2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2009.02.13 (Fri)

「アザウアクはシャルケのセットプレーを警戒している」

しょーちゃんが教えてくれて、
シャルケ公式にミムンのインタビューがあることを知りました。
ありがとうございますううう!
うおー抜かったわ。
ボーフムサイドから、あるばかりとは限らないのだ。
しかもボーフムは今は怪我人の算段で大わらわで
古巣と対決なんて牧歌的なネタを扱ってる余裕はないのです。

なわけで、私のフィルター付きの訳です。
需要はないでしょうが、話半分でお願いします。
元ネタはコチラ → Mimoun Azaouagh warnt vor Schalker Standards



「ミムン、シャルケボーフムという二つの伝統のあるルール地方のクラブは
ほんの15キロしか離れていない。
あなたにとってボーフムシャルケの間の大きな違いは何?」

ファンの数だね。
確かに数ではシャルケの方がずっと多くのファンがいる。
そうはいってもこっちだって熱さと忠誠はシャルケと似たようなものだよ。


シャルケのことを考える時まず何を思い浮かべる?」

僕が在籍中にシャルケと知り合った人たち。
みんな優しい人だ。


「今もシャルケの選手達とコンタクト取ってるの?」

何人かとはお互いに電話したりしてる。

「シャルケでは得られなくて、ボーフムで得たものは?」

沢山の出場機会。

ボーフムは今シーズン、良くない出だしだった。
何が君のチームで良くなかったんだろう?」

単に結果が出てないだけだよ。
チームの雰囲気はいいよ。きちんとプレーできてるし、
むしろ多くの試合では明らかにいい出来だった。
ほとんどはほんの些細なことが足りないんだ。
集中力の欠如から災難に陥る。


「なぜボーフムがKlassenerhalt(残留かな)を成し遂げると?」

僕たちは後半戦を乗り切るだけの十分な資質を持ってることは
みんな知ってるから。
僕たちはこの大きな„Klassenerhalt“という目標のために全力を尽くすよ。


「ボーフムはウインターブレイクの間に、
ディエゴ・クリモビッツというストライカーを補強した。
彼はもうチームのシステムにはまったんじゃない?」

ディエゴは多くの経験を積んでる頭のいいプレーヤーだよ。
彼は適応の面で問題はないし、
最初の試合でもう彼が僕たちにとって重要であることを示した。


「ボーフムの中での君独自の役割を示すとすれば?」

ボクは中盤ならどこであろうと柔軟にあてはめられるプレーヤーだ。
僕には多くの責任がかかってるけど、僕はそれを気に入ってる。


「ボーフムは土曜日にディフェンダーのマルトリッツとヤヒアを欠いた。
シャルケはジョーンズとボルドンが、見合わせなくてはならないだろう。
どっちのチームがより損失を被ってるかな?」

それは僕には判定できない。
僕等にとってセンターバックを失うことはとてもキツイよ。
だけど僕らにはすぐにプレーできるいい若手のディフェンダーがいる。
もうチームに合流してるよ。


「君のチームは特にシャルケのどんなところを警戒してる?」

シャルケは昔から二つの際立った強さを持ってる。
一つはいい守備、もう一つはセットプレーでの危険性。


「君は土曜日どっちに賭ける?」

ボクはこのゲームに関与してるから賭けないよ。


いつにもまして、クールなミムンのインタです。
静かに受け答えしながら、内に強さをみなぎらせてるというか。
ボーフムにとって、次のホームゲームはとても難しい試合。
怪我人続出で、とりあえず出られる選手を当てはめて、
何とか形にして出さないといけません。
ミムンにも大きく責任がかかってくるでしょう。
でも私はあなたの自信と強さを信じてるよ。
頑張れボーフム、頑張れミムン。
[ Mimoun Azaouagh ][ VfL Bochum 1848 ]
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム シャルケ

00:27  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1071-d6d54aaa

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |