2014年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014.10.31 (Fri)

乳がん記録46:放射線治療も折り返しを過ぎて

久々の更新です。
ぼーっとしてると放射線治療が終了してしまいそうなので、
一応の途中経過と覚書を。

10月6日にスタートし、現在19回目が終わったところです。
毎日6000円ちょっと払っていたお会計も、しばらくしたら205円とかになりました。
また来月からは6000円コースが復活するでしょう。

このままいけば11月11日に終了します。
13日は主治医との外来の日。
気分的にはここで一区切り、って感じかな。

今のところ、放射線による副作用は「皆無」でございます。
あまりにも何もないので、ネットで調べたら、
治療が終わってから、
肌の色が変わったり乾いたりかゆくなったりする人もいるようなので
まだまだ油断はできない感じです。
色くらい、変わってくれないと、ほんとにやってんだか不安になるしな。
うーん、もしかしたらのどが詰まった感じがしてるかもしれないけど
ECの時に感じた、そのせいで食欲なくなる感じは全くなく、
「飲み込みにくい?かな?うーん?どうだあ?」
という鈍さ全開の感覚です。

私は胸と首の2か所に照射してるので、
思ったよりも時間がかかってると思います。10分くらい?
週の頭は、照射位置の確認もあるので長めになるし。30分近い?

えーと、だいたいバスだと9:15くらいに病院について、
帰りのバスが早いと9:54に乗れて、遅いと10:17くらいまでなったりして、
もっと遅いときは10:30になったり!!
そんな時間です。

治療時間が長いときは、万歳してる腕もそうだけど、
少し横に向けている頭の後に、インナーキャップのゴムを縫いとめた部分が当たって
途中でものすごく痛くなったりして閉口します。
最近は、ちょっとゴムの部分をズラしてから寝ころぶようにしています。
体に書いた線は、書き直してもらえばいいや、で
今はあまり風呂でも気にしていません。
予約時間に行くと、自分の前に人がいるときもあるし、いないときもある。
会計がうんざりするほど混んでる時も、すぐに呼ばれるときもある。
バスは、コンスタントに来るのではなく、2本続けてきて15分開く、とか
そんな時刻表なので、いつも時計を気にしながら会計を待っています。
職場につくのも、早いと10:30、遅いときには11:10とか、
なかなか決まった時間で進む、ということがありません。

折り返しするまでは早かったけど
後半に入ると、さすがにもう飽きてきた。
飽きる、って、そう思うヤツいるんだろうか。

ほかに気になる不具合は、
右腕の血管の固くなってるのが、
ぜんぜん変わりないってことくらいですかね。
でもジムで、グローブつけてミットにパンチしてるけどな。
さすがにこの腕でテニスをしようという気にはなれないです。

むくみも、関節痛も、気にならなくなりました。
体重は、あと2キロ、減らしたいったら減らしたいです。
まゆげがうっすら生えてきました。
髪の毛も、全体に黒い感じになってきました。
白いのもまじってるのがヤです。
また白髪やくせ毛と格闘するのかと思うとうんざりします。

乳がんであることを、
日々忘れています。
というか、もう自分の中にはないと思ってるし。
以前の治療のことを思い出したりはするけれど
わざわざ「あの時つらかった・・・・・でもワタシ、えらかった・・・・!」
なんて思って浸ったりはしません。
そんなヒマじゃねー。

終わりが見えて、終わった気になっているワタシですが、
あとから隙をついて、時間差でどーんと不安になったりするんでしょうか。
そればかりはわかりません。

今の自分の正直な感覚は
乳がんであることを、何か自分は利用してないだろうか?ということですかね。
乳がんだからって、そんな威張ることか?とか。
それくらい、しんどかった日が遠くなっているということです。

すべての治療が終わったら
また報告します。
スポンサーサイト

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

タグ : 乳がん 放射線治療

23:22  |  日々是乳癌  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2014.10.29 (Wed)

Live Premium@軽井沢大賀ホール~恋する時間

ついにこの日がやってまいりました。

軽井沢・大賀ホールでのプレミアムなライブ。
みなさん、それぞれの思いをもって、
どきどきしながら軽井沢に来るのでしょう。
すべてのみなさまにとって、
特別で大切な1日となるように願っています。

私は1泊しますけど、行って帰ってくるくらいです。
それでも澄んだ空気や紅葉や星空(忘れる可能性大)や釜めしを楽しみに
ちょっとした旅の気分を味わいたいと思います。

日帰りの方もいますね。
感想はいつでも先にじゃんじゃんどうぞ。

やっと、RYUMEIさんに会えます。

*****************************

紅葉の軽井沢より帰ってきました。
今さっき赤瀬川原平さんの訃報を知って落ち込んでおります。うう。

ライブはとても楽しかったです。
ほぼ11か月ぶりのギターの音色、コーラスの響き、一つ一つのシルエット。
遮るもののない視界の中に、すべての思いを集中していました。
たどり着いた場所には、ずっと思い描いていたものがちゃんとありました。

無事に終わった今は、少しの時間だけの再会が
むしろ、いっそうのさみしさを感じさせて、
なんだかもうーーーー、始まる前よりもずっとずっと切ないです。
12月までどうやって生きていけばいいの。

レポは限りなく偏ったものになりますし(何をいまさら)
いつもと同じようには書けないような気がするので
あまり期待しないでください。
行った方はじゃんじゃん感想お待ちしております!!

*****************************

できました。
常にない高速アップです。
内容は、当初予想していたよりは、いつも通りな感じになりました。
偏りがあるのは毎度のことですが、
各自勝手に対象となる人物を入れ替えてみたりなんかして
その時の気持ちを思い出してみると、
読んで意味のあるところも増えるんじゃないでしょうか。

まあいいんだー、これは私の記録だから。

あ。
星空なんて、ちらっとも見なかったな!

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : RYUMEI 小田木隆明 来生たかお

00:31  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(39)

2014.10.27 (Mon)

訃報・赤瀬川原平さん

突然のニュースに言葉がありません。

体調を崩していたのは知っていたし、
出版される本もがくっと減っていて
ずっと心配していました。

あんなに笑って次々と面白いことをやっていたひとでも
病気になるんだなあとしみじみと考えていました。

私が最初にゲンペさんの文章に触れたのは
学生の頃で、東京新聞の夕刊コラムだったと思います。
カニカマといいつつカニなんて入ってないニセモノについての
面白く短い文章で、思わず捨てられずスクラップしたと思います。
大学時代は図書館で、
石子順三・花田清輝・草森紳一・滑稽新聞・広告批評のバックナンバー・南伸坊あたりを
パラパラやる中で、ゲンペさん的なものにニアミスしていたと思います。

本屋で平積みされていた「東京路上観察記」の文庫本を
ゲンペさんとは知らずに読み、
その文章・文体の面白さ、言葉選びの巧みさ、どこにもなかった視線にすっかり魅了され
昔取ったスクラップの文章のことを思い出しました。

そのあとは、トマソン、路上観察、宮武外骨あたりから、
かたっぱしからいろいろ読みました。
面白いのもあったし、それほど面白くないのもありました(笑)

回転寿司の、いつまでも回ってて表面が乾いてるようなやつは、
違う段に移して、値段を下げればいい、なんて話は
どの本に書いてあったんだか。
それに添えられたゆるいイラストには、
4段ぐらいの層になって目の前を回る回転寿司のレーン。
こういうのを丁寧に絵にするところがゲンペさんです。

老人力が出てきたときは、ゲンペさんのファンにとっては当然の成り行きでしたが
あんなに社会に反響があるとは思いませんでした。
ゲンペさんの本が売れるときは不況なんだそうですよ。笑えます。

私の文章も、考え方も、目の付け所も、おもしろがるところも、
ゲンペさんからの影響がとても大きいと思います。
もともとの私の嗜好も近いってことですが。

「ウニドロ」事件というのもありましたね。
人にわからないような比喩は比喩じゃないって藤森さんに怒られた話。

初めてテレビで話をしているのを見たときに
とても穏やかで、低くてあたたかな声をしているのが、
自分の想像と違って、印象に残りました。
美学校で先生してただけあるなあと。

好きな本はいっぱいあります。
何度も読み返した本もいっぱいあります。
もう一度読みたい本もいっぱいあります。
まだまだ、これからも読みたかった。

鎌倉に作ったという土饅頭のお墓。
ゲンペさんらしいなと、その出来上がるまでの話を読んで思っていました。

なんだか、大きな穴が開いたような気分です。
千葉で展覧会をやってるそうです。
見に行かないといけないな。

訃報:赤瀬川原平さん77歳=美術家、作家「老人力」@毎日新聞
赤瀬川原平さん死去:並外れた面白がり方@毎日新聞

心よりご冥福をお祈りします。
赤瀬川さんの文章に触れたことのない人には
ぜひ何か1冊でも読んで、ばかばかしいなと笑ってほしいと思います。

タグ : 赤瀬川原平

16:32  |  蛸足図書室  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2014.10.22 (Wed)

プレミアムライブ・カウントダウン↓(終演時間に関する追記あり)

*** 追記 ***

軽井沢のプレミアムライブに日帰りで参加予定のみなさまへ。

終演予定時間が18:00に変更になりました。

大賀ホールHPの来生さんのページに記載があります。
→ http://www.ohgahall.or.jp/concert/details.php?cid=1892&year=2014&mon=10&v=0

そも終演時間のことを、蛸足で見て知った!な方もいるかと思いますので
改めて訂正いたします。
ライブの公演予定時間は2時間ちょっとになります。
帰りの新幹線、そこから先の交通手段の時間、待っている家族への言い含め、
あれこれ変わってくるかと思いますのでご注意ください。

鉄線花さん、情報ありがとうございました。

*** 追記 オワリ ***

来生たかお、 Live Premium ~Stand Alone 2014~@大賀ホールも

かなり近づいてまいりました。
今週末には神奈川県民、前日には前橋、とタイトなスケジュールの中ですが
プレミアムだからまったく違うらしい
軽井沢でのライブの準備は、ちゃんと進んでおりますでしょうか。

私は神奈川は行かないので、
感想は別記事で待っております。
ここでは、プレミアムライブを前に否が応にも高まる気持ちを
クールにダウンさせておいてから、
当日の喜びを上乗せしようという、姑息なことをやろうと思います。
もうね、
高いところで待っていて、待ちぼうけを食らって逆ギレするのは
なるべくやめよう、と思うんです。
精神衛生上、よろしくない。
そこに来生たかおがいる。
それ以上の喜びがあるでしょうか?(←最低ライン)

月子さんも、別記事のコメントで書いておりますが、
このプレミアムライブは1時間半しかやらない予定です。
大賀ホールのサイトにだいぶ前から書いてあります。
おそらく、当日中にお家に帰る方のために、
前もってお知らせしておこうという心遣いです。
新幹線のチケットを買うのか、宿を取るのかでは大違いですもんね。
なので、この時間設定に大きな誤差が出るとは考えづらい。

ま、私はこの記述に気がついた時、
荒れる気持ちをしずめた後で
他のアーチストやイベントの終了時間を調べて回りましたけどね。

来生さん、
おしゃべりしてたら歌う時間なくなりますよ。


そして、前にも書いたと思うけど
ここのホール、
席によってはトークはとても聞き取りにくいそうです。
ネットで拾ったライブレポに書いてあったもん。
そりゃあ音楽のためにこだわって作られたホールですからねえ。
せっかくのライブの半分を、よく聞こえないトークでもんもんと過ごすのでは
お金を払った甲斐がないというものです。

クラシックにおいて最大限のポテンシャルを発揮するかもしれないホールで
「渡辺俊幸さん」なんて名前が出て来た日には
そら、このホールでのお仕事か?と
浮足立つのをとがめることは誰にもできないと思うんです。
だってプレミアムライブだしっ!!

まあどうもそれは妄想たくましいファン(私だよ!)
勝手に2点を繋げただけの思い込みで、
大賀ホールとはこれっぽっちも関係のないものだということが分かりました。
ツケメンが来ないであろうことは、
彼らのライブスケジュールを見れば分かることです。

いいんですよ。
RYUMEIさんが来るもん。
私は、RYUMEIさんが出るって分かった時点で、
プレミアムである保証をもらったので、
目の前の人参を目標に、
半年、しっかりと抗がん剤治療を、
少しの遅れも出さずにスケジュール通りに乗り切ってきました。
自慢じゃないけどさ、
スケジュール通りに終わらせるって、気力だけじゃ出来ないんだからね!

来生さんのコンディションも、選曲も、トークの占める割合も
今の私にとって、最重要項目ではありません。
だっているだけで(以下略)

来生さんのライブがなければ、サポートを呼ばなければ、
それが成り立たないことは重々承知しています。

(つか、ソロだったら買わないっす)

往復の新幹線指定席、アクセスチケットで購入して通常価格の1000円引き。
宿はネットで早々に予約して6000円。
チケット代6500円。
ライブは1時間半。
観光なんてしてるヒマはなく、翌日帰って放射線治療の続きだよ!

このプレミアムライブに傾ける
来生さんの気持ちはいかほどですか?
尊敬している渡辺氏と一緒に、
オーケストラを交えて演奏できる環境と比べてどうですか?
8月の夏休みを終えて、後半戦の怒涛のソロツアーの只中で
この1度だけのプレミアムライブのために
割いた時間はいかほどですか?
それを聞くのは、ファンとして失礼ですか?




私はRYUMEIさんに会いに行くの。
そこに来生さんがいるなんて、得した気分になるじゃない。





ライブレポ用の場所は、
またあとで設けます。

タグ : 来生たかお RYUMEI 小田木隆明

00:03  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(9)

2014.10.12 (Sun)

パソコン・プリンタ買いました。

パソコンとプリンタを買いました。
プロバイダも新しい契約をしました。

きっかけは、
9月中頃のダイレクトメール。
今使ってるプロバイダが、
来年某月にこの地域のADSLサービスを廃止するので
新しくWi-fi環境に移行せよとの通知が来たためです。
無線ルーターを来年1月までに申し込めば無料で送るとのこと。
タイムリミットがいきなり設定されました。
私の使ってるパソはOSがVistaの、もう7年近く使ってるもの。
サポート切れも時間の問題。
動きも遅くなってきたし、そろそろというところでした。

まずプロバイダに電話して、ダイレクトメールの詳細をいちいち質問。
紙見てたって都合のいいことしか書いてないのだ。
自分に関係のないことだっていっぱい書いてある。
とりあえずの疑問を解決したが、腑に落ちない点もいっぱいある。

そののち、近所の家電店でPCを物色。
ターゲットはデスクトップ。できればモニター別のタワー型。
ディスクを入れるところがちゃちくないやつ。
過去2つのパソが富士通だったので富士通に絞る。
ソフトを5つ6つ起動して作業することがたまにあるので、
遅くならない環境。
2店ほどまわり、あれこれと質問。

9月末は、冬の商戦前のリニューアルを控え、
現行モデルが一番値下がっている時期。
これを狙って買う客もおり、
在庫も各店かなり少なくなっている。
新しいモデルが出ても、さして大きな変更点はなく、
値段だけが一気に上がる。
なので、あまり悠長に考えてる時間もありません。

家電店のお兄さんによると、プロバイダに関しては、
無料でもらえる無線ルーターが、
デスクトップオンリーの場合はあまり使えたものではないらしいので
まるっと乗り換える方向へ。
PCと一緒に契約すればかなりのキャッシュバックもあるとか。
住環境を調べると、月の契約料も、一番安い値段設定でいけるとのこと。

と頭が煮えまくっている中、
プリンタがいきなり電源が入らなくなるというアクシデント。
こういう突然死が、まま起こるらしいのだ。
とっくにメーカーの修理対象期間は過ぎている。
どうせOS変えたら、使えるかどうかわからない。

カタログやネットであれこれ情報をさぐりつつ
ダンナの様子をうかがいながら、たまにプッシュ。
めんどくさい時に話を振ると、
ぜんぜん頭に入ってないのが分かるからな。
そのわりに、丸投げしてくれるわけでもないので、
タイミングが難しいのだ。
先日何回目かの「そろそろパソコン買わないとヤバイよ」攻撃に
「じゃあ明日買いに行こう」と前向きな返事。
ここを逃してはいけない。

そんで。
週末、二人で店頭に行き、さらに話を聞く。
自分とダンナのそれぞれの譲れない部分を加味した結果、
テレビが大画面で見れて(ダンナ)
CPUがインテルCore7でメモリ8ギガつんでるやつ(のもん)になりました。
HDD3テラもついてんの!使いきれないよ!!
こんなに高性能にもかかわらず、
NECに値段の手ごろなヤツがありました。奇跡。
ウィンドウズ8.1が入ってるタイプは一体型しかなく、
ディスク入れるところがかなりちゃっちいのが不満ですが、
ここはもうしょうがないみたいです。

そんでプロバイダもOCNに。
しかもOCNの人が家に来て、箱から出して設置から、
簡単なセッティングまで無料でしてくれるらしい。へえー。

キャッシュバックも6万円(実質4万ちょいになるけど)
家電店のポイントもあれやこれやとついてきます。

が、昨今のPC、
買ってそのまま使うのにはちょっと問題がある、という話が続き
結局、ちょっとした設定を配送前にやってもらうことに。
自分でできなくはないけれど、
調べて時間かけて自分でやるかどうか微妙な作業を
何点かまとめてお願いしました。
ウィルスソフトの更新とか、ウィンドウズアップデートやら、ファイアウォールの設定やら
まあちょろちょろと。
作業にかかる費用は発生しますが、もらったポイントをあてて解決。

とりあえず、フレッツ光の開通の日取りを決め、
セッティングしたあとのPC引き渡しの日にちが決まり、
後日OCNさんの訪問作業の日程を決める、というところまで
決めてまいりました。
もう次に買い替える時は、頭がついていかないぞ!!
自分で事前に調べて突っ込みながら聞かないと、
とてもじゃないけど理解できない話が多すぎる。

そこまで4時間近くかかってますが、
そのあとで、プリンタのお勧めを教えてもらいました。
数年前に比べて、あまりにも多い商品数。
とてもじゃないが自分で調べる範囲を超えてます。
年賀状と、WEBページの印刷に特化して、インク代も節約できる機種を
選んでもらい、買って来ました。
今度のプリンタはブラザーですよ。
節約モードという、私にぴったりな機能があるのです。
黒いゴシックの大きなベタ文字を、
中抜きして(中の黒い部分を印刷しない)くれるんですよ。
爆笑してしまいました。
インクコストも他のメーカーよりもかなり低い。
いいものを選んでもらいました。
値段5000円代だよ。こんな安くなってんのね。
補充インクも一緒に買って、余ったポイント半分使ったので
激安で買えました。

まだこれから、今のPCのデータバックアップどうするかとか
あれこれ落としたソフトが、次でも使えるのかとか
処分をどうすんのかとか
考えることは山積みです。
10月末に軽井沢に行く前に、
環境一新できるかどうか。悩ましいです。

とりあえず、プリンタだけ今のPCに繋ぎました。
これで御大へのラブレターだけは書いて打ち出せます。
どこかから「ちっ」という声が聞こえたのは気のせいですね。

まあ大きな出費ではありますが
いずれ買わねばいけないもの。
タイミングとしてはかなりいい時期に、格安の値段で買えたのだから
ヨシとしましょう。
あーしかし頭がパンクしそうだったよっ。
22:19  |  それ以外  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2014.10.08 (Wed)

乳がん記録45:財布をじんわりと襲う放射線

14.10.06

いよいよ始まりました、25連ちゃん放射線照射!
1回目は、照射する場所を詳細に確認するために、
時間が長くかかるので、予約は14:00でした。
台風が直撃していましたが、家を出る頃にちょうど雨がやんで助かりました。
それでも風が強かったら困るので、チャリは諦めて電車+バスで。

予約の2時にちゃんと呼ばれました。
今日からはリニアック室という場所での治療。
前回取ったCT撮影の画像をもとに、今日の治療の説明。
えーと簡単に言うと、
印の個所をあわせて、レントゲンを撮って位置を確認し、続けて照射、となるようです。
照射は心臓や肺にかからないように、胸を斜めに切るように2方向からかけます。
(うまく説明できないな)
私は胸と首の2カ所にかけるので、都合4か所の撮影と照射、になるようです。
その間、身体を動かすことはできないので、頑張って我慢してくださいとのこと。
だいたい1時間くらいでしょうと。

そうなのか。
レントゲンとったら休憩して続き、とかじゃないのね。
一度決めた場所を動かさないのがキモらしい。

説明ののち、台に寝ころんで前回と同じ体勢に。
「テープのところ、かゆいですか?」
「数日前からちょっと」
今日からは通いになるので、テープも外してもらいました。
消えた線をもう一度書きなおし。
そんでいよいよ治療。
うっすら流れるミスチルの曲を聴きながら
腕の痺れと格闘する。

部屋が明るくなったり暗くなったり、
機械が上やら横やらを移動したり。
技師さんが機械の何かを入れ替えたり別室へ移動したり。
音もあれこれと聞こえるが、
それが何をしている音なのかはよく分からない。
とりあえず私は微動だにしないでいるだけ。
目を開けているのも疲れるが、
目を閉じると腕の痺れに、より意識が行ってしまう。
あと何曲くらい聴いたら終わるのかなあ。
1曲5分くらいか?10曲聴いても終わんないのか?今何曲目?
などとあれこれ考えたり考えなかったりしているうちに
覚悟していたよりは早く終わりました。

着替えているときに時計を確認すると
部屋に入ってからちょうど1時間くらいでした。

外に出て、技師さんと話をする。
照射する位置などが確定したので、料金も確定したとのこと。
初回は15000円くらいで、次回からは6000円くらい。
インパクトのある数字ですが、
事前に情報をそれなりに得ていたので
倒れることはありませんでした。うっ(泣)

時間は9:30にしているけど、
他にも受ける人がいるので多少前後するとのこと。
まあそれはしょうがないでしょう。
とりあえず、軽井沢から帰ってくる27日の月曜だけは
15:00に変更してもらいました。
あと、日によって、長くかかる日が挟まったりするようです。
もう来たらおまかせだな~。

お会計は15,400円也。
カード一括。
今月は限度額いっぱいになるだろうなあ。

そうそう、4つの十字の他に、新しい線が増えました。
術側の胸の上の方に斜めに長めの線。
その上にちょっとメモリのように等間隔の小さい線も。
えりぐりの広いカットソーなんて着てると見えるような場所です。
家に帰ってダンナに見せたら
「フランケンみたいだな!」
せめてブラックジャックと言ってくれ。

放射線2日目以降は、
治療している時間は正味15分とか20分とか、今のところはそんな感じです。
身体の位置を印に合わせるのに、時間がわりとかかります。
放射線自体は痛くもかゆくもないけれど
毎度バンザイしている腕だけは痺れます。
せめてこれで二の腕が痩せればいいけど。ないか。

3日目は、はじめて治療の後で仕事に行きました。
会計の待ち時間、バス・電車の乗り継ぎなど
不確定要素がいろいろありますが
1時間遅刻くらいで到着。
これくらいならマシだよな。

というか、途中までまったく会社に行くのと同じルートなので
ぼんやり歩いてて病院行くの忘れてしまうんじゃないかと心配です。

まだ始まって3日なので、
体調はまったく問題ありません。
マジックで書いた線が消えるとか、そういう平和な心配だけです。
痛いのは2日目3日目ともに、6,160円という治療費だけ。
まだあと22回残っています。くうー。

つづく。

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

タグ : 乳がん 放射線治療

23:38  |  日々是乳癌  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2014.10.08 (Wed)

The Covers:来生さんの歌をカバーする、いまどき感心な若い人

急遽、場所作りました。
私の感想は後からアップするので
この番組へのコメントは、こちらへお願いします。

面白かったです!
月子さん、鉄さん、いこいこさん、
教えてくれてありがとう!

**************************

中田裕二さん@The Covers

これまで蛸足のコメントで鉄さんが熱く紹介してくれて、
いこいこさんが聴いてハマって魅力を語ってくれて、
月子さんがこのたびの放送を教えてくれたわけですが、
私も興味だけはあったものの、
ちゃんと見たり聞いたりはしていなかったので(すまん)
今回の出演はとても楽しみでした。

出てきた瞬間、わっ可愛い。
顔が、私の好きな感じでテンションちょい上がり。
丸顔で、やんちゃな可愛い系で口が大きい。
チョコレートのような赤めの茶色いスーツもポイント高い。

歌謡曲を聴きだしたきっかけの話や
明菜派の話とか、
そんな話をずっと年上のリリーさんと、
共感しながら素直に話す33歳、って図がね、
RYUMEIさんのことがダブってきます。

「スローモーション」

さすがNHKの音楽番組!な、
ゴージャスで丁寧に作られた凝ったステージ。
大人でジャジーなアレンジながら
このテンポがとても良い!
最近、こんな軽やかな早さで来生さんの楽曲聴いてないからな。
中田クンのビジュアルと声にとても相応しい軽さ。
跳ねるようなポップさがあって面白い。
すごい新鮮。
しかも可愛いし。

「モンローウォーク」

「弾き語りでどうなるのか想像がつかない」とリリーさんのマエフリから
既に私は挑戦状をもらったような気分。
イントロの感じにオッと思いつつも、
この早さと軽さが、むしろ仇というか、
ちょっと個人的には物足りない。

だって私、RYUMEIの小部屋で、
スペシャルバージョンのアレンジ聴いてるもん。
同じアコギ1本で。

あの時と比べずにはいられない。
RYUMEIさんのスパニッシュな香り漂う、緊張感と色気のある極上アレンジ。
あの瞬間にだけ現れた、神がかりな1曲。
私の中で「モンローウォーク」はRYUMEIバージョンで書きかえられて
唯一無二であります。
残念ながら、ちょっと上滑りな印象を受けてしまったのは
運が悪いと思ってください。

来生メロディーへの思い。
もう、ありがとうとしか言えない、
中田さんの愛とリスペクトのあるコメントの数々。
恋するように嬉しそうに大切に話す表情が、
嘘偽りが毛ほどもないことを証明しています。
ただ曲がいいとか、昔聴いてて懐かしいとか、そんな理由じゃなくて、
アーチストとしての来生姉弟が好きだから選んだ、というのが
びしびしと伝わってくる。
リリーさんの「曲が濡れている」発言には、ふかぶか納得。
でもね、
ウェット、だけどそう聴こえない御大の歌い方があってこその魅力なんだよね。
森山未來がカラオケで歌う、って聴きてえ~~!!
舞台で歌ってるの見てすんごい上手くて驚いたのだ。

「シルエットロマンス」

なんかさー、この映像を見ただけで
羨ましくてしょうがないの。
本人でさえ、こんなゴージャスな環境で歌えないのに。
すみずみまで気の配られたセット、ライティング、
その中で気持ちよさそうに歌う中田クン。ずるいよ!
しかも可愛いし。
茶色の柔らかそうなスーツも素敵だし、シルエットも細身だし、
表情もいちいちキュートだし。

しかし、このアレンジもなかなか♪
カバーCDもこのアレンジで入ってるのかな。
さっきと同じ、リズミカルな軽いテンポが素敵過ぎる。
ウェットで女くささ全開な曲だけど
最初のヴォーカルから、ぜんぜん違う男の子らしさが出てて
ほほえましくもカッコイイ。
ほんとにさー御大は最近この曲ものすごく暗くジメッとして歌うからさあ、
こんなに爽やかに明るくドライにカッコイイアレンジで歌ってくれると
すんごく嬉しい。
声は味わい深く、色気もあるんだけど
あまり伸ばさず歌うので、ウェット感がそれほど出てこない。
大橋純子さんバージョンに近いのかな?
でも1か所、
「あなたぃー」って歌うのを聴いて
この人、ここ数年の御大のライブ、見に来てるなと思ったよ。

この曲、ピアノも素晴らしくて。
情感もあるしポップだし華やかだし。
久しく、こんな上質なシルロマ聴いてないなあー。

あああああああもおおおおおおおおおおおお。
いいいいなあああああああああああああああ。

こんな若くて可愛くて力のある人に、
こんなに愛されてるのに!!!!
なんなんだよお、もう!!

ひとしきり一人夜中に悶絶したところでの「青のり」
気持ちを落ち着かせてくれました。
「ペチャパイ」って歌もなかったっけ。
「ペーチャパイ♪マラソン早い♪」
とかそんなやつ。

オリジナル、へ至る前の、
リリーさんの曲紹介が秀逸。
「泣いてるホステスを慰める曲が今はない」
ああーホントに的をついた言い方をしますね。
その上「泣いてるホステス」に象徴されるような
来生えつこの歌詞に出てくるような
大人の女性がもはや絶滅危惧種ですからね。

「誘惑」

今回、一番好きかも。
来生さんのカバー、という餌で見始めたその終わりに、
オリジナルがいい、と思えるのは嬉しい。
恋をして綺麗でいる女性が見えていいですね。
相手との上下関係がまだはっきりしてない感じもいい。
言い回しは凝ってるんだけど、やりすぎ感は回避。
来生えつこさんを好きだという人が作る歌詞、という雰囲気がある。
ここまでの流れを見てるせいだとしても、なんか嬉しい。
曲とアレンジと声のおかげで、
色気はあるのだけど、
重いジメッとしたところがぜんぜんないのも好感度高い。
洒落ててスタイリッシュなのにポップでカラッとしてる。
オリジナル、聴いてみたくなりました。

最後、自分のカバー曲を収録したレコードにサインをするんですが、
ほんと最初から最後まで、
素直に嬉しい楽しいを顔に出す人ですね。
しかも折り目正しいし、
自分の言葉でちゃんと自分の思ってることをキチンと伝えられる人だし。
おばちゃんたちのハートもぐいぐい掴んじゃってます。

30分だけなのがもったいない、素敵な番組でした。
中田裕二として、これから気になる存在になりそうです。

タグ : 来生たかお 中田裕二 RYUMEI

21:32  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(57)

2014.10.03 (Fri)

乳がん記録44:ドセタキセル4回目・これが時間差副作用か?

14.09.28

朝起きたら、頭がフラフラしました。
そんでめまい。
おおおおおお?
がんになる前も、ごくたまに、
頭が重くてフラフラするようなことがあったりしたが
めまいを起こすまではなかった。
しばらく寝ていればおさまっていたので
そのまましばらく寝てみたが、
状況はあまり変わらず。
病院に電話してみたが、日曜なので検査はできないみたい。
様子を見て、おさまらないなら月曜に診察に行こうかなと、
結局1日寝ていたが、いつまでもフラフラが残っていた。
時間差で起こる副作用なのかなあ。
ネットで調べると、骨髄抑制でそれもあるみたいだし。

14.09.29

朝起きても、あまり変わっていない。
しょうがないので、仕事を休んで病院へ。
勝手に家で深酒して二日酔いになって午前半休するとぬかすダンナに
送ってもらう。
予約をしてないので、時間かかるかなーと思ったが
血液検査もないし、待ってる人も少なくて、わりと早く呼ばれた。
しかも、主治医がいた。ラッキー。

副作用とも言えないらしいが、検査ばかりしてもね、ということで
対処療法的な薬メリスロンを出してもらった。
とりあえず、これでフラフラは改善しました。

あーしかし、日曜月曜とジムがあったのに、行けなかったよ~。

14.09.30

今日は放射線のためのCT撮影。
予約は朝9時。
家のことをやって自転車でノンストップで走っていくも
これはちょっとギリギリです。
やっぱ時間遅くしてもらおう。

受付して、しばらくしてCT撮影室へ。
最初に説明をうける。
今日は身体に目印を付ける。
付けたしるしをもとに、放射線の先生が照射する場所を
「この印から何センチ」と設計図を書くらしい。
後日、技師さんがその指示をもとに、照射していくのだが
この印を毎日ぴったり合わせることがとても重要なのだと。

上半身ハダカになってCTの機械に寝ころぶ。
足の下に三角形の台を入れて、膝をたてて乗っけるような状態。
ただ寝るよりラクな体勢。
腕はバンザイして両手を頭の上で組む状態。
顔は少し横を向くように言われる。

技師さん二人が慎重に、体に線を書いていく。
これ、うちのくすぐったがりのダンナだったら悶絶モノだな。
マジックで書いた線はCTには映らないので、
針金みたいなものを近くに貼るそうだ。
台が動いて筒の中へ。ひゅんひゅんと機械が回る。
これで撮影してるのかな?
足はいいんだが、バンザイしている腕がだるくなってきた。
どんぐらいかかるんだろうー。
終わるかと思ったら、また技師さんが相談して、調整。
そしてまた筒の中へ。
もう腕が限界になりそうー。ああああ。

よーやく撮影が終わって、動いていいよと言われる。
「腕が痛かったですー」というと、
初日の照射の日は、今日よりもずっと長くその体勢でいないといけないと言われる。
げえええええ。
「動いたら、最初からやりなおしになるので、時間がそれだけのびちゃいます。
頑張ってガマンしてくださいね」
1時間、はかからないだろうけど、ってこれはかなりキビシイぞ。

身体を見ると、身体の中央胸の近くに2つと、両脇に2カ所、
全部で4か所に十字の線が書かれていた。
思ったよりもずっと小さい。
大槻ケンヂみたいになるのかとおもったのに。
ケンヂ君

着替えて外に出て、廊下でまた説明を受ける。
「線が消えたら、書きなおすので病院に来てください。
でも仕事で来れないようなら、誰かに書いてもらってください。
ぜったい、自分で書かないように。
ペンも、太いのではなく細めのやつでお願いしますね」
自分で書くとズレちゃうんだろうね。

そんなに大事なものなら、
もっと大きくいっぱい書けばいいのに。

一応、肝心な場所にはテープを上から貼っているのだが、
それも書いた場所全体じゃないし。線、はみ出てるし。
全部に貼ればいいのに。
せっかく来たのに、なんというしみったれた処置なのだ。

こんな心もとない印4つ、ちゃんと6日後まで残るんでしょうか。

話が終わって時計を見ると、9時半くらいでした。
ううう初日のバンザイ状態、ちゃんとキープできるんだろうか。
お会計は4410円でした。
あ、2回目以降の予約時間は
9時半と、微妙に後ろにずらしてもらいました。

家に帰って、その日の夜はジムへ。
風呂では、印のところに石鹸をつけないようにしながら洗いました。

で。
印を付けて、本日4日目ですが、
すでにテープをはっていない場所は、かなり薄くなっています。
おいおいおい!!
あと3日、無事に持つんでしょうか。
今度はテープがはがれてきたりするんじゃないの~?
放射線初日は、台風が直撃するらしい10月6日です。

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

タグ : 乳がん ドセタキセル 放射線治療

21:43  |  日々是乳癌  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.10.01 (Wed)

ミシンできちんとスロウアイコート

ポルカさんのDLパターン、スロウアイコートをようやく作りました。
スロウアイコート【DL】@polka drops

アイコート2

生地は、日暮里トマトで買ってきた、
メーター100円のなんだかよく分からない生地です。
少し茶色味のあるグレンチェックで、張りがあります。
2枚重ねの段階で、すでに手縫いはムリだったので
久々にミシン引っ張り出しました。
ミシンは階下のヒトに迷惑なので、明るいうちしかかけられません。
とりあえず休みをもらってる間に作っちゃわないとなーと
集中して作業したので3日で出来ちゃいました。
縫うこと自体を楽しんでいる余裕もありません(笑)
やっぱミシンだと早いな!
あと当然のことながら仕上がりがキレイ。

アイコート3

床に置いて撮ってみました。
この生地、モアレってしまい写真を撮るのが難しい。

あっという間に出来ましたが
いろいろポカもやってます。
まず、後ろ身頃を、いつものクセで「わ」で裁ってしまいました。
とり返しのつかない場所を切ってから、あ、と気がついた。
背中心に開きがあるわけではないので問題はないんだけど
ステッチがアクセントになるだけに、ちょっと残念なことをしました。

アイコート6
↑ホントはこの中央に縦のステッチが入る。

それから、仕様を読み違えて
襟をおもいっきり逆に付けました。
完全に縫い終えて、形を整えるまで気がつかないという・・・。
表襟と裏襟で、パターンが異なることで、
きれいな形になるように作られている アンド 
裏襟だけに落としミシンをかけている、ため
そのままというわけにはいかず、
泣く泣くほどいて縫い直し。
ミシン糸は手縫いと違って糸を外すのがめんどくさいー。
カーブにも切り込み入れちまった後ですが、
なんとか縫い直すことが出来ました。
いやー、やったことのない襟の付け方だったから、
やっぱり失敗しちゃったよ。
でも出来上がりはとてもキレイでした。
さすがポルカさんのパターンです。

アイコート4

あと微妙なポカとしては、
手縫い糸の感覚のまま、白い糸で縫ってしまいました。
手縫い糸は、大雑把な種類しか持ってないのだ。
黒にするか白にするか悩んで白にしたんだが、
考えたらミシン糸なら山ほどあって、
生地に馴染む色の糸だって持っていたはず。
まあちょっとしたアクセントになって、白い糸もいいんだけどさ。
でも裁ち目かがりは生地と同じ色の方が良かったわね。
これも、いつもの手縫いなら三つ折りぐけにするところなので、
気が付くのが遅かったな。

とまあ、
いつもこんな感じで、失敗したりごまかしたりしながら
完成させております。

布は2.5メートルくらい。250円くらい。

アイコート5

ボタンは、かなり前にセールで買ってあったもの。
使った分4個で100円くらい。
ダウンロード型紙は、ポルカさんで500円(税抜き)。
多めに見積もっても900円で出来ました。おほほ。
着るとパリッとして結構いい感じです。
これからの季節にちょうどぴったり。

このコートと並行して、シーツを2枚縫っていました。

水色シーツ

手縫いなので、夜でも、テレビ見ながらでも作れます。
表は、開襟シャツを縫ったのと同じ布。
裏は、メーター100円の綿の布。まだシャツ作れるくらい残ってます。
どちらも、今年の春の日暮里セールで買ってきました。

で。
明日、日暮里の秋のセールがあるので行ってきちゃいます。
ついこないだ、ネットショップ・マルシェの閉店セールで
バナナの生地を買ったばかりだけどな。
掘り出し物の100円の布があるといいなあ。

テーマ : ハンドメイドの作品たち - ジャンル : 趣味・実用

タグ : スロウアイコート 手縫い シーツ

22:43  |  趣味の針仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2014.10.01 (Wed)

RYUMEIさん、誕生日おめでとう!

RYUMEIさん、お元気ですか?
もう1年たっちゃいましたよ。
新しい1年もまた、RYUMEIさんとご家族にとって
楽しいこと嬉しいことが山ほどありますように

私は治療の報告にかこつけて(笑)
定期的にメッセージなど送っています。
が、12月に会ってから、結局ここまで会えてないのが寂しいわ。

待ってろ10月軽井沢!!
ためこんだ愛を利子つけてどーんとぶつけてやるー!

みなさまも久々に、RYUMIEさんの歌声を。
胸深く染みいらせてくださいませ。



マキちゃんとのガチンコ勝負。
この時のRYUMEIさんは神がかっていました。



ガチガチ緊張モードのカクロウさんのオマケつき。
RYUMEIさんの冴えた甘い響きのギターがたまらないです。

続く動画はYouTubeでお楽しみください。

タグ : RYUMEI 小田木隆明

00:00  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |