2013年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2013.03.26 (Tue)

RYUMEIの小部屋・男唄@F/R~眠れない哀愁のたいやきくん

女唄編の甘い余韻もさめぬまま、本日は第2夜・男唄編です。
集まったリクエストは50曲、っておい!
聴くだけでも大変な数です。
その合間にWILD-Gのリハがあったり、
いろいろ忙しいRYUMEIさんですが、
今日もきっとみんなの熱いまなざしと期待に応える
スペシャルなライブになるでしょう。

今日は4月13日(土)渋谷RUIDO K2での
WILD-Gライブのチケットも先行発売されます。
FIX 1st Anniversary Vol.1
open,18:00 Start.18:30
前売り2500円D別 当日2800円D別
WILD-G、THE MAN、MAXIMUM R&B、The Outset Saiiys、old led lamb

RYUMEIさん4月のマンスリーは、
4月20日(土)
みんなのうたvol.6 「やっぱりみんなBEATLES!vol.2」
ビートルズ縛り再登場です!
詳細は追って。
スケジュール調整、お願いします!

それでは、のちほどRYUMEIの小部屋でお会いしましょう。
コメントは随時、すきなだけ。

*********************

帰ってきました。
今日も濃密でディープすぎるライブ&打ち上げでした。
好きな一人のオトコを中心に、
こんなにサバサバ楽しく盛り上がってるワタシタチってなんなんでしょう。
信じられません。
RYUMEIさんにとっても新鮮なリクエスト大会は
聴く側にとっても「それがくるか!」な驚きと楽しさに満ちた時間でした。

コメント、いつでもお待ちしてます。
レポアップ前でも気にせず、
自分のリクエスト曲のことなどもじゃんじゃん熱い気持ちのままに書いちゃってください。

*********************

でっきやしたあ。
お時間の余裕のある時に、ゆっくりどうぞ。

2013-03-23.jpg

今日もミドリちゃんのライトで撮影。
駐輪スペースを設けてるので、扉近くには置けないんでしょうね。
スポンサーサイト

タグ : 小田木隆明 RYUMEI

23:44  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(30)

2013.03.21 (Thu)

RYUMEIさんピンポイント情報(さらに追記あり)

***** 追記です *****

RYUMEIさんのmixiがアップされてたので見に行ったら
FMぱるるん出演情報が。

4/3(水) 『Precious』
12:25頃からOA
アルバム「Add Some Music」を紹介してくれるそうですよ!
この時間に聴ける人は是非!
私も明日休みの調整してこよー!

水戸コミュニティラジオの聴き方は、下記参照。
ネットで聴けます。スマフォも対応!

番組表を見たら12:43に天気予報があるので、20分くらいかな?
ちなみに、今週「ハメルーン」がかかったのは
18:55の「Power of Indies」というコーナーでした。
→ ぱるるん番組表

********************

今週から、水戸のコミュニティラジオ「FMぱるるん」にて
18:55から1週間程度、
RYUMEIさんの楽曲がかかるらしいです!

FMぱるるんのHP→http://www.fmpalulun.co.jp/

ラジオから聴くのは、その地域にいないと難しいのかな?
でも来生さんのライブの時みたいに、
もしかしてネットから聴けないかな?
いちおうそれっぽいリンクがあるようなんですが。

今から出かけるので調べてるヒマないんですが
もし聴けたよー!な人がいたらご報告お願いします!

同じ曲がかかるのかな。それとも毎回別の曲?
いろいろ想像が膨らみますな~。

**********************

↑ではったリンクから、右にある「サイマルラジオ」のロゴをクリックしてください。
あ、サイマルラジオのサイトのリンク貼ればいいのか。
http://www.simulradio.jp/

スクロールして「関東」のところまで。
一番最初にある「FMぱるるん」の下の「音声のみ」をクリックすると
ダウンロードの確認画面が出るので、開く、にするとWMPが立ち上がって
ラジオが聴けまっす。(のもんのPCでは)
ラジオで聴くより、音声がクリアです。

さーて準備出来たー!

**********************

聴き終わりました!

「シンガーソングライターのRYUMEIです」
いきなり声が聞こえてきてビックリ。

「僕の音楽活動は水戸から始まって、
以前は水戸でライブもやったことがあるんですが、
最近はなかなかできないので、
近いうちにまた水戸でライブをやりたいですね。
スタジオにもまた遊びに行きたいです!」
な内容でした。
「また」って前にも出てたんか。
↑2回目聞いたら「また」とは言ってなかったかも。

そして
「僕のアルバム「Add Some Music」から「ハメルーン」をお聞きください」
で、おなじみのイントロが~。
おお~、なんか新鮮だな~。
うーんやっぱポップでメロディックでいいなあ~。気持がよくなる曲だよね~。
と目を細めつつ堪能。
曲は、2番を終わっての間奏の前でフェードアウト。CMに。
CM明けはエンタメ情報へ。
番組MCがRYUMEIさんについて触れたりはしないんだけど、
アーチスト自身の紹介で始まったのはこの曲だけでした。
(17時半から聴いてる中では)
始まりも、何曲か曲が流れた後だったしね。

いやーでも、なんかイイねえ。
ラジオ番組の中でRYUMEIさんの曲を流れで聴くって。

RYUMEIさんの曲は昨日から流れてると思うんですが、
紹介トークの内容はとくに2回目っぽい感じもないので、ずっと同じなのかな?
曲も1曲目の「ハメルーン」だしね。

私は次聴けるのは木曜だな。
水曜と金曜はちょっと出かけてるのでムリです。

時間の合う方は、ぜひ聴いてみてください!!
サイトにはスマフォからでも聴ける、と書いてありましたよ。

タグ : 小田木隆明 RYUMEI

22:07  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(13)

2013.03.19 (Tue)

気分だけは吉田沙保里

今月から始まったグループキックの新曲に
新たな技が入ってきました。
レスリングです。
腰を低くして相手の太腿にタックルして引き寄せる動き。
気分だけは吉田沙保里です。
そんな動きを8回ほどやった後、
今度は引き寄せた後、倒した相手を上から拳で殴ります。ひぃー。
吉田沙保里はそんなバイオレンスなことはしません。
でも中腰で上から真下に拳を叩きつける動きは、かなりキモチイイです。
うりゃああって感じで。
何度も言いますが、そういうマネだけです。

F橋アリーナのグループキックは4月から、月水土から金土に減る。
しかも金曜日は昼の時間帯。夜の回が二つとも無くなる。
社会人は平日昼とか来れないから。
会社終わってから来てる男性だっているのに。
土曜は依然として9時。うう起きれない(涙)
インストラクターがいない、という事情もあるが
急にこんだけクラスが減ることで、
やはりそこそこ不満の声は上がっているようだ。
ヨガやダンス系に比べて参加者は少ないかもしれないが、
格闘系をやる人は、それが目当てで選んでやってる。
今さら負荷の軽いものには戻れません。せっかくこんだけ動けんのに!
なんとか平日夜クラスの復活を前向きに検討してほしいもんです。

あともう一つ、不満なのは。
火曜のマーシャルワークアウトの先生が、
諸事情あって1月から別の女性インストラクターが来てて、
明らかに前の男のセンセよりも動きが少ないんである。
動きの中で負荷を調節できるのが格闘系エクササイズの良いところだが
動き自体を減らされては、負荷を上げようがないではないか。
うーむ。どうにかならんかなあ。
前のセンセ戻って来ないのかなあ。
そのひとは身体の線も動きもとてもキレイで、
背中から二の腕の筋肉のつき方とかカッコよくて
いつもホレボレしながら見ていたのだ。

今日も、残り少ない平日夜のキックでひと暴れしてきたんですが
季節が変わったなーと身体で感じました。
去年、冬になったなと思ったのと逆に、
汗の量が変わるのはもちろんのこと、息を吸っても苦しくない。
前は乾燥した空気で喉がケソケソしながらやってたもんね。
あと、フローリングで足が滑らなくなった。
これも寒くなって乾燥するせいなのかわかんないけど、
床が滑ってやりにくかったのが、今日は足がキュッと止まる感じで動きやすかった。
汗もドバドバかいて、身体も温まって動きやすくなって、
運動するには良いシーズンに入ってきます。

なのに来月からは、ぐぐっと身体を動かせる日が減ってしまう。
なんでだよおおお。
せっかく腹も締まってきたというのにー!

タグ : グループキック マーシャルワークアウト

00:45  |  蛸足格闘部  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.03.17 (Sun)

1213BL#26 ニュルンベルク対シャルケ

スカパーを標準からe2に替えて良かったなと思うのは、
他の試合を録画しながら、重なってる別の試合が見れること。
昨日もエバートン戦を録画しつつ、ニュルンベルクは生で見ていました。
今日のコンビはしみずと河路さん。
河路さんもマジメであまり面白くないのでいきなりテンション下がります。
ニュルンベルクの試合は基本、フジで見るしかないので、
どうしてもしみずの話題がセットで付いてきてしまいます。

ニュルンベルクシャルケのファンの間にはとても友好的な関係がある。
詳しいことは私も失念したが。
スタジアムが赤とブルーに彩られて、
バナーには「ニュルンベルクシャルケは、ビールとソーセージのようなもの」
そして巨大なコレオには両サポーターが肩を組み合うようなほほえましい絵が。
青空の下のスタジアムの映像は、とても盛り上がってて素晴らしかった。

巨大コレオ

が。

フジ、ガン無視。

早くもしみずがぐちゃぐちゃと、
両チームがどんだけ悪い状況なのかを語りまくっているようだ。

両チームとも、前節にダービーがあり、
両チームとも、大きな勝利を収めた後のゲーム。
シャルケはミッドウィークに試合があり
しかもCL敗退という結果になった後のアウエーゲームで
フンテラール不在の中オバシにスタメンが回ってきている。
しみず、プッキにもちくちくいらんコメント入れてます。
こいつチームの区別ないっすからね。
調子の悪い方のチームを見つけて、
自分が思う調子の悪いところに、ムリヤリねじまげてまで延々と語ります。

ニュルンベルクはバタバタしてるけど、
でも今年に入ってホームで負けてないんす。
今は追いつくことができるチームになってるんです。
追いつかれてしまうこともあるけども。
まだまだミスはあるけれど、
それを必死でみんなでカバーしてるのが今のニュルンベルク
スタートのメンバーを替えても、大きな効果が出るわけでもないが、
負けてないことで、以前よりもずっと前向きなプレーができている。
その中で、調子の良さが微増しているチーム。
マーカスなんて、
前半戦ずーっとベンチで我慢して力を溜めてコンディションを維持していた結果
今はスタメンがっつり奪ってますからね。ふふん。

早い先制点はマーカスからでした。
もうううう大好き!!
ぺクハルトのポストから抜けだして出したパスは微妙にハンドくさかったし
マーカスの胸トラップも微妙にハンドくさかったけど
でもしっかりと振り抜いて決めたもんね。
ゴール直後のマーカスの、血管切れそうなほど力の入った表情が大好きだ。

マーカス1点目

私はどうしても両方のチームを均等に見れないので、
シャルケの調子があまり分からないけど
でもなんか収まらない感じがずっとあった気がする。
メンバーがぽろぽろ抜けてるからしょうがないけど。

あ、余談だがホルトビー君はスパーズに移って、
ちゃんとチャンスを与えられ、きちんと競争させられているが
競争に負けている状態です。
最初のころはワンタッチのパスとか、色の違うプレーを見せて期待を持たせていたが
フィジカル面や大一番での肝の据わり方で他の選手に比べると不安があるというか。
不動のベイルの位置(トップ下でピッチ全体を自由に動き回れる権利)に入れるはずもなく
デンプシー離脱の後はシグルドゥソンとのポジ争いで今のところ分がなく
たまにもらった出番で焦って盛大に空回っています。
プレミアの中にブンデス級のプレーが入るとすごい目立ちます。

さて。
ニュルンベルクは相変わらず中盤省略の大きなパスに頼るところもあるけれど
中盤での攻防でも、主に守備面で頑張っているんである。
キヨタケさんがボールに触れないのは、間を飛ばされているだけではなく、
触りに来ない、触れる位置にいないからでは。
だって同じような位置にいるマーカスなんてガンガン下りてきて体ぶつけまくって
前向けるとなったらゴリゴリ走ってシュートまで打つよ。
まずボールを取られない強い身体になるところが最初です。

しみずはしきりに「現実的な闘い方」とか文句言ってるけど
それのどこに問題が?
ポゼッションしてパスを回して自分たちで流れを構築して攻めなければ
認められないってなんなんでしょう。
実況が「流れの中から取りましたね」と言っても
自分たちで作ったわけではなく、相手のミスから出たものじゃないから違う、な感覚。
「チャンスのように見えるだけ」発言にはさすがにテレビを破壊したくなった。

それは「チャンス」でいいだろ。そうまでバカにするってなんなんだろうか。

ぼやきながら笑いながら解説する人は、他にもいろいろいるけど
それなりのキャラがあって、応対する実況にもそれなりの度量があって
ちゃんとコミュニケーションしながら、
ただ褒めるだけでは見えてこないものを視聴者に見させる芸なわけですよ。
イヤな人にとってはイヤかもしれないが。
川勝さん(個人的にはすごい好きな解説者)とか粕谷さんとか、永井さんですら、
クサしていても、ちゃんと愛や冗談や憤りが感じられる。

でもしみずにはブンデスに対する愛も冗談も正当な憤りや新情報もないんだよ。
「本当はやりたくないんでしょ?」な気さえする、
今日はしゃべり方もえらく投げやりだった。

ニュルンベルクがそこそこ頑張って、
少ないチャンスからじわじわと点を積み上げていると
(しみずにとっては「少ないチャンス」がまた気にいらないポイント)
今度はシャルケ側に視線を移して、どんだけシャルケが酷いのかを
また半笑いの状態で語りまくる。
今日いちばん快活に笑い、まっすぐな話し方をしてた時の話題が
「シャルケが最悪」
ってのはどうなんだろう。
しみず、何度も言うが、笑うところが間違ってる。
とにかく失礼。とにかく不快。
ファンでなくても、試合を見ていて面白いという気持にならないだろう。

私がニュルンベルクを応援しているからではなくても、
実況・解説次第で、今日のこの試合はもっともっと面白く見れるはずなのだ。
あのメタメタなサッカーをしていたニュルンベルクが
最近は持ち前の粘りも復活して、荒削りながらも踏ん張るサッカーで
スター選手も、コレという軸になる選手も不在の中で、
ここまで順位を上げてきてるのだ。
マーカスだけでなく、
フランツの頑張りっぷり走りっぷりだってもっと評価されていいし
エスヴァインだって、ようやく熱い気持ちがプレーの精度に現れ始めて効果的になってきてるし
クローゼの孤軍奮闘ぶりは毎試合触れてしかるべきポイントでしょう。
キヨタケさんだって、この数試合では守備にも頑張るようになってきたし。

ニュルンベルクが、最後の最後にダメ押しの3点目を入れた時
ようやく私も気分がハレバレとなった。
ここはキヨタケのパスが素晴らしかったと思うし
フランツの1:1での冷静なプレーも見事だったもん。

エスヴァイン2点目
エスヴァインの2点目!
フランツ3点目
フランツの3点目!

シャルケ相手に、ニュルンベルクが完封で3点取ってんだよ。
普段1点取るのにひいひい言ってるチームが。
フツーに考えたら、すごいことでしょう?

でもフジ見てて、そういう試合とはぜんぜん思えないんだよ。
ずーっとネガティブな口調でネガティブな部分だけに固執して
目の前のプレーも状況も、
自分のネガティブ発言を裏付ける時にしか利用しない。
少なくとも、ブンデスのサッカーを見ようと思って
お金払ってちゃんと自分の意思で見ている人に対し、
ブンデスの面白さや見どころを伝えようという意識はみじんも感じられない。
最悪なのはお前だ。

なわけで
もっと清々しくなってもいい試合なのに
微妙にココロに重い石が残っているような心境ですが
マーカスが今季4点目の意味のある大きなゴールを決めて
チームも快勝。
降格圏もはるかかなただ。
こっからさらに気持を緩ませず、今の調子、今の気持の張り方で
残り試合も闘ってくれい!

マーカス&フランツ

試合が終われば、こんなに弛緩したカワイイ笑顔を見せるのだ。マーカス~


と、とりあえず気分を吐き出したところで
バイヤーの試合を見ようかね。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ マーカス・フォルナー ニュルンベルク シャルケ

12:27  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.03.12 (Tue)

RYUMEIの小部屋・女唄@F/R~あなたに会えてよかった

3月のマンスリーは2本立て!
本日は「RYUMEIの小部屋・女唄編」です。
全曲リクエストによる弾き語り。
RYUMEIさんのハードルはいつでも高いです。

聴く方もやる方もほとんど新曲。
手探りでRYUMEIらしさを発揮する1発勝負のライブ。
生まれて消える一瞬の奇跡。

リクエスト曲ならではの意外性とバリエーション。
そしてRYUMEIさんの懐の深さ、引き出しの多さを改めて感じる1時間半でした!
終わってからもたっぷり時間があったのでビール飲みまくりでした。
久々にがっつりRYUMEIさんと話もしちゃった。

レポはなるべく早くアップできるように頑張ります。
2週間後は男唄編。まだまだリクエスト絶賛受付中ですよ。
そしてコメントは随時!お待ちしております!

***************************

できましたー。

花粉真っ只中です。
眠くなる薬はイヤなので、今年も目薬・漢方薬・点鼻薬で対抗しています。
ライブの最中にくしゃみが出たら困る、とビクビクしてましたが
最後まで花粉症のことなど思い出す隙もないほど、
たっぷりと濃い時間を楽しみました!

男唄編は23日(土)!

 ご注意 
時間が変更になりました!
OPEN.19:00 START.19:30
30分後ろにずれています。
前回、途中から入ってくる方がわりといたので、その対応でございます。
ご了承くださいませ。

リクエスト、まだまだ受付中!
レポ読んで行きたくなって来ないか?

2013-03-09.jpg

ミドリちゃんが持ってたライトで照らしてもらいました。

タグ : 小田木隆明 RYUMEI

23:53  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(22)

2013.03.09 (Sat)

フード付きジャケットできました

けっこう前に、完成しておりました。
出来た時はまだまだ着れるような陽気ではなく。
ようやくデビューできそうな季節になってきました。

最後までミシン出さずに手縫いでやりましたよ。
悩んだけど今回もボタンホールを手縫いで!
かなり慎重に、丁寧に縫いました。
布が良いせいか、とても自分で作ったとは思えない見栄えです。
かなり重宝しそうです!

では残りの工程を写真でご紹介。

袖です。最初に筒状に縫います。

ジャケット13

次に身頃に縫いつけていきます。
肩の部分をいせながら曲線同士をうまいこと合わせていきます。
待ち針だらけになるので今回は、前身ごろ、後ろ身頃の2度に分けて縫いました。

ジャケット11

そのままだとほつれるので、縫代の部分を三つ折りぐけします。

ジャケット8

このあと、裾の始末。三つ折りぐけにした後、表からステッチ。
最後にボタンホールをちまちま手縫いして行きます。
写真撮っても分からないので載せません。

ボタンは手持ちの山盛りストックの中から、合うものを選んでます。
店でイイと思って買って来ても、実際のせてみるとイメージと違ったりするんだよね。
しかも普通に買うとボタンはとても高い。
なので、日暮里行ったときとかに、
安くて使えそうなボタンをまとめて買ってきちゃいます。

服を捨てる時も、ボタンだけは残しておくワタシ。余談。

なわけで、出来上がりました!

ジャケット14

後ろのフード。

ジャケット12

ジャケット10

前立ては普通は表地と同じになるんだけど、
せっかくリバーシブルの布なので、裏に合わせてみました。

ジャケット9

これ、表から黒い糸でステッチ入れてるんですが、
目立たないように、ちゃんと裏は黒い部分に針を出したんですよ。
写真では分からないと思うので、機会があったら実物見てください。
とはいえ、ポケット付ける時はそこまで気が回ってなかったので
思いっきり縫い目が目立ってます。


さて、出来上がってしまってまだ手が寂しいので、
続けざまにバッグを縫いました。
前に縫ったギャザーバッグの持ち手を短くしたのだ。

ギャザーバッグ2

使わない時はバッグに畳んで入れるので、接着芯は付けてません。
裏はエンジに。
どちらも見たことある生地でしょ。

ギャザーバッグ1

前に作ったのと並べてみた。

ギャザーバッグ3

そんでまーだまだ縫いたい気分なので
今回のフードジャケットとまったく同じものを、
オレンジのナイロンタフタで作ってます。
針は刺さりにくいが、ほつれないので雑に扱っても大丈夫。
近日公開!?

タグ : 手縫い ギャザーバッグ

00:54  |  趣味の針仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.03.05 (Tue)

ベイル君が神がかっています

ベイル

ベイル君のことを書くのは久しぶりだー。
書かないだけで、ちゃんと毎回チェックはしてるのだ。
このところ毎試合ゴールを決め、
それがことごとくスーパーな状況でのスーパーなゴールばかりで
いくらなんでも今度のノースロンドンダービーでゴールはしないだろう、
と思っていたのに、あっさり決めちゃいました。
もうなんでしょうこの子は!!

以前ベイル君、ハートのセレブレーションなどという記事を書いたおかげで
蛸足に「ベイル ハート」の検索ワードでやってくる人がいる。

ベイル・ハートパフォ2

私は試合はほぼ録画で見ているので、アク解でこの単語を見つけると
「おっ、ベイル君ゴール決めた?」と思う。
基本ネタバレはイヤなのだけど、この検索ワードを見つけると
試合の結果はともかく、ベイル君の吉報が入った♪と試合を見るのが楽しみになるのだ。
(こないだのマンU戦のあとうっかり検索で来たやつ、ちょっと出てこい)

なのでアーセナルとの大一番も、どこかでワクワクしながら見てた。
ちゃんと決めたよベイル君。もうどうしましょう。
ベイルも凄かったけど、この試合はタフでスピード感があって、
どっちに転ぶかわからない緊張感もあって最高に楽しかった。
スパーズはこのところ負けないで調子が良いのだが
内容としては、ベイルが調子良いだけ、なところもあって
正直つまらない試合もいっぱいあった。
でも28節は内容と結果がちゃんとリンクしたいい試合でした。

いやーしかし、ベイル君どうなってんのってくらい、
すごいメキメキ成長しています。
まだ今シーズンの最初の方はそこまででもなかったんだが。
ビラスボアスが来て、前線を自由に動き回ることを許されて
ベイル君はのびのびと走りまわり、
90分になってもパフォーマンスも集中力も落とすことなく縦横無尽にプレーを続け、
しっかり結果も出し続けている。
それもスペシャルなやつを連続して。
そんで彼は天狗にならない。焦れてヤケにもならない。
そのまんますくすくと育ってる。奇跡だ。

リヨン戦のロスタイムに決めた2つのフリーキックのゴールもあまりのことにビビったが、
ウエストハム戦の、勝利を決めたゴールも、劇的すぎて信じられなかった。
あの時のベイル君は珍しく、
力強いガッツポーズと気合いの入った厳しい表情を見せたんだよね。
いつもは笑顔がワーっと弾けるんだけど。
そして監督のもとに飛んでってがっちりハグ。
ビラスボアスってどうなんだろうと私は未だにちょっと懐疑的だけど
ベイル君のこの行動を見て、とっても信頼してるんだなーと安堵した。

ベイルと監督

このシーンも良かったけど、監督が試合終わった時に、
嬉しさのあまり辛抱たまらずパーカーさんのところに駆けてった姿がやたら可愛かった。


またこれでベイル君ほしいほしいのチームが色めき立つだろうけど
私としてはスパーズにいてほしいっす。
いやもしどうしてもどこか行かなきゃいけないなら、白い巨人軍くらいしか許せないが
あそこにはまだCR7がいるではないか。
二人を並び立たせるために、ベイル君のポジションをいじるのでは意味がない。
あとバルサとか論外です。
彼にはのびのび走れる広いフィールドが必要。
檻の中に閉じ込めて、ちまちましたビンボくさいサッカーをやらせるのは虐待です。
南の白ソーセージもカンベンね。
CL決勝ラウンドレベルの試合なら面白いかもしれないけど
基本ブンデスでやらせるのはあまりにもったいないです。
使える能力の半分も出す必要がないもん。
しかもフジが放送してる限り、試合見れなくなるし。
プレミアにいるのが一番いいと思うのだ。
サッカースタイルが合ってるし、下位チームも含めてリーグ全体のレベルが高い。
強豪チームも曲者チームも駒数が揃ってる。
一人勝ちしてるリーグのトップチームに行って何が面白いのだ。
そんなに見たけりゃテレビゲームでやればいい。

ま、実際問題スパーズにいつまでも残しておける、とは思えないが
スパーズが「残りたいチーム」「残りがいのあるチーム」になってほしいと思う。

ベイル君まだ23歳。
ベイル君がベイル君らしさを発揮して働ける場所にいれるように願ってやみません。
大人の事情と経済問題で、彼の比類のない才能を食い荒さないでくれ。

タグ : トッテナム ギャレス・ベイル

00:45  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.03.02 (Sat)

女唄男唄まだまだリクエスト受付中

3月に入りました。
RYUMEIさん、今月のマンスリーは2本立て!
全曲リクエストによる「RYUMEIの小部屋」がF/Rに戻ってきます。

女唄編
3月9日(土)
男唄編
3月23日(土)
いずれもOPEN.18:30 START.19:00
2500円+D
場所は池尻大橋、RockerRoomあらためF/Rです。
お申し込みは左にあるライブハウスのリンクから、メールで。
アドレスはticket@type2.tvになります。
名前・住所・電話番号を明記して送ってください。

大阪ライブ、アニソンクエスト、RECもあって忙しいRYUMEIさんですが
ここでまたさらに新しい楽曲に挑戦です。
思い立ったらすぐやる課、
分ければいいのに一気に2つやっちゃうところがRYUMEIさんだな。

女性アーチストの楽曲、男性アーチストの楽曲、
洋楽邦楽、年代だってなんでもアリ。
守備範囲は広いですよ。
すでに結構な数のリクエストが集まっていて
嬉しい悲鳴状態のようですが、まだまだ受付は大丈夫!
ある程度の選択肢を用意してリクエストすれば
何かしら必ずやってくれる、と思います。

ようやく冷たい風も収まってきたころ、
ぜひRYUMEIさんの歌声とギターを堪能しに来てくださいませ。
要相談の方は左にあるメールフォームからどうぞ。


本日、F橋駅のぴあまで、
御大の日本橋のチケットを買いに行きました。
あのホールは多目的に使えるフラットな場所なので、
後方の階段状になってる方を選ぼうと
一般発売初日の、午前中に買いに行ったのですが
すでに左右ブロックのかなり後ろの方しか選べないという、なんだかなあな状態でした。
前に新宿クリコンのチケット買いに行った時も、
初日なのにもうこんな席しかないの?だったんだよね。

先行でもいい席が当たるわけでもなく、
店頭に行っても選べるものはしょぼい席ってなんだろう。
ソロライブなので、別にいいんだけど、
でもちょっとテンション下がるわな。

ま、去年の反省を生かして
今年の夏のチケットはもう手元にあります。
しかしまーだまだ4カ月も先の話だよ。

タグ : RYUMEI 小田木隆明 来生たかお

18:37  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2013.03.01 (Fri)

ミムン、あごの骨折で手術

泣きたいです。

今節のカイザースはボーフムとの対戦。
こういう時くらい、ミムンの記事でも載ってるんではないかと
えっらい久々に公式を見に行きました。
したらこんな記事が。
Kieferbruch bei Azaouagh - OP erfolgreich verlaufen

目に飛び込んでくるのは、bruch と OP。ぎゃーーーー!!
続いてようやく erfolgleich でちょっと安堵する、が。

き、き、Kieferってどこだっけ!!!ああ聞いたことがある!!
で辞書を焦って引く。字が小さくて読めねえよ!

ミムンは、27日のトレーニング中に、Christopher Drazanとしたたかにぶつかって
顎の骨を折る怪我を負ってしまったらしい。
木曜の朝にすぐ手術をして、幸い無事に済んだようだ。
怪我も思ったよりも軽く、トレーニングにも少しすれば参加できるとのこと。
良かった(涙)
ちょうど1年くらい前、彼はボーフムでの試合中に
相手選手との接触で意識を失うほど激しくぶつかり
顎の骨を折ってシーズン終了となったのだ。
聞き覚えのある単語は、去年読んだからだった。

手術を終えてミムン。
「ほっとしたよ。このままうまく運べば、僕はまたすぐトレーニングに合流して
チームを助けることができるよ」
元気で前向きな言葉は、いつものミムン。
カイザースに移ってからニュースはがくんと減って
たまに出てきたと思ったらこんなニュースで私はもう辛くてしょうがないけど
ミムンは変わらず、ポジティブに、先に進むことを考えてる。

古巣との対戦を楽しみにしてただろうけど
まずは元気になることを優先して。
Gute Besserung! 頑張ってねミムンちゃん。

ラウテルン対ボーフムポスター

せっかくこんなポスターも作ってもらったのにー。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク カイザースラウテルン

23:30  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.03.01 (Fri)

変わってないなあボーフム

スカパーe2お試し期間なので、GAORAでやってるポカルが見れた。
シュツットガルト対ボーフム
Rzatkowskiやっぱ可愛いなあ。
そんでビックリするほど小さかった。
というか、ボーフムが異様にデカイ集団になっていたせいかもしれない。
久々に見るクラマーちゃんはちょっとボーっとした感じになって
エイヨルフソンはシャープになったが、体がまだまだ華奢な感じ。足ほっそいし。

立ち上がり、マルが向かってきたボールを真上にヘディングしていたので爆笑する。
それはクリアじゃなくてリフティングじゃ!
変わってないなあボーフム
相変わらず、その場限りの守備をやってます。
もう随分と見ていないのに、知ってる選手がまだまだいるので
なんか嬉しい。
あ、ナイチェルが監督になってる。

プレーはバタバタしてるし、クリアはただ目の前のボールを蹴るだけで
近くの相手や味方にぶつけてすぐ跳ね返ってくるし、
スローインは遠くに投げることばかり考えて相手に渡すし、
せっかくサイドが駆け上がっても入れるクロスは超テキトーだし。
ルーテだけ必死に頑張ってるし。
私が見てない間何やってたんだと思うくらい、
私が見ていたころとあまり変わっていない。

ココに来るまでの3試合、
ボーフムは聞いたことのないチームとばかり当たってきたようだ。

小さいRzatkowskiは、ミムンのようにちょろちょろと駆けまわり
気の効いたパスを出そうと頑張っていた。
これまで動いているのをあまり見たことないんだが
やっぱ可愛いなあ。見てて楽しい。

Rzatkowski2.jpg

ま、試合は特にどうということもなく、
見覚えのあるサッカーが展開されていました。
最初の失点の仕方も、クラマーちゃんがスライディングしてもかすりもせず、
ゴール前で滑り込んだエイヨルフソンの足に当たって角度が微妙に変わり
ルーテ運がねえなあ、という
なんだかとてもボーフムっぽいものだった。

後半になってデルーラが出てきた。
アップになるようなシーンがほとんどなくて残念。
↑もうサッカーとして見ていない。
デルーラも190センチとかあんのね。
もっと小さい選手だと思ってたよ。
BMGにいた時から背が伸びたわけではあるまいな。

そろそろ飽きてきてダラダラと片手間に、見るような見ないような状態。
試合終了間際に、危うく3失点目をくらうところでしたが
ここは微妙なオフサイドによって無効になった。
でもゴール割られてるんだからダメージは受けるよな。

2-0でシュツットガルトの勝つ順当な結果でした。
2失点で済んだのだからボーフム頑張った方かもしれない。

な傷心のボーフムですが、次はミムンのいるカイザースとの対戦です。
ミムン、使ってもらえるかなあ。
こういう時くらいスタメンやらせてくれ。

というところで今ショックなニュースを見てしまったので、別記事で。
わあああああああああああん。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ボーフム ミムン・アザウアク

23:02  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |