2017年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2017.01.26 (Thu)

JAM company "Live JAM" mit 中田裕二@横浜Motion Blue

本日、横浜赤レンガ倉庫にあるMotion Blue yokohamaにて、
JAM companyのライブです。
中田裕二がゲストで出る。ジャジー以来の共演!2ステージ!
しかもまだチケット残ってる&お手頃価格。
しばし考えましたが、エイヤ!で電話予約しました。
年末の日本橋のチケット争奪戦で、
バンド編がゲットできなかったのも大きいですね。
行けるときには行っとこうと。

寒くないといいなあ~と、チケット取った時から思ってたけど、
まさかの大寒波到来。
お天気だからいいけれど。
海っぺリの赤レンガ倉庫はさぞかし寒かろうよ。

どの席になるのかわからないのと、
JAM companyのライブは初めてなので、
ろくすっぽメモは取れないだろうなー、という感じで行ってきます。
楽しんできまーす!

*************

帰って来ました~。
地元はなんでこんなに寒いのだろう。
地名に北とつくからだろうか。ぶるぶる。
2ステージ、堪能してきました。
遠めからと、少し近づいての席と、
両方ともなかなか素敵な眺めでした。
ビルボードよりコンパクトでお得な感じで良かったなあ。
メモはほっとんどありません。
帰りにちょこちょこ思い出したものを書いてきたけど、
かなり怪しいなー。
裕二の笑顔を思い出してニヤニヤしつつ寝ます。

*************

ようやく完成です。
ロマンが始まってるというのに、今さらなレポ。
雑多な感じですが、雰囲気を感じていただければ幸いです。

入口にあったサイン入りボード。

20170115-4.jpg

サンダーベアがカワイイ。
スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : 中田裕二 JAMcompany

21:06  |  中田裕二  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2017.01.26 (Thu)

黄金の塔・初LIVE@高円寺U-ha

本日、久々に高円寺U-ha!
生存確認に行ってきました。
新ユニット「黄金の塔」のライブは、
彼らの頭の中を垣間見るような、
新鮮で懐かしいような曲の連続でした。

一応レポは書いてもいいようなので(笑)
追記に続けて記録を残しておこうと思います。

ライブがあると会える顔。
今年もみなさんよろしくお願いします!

*******************

出来ましたー。
思いのほかアタマが刺激されて、メモがいろいろ。
レポも通常仕様なボリュームです。
以下こそっと追記で。

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : 黄金の塔 ジョナサンベル

10:29  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

2017.01.12 (Thu)

RYUMEI「アドサムPLUS再販プロジェクト」予約締切と情報送信のお願い

年も改まりまして、再販プロジェクトも次のステップです。
前回の追記でも書いたのですが、
予約の締め切りを、
1月末までといたします。

まだ声かけられそうな方、いませんか?
返事をもらってない方、おりませんか?
みなさまのあともうひと頑張りに期待しています。(鬼)

さて、次のステップですが。
送り先になる方の情報を、のもんまでお知らせいただきたいと思います。
お名前、郵便番号、ご住所、それと電話番号。
言わずもがなですが、今回いただく情報は、
CD再販のためだけに使うものですのでご了承ください。

予約の内訳について、
1・自分の分
2・自分が受け取って、他の人へ渡す分
3・直接その人に配送する分
4・3の方がさらに他の人へ手渡しする分
とあると思います。
1と3について、情報をお知らせください。
2と4について、渡す人の情報は不要です。

振込された方のところへ、荷物を送ります。
何かあった時の連絡先でもあります。

たとえば5枚予約したとして、
1枚は自分。
2枚は友人A.友人Bに自分で渡す。
2枚は遠方に住む友人C・D。CがDへ手渡しする。
な場合、
私に情報を送ってほしいのは、自分の分と、Cさんの分になります。

分かるでしょうか?
分かんねーよ!という場合、言ってください。
そう思っているのはあなただけではないはず。

それと、
これは事務的なものとは関係ないのですが、
差支えのない範囲で、
どんな人が聴いてくれるのか、
簡単に教えてくれると嬉しいです
RYUMEIさんへお知らせします。
数だけでは現れない、顔の見える情報が、
RYUMEIさんのモチベーションをさらに押し上げると思います!

(個別にそれぞれメールを送っておりますが、
説明不足な気がするところをくどく書いて、ここにもアップしました)

ご質問、ご要望、まだまだ気になる方、
いつでもご連絡お待ちしております!
新譜出たら欲しいなあ、な方も、
お知らせくれると嬉しいです。

よっろしくー!

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : RYUMEI 小田木隆明

21:22  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

2017.01.11 (Wed)

本棚:『主夫になろうよ!』ほか

頭を使いすぎたので、反動でゆるい本ばかり読んでいた。
去年の秋ごろに読んでたもの、だったかなあ。
書いてそのままになってました。

『長くなるのでまたにする』:宮沢 章夫(15.03)
宮沢さんの本をちゃんと読むのは初めて。
Eテレの「ニッポン戦後サブカルチャー史」を見てて、
こういう人なのかと分かって読んでみた。
文章の長さがまちまちなところがいい。
長く考察するよりも、
短く、尻切れな感じで終わる文章の方が面白い。
どのネタも、ユルさが半端なく、
文体がちょうどいい硬さとやわらかさ。
淡々としてるのが可笑しさを誘う。
こういう抑え目の文章で、どうでもいい話を書く人はとても少ない気がする。

『「ブス論」で読む源氏物語』:大塚ひかり(00..01)
再読。『源氏物語の身体測定』の文庫版。
読むものが手元になくなると、源氏物を読みたくなる。
末摘花ってデブじゃなかったのか。

『お家賃ですけど』:能町みね子(10.07)
男性から女性になる間のエッセイ。
淡々としていて読みやすいなと思ったら、
mixiの日記を再編したものらしい。
メディアに注目される以前の神楽坂の中にある
時間が止まったようなアパートでのくらしの話。

『主夫になろうよ!』:佐川光晴(15.02)
家庭での仕事は、どちらかが負うのではなく、
両方ができたほうがいい。
掃除、洗濯、料理は、
家族の健康、家族のシアワセにダイレクトに繋がる仕事。
やるほどに頭も使い、感性も鋭くなり、技術も上がる。
「自分が作ったもので、子供が大きくなる」
これほどのやりがいはない。
男性側の視線で主婦(主夫)の仕事を見直されると、
ないがしろにされている、当たり前だと思われている家での仕事の多くが
それこそ自分にしかできない、意味のある仕事なのだと分かる。
「作家という職業だからできるんでしょ」と関係ないものと思わず
自分だったらどう対応するか、と考えるところからはじまる。
なんにしてもゴハンひとつも作れない人に、
仕事がちゃんとできるとか思わないんだけどなー。

『日本の居酒屋文化 赤提灯の魅力を探る』:マイク・モラスキー(14.03)
いわゆる外人風筆名なのかと思ったら、ほんとのアメリカの方だった。
文章、内容からはぜんぜんわからない、
実体験に基づくディープな飲み屋の紹介と分析。
なかなか入るには勇気のいる場所ばかりだけど、
興味深い飲み屋がたくさん。
自分で感性を磨いていくこと、見る目を鍛えることの面白さ。
「メディアやネットで居酒屋を語るときに料理の話ばかり」という指摘に、確かに。
場を楽しむには経験が必要だなー。

『今日も嫌がらせ弁当 反抗期ムスメに向けたキャラ弁ママの逆襲』:ttkk(kaori)(15.02)
頭が下がります・・・。
インパクトだけではなくちゃんとおいしそう。

『第2図書係補佐』:又吉直樹(11.11)
ブックガイドでありつつ、自身のエッセイでもある。
ふたつが同時に楽しめるお得な1冊。
以前読んだ『カキフライが無いなら来なかった』『まさかジープで来るとは』の中に
又吉さんのエッセイも入っていて、それもとても面白かったんだよね。
私はあまり小説を読まないので、このガイドは視野を広げるのにいいかも。
新旧関係なく、いろいろ入っているのが面白い。

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

14:12  |  蛸足図書室  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.01.10 (Tue)

中田裕二@2DAYS・年忘れ日本橋だよ裕二だよ 2016

久々の中田裕二ライブです。
去年に引き続いての、日本橋2デイズ。
私は2日目のひとり忘年会に参加です。
1日目のバンド編のご報告はこちらでお待ちしています!
タロちゃんがどういうパフォーマンスで参加するのか?すごく気になってます。
生の白根さんも見たかったなあー。

***************************

帰って来ましたー。
短い時間だったけど、みなさんと無事会えてよかったです。
お土産いろいろありがとうございました。いつもスミマセン。

久々の裕二は、
やることなすこと可愛くて、
いろいろ素直なところがダダモレで、
やっぱ好きだなあー、とニヤニヤしっぱなしでした。
レポはいったいいつ書いたらいいのやら分かりませんが
メモはなんとかなってそうな感じなので、頑張りまっす。
みなさんも忙しいと思いますが、
時間のある時にどかどかコメント入れちゃってくださいませ。

***************************

年が明けまして、ようやくレポもアップとなります。

20161227日本橋

2016年も開催された「日本橋だよ裕二だよ」
そして今回も、「ひとり忘年会」に参加しました。
バンド編、去年よりもアルバムと連動していない今年の方が
ずっとずっと興味があったのだけど、
チケット確保はできませんでした。
正規のプレミア会員の皆様のお手を煩わせて
ホント申しわけなかったです・・・。
頼むからPCから会員になれるようにしてくれ(涙)
そうすっと、私みたいなオバサンの敷居が低くなって
一斉に参入するのでしょうか。
それはちょっと申し訳ない。

つか当日券出たんかーい!
分かったところで行けなかったけどな~。
主観メモ頼りの雑多なレポは追記へ。

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : 中田裕二

07:19  |  中田裕二  |  トラックバック(0)  |  コメント(16)

2017.01.06 (Fri)

北九州まで行ってきまっす

金~日まで、北九州に行ってまいります!
門司は3回目?4回目?
小倉は初です!
まだまだ行ってない場所がある嬉しさ。
旨いものたくさん、食べて呑んできます。
戻ってきたらゆーじのレポだわー。
ではでは!
05:45  |  それ以外  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.01.03 (Tue)

2017新春・初スプリズム!

新年あけましておめでとうございます。
年末年始の暴飲暴食をなかったことにするべく
某フィットネスクラブの1月3日、祝日プログラムに参加してきました。

昼の1発目にアクアビクスでグダグダになったあと
途中退出して昼食。
そのあと初めてのエクササイズ、スプリズムに参加してきました。

自転車(エアロバイク)を使ったエクササイズで、
以前テレビで紹介されてたのを見てやってみたかったのだ。
暗闇の中、ミラーボール的なライトがぐるぐる回るところで
「フゥー!!」とか言いながらやるテンション高いエクササイズ。
今回やっていたのはパワーサイクリングという、上級クラスだったのだけど
インストラクターの方に聞くと、
初めてでも大丈夫と言うので(まあそう言うわな)ダンナと参加。
周りは自転車レースなユニフォームで気合入った人が多数。ひょえー。

最初の難関は、144センチの私の身長にバイクの高さを合わせること。
サドルを一番低く、一番前まで動かしてもらって、
なんとかペダルをこいで問題ないところまで調整してもらいました。
それでもけっこうギリでしたが。

動きそのものはあまり難しいことはなく、
ハンドルの持ち方が3パータンあって、負荷を変える感じかな。
ペダルの重さを自分で調整して、音楽に合わせやすい重さにして
ひたすら漕いでいく感じでしたね。
軽すぎても早く回りすぎて足がついて行かないし。

途中に立ちこぎパートがあって、
立ったり座ったり、立ちっぱなしだったりと、
ジミに辛い感じです。
まあ初めてなので、途中で座ってラクしたりして調節。

もっと上半身を動かしたりするのかなーと思ったけど、
基本的には自転車をこいでる動きです。
あとは脳内イメージ(笑)
夜明け前の平たんな道を走ってる、とか
3メートルしか幅のない山道をずっと上ってる、とか、
でこぼこの道なので、腰を上げたりおろしたりしつつ走るとか。

負荷は自分次第とはいえ、
車輪はほぼ常に回っているので、休めません。
足もベルトで固定してるので、一緒に動かすしかない。
汗はドバドバ出まくって、旦那は「脱水症状になるかと思った」と。
しっかり呼吸しつつ、上半身は音楽に合わせたリズムで動かし、
足はそれと別にこぎ続ける。
私は日ごろの有酸素系エクササイズでスタミナがついてるので
そのへんのしんどさはなかったかなあ。
サボるところはうまくサボって。
むしろ足が短いので、お股がサドルにすれて痛いのが難点。
初心者あるあるですね。

体の動かし方がわかれば、
確実に腹筋に効くと思います。
今はまだ体幹で支えきれない分、
ムダに腕に力が入ってしまうのだけど。
上半身はリラックスさせ、
腹と足を意識するのが正しい使い方なんだろうな。

インストラクターさんが常にしゃべりながらあおっていくのがスゴイ。
私も何度も「いいですよ!その調子!」「上手くなってます!」と褒められまくり。
呼びかけに呼応してお客さんたちも「ヘーイ!」と叫ぶ。
私も途中から、声出したほうが無駄な力が抜けて楽になるので、
一緒に叫びまくってました。
腰は浮かせずサボってても声だけ出す(笑)

いやーストイックなエクササイズでしたねー。
私に向いてる。
ZUMBAみたいなラテンな動きではないので恥ずかしくありません。
私にとっては羞恥心を乗り越えられるかが一番の肝なので。
ま、終わってから隣同士のオヤジたちが
ハイタッチとかしてんのは恥ずかしかったけどねー。
そうまでキツイか~?毎週やってんでしょ。

通常クラスは平日の夜とか、なかなか行けない時間帯なのですが、
今回、特別プログラムで経験できて、すごく良かったです。
次にやるのはいつになるやら。
旦那は「もういい」らしい。

ただこの延長で、趣味で自転車やりたいか、というと、
そーゆー気にはぜんぜんなりませんでした。

60分、がっつり動いたので、
筋肉痛がどこに出るのか、今からひやひやです。

タグ : スプリズムパワーサイクリング

21:05  |  蛸足格闘部  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)
 | HOME |