2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.03.01 (Sun)

0809BL #22 ボーフム対コットブス前半

降格争いの直接対決、第2弾です。
前節はアウエーのビーレフェルトで逃げ切れずにドロー。
一方のコトブスはドルとドロー、ブレーメンには勝利、と波に乗っています。
ここでの勝利は6ポイントの価値がある。
絶対に落とせない試合です。

レッドでサスペンションのクリモに変わり、
ハシェミアンがトップに入る以外は前節と変わらず。

フェルナンデス
オリー・プフェルツェル・マフライ・フクス
エパレ・ダブロ・インフォフ・ミムン
ハシェミアン・シェスタク

開始1分であっという間に先制されました。
スケラのドリブル突破から、1発のスルーパスがものの見事に通って、
二人の間を抜けてゴール前に突入、
ファーストシュートがキレイに決まってしまった。
マフライが後ろに残りすぎていて、オフサイドはまるで取れず。
前半戦コトブスホームで失点した時も、こんな形じゃなかったろうか。
いきなり殴られたような衝撃に、チームもスタジアムの空気も沈む。
下を向かずに立て直したいのだが、
先制点のショックなのか、最初からだったのか、
このところのホームゲームでは全体から発散されていた気合いが少々見えない。
ここを落とすとさすがに厳しいのだけど。

マフライの縦パスをポストで落とし、ミムンが受けて中に切れ込んでパス。
そのパスが相手のハンドになり、フリーキック。
フクスはいいボールを蹴ったんだが惜しくも合わせられず。
なんとか持ち直したいボーフム
浮いたボールをヘッドで跳ね返し合う状態が続く。
競り合いの中、フクスとランゲロフが頭をぶつけあって交錯。
ランゲロフは出血、フクスは倒れて動かない。ギャー!
ここでフクスまでいなくなったらボーフムはさすがに崩壊します。
攻撃の起点が半分くらいなくなってしまう。

心配していたが、何とか自分で歩いて外に出て、
しばらくしてピッチに戻って来てくれた。安堵。

ボーフム、球際の動きが一歩遅く、打ちきれない。
とりあえず奪われてピンチ、という状態にまではなっていないが、
この決めきれない感じがイヤ。
雑なパスが目立つ。
かろうじて繋がった紙一重のパスも大きく跳ね返されて、
戻りながら守備をする格好になり、ゴール前のイヤーな位置で
結局ダブロがファウルで止める、など毎度なパターン。
気が抜けてるわけではないのだろうが、危うげな雰囲気が漂う。

と思ったら。
右からの攻撃が繋がりエパレが11分に同点弾!!
縦のパスがポストで戻り、オリーがさらにレンジの長い縦パスを浮かして送り、
ダブロがそれを走りこんでトラップ!落ちついてゴール前へクロスを送り、
ニアに走りこんでいたエパレが、
相手と接触するわずかの隙間からゴールに流し込んだ!!
すげええええええええ!!
エパレはサルトパフォの後、フラッグに飛び蹴り!
選手達の祝福を受けました。
ミムンがエパレの頭を抱えておでこくっつけていい笑顔で笑ってる!!ワーン!

エパレゴール

ちょっとエンジン掛かったかボーフム
とりあえず落ち着いて直後に失点しないように。
自陣ゴール前で相手の攻撃をカットし、
ミムンが受けて中央を回りを見ながら突破。
右の選手に小さくパスし、受けた選手がさらに大きく左へ展開するパス!
フクスが受けて左サイドをドリブルであがり、
中から並走していたミムンへパス!
ミムン、狙ってミドルを打った!
ボールはライン上で落ちるもキーパーがキャッチ!
おしいいいいいいいい!

コトブスも隙をついて攻撃をしかけてくるが、
ボーフムはだいぶ落ち着いたようだ。
まだパスは正確とはいえないものの、何とか粘って繋ぎ、
他の選手達も助けに入りながら、糸口を探る。
右からワンツーを仕掛けようとして、
シェスタクが縦パスに間に合わなかったり、
コーナーキックがそのままラインを越えたり、
セットプレーのフリーキックを直接キーパーがキャッチしたり。
一度はミムンが左から、エパレを走らす絶妙キラーパスを出したが、
わずかに追いつけなかった。おっしいい!
チャンスは毎度毎度あるのだボーフム
どれか一つでも結果に繋がってくれないと、
またつまらないことから泣きを見るぞ。

と思っていたらコトブスの反撃。
またも右からドリブルで入りこまれ、
コーナー付近に二人で追いこんでいながら、
門を通すパスをゴール前に通され、
マフライが付いているというのにシュートを打たれる!
ボールはわずかに枠の外だったが、失点しててもおかしくなかった。
その後も左からフクスが交わされ、ぺナ内にドリブルで侵入したところを
フクスが追いかけたところを二人で倒れたが、
PKは取られなかった。あぶねー。

拮抗した状態。
ボーフムは寄せてはいるがパスは通ってしまうんだよなあ。
またスルーパスからゴール前で打たれそうなところを、
間一髪でマフライがカット!もう死ぬ。
ボーフムの反撃。
ミムンがドリブルで突破、右のオリーへ繋ぐ。
オリーが浮いたボールを前へ送り、
シェスタクがヒールで処理!ダブロへボレーで渡す!
ダブロがタイミングよくミドルを打つも跳ね返され、
再びシェスタクが拾ってミドルシュートを打ったがキーパーが弾き出す!
決定的なシーンだった!
その後のコーナー、1度目のニアへのキックは弾かれ、
2度目のショートコーナーからエパレが中に切れ込んで、
中央の人がごちゃっといる中に打つ。
中の選手がトラップして打とうとするもコースなんてなく、
人垣の中で打ったシュートは真上へ上がった。
このバタバタとチャンスが転がってそうな中で
決まらないのがボーフムらしくてイヤ(涙)

ピンチも続く。
ミムンがカットしきれず奪われたボールを後ろから追いかけファウルとなり、
イヤな位置でセットプレーになる。
その時のミムンの表情が切ない。
フリーキックは浮かせてファーへ。
そのボールをカットしたボーフム、ペナ内でハンドだったと思うけど、
笛が鳴らずに助かった。
拾ってボーフムの攻撃は、エパレの打ったシュートが相手に当たってカウンターを食らう。
人数が全然足りてないボーフム。
コトブスは左へパスを展開。マフライ完全に裏を取られる格好に。
相手のシュートは枠を外したが、ここも失点しててもおかしくなかった。ふいー。

お互いチャンスはありながら、正確さに欠けるので決めきれない。

ミムン、コトブスが左へ展開しようというパスを途中でカットし、反撃に出る。
ドリブルで右へ大きく回りこみ、打つと見せかけて!右のエパレへ繋ぐ。
エパレのクロスに、ゴール前のシェスタク、後ろから倒されたがPKはない!
これはPKだろうよ!!

コトブスの選手が自陣で倒れている。いつの間に?
かなり痛そうで歩くのもしんどそうだ。
そのあと今度はフクスが左から仕掛け、
クロスのようなシュートのようなボールを出した後に倒れた。
相手選手がアフターで削ってきて、フクス飛び上がって倒れた。
やめてええええええ。
フクスは何とか戻ったが、コトブスの痛んだ選手は結局交代することに。

残り数分、何とかこのまま前半を終わらせたい。
コトブスのパスが抜けたら大ピンチになりそうなところをフクスが粘って凌ぐ。
うう本当にあなたがいないと困ります。
ロスタイムは前半なのに2分。長いっての!
終了間際。またもミムンからエパレへの絶妙パス!
エパレが上手く抜けだしてボールを受けて、
反転してシュートを打つも腰が回り切らずにコースを外した。おしいいい!

今日もまた、てんこもりに惜しいシーンを見せながら
押し込めずに前半が終わる。
後半に続く。
[ Mimoun Azaouagh ][ VfL Bochum 1848 ]
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム コットブス

22:27  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1092-60fbee6e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |