2013年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2013.09.29 (Sun)

石田徹也の絵に衝撃

朝、なにげなくチャンネルを合わせた日曜美術館。
顔も洗わず洗濯もせず、そのまま見入ってしまった。

聖者のような芸術家になりたい ~夭折(ようせつ)の画家・石田徹也~@日曜美術館

燃料補給

「燃料補給のような食事」

目が離せない絵の数々。
じっくり見ていくうちに細部に吸い込まれていく。
実物の大きさで、筆のタッチを追いながら見たら、
そうとう凄いだろう。

久々に、美術館に足を運びたくなった。
一人静かな場所で、胸をざわざわさせ頭の中をぐるぐるさせ
呼吸も詰まるような感覚と、内からエネルギーがわき上がるようなドキドキを
また味わいたくなった。

美術館に行かなくなって久しいな。
というか私が足しげく通っていたのは
はるか昔、大学にいた4年間にほぼ凝縮されてるのかと思ったら
ちょっと気が遠くなった。
その後って、気にはなっても実際に行ったのは本当に少ない。
なんか、もったいないことをしたなあ。今さら言うな。

石田徹也展 ――ノート、夢のしるし@足利市立美術館

今は足利で開催してるらしい。
そののち、平塚、砺波、静岡と巡回するらしいが
一番近いかもしれない平塚に来るのは来年の春。
来年の春。

来週、平日休みがあるし、
ちょっと足利行ってこようかな、なんて思ってしまうくらいの今の感じ。

再放送は本日20:00より。Eテレで。
八重の時間とかぶってます。
スポンサーサイト

タグ : 石田徹也

11:03  |  それ以外  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2013.09.25 (Wed)

満開・巾着田

放置しっぱなしでスミマセン。
元気に過ごしておりますが、ターボのかからない日々です。
空白を抱えていると、通常以上のエネルギーは出てきませんね。

先日、墓参りのついでに久々に巾着田に行ってきました。
ここは曼珠沙華の群生が見事な所です。
ちょうど花の盛りを迎えていました。
巾着田のHP

巾着田3

一面の曼珠沙華。どこもかしこもまっかっか。

巾着田2

巾着田1

白いのもあるんですねー。
気まぐれに立ち寄ったのでカメラ持ってませんでした。
ケータイの雑な写真ですまん。

明日は吉祥寺・曼荼羅へ出かけてきます。

タグ : 巾着田

22:10  |  それ以外  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2013.09.16 (Mon)

ベイルのゴール、ヴィダルのゴール

ベイル君、レアル戦先発でスタートです。
トップ下にはまだ早いみたいで右サイド。
突破できそうなところやシュートを打てそうなところも
最初は遠慮気味にプレー。
シュートなんて、まずは諸先輩方へのパスから始めてる感じです。
右に留まるようなことはなく、中に切れ込んだり、
ロナウドとポジションチェンジしたりと動きまわっているのはいい印象です。
ベイルっぽい状況になると、
お茶の間もスタジオもスタジアムも、
一瞬の緊張と期待感が高まる感じが面白い。
ビジャレアルも調子が良いようで、
思ったよりも互角な試合は結構面白かったです。

後半に入ってこのまま遠慮気味なプレーに終始するのかと思ったら、
突然ゴール前にスライディングするように滑り込んでのゴール!!
左からのグラウンダーのクロスに上手く合わせて飛び込んで、
後ろから身体を抱え込まれながらも足先で流し込む、
なんとも泥臭いゴール!
華のある強烈な印象のゴールが多いベイルの中では
珍しいタイプのゴールじゃないかな。
なにはともあれ、デビュー戦で決めるなんて
やっぱりベイル君は持ってます!
いつものハートのパフォーマンスもどこか控えめ。
弾ける喜びよりも安堵の方がずっと大きいような表情にグッときてしまった。

しかしリーガに来るとベイル君の健やかで大きな身体がよく目立つ。
プレミアでかいやつばっかだからなー。

このあと、20分ほど残してだったかな?お疲れ様の交代。
このベイルのゴールで、レアルは同点に追いついて、
このあとさらに追加点を入れていきます。
ま、その後にビジャレアルに追いつかれてしまうのだけど、
試合としてはもういいや、でざざーっと早送り。
次はホームでお披露目です。
その前にCLもあるな。

続けてインテル対ユベントスのイタリアダービー。
インテルは、ナポリの指揮官を連れてってしまいました。
うおー、カンパニャーロまで引き抜いてったかー!
私はヴィダル目線でユベントス応援。
まだ3節なのにギチギチの緊張感がぶつかり合ういい試合でした。
ボールを取っては取り返すの連続。
身体を抱え込みながらのフィジカルごりごりのディフェンスは、
主審も流すところは流し、取るとこは取り、
見ていても気持のいいさばき方でした。
ミスも少なくテンポもよく、パスの選択一つにも見どころたっぷり。
ピルロという預け場所がある分、ユーベは楽ですね。
後半に入ってインテルに先制点。
のあと、わずか2分後にヴィダルのゴールで同点に。
こういうところできっちり決めるところがヴィダルだよなー。
タフに汗かきまくった上にゴールもしちゃう。
愛すべき選手です。
さすがに試合も80分あたりからは
両者に疲れが蓄積して息切れ状態になったけど、
最初からぶっ飛ばしまくったからしょうがない。
レベルの高い、意識の高い、一歩も譲らないぶつかり合いは
見ごたえ十分でした。

ベイルとヴィダルのゴールが続けて見れて大満足なり。
この後も見なければいけない試合がてんこもりだー!
CLも始まるし、いよいよサカシーズンは本格始動です。

タグ : ギャレス・ベイル アルトゥロ・ヴィダル

23:47  |  CL・その他クラブチーム  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.09.11 (Wed)

渋谷ルイードK2まで(追記あり)

CD買いに行ってきます。

本日は渋谷ルイードK2にて、WILD-G新譜発売記念ライブです。
チケットは7月に、RYUMEIさんの手から買いました。
RYUMEIさんがキーボード、コーラスとして参加し、
サウンドアーキテクチャとして技術とセンスを遺憾なく発揮したCDは
やはり買わなければいけません。
渋谷のショップで御大のクリコンチケットを発券するという用事も組み入れました。
そのついでに、ライブを見てくるつもりです。

ライブの感想などのコメントがあったら、
ここに続けてくれて構いません。

開始時間が早いので、
それまでに全米オープン準決勝の2つの試合を見て行けるかどうか。
バブリンカ、どこまで頑張れるかなー。

*********************

バブリンカ、惜しかったなあー。でも最高に面白い試合を見せてくれました。
今は決勝をちまちま細切れで見ております。
一流同士のドキドキする展開です。

なこと言いつつ、
とりあえず、
軽い報告程度のことを書きましたので良かったらお読みください。

タグ : RYUMEI 小田木隆明 WILD-G

00:19  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2013.09.07 (Sat)

アンディ・マレー準決勝進出ならず

全米オープン見ています。時間ないのでマレーだけ。
準々決勝のバブリンカとの試合、
マレー調子を上げられず、ストレートで負けてしまいました。
第1セットの10ゲーム、たび重なるデュースを
しのぎ切れずに落としてしまったのが痛かった。
それでも、ここ最近のマレーはすぐ切り替えができてたし、
大会も終盤でここからギアチェンジしてくるんじゃないかと
期待はしてたんだけどなー。
局面を変えよう変えようとしてはいるんだろうけど、
ショットが決まらずフラストレーションばかりたまって、
切り替えようとしてまたミスって気持を引きずって、
最後まで調子を上げることができなかった。
辛い試合だったなー。

ウィンブルドン優勝の後、断れないセレモニーやイベントが多く、
コンディション不良という話もありました。
毎日のトレーニングが試合に繋がるのにね。
お祝いする方もちょっとは考えろよ!

が。
相手のバブリンカが良すぎでした。
終始落ち着いて、自分の戦術をしっかり貫いて、
勝利がじわじわ近づいてきても、ひるんだり慌てたりせずに
機嫌の悪いマレーを相手に冷静に決めまくってました。
見ていても気持のいいプレーだったなあ。
マレーは残念ながら敗退してしまったけど
次のジョコビッチとバブリンカの対戦は見てみたいですね。

今月末からの楽天オープンに、マレー来るみたいです。
テニスの試合って4大大会以外にも山盛りあるから大変だよね。
プロの試合を生で見たら凄いだろうなあ~。

私事ですが。
テニススクールのコーチがまた異動になっちゃうんだよっ。
クラス変わったってのに二人目!!
異動自体、ほとんどないスクールなのに、
なんで私のコーチが二人も続けていなくなっちゃうんだ。
いやがらせか!!
しかも次のコーチがなあ、以前も異動の後任をしたコーチで、
そのコーチの時に、私がずーっとずーっと続けてたクラスが、
スクールの都合で無くなっちゃったという
あまりいい思い出のないコーチなのだ。よりによってー。
かなりテンション下がってます。うううううー。

タグ : アンディ・マレー

11:24  |  それ以外  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.09.05 (Thu)

ベイル君は新天地へ

よーやくアーセナル対スパーズのダービーを見終わったので
スパーズ公式を見に行った。
ベイル君は今季から白い巨人軍の一員です。
とほほ。
→ ギャレス・ベイルからの声明@スパーズジャパン

残念だけど、まだマドリーだっただけ良かった、かなあ。
でもホントはプレミアから出て行ってほしくなかった。
優勝を狙うチームが複数あって、
ピリピリした試合が年に何度もあるようなリーグの方が絶対面白いもん。
レアルに行ったら、強いのバルサだけでしょ。(暴言)
今のリーガでそれ以外のチームはお金がなくて
チームを継続して育てて作って行ける余裕なんてないじゃん。
いい選手がいたらお金に替えないと。
マジメに本気出してやるべき試合がクラシコだけで
あとはレベル下がって横並びみたいな状況で勝ち続けるのって
見てて楽しいのかな。
相手を翻弄して、余裕ぶちかましたプレーをして、自分たちだけ楽しくて、
得点を重ねてくのって、面白いんだろうか。
スピード感も当たりの強さも切り替えの早さも、
プレミアの方が見ごたえあるんだよなー。

などとブツブツ言いつつ。
まあバルサで檻の中に入れられるより数倍マシ、と思うようにはしてる。
狭い檻の中でパス回しなんて芸をさせられるベイル君なんて悲しい。
まだレアルの方が、スペースを生かしてカウンターを決めるような試合が見れそうだもん。

ただCR7がいるのにどこで使うんだよ?
とはずーーーっと思ってた。
でも昨シーズンのベイル君は左サイドに留まらず、トップ下でも実力を発揮。
印象的な時間の印象的なゴールも、山と決めてたので
CR7との共存は十分できそうである。
じゃあ今いるそのポジションて誰よ?と思ったらエジルだった。
エジルならまあ押しのけることは出来ちゃうかもしれない。
そこまでアンタッチャブルではないだろう。

で。
WOWOWのHPを見に行ったら、
エジル放出のニュースが載ってた。
ビンゴ。
レアルの試合は最近ほとんど見てないので、
エジルがどんだけレアルにとって欠かせないパーツなのかは分からないが
ロナウドのコメント読んでると、結構痛いっぽいですね。そうなんだ。

でもベイル君取るってんだから、
彼のためにポジション開けないとダメでしょう。
ロナウドを超える移籍金払うんだし。
まだまだロナウドは放出するような年齢でもないし。

ベイル君のいないスパーズは、
新しく入った選手や、新しくスタメン起用されてる選手らが頑張ってて
何だかいい雰囲気の試合をしてる。
それはそれでいいことだ。

今季からレアルの試合、チェックするんだアタシ。
実感ない。
残念だがユニは買わない。
レアルのユニ買っちゃうなんて恥ずかしいもん。

柄沢アナのマジメな実況聞かなきゃいけないのかな。
私の好みはひょうひょうとした田中アナです。

タグ : ギャレス・ベイル

19:09  |  CL・その他クラブチーム  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.09.04 (Wed)

1314BL#4 シャルケ対レバークーゼン

久々の更新です。
週末に伊豆箱根をうろうろして遊んでたので
デッキにサッカーの試合溜まりまくりです。
並行してUSオープンやってまして、
マレーの試合を最優先で見ているので大忙しです。

さて。
シャルケ対バイヤーの大一番をJスポさんが生でセレクトしてくれました。
感謝感謝です。
前節のBMG戦は放送がなく、
土曜の見やすい時間だったのに、
酒飲んでたらすっかり忘れちゃってとっとと寝てしまいました。
4-2なんてハデな試合で勝ったのに。
ここしばらくBMGは苦手な流れでしたが、
ようやく以前のお得意様コースに戻ってくれる、かな。

シャルケはここまで、どーも不安定な感じで、
特に前節のハノーファー戦は
なんだかよく分からん展開に巻き込まれてしまいましたが、
まあシャルケがいつまでも調子悪いまんまなわけもないよなーと。
流れを替える相手には、バイヤーってのはもってこいだし。

この試合、時間がない中で細切れで見てたんだけど
それでもちゃんと楽しめる内容でした。
前半、バイヤーが失点するまでは、
バイヤーの方に分があるように見えたんだけどな。
最終ラインでうっかりしたプレーをして
セットプレーを与えての失点というのはイケマセン。
そこからはシャルケの守備の集中力が目立って見えたような。
寄せが早いんだよね。
ただ追うだけでなくて、ボールを前に出させないし隙があったら奪っていく。
奪われた後はバイヤーもちゃんと追って人数かけて取り返してはいるんだけど
いかんせん、攻撃が出来ないのが辛い。
もうちょいクロスの精度を上げるとか、
中央突破を無理して続けず展開を変えていくとか
そもそものトラップでミスしてボールを無駄にしないとか、
パスを繋いで崩すことにこだわらないとか、
そーゆーのもっと丁寧に現実的に詰めて行かないと、こっから先はもっと大変だよ。
ガツガツとフィジカルで厳しく来るわけではない上手い守備で
行き詰ってる場合ではない。

でも前よりも今季のバイヤーはずっと落ち着いてるので
時間が減る中で慌てたり自棄になったりしてないのがいい。
キースはストレス溜まりまくってただろうけど。
とりあえず、同じようにプレーを続けているのは良い傾向。
ソン・フンミンがイイですね。
もっとワンタッチで体入れ替えて前向いてドリブルで抜いてくようなプレーがあると
チャンスが増えていくんだけどなー。

交代で入ってきた選手で、今後期待できそうなのは
デュッセルドルフから来たというオーストリアの選手。
強さよりも抜け目のなさがありそうな面白い雰囲気がありますね。
白ソーセージからのもらいものは、
投入も遅かったし、試合に入りきれてなくてなんとも言えません。
でも10番背負ってんだから、なんかやってくれんだろうね。ね?

この試合のバイヤーがダメダメだったとは思いません。
シャルケの守備が良すぎた。
特に内田が邪魔でした。
いいプレーの連続で、バイヤーのボール何度もカットされたよ。くそー。
あとはずーっと長いことバイヤーのコーチをやっていた
ヘアマンの入れ知恵でしょうか。

リーグ戦はお休み、代表選がこの間に入ります。
キースが呼ばれないのは、私は個人的にはいいと思うんだけど
(どうせロクな使われ方はしないし、怪我して戻って来させられる気がする)
でも昨シーズンの得点王がこんだけ無視されるとさ、
「キースが呼ばれないのは何が原因か?」って
まるでキースの方に問題があるかのように、
外野が勝手に憶測とたくましい想像力でキースの問題点を上げていくでしょ。
失礼すぎるんだよね。
私はニュースサイトを今やまったく見ていないので、
レブが何言ってんだか、何も言いやしないのか分かりませけど
「俺が気に入らないからだよ!」
ってはっきり言えばいいじゃない。
キースの能力は高い、選手として問題はない、
でもオレのサッカーに合わないから使わない、って言えば、
的外れな「キースの問題点」を詮索される必要だってないんだよ。

さて。
たいして見直しもせず、アップします。
まだまだ見なければいけない試合が山とある。
移籍市場もついに閉まって、
直前にどんな大騒ぎがあったのかなかったのかも
まったく知りません。ベイルくーん(涙)
CL、ELのドローの結果もほとんど知りません。
それでも私は自分のペースで試合を見ていくぞー。

明日はマレーの4回戦ですっ。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン シャルケ

00:48  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |