2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2009.01.17 (Sat)

Tooooooooooor für den VfL! × 3

テストシュピール2つ目。
生で文字観戦しました。
辞書を片手に気まぐれティッカー翻訳。
元ネタはこちら。
→ http://ticker.derwesten.de/we_ticker.php?kennung=VfL_testet_gegen_chinesischen_Erstligisten

分からない単語もありますし、意訳も入ってます。
中国チームの説明などはちょっとはしょりました。
お願いですから鵜呑みにしないでください。
簡単な試合展開が分かればいいかなーくらいの感じで読んでくださいね。
よそに持ち出すのも勘弁して下さい。

スタメン

Tor: 
Daniel Fernandes

Abwehr:
Marc Pfertzeil, Marcel Maltritz, Mergim Mavraj, Philipp Bönig

Mittelfeld:
Mimoun Azaouagh, Daniel Imhof, Joel Epalle, Christoph Dabrowski

Sturm:
Stanislav Sestak und Diego Klimowicz

クリモビッツはWadenbeinprellunのために出場が疑問視されていたが、
スタメンでプレーできる。

試合はちょっとばかり遅れて始まった。
中国チームのキックオフ。

開始3分、最初の(小さな)チャンスは中国チーム。
Octavian Chihaiaはヘッドで攻めるもボールは上へ外れる。

ボーフム最初のコーナーは外れたが、すぐさま惜しいチャンス!
しかしダブロのヘッドはキーパーのわずかに上へ。

この中国のチームはドイツ1部のチームの餌食になるつもりはないようだ!
中国チームはフィジカルが強くボール扱いも上手い。

フクスから危ないミスパス。
相手チームのブラジリアンOctavian Chihaiaが再びボーフムゴールに迫る。
17メーターからのシュートはフェルナンデスががっちりキャッチ。

15分、
20メーターからのフリーキックから。
エパレが左隅に見事に決める。

Tooooooooooooooooooooooooooooooooor für den VfL!

そしてさらに2?0にすべき展開!
エパレがドフリーでキーパーの前へ走るがキーパーが早く出る。残念。

そのわずか後、中国チームは18メーターの距離からミドルを打つ。
しかしフェルナンデスがしっかりキャッチ。

ちなみに相手のWei'an Tanは、中国製イビセビッチだ。
ここまでリーグで19ゴールを挙げている。

徐々にボーフムはゲームを支配。フォワードが次々と中国ゴールを攻める。

クリモビッツも続いて足で2?0とするところだった。
しかしボールはキーパーにではなく空へ向かって飛んだ。

なおも圧倒するボーフム。
ミムンから見事なコーナーキックが、ダイレクトにシェスタクに飛ぶ。
しかしボールはキーパーの手に収まった。

またもボーフム。
シェスタクは見込みのあるポジションにいたが
中国チームのキーパーがクリア。

ボーフムは相手をコントロールする。
マルセル・コラーのチームはポゼッションを上げて中国チームを圧倒する。
しかし決定的なシュートチャンスが不足している。

マフライからばかげたミス。
コラーは今日彼をテストしている。
中国のDuがボールを奪いシュートする。
しかし幸運なことにボールはフェルナンデスの守るゴールを大きく外れる。

ちなみに250人の観衆がこのゲームを見守っている。
(以下ちょっと説明あり)

プフェルツェルのセンタリングはシェスタクのヘッドよりも上に飛んだ。
しかしすでにオフサイドフラッグが上がっていた。残念。

あとわずか数ミリ!!
ボーフムのコーナー、エパレが右からマルトリッツへダイレクトに合わせる。
中国のキャプテンYi Baiがライン上でかきだす。
キーパーは何もできなかった。
しかし今だボーフムは最初の1点のみ。

エパレのコーナー。
再びシェスタクへ。
しかし中国の選手がクリア。
再びボーフムのコーナー。
フクスがコーナーを蹴るも短すぎた。(ここは微妙な訳です)

前半終了。

1?0で折り返し。
ボーフムは終始ゲームを支配しチャンスも作ったが、
ただ一つの問題は決定力だ。

後半開始。
ハーフタイムはホッフェン戦同様、10分は取らなかった。
頑張れボーフム!!

コラーはすぐに3人を交代。
マルトリッツに変わりヤヒア。クリモビッツとシェスタクに替え、
ハシェミアンとミチエルをフォワードに。

Tooooooooooooooooooooooooooooooooor für den VfL!

46分、2?0!
替えたばかりのフォワードコンビがさっそく仕留めた!

ハシェミアンは実にクレバーにやってのけた。
左サイドからボーフムは仕掛け、ペナルティエリアまでドリブルで切れ込む。
2人の相手選手をかわし、
並走していたミチエルがボールを受け流し込んだ!
ボールはゴールの中へ!

プフェルツェルの素晴らしいコーナーキックは直接ハシェミアンへ。
しかしヘディングは枠の外へ。

ミムンにイエローカード。
前の選手を荒っぽくumgeschubstした。

中国チームはさらに選手交代。
既にハーフタイムに元気な選手を何人か入れたいた。
(このあと続くが上手く訳せず)

ボーフムも選手交代。
観衆の拍手を受けてエパレがピッチを去る。
代わりに小野伸二が入る。

小野はSprunggelenkの怪我のために微妙だった。
しかし彼は今日ここで絶対にもう一度出ることを望んだ。
そして中国チームに向かって走った。

中国チームが反撃するには時間もそう多くはない。(以下説明あり)
おおむねこのチームは無害である。

中国チームのフリーキック。
右サイドからのボールは大きく外れる。全く危険はない。

ボーフムの交代。ダブロ、マフライ、プフェルツェルがアウト。
グローテ、パトリック・ファビアン、オリーを投入。

ハシェミアンからの見事なコーナーは右のポストに。
グローテがフリーで打つが、残念ながらキーパーの正面。
ボールは跳ね返り、グローテはもう一度試みるも、
再びキーパーが今度はがっちりとキャッチ。

中国チームはミスパスが続く。(以下説明)

さらにボーフムの交代。
ミムンに代えてカログル。フクスに代えてコンチャ。

そしてすぐに大きな大きなチャンス!
入ったばかりのカログルがその1分後に、3?0となりそうなシュート、
ボールはポストを直撃した。

Tooooooooooooooooooooooooooooooooor für den VfL!

85分、3?0!
コンチャのフリーキックをミチエルがヘッドで決めた!
キーパーも触れず!

試合終了。
ボーフムは中国の1部リーグチーム、Tianjin TEDA FC に3?0の勝利。
ボーフムのゴールは15分にエパレ、47分と85分にミチエル。

ボーフムの監督、マルセル・コラーは彼のチームの成果に満足している。
「私たちは多くのチャンスを作った。
多くのゴールを決めることができた。
3?0の結果はもちろん喜ばしい。
もっとゴールを決められたならさらに良かった。」
[ Mimoun Azaouagh ]
[ VfL Bochum 1848 ]
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム 小野伸二

02:32  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

こんにちは
相手チームのことはよくわかりませんが、ボーフムの調子良さそうですね。
ボーフムはプレシーズンに練習試合で全く勝てずにリーグ戦がはじまり、
その結果これまで1勝しかしてませんよね。
だから、この中断期間中は全勝で終えてもらってそのままの勢いで
リーグ戦に臨んでほしいなと思います。
reis |  2009.01.17(土) 11:39 | URL |  【編集】

reisさん、こんにちは!
相手チームはボーフム日本語版によると
アジアCLにも出場経験のあるチームのようですね。
序盤は危険な感じでしたが、後半はあまり脅かしては来なかったようです。
夜にはハイライト動画が出てくると思うので、また確認したいです。

ボーフムはプレシーズンの無勝利が
前半戦にずるずると響いた感じがしますものね。
後半戦は自信を持って前向きに入りたいものです。
のもん |  2009.01.17(土) 16:30 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1046-f3fb67bc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |