2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.03.15 (Sun)

0809BL #24 ボーフム対バイエルン

2試合連続10人はキツイっす。

うううううう。
次節どうすんだ。
あ、マフライが戻ってくるのか。
でもプフェルツェルは1発だからもしかしておまけがつくかも。
南米の選手がペナに入ってもう一度ジャンプしたのを見ても
心がイラつかない人なのねヴァイナーは。
まああのPKが決まらなかったのが、
うさんくさいということの証左です。
でもこういうので決めないと、王子はお人よしって言われちゃうのよね。
決めると人でなしって言われるんだけど。どっちがいい?
ボーフム的には助かりました。

えーと書いてたら長くなったので、このままレポに変えます。

ボーフムの苦しいスタメン
フェルナンデス
コンチャ・プフェルツェル・ファビアン・フクス
シェスタク・ダブロ・インフォフ・ミムン
エパレ・ミチエル

え?ゼのいる右(バイエルンは左)をシェスタクとコンチャで大丈夫か?と思ったら
前半はゼが左にいることが多くて、少し助かりました。

ボーフムは前半戦の戦いを見るような展開に終わってしまいましたね。
前半集中してプレスを掛け、相手に好きなようにボールを出させないようにして、
少ないチャンスから決定機を拾う。
でも決めきれないことで、隙を突かれて失点。
退場まではそのパターンに組み込みたくないんですけど。
後半は一人少なくなったことで守りに終始。
足も動かなくなってプレスが甘くなった所で追加点を食らう。
最後にまたチャンスらしいものが巡ってくるもものにできずに
さらに傷を広げる。

いつものパターンと違うのは、
前半の決定機が少なかったこと。
後半もさらに少なかったこと。
そして最悪なのは、最後のいらない追加点のきっかけが
ミムンになってしまったことだ。
ああああああ。
これまで何度かあったミスも、とりあえず大事になる前に
チームでぎりぎり防いで来たのだが、
今回は無理だった。

試合が終わってダブロに泣き顔で言い訳してるミムンが写ってた。
私も泣きたいよ。
でも怒られて当然だよミムン。
あそこでみんなミムンが最後のミドルを打つのを期待してたのに、
結局、ここまでと同じように持ちすぎて囲まれてファウルにもならずに奪われて
カウンターを食らって得失点差はマイナス3だ。
後でこれが響かないことだけを祈るよ。

前半の圧してる時間帯に点が取れないのがきつい。
バイエルンボーフムの守りに攻めあぐんでいたし。
後ろで回してようやくボールを入れてもボーフムが跳ね返していたので、
何人かの選手は苛立ちを見せてた。

うーん、でも結局ただ跳ね返すだけで、
それを自分たちの攻撃リズムに持って行けなかったのが痛いな。
ほころびが少ないので、いつもなら生まれたチャンスがなかなかない。
ただ失点しないというのも大きな意味を持つのだけど。
なんか1発上手く通ったパスを、ゼにしっかり得点にまで結び付けられてしまった。
それまでそんな大雑把なボールはちゃんと処理してたのに。
ホント、ゼって怖い選手だ。あくまでも冷静。
でもボーフムはこの失点では動じなかったし、同じように前半は守った。
だから後半最初の方に集中して行けば同点にもってけると思ったんだけどなあ。
同点になったらまたバイエルンがギヤチェンジするリスクも上がるけど。

なんて、一人減らされちゃったらいくらなんでも。

本職ではないのに、これまでの数試合センターバックとして
奮闘していたプフェが退場になってしまって、
残ってるのはファビアンだけ。
キャプテンのダブロがセンターバックに下がったようだ。

バイエルンはアウエーだし、リーグ戦だし、
腰を据えて省エネモードに入った。
CLでは何を焦っているのか味方同士で慌てたパス交換をして、
パスミスや相手が怪我するんじゃないかという優しくないパスで
あわあわした試合をしてたけど、
今日は別にいつものリーグ戦だし?、
もう相手一人少ないし楽勝じゃん俺ら?な見極めをしたらしい。
そりゃそうだ。
ボーフムはPKはなんとかしのいだけど、
ラームの上がりを許して流れの中で失点したのは結構キツかった。
それまでは上がらせず、パスを出させてミスさせてたんだけどなあ。
シュバのスルーパスがきれいに取ってコンチャもウラを取られてしまった。
フェルナンデス、触ってたのに弾ききれなかった。
前半の1点も触ってたんだけどね。辛いわ。

なんかこの試合、
ゼがソサの教育をする恰好の場所に使われてしまった感じがする。

前半、バイエルンが後ろでボールを回していたことで、
ボーフムも体力的には維持できてたけど、
結局バイエルンだってイライラしただけで特に疲れてはいないのだ。
ボーフムの方は後半になって退場と失点のダメージがじわじわ効いてきて、
致命的なミスにぎりぎりならないところで踏ん張ってはいたが、
相手ボールを単発でカットできても続かずまた戻される、
というパターンにはまって徐々に消耗していった。
シェスタクは完全に消えてしまったし。
ハシェミアンが入ってきたけど、
どうも彼は気合いがヘンに作用してプレーが雑になるのだ。
ポストでちゃんとキープしてくれないと、味方が楽にならない。

エパレもいつもの踏ん張りがあと一歩出なかったり、
フクスの上がりも今日はちょっと大人しかった。
ミムンはと言えば、今日は持ちすぎて囲まれて奪われるシーンが多かった。
キレが足りない。
ただ吹っ飛ばされて痛むシーンも多くて、
見ているこっちが何度も死にそうになる。
開始直後のブイテンの足へのタックルで膝が持ってかれたのは肝が冷えた。
あと腿にスパイク入ったのもひどかった。怪我させんなよ。

ミロはあの進入時の衝突がきっかけだったんだろうけど、
大丈夫なんだろうか。
どっちのチームも怪我は御免です。
ただ代わりに入ったソサが結局効いてしまったんだよね。
前のCLでは周りの動きも自分のイメージも少しずつずれていて
ミスを連発してホームのお客さんに思い切りため息つかれていたが、
今日は続けてゲームに出たことで、もっとはっきりと感覚を戻したように見えた。
動けると分れば、今までの分を取り戻そうとするのは当然。
ああ厄介だなあ。
ホント、ゼに感謝しなさいな。

省エネサッカーにしたことでゼが最後までプレーできて、
おかげでバイエルンのサッカーはそれほど崩れなかった。
ミスは出ても、混乱はなかった。
前のCLではゼがいなくなったことで
「僕たちどうしたらいいの?」なプレーがいっぱいあったのになあ。

一人退場したことで、
結局経験値の高い試合巧者のバイエルンに持ってかれた感じだ。
最後はお土産まで持たせてくれたんだからバイエルンは言うことないよね。

ボーフムは次どうしましょう。
プフェが出られません。少なくとも1試合。
ファビアンは今回、頑張れることが分かったので次もよろしく頼みます。
マフライとペアはちょっと不安だけど。
クリモ早く戻ってきて!
ボーフム公式のチームの前後だけが分かる順位表を見ると、
メンヘンは勝ったみたいですね。ダービーで、アウエーで。
ビーレフェルトも勝ち点積み上げたみたいだなあ。
いよいよもってまた泥沼状態に戻ってきました。
次の試合が本当に怖い。
まあ残り試合はまだあるわけですが、
得失点差でマイナス3を加えたのは痛い。
この点でボーフムは他のチームより有利だっただけに。
ミムン、次はしっかり自分で尻拭いをしておいで。

ホームのサポーターたちの声援が、いつにもまして力強かった。
バイエルン見たさで満員になったのもあるだろうけど、
ホーム3連勝の成績が、お客さんを呼び戻したのもあるんじゃないかな。
今日はまた見慣れた負け方をしてしまったが、
諦めないで応援にまた来てほしい。
[ Mimoun Azaouagh ][ VfL Bochum 1848 ]
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム バイエルン

03:09  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1107-18a2884c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |