2014年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2014.07.31 (Thu)

乳がん記録36:ドセタキセル2回目・驚異の白血球

これという副作用を感じないまま、
本日2回目のドセをやってきました。

血液検査の結果、気になる白血球の値はなんと7200!!
手術前にやった人間ドックのときの値は8500くらいだったので
正常、というか私の通常の値にまで戻ってるって感じなのかな。
毎日、朝バナナを食べ、
黒にんにく卵黄のインチキな業務用サプリを飲んでるくらいですが
どちらかが効いているのか、相乗効果なのか分からないけど
びっくりするような数字が出ました。
ちなみに前回は、正常範囲の4500。その前は3700。
その前2回はまだバナナを食べておらず、
ニンニクサプリ(今飲んでるのとは別物)だけで3300でした。
バナナはそのままではなく、きなこと黒蜜かけてます。

先生との面談でも、これといって問題はなく、運動もしてると報告。
寝ている時と朝方に、じゃっかん手足のむくみを感じるけど、
日中動いていれば解消されるレベル。
体重が増え気味なのが気になってたんですが
今の薬だと減るのは問題だけど増える分にはOKだそうです。
自分的にはあまりOKじゃないけど。

ケモ室に行くと、なぜか今日は個室が割り当てられてました。
VIP対応。
点滴の針は、今日も手の甲で取られました。
手が荒れていて、クリームを付けていたので、針をおさえるテープが貼りつかず、
包帯を巻いて固定したけど、密着していなかったようで
ごそごそ動いてるうちに、針が浮いてしまい、
また別の個所で刺し直すことになりました。ううう。

足と左手は冷やせたけれど、
右は針があるので、とりあえず保冷剤を握ってるくらいでした。
一応でも効果があるといいのだけど。

吐き気止め→ドセタキセルの間に、並行して生理食塩水を流しているようで、
ドセが終わるとそこで終了でした。
ECの時は、最後にもう一度吐き気止め&と生食があったので、
早く終わったような気になります。

看護師さんたちといろいろ話をしたり、
(今日もまた、別の看護師さんにマーカスのトレシャツのことを聞かれ、
事情を話したら感動してました。フフフ)
うとうとしたりしているうちに、
特に問題もなく今回も終了。
スーパーで買い物している間は、ちょっとダルい感じだったけど
家に帰って落ち着いて、今はわりと普通な状態です。
夜になったら、その時食べたいものを食べようっと。
薬を外に出すための、ノンアルコールもしっかり買って来ました。

薬の目安にしていた脱毛は、
この何日かは、シャンプーしていて、
いつもよりも少し抜け毛が増えたかな、という程度で
ECの時のようなはっきりした状態にはならず。
いまだに半端に残っていますが、
みんながみんなつるっとなるわけでもないようなので
気にしないようにします。
キレイにつるっとなったら家で帽子脱ごうと思うんだけどなあー。
いやーしかし、こんな機会でもなければ経験できないボウズ頭、
この夏の暑い時期はヒジョーに快適です!
今しかできないのがなにやらもったいなくも感じます。

これという副作用がなさすぎるので、先生や看護師さんに
「薬効いてるのかな?」と言うと
「大丈夫、効いてます」と答えるので、
そうだよね、私が元気なだけよね、と思うことにしています。


2回目をやる前に行ってきた、関東bambi*組飲み会については
また今度書きまーす。
(後回しになっていたのは、この数日ネットで生地を検索しまくっていたせいです)
スポンサーサイト

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

タグ : 乳がん ドセタキセル

16:55  |  日々是乳癌  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.07.23 (Wed)

乳がん記録35:ドセタキセル1回目・夏のなまけもの

初めてのドセを終えて、もうすぐ2週間。
来るか来るかと構えていた筋肉痛・関節痛はまったく来ません。
お腹がもたれるような感じはないけど、
なんか「お腹が減らない」と思うことが多いです。
でも実際は空いてるみたいで、いきなり「腹減った!!」となる感じ。
身体がちょっと疲れやすい、かもしれないです。

でもさー。
薬のせいじゃなく、この暑さだから、かもしれないし。

気になるのは、
定期的な運動をする回数がガクリと減って
もう半年以上経つわけですよ。
ここ数年は、週に3,4回とか運動してたわけですよ。
しかもテニスと格闘系エクササイズですよ。
走って飛んで汗かきまくってたのが今や、
月に1度エクササイズがやれればいい、くらいの頻度にまでガタ落ち。
そりゃいい加減、蓄えていた体力も落ちるってもんだよ。
ひどく太ってはいないが、お腹はたるたるだし、
片足でバランス取れるだけの筋力がなくなってるし、
肩や背中のこりもしつこくなってきた。
あーあ、以前の体力に戻すまでどんくらいかかるんだろう。

夏の暑さと、体力不足のダブルパンチで
身体動かすのも、ちょっと大儀になってきてるのが悲しい。
ぼけーと昼のバラエティとか見てんの。ひまなんか?
夕方頃、疲れたなあ、とか布団ひいて寝て、
ダンナが冷蔵庫をあさって残りもので作った夕ご飯とか食べてんの。

薬やってるからなーなどと言い訳しているが、
ただのなまけものだよね。

今のところ、ドセによるものとはっきり分かるような副作用は皆無、
と言っても差支えないほどでございます。
それでも回を重ねれば、ジミにしつこくつきまとう
イヤ~な副作用が出てくるでしょうか。
もはやECの記憶など、はるかかなた。

医療が進歩して、今は薬がいいのかな?
たんに私が元気なだけ?
そろそろ、第2次脱毛が始まってくれないと
薬効いたのか?と疑問がでてくるぞー。

気持ちもそろそろ切り替えないとね。
「アンタ元気なんだから、うだうだしてないでちゃんとやんなさいよ!」と。
来月からはもう、新しいサカシーズンが始まる。
各リーグの開幕戦の日程などもチェックしなくちゃなんねーよ。
W杯のある年は忙しくてかなわない。

さて。
今週末、はじめて、乳がんの方の集うオフ会というものに参加してきます。
年齢・治療歴など様々な人が25人も集まるらしい。
すでに何度も開催されているので、顔見知りが多いであろう中で
初参加でうまく入れるのやら分かりませんが
どんなもんかなーで遊び行ってきます。

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

タグ : 乳がん ドセタキセル

19:15  |  日々是乳癌  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2014.07.18 (Fri)

乳がん記録34:ドセタキセル1回目の定点観測

ドセタキセルの1回目をやっての定点観測。

初日 2014.07.10
投与後、体が重だるく、手がぱんぱんにむくみ、しっかりグーにできないほど。
内臓への負担はまったく感じず、普通にご飯を食べるも、
夜はあれこれ考えていたせいか、いつになく寝つけずに困った。

2日目 2014.07.11
身体はまだ重く感じる。手もむくんでる。
でもECの時のような不快感はまったくと言っていいほどないので、
本当に身体が楽だ。
起きてくれば体も動くし、手のむくみも解消されていく。
荒れた指に根気よく医薬品の軟膏をすり込んで、治れ治れと念じる。
普通に掃除洗濯、普通に買い物、普通にゴハン、普通に夕飯の支度。
ジムに行って歩いてこようかと思ったが、
御大のレポ書く方が先だなあとPCにはりついていた。
くたびれてきても、寝るとまた夜寝られないだろうとガマンして
21:30ごろ寝た。

3日目 2014.07.12
久々にたっぷり寝た気がする。
手のむくみも朝方くらいか。
体重は、ECの時同様、薬投与以降、ぐっと重くなる、のだけど
今までよりも増えた量は少ないか?
何を食べようかという悩みはなく、
むしろ食べ過ぎて胃がもたれるという平和な状態。
ドセは4日目くらいから症状が出る、という話もあるので
まだまだ油断はできない。
でも何ともないので、夜は酒を飲んで寝た。

4日目 2014.07.13
朝方、手がむくんでいるくらいで、今日もとくに問題はなし。
これから関節痛、筋肉痛が起るのなら、
何もしないで痛いより、体を動かしてホントの筋肉痛になった方がマシ。
2週間ぶりにジムに行く。
グループキックは曲が変わって、今回は腕立て伏せ12回があるんだけど
できないので膝を付いてやるため、土下座12回になるのよね。
「BAD MEDICINE」にのって四方を蹴りあげる。
今日もイメージで癌細胞を叩き潰す。
体幹が弱くなっていて、片足でバランスが取れない。悲しい。
終わりの2曲くらいは、さすがにくたびれて、
力強さよりも、動かしていなかった部分を動かすことを意識してやった。

5日目 2014.07.14
なんとなく、喉が細まったかなあ?
なんとなく、お腹減ってないような気がするなあ?
どうせ今は体重が増えている期間なので
朝は少なめに食べる。
午前中はとくに何も感じず、だらだらとW杯の決勝を見る。
延長までとか長いんだよ・・・。
午後になって、昼ごはんがてら出かけるうちに、
なんとなくだるいかなあ、ぼーっとしてるかなあ、な気分に。
ただたんに、暑くてうだってるだけかもしれない。
昨日のグループキックの筋肉痛かもしれない。
わざわざなんとなくなものを引っ張り出して意識化してもどうかと思う。
ECと比べると、ぐっと身体が楽なので、むしろ普通の時の状態と比べてしまう。

6日目、7日目も基本的にあまり変わらず。
喉がせばまったような感覚は、ECの時と若干違い、
物理的に腫れてるのでは、な感覚。
なんとなくお腹が減りにくい&わりとすぐ満腹になる気がする。
もたれや気持ち悪さがないので気にはならない。
胃?のちくっとするような痛みはあることはあるが、
もらったドセの冊子には、そんな副作用はないのであった。
胃薬もあまり効かないようだ。
いずれにしても、身体に耳を傾けると気づく、ような程度。
ここまで、余っていた吐き気止め・プリンペランは一度も飲まず。

8日目、9日目
仕事に行く。行っただけでくたびれた感じ。
疲れやすくなってるのかな?
仕事は、落ち着いてたせいもあって普通にこなす。

まるっと1週間以上が過ぎて
今のところ、薬のせいと思うような、気になる不快感はなし。
これも回数を重ねると変わってくるのかな。

*************

振り返って比較できる今の時点で言えば、EC大変だったな~となるが、
やってた時分は、この程度で済んでるんだから、自分は楽な方、頑丈な方、
と思っていた。
「よく乗り切ったね~頑張ったよねえ~辛かったけどやりきったよねえ~凄いねえ~」
とまで言われるほど、辛くもないし頑張ってもない。
あとで記憶を捻じ曲げないように、ちゃんと覚えておかないとな。
4回を終えて、引きずるような大きな疲労も残ってない。

そして、あくまでもこれは私個人の体験であるということを
ここを読んでいる人には分かっていてほしい。
「のもんが言うほどラクじゃなかったー」って言われても困るし。
逆に「自分がこんなに辛いのは」で、
考えてもしょうがないマイナス要素をかき集めて
めそめそしても楽しいことはひとつもない。
痛みにも、痛みを感じるメンタルにも個人差がある、
というか自分のものしか分かんないじゃん!

じゃもう一回、ECやれるか?と言われたら、
ぜったいヤだけどね!

なんか、もしかして、
長い治療の一番大変なところを、
クリアしたのかな?と思ってます。
(注・ワタシはトリネガです)

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

タグ : 乳がん ドセタキセル

21:00  |  日々是乳癌  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2014.07.14 (Mon)

Stand Alone 2014@日本橋:「この棒は同じ長さです」「この円は同じ大きさです」

まだまだ先だと思っていた日本橋のライブも
もう目の前に迫っています。
とりあえず、場所を早めに用意しました。
出かける前の決意表明、終わってからの忌憚なきご意見の交換場所として
どなたさまもふるってご利用ください。

チケットを買った時は、
自分の身体の状態がどうなるのか、どうであるのかが見えず、
当面の5年をどう乗り切るかが課題という状況にあって、
日々情報収集、判断、受け入れることの連続で過ごしていた時期でした。

今は、自分が何をすべきかが分かっており、
当面の5年と思われていた期間は、3年(しかもよりシビア)と短期決戦型に変わり、
毎日は、自分の身体を中心に考えて、
目の前の小さなことを一つ一つクリアしていく
という状態になっています。

具体的に申せば、
今は何を食べたいのか、とか、
試合見るのに何時に起きるか、とか
どの程度の買い物なら、仕事帰りに持ってこれるか、とか
今日は酒を飲んでも大丈夫か、とか
まあそんなことですけど。

3月のころ比べたら、ずっと落ち着いてるってことです。

でもそれは今ここまで来て言えること。

チケットを買った時は、
そもそも行けるかどうかわからないし、
行けたとして状態が万全ではないかもしれないし、
さすがに気分的に楽しもうと思えないかもしれないし。
でも一つの目安、目標の気持ちもあって買いました。

今は、普通に行けるし、体調も悪くないし、みんなに会うのも楽しみだ。

そうなるには、自分の気持だけではどうにもならない要素が多分に含まれているので
このコンディションでこの日を迎えられるのは、
運がよかったと思うし、引き寄せるだけのものがあったのだと思う。
奇跡だななんて言わないが、だからといって当たり前のことではないのだ。

あの時の可能性の中にあって、今実際にその状態なのは
髪が抜けていることくらいか。


なところで、
本題というか。

今回のライブまでの間に、
私は二つの手紙を書いた。
クリスマスの時と、3月ごろに。
私なりの危機感と切なる願いを込めて、
迷いながらも一歩踏み込んだ内容だ。

今度のライブで、答えがあると思って出かける。

来生さんが、私の手紙に直接に触れるという意味ではなく、
読んだという前提で、ライブという形を持って応え、
私はそれを見て、来生さんの考えを知る、という手順だ。

正直、ライブに行くのがとても怖い。
来生さんの答えを、平静に受け止められるのか分からない。
きっと最後まで、いやな緊張感を持ちながら
ひとつひとつを見ていくことになるような気がする。
ブログなんて書いてるけど
私は他の人と同じ、ただの一ファンにすぎないから、
声が届いて変化をもたらすなんてやっぱり思えない。

すでに他の会場でライブを見てきた人たちは
私のこの文章を複雑な思いで読むでしょう。


一番楽しみなのは、
半年近く会っていなかったみなさんと再会することです。
当日は、混雑を避けるつもりで早々に会場入りする予定です。
毎度の皆様も、コメントだけくれてお会いしたことのない方々も
遠慮せずに、気軽に、声をかけてくれたらとても嬉しいです!
私はこの日を一つの目標にして体調を整えてきたので
みなさまにも、この日のこの時間を逃さず、
私に元気のおすそわけをするように!!お願い申しあげます。
勇気がなくてタイミングがなくて声がかけれませんでした、
などと後から言われても意味ないし何もしてあげられませーん。
のもんさんが誰か分かんないし、な人は、今から私にメールをすれば解決。
(前日までな!何度も言うが私は携帯で蛸足を見たことがありません)
じゃ、当日よろしくね!!

*****************

帰ってきました。
お付き合い下さったみなさま、ありがとうございました!
元気な私の姿を見せることができて、ほっと安堵。
ライブレポはぼちぼちな感じで参りますので、
感想などお好きなように、かまわず入れてって下さいませ。
鉄さんがアップしていたセットリストをようやく見て
自分が思っていた曲数が
かなりひいき目で(←この期に及んでもなお。ファンというのは切ない生き物です)
増量されていたのを知り、
なんかだまされたような気分になってます。
あーあーそうだろうよ。

*****************

たいへん長らくお待たせいたしました。
できました。

錯覚1
錯覚2

今回のライブを表すならば、こんな感じでしょうか。
個人的な思いのある中でのライブ、そしてライブレポ。
楽しんでいただけるかわかりませんが、
とりあえずお茶でも入れて続きをどうぞ。

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : 来生たかお

22:20  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(25)

2014.07.11 (Fri)

乳がん記録33:化学療法後半戦!ドセタキセル1回目

4月から始まった抗がん剤治療も、後半戦です。
今回から、ドセタキセル(タキソテールとも)治療が始まります。
同じタイプのパクリタキセルというのもあって、こちらは毎週が基本ですが
ドセはEC同様3週に一度。
効果に変わりはないそうです。
仕事継続中&点滴の針を刺すのに毎回苦労する私には、こっちの方がありがたい。

今回はW杯だのライブだのと時間がなくて
ドセの副作用についてしっかり調べることができなかったけど
まあ手足のむくみや爪の破損、味覚障害、などがあるようなので
前回と同じ対策グッズを持って行きました。

血液検査のブースで待っていると、
いつもの(針を刺すのに難儀する)看護師さんがいるのが声で分かり、
なんか順番的に当たりそう、と思ったらやっぱり私の番号を呼ぶので
顔を合わせた瞬間、二人で爆笑してしまいました。
でも「今日は別の人にするからー」って別の人がやってくれて
したら、いともあっさりと針を刺してくれて、
やっぱり、あの人にやってもらうのは避けよう、と思いを新たにしたのでした。

またデフォルトで1時間半以上待たされ、
その間におにぎりとソイジョイを急いで食べたりしながら
先生との面談。
今日の白血球の数字は、なんと4500!正常値です!
他の数値も異常なしでした。
バナナとニンニクのパワーか?寝不足は影響しないらしいです。

4回目の副作用も、とくに問題なかったと報告。
触診も異常なし。
今は術後の胸の形も、中の細胞が移動したのやら、
無理に寄せた感じがなだらかになって
傷さえ見なければ普通の感じに見えます。
センセのおかげ。

着替え終わって体重を計っている時に、
看護師さんが「あれ?これサインが入ってるね」とマーカスのトレシャツに気づいたので
事情を簡単に話したら、センセもびっくり。
看護師さんが「W杯に出てる人?」「そんなじゃないですよ!」
センセも「着ちゃってもったいなくないの?」
「何言ってんですかー、点滴の時の勝負服ですよ!」
と言ったら笑ってました。

次回はまた3週間後なのだけど、初めてのドセなので
何かあったらその前に検診に来てくださいと言われました。
副作用は、ECよりもずっと軽いという話だけど
やはり心配はあるものね。

化学療法室へ移動。
今日はこの部屋で昼は食べずに、お茶とカルピスウォーターを飲むくらい。
なんと、今日はイメンドが処方されていませんでした。
ドセは悪心がほとんどなくて、イメンド飲まなくても大丈夫なんですって。
ええー、ホントか!!
いつもイメンド様様で頼りにしていたので、不安はあるが、まあ大丈夫なんでしょう。
点滴も、最初は吐き気止めも流すらしいけど、終わりは生理食塩水のみとか。

今日からやるドセの副作用についても、冊子をもとに説明を受ける。
むくみや、数日後に関節痛が起ったりするらしい。
白血球の減少もEC同様に起こる。
あとは脱毛。
「まゆげが抜けないと良いんですけど」
「みなさん、それが一番困るって言いますね」
ドセの副作用はECに比べるとずっと楽なのだが
ECの後にやることが多いので、体力が下がっている状態で
疲れが残って辛いこともあるかも、と言われたが
「うーん、今のところ、あまり残ってないんですよね」
と言ったら「そうね」と笑っていた。

前回、腫れていた右腕は、今はおさまったのだが、
でも血管の筋が2本ほどくっきりと。
「これはやっぱりエピルビシンのせいね」と看護師さん。
まあいずれおさまるであろうものなので、
多少の痛みはあるけど気にしてない。
私の問題は、今日の点滴が無事にさせるかどうか、だけだっ!
看護師さんは、手の甲側の、手首の真ん中あたりで1発で刺してくれました。
これでもう終わった気になるもんね。
よかったよかった。

ちょっと想定外だったのは、
ドセの点滴が1時間と言われたこと。
前は薬2種類で、それぞれ30分だったので、
今回は同じだけ短くなると思ったのに。
見ると確かに量もたっぷり。
取り替える手間はないけれど、やっぱ相応の時間がかかるのね。

でもなんやかやで、2時半前には終わったかな?
終わったころに、他の看護師さんから
「関節痛が出て、痛いようだったら、
普通の解熱剤(頭痛の薬)を飲んで構いませんよ」
と言われる。
良かった、それならあまり不安にならずに薬飲めばいいのね。

立ち上がると、少し全体にだるいかな?な感じ。重たいような。
気づくと手がスゴイむくんでいる。
もともとこの数日は手荒れが酷く、むくんでいたのだが
さらにぱんぱん!かゆいし。ひー。

下で会計を済ませると、本日は20080円でした。
でもきっと、数年前よりはお安くなっているんだろうなあ。
通常の吐き気止めや胃の薬はまだ余っているのがあるので
今日は内服薬の処方はナシ。

迎えに来たダンナとスーパーで買い物。
今日はビーフシチューがあるのだ。イイ旦那さまです。
さすがにちょっと疲れたので、帰って2時間ほど寝た。
起きるとまだだるいけど、
胃のもたれる感じやのどの不快感はぜんぜんない。
ECよりラクとは聞いていたが、ぜんぜん違うな!
身体がだるいのと、気分が悪いのでは、負担が大きく違う。
まだ初日なので油断はできないが、4日目あたりが目途かなあ?
手足は重く、しかも手はびっくりするほどむくんでいる。
「うーん来生さんの手みたいだなあー」

ノンアルビールで晩酌して、ビーフシチュー食べて
オランダ対アルゼンチンの試合を見て、(メッシはほんとに動かねえなああ)
23時ごろ寝たのだが、
帰ってきてから寝たのが悪かったのか、
そのあとまるっきり眠れなくて困った。
3時過ぎくらいまで、布団でうだうだしてたような気がする。うう。
どうせなのでトイレに何回か行くようにした。

つづく。

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

タグ : 乳がん ドセタキセル

11:30  |  日々是乳癌  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2014.07.11 (Fri)

乳がん記録32:EC療法4回目・迷走する日々

昨日、ドセの1回目を終えて、今はわりと普通の状態です。
なところで、更新していなかった4回目のことを、思い出すままに。

4回目は、なぜか5日目、6日目あたりから下降線。
喉がつかえる感じが出てくると、一気に「何食べよう」の判断が分からなくなる。
W杯を毎日見ているため、
夜ふかしはしないけど、朝めっぽう早く起きて試合見て、
仮眠して、また起きて、な生活をしているので、
体調はやはり上向きにはならないわな。
気持ちだけ楽しくても、身体はそうそう無理はきかない。

7日目から職場に戻ったけど、8日目はなんか朝から気分がふさいで
行きたくないなあ~と思ったのだが
この体調の悪さの一因がW杯にあることは分かっているので
休むわけにはいかんよなあとうだうだ出かけ、
やっぱり休めば良かったと思いつつ仕事をし、まあ後半はちょっと持ち直してきました。

食事を作ろうという気にならず、
いい加減に簡単にできるものと、すぐ食べれる物と、
もっと面倒だと、外食したりと、
いくらなんでもこれでいいのか?な食生活も多くなってきた。

このころは、自分に足りないものはなんなのかと
ずっと考えることが多かったです。

休養なのか、正しい生活なのか、
楽しい&今しかないと思って早起きして試合を見ているのはいかがなものか、
食べたいものを食べるのがいいのか、
ただ食べるだけではなくバランスを考えるべきなのか、
運動をもっとするべきなのか、職場に通勤する程度で十分なのか、
もっとダンナに面と向かって感謝しないといけないのか、
今はまだ甘えているだけでもいいのか、
自分が癌の治療中であることをもっと自覚して意識した方がいいのか、
意識せずに普通に(してるとまるっと考えないのだが)方がいいのか、
もやもやしてるなら泣いた方がいいのか、やっぱり泣くのは娯楽なのか、
いろいろぐるぐる。

生活が乱れているので、おさまっていた手あれも出てくる始末。
いつのまにかうっかり日に焼けたようで、
腕や足にかゆみがあり、油断すると発疹が出そうな雰囲気。
去年はこれでかゆくて真っ赤になってエライことになったのだった。
数年前から、日焼けで黒くなるというよりも、発疹が出るようになってしまった。
リンパ郭清してる人は日焼けしたらいけない、というのはこういうことかも。

職場は異動の時期で、2日続けて甘いものが出て、
しかも2日とも昼はパンを買って行ったので
確実に甘いもの取り過ぎ。

そうそう、同じパートの乳がん仲間がこっそりと
「こないだ検診に行ったらしこりがあるって引っかかったの。
今、検査して結果待ち」と言われて焦った。
彼女は手術ののち、放射線とホルモン治療のみで、もう4年とかそれくらいか。
「放射線やってるのに術後の方にあった」「ええ~!!」
で、どうしたかなと思いつつ、ローテーションの関係でしばらく会えず、
ようやく会った時に、ピースマークを出してくれました。
「良性だって!」「よかったよお~~」

今月はなぜか出勤日のスケジュールで、1日治療と関係なく休める日ができて
久々の平日の休みに、これでもかとやるべきこと、やりたいことを詰め込んで
ほぼクリアしたのだが、あいかわらず無理をしている自覚がない。

じみーに身体のバランスを崩しつつも
ジョナベルのコバヤシさんから、今後のライブのお知らせをいただいたり(嬉)
来生さんのライブで、ほとんど癌発覚後初めてという状態でみんなに再会、
飲んでしゃべって楽しく過ごしたり、
W杯は、やはりうなるような試合が多く、
なんやかやとしっかり楽しい生活を送り続けた。

そうそう、これも体に負担をかける一因となっていたであろうこと。
RYUMEIさんの(自分的にはRYUMEIさんのです)軽井沢ライブのために
情報収集しまくっていました。
来生さんへのラブレターという名の陳情書を、頭を悩ませながら書いたり。
寝ても考えることが止められず寝られない日が増えましたね。

まあそれも、
軽井沢のチケットが、自分が望むほぼベストの席が取れたということで
解消いたしました。
それが終われば終わったで、
ライブの日に向けての準備で頭はまた休まらないんですがね。
さすがに当分先のことなので、ちょっと休まないといけませんがね。

いいのか悪いのか分からないが
4回目が終わってからの間は、
一瞬、気持ちが凹むような時期を通り過ぎて
今はまた普通の、ポジティブで健康な状態に戻っているかな、と思う。
それだって、わざと意識するのを避けてるだけで、
実は無理してるんだよ!な状態なのかもしれないけど。
だからって、ねえ。
そこでくず折れてもしょうがないじゃん。

W杯も終われば、ゆっくりした時間が戻ってくるでしょう。

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

タグ : 乳がん EC療法

11:23  |  日々是乳癌  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.07.03 (Thu)

鉄火巻きのフレンチスリーブ

tecka3.jpg

夏のブラウスを作ってました。
パターンは茅木真知子さんの「私の好きなシャツスタイル」から。

2年前か?日暮里トマトセレクト館で買った、ちょっと贅沢なプリント生地です。
鉄火巻きの柄と呼んでおります。
小物用にと思って買ったんですが、
分量の少ないシャツならいけるかなあ、と。
着てみたら思いのほか可愛い感じでよかったよかった。
そでぐりはバイアステープでくるむ形だったので簡単でした。

tecka2.jpg
tecka1.jpg

無地の黒いスカートを合わせたら似合いそうです。
でも黒いスカートなんて持ってないー。
そのうちいい生地を探してこよう。

日本橋で着るかどうかは御大次第。
雨なんて降らせないでくれよっ。

テーマ : ハンドメイドの作品たち - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 手縫い フレンチスリーブ

20:59  |  趣味の針仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |