。
いえ、代表行って怪我させられて帰って来たのね、と
うんざりしました。
あと、バイヤーが簡単に攻め込まれてんなあ、思いつつ
でも逆に反撃できるだけの隙があるように見えました。
いつもなら、もっとギチギチ詰めよって来て、
フィジカルでやらしい攻撃に出てくるのに、妙にスペースがあるなと。
あまり相手にされてないのかも、と。
昨シーズンは直前に監督ヘッドハンティングでチームを激しく動揺させるという
キタナイ手に出たというのにねえ。
あまり上手く行ってないんですかね、白ソーセージは。
ミュラーとボアテングがなんでエキサイトしたのか
何度もリプレイを私が見逃すので(笑)よく分かりませんでした。
ハインケス、すんごい痩せた気がするんですが、大丈夫ですか。
スリーアミーゴスのイジメにあってるのかしら。
まっ、そのおかげで、試合としてはちょっと面白そうな感じではありました。
後半すぐにマヌーを下げたのがよく分からない。
このタイミングで下げるようなパフォーマンスはしていなかったと思うし
だったら怪我なのか?
どっちにしてもあまり嬉しくない交代だった。
ベンチで戦力として使えそうなのはデルディヨクとロルフェス。
ロルフェスもすっかりなめられちゃってんなあ。
先制点はいい時間帯だったと思います。
拮抗した状態でバイヤーもいい緊張感をずっと保っていたし。
デルディヨクの諦めないプレーと、キースの粘りのプレーが結実しました。
2点目はどういうタイムングでカウンターに入ったのか、ちゃんと確認できてないんだが
カストロの冷静さとベララビの早さが結果に結びつきましたな。
ベララビも早いだけ、機敏なだけ、でなく
ちゃんと枠に飛ばせてよかったよかった。
この2点目でさすがにもう大丈夫だと思いました。
バイヤーだって、ホームならバイエルンに勝ったことくらいあるんだかんな。
監督の采配がどうだったのか、チームの雰囲気がどうなのかは分かりません。
だって得点したあとベンチに走ってく選手いないっしょ。
3連勝は大きいけど、何かが改善されたとは思ってません。
最近ドゥットのヤツ、下がってきた選手をがっちりハグしやがんの。
クロッポっぽいことをやりたいみたいで失笑もんです。
とりあえず「チームは上手くいってます」って
アピールしてるみたいです。
相変わらず監督っぽいポーズばっかりいっちょまえです。

次はカンプノウのスタジアムツアーですね。
ピッチに立って試合までできるなんて大サービス。
楽しい思い出たくさん作って帰ってらっしゃい。

その後の2試合は、私は出掛ける予定が入ってるので
両方とも見れないんでございます。
しっかり勝てよ!

と雑に書きなぐったところでもうアップ。

さてっ、ニュルンベルクの試合に集中します。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン バイエルン

00:14  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.03.03 (Sat)

3月は「みんなのうた」vol.1

RYUMEIさんとKAKUROさんのユニットbieN
3月のライブはコレ!

「みんなのうた」vol.1「やっぱりみんなBeatles?」

bieNプレゼンツの第一弾は、やっぱり(笑)ビートルズ。

他に、ジヨナサンベル、紺エリコ、THE SWEETFISH(AYURI.KEI.SOUSHI)
が出演予定です。
わあこんなにいるの、私は初めてかも。

場所はいつもの池尻大橋 RockerRoom。
OPEN 18:30 / START 19:00
¥2000+D
終了22:00くらいと思われます。

いつものライブとはまた違う雰囲気になるかもしれませんね。
新しいことを始める時は
リューメイさんが一番楽しそうなので、こちらもワクワクです。
ご一緒する方、おりませんか~?

タグ : RYUMEI bieN 小田木隆明 小田木確郎

22:58  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.03.03 (Sat)

腹筋ができません

久々の蛸足格闘部です。

年末年始は飲んで食べて飲んで飲んでな日々で、
あっちゅうまに体重がえらいことになりました。
いまだ数字の上ではあまり落ちていないという残念なのもんさんです。
つか、去年の同じ時期に比べ、あきらかに1キロ上にシフトしてるし。
なんでだ!

年明けから、F橋アリーナでやってるグループキックのレッスンが増え、
調子にのって週3回くらい、暴れています。
月曜と水曜がグループキック。火曜がいつものマーシャルワークアウト。
土曜の9時からもあるんですが、気持はあっても起きれません。
2月に入ったあたりから、腹もようやく締まってきました。

今日は、また新しいレッスンに挑戦。
グループセンタージーという、ちょっとヨガっぽいヤツです。
土曜のお試しレッスンがあったので参加。

しかしこれが結構キツかった。
ゆっくりしたストレッチの動きを音楽に合わせてやるんですが、
途中で背筋メインの1曲と、腹筋メインの1曲があって
もうじぇんじぇんできません。
腰が悪くなりそう(大汗)
まともに1回も起き上がれないし。
だいたいが以前借りたビリーのDVDも腹筋編は1回しかやってないし。

立ち上がった状態で動くのはなんとかなるにしても
寝転んでやる運動が、しんどすぎてまるで苦行。
体の固い私には向いてないっす。
明日、筋肉痛できっと死んでる。

なので今後も格闘系エクササイズメインでやっていきます。
最初は3人!しかいなかった寂しいグループキック
今は男性が半分くらい占めて、多い時には20人近く集まることも。

もっと駅から近い場所だったり、駅や路線もメジャーな場所なら
夜の時間も大盛況になるんでしょうが、
あまりに遠いので誘うのも気が引けるし誘っても来ない。

ワンコインでこのサービスでこの人数は、贅沢すぎるのにね。

タグ : グループキック グループセンタージー

22:38  |  蛸足格闘部  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.03.03 (Sat)

ボーフムはデルーラとの契約を延長

良かった!!
→ VfL verlängert den Vertrag mit Deluraボーフム公式

十字靱帯断裂で少なくとも半年の離脱となってしまったデルーラですが、
ボーフム側は今季末までだった契約を1年延長したそうです。
良かったよおおおお(涙)
彼のキャリアは怪我との戦いでもありました。
あちこちのチームを渡り歩いて、宙ぶらりんなところをボーフムの練習に参加し、
今年の冬から、今季末までの契約を決めました。

これまで出た試合はまだ3試合くらいか。
傍目にも、彼が十分に使える戦力であることが分かるプレーで、
グンと調子を上げてきたところでの、最悪の事態。
何よりもデルーラ自身が、ひどく落ち込んでいるだろうと思います。
その中で、早々に契約の延長を決めてくれたチームには感謝します。
デルーラが安心して治療に専念できますように。
ほんの短い間でもボーフムにとってなくてはならない選手であることを示したデルーラ。
あなたの復帰を待っています。

タグ : ブンデスリーガ ボーフム ミヒャエル・デルーラ

12:28  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.03.03 (Sat)

1112-2BL#24 ボーフム対ディナモ・ドレスデン

23時ごろ、キッカーのスタメン予想をとりあえずチェックすると、
ミムンの名前があった。
おわっ。
間にあったんか!まだ室内トレーニングだったと思ってたのに。
慌てて就寝。4:20分に起きました。

今日の主審はロビー。
ディナモ・ドレスデンのキーパーは、バイヤーのウルフ・キルステンの息子です。
彼がウルフの古巣でキーパーやってるとは知りませんでした。
ちょっと口元あごのあたりに面影がありますね。
彼がまだバイヤーユースにいたころに、
ワタクシ一度現地でたまたま試合やってるのを見たことがあるんすよ。

ボーフムはなんとコンチャが復帰です!
交通事故のような酷いファウルで長く離脱していたコンチャが
このタイミングでスタメンに!
緊急事態とはいえ、大丈夫かと思いましたが
コンディションは悪くないようでした。
右サイドバックで仕掛ける場面も多くて、これはボーフムにとって心強い。
他に、こちらも怪我で離脱していたギンチェクが右サイドで復帰しています。

スタメン的には、思ったよりは何とかなったメンバーですが、
ベンチはユースから3人ほど上げてきたようで、
采配でゲームを動かせるような感じじゃありませんね。

さて、ボーフムは立ち上がりも思った以上に良くて、
パスを回して攻撃を作ろうという意図は十分に見えました。
まあ精度が怪しいのでなかなか形にはなりませんが。
ミムンはトップ下で出場。
かなり広範囲をカバーして走ってました。
ドリブルでの仕掛け、囲まれてもしぶとく繋いで、
細かな場所でも味方とコンビネーションから崩そうと頑張ってます。
でもやっぱり球離れが一つ悪い気もするし、
囲まれても取られてしまうことも多い。
せっかくの気の効いたパスもコースが甘くて取られてしまったり。
なかなか気合いに見合ったプレーが出来ていないようです。

その中で、乾選手がわりとミムンを意識した動きを
するようになっているのが面白かったです。
ミムンの方でも乾選手を使おうとするし。
ここでもう少し形になって行ったら面白そうなんだけどね。

乾にとりついていた「決定機を外す霊」は
今日はゲラシビリのもとに憑依したようです。
決定的なシーンを外しまくりです。
おかしい。
その前の試合まではもうちょっとなんとかなりそうば雰囲気があったのに。
もう途中から「今日は入らないデー」だと諦めました。

ボーフムの失点は相変わらずなんですが、今日はさらに酷かった。
オフサイドを取れずに簡単に抜けだされてルーテが1:1。
これで止めろというのは無理な話。
後半すぐの2点目なんて、手前に飛び出したルーテがかわされた後、
戻るマルのちんたらとした動きに目眩が。
そこは全力で戻ってスライディングしてでも邪魔しろよ!!

なんかもう、やりたいことは分かるんだけど、
全体に精度が低すぎて、見ていてももどかしすぎるのだ。
ゴール前で、何人かの選手が絡みながらパスを繋いでいく組み立ては
期待の持てるものではあるんだけど、
いかんせん最後の詰めの甘さが。
雑すぎるんだ、なんでもかんでも。

後半になってすぐ追加点を入れられて、
ミムンが出てるのに関わらず、もう寝たくなってしまった。
ダラダラ他のサイトをうろうろしながら見てたけど。

ミムンの表情は2失点してからは、さすがにキレかかっているような
諦めめいた表情がちらちらと見えたが
それでも何とか投げずに最後まで走って仕掛けていた。
2年くらい前なら、もう投げ出して途中で交代になってたかもな。

失点は2つですんだけど、
でも入っててもおかしくないようなシーンはもっと山ほどあった。
ゲームに出ていない選手や慣れないポジションでのプレーを思えば
ここまでちゃんと攻撃の形が見えたのは良かったのかもしれないが。
でもやっぱ後ろの意識が甘すぎだ。
あんな簡単に失点される状況を残したまま、攻撃の形だけ作っても意味はない。
だいたいが点が入ってればいいけど、入る感じも無かったしなあ。
ゲラシビリも早々にお祓いに行って来なさい。

結局ぐだぐだしながら0-2の完敗。
こっから再び迷走しないように、何とか持ちこたえてほしいと思う。
乾選手もやってらんねえと思ってるかもしれないが、
頑張ってくださいよ。
日本から帰って来てすぐ金曜ゲームというのはしんどかったかもしれないが
フル出場でお疲れさまでした。

ロビーの守備は、今日は問題なかったと思います。
今年に入ってからキッカーの採点はかなりいい状態が続いてるみたいです。
判断も早いし、下手にかさだったところもないので、
選手をイタズラに刺激することも無く。
上手く話をしながらコントロールしてたと思います。
そんで兄の試運転はいつやるんだよDFB・・・。

とりあえず大雑把なレポでオワリにします。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム ロベルト・ケンプター

12:12  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |