2016年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2016.05.29 (Sun)

RYUMEI・FANMEETING4@荻窪アルカフェ~Special Day For Everyone

昨年12月以来のファンミーティングです。
もう4回目ですよー。
清々しい季節に、RYUMEIさんの歌声とギター!
終わってからもゆっくりと飲んでしゃべって過ごしましょう。
いろいろな人からのリクエストに、
RYUMEIさんがどんな風に応えてくれるのか、
緊張感と期待感でドキドキです。

レポはこの後に続けます。
コメントなど、お好きに入れちゃってくださいませ。

*************

帰って来ました。
素晴らしい1日でした!!
来てくださった方々、一人一人にお礼を言いたいです!

ライブって、ひとりで作るものじゃないって、心から思います。
歌う側も、聴く側も、楽しみたいという能動的な気持ちがあってこそ、
そしてそれがお互いに反響しあうことによってこそ、
図らずも生まれる奇跡の時間。
RYUMEIさんとの関わり方は人それぞれで、
受け取り方も様々。
自分が感じたこと以外にも、
他の人ならどう感じただろう、と思いを巡らすことで、
さらに感動が深まったりして。

今はアタマの中ぐるぐるです。
ただただ幸せでした。
RYUMEIさんがいることに感謝せずにいられません。

こんな状態でレポ書けんのか~。

今回もユーストあります。
期間限定なので、見れる人は時間の許す限り!ひたすら見てほしいです。
アルカフェHPトップのリンクから飛べますが、
直リンクはこちら。

→ http://www.ustream.tv/recorded/87154246(93分19秒)
今回、なんでかアタマの部分がぶつ切りで、1曲目がきちんと入ってません。
とりあえず、こちらも一応リンクしときます。
→ http://www.ustream.tv/recorded/87154023(47秒)
→ http://www.ustream.tv/recorded/87154075(37秒)
おそらく、来週の火曜あたりまでは視聴可能かと。

追記
日本橋、来生さんのチケット、7月3日(日)残りわずかです!2日は完売かも(ぴあは)
日本橋のチケットは両日完売のようです。穴場で残っているだろうか?
良かったら千葉9月10日(土)、関内10月30日(日)もご検討ください。

**************

金曜夜の段階でユースト103回カウントしてます!
レポはとりあえず、ほぼできたかなあ。
多分これ以上いじると分からなくなる。
これから写真をどーするか考えます。
コメント随時受付中ナリよ。

***************

時間かかってしまいましたが、とりあえず完成です。
書き上げるまでおあずけにしてたら、
ユーストの公開期間を過ぎてしまう!と、
今回レポ書きながら見てしまいました。
そんでも基本、自分のメモ中心で、
その時の興奮をなるべくそのままにという姿勢で書いてます。
空気が伝われば幸いです。

ボードリサイズ

今回のウエルカムボード。
スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : RYUMEI 小田木隆明

16:01  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(13)

2016.05.18 (Wed)

ジョナサンベルLIVE@高円寺U-ha6回目

ここで6回目か~。あっという間ですね。

5月14日(土)ジョナサンベルのライブに行ってきました。
高円寺U-ha、今回もトリオでお届けです。
人数は3人ですが、アッコちゃんはキーボードとベースのダブルキャスト。
電車で移動中に、YUKAちゃんから「行けます」メールが届きました。
間に合ったようでよかったよかった。

♪「おやすみ」

あたたかなギターのイントロから。
キーボードはバックで静かに。
シンバルだけでシンプルな始まり。
以前ここで、シメに聴いた曲だったなと思い出す。
ゆったりしたリズムは力強く。
気持ちのいい反復。
コウイチさんのギターの音は、いつも思うものよりも、ちょっと違う色合い。
もちろんこのままなだらかに終わることはなく、
ドーンと盛り上がってのサビ。
広がってメロディックに、彩りがあふれる。世界が変わる。
最後のエレキはキュンと高く、ジャンと男前に。
気付くと爆音で終わる。

♪「King's Holiday」

変わって、軽快で、乾いたエレキ。
シンバルの固い音。
またまた違うバージョンで登場してきたお馴染みの曲。
パートいくつになるのやら。
その場で弾むようなポップなアレンジ。
乾いた音が面白い。
ベースの響きも気持ちよくて。
シンプルな音がまたヨシ。
スネアの抑えたパシッとした音が効いてる。
キンキンとした、響かない金物のようなシンバルの音も合ってる。
硬質な音が印象的なのに、全体はポップなんだよね。

♪「夜の穴」

ロックなイントロ!弾け、かっ飛ぶ。
ドラムも最初から飛ばしまくる。
ベースの指が忙しいーー!!
この疾走感。たまらないー。
ベースがめっちゃ効いてます!
曲の構成も面白くてにやにやしちゃう。
間奏に入ってからは、ピアノがパッと華やかに。
ドラムもギターもめいっぱい。
そしてベースは常に疾走し続けて。たいへんすぎる。
音だけで、夜に車を飛ばす印象を持たせられるんだよねー。
ズババンと弾けるドラムかっこいいなあー。
コウイチさんのヴォーカルもシャウト気味に。
アッコちゃんのコーラスもピリリと効く。
アッコちゃんが一番忙しい1曲だったな~。
でもあのベースがないと面白くない!

♪「Day Dream Blues」

ピアノとシンバルで、ふわっとブルース。
ここまでの3曲とまた全然違う入り方に嬉しくなる。
自由な雰囲気を出しつつも、ちょっと急ぎ足なリズム。
はっきり大きく明るく。
コウイチさんはヴォーカルのみで。
なんとなく前のめりな感じがJBっぽい。
どたどたなブルース。
間奏内でメンバー紹介とか、笑っちゃうんですけど。バンドっぽーい。
シンプルなドラムはキマジメに。
ピアノで広がり、ベースは渋く。
ヴォーカルだけだったコウイチさんのエレキがここで炸裂。
気付くと、最初の前のめり感が消えて、
落ち着かせるようなゆっくりめな感じに。
シメは、なんだか大歓声が聴こえるような錯覚。

本日の新曲でした。別名「アキコの気まぐれブルース」

♪「夜が明けたら」

ここでアッコちゃんのヴォーカルに。
点滅するような強弱のあるエレキが印象に残る曲なのだ。
シンバルはマレットで広がる闇。
ごくごくシンプルな音なのに、
ふわーっとイメージが広がっていくんだよね。
コウイチさんのヴォーカルが加わってさらに広がりを増す。
野太いタイコの音。
弾き方一つで色の変わるギター。
徐々に、スピード感をあげて、音も盛り上がりを見せていく。
微妙な変化を引っ張っていくドラム。
最後はシンバルがバシャンバシャンと大騒ぎに弾けて。

♪「午前2時」

これはどこで聴いたんだっけかなー。
ノリのいいギターが、あたたかくロックに。
ギターの音が、どんどん変化していくのがカッコいい!
キラキラとしたキーボードの音も効いてる。
これはインストかな。
いくつもの表情を見せるギターにわくわくさせられる1曲。
ドシャンと終わるのがまたカッコよかった!

「告知、なんかありますか」コウイチ
「こくち・・・」アッコ
JBとしては次のライブは決まっていないようですが。
アッコちゃんがやっている他の活動でなんかないのか、
というフリだったようですが。
ぼそぼそとステージ上で話し合うのやめてください。

♪「Bkue Sunday」

ピアノのイントロ。
マレットでボワーンとした始まり。
コウイチさんのヴォーカルで、あの曲か~と分かる。
これは以前聴いたバージョンかな?
ぼんやりとしたヴォーカルとアレンジ。
語るようなつぶやくようなけだるさ。
面白いなあー。
金物を叩くような固い音は、スネアの枠を叩いていたんですね。
ピアノもボワーンと静かに。
な状態がずっとは続かず、ドラムの音からジャーンと弾けて
アップテンポになりながら、あたたかさが残る。
ドーンと行ったと思ったら、またしゅ~と静かに引いて。
終わっても、穏やかさの中に熱が残っている空気。

もうひとつ、新しい曲で最後。

♪「恋をした」

ベースがずしずしと引っ張るビート。
この曲の展開、好きかもー。
ドラムの軽快な音がカッコいいです。
ギターはシンプルに。
間奏の高いピアノが、ポップにキュートに。
明るく、ノー天気な曲の感じがとてもイイです。
クセになるようなギターのリズムが嬉しい。
爆発したのかと思うようなエンディングに笑ってしまう。

今日も、3人だけとは思えない、バラエティに富んだセットリストで
大いにニヤニヤと楽しませていだたきましたー!
ジョナサンベルの作る音は、ポップだったりロックだったりしても、
一緒に手拍子して盛り上がる、ようなんじゃなくて、
聴きながら、思わずニヤリとしたり、
こう来るかあ~!と身もだえしたり、ハッとして聴き入ってしまったり、
そういうタイプの面白さなんだよね。
ふわっと楽しみつつも、耳が離せないという。
3人の時は、ロックな雰囲気が強く出ていたんですが、
今日はもう少しあたたかな、
ポップさが印象に残るライブだったかなあ。

このあとにまだ出演するバンドがいるので、
後方へ移動。
YUKAちゃんは忙しいようで、挨拶程度のおしゃべりをちょこっとして
今日は早々に離脱。
また荻窪で会いましょう。
私は、前回の下北沢でゆっくり話が出来なかった分、
今日は居残ることに。
2杯目のビールは、コバヤシさんが奢ってくれました。わーい。

最後のバンドの演奏が終わってからは、
ステージ近くの椅子に移動して、
なんやかやと10時半くらいまで、
みんなとしゃべって過ごしてました。
いやー楽しかった!!
コウイチさんから、
「なんで来生さんのファンの人が、RYUMEIさんのライブならともかく、
僕らのライブに来てくれるのかわかんない!」
と驚かれるのだけど、
来生さんの楽曲も、切ないバラードばかりでもないし、
表には出て来ないけど、男前な曲も山盛りあるしね。
それにジョナベルには、私の中にある「カッコいいと思うもの」が
嬉しいほどに入っているのですよ。
来生さん云々よりも、なにげなく子供のころに見聞きしていたようなものから
ワクワクする要因がきてるんじゃないかなーと思ったりする。

あとコバヤシさんが言ってたけど、
他のお客さんから「おもしろい」って言われるのが不思議らしい。
「良かったです!」「カッコいいですね」というのが、
褒め言葉として定番なんだろうけど、
なんで「面白い」?
しかもそれを言うのが一人二人ではない。
な話を聞いて、でも「面白い」ってジョナサンベルを表現するのに
すごいぴったりだと思うけど。
スタンダード(?)なトリオ編成でやってても
「面白い」なんて素敵じゃないの。
奇をてらっているわけではないのに、
ちゃんと個性があるということですよ。

JBの次のライブは決まっていませんが、
とりあえず今週末に荻窪で、彼らにまた会えます。
みんながRYUMEIさんのファンミを
ワクワクと楽しみにしているのが分かって嬉しい。
当のRYUMEIさんは今頃どんな支度をしているのやら。

そろそろ「れんこんの会」も実現させなければ~。

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : ジョナサンベル

10:41  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.05.15 (Sun)

RYUMEI・FANMEETING4、もうすぐ開催!

気持ちのいい季節です。
RYUEMIさんのFANMEETING4も
いよいよ週末に迫ってまいりました。

5月21日(土)
荻窪アルカフェにて。
http://alcafe.incoming.jp/
OPEN、19:00 START、19:30。
完全撤収23:00となっております。

料金は今回、3,000円とさせていただきます。
好評・飲み放題付きです!
持ち込みもOK!適当な量をお持ち寄りください。
もちろん手ぶらでもぜんぜんオッケー。

リクエスト、そろそろ送り終わったでしょうか。
みなさんの熱い思いが、
じわじわとRYUMEIさんを温めていると思います。

今回、残念ながらbieNなライブは見れませんが
RYUMEIさんのワンマンパワーで、素敵な夜となることでしょう。
久々の方もいらっしゃるようです。
みなさんに会うのを楽しみにしています!

そしてまだまだ、行ってみたいという方、
お申込みお待ちしておりますよ。
メールフォームでもコメントでも、
お気軽に声をかけてくれたら嬉しいです。

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : RYUMEI 小田木隆明

19:02  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2016.05.12 (Thu)

乳がん記録55:一度死ぬと思った身であるなら

自分に明日はないのかも、という気持ちを持って
好きなことを、やりのこさないように、めいっぱいやればいいと思う。
この日までは頑張る!という明確な目標があると、さらに良い。
ターボのかかり具合がぜんぜん違う。

何事もなく2月17日に2年目を過ぎ、3年目に突入した。
何事もなく、の内実は、
2年目健診という名目で病院に行ったり検査をしたりしなかった、
という、そのまんやないか!なことだったりする。
だって1月に腹部エコーもやってるし、血液検査もやってるからな。
ワタシという呑気な患者と、適度にゆるい主治医は、黄金タッグだと思う。

トリネガのワタクシは、定期的な検診以外にやることはなく、
このカテの更新内容も、日々の過ごし方のようなことが中心になってる。

これがアナタ、「乳がんブログ」だったら、更新が途絶えて、
このヒト、生きてるの?
と、情報が欲しくて検索でたどりついた人を、
イタズラに凍りつかせることになったりするんだから罪深い。

幸いなことに蛸足は、乳がんの前から始まって今も続いているブログなので
どんだけ自由に楽しく生活しているか、
テキトーに発信しているので、安心してもらえると思う。

以下本日までのだいたいの記録。

2016.02.17

術後、丸2年になる日。
ダンナと一緒に人間ドックを受けに行った。
あえてこの日にしたわけではなく、
諸事情により延期になったのだ。
胃の検査で、発泡剤を飲んでげっぷを我慢することよりも、
バーに捕まって逆さま状態をキープするほうが、だんだん辛くなってきた。
この体勢に、何歳まで耐えられるんだろうか。

2016.03.22

人間ドックの病院より着信アリ。
ドドッと冷や汗が出る。
折り返し電話をするも担当者がいないらしく、延々と待たされる。
アタマ来たので電話を切る。
5分ほどして、ようやく返信があった。
「検便の2回目が出ていませんが、これから送りますか?」
「2回目はやりません!!こないだそう言いましたが?」
たまたま2回分取れなかったのだ。
相手が電話を切ろうとするので
「用件はそれだけですか?他に心配なことはないんですか!?」
思わず食い下がってしまった。
病院からの着信が、どれだけデリケートな問題なのか分かってない。
ぐるぐる不安になったこの10分間をどうしてくれる!!

2016.03.23

朝から悪寒がする。
たまたま仕事が休みだったのでもう一度寝る。
しばらくして起きても、悪寒は収まらず、関節が痛くなってきた。
ぼんやりと「熱でも計ってみようか」
だいたい気のせいなんだよなあ~、と目盛を見たら
27度半あった。あれっ。

恐ろしいことに、人生初インフルでした。
私はかからないもんだと思ってたので、予防接種もしてません。

その後さらに体温は上昇。
午後、フラフラのままタクシーで病院へ。
検査をしたら、幸いにも一発で反応が出ました。
今は、1回、吸引すればOKという薬があるようで。
薬局で薬の飲み方を教えてもらうんだが、
ぜんぜんアタマに入らない。
そのほかは、「頭痛に効くのはこの薬だけ!」と言われて処方された飲み薬。

外出禁止は今日から5日。
熱が下がってからプラス2日。
この二つの条件をクリアしたらOK。
「これなら、6日後の裕二のライブに行ける」

意地でも治す!
でも旦那にうつったらアウトだな~とヒヤヒヤものでした。
幸い、ライブには無事に行けた。5日で完治。
ダンナは勝手にフツーの風邪をひいたので放置。
紛らわしいんだよ!

インフルなんかにかかったのは、
絶対、前日にうけた病院からの電話のせいだと思う。
あの電話で、免疫細胞がバタバタと討ち死にしたところへ
隙をみてインフルの野郎が入り込んだのに違いない!

2016.03.03

インフルで体重が2キロ落ちました。
その後、元気になって少し戻ったものの、
マイナス1~1.5キロの状態をキープ。
せっかくもらったこの恩恵!手放してはいかん!

で、アクアビクスを始めました。
日ごろ、格闘系エクササイズをやっているけど、
水中の負荷は半端ないです。
短い時間で、効果は抜群!

運動する回数も今は週3、4回に増えました。
食べる量、食べる時間も、前より気にするようにしました。
あれから2か月ばかり過ぎたけど、体重はマイナス2キロ。フフン。
どうにもならなかったお腹周りもスッキリ。
やっぱ散歩くらいじゃ痩せない。

2016.05.02

久々に高校の友人たちと飲み会。
病気になってから、都合が合わずぜんぜん会っていなかった友人が
「元気になってよかったねえ~~!」と喜んでくれた。
ああ、そういや治療してたもんなあ、
程度の、自分とのギャップが可笑しかった。

2016.05.12

3か月半ほどたっての検診。
前回の血液検査の結果に、
基準値から外れた数値がひとっつもなかったので
「普通の健康診断でも、何かしら引っかかる人が多いのに、
何にもない人は、珍しいですよ」と言われる。
体重も減って、運動量も増えて、
健康まるだしの私に主治医も嬉しそう。

で。
このたび、先生が自分のクリニックを立ち上げたとのことで、
次回からそっちに移ることになった。
場所は、自転車で行けるところではなくなったけど、
数か月に1回行くくらいなら気にならない。
むしろ仕事帰りに行くほうが近いかも。
クリニックでできないような検査があるときは、
今の病院で受けられるようにしてくれるとのこと。
やっぱ同じ先生に続けて診てもらいたいもんね。
遠いところに異動になったとかじゃなくて良かったっす。
会計の時に、書類をクリニックに引き継ぐ手続きも。
2週間後にまた取りに来ないといけないけど、
それがすんだらこの大病院ともお別れだ~。
なんかまた一つ、病気から卒業した気がする。

次は、1、2か月後に新クリニックに顔を出して
とりあえず血液検査をする予定です。
ユーロ2016(サッカーの欧州大会)が終わってから行くかなあー。

テーマ : 乳がん - ジャンル : 心と身体

タグ : 乳がん トリプルネガティブ

15:45  |  日々是乳癌  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |