2015年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2015.09.27 (Sun)

観戦旅行2015:デュッセルドルフを歩き回る

2日目 (2015.09.12 土曜日)

朝。窓を開けるとかなり涼しい。
雲行きも微妙な感じ。

無料の朝食バイキングは種類が多くて嬉しい。
トマトもキュウリもあるの!
フルーツも、リンゴだけじゃない!キウイとかあるし!(この程度で喜ぶ)
歯ごたえのあるドイツパンをもぐもぐ。
ああこれが食べたかったんだよなー。

9時半ごろ、外に出る。
トレンチコートでちょうどいいくらい。
ライン川沿いのタワーまで、地図を見ながらふらふら歩いていく。
何でもない街の風景をいろいろ写真に撮っていく。

2-ピカチュウ

雑貨屋らしき店の、うさんくさいピカチュウ。

2-ジオラマ

ふらっと入ったショッピングセンターの中にあったオタクっぽいジオラマ。

2-アイス

ドイツのアイスカフェでは、こんなボリュームのものがフツー。

遠く見えるタワーはほとんどスカイツリー。

2-タワー1

そして近づくと、ほぼ茨城にある港公園展望塔。

2-タワー2

この施設、昼の12時からじゃないとやらないのだ。なんでだ。
こんな天気だし、下から見るだけで十分。

その奥に、お目当てのメディアハーフェン!

2-メディア1

ちょっとアートな建物が固まっている区画があるのです。

2-メディア2
2-メディア4

ライン川の対岸にも、新旧の面白い建物があったり。

2-メディア3
2-メディア5

港で作業していた名残がいろいろ残ってます。

2-メディア6
2-メディア7

満足したので、中央駅までトラムで移動。
次の目的地は、クラシックカー博物館。「Classic Remise Dusseldorf」
Uバーンで行くのだけは分かってたんだが、
切符をどこで買うのか、方向はどっちなのか、
で、かなり迷って時間を食ってしまった。
結局、Uバーンはトラムと同じ切符で行けること、
目的地のトラムがない!と慌てたが、単にホームを間違えていたことが分かり、
よーやく乗り込むことが出来た。
下車した後、また10分ほど歩いて到着。
ここは博物館と言いつつ、ディーラーなので、展示物はすべて売り物。
なので無料で見ることが出来るのだー。

円形のホールに、所狭しと並んだクラシックカー。

クラシックカー1
クラシックカー2
クラシックカー5

この建物も古くからあるもののようで、かなりカッコいいです。
客は当然ながらオヤジ率高し。

クラシックカー4

クラシックカー3

この時代のデザインってほんといいよなー。

クラシックカー6

外側の通路には2階もあるよ。

クラシックカー7

いきなり置いてあったオブジェ。カッコいい。

クラシックカー8

これ、扉がフロントについてるのかなあ。

別室にはジオラマが。
1ユーロ入れると電車が走ります。

クラシックカー10
クラシックカー9

展示の規模も程よくて、満足のいく博物館でした。
この後、レバークーゼンへ移動するので、いそぎトラムの駅まで。
途中で雨が降り出して閉口する。
折り畳み傘は宿に置いてきてしまったのだ。
レバークーゼンでも降ってたら、カッパを来て歩くかな~。

昼も、時間がないのでノルトゼー。
白身魚フライのバーガーなどを食べる。昨日に続く揚げ物。

デュッセルドルフ中央駅のホームに行くともう晴れていた。
ドイツの天気は変わりやすいよね。
バイヤーのユニを来た酔っ払いサポもちらほら。
こいつら試合に行く前にケースでビール持って呑み歩くからなー。
サポの集団を避けて電車に乗りレバークーゼンへ向かった。

2日目つづく。
スポンサーサイト

テーマ : ドイツ旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : 観戦旅行 デュッセルドルフ

21:55  |  ドイツ観戦旅行記  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

2015.09.25 (Fri)

観戦旅行2015:7回目の旅のはじまり

2015年9月11日(金)~9月23日(水)まで、
4年ぶりにドイツに行ってまいりました。
都合7回目となるドイツ旅行は、
マーカス・フォイルナーにお礼を言いに行くのが一番の目的でしたが、
結果的にそれは叶うことなく、悔いを残しつつ戻ることになりました。
自分の中で、もう病気をネタにするのも期限切れ、
と思っていたのかもしれません。

会いたかったけどね。すごく。

ドイツ旅行のあれやこれやは、ちまちまと更新していく予定です。
今回、カメラの充電池やSDカードの予備を持って行ったので
写真を撮るだけ撮ってきました。
整理しないとえらいことに。

全部の更新が終わるまでかなりかかると思いますが
ゆるゆる楽しみにしていただければ幸いです。

なところで。

1日目 (2015.09.11 金曜日)

長い滞在になるので、持っていく荷物がいつもより多い気がする。
前日まで雨が降っており、鬼怒川が氾濫するなど酷いことになっていた。
私の地域では心配していた雨は上がり、
荷物をぬらさず歩くことが出来て安堵。

京成線の車内にターミナルの案内表がなく、(以前はドア近くに貼ってあった)
なんとなく以前の記憶で空港第2と思って降りてしまい、
ルフトハンザの表示がなくて焦る。
慌てて空港第1に向かうバスに乗って移動。
時間に余裕があってよかった。
つか最初にしっかり予定表を見て確認しろよと。

定刻より少し遅れて搭乗が始まる。
私たちの席は窓際から2席。
3席あるうちの通路側の席は、
背の高いドイツ人の男性でした。
180越えみたいな背丈の人がゴロゴロいるのに、
ルフトハンザのエコノミーはめっちゃ狭い。

夫婦は当然朝からドイツビール。
機内にいると食べてばかりなんだよねー。

最初に出たおつまみで遊ぶ。バカです。

つまみ2
つまみ1

特に問題なくドイツに到着。
思ったよりも気温が高い。
外でMOGUNCIANAさんと合流。
今回も兵糧をいくつかいただきました。
リンゴジュースや手作りマフィンなど、ありがたい。
そしていつも借りているドイツのプリペイド携帯。
このおかげで無駄に国際電話をかける必要が無くなるのです。
いつもいつもお世話になりっぱなし。

フランクフルト空港駅

いつ見てもカッコいいフランクフルト空港・長距離列車駅。
バリデーションはもう終わっているので、
ベンチでおしゃべりしつつ列車が来るのを待つ。
つかすでに遅れているようですが。
30分とか。
あードイツだわと思う。

しばらくして列車が到着して、MOGUNCIANAさんとはここでお別れ。
明日はレバークーゼンで試合を見た後、
彼女にケルンでドイツ飯に連れてってもらいます。

車内はすでに人でかなり埋まっており、
ようやく別々に席を見つけて座る。
が、いつまでも発車せず、なにやらアナウンスが。
それを聞いて、ばたばたと外に出ていくドイツ人たち。
でも全員ではなく、座っている人もいる。
どーも、隣のホームの特急を先に走らせるようだ。
私たちは今日は宿に行くだけなので、
直通でデュッセルドルフまで行くこの電車にそのまま乗っていくことにした。

空の高さにドイツを感じる。
人の少なくなった車内でのんびり過ごす。

ケルンより先に、線路際の廃工場があった。
朽ちた赤レンガが雰囲気たっぷり。そそられるなー。

デュッセルドルフには、予定より40分以上遅れて到着。
17:10を過ぎてるが、まだまだ外は普通に明るい。
けどここで油断して、宿に行ってから外に食材を探しに行くと
店が閉まっていたりするのだ。
幸い、駅構内にはインビスがたくさん。
迷いつつ、ノルトゼー(魚料理のファストフード)でエビフライとポテトフライを購入。
それからパン屋でブレッツエル!
売り子のおっさんは素敵な笑顔だったが、
ダンナが「ちゃんと入ってるか?」と聞いてくる。
見ると2つと言ったのに1つしか入ってない。
「ツヴァイマル!」
わははごめんごめん!な顔されました。おいおい。
コンビニのような店で500mlのビールを3本。
地元のアルトビールは1種類しかなかったな。

とりあえずトラムで2駅ほど移動する。
トラムから降りて宿までの間に、八百屋があったのでトマトを買った。

デユッセル八百屋

ホテル暮らしは野菜不足になるからね。

今回の宿はBookingで予約。
思ったよりも小さい宿だったけど、フロントの雰囲気などがイイ感じ。
部屋の窓から、教会と公園が見えて嬉しくなる。

デユッセル宿

ヨーロッパに来たなー!とテンション上がる。

毎度、わけわからないドイツのテレビチャンネル。
日本ならニュースをやってそうな時間に、
ドラマとかがっつり長いドキュメンタリーとかやってんだよな。
天気予報を探すのが大変なのだ。
つか探せませんでした。

窓の外にビールを出して、洗濯・風呂。
今日の夕飯はこんな感じ。

1日目夜

本場のブレッツエルがうますぎて幸せ。もちもちー。
「これで1個しか入ってなかったらケンカになってたな」

缶だけど、ドイツビールもうまくて嬉しい。
つかダンナは機内で3本飲んで、まだ飲むのか。

明日は午前中にデュッセルドルフ観光、午後はバイヤーの試合、夜はドイツ飯です。

テーマ : ドイツ旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : ドイツ デュッセルドルフ

22:57  |  ドイツ観戦旅行記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2015.09.23 (Wed)

ドイツより帰国しました

23日(水)午前8時ごろ、成田に戻ってまいりました。
あー帰りたくなかったあ。
あともう1日欲しかった。ゆっくり買い物とかする日。
って予定を詰め込み過ぎなんだよ!

毎日あっちへこっちへ、好き放題に遊んできました。
食べたいものを食べ、夜は毎晩違う銘柄のビールを飲む日々。
アパート生活も短いながら満喫。
後半の日替わりホテル生活は、
滞在時間が短くてもったいなかったです。

サッカー観戦は3試合。
2勝1敗です。2勝はどちらもいい試合でした。

アウグスブルクの火曜の練習は、やはりというか非公開となり、
日曜の試合の後の出待ちは、
場所が違っていたらしく会えませんでした。バカ。

マーカスは試合の後半から出場し、
熱さとしぶとさのある彼らしいプレーを見せ、相手を抑え込んでいました。
私の好きなマーカスのプレーでした。
チームは今季初勝利。
その場に立ち会えただけでも感動です。

マーカスに会えなかったことは、本当に心残りです。
さんざん遊んできたけれど、
やはり悔いの残る旅行になってしまいました。
あと悔やまれるのは、
ショートブーツ、買いたかったなー!!
めっさカッコよくてしっかりしてて、そこそこお値打ちなショートブーツが
山のように売ってました。
キッズの大きめサイズで探せば、
絶対に買いたいと思うものが見つかったはずだー。
それと自分用のハンドクリームとリップクリームを買うのを忘れました。
すっごく安いのに。
重い&いつでも買える、と思っていて結局タイミングを逸するという。
よくあるパターンです。

それ以外は、ほぼ満足のいく旅行でした。
まだまだ知らない街、知らない場所がたくさんあるなと。

ダンケシェーン・ビッテシェーン・シェーンターク・メイアイヘルプユー・チュース、
心温まる言葉をたくさんかわした13日間。
いろいろな人の親切と優しさと笑顔と余裕にたっぷり浸ってきました。

そして帰りの飛行機(ルフトのエコノミー)の中で、
同じ列の通路側に座ってた日本人のオヤジが、
私たちがトイレに行くたび、足をすぼめるだけで一度も立とうとしなかったことに
ああここはもう日本なのだと感じましたね。
それと電車の中で延々と化粧をする女の子を見て、
帰って来たことをさらに実感しました。

ドイツ旅行のあれこれはまたゆっくりと写真付きで。
お城もメルヘンな道も出てこないけど、
ガイドブックに載っているようで載っていない、
穴場なドイツを紹介できると思います。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ 観戦旅行 マーカス・フォイルナー

13:58  |  ドイツ観戦旅行記  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

2015.09.10 (Thu)

いよいよドイツに行ってきます!

明日は余裕なさそうなので、早めにアップします。

予約を入れたあちらこちらから、
カウントダウンメールが届いて、さらに焦ってます。
バイヤーからもメールが来てビックリしました。
いつのまにこんなサービスを。
内容は「スタジアムでは現金使えないから、プリペイドカードを買ってね」でした。
いいよ、飲まないから。

アウグスブルクの公式コンタクトメールに、
練習時間のわかる電話番号はないのかと問い合わせました。
「そういうのはないけど、電話くれたら確認して教えてあげるよ!」
と、親切な、でもハードルの高い返事が来ました。
KamyさんとM母に頼ることにしました。

ちなみに、国際マッチデーだったこの1週間ほどは、
代表戦に行かない選手たちの練習が、ほぼ毎日公開状態でした。
むむ。こういう選択肢もあったのか。
でも試合のない日にわざわざドイツに行くなんて
貧乏性の私にはできない。

あちこち観光地を調べていたら、
余裕あるはずの日程が、どんどんぎっちぎちになってきました。
まだまだ、おもしろそうなところがあるもんです。
トリップアドバイザーやらフォートラベルなど、
ガイドブックに収まりきらないマイナーな情報も、
今は探しやすくなって、ほんと便利になったよなあー。

嬉しかったのは、アウグスブルクに行く日曜日に、
ちょうどプレーラーという秋のお祭りの最終日があたっていたこと。
こういう祭があるのは知っていたけれど、
今年の日程がちょうどそこだったとは!
デュッセルドルフから5時間移動するだけで終わるかと思っていた日が
楽しいイベントの日に。
日曜でも食いっぱぐれなくてすみそう!
移動遊園地が来てるので、観覧車に乗りたいなあー。

行きたい場所が増えると、調べることも満載で、
時刻表だ、地図だ、トラムのルートだ、料金だ、とあれこれ忙しいです。
のんきにアパートでご飯作って食べてるヒマなんてあるんかいな。

それでも、
私の今回の旅の目的は、
あくまでも、マーカスに会ってお礼を言うことなのだ!
→ 乳がん記録15:ドイツからのサプライズ
火曜の練習、そして日曜の試合の後の出待ち、そこに賭けるしかないのです。
はたして、私の思いは、流れを引き寄せることができるか!
不安ですが、頑張ります。
手渡すための手紙も書いたし、お土産も用意した。
持って帰るのはイヤですからね。

ドイツ、寒いかなあー。
防寒対策がどんどん膨らんでいます。

11日(金)の朝から出発し、23日(水)の午前中に帰って来ます。
留守中にタイマー予約している記事はありません。
現地ではネットはやれません。
コンタクトの取りたい方は、ケータイにメールしてください。
できる方はSMSでお願いします。これだと受信は無料なので。

じゃ。行ってくるぜ。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ マーカス・フォイルナー アウグスブルク 観戦旅行

00:34  |  ドイツ観戦旅行記  |  トラックバック(0)  |  コメント(13)

2015.09.03 (Thu)

Stand Alone 2015 Acoustic Tracks@大宮~期待値と実測値

来生たかおプレ40周年の、
楽しい楽しいアコースティックツアーも、大宮をもって千秋楽です。
とはいえ、前回の日本橋から1か月半ほど間が空いているので
もはや別物のような気もしますが。

遠いんだよなあーと敬遠していた場所ですが、
RYUMEIさんがいるとなれば話は別です。
スキップしながら参りますよ。
以前のレポなど読み返しつつ、どんな音も聴き洩らさぬ気合いで
挑みたいと思います。

さて、
つい先ほど、年末のオーケストラライブのチケットも取りました。
そろそろ一般発売だったよなーと調べていたら
Bunkamuraのサイトで、会員向けの先行発売があるとの情報をゲット。
ここならA席もB席も買えるし、
しかも席を自分で選べる!すごい!
支払いはカードで、チケットは最寄りのファミマで。
現地に行かなくてもいいのもありがたい!
発売当日、ソッコーでアクセスし、思う席を無事ゲットできました。
しかもB席、6500円でした。
今もまだ残席ありますね。
穴場なのか、あまり動いていない様子。
選べる席は多くありませんけど、
(ほかのチケット販売サイトが持っているのかも)
一般発売で購入を考えている人はアクセスしてみるといいのでは。
9月4日まで受け付けています。
→ My Bunkamura Online

******************

帰って来ました。
大宮、遠いっす。
日ごろ乗らない電車に乗ってるので、
いつまでも着かない感じがハンパないです。
武蔵野線は駅名も似たようなのばっかりで、
危うく間違えて下りそうになったり。
横浜方面行くのと全然違うんだよね~。

ライブは一言でいえば「1か月半のブランクがもったいなかったな~」
でもまあ、この時期にまた見れるのは嬉しい、とも言えますね。
このブランクの間に、MCでは話すべきことも増えておりましたしね。
公式サイトにアップ(はまだ現段階ではない)されるのを
楽しみにしたいと思います。

レポは1曲ずつって感じにはならないかな。
私はこれで4回目になりますし、
おさらいしつつ総括的な書き方になると思います。
コメントは随時お待ちしておりますよ~。

RYUMEIさんに次に会うのは10月だ~。

******************

出来ましたー。
ライブの時は、メモを通常通り取っていましたが、
基本的なところの変更はないので、
そのまま起こしてもしょうがないかなーと、
まあダラダラと気になったことなどを書いて行こうかなと。

今回は写真を撮るのも忘れちゃったなー。
そんな長くないです。そんな面白くもないかも(汗)

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : 来生たかお RYUMEI 小田木隆明

20:33  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(28)

2015.09.01 (Tue)

渡独準備もいよいよ大詰め

前回の更新から2週間。
その間にしていた準備など。

最後の宿、ザールブリュッケンに予約を入れました。
何日も、何度も、予約サイト3つくらいを確認し、
だんだん訳わかんなくなってきたあたりで、
もういいや、と、返金不可のサービス価格で出ていた宿をぽちっと予約。
駅から歩いて10分程度。
64ユーロ(およそ8800円)で朝食バイキング付きならいいだろと。
あとでユーザーレビューなど読むと、そこまでイイ感じでもないようですが(汗)
ま、いつまでもぐずぐずうろうろしててもしょうがない。

バイヤーのチケットもようやっと購入。
これもいざ取るぞ!と気合い入れた日から、
なぜかオンラインショップが休止に入り、
何日かして再開した時には、思った以上に売れていて焦りました。
CLプレーオフとの兼ね合いがあったのやら分かりませんが、
予定していた6列目はすでになく、仕方なく19列目をゲット。
オンラインでの購入はそれほど手間はなかったんですが、
プリントアウトできるチケットの情報がすぐには届かず、
ちょっとやきもきしました。
2日後くらいに、ようやくメールでお知らせが入り、
無事に家でプリントアウト。
チケットが手元にあるって本当に安心です。
アウグスブルクもこのシステムでやっててほしかったよ。

さて、アウグスブルクのUELですが、
28日にようやく抽選が終わり、対戦相手と日程が決まりました。
残念ながら、17日(木)の試合はアウエー。
スペインのアスレティック・ビルバオとの対戦となりました。
キックオフは21:00と遅い時間です。
移動もあるし、練習のスケジュールがどうなるのか心配です。うーむ。

チケット自体は、対戦相手やホームの試合日が決まる以前から、
すでにサポーターによって完売しているとのニュースが、
キッカーに上がってました。
まあ数年前まで2部にいた、おらがチームがヨーロッパですからね。
お祭りになって当然です。
せめてホームだったら、パブリックビューイングなりに行って、
試合後の選手の出待ちとかしたかったなあー。

練習のスケジュールも、現地でどうやって知るのかが問題。
ガラケーで、公式サイトのページにアクセスしてみましたが
見事に文字列ばかり、ソースのようなデータが出てきて撃沈。
たしか練習時間を教えてくれる現地の電話番号があった気がするんだが
見つかりません(涙)
街のショップで聞くにしても、うまく開店時間と情報のアップがリンクしているやら。
毎日、練習時間をチェックしていますが、
意外にイレギュラーがあるのも困りものです。
誰か私の携帯にメールで送ってくれないかしら。
15日・火曜と16日・水曜の分だけでもいいので。

時刻表のプリントアウトはほぼ終了。
途中駅もしっかり表示させています。
乗り間違えた過去の経験がありますので。

そして今回お得な電車チケットの情報をゲット。
バイエルン州で使える「バイエルンチケット」なるものがあることを知りました。
特急クラスの電車には乗れない、
そして平日は9:00からという制限はあるものの、
土日祝日は0時から、どちらも翌日3時まで使用可。
普通列車とトラムとバスが乗り放題。
ひとりなら23ユーロなのに、二人になると27ユーロと驚愕の安値!
とにかくバイエルン州はデカい!
ヴュルツブルク・ニュルンベルク・ウルム・ガルミッシュパルテンキルヒェン、
なんと隣国オーストリアのザルツブルクまで行けちゃう。すげえ!
ミュンヘン観光の日と、ウルムからアウグスブルクへ移動する日は
このチケットで回れます。

お金もいろいろかき集めております。
4年前のドイツ旅行の終了時点から、再び始めていた500円貯金。
今回は203,000円、貯めました!!エライ!
あとはパソコン買った時のキャッシュバック6万円も旅行資金に。
ダンナの会社から出ていた、治療の補助金の残りも回します。
積み立てている定期も、去年の分だけ解約で間に合いました。

ユーロは、旦那が安い時期に買っていたものを、
のもん家内で換金。もちろん購入当時のレートで。
現地で使う分は十分にあります。
大きいお金は使い勝手が悪いので、(券売機などで使えない)
いつも10ユーロと5ユーロのみにしています。
カードですでに払っているものも多いので、
現地で使うのは、宿代・細かな電車代・観光地の入場料など・食事もろもろ
といったところでしょう。

現地に持っていくものなども、あれこれ考えています。
服装どうしよう、と以前の写真など見てみましたが、
試合と練習と風景ばかりで、
自分たちの写真が極端に少ない、というのが分かり
なんの参考にもならず。
持っていく服のリストでも、書いて残しておくべきでした。
毎回悩むんだよ。
下着は3セットで十分、というのは毎回行ってみて思うのだけど
やっぱり今回も保険もかねて4セット持っていくんだろーなー。

現地で自炊するための食材なども考えないといけません。
アパートメントの部屋にはレンジはないようだけど
共有キッチンにはありそうなので、
サトウのごはんでも持っていくか。

先日、同じころにドイツに行く、マインツ仲間のKさんと飲んでいて、
情報交換してました。
彼女からは「100均の洗濯板が使えます!」と聞き、
私は「シャンプーはネットで泡立てれば全然減らない!」と教えたり。
そして二人で、これが使える!と一致したのが「かもいフック」。
ドイツにかもいはないけどさ、いざ洗濯物を干すときに、
案外かけられる場所ってないもんです。
かもいフックがあればドアに引っかけたりできるからねー。
あとは大きめの速乾タオルを持ってって、
くるんで踏んで(爆)ドライヤーかければ、かなりいいところまで乾きます。
長旅に洗濯はつきもの。
宿にランドリーがついてるところもあるようですが、
ドイツの洗濯機はへーきで2時間とか回ってるので油断なりません。
(その分よく汚れが落ちる、とはM母のハナシ)

観光地の情報も、プリントアウトが必要なものを
ピックアップしなきゃなりません。
日本じゃないんだから、
向こうに行けば何とかなる、はなるべく避けたい。

マーカスに持っていくお土産の用意も。
一緒に添える手紙も書かねばいけません。
これがかなりのプレッシャーだったりします。

冷蔵庫の中身も、一掃モードに入らねば。

今週中に、白髪を染めに行かなくては。

溜まった試合を見て、DVDデッキのハードディスクを空けなければ。

帰って来てからバタバタしないように、
10月のファンミーティングの準備も、
もうちょっと進めておかなくては。

というわけで、のもんさんは、遊んでいるだけだというのに
とても忙しいです。
ドイツに行くまで、あと10日です。

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : 観戦旅行 ブンデスリーガ

00:21  |  ドイツ観戦旅行記  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)
 | HOME |