2014年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2014.02.27 (Thu)

本棚:『彼女失格 恋してるだとか、ガンだとか』ほか

キャンサー発覚後に借りてきた本。
情報収集のため&なーんも考えないための本。

『彼女失格 恋してるだとか、ガンだとか』:松さや香(13.6)
普段はあまり見ないルポルタージュの棚をチェックしていて見つけた本。
パラパラめくって、私に読みやすいタイプの文体と分かり、
この人がなんの癌なのかを見る。私と同じ乳がんだ。
普通はしないのだが、目次を丁寧に読んだ。
これから始まる実際の話のアウトラインを知りたかったので。
これを読んだら、
自分にこれから起こるかもしれないことの内容が分かってしまう、
のココロは、
サッカーの結果を知らずに見たいのと同じ心理である。我ながら恐ろしい。
なこと言ってないで、これから起こる事態で慌てないために読んどけよ!
と自分に突っ込む。
読み始めて、文章がまず面白いのでどんどん読みたくなってしまう。
闘病記にありがちな(読んだことないけど)
シメっぽいじっとりと重くうっとおしい感じがまるでない。
押しつけがましい前向きな言葉も一切なくて、
全てが自分の体験に基づいて一喜一憂するリアルな本音と実態が綴られている。
検査・手術・治療はもちろん、仕事との両立、パートナーとの関係、
半端なく出て行くお金、家族や友人の支え、すべて知りたいことばかり。
これから癌と向き合わねばならない人にとって、
最終的に死んでしまう話はまずアウトである。
家族の愛とか絆とか子供の笑顔とか、そりゃそうだろうけどよ。
娯楽じゃないんだよ!
先の見えない状態で、日々の生活の中で奮闘する様子を、
独りよがりではない読ませる文章で書いていく力がスゴイ。
もう爆笑したり泣いたりしながら一気に読んでしまった。
今も彼女が元気に楽しく働いて生きていることが、私の大きな勇気になる。
とりあえずオシッコ青くても慌てないで
「これが噂のブルーレットか!」と笑えるであろう。
もちろん、癌とは関係のない人にも、
面白くて発見のある本だと思うよ。

『乳腺外来の専門医師が書いた 乳がんで死なないために読む本』:廣瀬脩一(11.05)
こちらは専門家による話。
乳がんに関する誤解を説明し、
現在(執筆時)の検診や手術の状況、費用などについて書いてある。
でもこれ、自己診断でしこりを見つけてしまった段階の人が読むと
心臓に悪いような気がする。
乳がんは自分で見つけられるけど、
見つけられたから=早期発見、とも言えないらしい。
検診を受ける前の人、
検診を受けているけどまだ所見のない人や経過観察の人が読むと
自分の中にある間違った認識が改まって安心できると思う。

『偽善の医療』:里見清一(09.03)
再読。
最初に読んだ時「何かあった時の為に読んでおいてよかった」と思ったが
何かあってしまったので、読み直した。
データをいかに使うか、数字の後ろの背景をどれだけ知るか、
ランキング一つ、パーセント一つも、
表に出てしまうとそれだけで勝手に独り歩きしてしまうもの。
中に潜むバイアスに気づくこと、
結果に至るまでには膨大な時間と手間がかかることを知っておくこと、
自分が迷わないように、だまされないように気をつけるために。

『ソーシャルメディア絶対安全マニュアル』:西村博之(13.09)
副題が、トラブルに巻き込まれないFacebook、Twitter、LINEの使い方。
私はどれも使わないけど、
安易に使い始めて設定もデフォルトのままという人も多いんだろうな。
どれもタダでできるけど、
提供する側としては利用してもらうだけで、
利用できるものがたくさん得られるからなんだろう。
場合によっては殺されてしまうようなリスクに至る割合はそうそうなくても
それ以前のトラブルに至る可能性は山ほど潜んでいる。
ネットは、
通常なら知りあうことのない○チガイやヒマな粘着に出会う確率が
格段に高い場所。
そうでなくても、昨日の友達が明日も友達とは限らないしね。

『つまらない人生入門●鬱屈大全』:春日武彦・吉野朔実(11.03)
精神科医の春日さんの手にかかると
中二病もきちんと言葉で表現されて味わい深い読み物になる。
現実の話なのにフワフワと不気味で不思議な感覚。

『孤独の中華そば「江ぐち」』:久住昌之(10.08)
84年に最初に出た本を第1部に、
01年に出た文庫版あとがき
+今回の10年の出版に際してブログから抜粋した日記で構成。
第一部の文章には、
モロに師匠である赤瀬川原平さんの文章の影響が出てますね。
こっそり店内で観察しながらコソコソ仲間同士で笑い合っている内容を
そのまま本にまでしちゃいながら、
出版後に店に行ってからのビビり加減が凄すぎる。
不惑を過ぎてもそのへんはあまり変わらないのね。
mixiやTwitterでいつでもすぐに情報が入って来てしまう寂しさは
なんか分かるなあ。
仲間内だけで盛り上がるネタとして熟成していく醍醐味も
スピードと関与する人の多さで平たんになっていく気がする。

『知っておきたい乳癌』:関口礼子(07.01)
ぱらぱら見た時は、医師の書いたものかと思ったが
大学の先生による体験記だった。
職業柄なのか文章は分かりやすく整理されていて
一般的にどんなことがあるのかをざっと見るのには参考になる。
07年に出版されているので、今はもっと違う状況であるだろうけど。
病室にいた他の患者の状況を見ても、人それぞれだな。
私の気になる術後の治療についてはほとんど記録がないのが残念。
あとがきでいきなり1年後の検診、と書いてあって
職場との両立などその間にはこれという問題はなかったのかと。
第5章は著者自身の研究テーマと絡んだ話。
いきなり「女性の改姓」について項を割いて熱く語るところは、
乳がんと関係なさ過ぎて違和感が。
著者は、患者も情報収集して
(幸い、今はネットであらゆる情報にアクセスできるから)
自分で責任を持って治療などを選んでいきなさい、と書くが
突然目の前に自分の病気を付きつけられて、
そこまで冷静に自己責任で対応できる人ばかりではないだろう。
他の人には任せられない専門職でバリバリ働いている女性が
乳癌にかかったら、共感できる部分もあるのかもしれない本。

『身体のいいなり』:内澤旬子(10.12)
非浸潤性の乳がんにかかった著者が、
左→右と切除の後、全摘、再建に至った経緯。
その間の日々の生活、癌にかかる前の身体の不調の数々、など
読み応えのある本。
自分のその時々の状況に応じて読みなおしたい。
副作用に苦しみながら新聞小説の仕事やルポを続けていく力がスゴイ。
でもやっぱ日ごろから運動して
身体を基礎的な体力のある良い状態にしておくって大事だと思った。

『僕らの新しい道徳』:岡田斗司夫・FREEex(13.08)
最近は出てからほどない状態で読んでいるので、
岡田斗司夫の考えが進んでいく様子が分かる。
「道徳」というテーマで、いろいろな視点から対談を通じて探っていく本。
自分の知らない世界をさらに突っ込んで見せてくれる、隅々刺激的な本。
「倫理と道徳は違うもの」
「富ではなくこれからはリスクを再分配しなければならない」
「トップを挿げ替えることで納得してしまう世間」
「合理性」と「損得教」
一つの答えでまとめるには大きすぎる。
小さな単位を良くするために必要なものが何なのか。
ヒントがたくさん詰まった本。
最後の東氏の言う「25年後のフクシマ」は、
いきなり25年後に飛んで、
その間にある無数の地道で危険な作業のことに
どれだけ関与していくのかが見えず
ものすごい違和感を感じる。

『この世でいちばん大事な「カネ」の話』:西原理恵子(11.05)
持っている言葉の重み、強さ、濃さが違いすぎる。
説得力のある言葉ってこういうものだ。
頭で考えず、体を使って知っていくことはとても大事だが
ここまで大きく振れた生き方をするのは難しい。
でもそれをやった人の言葉から知ることはとても多い。
身に染みた金銭感覚が、自分を守り強くする。

最後は、またちょっと考えるくらいの余裕がでてきた、
かのようなラインナップでした。
スポンサーサイト
11:41  |  蛸足図書室  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.02.26 (Wed)

元気に帰って来たぜ

ご報告遅れましたが、
26日の午前中に、無事に退院してまいりました。
とりあえず、第一関門突破です。

いやーここ数日はひまひまで大変でした。はは。

詳しい話はまたおいおい書いていきます。

現在、とくに目立って痛みがあるようなことはなく、
左腕を上げたり動かしたりするとツレる感じがあり、
それに伴うヒリヒリした感覚は若干ありますが、
いまさら傷がぱっくり開くわけではないので、
意識して腕を伸ばすようにしています。

じつは。
腋窩リンパ節郭清、されておりました。
郭清の程度が、一般的に見てどれくらいなのかは
素人には分かりませんけど
まあねえええ、取られてしまったものはもうしょうがないで
今の身体の状態でベストになるように、
付き合っていくしかありません。
って、取ったら受け入れるしかなくなるから、
最初に話をしたんだけどよおお。

ま、いいです。
センセには良くしてもらったので。

胸は、思いのほかキレイに処理してもらいました。
まだ、内部で傷口が修復しようと働いているので
張っている感じがあります。
頑張れよ、からだ。

術後の麻酔がさめてからも、これという痛みはなく、
翌日から普通にご飯を食べていました。
見舞いに来る人がみんな唖然とするほど元気でした。

切っただけだからな。薬はまだ始まってないし。

今後の治療方針については、まだこれから決定する予定です。
2週間ほどの猶予をいただいております。
また若干の選択肢を用意されてしまい、悩むことになりそうです。む~。

入院期間中に、メールをたくさんいただきました。
そして、帰って来てから、PCメールや蛸足のコメントなども
いろいろ入っているのを読んで、またまた感謝感激。
本当にありがとうございました!

お返事はまたのちほどね~。

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

タグ : 乳がん

22:35  |  日々是乳癌  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2014.02.19 (Wed)

乳がん記録6:手術日決定、からの~

こちらもタイマー投稿になっています。
手術を終え、今頃は何してんのかな。
リハビリか、本読んでるか。

携帯メールは出来ても
蛸足にアクセスしたことは一度もないワタシ。
帰ってからのお楽しみに
コメントなどくれると嬉しいです。

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

タグ : 乳がん

16:00  |  日々是乳癌  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

2014.02.17 (Mon)

乳がん記録5:リンパをめぐる悩み

こっからはタイマー投稿になってます。
今頃ワタシは病院のベッドで寝てるのか覚めているのか。
このほかにもう一つ、タイマーで入れてあります。

のもんさんの携帯のアドレスを知ってる方は
応援メッセージを送ろう!
知らない方は、コメントでもPCメールでもくれると
帰って来てから喜びます。

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

タグ : 乳がん

16:00  |  日々是乳癌  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

2014.02.16 (Sun)

入院してきます!

えーいよいよ手術をしてまいります。

ガンはあっても自覚はなく、
体調もいたって健康でしたが、
こっから先は未知の世界。
気持はかなり前向きなので、
なんとか頑張って行ってこようと思ってます。

病院で携帯メールは使用できますが、
パソには触れないので、
二つほどタイマーで記事を仕込んであります。

戻ってきたら、また報告します。
ここからです、始まるのは!!
ではではまたっ。

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

タグ : 乳がん

11:13  |  日々是乳癌  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2014.02.14 (Fri)

乳がん記録4:いよいよ検査結果発表

コメント、たくさんありがとうございます。
みなさんの温かな気持に触れると、
持ち前の前向きパワーが、自然にわいてきます。

なところで
手術目前!大雪!DVDデッキまだまだ未整理!
な慌ただしい中、続きをアップです。

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

タグ : 乳がん

22:42  |  日々是乳癌  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2014.02.11 (Tue)

乳がん記録3:高額な健康診断

やっぱり長くなるのもんさんの文章。
記録3でございます。

実は、
手術が17日に決まっています。
入院するのは16日です。
なわけで、現在さらにバタバタした状態になっています。
雪のおかげで予定ズレまくりよ。

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

タグ : 乳がん

23:31  |  日々是乳癌  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.02.08 (Sat)

乳がん記録2:新しい病院へ

乳がんの記録、続きです。
カテゴリ新しく作りました。
その前のところを見てない方はそちらから。

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

タグ : 乳がん

11:20  |  日々是乳癌  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2014.02.08 (Sat)

荒天のわけ&知らぬ間に終わっていたラジオ

関東は今年になって一番の大雪の予報。

そういや、香川でやるという来生さんの年金関係のライブっていつだっけ?
とれいさんちに見に行ったら、9日でした。
昼と夜とのダブルヘッダー。
→ プレミアムライブ2014チラシ
ってことは前日入りするのかしら?
てことはまさにこの大雪の日が移動日に当たるのかしら?

以前、名古屋の稲沢で同じようなイベントをやったときも
雪だった気がすんだけど。

無事に現地入りして、無事にライブを終えられますように。
クリスマスのライブ以来の初仕事かと思われますが
ちゃんと練習したかなあ。
セットリストはどんななんでしょうね。
先日はソロライブの日程も追加されました。
本腰入れて活動再開は5月ですね。

それまで、時間はいっくらでもあるので!
20か所(らしい、ホントか?)でやる
MCのネタばっか考えるのではなく
いっぱいおうたを練習して
いっぱいピアノを練習しましょう。

日々の積み重ねの先にしか、ちゃんとした結果は現れません。
行く先々で待っているファンの気持に応えるライブを、
そしてそのための見えない努力を、
求めてやみません。

つかまたソロでおなじよーなセットリストだったら怒るよ?

そうそう、
ライブのスケジュールを再確認、のために本陣に行ったら
ラジオ出演情報が出てましたが、
だれかお気づきになりました?
2月3日のラジオ情報を、2月3日にアナウンスするなんて
ゲリラ出演なんでしょうか。
直前までシークレット?
今やラジオはネットを通じて全国津々浦々どこからでも聴けるもの。
せめてライブ情報のアップの前に、それが分かっていたならば
聴くことのできたファンは多くいたのではないでしょうかね。

公式HPに日参しろってことですかね。
だって何もアップされないのに~。

ま、いいや。

RYUMEIさんもお元気かしら。
御大のサポート、どうぞよろしくお願いします。
御大も、ソロに一緒に連れてってくれればいいのになー。

タグ : 来生たかお 小田木隆明 RYUMEI

10:37  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2014.02.06 (Thu)

1314BL#19 ヘルタ・ベルリン対ニュルンベルク

今回は、FOXスポーツの無料デーで、無事に見ることが出来ました。

ニュルンベルク、まさかの連勝です!!

しかもマーカスの今季初ゴール!!キャー!!

内容とか、贅沢言ってはいけません。
ニュルンベルクに必要なのは、勝ち点3だけ。
あいかわらず、偶然に身を任せたような、
行き当たりばったりのサッカーをしてますが、
結果、勝ったのだからもう何も言いません。

先制点はヘルタ。
つまらないセットプレーから、簡単に失点です。
またいつものニュルンベルクのサッカーかと、
気持げんなりでしたが、
それほど間をおかずに、ニュルンベルクが同点に!
マーカスが、相手のクリアミスから目の前に転がってきたボールを
足もとにきちんとトラップしたあと、
冷静に、ふかさずしっかり枠へとシュートしたのだ!!
すばらしいいいい!!

ニュルンベルク連勝1

その後は、特に勢いが出るとかそういうこともなく
また毎度おなじみなサッカーで前半はなんとか終了。
後半に入ってからも、とくにハーフタイムに何があったということもなく
地続きのようなプレーで相手の時間のまま推移。
このままではずるずると押し込まれて追加点を入れられてしまう、
と思っていたところへ
中盤のごちゃごちゃしたところからドルミッチがボールをするりと奪い
そのまま素早いカウンターからギンチェクがシュート!
跳ね返りがドルミッチの足もとへ届き、これを落ち着いてシュート!
したらヘルタの選手に当たってゴール!
と、
今までの時間はなんだったんだ!と思うくらい無情に
ニュルンベルクの逆転弾が決まった。

ここからヘルタの動揺がプレーに出はじめるんだから
サッカーってデリケートなスポーツよね。
まるで前節のホッフェンハイムのように、
どんどんつまらないミスや雑なプレーをしていくヘルタ。
別にニュルンベルクが良くなったわけでもないのに。

細貝を下げたのはちょっとどうなんだと思った。
ボール奪取のところで、すごく効いてたのにね。
キヨタケを下げたのは、当然の采配ですね。
だって守備やんないし、ツヴァイカンプに弱いし、
ワンタッチでパスすることばかり考えて、
味方にちゃんと渡せない&人のいない場所に蹴る→ボールを奪われる、
の繰り返しだったもんね。

で交代で入ってきたゲブハルトが、良かったんだよねー。
前季は、ただの暴れん坊みたいな印象だったんだけど、
前節といい、今回といい、周りのその場しのぎのプレーに影響されず
淡々と落ち着いてボールをさばいて繋げていくプレーで
ばたばたの中盤の中で、うまくチャンスを作ってたように見えた。
長く試合に出られなかったことで、
客観的に何が足りないのかをしっかりと分析していたのかなと思うようなプレー。
ちょっと見直してしまいました。

最後、あわや同点というシーンがあったけど、
副審によるジャッジ採用、主審のジャッジをひっくり返すという
信じられないようなニュルンベルクよりの判定で
大ピンチを切り抜けるというドラマがありました。
オフサイドだったのかどうか、もう見直すのも面倒なので私はよく分かんないけど
でも新人DFのハンド、1発レッドで数試合の出場停止、PKで同点
という最悪の事態が回避されたのは、本当に良かったです。
今までさんざっぱらジャッジに泣かされてきたのだから
これくらい多めに見てほしい。

さらに、荒れるヘルタのプレーが、ニュルンベルクのPKにつながるという
ヘルタにとっては踏んだり蹴ったりの展開。
どーかなと思ったけど、ドルミッチがしっかり決めてスコアは1-3!
いやー真上にぶっ飛ばすんじゃないかとヒヤヒヤしてたけどちゃんと入れたなあ(汗)
なわけで、ドルミッチは2試合連続のドペルパック。笑える。

ニュルンベルク連勝2

そしてなし崩しに試合終了。
ニュルンベルク、前節の初勝利に続いて2連勝!
内容なんて、野暮なこと言うんじゃないよ!
ま、こんな展開がいつまでも続くとは思わないので
ちゃんとサッカーの方も、改善してって欲しいと思います。

順位はまだ見に行ってません。
今節のバイヤー、シャルケの2試合をまだ見てないので。
フジの契約は、今月は見送るかなあ~・・・。


テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ニュルンベルク マーカス・フォイルナー

21:47  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.02.05 (Wed)

乳がん:記録のはじめ

公開するかまだ未定ながら、
人に読ませる前提で書くことで、
客観的になれるだろうと記録しはじめた、
のは2014年1月10日のこと。

今もなお、公開することがいいのか悪いのか自分でも分からないけど
それを隠して、今までのようなサカ記事やライブレポを書くのはムリなので
とりあえず、さらします。

現在進行中の記録をつけていくことは
途切れた時に、イヤなコトを連想させるであろうことは想像に難くありません。
人の病気の記録を読むことって、それも含めて娯楽ではありますよね。
ヤダヤダ。
ま、本末転倒・プレッシャーにならない程度に続けます。

これから書くことは、一つのケースです。
あくまでも、その時点での話、私個人に限った話、素人が調べた範囲の話、
であることを念頭に置いて読んでくださいね。

なわけで、
乳癌とたたかわねばならなくなったワタクシの記録です。
必要があって読む人にも、そうでない人にも、
ちょっとでもお役にたてれば
望外の喜びです。

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

タグ : 乳がん

22:18  |  日々是乳癌  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)
 | HOME |