2013年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2013.12.31 (Tue)

年末のご挨拶

2013年もあっという間に暮れようとしております。

いやー今年はいろいろあった気がします。
前半と後半でこんなに変化があるとは思ってもいませんでした。

RYUMEIさんのことが、今年一番の出来事でした。
しかも前半のあの怒涛の小部屋ライブ、
月2回ペースで突き進んでいた濃密過ぎる時間との落差が大きすぎて。
それでも、20日の御大のクリコンを無事に終えたことで
私の中で中途半端だった状態が、少しは落ち着きました。
さていつまでこの効果が持続できるか。

昨日は、出勤前にひさびさに「あまちゃん」のテーマソングを聴いて
ジーンとこみ上げるものがありました。
「あまちゃん」のある幸せな時間がたしかにあったんだよなあ。
それもまた前半後半の落差の一つです。

サッカーは、去年くらいからすでにそうでしたが、
今年はさらに新シーズンより加速して
フツー(?)のサカファンのような状態で、
フラットに試合を見て楽しんでいる感じです。
テレビで録画したのを、自分の都合で見ているので
未だに2,3節前の試合を見てたりします。
ニュースも、追わなければ追わないであまり気にならないし。

目の前の試合が、面白ければもうそれで十分。

なわけでプレミア中心なサカ観戦をしています。
もちろん、他のリーグもちょこちょこつまみ食いしています。
どんなに見ても次々たまって、デッキの容量に余裕がありません。

プレミアはシュートへの軌跡があまりにも楽しいので
6点だろうが7点だろうが、
バカ試合とは思わないクオリティがあるんだよね。
基礎的なプレーの上手さも、見ていて飽きさせない要因です。

強豪と呼ばれるチームが複数いて、
キャラが立ってる中堅や、油断するとアップセットしてくる下位のチーム、
そんなのが毎節何かしらやってくれるプレミアは
その混戦っぷりも手伝って、今一番見ていて楽しいリーグです。

ブンデスはねー、シャルケとニュルンベルクくらいか、まともに見てるの。
バイヤーはテレビで見れる試合が少ないし、
最近はネットでサッカーはほっとんど見てないです。
体調が整ってきたせいか、日付変わって起きてられないんだよ。

ブレーメンとかHSVとか、面白そうな組み合わせの試合とか、
気になって録画するけど最後まで見た試しがない。飽きちゃうの。
ブンデスは、近視眼的に応援するチームがあってなんぼです。
ニュルンベルクはマーカスがいるので、まだ応援目線なんですが
あまりにも切なくて苦しくて最後に叩きのめされることが多いので
試合を見るのをずるずる先延ばしにしている状態です。
ハノーファー戦は、ああまでやってもなお
ミスジャッジで強引に試合が変わってしまうという運のなさ。
結局、今季は前半戦ひとっつも勝てませんでした。
でも負けてる試合はマインツの方が多いんだかんね。
この呪われた流れは、いつか変わる時が来るのだろうか。
ミムンに至っては、もう何が何だか(涙)
前半戦、試合に出たのはラウテルンU23の1試合、しかも前半だけ。
この休みの間に動きがあるならあってほしい。
私が知らないだけで元気で笑顔でいるのなら、もうそれで十分です。

私のサカ関係の友人たちは仲良く元気にしているのでしょうか。
リアルタイムSNSと一切関係ないところにいるので
なーんも分かりません。
私が今年一番しゃべったのは、
ドイツから里帰りしてくるM母というのはどうなんでしょう。

拙ブログも、更新がかなり少なくなってしまい、
記事の変化に伴い、訪問者の内訳も
またゆるりと変わったような気がします。
見える数はあまり変わらない所が蛸足の面白いところです。

来年、どうなるのかさっぱりですが、
とりあえずマイペースに、あまりいろいろ動じないように、
一つ一つ進んでいこうと思っています。
更新ペースがこれより上がるような気がしませんが
懲りずにまだまだお付き合いいただければ嬉しいです。

来年がみなさまにとって、
幸せなことがたくさんある年になりますように。
笑いと健康が日々の支えになりますように。
心より願っております。

スポンサーサイト
22:11  |  それ以外  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2013.12.25 (Wed)

来生たかおLIVE・Christmas Color2013~WABI & SABI

年に1度のお楽しみ。
バンド編成のクリスマスライブです。
この日のために生きてきました。

チーバ君2  今年のチーバ君@F橋アリーナ。
ふなっしーはいない。

ライブのためにあれこれとやるべきことを、
一つ一つ片付けてやっと一息。
明日は仕事終わらせてからダッシュで新宿へ向かいます。
平日ライブは時間の余裕があまりなくて厳しい!
せっかく半年ぶり、1年ぶりに会うみなさんと
おしゃべりできる時間も少ないのがもったいなーい!

天気は良さそうですが寒いでしょうね。
どなたさまもお気をつけてお越しください。
私も防寒対策しっかりやっていこう。

私は毎度のことながらRYUMEIさんを捕まえるまで移動しないので
そんなに待ってらんないよな方々は
遠慮なく私を置いてって下さって構いません。スマン。

レポは連休が勝負!
コメントはいつでもどうぞ~。

**********************

日付変わって家に着きました。
バタバタでしたが、みなさんと一通りのご挨拶が出来て安堵。
クリスマスに相応しいライブでしたね。
今は胸がいっぱいです。
今回は久々に出待ちしました。
一番会いたい人に無事に会えて本当に良かった。
ま、その辺のことについては今回は触れません。フフフ。
さて久々のレポになるのでカンが取り戻せるやら。
でも今日はもう放心状態で寝ます。

**********************

思いのほか時間がかかってしまいました。
読みなおすのもこのへんにしときます。
ギリギリ、クリスマスにお届けできました。
今テレビで小田さんとタクローさんが歌ってます。ははは。

年末の忙しいところですが
コメントいただけたら嬉しいです。
遅くなってもぜんぜんかまわないっす。

ではでは、また長いレポにお付き合いください。

タグ : 来生たかお RYUMEI 小田木隆明

23:32  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(24)

2013.12.15 (Sun)

大掃除の間に

久々の来生カテです。
ちゃんと本家の話題です。

珍しく来生さんの曲をパソからランダム選曲しながら
大掃除にいそしんでおります。
来週のいまごろはレポ書かなきゃいけないと思って。
「あの頃に恋して」の歌詞をまじまじと聴いてしまい、
こんないい曲だったんかと再確認。
「用意されたような微笑み」
の言葉に耳が反応して、がらっと今までのイメージが裏返るようで。
(なんてちゃんとイメージ持つほど聴いてないけど)
えつこさんの選ぶ言葉のセンスに今さらながら感服。

最近は、というか普段からあまり曲とか聴かないんです。
これも先日、ぶらっとドライブしながら来生さんの自薦CDなぞ聴いてたら
あまりにも声は素敵だし、曲は素晴らしいし、
こまやかな楽器の音もいろいろ聴こえて、
やっぱ私は来生さんが好きなんだなあと再確認。
つか一歩間違うと、
じゃあもうライブ行かなくてもよくない?
なところまで傾きそうな勢いでした。
やべーやべー。

今はライブのことを考えるとまずまっさきに
長い長いトークのことが浮かんで
気持が憂鬱になるのですが、
ライブってそういうものではないはず。
あと1週間を切り、目の前に迫った1回限りのスペシャルな時間を思って
来生さんの曲を聴きつつ
テンション無理やりにでもあげようと思います。
掃除の間だけでも。

半年ぶりとか1年ぶりとかに、皆様に会うのが楽しみです。
ライブ前、ライブ後の時間も有意義に過ごしましょう。

タグ : 来生たかお

12:20  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

2013.12.12 (Thu)

本棚:『役たたず、』ほか

頭を使わない本が読みたいモード。

『財布のつぶやき』:群ようこ(19.12)
軽いものが読みたかったので久々に群ようこの本など。
しかし、お金がない、身体が動かなくなってきた、な話を読んでいると
さすがに滅入ってくるな。
年を取ってくるとこういう話になるのはしょうがないのか。

『「本の雑誌」炎の営業日誌』:杉江由次(08.10)
「本の雑誌WEB」の連載を元に本にしたもの。
ただ一人の営業職、杉江さんの日常。
2004年から2008年までの記録だけど、
5年の間に、本屋大賞が生まれ育ち、娘や息子が大きくなり、
浦和レッズが強くなり、営業への思いは変わらず熱い。
こうやってまとめて一人の日記を読むのも案外面白いなと思った。
本は作って終わりではなく、売ってなんぼと現場を歩く杉江さんは素敵だ。
街の本屋が次々閉鎖したり生まれたりするのを読んで、
最近は本屋で用もなく時間をつぶすこともなくなったなと思う。
もうずっと本を買ってない。
読むのは図書館にあるもの。
良くないと思うが、読みたいと思うたくさんの本を
買うお金も置いておく場所もないのが現状。ゴメンナサイ。
しかし清原なつのが本の雑誌社から漫画を出してたとは知らんかった!

『食費革命 さらば「節約主義」』:松沢直樹(09.05)
なんか面白いこと書いてあるかと思ったが
もうやってることと、知ってるけど面倒なことが多く斜め読み。
高カロリーのモノを食べると少しの量でも満腹になるのだろうか?

『散歩』:小林聡美(13.01)
女優、アーチスト、フードスタイリスト、噺家などと
東京近郊を歩きながらの対談集。
頭を使わずゆるゆる読めます。
もたいまさことの対談が面白かったなあ。
あんなに駅伝のこと知らないでここまで過してこれるのかと。
余談ですが、
彼女の映画では『マザーウォーター』がとても好きだ。

『役たたず、』:石田千(13.03)
石田千という人の本は数年前から気になっていた。
手にとってぱらぱらしてピンと来なくて、ここまで読んだことはなかった。
ずっと、浅草あたりに住んでいる隠居のじいさん(でもまだ50代)
みたいな人だと思っていた。
新書で出たこの本は、なんとなく匂いを感じて初めて読んでみた。
読みながら男性なのか女性なのかも分からず、
分かった方がイイのかなと思ううちに女性だと分かる文章が出てきた。
年も私と一つ違い。
いい文章を書く人がまだまだいるんだなと嬉しくなる。
石田さんの文体は、ゆっくり読ませる間合いがある。
歩くような早さの文章の切り方とひらがなの使い方が絶妙だ。
やららかさと乾いた感じ、力の抜け具合が気持いい。
世を愁いたり説教モードのような具合の流れになっても、
さらりとした文章で自然と自ら反省するような雰囲気に繋がって
読んでいる側も、しおらしく一緒に「そうだなあ」と考え直すような気持になっている。
こんな文章が書けるのを羨ましく思う。

どんな方なのかなと検索していたら、
まさに「本の雑誌WEB」に、この本のいい書評記事がありました。
→ 横丁カフェ 
09:59  |  蛸足図書室  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.12.08 (Sun)

1314BL#15 ドルトムント対レバークーゼン

2位3位の直接対決。CL最終戦前の大一番。
迷いに迷って仮眠後2時半起き。
起きて良かった!
眠気なんて一度も感じないまま90分。
FOXは契約してないんだよ!
映像として残せないのが辛い!でもお金ない!
後半は荒れた展開になったけど、
最後まで浮足立たず耐えに耐えたバイヤー偉い!
レポはまたあとで!はたして書いてる時間があるのやら~。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ レバークーゼン ドルトムント

04:37  |  BAYER 04 LEVERKUSEN  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.12.05 (Thu)

ハギレ活用!壁掛けボードの作り方

あいかわらず、サッカー見ながら手をちまちま動かしてます。
日暮里冬のセールが開催中なのですが
買ったまま形になっていない布がゴマンとあるので
今年は泣く泣く我慢です。金もないし。しくしく。

今回は針を使わず両面テープだけで作った壁掛けボードです。
洋裁じゃなくて工作だな。

wall9.jpg

以前作った初代は穴だらけでボロボロ。もう引退です。
右上のパーツの同じ場所に同じ布使ってたw
スイマセン、違う日に撮ったので明るさがバラバラ。
土台も同じ布使ってます。

wall6.jpg

作り方、ってほどでもないけど
せっかくなので。

ボードを用意。

wall1.jpg

土台は段ボール2枚重ね。
4枚のパーツは、発泡トレーの2枚重ね。肉とか入ってたやつを洗って。
いずれも廃物利用です。
平らな面をカットして使うので、トレーもある程度大きなものがイイです。
ただセロハンテープで止めるだけ。
大きさなんて、自分の部屋に合わせてお好きなように。

カバーする布を選びます。
土台になるのは無地の方がいいかも。
4つのパーツは、使い道のないハギレを組み合わせて。

wall4.jpg

センスの発揮どころでございます。
使い道がないくらい小さくなったけど、好きで捨てられない布も
ここで最後のお勤めです。
いずれもブラウスになったり甚平になったりバッグになったりシーツになったりした布の余り。
洋裁を始めたころに買った布もあります。

布は針で縫うのではなく、
両面テープで貼り合わせます。
裁ったところはほつれるので、5ミリくらい折り込んで貼ってくださいませ。
↓言いつつ、この写真は布の耳の部分を使ってるので、
テープはギリギリに貼ってます。

wall2.jpg

糸で縫い合わせると、ピンを刺したところからほつれる気がする。

wall3.jpg

裏側は見えないのでこんなんでもOK。
私はそのまま両面テープで貼ったけど、
裏なんてセロテープでがしがし止めたって問題なし。
たるまないように、ピンとなるように布を張ってください。

wall8.jpg
wall7.jpg

カーブにしたっていいんだよ。

4つのパーツを適当なバランスで配置。
両面テープで土台に貼り付けます。
土台の上部に目打ちで穴を開け、タコ糸を通します。(壁に引っかけるため)

使用するとこんな感じになります。

wall5.jpg

せっかくレイアウトした布もぜんぜん見えない。

コルクボードと違って、
何年も使ってると穴だらけになりますが
そんなころにはもう飽きてくるので
また新しいのを作りましょう。

お子様の自由研究にもオススメ(笑)

12:04  |  趣味の針仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)
 | HOME |