2015年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2015.02.26 (Thu)

乳がん記録49:サバイバー、無事2年生に

一通りの治療が終わってから、まったく更新してませんでした。
乳がん記録をお読みになっている皆様、お元気でしょうか。
のもんさんは、無事に2年生になりました。

なところで、去年暮れからの記録などを。

スポンサーサイト

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

タグ : 乳がん 放射線治療

15:58  |  日々是乳癌  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2015.02.24 (Tue)

中田裕二:BITTER SWEETツアー@柏&日本橋

今回のツアーに関する感想、レポなど、
コメントで入れていってくれると嬉しいです。
すでに「裕二の間」で書いてもらっているのもありますが、
遅ればせながら場所を設けたので、こちらも合わせてご利用ください。

この記事は楽曲名込みでいきますので、
セトリを知りたくない方はご遠慮ください。
これから先は自己責任で。

*************************

初中田ライブから1週間以上が経過しました。
見ながらメモを取ることもままならず、
記憶とセットリストを頼りにどうにかこうにか書きました。
2日分連続して載せてるので長いです。

150214柏

楽曲のことより雑多なことのほうが多い気がする。
もうわけわからんので出します。

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : 中田裕二

16:06  |  中田裕二  |  トラックバック(0)  |  コメント(62)

2015.02.24 (Tue)

本棚:『雷の季節の終わりに』ほか

とくにテーマもなく、
おもしろそうだと思ったものから手に取ったラインナップ。

『地震と独身』:酒井順子(14.02)
東日本大震災の時、独身はどう行動したのか、という観点からのインタビュー。
酒井順子らしいアプローチだなあと思う。
「独身だけがそうだったわけじゃない」という反論もあるだろうけど、
独身をキーワードにまとめた本はないからな。
読んでいれば「独身」だからって
天涯孤独というわけでもないというのはすぐ分かるし。
行動する人はする。身の軽さで言えば家族を持っているよりもずっと早い。
自分は何もしていないに等しいなと反省する本。

『あしたから出版社』:島田潤一郎(14.06)
手探りで進んでいく中に、人とのつながりができていく。
一人で本を出版しようと思い立ってからの経緯。
自分から動くこと、人が助けてくれること、応えてくれること、
何かをやることで失敗も苦労もあるけれど喜びも多い。

『雷の季節の終わりに』:恒川光太郎(06.10)
デビュー作『夜市』に続いて読んだ。長編。
世界観は変わらず、少しずれたところにある異界。
読んでいても無理やりな設定とは感じず、
外の世界との接点をあまり持たずに、
独自に形成された社会の仕組み、しきたり、掟のようなものがきちんと感じられる。
『風の古道』に通じる、同じ時間にある別の場所のようだ。
絡み合う時間が最後に収束していく下りも素晴らしい。
凄惨な描写が多くなったのが読んでてちょっと辛い。
人を排除する理由の簡単さ、身勝手さ、
正当化する位置に立った者の残忍さ、
このアンバランスさが、現代的なのかなと怖くなる。

『夜明けのラジオ』:石田千(14.01)
久々に石田さんの本を最後まで面白く読み切った。
(途中でもういいやと思うことも多いので)
穏やかな気持ちになりたいときに読む。
日々の何でもない生活、ご飯を食べること、お酒を飲むことを
これだけ大事に愛しく淡々と書ける人はそういない。
おしゃれ系生活エッセイなんかとはまったく違う場所にある本。

『寄る年波には平泳ぎ』:群ようこ(13.10)
ボヤキが多くて読んでもすっきりはしないのだけど
またもなんとなく読んでしまった。

『草祭』:恒川光太郎(08.11)
続いて読んでいる。短編小説集。
作品ごとにゆるくつながりのある世界。
がっつり伏線にまみれたつじつま合わせではなく
固有名詞や風景の中に時間を隔ててつながっていく感じ。
凄惨な描写はなく全体に淡々とした空気。
「天下の宿」の疾走する感じが好きだなあ。
最後の「朝の朧町」はさすがに設定が都合よすぎるような。

先日、時間つぶしに本屋をうろうろしていたら
橋本治の新刊が出ていた。直球なタイトル。
嬉しい。読まなければ。(図書館で)

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

09:14  |  蛸足図書室  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.02.07 (Sat)

ヒッコリーのトートバッグ&プルオーバー

日暮里NAGATOさんで買ってきた綿100%の布。
残り少ないのを全部もらってきたので、
3メートル以上あったような気がします。

最初に実家の座布団カバーを3枚。
次に「かんたんすっきりギャザーパンツ」を作りました。

肌触りが柔らかくて気持ちがいい&シンプルな柄がカワイイので
もう2つばかり作りました。
手元にはもうハギレとしか言えない量しか残ってません。

プルオーバー。
パターンは「こだわりの布で作るワンピースの贅沢」という、ちょっと前の本から。
ワンピースの丈をカットしてシャツに。

プルオーバー3

そのまま着ても、タートルネックをインにしてもよさそう。

プルオーバー4

プルオーバー2

プルオーバー1

裾はスリット。
袖はギャザーを寄せてカフスをつけるつもりだったけど、
ちょっと畳んでボタンで留めました。

ボタン

使ったボタンは、これも日暮里で買ったもの。
インド産だったかな?
木のボタンで、ただ穴が開いているような素朴なもの。
四角の形、裏と表で色が違う、出ている木目がそれぞれ違う。
50個入って500円とかそんな値段だったかな?
お得感もあって一目ぼれして買いました。

トートバッグは、シャツを裁断した残りで。
出来上がったのはこっちの方が先でした。

トート4

底は横方向で切り替えました。

トート3

まちを少しつけています。

トート2

中は別布で、ポケットつき。
寝間着代わりのハウスワンピースを作った残りの布です。

トート1

万世橋にあるmAAch ecute(マーチエキュート)で買った缶バッヂを付けてみました。

接着芯ははらず、くたっとした感じに。
久々にイメージ通りの仕上がりです!
制服のブラウスや本を入れて、仕事に行くときに持ってってます。

テーマ : ハンドメイドの作品たち - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 手縫い トートバッグ プルオーバー

00:11  |  趣味の針仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2015.02.05 (Thu)

日暮里セールの布で、ワンピースとギャザーパンツ

書いたっきり、忘れていた記事です。
去年の秋の話ですな。

日暮里秋のセールで買ってきた布を形にしました。
セールはこの年の春にも行っていて、
そのあと通販でも布を買ったりしていたのですが、
普通のブラウス・シャツ用の布が欲しくて。
普通じゃない布ならいっぱいあるんですが。

トマト本館の並びにある系列の店舗。
ここにもメーター100円のなぞの布がいろいろありました。
素材は不明なんですが、触った感じで、これならいいかなあと。
(シロートはこれだからコワイ)
渋めのピンクっぽい色で、千鳥格子・・・じゃないかな、細かい織の模様です。
軽井沢に着ていくワンピースを作りました。
パターンは、これが作りたくて買った本『リネンとコットンで作る服』から。

見た目、スロウアイコートを作った布と似てるんですが、
手縫いでもぜんぜん大丈夫でした。
迷ったけど、時間を気にしなくていい手縫いで作りました。

出来上がって着てみると、
ウエストがゆるゆるでした。
うーん、写真で見る分にはもっとすっきりしてるんだけどなあ。
考えてみれば、サイズ展開も一つしかないのだから
自分の体に合わせて少し細くすればよかったのだ。
旦那にはアッパッパみたい!と言われたが
赤いボタンをつけたらちょっと視覚的に締まった気がするので
まあいいかーと。

ピンクワンピ

もうひとつ。

ポルカさんのダウンロードパターンから、
「かんたんすっきりギャザーパンツ」(→コチラ)を。

ヒッコリー3

パターンを買って、サイズを確認するために1枚印刷して、
さあ全部印刷して縫うぞーっ!!
とウキウキしてるところで、ひっそりプリンタが死んでいたのでした。
おーーーーーーい!!
すごい縫う気満々だったのに
プリンタ買うまでかなり時間がたってしまいました。

これもワンサイズなので、丈だけ少しカットしました。
前後がつながった大きなパターンなので、
布を広げて裁断するのが大変でしたが、
縫うのはあっという間でした。

これは綿100%。
ヒッコリーっぽい、ネップのある生地。

ヒッコリー1

NAGATOさんで、残り少ないのを全部引き取ってきました。
実家の座布団カバーを縫うために買ったけど、
残りのほうがずっと多いよ!

適度な厚みがあり、柔らかくて軽いので、
ボリュームのあるギャザーパンツにはちょうどいい感じ。
すっきり、の予想よりもふわっと広がる感じに出来上がったけど
この布と、長さをカットした影響かな。
着てみると、気持ちよくてテンション上がります。
スパッツレギンスやブーツとも相性がいい。

ここで着画とか載せられるといいんですがねえ、
そんな広くてキレイな家じゃないので、ご勘弁を。

まだ結構な分量が残っていて、
この布はその後、トートバッグとプルオーバーシャツになりました。
それについてはまた後ほど。
ほかにも作ったままアップしてないものがいろいろありまっせ。

テーマ : ハンドメイドの作品たち - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 手縫い かんたんすっきりギャザーパンツ

22:05  |  趣味の針仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.02.03 (Tue)

御大今年も通常営業、って共演あり!?→あり!

日本橋三井ホール、決まりました。
7月5日(日)です。
予想通り、橋本の次の日だったな。
大宮ソニックシティも8月末にあるようです。アバウト。
ぴあのお知らせメールで知ったので、各自見に行ってください。
もうちょっとすれば公式でも出てくるかしらん。

で。
ぴあの詳細にですね、

「共演」あり

って書いてあんだけど!!!!
大宮も、「共演」ありです。
橋本の方は、詳細の項目がぜんぜん違って、共演の記述はないんです。

きょ、きょうえんってなんですか。
バンドとかカルテットとか、いわゆるサポート付きライブなの?
日本橋だけだったら、ゲストとかそーゆーのも考えるけど
大宮もそうだったから、2か所も連れていくってことはないような気がする。

万が一私が望む共演だった場合、
チケットどうやって取るかまた頭をぐるぐる悩ませなくてはいけないじゃん。
来生さんの場合、なまじ余裕があるだけに、
先行抽選でどこともわからない席を取る賭けに出るかどうか迷うのだ。
しかも、もしかしたら日本橋だけで話は終わらないし。あー。

毎度、たった1行の情報をもとに大騒ぎです。
早く公式アップしてくれ!
ちゃんと共演の種明かしもしてくれ!

*********************

一夜明けて

ジャーン!公式に全部で4本のライブの予定がアップ!
6月に名古屋もあるんですね。
で、お待ちかねの共演情報!!

桜井マサヒロ/Percussion、RYUMEI /A,Guiter、山崎教昌/Keybord

アコースティックのカルテット!!
40周年を前に、太っ腹な構成です。うれしいいいいいー!!
とりあえず3本は行きます!
名古屋は、日にちの問題があるな(汗)

ありがとう来生さん!!

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : 来生たかお RYUMEI 小田木隆明

07:42  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(32)
 | HOME |