2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2009.03.25 (Wed)

ニコ・クラニチャルの中の人

フレイダルソン目当てでポーツマス対エバートンを見る。
相変わらず線の細い強面のバイキングは、
今日もピッチのそこかしこでケンカ番長っぷりを発揮。
メンチ切りまくり因縁つけまくり、紙を1枚もらったあとは逃げ足も速い。
相手を倒して笛が鳴らないようなら、
腕を振り上げて「さっさと起きやがれ」なアクション。
時間がたつごとにガンガン上がりだし、パワフルかつ無駄な動きでゴールに迫り、
近づく相手と次々ぶつかり稽古。うりゃあ。

うおりゃー

どうも監督が変わってから、
彼の出番が増えているようだ。
そうそう前半戦は試合を見ると
ベンチにいたりベンチにもいなかったりしてたんだよな。
今はボスが使ってくれるからいい気になって暴れているようだ。
何より何より。
そんなアナタが私は大好き。

そしてもう一人、試合が進むごとにヒートアップしてる人が。
監督交代で、ニコも随分と待遇が良くなったようです。
実況の説明では、ニコは自由にやらせる方針のようで。
確かに一人好き放題にあちこち走りまわってます。
しかも何だかとても力強い。
パスの勢いやフィジカルの充実ぶりに目を見張る。
ヒラメキとムラっ気が共存するような危うい感じがなくて、
海の男のチームの一員として遜色のない、
闘う姿勢がどんどん出てきています。

チーム全体が青い空の下で、良く動く体を無駄に振り回しながら
がつがつ大雑把に攻め込むなかで、
スタジアムのサポもワクワク感がアップして、
選手もノッて来るのだろうか。

ニコが取組かレスリングかと思うような体の入れ方で相手と競り合って倒し、
ボールを奪って、フンと鼻息を勢いよく出すような、そんなプレーをしていて
目が点になってしまった。
しかも自陣のコーナー近くで。
守備に体を張るクラニチャル。嘘ではない。
フレイデルソンの血液でも無理やり中に入れられたか。
それとも朝青龍でも入ってんですか。大きさ的に入らないから。

いえ良いことなんじゃないですかね。
ニコがこんな頼もしい無骨なプレーを進んでやるなんて驚きです。
監督がうまいのか、今日は機嫌がいいのか、
続けて試合が見れないので判断できないけど、
一皮むけた感じがガンガンしましたよ。

結果はクラウチがまたポキポキ走りながら、ヘッドで2点を入れて、
2?1で漢ポーツマスが呵呵大笑(勝w)です。
入らなかったけどオーバーヘッドも見せてくれた。

次はいつ見られるかなポーツマス
スポンサーサイト

タグ : ポーツマス フレイダルソン ニコ・クラニチャル

21:58  |  プレミア  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1118-087f362c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |