2012年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2012.12.30 (Sun)

2012年はこんな年

2012年も暮れようとしています。

私がサッカーを見始めて、10年が経ちました。
2002年日韓共催W杯も遠い昔。

昨シーズンの後半、ミムンが顎の骨を折る大けがを負って離脱してから
サッカーを見るテンションは大きく変わったように思います。
近視眼的な位置から離れ、適度な距離を置くように気持ちが移りましたね。

サッカーを中心にしていた生活から
生活の中にサッカーがある、という感じになりました。

ミムン・アザウアクは怪我の後、カイザースへ移籍し、
相変わらずトップフォームを保てずに、
出たり入ったりな状態を繰り返しています。
マーカス・フォイルナーは昨シーズンから一転、出場機会がガクンと減る中で
常に100パーセントの準備をして、
少ない機会で猛アピールしています。
ミヒャエル・ケンプターは表舞台からほぼ姿を消し、
細々と地元サッカーの主審をやっていますが
最後の最後にアメレル急逝という大きなニュースが入り、
今後の展開が読めません。
私の愛しい3Mたちは、みんなもう三十路になろうとしております。
ああ月日のたつのは早いもの。

バイヤーは昨シーズン後半に監督交代がありました。
新体制で手探り状態の立ち上がりから、今はバイヤーらしいサッカーを見つけ
不安定な面も残しつついい方向へ向かっていると思います。
選手や監督が変わっても、私の好きなバイヤーは不思議と変わりません。

ブンデスはバイヤー、ニュルンベルク、シャルケを追い、
放送があればブレーメン、HSVをチェック。
カイザースはミムンが出る時だけ。
プレミアはスパーズ、リバプール、シティの他に
エバートン、ニューカッスルあたりをチェック。
もちろんビッグチームの大一番と呼ばれる対戦はチェック。
セリエはナポリとフィオレンティーナ(←マティが元気でやってるのだ)
リーガはセビージャをチェックしてますが、
どうにも途中でつまらなくなってしまい
最近はあまりチェックしてません。
バレンシアもグアルダードがいるんだがイマイチ乗れず。
観戦も録画できるテレビが主になってますね。
ミムンとバイヤーだけは、ネットで見るしかないけど。

今年は私のアンテナに引っかかるものも特に無かったなあ。
寂しいことです。
シャフタールのウィリアン、って私でなくてもチェックするし。

10年経ってサッカーに関する驚きも
一巡したような感じなんでございます。

今は試合を見るだけで手いっぱいで、
ニュースサイトをチェックするところまで辿りつけないのも大きいです。
リアルタイムでフラットなツイッターの影響もあります。
友達が何やってるのか、見に行けないですもん。


かわりに、サッカー以外のモノがいろいろ膨らんだ年でもあります。

今年の前半は朝ドラ「カーネーション」にハマってました。
洋裁のテンションもグッと上がりました。今ちょっとしぼんでますけど。

サカシーズン終了とともに、うっかり全仏ローランギャロスから
テニスを真剣に見るようになりました。
おかげで大好きなマレーが開花するのをリアルタイムで目撃出来ました。涙。

自分のやるスポーツは
今年も続いてテニスとマーシャルワークアウトとグループキック。
今年に入ってグループキックのレッスンが増えたこともあり、
少なくとも週2回、最多では5回とか(馬鹿か)体を動かしまくっています。
テニスは諸事情ある中ようやく中級に上がったし、
格闘系エクササイズもキレのある動きができるようになってます。ふふ。

サッカー(というかミムン)にかけていた情熱と集中力が
今年は分散されたように思います。
いえ、ミムンのことは相変わらず好きです。
でも前ほどニュースで大騒ぎしなくなった。
カイザースへの移籍がなあ、もうちょっと上手い滑り出しを見せていたら
また違ってたのかもしれません。

まあバランスがいいといえば良いです。

あともう一つの大きな柱。
今年はライブ三昧な年でした。
とにかく行く回数がドドっと増えましたね。
来生さん、RYUMEIさんだけでなく、ジョナサンベルやMyqp、RRのイベントなど
月2回ペースになりつつあります。イケマセンネ。

それに絡んで知り合いの数が一気に増えました。
もともと私は友人を多く必要とする方ではないんです。
気の合う数人と濃い話ができるのがベスト。
今年は来生さん関係のファンの方、RYUMEIさん関係のファンの方、
そして素敵なアーチストたち、
本当に、会ったの今年だっけ?って思うような
素敵な人たちとたくさん出会った年でした。

自分の周りの状況も、ずっと同じではなくなっているなと思うここ最近。
一つ一つのことを、じっくり大切に楽しんでいろいろ吸収していきたいです。
そして来年もまた、
好きな選手や審判の動向に一喜一憂して、
サッカーやテニスを大いに楽しんで、
ライブでその時限りのスペシャルな時間をたくさん過ごして、
病気もせず元気な体とココロを維持し、
(私にしてはw)多くの友人たちと濃い話で盛り上がって行きたいと思います。

今年は蛸足もかなり多方面に広がり、
サカブログとしてはかなり怪しい感じでしたが
これからもココロのままに、自分のエネルギーの流れる方へ
進んでいく所存です。
モバイル端末泣かせの、いっそキンドルで読めばいいのか?なブログですが、
お付き合いのほど、よろしくお願いします。

ひと足先にご挨拶でした。
明日は年賀状印刷すれば、
あとはサッカー見て映画見てもらったCD聴いて並行してシーツ縫って酒飲んで
ってやっぱり忙しいよ!
スポンサーサイト

タグ : ミムン・アザウアク ミヒャエル・ケンプター マーカス・フォイルナー RYUMEI 小田木隆明

23:42  |  それ以外  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

2012.12.30 (Sun)

久々のノンストップ7時間サカ話

毎年2回の恒例行事、
ドイツから帰国したMOGUNCIANAさんと地元でサシ飲み。
16時半から始まって23時半まで、場所を3か所移動しながら
途切れることなくサカ話をしまくりました。
私は最近は試合を見るだけでいっぱいいっぱい。
ニュースサイトもほとんど見に行けず(他の結果が分かってしまうので)
ツイッターもまったく見ていないので、
友人たちが何やってんだかさっぱり分からなくなっております。
な中、この半年のサッカー話ができるのか?な不安もありつつ
私が気になっていたあれこれの、ドイツでの事情など山盛り聞いて
今日もめいっぱい面白かったです。

いやー、ニュルンベルクのヘッキング監督が、
ヴォルフスブルクに引き抜かれていたとは知らず
ビックリ仰天でした。
なんてことすんだっ!!!
つかマガトの後任でやってた人で、みんな楽しそうだったじゃんよ!
なんでここでヘッキングを持って行くかなあ。
ヴォルフスブルクのことなんてどーでもいいが
来年のニュルンベルクがどうなるのか心配です。

あとは政治家とDFBとファンの間でもめている問題についてもいろいろ聞きました。
でも結局さ、発煙筒は応援グッズじゃないんだよ、とか
立ち見席で暴れるやつはチームに迷惑かけてんだよとか
そういうシンプルな問題であるにもかかわらず、
大きすぎて反論できないような大雑把な理由で、
さも自分たちは正当であるかのように言いつつも、
その実ただ反抗しているようにしか見えないんだなというのを再確認しました。
いずれこの種のフラストレーションは、
違う場所へとはけ口を求めるようになる、と聞いてぞっとしたり。
そうなる前に、本質を議論して良い方向に持って行ってほしいと思います。
ドイツは、サッカー観戦するのに、
危ないところに近寄らなければ治安はそんなに悪くないし、
チケット代は安いし、ビールは販売してるし、
夜一人で見に行っても大丈夫、なのが魅力なのにな。

他にもバイヤーの今のサッカーや、選手たちの状態など
現地のナマ情報をいろいろ聞いて安心したり。
Mさんがいつも時間切れで話しかけることができなかった萌ちゃんに
ようやくある時、話しかけることができたら
「日本の方なんですね」と言われた、と言う話は爆笑しました。
日本人はすべて、日本人選手を目当てに
練習を見に来ているわけではないんですよ。ははは。

あとアメレルの件についても、
死因や発見された時の状況や、
生前彼がまだツヴァンツィガーやミヒャに対して
恨みを晴らそうと算段していたであろうこととか、
なんだかなーな話を。
さすがにミヒャに突っ込んだインタビューをしにいくような
鬼畜なメディアはなかったようです。
あのビルトでさえも。

しかしまあ、
話しても話しても本当に尽きることが無いですね。
練習の時に選手と話した時の様子なんて軟派な話題から
フォーメーションや選手起用などの戦術面の硬派な話題
そしてウルトラとDFBの関係や審判の新しい指針や
テレビの受信料やらの社会派の話題と
毎度、広範囲のネタが順不同に次から次へと。
飲んでも酔ってるヒマはありません。

ドイツから持ってきてもらった大切なものについてはまた別記事にて!
ユーロが急激に上がる前にゲットしておいて良かったわ。
01:24  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.24 (Mon)

RR、最後の大忘年会!

初めて、終電で帰ってきました。
残りたい気持は山ほどあったけど、朝までなんて無理ざんす。
たくさん飲んだけど、気持が張っていたのかほとんど酔った感じもなく
いろいろ盛り上がって楽しかった~で帰宅。
家に着いたの1時でした。
今頃はゲームで盛り上がってんのかな、と思いつつ寝ましたよ。

忘年会はサクサク進んで、思った以上にゆっくりと楽しめました。
メモはほとんど取ってないので、大雑把に雰囲気だけでも伝えられたら、な感じです。
しばらくお待ちを。

*****************************

出来ました!特急で完成です!はあはあ。

2012-12-22忘年会3

もはや来生たかおでもなんでもないという。
でもFC2はカテを記事に一つしか設定できないので仕方ないんです。
そしてあくまでも蛸足は、
来生さんをきっかけにRYUMEIさんを知っていただく足掛かり。
これからもRYUMEIさんがらみはすべて「来生カテ」で参ります。

大雑把に、なんて書いておきながら
いろいろなことがあったので、けっこうな長さになりました。
おかしいな、こんなはずでは。
また返事が書けないではないか。

なところで、レポ3つ連続でアップです!!
最近ちっともサカブログじゃねー。
お返事は遅くなりますが、必ず書くので、懲りずにコメントお待ちしております。

タグ : RYUMEI 小田木隆明

01:32  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(22)

2012.12.22 (Sat)

2012 Christmas Color~コール&レスポンス

まだまだクリスマス気分なんて笑っちゃうような時期ですが
今年最後の来生たかおスペシャルライブがやってまいります。

余裕のあるうちに場所を用意いたしました。
選挙の後はライブへGO!

今日未明から、ゆうべのRR「みんなのうた」のレポをガシガシ打っております。
気合いを入れてメモ取ったおかげで、かなりイイ感じに進み、
とりあえずRYUMEIさんのところは9割くらい到達な感じです。頑張った!!
これから御大への手紙もなんとかしなければ。

終演後はギタリストが出てくるまで私は動きません。
日本橋の時はお客様で来ていたRYUMEIさん(とMyqp!)に
ご挨拶してすぐ移動出来たけど、
今度はちょっと時間かかりそうな雰囲気です。
皆さん、お時間は有効にお使いくださいね。
同じような目的で最後まで残っていらっしゃる方がいたら
1杯引っかけて帰りましょう。
ワタクシ、ジョッキは握ってもマイクは握らん!!

************************

日付変わってから家に到着しました。
RRの時より遅いのは、来週の忘年会のシュミレーションってことですか?

ライブも最高!終演後も楽しかったです!!
みんなありがとうございました!
Myqpのイケメン君達にも会ったぜ!!
レポは忘れたころに、うっそー。がんばります。
でも来生さんのレポを求めてやってくる人たちの前に、
最初に出すのは「みんなのうた」ほほほ。

レポが上がるまでの間、
みなさん私に会う前のイメージがどんなだったか正直におっしゃい。(一列に並べる)

************************

今回はメモ取りまくりましたが、
いっぱい飲んで帰ったので、帰りの電車でメモを読みなおす集中力がなく
未だ自分が何を書いたのか未確認ですが
なんとか記憶に映像が残っているうちに
ガシガシ落としていこうと思ってます。
各記事にたまりまくっているコメントのお返事は、
まだまだずーっと先になりそうですがご容赦ください。
つか「迂闊」がもうアップしてる!?ひぃー。

いつも最後まで表示しきれない方、
暫定処置ですが、今のうちにコメント欄ブクマ対応を。

************************

こんばんは、蛸足おやじです。
お気を付け下さい。
今回のレポは「冗長」です。ええムダに長いってヤツです。
勢いのまま書いてのせてますが、読むほうは息切れするでしょうね。
それでもついてきて、何かご反応いただけたら嬉しいです。
年末の忙しい中ですが、読んだらオワリってのはナシで。
今頃出す方が悪いんだろ、って今頃までかかっちゃったんだよっ。
コメントのお返事はまだまだしばらくかかりそうです。

2012チーバ君

今年のチーバ君@F橋アリーナ。別角度から撮ってみました。

タグ : 来生たかお 小田木隆明 RYUMEI

00:32  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(48)

2012.12.20 (Thu)

bieN・LIVE@RR「みんなのうたvol.4」~90年代のリアルタイム

行ってきました、今月のマンスリーライブは「みんなのうた」!
今日は3組のアーチストによる90年代洋楽シバリ。
洋楽オンチ、しかも90年は実は私はそんなに音楽聴いてないのかも、な年代ですが
知ってる曲あり、まるで知らない曲あり、
そしてオリジナルも、知らない曲がたくさんあって、
ボリュームたっぷりの2時間半でした。
最後、気持ちギリギリまで居残りつつ「またあさって!」と
ふり切って帰ってきました。
あーもっといろいろ話をしたかったな~。

レポは土曜のうちになんとか大枠だけでもガシガシ書くつもりです。
でないと日曜のクリコンとごっちゃになってしまうー。
ああ御大への手紙もまだちゃんとできてないし。

なこと言いつつ、今ワタシはちょっと仮眠取ったあと、
2時開始のツヴァイテリーガ今年最後の試合を見てたりします。はは。

コメントいつでもどうぞ!

***********************

「みんなのうた」のレポを8割がた仕上げた状態で、御大のクリコンに行き、
余韻の残るうちにクリコンのレポを、ようやく9割ほど書き上げたところで、
再び戻ってまいりました。
先に出すのは当然こっち!
RYUMEIさんのライブレポを、まずはお楽しみください!

2012-12-14.jpg

↑実はRYUMEIさんの手書きだったという。

タグ : RYUMEI 小田木隆明 bieN ジョナサン・ベル

21:09  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(19)

2012.12.17 (Mon)

1213BL#17 レバークーゼン対HSV

このステキな試合を放送してくれたフジに感謝します。
小村さんの実況は、いつ聞いてもブンデスを愛していることが伝わって、
バイヤーも今日は最初から最後まで素晴らしい試合を続けてくれたので
90分間、目も耳も、すみずみ堪能することが出来ました。
ありがとうございます。

と、珍しくフジを持ち上げてみました。

ネクストしか契約してないので、録画してやっとさっき見終わったところ。
急造最終ラインに不安はあったけど、
今日はもうバイヤーが今のメンバーで出来る一番いい試合をやってくれたと思います。
誰かが特別な仕事をするのではなく、全員が集中して守備に動き、攻撃に転ずる
その流れの無駄のなさは見ていて本当に楽しかった。
誰か一人だけがピッチの全ての場面に顔を出す、
かつてのヴィダルや去年のベンダーのような内容ではなく、
選手たちが流動的に動きながら、
ボールを持っている相手に寄せては離れ、
味方のいないスペースをカバーするという組織だったプレーで、
忠実に慌てることなく力を温存しながら最後までやりきったバイヤー。
全員が動いているせいで、負担が適度に分担されているのかも。
そしてここぞというポイントでぐっと力を解放する。
以前のシャルケ戦のような、相手のパスコースを潰し、相手のミスを誘い、
ボールはもたせるというプレー。
そしてしっかりと前半で2点を取る。
後半になってバイスターを入れてきた時、ちょっと嫌な流れに変わりそうだった。
バイスター、多分シャルケ戦で初めて見たと思うんだが、
久々に「おっ」とアンテナがピクリと触れる感触があった。
入って最初のプレーは、その感触が間違ってないなと再確認する動きを見せたけど
そのすぐ直後に、頼れるキースリンクがしっかりと確実に3点目を決めたことで
その流れをあっという間に断ち切った。
いつまでもバイヤーの流れであるわけはない、サッカーの試合は必ず相手に流れがいく時間が来る。
HSVの選手交代は明らかにその流れが変わるタイミングで、
ここから事態が激変する、なんてのはよくあること。
でもキースはちゃーんと、今回はトドメを刺してくれました。
競った相手がハイコだったのが切なすぎるが(涙)
もう一度、80分ころにヒーピアがピッチまで出てきて檄を飛ばす、というシーンが何度かあった。
素晴らしいタイミングだなと。
さすが経験値が違う。試合の流れ、バイヤーがほっとして隙を見せる時間帯をよく見てる。
なので、選手交代で若手にチャンスを与えつつも、今回は締めるとこ締めて最後まで
完封で逃げ切ることが出来た。

最初から最後まで危なげのない試合だった。
もちろん、要所要所で気合いのプレーを見せた選手たちのおかげ。

試合が終了してスタジアムの電気が消され、
無数の小さなライトがともった映像は、
本当に素敵だったなあ。
こんな風に、クリスマス前のホームの試合を迎えられるとは思わなかった。
良かった良かった。

さて最後に余談。
ベーニッシュの髪型って前からあんな?
80年代の漫画のリーゼントのよう。
旦那と「あれじゃ美味しんぼだよ」と突っ込んで見てました。
それとHSVのラムという子が、民芸品の張り子の人形のようだったな。
あの筆でスッと適当に書かれたかのような眉が。
そうそう、古巣対決になったレネには気の毒な事をしましたね。
ゴール前で「俺に恥をかかせんな!!」と激怒している姿が切なかったでございます。
バイヤーはHSVを苦手と(私が)思っていたのも遠い昔だな。

とりあえず超簡単ですが、
書きとめておくべきだと思ったのでぱぱっと書いてアップです。

ニュルンベルクの試合はこれから見ます。
今回は実況青島ですが、しみずが外れただけで私にはクリスマスプレゼントです。
どうなることやら。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン HSV

22:14  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.13 (Thu)

突然の訃報

アメレル氏、自宅アパートで死んでいるのを発見されたらしいです。




蛸足訪問の検索ワードを見ていたら
どどっと「ミヒャ 審判 ドイツ」とかそんな関連ワードが出てきて、
何があったんだと久々にミヒャのニュースを検索してみました。
まだ1日経っていないような記事が、何ページにもわたって続いています。
見出しの中にちらちら見える「Tod」「Tot gefunden」の文字。
もしや・・・・と翻訳かけたらそんな内容で。

ミヒャの事件はいずれこのオヤジが死ぬ時がくるまで終わらないんだろうかと
なかば諦めの気持で思っていました。
でもそれは漠然とした不安を言葉で言うとそんな感じ、なわけで
実際にそういうことに、この時点でなろうとは、まったく予想だにしていませんでした。

まだ詳しいことは何も分かっていない状況だと思います。
いずれ何が分かってくるのか、
今後の状況がどう分析されるのか、
ミヒャの身辺はどんな風にかきまわされていくのか。
なんだかとても怖い気がします。

最近のミヒャの試合のことは、まったくチェックしていない状態です。
多分、地元ローカルのサッカーニュースの中で、
小さく「主審はケンプター」という程度に
取り上げられているような状態だったろうと思います。

ミヒャがDFBに訴えてから、丸3年が経とうとしています。
泥沼のようなスキャンダル報道と裁判に翻弄されて
ミヒャはFIFAレフェリーの資格を失い、
今季はDFBの審判からも外されて、
細々と地元リーグの審判や、オーバーリーガの審判などを続けています。
来年1月には30歳になります。

私もこの時期あれこれと忙しいので、
関連記事をチェックする時間もないんですが
いずれこの件については、ちょっとでもまとめられたらと思います。
というか手に負えないほど山盛りの記事が、
これからもどんどん出てくるんだろうなあ。
しかも難しい内容がドイツ語で。
あーもー。

65歳という年は、まだまだ若すぎる旅立ちだと思います。
正直言って心中ヒジョーに複雑ですが
アメレル氏のご冥福をお祈りします。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミヒャエル・ケンプター

13:11  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2012.12.12 (Wed)

週末~年末までのライブスケジュール

大阪クリコンが無事に終了、
ライブの余韻で盛り上がっているようで嬉しいです。
日々、コメント欄が伸びていくのを、外から目を細めて眺めております。
つかみんなライブ見る前に内容知っちゃうのぜんぜん平気なんすね。
私かなり驚いてます。

さて、そんな中、ちょっと遅れましたが、
RYUMEIさんの今週金曜日のライブのお知らせです!

12月14日(金)池尻大橋RockerRoom
「みんなのうた」vol.4 90年代洋楽シバリ
OPEN.19:00 START.19:30
¥2000+D

bieN(RYUMEI/KAKURO/ナカガワケイスケ/渡辺陽一)
chee
jonathan bell

おおっbieNは4人編成ですね!
前回のトリオにカクロウさんを加えて今回のこのテーマ。
これはまた素敵な演奏が聴けそうですよ~。
オリジナルも90年代に作った曲メインでやるとか!、
LBファンにも嬉しいセットリストになりそうです。
2度目のcheeさんはどんな衣装で来るんでしょ。
こないだはトロピカルな曲とファッションだったけど、今度は冬バージョン?
そして久々のジョナサンベルです。
最近はお客さんで会うことが多かったので(笑)久々の彼らのライブが楽しみです。
こちらも何やら4人編成でくるみたいですよ。おお~。

大阪ライブレポでは、RYUMEIさんがどんだけカッコよくて素敵か、
Kazuhiさんが山盛り叫んでいると思うので、
興味を持った方、この機会を逃さずに!
お仕事帰りにぜひぜひご参加ください!
なおRRでのライブは来月はお休みです!

そして。
16日は御大のサポートで、新宿クリコンです。
どんどん期待値上がってます。

12月19日(水)
下北沢GARAGEにてMyqpのサポート。
出番は最初で18:30~
前売り¥2000 当日¥2300 +D
Myqp、いいバンドですよ。至近距離で迫力の演奏が楽しめます。
演奏時間は短いけれど、ギュッと詰まった濃いライブです!

12月22日(土)
RockerRoom大忘年会。
POUSSE-CAFE'をメインに
RYUMEIさん・阿美 創士さん・與那嶺 圭さんの元「ザ」のメンバーで
また盛り上げてくれるでしょう。
終わったら忘年会です。朝まで。
OPEN.18:00 START.18:30
¥5000(食事つき+D)

ライブてんこ盛りですが、
どれもまったく違うRYUMEIさんが見れます!
12月はあれこれ忙しいけれど、1年のご褒美も必要。
みなさまあちこちのライブ会場で、何度でもお会いしましょう。

タグ : 小田木隆明 RYUMEI bieN

22:22  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

2012.12.11 (Tue)

これが采配なら最悪(追記あり)

生でハノーファー対バイヤーの試合を見てた。
バイヤーが最初の交代をするまでは、
見ごたえのある拮抗したいい試合だったのに。
攻守の切り替えが早く、選手の意識も連動していて、
相手のパスを通させない守備と素早い攻撃で、
落ち着いてプレーしていた。
相手の足の速い選手に攻め込まれるとどこか不安定ではあったけど、
まだまだ期待の持てる内容だった。

マヌーを下げたのが戦術的なものなのだったら
いったい何を見てたんだと思う。
だいたいあのPKは、ボルシャイトの尻拭いのとばっちりだし。

せめてDFを入れるならまだしも、
上がりっぱのサイドバックとボルシャイトの3バックって何考えてんだよ。
ライナーツがセンターに入るんだろと思ったらいないんだもん。
出てきたと思ったらPKものの迂闊なプレーだし。
せっかく今季はライナーツを見なおしたと思ったらこれだ。

途中投入されたサムは、まだ本調子ではなかったようで
寒いピッチでまた体のどこかを痛めてアウトになった。
先シーズンも、頭でっかちのバカ監督が
怪我上がりのサムを慌てて使ってぶっ壊して
長期離脱に追い込んだのだ。
そんなイヤーな記憶がよみがえる。

マヌーが下がってから、
よく分からないフォーメーションになったバイヤーは
選手の方もよく分かってないのか、前がかりになるばかりで
後ろはスッカスカだった。
1枚だけのセンターバックのボルシャイトまで攻撃参加してくるし。
両サイドバックは気まぐれに残ってはいるが、攻撃となれば出て行ってしまうし。
そこから出られないレノはいい迷惑だ。
ヘーゲラーを入れたくらいから、
(というかヘーゲラーは入った時の映像くらいしか存在感がなかったな)
ようやくライナーツが後ろに残ってなきゃいけないことに気がついたようだけど、
もうそのころには、選手の意識もバラバラで、
あちこちでフラストレーションが溜まって、
攻撃は雑になるし守備は薄くなるし酷いもんだった。
一人減らなかったのだけが助かった。

なんだかこんな風に監督に試合を壊されたのって、
今季は私は初めて見るような気がする。
マヌーの交代が、怪我とかによるものだったら仕方がないが
それにしてもその後の対応があまりにわけがわからな過ぎる。

落としていい試合ではないし、
落としていい内容でもなかった。
ベンダーとキースが強いメンタルですぐさま追いついた時は
まだまだバイヤー、やれると思ったし、
こんな状況になっても凹まないチームになったと頼もしかったのに。

せっかく面白い内容だったのにな。
こんな風に書いて寝るつもりなんてぜんぜんなかったのに。
残念だよ。
せめて般若君がもっと仕事(←ゴール)してくれたらよかったんだがな。

タダの負けよりも、よっぽどこの先が不安になるような
今回の試合でした。
あーあ。
寝るっ。

********************

追記。
交代するまでの良かった時のバイヤーについても書いておきます。

先制点はものの数分で、簡単に取った。
左サイド後方から前線のベンダーへパスを出したのは誰だったんだろう。
ベンダーが無駄のないトラップのあとゴール前のカストロへマイナスのパス。
カストロ走り込んでゴール!
そのあと、もうクールな振りなんて忘れて満面の笑み。未だに違和感w
ハノファの選手はどうしちゃったのと思うくらい立ったままだった。
素早い先制でバイヤーは落ち着いてプレー。
8分あたりから守備も安定してきた。
相手のパスコースを潰すポジショニング。
カットしたらすぐ攻撃に転じていく。
どの選手も体にキレがあって、調子が良さそうだ。
仕掛け、判断が早く、ミスった時のフォローも早い。
とはいえハノファもトップのコナン狙いの素早い攻撃で互角の勝負。
攻守の切り替え早く見ごたえのある試合。
萌ちゃんもロングパスをトップのキースへ展開するなんて、
どんどんバイヤーっぽいプレーが増えていて面白い。
カルバハルも右サイドバックで安定感があり、
カストロが一つ前のポジションでガンガン攻撃できるようになってる。
カストロは好調を維持してる。
中盤のロル、ライナーツ、ベンダーもすっかりなじんで、
元気なカストロとキースシュールレを支えつつ、しっかりコンビネーションで守っている。
最近はもうライナーツが悪目立ちすることがなく、
3人の誰が誰やらわからないくらい、遜色なく同じくらいのレベルでやれている。
半端なボール処理からマヌーが尻拭いでPKを与えてしまったが
バイヤーは追いつかれたことで特にバタついているわけでもなく、
しっかり自分たちのプレーを心掛けているのは立派だった。
去年までは、失点のあとしばらくグラグラして、
悪い時はそのまま不安定なままなこともあったけど
今のバイヤーはいちいち凹んでなんていないみたい。
うーん、これはすごい成長だと思う。
パスも短く繋ぐだけでなく、ロングボールでキースのポストを狙って
そこからの展開も織り交ぜて、リズムのある攻撃が出来ている。
まちょっとボルシャイトが失点を引きずってこわごわプレーしてるような感じもする。

後半も早い展開でゲームに入る。
敵陣に攻め込んでの波状攻撃は、惜しいところまで行きながら結局活かせず
その後のカウンターからいとも簡単に失点。
クロスを出す選手をフリーでやらせ、トップの選手のマークも甘かったらやられるっての。
つまらん失点の後、バイヤーはすぐさま追いつく展開。
ベンダーのクロスにキースがヘッド、凹む間もなく同点に。
強くなったなあバイヤー。
下向かないもんね。
とりあえずボルシャイトが経験積んで落ち着けばなんとかなるかなあ。
トプラクはどうしたんだろう。
とはいえハノーファーも、気がつくと失点で崩れたりぜんぜんしてないみたいだ。
まだどうなるか分からないなこの試合。


と思っていたら
あの交代があって。
あとは何だかよく分からないうちに、バイヤーは崩れていった。
あまりにも意味がわからなくて、もったいない。
そして、最初のぼやきへ戻る。

ブンデスは、よくあることだが、
バイエルンだけが独走し、
あとは勝手に潰しあい、共食い、共倒れ、な状況になりつつある。
まだ半分残っているし、ブンデスなので今の時点で判断するのはまったく意味がないが
それでも何だか、イヤーな感じだなーと思う今の状況。
バイヤーは巻き込まれずに2位の位置をキープし続けることが出来るだろうか。

なところで、あまり見直ししないで追記分アップして、これでオシマイ。
最後の試合は、最後まで、見失わずにプレーしてくれい。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン

00:58  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.09 (Sun)

マーカス今季2つめのTOR!

キヨタケさん風邪ひいてお休みの中、
刑期の開けたマーカスがスタメンで出場です。
フジNEXTで、不景気なしみずのグダグダぼやき解説を背景に
イライラしながら観戦です。

ニュルンベルクが必死で頑張って
ミスにもめげず前向きに闘って
チャンスも作り、マーカスが先制点を上げ、
スタジアムもいい雰囲気で後押ししていると言うのに
しみずはこれまでの酷かった時のニュルンベルクの話をイチイチ引っ張り出して
いつまでもぐちゃぐちゃ言ってるのはなんなんだろう。
食べない料理をフォークでつつきまわして汚くしてる不作法な客のようだ。

パスを回して繋いでシュートをするだけがサッカーじゃないし
そうやって点を取ることの方が高級なわけでもない。
別にキヨタケさんがいたからって、そんなことやってくれないじゃないの。
ええどうせ周りが気が効かなくてヘタクソで焦ってばかりいるから、
待ってるキヨタケさんのところにボールを渡せないからよね。
ボールは取りに来い。相手とぶつかって闘え。
パスを渡した味方からボールが戻って来なかったら自分で全部やれ。
そんぐらいの気持ちでやらなかったら試合にならん。

別に私はキヨタケさんに不満はないが、
いやシュートを打たないことろはハッキリ不満だが
それ以外は特にどうとも気にしてなんかいないのに、
しみずのぼやきばかり聞かされてると、
どんどんどんどんキヨタケ選手が目障りになっていく。
日本人選手がいるせいで、他の選手たちがヘタクソ呼ばわりされるのは、
もう小野さんがいたボーフムの時でたくさんだ。
ニュルンベルクの中で、フリーキックを蹴れるのはキヨタケさんだけじゃないし、
ゲームを作れるのもキヨタケさんだけじゃないし、
キヨタケさんを中心にチームがプレーしているわけじゃないし。
なんで周りを落としてまで、彼に上げ底させなきゃいけないんだ。

とひとしきり鬱憤をぶちまけたところで。

マーカスはピッチを縦横に走り回り、攻守に顔を出して奮闘してました。
ヘッキングはもっとマーカスを使うべきです。
前半も何度も勝負できるクロスボールを中に入れてきたし、
そのうちの一つはしっかりポルターの先制点につながった。
フランツ、ゲブハルト、バリッチュが気合いのプレーで
マーカスとともに中盤を支えて、
ピノラやチャンドラーがサイドから上がってくる。
ニュルンベルクは着実に、調子を戻してきています。

後半、確かにマーカスがボールを触る回数はかなり減って
試合内容も単調になってきたが、
コーエンに替えてアウトしたのがゲブハルトだったときは
ヘッキングに感謝した。
そんで粘って掴んだスペシャルな追加点。
その一つ前にもマーカスには惜しいシュートがあって
今度こそ!で打ったシュートが90分の2点目になった。
もおおおおお最高の瞬間だったよ!!!

2試合の出場停止の後で、運よく回ってきたスタメン。
しっかり1アシスト、1ゴールで結果を残したマーカスえらい!!
集中を切らさず、常にゴールと勝利のために闘い走るマーカスを
もっともっと使ってくれよ!

公式とニュースサイトにある山盛りのマーカスの写真を見て
とてもとても幸せな気持になる。
緊張から解放されて、内からこみ上げる嬉しさを素直に出す時に
マーカスは最高の笑顔を見せるのよね。ううう。

私だけが嬉しいギャラリー。

1213nul-16-4.jpg

今日も気合十分。休養たっぷりでキレのある動きです。

1213nul-16-6.jpg

ポルターのアシスト後のこのクシャとした笑顔がカワイイ。

1213nul-16-1.jpg

試合終了が近づいてもこの気合い。

1213nul-16-7.jpg

ついに90分の追加点で試合を決める!マーカスーーーー!!!

1213nul-16-2.jpg

まだどこか緊張の残る、ゆるっとした泣きそうな笑顔の可愛いこと。
右はニュルンベルクのオダジョーことプラッテンハルト。

1213nul-16-8.jpg

ファンのところで見せる極上の笑顔。ううう。

1213nul-16-3.jpg

緊張とけまくってます。喜び爆発マーカス。よくやったよおおおお!

ニュルンベルクの今年最後のホーム戦は、
たくさんのファンの前で勝利で終わり!
素敵なクリスマスプレゼントになりました。
最後の試合はアウエーのブレーメン戦。
マーカス、使ってくれるかな。頼むよヘッキング!

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : マーカス・フォイルナー ニュルンベルク

16:44  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2012.12.07 (Fri)

私が行かないライブの話をしよう:茅ヶ崎&大阪編

大阪のクリスマスライブも迫ってまいりました。
なのでレポ催促にアゲます。
私は16日の新宿ライブが終わるまでおじゃまはしませんが、
どうぞお先に盛り上がってくださいませ!

*************************

11月23日(祝)
ソロライブ・茅ヶ崎市民文化会館

12月8日(土)
クリスマスバンドバージョン・サンケイホールブリーゼ

私が行くのは16日(日)の新宿文化センター。

その前にある二つのライブ、
茅ヶ崎がどこまでクリコンにリンクするかは分かりませんが
とりあえず別場所を用意いたしました。
もし「茅ヶ崎こないだのソロとまるっとメニュー一緒だったよ」
だったら覗きに行くので教えてください。
ちっとでも違ったら、東京終わるまで足を踏み入れません。管理人だけど。
あ、れいさんちもビクビクしながらたまに見に行く感じになります(汗)

ライブに行った方、ライブレポいつ読んでもぜんぜんオッケーな方、
私はあとから参加するので、先にじゃんじゃん盛り上がってくださいませ。

なお、レポがないとせっかく用意してもさみしーので
ご報告、ココロよりお待ちしております!

タグ : 来生たかお 小田木隆明 RYUMEI

22:37  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(29)

2012.12.07 (Fri)

日暮里逆上ショッピング2012~どうかしてる冬

更新サボリまくってます。
試合見たそばから消してまた次の予約録画な毎日。
どうして見終わった試合って、すぐ忘れちゃうんでしょう。
見る前に知った結果はくっきり頭から離れないというのに。

な中で。
今年も行ってきました日暮里繊維街のセール。
長いこと行ってなかったのに、復活してから3年連続です。
やっぱ周りから手芸店がどんどんなくなっていくのが大きいなー。

相変わらず、家には大量の布があるんですが、
そんなの見ないふりで行ってきました。

今年の収穫。

日暮里2012-7

買いすぎ。

気になる店を物色し、気になる布の値段をメモを取りつつ、
そろそろ買うかな、で入ったトマト本館。
1階の奥に、私が一番欲しかったものが大量にありました。
ナイロンタフタ!
それもツルツルテカテカで薄いのではなく、
適度な厚みとサワサワした手触りで光沢がないタイプ。
これでようやく、軽くて畳んでバッグにしまえるジャケットが作れます!
今着てるのはもう随分くたびれてるんで、ずっと同じような布を探してたんだけど
なかなか見つからかなったのだ。
メーター520円と値段も手ごろ。
色も落ち着いて安っぽくないのがたくさん!
思わず「次はもうないかも」という気持がはたらいて
カーキ4メートル、オレンジ2メートルをドドンと購入。
↑の左下の二つがそう。
最初にこんなん買ったから、今回の基準が怪しくなったな(汗)

今回の贅沢品はリバーシブルのちょっとイイ生地。
綿80パーセントに、絹とカシミヤが入ってるという、
どう洗濯すりゃいいんだ?なもの。

日暮里2012-6

濃いグレーのような黒地に、裏が細かい千鳥格子で少し厚め。
これはフード付きのショートコートなんていいんでないの~?
頑張って丁寧に作れば、いいのが出来るんじゃないだろうか。
と、布を見ている時は(できもしない)夢がふくらみまくるのである。
値段はかなり強気の1100円だが、値引きもあるし、
気に入ったものはその場で買わないと、次はもうないからなー。

あとはいつもの綿の柄モノ。

日暮里2012-5
日暮里2012-2

秋色なドットはシーツ用に。
でもあまりにカワイイのでブラウスも作りたくなって6メートル。
黒地の和風な小花模様は、こたつカバー用に。4メートル。
ただ和風なんじゃなくて、こういう記号っぽいのがスキ。
どっちも380円だったので大物用に。
地元の手芸店がなくなると、安価で気に入る布が手に入る機会もどんどんなくなるのだ。
ユザワヤってそんな安くないもんね。

日暮里2012-3

綿麻混紡のチェックの布は、おととし買った布の色違い。
前は紺で、今回は黒。
2年越しで気になっていたので、やっぱり2メートル買いました。
春夏のシャツ用に。380円。

日暮里2012-4

そしてオマケのように買ったロンドンバス柄のちょい厚めの布。
これは雑貨用で1メートル。580円はちょっと高い。

トマト本館とトマトセレクト館でばかり買い物してるので、
最後にごひいきのミハマクロスで1つだけ。
今回一番の「何に使うのか困る布」

日暮里2012-1

この手のレトロな看板柄はいろいろ見かけるが、微妙なデザインで良くも悪くもなる。
これはヤクルトのようなキャラメルのような地の色に
アクセントの赤と白が効いててカワイイ。
一応、日帰り温泉に行く時に荷物を入れるバッグ用、のつもりで買った。
年内に作らないとなー。
2メートルもいらないんだが、カットしてパックされてるのしかないんだもん。
メーターでは420円。

あとはバッグの持ち手とかファスナーとかボタンとか。面白くて安いのを。

最近は、何かやりたいけど、何作るか決まってないので
テレビ見ながら雑巾とナイロンタワシばかり作ってました。
そろそろちゃんと気合い入れて形にします。

タグ : 日暮里繊維街

22:32  |  趣味の針仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |