2015年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2015.04.27 (Mon)

ジョナサン・ベルLIVE@下北沢モナレコード

下北沢モナレコードにジョナサン・ベルのライブを見に行ってきました。
RYUMEIさんのファンミーティングの興奮も冷めやらぬ中、
お客さんも、RYUMEIさんのライブでおなじみのメンツがあれこれ集まって。
ジョナサン・ベルも気合十分&緊張MAX?
賑やかで充実した1日になりました。
「久々」の間隔がそれぞれ違う中、
上手くなった(笑)ジョナベルをみんな楽しんだようです。

次回のライブも決定済み。
5月16日(土)高円寺U-hAに二度目の出演。
時間・詳細は追ってまた。

*****************


ライブレポできました!

今日は写真撮ってくるの忘れちゃったよ。
スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : ジョナサン・ベル RYUMEI 小田木隆明

21:44  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

2015.04.23 (Thu)

乳がん記録51:闘う人のためにお役に立ちたい

術後1年経過後、さらに2か月たっての定期健診に行ってきました。
とはいえ、前回CT取って検査結果見て話をしてるので、
今回はなんもネタがありません。
触診は問題なし。
「髪の毛伸びてきましたね」(手縫いの帽子で行ったから)
「でも辛抱できなくて1回切っちゃいました」

次は3か月後です。
今度はマンモとエコーをやるそうです。
「マンモってやらないとダメですか?」
「再発というよりも、別のところに新しく出来る可能性もあるからね」
そうなのか。
術後のマンモって、さらに痛いというウワサなので、
できればエコーだけにしておきたかったんだよなあ。
ま、1年に1回くらいやっとかないとダメか。
面談の後、血液検査も。
今日は男性の年輩の先生?のような方で、
あっという間にぷすっとやって終わりました。早っ!
次に来るときはもう真夏だね。

さて、わが蛸足ブログは、乳がんに特化してはいませんが、
乳がんの情報を求めて検索にいらっしゃる方がコンスタントにいる。
多いなと思うのは、ECの副作用についてと、ケア帽子について。

これから初めて化学療法をやる、自分がやるのはECになった、となったとき
私もとにかく情報が欲しくて、いろいろ調べた。
自分にこれからどんなことが起こるのか、
どう対処すればいいのか、
具体的で実用的で効果があって無理なく続けられてお高くない情報を探しまくった。
自分に必要な情報を得るまでに、
数々の見たくない辛い情報も見た。
ネガティブなブログを読んで、ぐったりテンション下がることもあった。
それでも、気持ちを切り替えて、また情報探しに飛び込んだ。

数々のサイトや本から、そしてその中で出会った仲間たちから
私はたくさんの有益な情報をもらって
恐れすぎず、準備をしっかりして、下向かないように考え方を日々調整して、
もちろん体も動かして、一番大変なところを乗り切った。
ブログを書くことは、自分の頭を整理するのにも役立った。

そして気が付くと、私のブログに、同じようにして
検索してたどり着いてくる人がいる。
さかのぼって、他のページまで読んでいく人もいる。

そうやって来た人たちに、
役立つものを渡せるブログになってるだろうか。

治療法や薬は日々進歩していくから、今より悪くはならないだろう。
一方で、人間の身体はそう変わらない。
だから私が自分の身体で経験してきたことは、
時間が経ってもそんなすぐに期限切れになるようなもんじゃないと思う。
闘うための武器を求めてきた人に、
私の記録が役に立つなら、どんどん持ってって欲しい。

もちろん、その武器がちゃんと役に立つのだと保証するために
私はこの病気で死なないようにする。頑張る。
だってやっぱり「で、この人まだ元気なの?」ってのが一番気になるもの。

がんになる人は二人に一人。
乳がんだって16人に一人とかそんな数。
いまどき二人に一人死んでたら大変でしょ?
死なない人のほうが多いんだよ。
みんな死なないために
というか、元の生活に戻れるように、
頑張って、努力して、
日々しんどいなーと思いながら、
目の前にあるものをひとつひとつ乗り越えてんだよ。
再発転移の不安を心の底に抱えて。

家族友人職場の人そのほかいろいろの人からもらう愛や理解が、
自分を支えているのはよく分かっている。
でもいま自分の身体を悩ましている不調を取り除くためには
「投薬中は手足を冷やしたほうがいいよ!」という
経験者の言葉のほうが、ずっと助けになるのも事実。

闘うアナタのために、蛸足の記録が力になれれば幸いです。
手術(温存)、リンパ節郭清、EC療法、ドセタキセル、放射線治療、
トリプルネガティブ、ウィッグ、手作りケア帽子(インナー&アウター)、
治療中の就労・運動、
このへんのラインナップを取り揃えております。

愛と感動と泣くことによるカタルシスが欲しい人は
ジャンルが違うから他を当たってね☆

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

タグ : 乳がん

17:23  |  日々是乳癌  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

2015.04.23 (Thu)

念願のロンボストン完成!

ron10.jpg

やっとできました、ポルカドロップスさんのロンボストン!
→ POLKA DROPS ロンボストン【DL】
って書いて写真の編集を後回しにしていたら、
1か月ほど経過してしまいました。はは。

最初にポルカさんにアップされたのを見たときから、
ずっと作るぞと思い続けて
よーやっと完成。
何に時間がかかったかというと、布の組み合わせ!
頭の中で考えてる時間が8割くらい占めてたんじゃないか。
これではいつまでも始まらないので、
とりあえず布山を広げてとっかえひっかえ。
メインになる布以外に、底布、持ち手、ファスナー、内側の布、と
全部がうまくまとまるような組み合わせを考えるのが大変でした。
とりあえず、このために買ったのは、
ロンボストン専用のファスナーのセットだけ。
大きなバッグなので、やっぱ両開きのほうが使いやすいもんね。
その時売ってた限定色のボルドーも惹かれたんだけど、
在庫布に合わせやすい赤にしました。
もう一つは黒を購入。

とりあえず、底布にできそうな黒い厚手の布があったので、
それと色味の合う、黒の柄の帆布にしました。
洋裁道具が記号的にデザインされた布。
一目ぼれして、さんざん見に行って、値段が下がってから買った布。
昔はT田沼のヨーカドーにも布売ってる店があったんだよなあ。
底布の黒い生地は、もう20年近く前に買ったものかも。
ジャンスカ作った残りです。
持ち手は、既製品も考えたけど、底布と同じ布で、仕様の通りに作りました。
長さは、肩からかけられるように少し長めにしています。
裏地は普通の綿の布。日暮里トマトで購入。
炬燵カバーとそらまめポーチを作ったあまりです。
黒地に少しベージュがかった梅の模様。
これがちょうどほかの二つの布の色と見事にマッチ!
3つともこのために買ったものではないけれど、
自分が好きで買った布は、
探せばちゃんとおさまりのいい組み合わせが見つかるもんです。

ron6.jpg

ただ黒だけではジミすぎるので、ファスナーはポイント的に赤に。

ron3.jpg

そして内側のバイアス布も、あとから布山を探って、
いい具合に馴染むエンジの花柄の布から作りました。
紆余曲折ありましたけど、
結果的には自分がイメージした通りのものになったかな。

形は大きめのそらまめポーチという感じです。
自分用のそらまめは帆布で作ったので、今回も帆布で頑張りました。
曲線を縫い合わせるところが一番大変だけど、
ミシンでやったらもっと大変な気がする。

ron5.jpg

手縫いは小回りが利くし、裏を確認しながら縫えるので、
カーブの強いところは、一目一目出して、入れて、を繰り返しして縫いました。
ほんと、バッグ縫ってると自分が職人になったような気分になりますよ。

ファスナー付きのポケットは、初めて作りました。
ひっくり返した後が、あまりきれいにぺたんとならなかったけど
まあ外にでるところではないのでいいか。
次はもうちょっときれいにできるようになろう。

ちょっとした工夫というか。
そらまめ作った時にも思って、今回も途中で思い出したのは、
表布と裏布を外表にして縫い合わせるので、
チャコで書いた線が見えなくなってしまうんですよね。
ミシンで、ステッチ定規などを使って
縫い代分が分かって縫う場合はいいんでしょうが、
手縫いの場合、手元を凝視するせいか、
どーしても出来上がり線を見ながらでないとうまくいかない。
なので裏布の方にだけ、表側に出来上がり線を書きました。
外からは見えないしね。

底布は丈夫にしようと、普通の接着芯を貼りました。
思い立って1枚だけ貼ったので、あまり補強にはなってないかも。

ron1.jpg

帆布ではあるのだけど、基本的にはくたっとした感じです。
自立はしません。

ron4.jpg

がばっと開くし、マチもたっぷりなので、大容量です。

ron9.jpg

外にファスナー付きポケット一つ。
内には両サイドにポケットがついてます。

持ち手とバッグ本体を縫い付ける部分は目立つので、
さすがに手縫いすると台無し感が出ます。
布も重なって分厚いし、ここだけはミシンできっちり。
あとはオール手縫いです。

使ってみましたが、いい感じです。
詰め込み過ぎないようにモノを入れて、
でも中でハデに動き回ったりすることもなく。
ほどよい大きさとマチです。
中にモノが入っていると底布が下がって、
このカーブのデザインもあいまって、
黒い布がアクセント的に見えるのがすごくいいです!

使っているうちに薄汚れそうな気がしますが、
帆布だし、丁寧に手洗いすれば長く使えそう。
眺めていても飽きない、素敵なものができました!
こんな洒落たパターンを作ってくれたポルカさんに感謝。

(また悪い癖で、針仕事カテもどんどん書く分量が増えている)

アップしてない作品はまだまだあります。
いずれまた。

テーマ : ハンドメイドの作品たち - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 手縫い ロンボストン ボストンバッグ

15:33  |  趣味の針仕事  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.04.19 (Sun)

中田裕二ビルボードライブ@大阪&東京"spring has come!"

BITTER SWEETツアーも終わり、新しく始まるライブはビルボードから。
オトナな空間にふさわしい、
アルバムにとらわれない選曲・アレンジになるのではと楽しみです。

まずは大阪から、続いて東京はオンバースデー。
意気込み、レポ、感想、コメントで受け付けてます。
ネタバレしたくないかたは、終わるまでガマン。

********************

帰って来ました。
「あっという間」と聞いていたので、むしろみっちりと濃く感じましたね。
高い位置から、横に近い角度で見るステージは新鮮でした。
なんかシャルケのスタジアム・フェルティンスアレーナを思い出したよ。(サッカー場です)
中田クンは今日も終始ご機嫌で、にこにこ笑顔がたくさん見れました。
4階にも目を配ってくれて、こっち見てる?と思うことが何度も。

しかし、予想を裏切る選曲だったなー!
私はてっきり「大人の空間」を意識して、
メロウ全開の、まったりゆっくり色気増量な楽曲を
メインにしてくるもんだと思ってました。

今回はメモ取りながら見てました。
テーブルの手元が明るいのは私仕様か?と笑いつつ、
でもそもそも字が超絶汚いので、結局読めないという。
ま、なんとか解読してアップします。
セトリ解禁してのコメント、まだまだお待ちしてます!

********************

メモがあったのと、この土日に一人の時間が取れたので、集中して書けました。
メモのおかげで、蛸足通常レベルの分量になってるのでご注意ください。

なお、文中の会話などは、
あくまでも聞きとったものから再構築してますので
実際のものとは違いますことをご了承ください。
雰囲気が伝われば幸いです。

20150417tokyo1.jpg

テイチクさんからのお花。ダリアがとてもカッコよかった。

大阪のライブについてはsakiさんがレポートしてくれております。
コメント欄へGO!

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : 中田裕二

16:47  |  中田裕二  |  トラックバック(0)  |  コメント(32)

2015.04.08 (Wed)

RYUMEI・FANMEETING@荻窪アルカフェ~あなたへと続く道

RYUMEIさんの貸切ライブ、無事終わりました。
この場所に集まったすべての人たちが、
幸せになった素敵な時間でした。
RYUMEIさんの歌声とギターなしに過ごしていた時間が信じられない。
今は暖かなパワーで包まれているような気持ちです。

レポ書いてもいいよと許可をもらったので、
のちほどアップします。

ちなみに!
今日から1週間という期限付きで、
Ustreamで映像見られます。是非!
→ 荻窪アルカフェHP
メニューから選んで飛んでください。
店主様のTwitterにも、熱いつぶやきの数々。感謝です。

コメントは先にどんどん入れてってくださいませ!
つかユーストあるならレポ書かなくても・・・。うそです。やります。

************************

RYUMEIさんのライブをやりました。
突然アップしたので、驚いた方もいるかもしれません。
まあ細かい話はしませんが、
年末から計画を初めて、水面下でいろいろと活動していたのです。
幹事は私とYUKAちゃん。

cap-0813.jpg

1年9か月ぶりになるRYUMEIさんのライブは
貸し切りという形を取ることにしました。
私の知っている範囲でしかありませんが、
ファンの方たちに声をかけて人を集めて。
みんな待ちに待っていたRYUMEIさんのライブ。
喜びの声が全国から続々と(笑)

以下、幸せなFANMEETINGレポです!

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : RYUMEI 小田木隆明 bieN

00:35  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(27)

2015.04.05 (Sun)

ZUMBAで返り討ち!

押忍!久々の蛸足格闘部です。
RYUMEIさんのレポ書く前に魂の叫びを聞いてくれーっ。

4月からF橋アリーナの日曜2回のグループキックが終了。
かわりに始まったのがラテン系ダンスエクササイズZUMBA

過去1度、近所のジムの無料期間にやったことがある。
→ ダンスはうまく踊れない
向いてないのは重々承知しているが、
いかんせん体を動かす機会が減るので、
とりあえずもう一度やってみようと行ってみた。
先生が変わればレッスンも変わる。面白かったらもうけもの。

結論。
私の身体中の血を入れ替えなければ無理。

もうね、恥ずかしいんです。
ノリノリの人たちがいて、「フゥー!」とか言ってんの。
こっちは「はぁ~?」だよ。
マジで途中で帰りたかった。

やっぱダンスなんですよね。
華麗ではないけど、激しいけど、基本は柔らかな動き。
格闘系と違ってステップもフリも自由なもんだし。
まあ、意味づけがないというか。
とりあえず説明抜きで、見よう見まねで動いていくだけ。
そんでみんな楽しそうだし。

しょーがないので、勝手に格闘系の動きに変換してました。
ニーキックとか、肘打ちとか、腰を落としてスクワットとか、
勝手にフロントキックもやった。

人間の身体は、動いていれば汗はかく。
でも楽しいかと言われれば、そういうこともない。
こんなことやって・・・な精神的ダメージがデカい。
苦笑いしつつ動きを止めてうなだれることもしばし。
最後なんて、みんなで輪になって動いたりすんの。
あああああもううううこういうの苦手なんだよ!!
一人でほっておいて!

昔から、友達にはならないタイプの人たちがたくさんいました。
私のような和を乱す格闘系オタクは行かないほうがいいっす。

とはいえ、もう格闘系レッスンは月曜のカーディオキックボクシング夜3回と、
火曜の夜のストライクボクシング4回しかない。
金曜の夕方なんて、いくらパートでもそんな休んでいけません。
グループキックやりたいのになああああ。
せっかく汗をどばどばかける季節になってきたのに
物足りないです。

タグ : ZUMBA

12:58  |  蛸足格闘部  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

2015.04.03 (Fri)

中田裕二:BITTER SWEET追加公演@赤坂BLITZ

中田裕二、BITTER SWEETツアーの最後のライブです。
今回、月子さんが諸事情により行けなくなってしまったので
私が代わりに行くことになりました。
なんだか申し訳ないのだけど、無駄にするほうがイヤだよなあ、と
送ってもらいました。

フロアの構造、トイレやロッカーの位置、ドリンクの交換などあれこれ調べてます。
天気も良く、暖かそうなのがありがたいです。

レポはこの後に続けます。
赤坂ブリッツに関するコメントはこちらで。

********************

帰って来ました。
赤坂の夜を満喫してきました。
日本橋よりも小さな会場だったので、
ライブハウス感もある中で楽しんできました。
中央の広いスペースは半分ほど埋まっていたので
後方の段差のある場所、左ブロックの最前列に、ゆるゆるっと体を入れて。
遠くはなっても、ステージ全体を見渡せる位置で、
ちびっこの私には十分な場所がゲットできました。

千秋楽ともあって、アンコールからはいつもよりも多めのセトリ。
ダブルアンコも想定内の、ボリュームたっぷりのライブでした。
カメラもかなり入っていたので、DVD化は確実でしょう。
MCで噛んだとこやら、楽曲でやりなおしたとこやら、タロちゃんのモノマネやら
修正・カットされるところもあるかもしれませんが
それを除いても(笑)見ごたえのある内容になると思います。

レポは早いうちに、と思いますがはてさて。
コメント欄にて思うさまの感想お待ちしております。

月子さんに見てもらいたかった。
生で聴いてほしい曲もあった。
思いがけず回ってきた機会、
申し訳ないとおもいつつ行かせていただきました。
ありがとうございました。

********************

ライブが終わって1週間になろうとしておりますが
今頃のこのこライブレポ、アップします。
もう中田クンたちはビルボードの準備を始めてるよ~。

メモがなく記憶をたよりに書いているので、
あちこち間違ってるとこあると思いますが
ご了承ください。

20150328akasaka2.jpg

光が反射してうまく写せてない。

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : 中田裕二

21:28  |  中田裕二  |  トラックバック(0)  |  コメント(17)
 | HOME |