2012年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2012.07.29 (Sun)

NHKライブストリーミング配信中!

オリンピックが始まりましたが
ベイル君がイギリス代表に出るという野望が怪我のため叶わなかったので
サカモードはおざなりな感じです。
キヨタケ選手がシュートよりまずパスを選択する選手だと言うのがよく分かったので
ニュルンベルクの欲しい人材と違う、とガッカリしております。
シュート打て。枠に飛ぶやつ。

一番気になるのは男子テニス。
アンディ・マレーの試合です。
もし私が見てない間に優勝しちゃったらどうしよう!
と言ったらうっちぃが「しないから大丈夫」とか言うのである。プンプン。

ただでさえ時間の分からないテニス。競技数がやたらとあるオリンピック。
マレーの試合がいつあるのやら、ネットを徘徊して、
なんとか初戦の日にちと時間が分かって、
ネットのストリーミングがあるのも確認して、
試合が始まるまでの時間をまだうろうろ探していたら
灯台もと暗し!
なんとNHKがライブストリーミングで、テレビで中継しきれないマイナー競技を
ネットでどどーんと生で配信してくれるらしい!

すげえ!!
→ NHK・ネット生中継(ライブストリーミング)
マレーの試合は22:00予定で、
ちょうどまさに錦織の試合がやってる!でクリックしたら
「雨で試合開始が遅れています」
おおおおロンドンはこれだからああああああ!!
他の現在やってるフェンシグの試合の映像を見てみたら
けっこうな高画質で、速度も問題ない。
すごい、テレビで見れなくてもこれで十分じゃないか!

なわけで、生でしか見れないかもしれないけど、
ここで中継カードを確認すれば
思ったよりもラクに試合をチェックできそうです。
あとは私の体力次第~!

(つか10月からP2Pが違法になるとかそんなんじゃなかったの?)

とりあえずこんな状態で見てます(笑)

マレー多元

左上・男子テニスシングル錦織対トミック
左下・男子サッカー:ガボン対メキシコ
右・男子テニスシングル:バブリンカ対マレー
NHKのストリーミングは音声が会場の音のみなので、
マレー戦は、他のストリーミングの音声で聞いてます。
スポンサーサイト

タグ : アンディ・マレー

21:55  |  それ以外  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.07.26 (Thu)

RYUMEIの小部屋@RR~Herrlich viele Geschenke

今回のマンスリーライブは、初企画・全曲リクエスト!!
RYUMEIの小部屋」と称されたライブは
まったりの中に緊張感のある全編RYUMEIワールド。
目の前で生まれる音と空気を、やる方見る方が感じながらのまさにライブな空間でした!

私事ですが、
7月20日は回目の誕生日でして、
言っとくもんだな、で思いがけずいろいろな方からオメデトウとお祝いしていただきました。
もちろんRYUMEIさんからもライブ中のリクエストのみならず
ライブ後のスペシャルリクエスト曲まで。
ああああもう一生忘れられない誕生日になりましたーーっ。
ありがとうございました!!!!

レポは間隙を縫って、なんとか熱いうちにと思いますが
いろいろやることある中で大丈夫か?書けんのか?(汗)

****************************

下北沢のレポと前後してしまいましたが
なんとか終わりました。
もっと削ろうと思えば削れるんでしょうが、もう頭働きません。
ここ見に来る人は平気だよね?で今日もドーンと大盛りです。

12-07-20.jpg

入口のネオンがついてなかったので、ちょっと暗い写真になっちゃいました。
いやむしろ小部屋っぽい?

タグ : 小田木隆明 RYUMEI

21:22  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(25)

2012.07.26 (Thu)

Myqpライブに初潜入@下北沢ERA(追記あり)

RYUMEIさんの先日のレポはまだ途中ですが、
とりあえず先にこちらを!
コメントの返事も溜まりまくってますが、もうちょっと待ってね~。


今回はRYUMEIさんがサポートで参加するという
「Myqp」(マイキューピー)というバンドのライブに初めて行ってきました。
mixiで「いい曲作る」ってRYUMEIさんが書いてたので、
ちょっと興味があったんだよねー。
で、さらに追加情報で御大が絡んでるっぽいのを知りさらに興味が。

下北沢なんてもうン十年ぶりでした。
せまっちい道を歩いてライブハウスの前まで来て、
よく分からないけれど中に入って、右手の受付で料金払って
これまた狭くて蒸し暑い階段を4階まで。
壁の様な扉が開いて人が出てくると同時に大音量のバンドの音が。ひいい。
ステージが始まる時間はまだあと15分くらいあるので
とりあえずトイレで一呼吸入れる。
あまりにもライブハウスっぽいライブハウスなので、
オバサンちょっとひるんでます。

ちょっと音が小さくなったようなので、
エイヤで中に入るとすぐ左手にバーカウンター。
そんで目の前に見知った顔が。
おおRYUMEIさんのファンの人だー!
今日はもう完全一人だと思ってたので嬉しい。
でも中がうるさすぎて会話は出来ない。
カウンターのお姉ちゃんにビールを頼むのも一苦労w
ステージの上には女性ヴォーカルを中心にした5名くらいのバンド。
両サイドのでかいスピーカーから
ドカンドカンとドラムやギターの音が塊で体にぶつかってきます。
おおおお~実にライブハウスだあ。
お客さんは若い子ばっかりという感じでもなく、30代くらいが多そうに見える。
飛び跳ねるでもなく体を軽く揺らして楽しんでいる感じ。
これなら何とか大丈夫そうだとやっとほっとする。

2曲ほど聴いて最初のバンドの演奏が終了。
そろそろRYUMEIさんたちが入ってくる頃か?と
扉付近で様子をうかがってるとしばらくしてRYUMEIさんが。
目が合って嬉しそうな顔をしてくれる。
そんでその後ろに、まさかの御大の姿が。
ひええええええええ。ビ、ビンゴ!!!!

「来生さん来たんだね!」
RYUMEIさんへの挨拶もそこそこに思わず言ってしまった。
いや予感はあったんだけどさ。サポートで入る最初のライブだし。
そして来生さんが入ってきて前を通り過ぎるような感じだったので、
そのままの勢いで声をかけてしまいました。
「あ、リューメイの?」って聞かれたのは、さすがに覚えられてるのか?(汗)

RYUMEIさんはステージとの出入り口付近でメンバーと待機。
ステージにはとりあえず幕の様なものが下がって、
準備する時に丸見えにならないようにしてある。
待ってるRYUMEIさんに「ステージのどっちに立つの?」「左です」
了解!で二人でちょっと左寄りに移動する。
myqpが準備に入ったので、ドキドキしつつやっぱりこんなチャンスはないので
来生さんに挨拶に。「日本橋行きました!素敵でした~」と。
腰をお大事に~と次は神奈川県民行きます!な話をちょっとだけして参りました。
来生さん、声がやさしくてさっぱりと爽やかな感じで、なんかもうとても素敵でした。
あああああ参った参った・・・。
お忍び、と言うよりもお仕事っぽい雰囲気があったので
その後は気になりつつも、終わってからも特にご挨拶には行かず。
でも終わった後の来生さんの表情はとても満足げで楽しそうでした。
ホントは「すごく良いライブでしたよね!!」って感想言いに行きたかったっ!

はい、御大の話題はこれでオシマイ。
これ読んで色めき立ってしまった方もいるかもしれませんが
次また来るって保証はないし、あくまでもお客様ですしね。
私はたまたま、RYUMEIさんがサポートしてるバンドのライブを見に行っただけで
これは信じられないサプライズです。
メインはあくまでもMyqpです。

出演予定の時間は19:05~だったのだけど、
前のバンドの撤収と、Myqpの準備で、思ったよりもかなり時間がかかってる。
RYUMEIさんもスタッフとエレキのチューニングを念入りにやってるし。
すでに19:30とかそんな時間になりそうな感じ。
2組目でこんだけ圧してたら、後のアーチストはいったいいつになってしまうんだろ。

ようやく準備が整ったようでステージの幕が上がってライブが始まる!
RYUMEIさんは、ヴォーカル&ギターの城守さんの左で、並んで一番前にいる。
RYUMIEさんの少し後ろにベースの田口さん。その後ろにドラムの石原さん。
うーん日本橋の来生さんライブの後で会った時よりも
3人ともその何十倍もカッコいい!
RYUMEIさんも背が高くて顔が小さくて体もガッシリしてるので
スタンディングでエレキ弾いてるともうむちゃくちゃカッコイイのだ!!
メロディックなエレキの音がちゃんと聴こえて、
それがしっかりRYUMEIさんな音なのが嬉しい。

ライブに来る前に、何曲かアップされているのを聴いてたんだが、
どれもなかなかイイ曲ばかりだったのだ。
ぱっと飛びつく分かりやすさが無いのがイイ。曲も歌詞も。
でも聴きごたえがしっかり。
イマドキの、サビでぴょんと跳ね上がるような展開もないし。
1回2回では歌詞が分からないくらいの方がイイ。(メッセージ系が苦手なのもんさん)
3人のギター・ベース・ドラムも迫力とメリハリがあって
フツーに聴けちゃう。
いちいち「ん?」って立ち止まるようなところがなくて、
曲を次々聴いてるうちにどんどんと楽しくなっていく。
思った以上に面白くて、顔も自然とニコニコしちゃうのだ。
まあ視線はほぼRYUMEIさんの方に固定なんだけど、
ヴォーカルの城守さんも、聴くほどにイイ感じのクセのある声で
自然と目を向けてしまうのよね。
最後の方に、私が楽しくてニコニコして城守さんの方を見てたら
彼も気がついたみたいで、嬉しそうなちょっと照れくさそうな感じで
ニコーっとしたのが良かったなあ。
そうそう、3人とも腕にしっかり筋肉がついてて
これがまたカッコよかったり(だんだん変態じみてきた)

RYUMEIさんはエレキで2曲、そのあとフォークで2曲やって
またエレキに戻って最後まで。
フォークの1曲目は、ツンと甘さのある音で、
2曲目は強くて硬めの男前な音だった。
エレキはあちこちに見せ場があってね~。
エレキなんだけどちゃんとRYUMEIカラーなんだよね~。(それさっきも言った)
コーラスも盛りっと入って、
でも全体にサウンドが大音量なので
コーラスは思ったほど前に飛び出しては来ない感じでした。

真ん中辺にやっていた曲がね、
なんかちょっと来生さんを思わせるような雰囲気でした。
ポップで穏やかでなだらかな曲調。
バラード系の曲も、パワフルなポップスも、軽快な感じのポップスも
どれもハズレがない感じで、いろいろなタイプの曲を持ってるんだなーと。
何度聴いても大丈夫そうな、みっちりした曲の数々でした。
彼らのHPに書いてある経歴とかを見ても、
実力のあるバンドと認められてるんだろうな。

期待以上の内容にビックリ。
まあ私は今の一般的な音楽の状況も、
ライブハウスがどうなってるのかもよく知らないけど、
でもまた聴いてみたいなと思いました。

MCは、自分たちの名前と曲のタイトルとちょっとした説明を言うくらいで、
あとはひたすら演奏し歌う。
あっという間にライブが終了。短かったけれど濃い時間でした。
再びステージには薄い幕が下りて、myqpは撤収の準備。
とりあえずRYUMEIさんがここにまた戻ってくるのかどうか。
ファンの方と二人であれこれしゃべりながら、
目はあちこちチェックしまくりでした。
その休憩時間の間にも、このあとに出演するらしいバンドの人が
CD-Rに焼いた自分たちの曲を配って回ったり。
みんな頑張ってアピールしています。
myqpのベースの方もチラシを持って配り歩いてたので
もらうついでに「日本橋で会ったんですよ!」と言ったら
「あ、来生さんの!」と思い出してくれたみたいでした。嬉しい。

RYUMEIさんが戻ってきて、しばらくして御大と外に出ていき、
ずーっと戻って来ないので、どうしたもんかと思いつつ
そろそろ次のアーチストのライブが始まりそうになったので
ちょっと外に出てみました。
外にRYUMEIさんがいなくて焦ってたら、ちょうど階段から下りてきた。
おーいいタイミングだ~。
RYUMEIさんとちょっと話すも、他のメンバーやらお客さんやらが待ってたので
これは今日はのんびりなんて感じじゃないな、と
もう一度声かけて帰ることに。
RYUMEIさんも「良かったでしょ?」って嬉しそうでした。

初めての場所で、久々にどえらい緊張して見に来ましたが
期待以上予想以上の展開で、大満足でした。
次はまた同じ場所で、9月25日(火)にやるのが決まっているそう。
下北沢ERAは「ライブハウス」としてぱっとイメージするような、
いかにもライブハウス!な場所で
RockerRoomのようなまったりと居心地のいい空間とは違った雰囲気でしたが
(ドラムが使えるかどうかで、アーチストのタイプも変わってくるもんね)
それはそれ、1度勝手が分かったので、次また来ても大丈夫な気がします。
ちょっと年齢層的にギリな感じもしますが。いやアウトか?(苦笑)

**************************

myqp:ドラムの石原さんのブログ。
→ Myqp 石原悠平のBlog:幸せな時間
初めて一緒にやったRYUMEIさんのギターについて書いてます。
「曲達が求めていた要素」ってイイこと言うなあ~。
焼肉も美味しかったようで何よりです。

タグ : 小田木隆明 RYUMEI 来生たかお myqp

00:04  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(10)

2012.07.24 (Tue)

今夜は下北沢ERAへ→帰宅りました。

RYUMEIさんのリクエストライブのレポもまだ7割なところですが
本日初めてのライブハウスへ行ってきます!
下北沢ERA。
シモキタへは千葉へ引越してからは一度も行ってない気がするな~。
アーチストはMyqp。
RYUMEIさんがサポートで参加するのです~。
このMyqp、来生さんがからんでるとかなんとか。
ま詳細はよく知りませんが、そんな話が出るかどうか。
YouTubeなどでチラと聴いた感じでは、意外に面白そうな曲です。

エレキでフォークでコーラスなRYUMEI兄貴に会って来ます!
スタンディングだと思うので、メモは取れないでしょうが
また報告しまーす。

***********************

帰ってきました。
演奏時間は30分強でしたが、
いい曲といい声と迫力の演奏がみっちり詰まったライブでした!
RYUMEIさんもスタンディングでカッコよかった~!
いかにもなライブハウスで入るの躊躇しまくりでしたが
中に入ったらすぐRYUMEIさんのファンの方がいて良かったっす。
他にもビンゴ!なこともありなかなか充実の1日でした。
RockerRoomのように終わってまったり、という感じではないけど
初シモキタ行って良かった!
レポさらっと追ってまた~。
ってまずはRYUMEIさんのレポ仕上げてからだな。

タグ : 小田木隆明 RYUMEI 来生たかお

22:48  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.07.19 (Thu)

地道に広がるカイザース情報網

ジミにカイザースラウテルンの情報を集めつつ、
徐々に使えるサイトが増えてきました。
公式→地元新聞→ファンブログ→クラブTV→クラブチャンネル→Facebookと
画像・ニュース・映像でそこそこテンション上がりそうなものが
よ~やく、なんとか揃って来ました。

とにかくファンブログがありがたかったですね。
ニュースののってるサイトのリンクを素早く上げてくれるし、
公式よりも至近距離でクリアで大きな写真もたまにドンとアップしてくれる。

あとようやくクラブTVの存在が分かりました。
だいたいフツー、オフィシャルの目のつくとこにリンク置いとくだろ!
ニュルンベルクが採用してるのと同じタイプのクラブTVがあって、
フルマッチの他、プレカンや選手インタなども見れるようです。
そんで、YouTube上にもクラブチャンネルを持ってまして、
そこではプレカンや選手インタ程度だと、フリーで見せてくれるみたい。
もうすぐミムンのインタが上がるはずなんだよね~。

あと公式Facebookの方が、写真はわりとまともなのが出てくる。

ミムン・トレーニング中

とにかく公式サイトの写真はしょぼすぎて、ネットの試合画像並みなんだよね。
ミムンの写真がたま~にあってもテンションなかなか上がんないのよ。
シーズンが本格的に始まったらどうなるか分かんないけど、
カメラマンのセンスがイマイチで。
ピントがクリアじゃないし、選手がカッコよくないし、
プレー中の激しさやスピード感も感じられないのだ。
ボーフムってホント、こういうとこ素晴らしかったよなあ。

加入後、ほとんど初めてかもしれないちょっと長めの単独記事。

ミムン・加入後インタ

→ Die Suche nach dem Langzeit-Hoch@Reinpfalz.de
彼は新しく挑戦できる場を探していたこと。
ステファン・クンツ(元ボーフムのスタッフ)から声がかかったようですね。
29歳はサッカー選手として最高の年齢で、まだまだ一花咲かせられると、
もう毎度ミムンの言葉は自信に満ちています。うう。
まだ体調面では完全とは言えないようですが、開幕までには間に合わせてくれるでしょう。
カイザースにはアベルやアムリ、ボーフムで一緒だったヤヒアもいるし、
新しいチームで不安はなさそうな感じです。
考えてみればU21時代の同僚のティファートもいるじゃないか。
カイザースは新規加入選手が14人(下部チーム・レンタル含む)。
監督も変わってるし、ツヴァイテリーガで心機一転ってところでしょうか。
ミムンはとにかく体調を万全の状態に保つことが一番ですね。
せっかく7番なんて、素敵な番号もらったんだし!
期待に応えなきゃいけません。


で。
この記事の最後にびっくりレア情報。
ミムンの弟が、FSVフランクフルトに加入しました!
18歳のAhmed Azaouagh。
(あれっミムンの兄ちゃんはいくつだったっけ?)
慌ててチーム公式に飛んでったら、
父ちゃん(このチームの用具係をやってます)と一緒に集合写真に。
まだ個人プロフィールページはアップされてませんが、
新加入選手のみの集合写真に載っていたアフメド君は、
眉毛を寄せてまだ不安そうな顔をしてましたが、
ミムンよりも体がしっかりしてて首も太くて、
鍛えたら結構イイ感じに成長するんじゃないでしょうか。

ミムン弟

似てると言えば似てるけど、あまりミムンがしないような顔で笑ってしまった。
兄VS弟(&父)の対決があるわけっすね。面白くなってきたなあ。

そしてこんなの書いてる間に時間切れで、
今日もまたミムンへの手紙は書けないのであった。
もうずーーーーーっと書いてないよ~。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク カイザース・ラウテルン

11:42  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.07.18 (Wed)

RYUMEIさん、平日のライブ2本

日にちが迫ってきたので、もう一度告知&追加。

7月20日(金) 池尻大橋RockerRoom

RYUMEIの小部屋」
OPEN 19:00 / START 19:30 ¥2000+D
ゲスト:ジョナサンベル

今回はリクエスト大会です。
ついこないだ海の日の大きなイベントが無事終了したばかり。
今度は自分のライブだー!でいろいろ忙しいだろうな~。
出番はジョナサンベル→RYUMEIさんです。
お仕事帰りに十分間に合う!ぜひ♪
もう2度と聴けない曲ばかりになりそうな予感。
ジョナサンベルもすんごい楽しみ~!

そんでもう一つは、御大ライブレポでもちらりとふれた
3ピースバンド・myqp(マイキューピー)のサポートです。

7月24日(火) 下北沢ERA
OPEN 18:00 / START 18:30 前売り\1800・当日\2100

当日は複数のアーチストが出演する模様。
myqpの出番は19:05~
RYUMEIさんはエレキとコーラスで参加です。

行ったことのない場所ですが、5階建てのビル内にリハーサルスタジオやら
ドラムOKのライブスペースやらBARスペースはアコースティックライブも出来るという
なかなか立派なライブハウスのようですね。
若者の間で浮かないように(笑)ひっそり潜入してきたいと思います。
来生さんがこっそり・・・なんてことはないだろな(笑)

RYUMEIさんのTwitterに(https://twitter.com/RYUMEIODAGI
WILD-Gでキーボード&コーラスで参加した時の写真がアップされてます。
真っ赤なジャケットでビシッとキメたムーディー(笑)なRYUMEIさん、
カッコイイす

タグ : 小田木隆明 RYUMEI

19:31  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(12)

2012.07.16 (Mon)

今季のスパーズはアンダーアーマー!

スパーズの公式を久々に見に行くと、
新しいユニの販売が始まってた。
今季のメーカーはアンダーアーマー!
なにそれカッコいいじゃん。
ユニなんて作ってるんだねえ。

スパーズ新ユニ3

で、前季はちょっとシンプル過ぎたホームユニが
今回はVネックに襟がついててラグランスリーブのところもアクセントが入ってて
けっこうイイ感じです。
脇はメッシュが入ってるようです。
ちなみに。
メンズのホームユニで値段が倍のものがあって、これはまんま選手仕様なんだそうです。
素材が綿とポリエステルの混紡になってた。へ~。

アウエーは色が良いですね。
襟もとだけ白で切り替えてるけどVネックだからぼやっとした感じにはなってなくて。
これバックの画像を見たら、
肩口に少し見える薄い青で背中全体に大きなV字がいくつも入ってて
ちょっとアンダーウエアっぽい(苦笑)
うーん、これはホームの方がいいかもなあ。
ベイル君にしようかパーカーさんにしようか迷うわあ。

これスパーズの選手が睨みを効かせてポーズ取ってんですが、
ベイル君だとガキ大将のケンカみたい。

スパーズ新ユニ2

フリーデルはラスボスにしか見えません。こええよ。

スパーズ新ユニ1


関係ないですが。
先日なでしこの国内最後の壮行試合を見ていて、
途中で丸山選手が出てきた時に
「あっカブールだ」
と思ったんですが、同じように思った方はいませんか。

カブール

カブールって眉毛ととのえてるし。
目力あるし。
メイクしてピッチで走りまわっている丸山選手と重なる重なる。
オリンピックのときにチェックして見てください。
丸山選手にはナイショね。

タグ : トッテナム

23:39  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.07.14 (Sat)

ドイツから来たトボケた荷物

先日は里帰りしてきたドイツのM母と、恒例のサシ飲み6時間です。

私がユーロ開催中に、DFBショップでネット購入した
ユニ&ポロを持ってきてくれました。
無事に・・・ではありませんでしたが。

以前の記事で「キッズ164のユニが復活したので慌てて購入」したことを
ご記憶の方もいるかもしれません。
→ DFBショップでユニ購入!
甘かったです。
ヤツらは164の在庫がなくても、これでもダイジョブだろ、で
思いっきりSサイズをよこしてきました。

おいっ。

いえね、
まだ164センチの表示がなかった時に、
キッズのもう一回り小さいのでも着れるだろうか?と
近くにあるサカショップに行ったんですよ。
試着してみたら、一応着れることは着れるけどやっぱキツイ。
太って見える。却下。
で、Sサイズもあったので、手に取ってみたんですが
もう着る前からこれはでかいな、と。
やっぱ164が私にはジャストだな~と思っていた矢先。

何もさあ、在庫ないなら無いで、選ばせないか
在庫出てきてから送ればいいじゃんよ。
「デカい分には大丈夫だろ?問題あれば送り返せよ」って何その態度。
私は飾っとくためだけに買ったんじゃねー。

「ドイツのショップならやりそうなことよ」
とはM母。
恐るべしドイツ。

とはいえ、
ここまで来てしまったのでしょうがない。
家に帰って着てみると、まあ着れなくはない。裾が長いが。
うーむ。

DFBユニ

見にくいと思うが、番号に少しグラデーションの模様が入ってます。

dfb8.jpg

あと、もらった時は「このマーキングおかしくね?」と思ったんだが
自分で書いた記事の写真を見たらあってたみたい。
いえね、申し込みの時の一覧には「15 BENDER」とあったので。
でも実物はL.BENDERのマーキングだったのです。
ユーロ2012にいたベンダーちゅうたらラースに決まっとろうが!
と思ったが、一応スヴェンと区別するようにしてあったのね。

ま、いずれにしましても。
これでベンダーのユニは2着目。
白ユニは透けるかなと思ったけど、普通にいけそう。
これなら夏でもアンダーなしで大丈夫そうです。
次のマーシャルワークアウトで着ていきます♪

それと。
黒いポロシャツは、思った以上に良かった!!
速乾素材で、身頃を切り替えにしてタイトにさせてるのがカッコイイ。
そして前立てが比翼(2重にしてボタンが隠れる形)になってました。
XSでサイズもジャスト!
夏に重宝しそうです。

持ち帰ってくれたMOGUNCIANAさんありがとう~。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ラース・ベンダー EURO2012

11:36  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.07.14 (Sat)

ミヒャ、今季復帰の見込み

みなさま覚えてらっしゃいますか。
今季もまたケンプターズ通信が始まります。
まずはミヒャ復帰!?のニュースから。

7月11日付です。
Kempter-Comeback in der 5. Liga@BILD.ONLINE

同じやつがWELD.ONLINEのニュースティッカーにも。こちらは12日。
Skandalschiedsrichter Kempter gibt Comeback@WELD.ONLINE
えらいシツレイな見出しで。

記事によると、彼の復帰試合は8月11日、
オーバーリーガのBaden-Württembergでの試合になるようです。
このまま上手く復帰へのメドが立つかどうか、まだ予断を許しませんが、
とりあえず新しいシーズンが始まるという時に、
きちんと彼の復帰の話が出てきているのは
良い兆候だと思います。
ミヒャのコメント。
「ようやく長くて辛い日々が終わった。
まだ僕が再びその場所に戻れるかどうかは分からないが
そのために全力を尽くすと約束する」

ううううううう。ミヒャーーーーー!!!!!(号泣)

この試合が見れるってことはまずないでしょうが
報道陣がやたら来ることだけは必須でしょう。
インタビュー映像くらい出てくるかもしれません。
エロジジイがなんか仕掛けて来ないことを祈るのみ。しっしっ!!

もう少し詳細な記事は、おいおい出てくるかもしれません。
数日前なんですが、DFB公式の審判のページ、ドリッテのリストから
ミヒャの名前が消えた&レギオネルにも名前がないのを見まして
サーと血の気が引いたのですが、
まだまだ望みはありそうです。ああ良かった(涙)

さて、ロビーの方でございます。
彼は今季もツヴァイテの主審を務めるようですね。
集合写真、ゲッティにはエアステとツヴァイテで別グループにしたやつもあります。
そっちの方がロビーは手前に座っててカッコいいです。
今季のブロマイドはコチラ!
ぶっちぎりのオトコマエです!!
また一層、体が絞れてシャープな感じになってきたようです。うおお。

1213ロビー

彼はFacebookもやってるみたいです。前からそうかな~と思ってたんですが。
こりゃ私もいい加減登録しないとマズイかな。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミヒャエル・ケンプター ロベルト・ケンプター

00:20  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.07.10 (Tue)

Stand Alone 2012@日本橋~綾なす伏線の束

大阪に続き、Stando Alone2012日本橋が始まります。
チケットはソールドアウト。当日券もございません。
天気はしっかりと雨マークが連なっております。
昨年末のクリスマスコンサートから、半年ぶりのライブ再開。
今月は続いて宮城、北海道と北上して行きます。

お元気でいらっさいますか御大。
心ときめく準備をして、ワタクシ参戦いたします。

ライブ後は蛸足来生組暑気払いです!
ライブレポはその後になるので、
どなたさまもご自由に、好きな時にコメント入れちゃってください。

***********************

帰ってまいりました。
来生さんがいることで、私はたくさんの人と知り合いになれて、
たくさんの幸せな時間をもらっているんだなと
しみじみ思う次第です。
ライブで素敵な音を聴き、
ライブ後にはサプライズもあり、
とにかく充実の1日でした。
遅くまでお付き合い下さった皆様、楽しかったです!ありがとうございました!
コメント、随時絶賛受付中です。

***********************

何度も何度も読み返して、ようやくアップです。
あの日のことをもう一度思い出して
感想などいただけると嬉しいです。
いろいろな見方があるからこそ、ライブなのでございます。

タグ : 来生たかお 小田木隆明 RYUMEI

23:09  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(38)

2012.07.10 (Tue)

アンディ・マレー、あと1歩及ばず

ウィンブルドンの男子決勝は
結局フェデラーの優勝で終わりました。
ゆんべ生で見始めて、途中雨のせいで試合が中断、
2時まで頑張って見てましたが、
録画を頼んで寝てしまいました。
なんだかそのまま起きていても、ちょっと難しいかも、な雰囲気があって。

録画したものを見る時に、
どうしても全部で何時間撮れたのか、目に入ってしまう。
そこで、どう考えても、
今やっているこのセットで終了するんだろうという予測が出来てしまう。
録画が途中で途切れているのでもない限り。

1セット目をマレーが取って、2,3セットで逆転したフェデラー。
私が途中まで見ていたのは第4セット。

私はマレーのことは、試合で見ていることしか知らない。
マレーに注目したのはおそらく2,3年前からだけど、
集中してちゃんと意識して見だしたのは、先月の全仏からだし。
ランキング4位なのにグランドスラムでまだ優勝していないこと、
ウィンブルドンは地元の声援とプレッシャーが大きいこと、
今大会で76年ぶりに英国の選手が優勝する機会が巡ってきたこと。
そんくらい。

チリッチ戦は見れなかったけど、フェレール、ツォンガと
苦しい中で勝ち上がってついに決勝。相手はフェデラー。
観戦歴の少ない私でさえ、興奮してくる。

私がマレーを好きなのは、
プレー中に表情にすぐ出てしまうからなんだよね。
良くも悪くも、なんだろうけど。
プレーヤーとしてはポーカーフェイスで、
淡々とどんな時でもプレーできなきゃいけないんだろう。
でも続けて見ていたウィンブルドンの試合では
ミスった後にすぐ取り返す強いメンタルを何度も見せた。ううう。
もうこういうのに弱いんだよねえワタシ。

この決勝の最後は、余裕を持ってプレーしているフェデラーに
ついに追いつくことが出来なかった。
まだ力不足なんだと感じた。

そのまま、流れでセレモニーに入るのを見ていて
マレーのインタビューが始まった。
「簡単な 挨拶ではありません」と涙をこらえて、
自分の間合いでゆっくりと話すマレーに
涙が止まんなかった。
素晴らしいインタビューだった。
なんかもう、マレーがもっと好きになっちゃったなあ。

テニスまで見てる余裕なんてないんだけど(苦笑)
えっとー次はすぐオリンピック?地元開催の。
スケジュールチェックしなきゃ~。

タグ : アンディ・マレー

00:40  |  それ以外  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.07.09 (Mon)

RYUMEIさんがリクエスト受付中ですっ!

来生たかお日本橋ソロも無事終わり、
レポはまだかと訪問回数がアップしてるところを利用して
今月のRYUMEIマンスリーライブのお知らせです。
まだ詳細は未定ですが、
日付は7月20日(金)いつものRockerRoomです。

なんと今回はリクエスト大会~!
洋楽邦楽問わず、絶賛受付中。
もちろんRYUMEIさんだから、新しいのも懐かしいのも守備範囲は広いはず。
高い確率で自分のリクエスト曲をリューメイさんが歌ってくれちゃうかも!
リクエストあってこそのライブです。
こんな機会はそうありませんよ奥さん。

mixi、MySpace、Facebook、Twitter、リクエストの窓口はいろいろあります。
どっぷりハマってから来るのもイイけど
ふらっとライトに遊びに来ても十分楽しいリューメイさんのライブ。
生で聴くことのありがたさを、
日本橋に行ったアナタならしみじみ深く感じたはず。
ぜひ、この機会に。

詳細決まったらまた追記します。

******** 詳細出ました~ ********

RYUMEIの小部屋」
7月20日(金)
OPEN 19:00 / START 19:30 ¥2000+D
ゲスト:ジョナサンベル

リクエストとご参加お待ちしてます~。
自分で選んだ曲ではないものを歌う、また新たなRYUMEIさんに会えそうです。

タグ : RYUMEI 小田木隆明

08:14  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.07.05 (Thu)

毎週どこかで日本人対決

1213シーズン、ブンデスの開催日が6節まで決まったようです。
開幕はドルトムント対ブレーメン。
でも今回はネットで見るしかないかもね。

なんたって第1節はフジの大好きな日本人対決が3つもあるので
まず放送カードは確定でしょう。
25日(土)18:30 フランクフルト対レバークーゼン
26日(日)15:30 シュツットガルト対ヴォルフスブルク
26日(日)17:30 ハノーファー96対シャルケ04
フジ的に書きかえるなら
乾対細貝 岡崎&酒井(ゴートクの方)対長谷部 酒井(おさるさんの方)対ウッチー
あともうひと試合、土曜の15:30枠から選択できるなら
ここは・・・・と書いて
イヤだ、もう一つ日本人対決なのね。
じゃBMG対ホッフェンハイム(大津対宇佐美)で決まりじゃん。え~。
ニュルンベルク見れない~。

そんなに日本人対決が見たいならJリーグでいいだろうよ。

と突っ込みつつ、
来季もありがたくフジネクストさんでブンデスを楽しませていただきますよ。
副音声がなくてもネガティブ風まがいなくなるだけで大きな改善。
そんなフジネクストさんのテンション上がった開幕特番は7月放送です。
ブンデスリーガ12/13シーズン 開幕直前SP
黎明期っていつのこと?

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ

11:15  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2012.07.05 (Thu)

2012EURO:蛸足的まとめ

まとめ的なものを。

今回は特にコレ!というチームのない状態で入った大会で
そういう大会は今まで自分の中ではなかった。
寂しいことだ。
そのわりに起きてナマで見た試合は多いし、なんのかんので全部見れた。
途中で止めずにその時間に縛られて深夜に見ていると
やっぱりサッカー面白いなと思う。
単純にレベルが高いせいもあるか。
パッと見のハデさは少ないけど、内容の濃い見ごたえのある試合が多かったと思う。


今までは俊足サイドアタッカーにかなりココロ奪われてきたのだけど、
今回はボランチを含めた、センターで仕事をする選手と
ポストプレーに強いFWがアンテナにかなり引っ掛かっていた。
自分の中のサッカーの見方が変わったのか、
今のサッカーはそこを見るのが面白いのか、そのへんは分からないけど。

特にボランチの力の大きさを考えさせられたなー。
あとボランチの前で、守備をしっかりやりつつ前を意識する中盤ね。
イタリアのピルロなんて世界遺産クラスではなくとも、
モントリーボのプレーはもう一度ちゃんとチェックしたいと思った。
ロシアのデニソフがここまでやる選手とは思わなかったし
クロアチアのモドリッチが味方にどれだけ頼られまくって、
自身もがむしゃらに踏ん張る中でどんどん消耗してく姿に泣けたし。
同じくラキティッチはさらに逞しさを増して、存在感を出してきたなと思ったし。
ドイツは期待のシュバは体調もイマイチだったのかもしらんが
ケディラが予想外に攻守に効いていた。
イングランドのパーカーは、期待を裏切らない、いぶし銀で熱いプレーで
またも私のココロをときめかせてくれました。
うう来季こそはパーカーでスパーズのユニを作るべか。
チェコはロシツキが怪我であまり力を発揮できなくても
代わりに出てきたダリダはなかなか魅力的だったし
イラーチェク(長谷部と同じチームにいるとは知らんかった)も
見た目以上にプレーで目立ってた。
ウクライナのチモシュクも、代表だと俄然存在感がアップする。
またそれぞれのチームに戻った時に、どういうプレーをしてみせるのか
興味が湧いてまいりました。(いやチモシュクは見ないか)

フォワードについては、
ボーフムの試合を見るようになってから
(まだコラーさんが監督やっててトップにスタニがいたころね)
自分の中ではトップで体を張ってキープできる選手が
どんだけありがたいか、というのを実感している。
なので最近はその手のFWに弱い。
そういうトップの選手は、自陣ゴール前の守備でもいい働きをするんだよ。うん。
今大会ではキャロルが一頃の強さをまた見せてくれたし
ギリシャのサマラスの強さには不覚にもドキドキしてしまった。
もちろんイタリアのバロテッリの強靭さもたまらなく好きだー。
久々に見たウクライナのヴォロニンが、(無駄なw)動きを少なくした分
どっしりと頼もしかったし。
クロアチアのマンジュキッチも、こんな強い選手だっけ?と改めて。
だってヴォルフスブルクの試合までチェックしてる余裕はないんだよう。
なこと言ってる間に、白ソーセージがお買い上げらしい。
相変わらず、他に持ってかれる前にキープしとこうって露骨ですね。
ちゃんと出られるように頑張ってくれよ。
いつのまにやら怪我して消息が分からなくなって数年後に他のチームへ移籍、
なパターンにハマらないように願っています。余談。

今大会、グッとハートを鷲掴みにされるような選手はいなかったけど、
目新しさはないなりに、自分が気がつかない所にいい選手がいたり
自分が思ってた以上にいい選手だったり、
なシブイ楽しみが見つかった大会ではありました。

おお、これも追記しておこう。
セレモニー大好きなのもんさんとしては、
どの試合の前にも必ずやっていたプチセレモニーが楽しくて♪
決勝戦の時のマスゲームのようなセレモニーもよかったなあ。
爆発物を使わなくとも(笑)
ほのぼのしすぎず、見ごたえのあるショーは作れるんだなーと。
ちょっと長かった気もするけどw
キックオフ時のカウントダウンは別にいらないような気がするが
この毎回のプチセレモニーは、
特別な大会というお祭り気分を盛りあげてくれるので
個人的には次の大会でも、別の大会でも、やってくれると嬉しいです。


こんだけ濃くてレベルの高い試合を、短期集中して見まくってしまうと、
次のシーズンが始まった時に、
「おや?」な気分になってしまうことも多々あり。
ましてや今季も人より早くドイツのツヴァイテからシーズン始まるワタクシとしては
そのギャップにどんだけ耐え、モチベーションを上げて行けるのかが大きな課題であります。

さて
4年後のユーロはフランスで、
24チームで戦うことが決まってるらしい。
24?
プラティニ、バ○カじゃないの?
拡大ばっかり考えてレベルの維持とか選手の疲労とか二の次かよっ。

タグ : EURO2012

10:28  |  2012・EURO  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.07.03 (Tue)

僕のことはキヨって呼んでね

キヨ加入

ニュルンベルクに清武選手が合流しました。
ほんとに来たよー日本人~。
先日、予習のために(←清武選手の)情熱大陸を見ました。

セレッソより給料下がるのに来てくれるなんて、ありがたいことです。

なんだか凄い、若い世代で注目されてる選手なんですね。
スミマセン、だってJ見ないから分かんないの。
オリンピックの活躍は彼にかかってるような感じです。
そっちも大事だけど、ニュルンベルクにも早く馴染んでちょうだいね。

ニュルンベルクの公式では清武選手が短くドイツ語で
「僕のことはキヨって呼んでね♪」とご挨拶。
ニュルンベルクのツイッターは凄い数の日本人フォロワーが詰めかけて
喜びまくってます。
その調子で日本にもユニを送れるように、
ショップを見直してはくれまいか。

今季はフュルトとのダービーもあるし、
熱いシーズンになることを期待しています。
その中でもちろん清武選手にもアピールしてもらって
来季の力関係の微妙なフジネクストの放送カードのスタメンを
がっちり確保できるように頑張ってください。
つか今何人いるの日本人。

マーカスがプレーする姿が少しでも多く見られますようにーーっ!!

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ニュルンベルク 清武弘嗣

18:28  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.07.03 (Tue)

2012EURO:決勝スペイン対イタリア

最後の試合なので、触れないわけにも。
つかすんごい面白かったイタリア対イングランドの試合を書かずにいたら
記憶がどんどん抜けおちてしまった。あかん。

私が決勝で応援してたのは今大会一番面白かったイタリアです。もちろん。


結果はすごいスコアになってしまったけど、
たらればを言うなら
キエッリーニやモッタ(何をしに出てきたのか)の負傷交代がなければな、とか
日程的にもう少し余裕があればな、とか
初戦で見せた3バックだったらどうだったのかな、とか。

イタリアがもう少しマシなコンディションの時に、
ちゃんと11:11で闘う試合を見たかったな。
グループリーグを1位で上がるか、2位で上がるかで
ここで差が出てくるとは思わなかった。

でもま、
スペインが決勝の場で今大会一番のコンディションの試合をしちゃったらねえ。
とにかくミスがないもん。
パスの繋がり方、コースの取り方、高い位置からの人数をかけた守備での集中度、
そしてカシージャスの神っぷり。
イタリアが時折見せるミスが異様に大きく見えてしまう。
スペインに攻撃よりも守備において、これだけやられたと思ったことはない。

あとスペインの見せたゴールがね、
最初に取ったシルバのヘディングと、
2点目のジョルディ・アルバのスイッチの入ったランニングから始まったゴール。
この二つの気合いの入った力強いゴールが、
完全にやられたな、という気分になるもんだった。
ループでヒールで股抜きだったらきっとブチキレてたなー。

ワタクシが冷静でいられるのは
ここにメッシがいないことと、
トーレス坊やが得点王をかすめ取っていかなかったから。
バロテッリにそのタイトルだけでもと期待したが
ヤツはまだまだ精神修養が足りないので、
自分がカットしたボールをキープしてみせるだけのメンタルももう残ってなかった。
ちょっとそこはガッカリだったなあ。
このタイプのFWを扱うのは難しい。
今後どう成長するのか楽しみだけど。

生で見ていて、どんどんと私が期待していた試合から遠ざかっていくのが辛かった。
最初は拮抗していたはずの試合が、
イタリアに不利な状況が積み重なって、
ハンデを背負った中での試合になってしまい、
そうなるともう、面白さの生まれる余地がどんどんなくなる。

優勝が決まった時点で、残りのセレモニーは後回しにしてとっとと寝た。
今もまだ、残りの部分は見ていない。いつ見るんだろ。

こっから先のフットボールのトレンドはどうなるんだろう。
ちまちました娯楽サッカーはもういいよ。

エンタメサッカーを完成させるには、
守備がまずなければいけないこと、
守りの上に攻撃があること、
それを成り立たせるのには集中力とスタミナと丁寧さが必要なこと、
そういう基本的でつまらない部分の大事さを汲みとってくれたらいいなと思う。

あとそれに対抗するのに、
引きこもって1度のチャンスを狙うだけでは効率が悪いことも
そしてそんなのあまり面白くないことも、もう分かったので、
前から守備をすることがどんだけ効果が高いのか、
でもどんだけスタミナを必要とするのかを踏まえたうえで、
新しい崩し方をもっと追究して行くチームが増えたらいいなーと思う。

タグ : EURO2012 イタリア スペイン

11:45  |  2012・EURO  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.07.01 (Sun)

7月は寝不足しなくていいみたい

いまかいまかと待ちかまえていたのに、
ここへきて残念なお知らせが。

ベイル 負傷で英五輪代表入りを断念か@スパーズジャパン

ベイル君イギリス代表で五輪参加のゴーサインが出るのをずっと待ってた。
本人もノリノリだったのに。
外野の大人の事情とかそんなんじゃなく、
本人の怪我で選考から外れるってそんなんありか~(涙)
スパーズとの契約もさらに延長し、
すっきり来季もスパーズで闘うことがはっきりしたところでの悲しいニュース。
うううう。

もうオリンピックなんてどーでもいいや~。

タグ : ギャレス・ベイル

12:54  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |