2012年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012.08.30 (Thu)

ジョナサン・ベルLIVEに行ってきた!

どこまで来生カテなんじゃ!と言われそうですが。

8月28日(火)下北沢はmona recordsにて
ジョナサンベルがカクロウさんのギター&ドラムを加えてライブをするというので
せっかくなので出かけてまいりました。
最近ちょっと夏バテ気味でよれよれしてましたが
行ったら絶対面白いはず!と気合い入れて、
またまたお初のライブハウスへ。
以前myqpで行ったERAは思いっきりライブハウス!な感じでしたが
ここはサイトを見た感じ、下北沢っぽいまったりお洒落な雰囲気。
ちょっとでも迷いました。
駅から行くと少し隠れたところにあって、
反対向いて駅に歩いてったらやっと看板が見えました。
予定の時間よりも少し前に入れて良かった。


今回はメモはとらずにビール飲んでまったり見てました。
だいたいの雰囲気しかお伝えできませんが、
おってアップするのでお楽しみに~。

*********************

2012-08-28mona.jpg

思いのほか早く出来ました。
久々のライブで元気もチャージ!

レポ内では具体的に曲には触れてないんですが
彼らの曲はこちらでチェック!
→ http://www.myspace.com/jonathanbell09
YouTubeにもあるよー。
スポンサーサイト

タグ : ジョナサン・ベル 小田木確郎 RYUMEI

01:08  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

2012.08.26 (Sun)

1213#1 フランクフルト対レバークーゼン

眠くて眠くて残り10分で寝ようかどうか迷いつつ
寝ればよかったと思った開幕戦でした。

昨季、よーーうやっと監督がレバンドフスキ&ヒーピアに変わってから
あまりまともにバイヤーの試合を見てなかったりする。
見てるけど酔っぱらってるから覚えてないとか。
なので変わってどうなった、というのはイマイチ分からない。

バイヤーは休みの間にまた選手たちがいなくなった。
大きいのはやっぱデルディヨクとバルネッタでしょう。

デルディヨクは私は個人的に見ててもどかしいFWだったので
特にまあ何もないんですが(薄情)
行った先がホッフェンハイムというのはちょっと心配です。
あそこは野心のあるギラギラした子が行くチーム。
ギラギラと程遠いデルディヨクにやっていけるのだろうか。

バルネッタに関しては、
何年か前に「出てく出てく」な感じだったので(でも決まらなかった)
いつかは出ていくもんだと覚悟してたし
昨季は怪我もあって出番も少なかったので
しょうがないかな、な気分だった。
でもシャルケのテストマッチで
バルネッタが実にバルネッタな持ち方でカットインして
いつもの気持ち早いようなタイミングで体を振り抜きながらシュートする姿を見たら
もうバイヤーでこれが見れないのかと思って
ずーーーーーんと重い石が胸に乗っかったような感覚になった。
ブンデスの他のチームを選んだのは、捨てられたみたいで本当に寂しいが
どうせ出て行ったんなら、ちゃんとスタメン取って活躍してほしい。
バイヤー戦でだけ大人しくしててなんてことは言わない。
いつでも活躍できるようでなきゃ出てったことを許さないからねっ。

なところで。
また一回り小さくなって始まったバイヤーですが。

変な試合だったなあ。
私はバイヤーの試合について「守備がザル」とか
何にも試合見てないみたいな言いかたしたくないんだけど
守備の仕方忘れちゃったのかと思った。
前日のブレーメンの1発飛び込み守備を笑えない。
1発飛び込みじゃないんだけど、
人がいるのに何もしてないのがよく分からない。
ラインも揃ってたり揃ってなかったり。
自分の近くにいる選手を、誰が見てくれると思ってるんだろうか。

妙にスペースだけがある試合で
攻撃に転じた時は、なんか不思議なほどスルーパスが通る。
ぱっと複数の選手が前向いて動き出す感じは悪くない。
パスのわずかな精度や決定機での集中度はこっから上げてかないといけないけど。
ま、こんなにスペースのある試合をやってくれるチームばかりじゃないのが難点だ。

ベララビがスタメンで、元気に走り回っていたのが好印象。
あーサム早く戻って来ないかなあ。
チームの全員がとりあえず個々に奮闘してるのは分かった。
コンビネーションはまだまだって感じだけど。
ニュルンベルクは、昨季と地続きなサッカーしてたけど
バイヤーはなんだか分かんなかった。
たまにこういうバッタバッタした試合やるよね。
でもいつも安定した何かがあるチーム、という感じじゃないので
これはこれでいつも通りなんだろうか。
私が好きなバイヤーのサッカーというのが
あまりに狭い範囲にとどまってるってことなのかなあ。
それもヤダナー。

今季も私の好きなワクワクするバイヤーのサッカーが
少しでも多く見れますように。
ELも大事に、リーグ戦も大事に、全員参加で頑張りましょう。
なところで、雑にアップ。
もー遅い時間の試合はキツイ~。

フランクフルトで久しぶりに乾選手を見ました。
体が少し逞しくなったような気がするのは気のせい?
前よりも自信を持ってプレーしてるみたいだったな。
周りも変わって刺激を受けてイイ感じに馴染んできてるのかもしれません。
開幕戦勝利おめでとう。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン

14:24  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.08.26 (Sun)

ニュルンベルクは開幕白星スタート!

HSV対ニュルンベルクがフジONEで無料放送だったので
ありがたく見ました。

ハイコがもう可愛くて可愛くて。
画面に映るたびに試合であることを忘れてめろめろしてしまいました。
髪に不安があるものの、昨シーズンから前髪を伸ばすようにして
またカッコイイほうへ軌道修正しました。
ハイコの上半身からウエストにかけてのスッとしたラインもたまんなく好き。
今シーズンはいきなりボランチに上がらされてますが
キャプテンとしていろいろな場所で頑張ってほしいと思います。
ハイコはもっと報われていいはずだ。

で。
試合の立ち上がりは、両方ともバタバタしてて
まだ開幕したばかりでチームとしての連携が出来てないなあという印象でしたが
ニュルンベルクは基本的な戦術がしっかりしてるので
時間がたてばうまく行くだろうなという感触がありました。
HSVの方がまだその辺から作ってかなきゃいけないような感じです。

ニュルンベルクはとりあえず守れるからね。
試合見てて、昨シーズンからちゃんと地続きでプレーしてるようです。
昨シーズンは決定力が足りなく、運に見はなされてるところもあって
勝てる試合を何度も落としたりしてましたが
この試合はHSVの調子にも助けられてるけど、
落ち着いてよりクレバーになってるように見えましたね。

先制点はニュルンベルク。68分。
キヨタケのコーナーから、最後ハンノが押し込んだ。
その前に似たような状況で枠を捉えなかったが今度はしっかりと決めた。
よっしゃあああ!

ただ70分すぎくらいからかなー、自陣での守備がちょっと集中力を欠いたというか
いらないファウル、半端なクリアが目立ってヒヤヒヤでした。
取ったとはいえ1点のみ。
昨シーズンのことを思えば、終了間際に痛い目見る可能性だって十分ある。
いやもう、相手が今のHSVだったから最後まで逃げ切れた気がする。
後ろは疲労のせいかあやうい状態はずっと続いてたけど
変わりに入った選手たち、奪ってから前に仕掛けていく選手たちは
うまいこと時間を使いながら無駄に失うことなく頑張ってたと思う。

キヨタケ選手はフル出場。
最初はまだ遠慮気味だったのが、時間を追うごとにゲームに慣れて
それと同時にシュートよりもパスを選択する可能性ばかりが増えていって
やっぱりパスの選手なんだなと思った。
せっかくいい場所で受けてるし、体も張ってキープできてるのに
明らかに顔が向いてるのがゴールではなく味方選手なんだもん。
もっと積極的に狙ってもらわないと困ります。

マーカスは出場機会はなかったけど
彼のことなのでジミにきちんと準備していつでも闘う体勢にしてると思ってます。
ニュルンベルクの試合、これからフジで高確率で見れそうな雰囲気ですね。
マーカスのプレーが早く見たい!!

あと新しくフジの解説に加わった方は
自分の考えにプレーを利用するような話し方をする人じゃなくて良かったです。
実況の小野さんとともに、ちゃんとサッカーの試合らしい話が続いて
ストレスはほぼありませんでした。
こっから先もこの調子でたのんます。

さて次はバイヤーの試合。いい中継が見つかりますように。
このまま頑張って起きてるしかないなー。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ニュルンベルク

00:53  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.08.25 (Sat)

ガイドブックにあまり載ってない旅:後編

夏の旅の記録はいよいよ後編。
四日市コンビナート編参ります。
ますます興味のない人にはぜんぜんココロの動かない写真ばかりが続きます。
しかもてんこもりです。ご注意。
17:08  |  それ以外  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2012.08.25 (Sat)

ブンデス開幕戦を観戦中

土曜の午前3:30から始まるブンデス開幕戦は
ドルトムント対ブレーメン
日本人がいないので当然放送はありません。
黄黒のチームはどうでもいいんですが
開幕セレモニーだけはちょっと見とこうかと起きたんだけど、
なんじゃありゃ。
映像だけ頑張ってて体動かさないセレモニーだな。

ブレーメンの試合をまともに見るのもえらい久々。
昨シーズン、ちゃんとフルで集中して見た試合があったかどうか。
ナウド、マリン、ピサロとそれぞれのポジションで仕事をしていた
顔というべき選手たちがいなくなって
ブレーメンはどこへ行こうとしているんだろうか。
なんかブレーメン見てるとジェンガというおもちゃを思い出しますね。
フリッツだけで、どんだけ支えられるんだろう。

しかしほんとブレーメンを見るのが久々で、
今さら何言ってんだかでしょうが
ブレーメンの守備ってこんなに1発で飛び込んでばっかりだっけ?
体勢がすぐに戻せないような体の使い方でいきなり入ってきて
スコーンと簡単に抜かれてしまう。
以前までは、ガタイのいい体の固そうな若い子たちが、
重い体をコントロールできずにまるごとぶつかって止めている、という印象で、
まそれは今もぜんぜん変わってないようなんだが
こんなに取り返しのつかない体勢で、アバウトに一発で飛び込んでたか?と驚いています。
ボーフムもそうだったけど、ここまで頻発はしてなかったと思う。
「前からそうでしたが何か?」
ってブレーメンのサポには言われるのかしら。
ドルトムントの選手が体をぶつけていく時は確信犯的なんだが
ブレーメンの場合は、柔軟性(物理的に)がないだけに見える。

私はハントが見たくてブレーメンをチェックしてるんだが、
贔屓目でなく、ハントはちゃんとサッカーになるように頑張ってると思うよ。
パスコース、ポジショニング、テクニック、
彼のプレーを見ているとそういう単語が見えるもんな。
もう中堅という年で、のきなみ他の選手がいなくなっていく状況で
ハントがやらねばいけない仕事は山のようにある。
個人的にはべつにブレーメンで頑張らなくても、
キミならもっと有意義な選手生活を送れるような気がすんだけど、と思ってます。

でも昨シーズンも、なんでこんな状態でこの位置にいるの?なチームだったので
今季も気づくと上の方にいたりするんだろうか。
ブンデスだしな。
チェコのゲブレ・セラシエ取ったんだよね。
ユーロで良い選手だなと思ったので、どうハマるかちょっと気になります。
ノリとしてはブレーメン向きだったもんね。

なことをダラダラ書いていて、
やっぱり後半まともに見ちゃいない。
しかもゲブレ・セラシエのヘディングで同点になっとるし。
今節は土曜、日曜と遅くまで試合見なきゃいけないのに
ここで体力無駄に使ってていいのか私。
試合残り10分です。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ブレーメン アーロン・ハント

05:19  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.08.24 (Fri)

ガイドブックにあまり載ってない旅:中編

さてこっから中編です。
前後編のつもりがおさまらなくて中編が増えました。
またも写真やまもりですのでご注意。
興味のない人にはまるで関係のない写真もバンバンあります。

岸和田編からスタート~。

タグ : カーネーション

22:08  |  それ以外  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.08.23 (Thu)

週末は大阪でRYUMEIさんを聴こう

今週末8月26日(日)
大阪は心斎橋のライブハウス、twice cafe’にて
「音楽・隈の世界 vol.45 IN 大阪」があります。
RYUMEIさんも参加しますよー。
OPEN.16:00 START.16:30
前売\3000+D 当日\4000+Dです。
お申し込みはこちらへ。→http://www.type2.tv/

RYUMEIさんは1年ぶりの大阪でのライブになります。
この機会にぜひぜひ!RYUMEIさんの生のギターと歌声を!
お近くの方は万障繰り合わせてお出かけください。
もちろん隈さんの漢でロケンローなヴォーカルとギターもカッコイイす!
他にもいろいろアーチストが参加してにぎやかで楽しいライブになるんじゃないかなー。

聴きに行ったかたのご報告お待ちしておりまっす。

タグ : 小田木隆明 RYUMEI

00:05  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(13)

2012.08.22 (Wed)

いよいよブンデス開幕、の前に

よーやく今週末からブンデスリーガが開幕です。
他のリーグはもう始まってるっての。
さっそくプレミア、スペインの試合をつまみ食いしつつ、
選手の移籍に今さらのように旬を過ぎてから驚いてます。
ま、毎度のことよ。
デポルにいたグアルダードがバレンシアに移籍したのを知り、
慌ててレアル戦を見ました。
いやーん今季はバレンシアの試合見るのも復活しなきゃならんじゃないのー。
バルデスがひそっと移籍してたのにもビックリしました。
ブレーメン時代、アウエーのメスタージャで
ゴルフパフォーマンスをやって大ひんしゅくを買ったのも今は昔。
そしてプレミア、エバートン戦は痺れましたなー。
開幕からテンション高い試合をやってくれて嬉しいわ。
モイーズって田辺誠一にちょっと似てませんか?好きなんよ田辺誠一。余談。

でっ。
週末からいいかげんフジネクストを契約しようかと思ってたら
スカパーからダイレクトメールで
「のもんさんは契約が9年になったから、
9月はどれか好きなチャンネルを無料にしてあげよう」との知らせ。
選べるチャンネルや3カ月内に契約したチャンネルはダメとか制約はあるが、
私はネクストだけを契約してたので、
ワンツーネクストのフルセットチャンネルは選択することが出来るようなのだ。
うーん、これは1節のみネットで我慢して、9月から契約することにするべきか。

で、7月頭に書いていた自分の記事を引っ張り出すと
毎週どこかで日本人対決
フジは予想通り、というか誰でも分かるようなカードが固まってたので
ここで書いた4試合がしっかり放送されるんですが
なんと大盤振る舞いでニュルンベルクの試合もやってくれるようなんです。

私は日本人選手の情報に疎いので、
どの選手がフジ目線で「数字の取れる選手」なのか分かんないんだけど、
オリンピックでの各局の扱いを見ても
どうもキヨタケ選手というのは、単体で注目度の高い選手なんですね。
だって2節目にもニュルンベルクの試合がもう決まってんだよ!
相手チームにはもう日本人いないのに!

すみませんねえ、ブンデスを長く見てる人にとっても
ニュルンベルクの試合毎節流されても、
と思ってる方は多いかもしれませんが、
フランクフルトやボーフムよりは楽しい試合であることはお約束しますので。
私はマーカスが見れればそれで満足。

そんで驚くべきことに
今季はNHKまでブンデスに時間を割いてくれるようなんですよ。
今節は29日深夜にシュツットガルト対ヴォルフスブルクをやってくれるとか。
プレミアと長友の試合の合間を縫っての録画放送のようですが、
素直に実況解説陣が増えるのはありがたい。
けどNHKも山本昌邦さんというロコツに日本人選手目線の人がいるので要注意ですな。

今季のブンデスの私の注目チームは
レバークーゼン、ニュルンベルクが筆頭で
シャルケ、ハノーファー(お猿の酒井君が見たいのだ)が続き
さらにHSV(ハイコ)、ブレーメン(ハント)が続く、という感じでしょうか。
あ、ヴォルフスブルクのイラーチェクも見なきゃいけなかった気がする~。
ロビーが線審やる試合もマストゲームだし。

またなんやかやと忙しい日々が始まります。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ

23:49  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.08.22 (Wed)

ガイドブックにあまり載ってない旅:前編

今回の夏の旅行はざっとこんなコース。
1日目:中央道で夜中に移動、諏訪湖SAで1泊。
2日目:乗鞍高原畳平(バス利用)を満喫。
美女高原キャンプ場にテント張ってから夜の高山をうろつく。
3日目:飛騨古川→ひるがの高原(スキー場を利用したユリ園と恐竜パークw)→郡上八幡。
郡上八幡の河原のキャンプ場が郡上祭りの混雑でスペースがなく道の駅で1泊。
4日目:朝から雨。名古屋へ移動。ミツカン酢の倉庫郡、INAXギャラリー、
えびせんの里(試食しまくれる工場)。夜は名古屋帰省中の友人と飲む。
名古屋駅周辺は「世界の山ちゃん」がいたるところにあってビックリ。
5日目:知多火力発電所見学。タービン建屋にも潜入。
刈谷市美術館で「太田幸夫の絵文字デザイン展」を見る。駅で偶然見つけた展覧会。
刈谷の依佐美送信所見学(フローラルガーデンよさみ内)でテンションアップ。
奈良経由で岸和田へ。宇治の方は大雨の影響で通行止め。
カーネーションギャラリー、洋装コシノ見学。
スーパーで部屋飲み用の水ナスの漬物購入。旨い!
6日目:再び岸和田へ。岸和田城、だんじり会館、
喫茶PMでモーニングやら双月でオムライスやら。
大阪へ移動の際に臨海線から見た工場群が素晴らしすぎる。
天満筋商店街界隈をうろうろ。熱気でぐったりする。くらしの博物館ナド見学。
堺へ移動。堺市役所展望台を夕方と夜の2回見に行く。
のもん家伝説の飲み屋になりそうな「とっつあん系おかあちゃん」で飲む。最高。
7日目:わざわざ岸和田方面へ少し戻って臨海線に乗り、昨日見た工場を眺める。
万博公園の太陽の塔&記念館。
四日市へ移動。中部電力川越火力発電所の電力館に行くも展示物が半端でがっかり。
四日市ポートタワーから展望。
夜は垂坂公園へ夜景を見に行くが、公園内の道が真っ暗すぎて泣く。
タヌキ出るし。夜景もイマイチ。
8日目:終日四日市。跳ね橋見学(ちょうど船が通って橋が上がるなどw)
塩浜・霞ヶ浦の工場が密集するあたりを車でうろうろ。テンション上がりまくり。
夜はお迎えのバスに乗りコンビナート夜景クルーズ!さらにテンションアップ!
四日市の飲み屋で反省会&ハシゴ。
9日目:SAで土産物を買い、新東名を使って一気に帰宅。

だいたい、のもん家の旅行は毎日いろいろ詰め込みまくって、
朝早くから夜遅くまで遊びまわってるんですが
今回はかなり内容が濃かったです。
行ったことのある場所も新鮮だったし、
まだまだ知らない面白い場所がこんなにあるんだなと嬉しかったです。
以下写真山盛りでご紹介。
00:34  |  それ以外  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.08.19 (Sun)

ミヒャ、5部リーグでついに復帰!

長かった。
最後に笛を吹いたのは2010年の4月。ドリッテリーガの試合でした。
2年半ちかいブランクを経て、
ようやくミヒャの復帰第1戦が、無事に終わりました。

ミヒャ復帰戦2

8月19日(土)オーバーリーガ(5部)の
SV Stuttgarter Kickers II 対 FC Villingen 08。
試合は0-2でFC Villingen 08の勝利。
観衆は150人。黄色3枚。黄赤1枚で退場者を1名出しております。
→ Unglückliche und vermeidbare 0:2-Niederlage beim Hartmann-Debüt der Kickers U23
@SV Stuttgarter Kickers II公式ページ

ミヒャは弁護団を伴ってスタジアムに入ったようです。
Bildがまたいい写真のっけてくれること(苦笑)
左のお姉ちゃんは以前からミヒャの弁護士をしてくれてるLeoni Frankちゃん。
スタジアムでデートじゃありません。
彼らが一緒にいて守ってくれているので、ミヒャも仕事に集中できたようです。
→ Anwältin begleitet Kempter beim Oberliga-Comeback@Bild.de

ミヒャ復帰戦1

WELDには試合後のミヒャのインタビューが載ってます。
→ Michael Kempter feiert Comeback in der fünften Liga@Weld.ONLINE

強制的なブランクの間も、ミヒャは仕事の後にジョギングや自転車を漕ぎ
定期的に審判の勉強会(のようなもんだろうな)に出席し
いつでも試合に復帰できるような状態を維持していたようです。
今はロビーの方がキャリアが上にあることについては
嫉妬なんてまるでなく、彼の成功を喜んでいると答えてますね。

ミヒャの審判としての新しいキャリアは始まったばかり。
シャツの胸には南バーデン州の協会のロゴ。
DFBの元いた位置に戻るまで、まだまだ長い道のりと試練が待っているでしょうが
2年間エロジジイに振り回された辛い時期を乗り越えたことを思えば、
なんの心配もありません。

次のミヒャの試合は7部相当のリーグなんでしょうか。
Landesligaっていう階層があるのかな。初めて聞きましたが。
EmmendingenとOberriedの対戦が、次の土曜日に決まってるみたいです。
チームがトップリーグだろうがアマチュアだろうが、
ミヒャがやる仕事は変わりません。
ひとつひとつ積み上げて、信頼と実績を周囲に示して行くだけです!
頑張れミヒャ!信じてるよ!


さてさて
ロビーは今季も着々とお仕事しております。
ブンデスが開幕してないこの時期は、
普段ならツヴァイテでは吹かない主審たちがあちこち担当してたみたい(笑)
なのでミヒャも線審で出てました。
今季初主審の仕事はポカルのニュルンベルク戦。
ゲッティにこんな写真あったんだけど何か表彰されたんかな?情報求む!
中央のキルヒャー主審は、ロビーが線審する時いつもお世話になってる方です。
こそっと小さくのっけてみました。

ロビー表彰

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミヒャエル・ケンプター ロベルト・ケンプター

23:29  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.08.18 (Sat)

ピンポイント旅行満喫してきました

帰ってまいりましたー。
お盆の渋滞ってのはいつがピークだったんでしょうか。
今日の朝、9:30ごろに四日市の街を出て、
千葉の家の近所についたのはなんと15:30。
新東名はガラガラで、厚木の渋滞もそれほどではなく、
無事にあっという間に戻ってきました。
運転手のダーリン、ありがとう。お疲れさまでした。

今回はお天気もなんとかもちました。
大雨をあちこちで回避しつつ、予定のイベントを着々クリア。
移動の途中で酷い降りになることが何度かあったけどね。
帰りの新東名で前が見えなくなるほどの雨が少し続いた時はビビりました。怖かったー。

乗鞍、郡上八幡、知多半島、岸和田、堺、四日市、どこも大満足の旅でした。
一番印象に残ったのは堺の駅前の飲み屋。
「地魚屋台 とっつぁん系おかあちゃん」!!
金沢の居酒屋「川端鮮魚店」を僅差で抜く勢いです。
あの店のためだけに堺に行きたい。
一応チェーンでもあるようだけど、大阪にしかないんだろうなあ。

サカ始まりますが、観光ガイドブックに載らないのもん家の旅行の報告は
なんとか時間を作ってアップしたいと思いますっ。
18:37  |  それ以外  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.08.10 (Fri)

夏の旅行に行ってきます

この記事はタイマー投稿しています。

10日(金)の夜から出発し、18日(土)の夜に戻ってくる予定です。
車中1泊、テント2泊、宿5泊です。
最初に乗鞍の方に行って郡上八幡、名古屋、知多半島、
岸和田、堺、大阪うろちょろしたあと四日市です。
今回のハイライトは岸和田と四日市コンビナート夜景クルーズでしたが
直前になって見つけた、知多火力発電所見学の予約がとれちゃいました。
なわけで、今回もてんこもりあちこちうろついて飲んで食べて遊んできます。
ボール1,2回くらいは蹴るかもしんない。太るから。

戻ってきて元気だったら旅行の話もアップします。
そういや年の初めに行った金沢の話は後回しにしてるうちに
フェードアウトしてたんだよなあ。はは。

戻ってきたらプレミア開幕しとるな~。
ミヒャは復帰試合の笛吹けたのかな~。

ではではしばらく留守します。
宿に無料のネットがあってヒマがあったらなんか書くかも。
20:00  |  それ以外  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.08.09 (Thu)

本棚:『君がいない夜のごはん』ほか

だいぶ前に出来上がってたのにアップするの忘れてた。
旅行でしばらく更新できないので置いてきます。
蛸足で何度も目にする著者名が。

『ドリカム層とモテない系』:能町みね子(11.10)
シリーズ3作目らしい。
ドリカム層へのイラダチをつづる。
モテ系は無関係でもドリカム層は近親憎悪的な距離感があるからな。
だいたい数が多いので日々接触する機会も多い。
ドリカムも無理なんだが、現在それに続くものとして
「いきものがかり」の名前が出てきた時に爆笑する。
私がなんであのグループがダメなのか分かったよ。もちろんドリカムもだけど。
とはいえモテない系もめんどくさいがなー。
「人見知り男子」なんてファンタジーが
自分のところに回ってくるのを妄想しててもしょうがないじゃん。
各言葉の定義については本を見てください。

『ホリエモン×ひろゆき 「なんかヘンだよね・・・」語りつくした本音の12時間』
:堀江貴文・西村博之(09.09)
私の中で堀江貴文は「セクシー写真集の人」だ。
まだイケイケだった時、タレントや女子アナと絡む企画で
二言目には「ブログやってセクシー写真集作れば」なことを言ってた気がする。
まとめて対談を読んだのは初めてだが、
思ってた以上に欲望が凡庸だったのにがっくりする。オッサンだな。
別に斬新な視点からの提言、みたいなもんはない本でした。量で損してるかも。

『なんでコンテンツにカネを払うのさ?
デジタル時代のぼくらの著作権入門』:岡田斗司夫・福井建策(11.12)
ネットで簡単に同じものがコピーされていく時代の著作権。
もはや誰にとっても身近な問題なのだと思った。
プロにとって怖いのは、違法にコピーされることよりも
多くのアマが無償で作品を発表することなのかもしれない。
今ある著作権の形態を見直しつつ、
どうクオリティを保つのかが最大のポイントだな。
ネットを通じて膨大な量の作品が流れていく中で
むしろライブの希少性が上がる、というのは確かにそうだと思う。

岡田斗司夫が言う「作品は趣味で、お金は仕事から」なんて
まずちゃんと仕事がなければ成り立たないし。
そしていくら作品が基本だとしても、
発表の場を提供するプラットフォームが絶大な力を持っているのも確か。
アカウントを取り消されたらなすすべはない。
考えることはたくさんあるなあ。
福井建策という人の本はもう少し読んでみたい。

『真実真正日記』:町田康(06.10)
エッセイ系日記に見せかけて小説。
筒井康隆を思い出す。
ネットという簡単に発表できる場所がある中で
趣味で小説を書く人の中には、
こういう雰囲気の文体や展開を特徴として書く人も
きっと山ほどいるんだろうな。知らないだけで。
町田康のこの本は、その中でも際立って上手く出来たもの、のような気がする。
筒井康隆ほど破壊的でなく、筒井康隆ほどギャップのある展開もない、
適度に気持イイ振り幅で、ちょっとしたズレを味あわせてくれる。
千手観音のくだりとか笑ってしまった。
最近このテの本を読んでいなかったので懐かしく心地よかった。

『君がいない夜のごはん』:穂村弘(11.05)
もう何冊目だ彼の本を読むのは。
名人芸の粋ですね。
誰もが心の隅に持っていて、誰にも言わずにいる気持。
いつもしているけれど、人には言えない生活習慣。
それがバレたらどうしようかとビクビクする気持。
バレてから分かる、実はそんなの自分しかやってなかったという衝撃。
ちまちまとしたレベルで日々繰り返される小さな事柄を
きちんと拾って面白く読ませるのはさすが。
今回は「食べ物」に的を絞っているが、
わあ食べてみたい、とか読んでても思わないのがすごい。
「我が皿洗い」とか、結婚しても何も変わらないところもすごい。
でもちょっと、そろそろ、どうなんだろう穂村さんて、と思い始めている。
多分、角田光代さんとの対談集を読んだらすっきりする気がする。
21:43  |  蛸足図書室  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.08.08 (Wed)

サカモードはもう少しお休み

えードイツのツヴァイテリーガは3日から新シーズンが始まっています。
世間はまだオリンピックだってのに。

ミムンのいるラウテルンは月曜の最後の試合でした。
が。
ミムンはその前にまた膝の怪我をしてたらしく、
開幕戦には使えない、という情報が。
もうね、驚きません。シクシク。

なわけで、
起きてみる気だったんですが、
前日にマレーの試合を、シングルス&ミックスダブルスと続けざまに見て
満足しつつ3時就寝だったので
もうあっさりと寝ることにしました。
旅行もあるから体力温存しとかないといけないし。

翌日、ラウテルンの公式を見たら
3-3のドローでした。
得点経過を見ると、2点先制された後3点取って逆転し、
後半ロスタイムになって追いつかれるという
なかなかガッカリ度の高い展開だったみたいです。

次節は金曜ゲームなんですが、
ワタクシすでにその時間は旅立ってますので、また見れません。

さて。
ミヒャの復帰戦は当初11日とされてたんですが、
18日のStuttgart II 対 den FC 08 Villingenになるなんて情報が上がってきてます。
→ Comeback für Kempter@FR.ONLINE
どっちなんだよ?
2試合目ってことじゃないよね。
まあ11日でも18日でも、こちらも私の旅行中の話なので
こちらも戻って来てから調べまーす。

な感じで、まだちょっとサッカー見る体勢になってませ~ん。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ミヒャエル・ケンプター

00:16  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.08.06 (Mon)

アンディ・マレー、金メダル!!!(と銀メダル!)

男子シングルス決勝、フェデラー対マレー。

マレー、ストレートでフェデラーを下しましたっ!!!
6-2、6-1、6-4ですよ。
マレー強かったです!

でも最後の最後まで本当に、いつひっくり返されるかと気が気じゃなかった。
ポーカーフェースで、フォームの乱れもなく、
どんな状況でも涼しい顔でプレーを続けるフェデラーは
不気味で怖かった。
2セットアップの状況でも、ほんの小さな隙を見つけたら、
そこから何もかもなかったことにされそうな気がした。
見てるこっちも一つ一つのプレーのみに集中して、
ただポイントを重ねることだけ考えて
邪念が入らないように(明日は祝杯だなーとか)
ネットの画面を食い入るように見てたよ。

圧巻はセカンドセットの何ゲーム目だったか、
7、8回(正確に何回あったのか覚えてません。印象としてはそんくらい)あった
フェデラーのブレイクポイントを何度となくしのいで守りきったマレー。
もおおおおおお見てるこっちが神経すり減らして死ぬかと思ったよ!!

最後のポイント、普通の試合ならMATCH POINTと出てくるところが
GOLD MEDAL POINTと出てきた時、
これはオリンピックなんだと改めてゾクゾクした。
そしてエースで決めたマレー。
信じられないよ!

マレーを応援してて良かった。
この瞬間を生で見れたのが本当に嬉しい。
表彰台に立った時の穏やかな表情も素敵だったな。
フォトセッションでコートの4方向を回らなきゃいけない時に
ちょっと固い表情だったのは、
次のミックスダブルスの試合のことを考えていたからなのかな。

そうなんです、マレーこのあとミックスダブルスの決勝があるんです。
NHKのライブストリーミングでこれもやってくれるけど
さすがに起きてられないかも。
えーと、今確認したら開始が(日本時間)1:30とか。
と、とりあえず始まるところまで頑張って起きてみます。

マレー、優勝おめでとう!
金メダルに値する最高のプレーでした。

明日というかもう今日だけど、
録画でBSで放送があるんだけど、フルマッチ見せてくれんのかなあ。

**********************

結局、ミックスダブルスも最後まで見てしまいました。ただ今3時。
残念ながら、接戦の末、マレー&ロブソンペアは惜しくも敗れ
シルバーメダルです。
しかしミックスダブルスってのは、
いろいろ組み合わせによって複雑な駆け引きが必要なのねーと思った次第。
前衛でオトコのボレーを受ける女性はそうとうタフじゃないと厳しいっすね。
容赦なくポイント狙って鋭いボールが飛んでくるし。
3セット目のシステムがよく分かりませんでしたが
タイブレークと同じようなサーブの交代でポイントは結局いくつまで取ればいいんだ?
と日ごろスクールでダブルス中心にやってるくせによく分かってません(笑)

金メダルをダブルでというわけにはいかなかったけど
シングルスとミックスダブルスの二つの試合を並行して
このタイトなスケジュールの中でよく踏ん張ったよなあ。
最初は3セットマッチだから少し楽なのかなと思ったけど
そんなことじぇんじぇんありませんね。
連日の試合、ダブルヘッダーもありでこの結果は凄すぎます。

おめでとうマレー。
自国開催の大きな舞台で素晴らしい結果。
私の応援してる選手が優勝するって、めったないので嬉しいです。うう。
次は悲願のグランドスラム優勝だー!

さて表彰式まで見てから寝るか。

タグ : アンディ・マレー

03:00  |  それ以外  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.08.04 (Sat)

アンディ・マレー決勝進出!

おおおおおおおおーーーーー!!
アンディ、ジョコビッチに勝ったあああああ!!!
何度もピンチがあったけどしぶとく粘って大きく崩れず
最後の最後でブレイク!
ロンドンオリンピック、準決勝ジョコビッチ対マレーは
7-5.7-5のストレートで、マレーが勝ちましたっ。
うううううう(号泣)

当初、深夜0:00開始だったのが2:30にズレて
仮眠を取ってボケボケの状態で見始めたけど
試合始まったら一気に目が覚めた。
やっぱショット1つの内容、重みがぜんぜん違う~!!
テニスをちゃんと見出したのはここ最近だが
ランキング上位同士の対戦の緊張感と戦術の高さ、
そしてフォームの美しさはレベル違いすぎだなとしみじみ思う。

私は自分で趣味でテニスをやるので、
以前はラリーの一つ一つ、ポイントを取る一つのプレーやコースだけを見て
面白がってただけだったけど
マレーの試合を続けて見るようになってから、
試合全体として積み重なっていくポイントの痺れるような面白さが分かってきた。

そんでやっぱね、マレーは見てて応援したくなるのだ。
今回もいろんな表情を見せてくれたよ。
ミスった時に体を押さえて「だって痛いんだよ」なポーズとかは
きっとヤな人はヤでしょうね~。
失敗した時のおでこを何度もベチベチと叩く姿とか
ラリーを制した後のオタケビやもういちいち目が離せません。
試合終了後の感極まった表情と、
いつもならリストグリップ外す時には笑顔がはっちゃけるのに
今回はまだ泣きそうな顔を見せててなー。
もおおおこっちも感動で胸がいっぱい涙出そう。ってまだ終わってねーよ!!

マレー決勝進出

決勝の相手はフェデラーです。
ついこないだ、同じ場所で、同じ状況で闘った相手です。
今回こそは!!あの時の雪辱を晴らすのだーっ!

幸い決勝は1日空いて、日曜日になります。
何時からやるんだか。
たのむから日付変わる前に始まってくれよ。次の日仕事なんだからー。
オリンピックはここまで3セットマッチだったけど
決勝だけは通常の5セットマッチ。
見る方も必死です。
テレビでなんてやらないよね。まだ大会半分終わったくらいだし。
ライブストリーミングやってるんだからそっちで見ろって言われるよね。ううう。

今大会中に見つけたサイト。
このページ、本当に便利!
試合の開始時間が変わってもすぐ分かって助かる。
これから4大大会見る時にもお世話になりそう。
→ 便利!全試合ライヴスコア@tennisnakama.com

やばい、もう寝ないとー!!

タグ : アンディ・マレー

05:10  |  それ以外  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.08.02 (Thu)

ペースダウンしつつ縫っていた

久しぶりの針仕事カテです。

夢中になって見ていた朝ドラ『カーネーション』の放送が終わって、
洋裁熱もじわじわペースダウンしてました。
裾のしまつをすればオワリ、の状態のまま何週間も放置してたり。
縫っても途中までですぐやめたり。
またちょっとずつ洋裁熱は上向き加減になってきてます。

*******************

去年、日暮里で買った使い道に困る布は、とりあえずエコバッグに。
布が柔らかくて持ってて気持イイ。

エコバッグ

同じく日暮里で買った千鳥(また千鳥~?)な布はチュニックにしてみた。
思ったよりも服としてちゃんと着れる柄でした。
作ってみないと分かんないもんだ。

千鳥チュニック3

千鳥チュニック1

千鳥チュニック2

つい先日、出来上がったのがコレ。
地元のユザワヤで新入荷したもの。
色が可愛くて即お買い上げ。
ちょっと高いけどこういうもんは
気に入ったら買っとかないとあとで泣く。

ファーマーズ2

ファーマーズ1

今度の旅行で岸和田(言わずもがなのカーネーションの舞台)に行った時に
着ようと思って作ったのだー。
前立てのついてるシャツは久々だったけどキレイにできました。

型紙はワタナベ・コウさんの『裁縫女子宣言!』に載ってたファーマーズ。
コウさんの型紙は縫代込みでミシンで簡単に縫えるようにしてあるんだけど
手縫いの私にはむしろ出来上がり線がないと縫えないので、
型紙からせっかくつけてある縫代分を削るという、
彼女の意に反した手間が(苦笑)
実際縫って見ると、削った分が合わなくなるようなこともなく
キレイに繋がったので安堵。
あと11号のワンサイズのみで、細かい調整は自分でやるようになってるけど
そのままでも大きすぎなくて大丈夫だった。
シンプルでかわいいデザインの服が多いのでいろいろ作れそう。
型紙を作るところがめんどくさいが。私だけ。

ついでに、私がよくチェックしてる洋裁のサイトを紹介。

裁縫女子宣言!
ワタナベ・コウさんの『裁縫女子宣言!』のFacebook。
この本の型紙で作った服などいろいろアップされてて楽しい。

another polka-dorops
オリジナルの型紙のネットショップをやってる方のブログ。
とにかく写真が素晴らしい!!
服や小物のセンスもよくて、見ているだけでココロが満足してしまう。
ハンドメイドのコツも、普段から洋裁をやる人向けの内容で、
自分でやったことがなくても読んでてなるほどと面白い。
いろいろなページを開いては唸ってしまうサイトです。
いつかここで紹介されてるスモッキングのブラウスを作ってみたいー。

タグ : 手縫い

22:16  |  趣味の針仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)
 | HOME |