2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.03.30 (Mon)

10WM予選 ドイツ対リヒテンシュタイン

特に書くことはないのだが、カテゴリ分けの関係から別にしました。
生はイスラエルを見てたんで、ドイツは録画。

相手がリヒテンシュタインとあって、
スタメンはちょこちょこいじってきましたね。
まあ今日はざっと流して大量得点で勝つんでしょう。
バラックが中盤にいるので、ボールが集まってくるなー。
と思ってたらあっという間に余裕でミドルを決めたバラック

ヤンセンがこのところ調子がいいのが良く分かる。
切り替えが早いし、動きにもキレがある。
やっと元に戻してきたって感じなのかな。
試合に出るって大きいよね。

バラック余裕だな。
日頃プレミアでやってる試合に比べたら、全然ラクだよね。
相手も寄せてこないし、
中盤のほとんどの場所で守備的にも攻撃的にも顔を出して、
ボールをさばいてテンポを作る。
かなり広い範囲を走ってるが、こんなの走ったうちに入らないだろう。
困った時に預けられる場所があるから、他の選手達も動きやすそうだ。
ドイツのゴール前が脅かされるシーンもほとんどない。
バラックが最初にカバーするだけで十分対応しきれる。
早くはないが一定のテンポでパスが回るドイツ。

ベックはいい感じにアピールできてた。
ボールを持って簡単に前を向けるし、
失ったあともすぐさま食らいついて行く。
自分のところを過ぎたら終わりじゃなくて、
ボールが動いている限り、意識をそらさない。
場所が確保されてない選手は、
少ない時間でやれることをきちんと見せないといけないものね。

ゴメス・・・は、もうどうしたらいいのかわからない。
バラックの方がよっぽどゴール前の位置取りがうまい。
相手に後ろから寄せられても倒れないんだよな。
そして体勢が崩れたとしても、
足の先だけ別の生き物のようにボールに向かっていったりする。
代表になるとゴメスは委縮しちゃうのかもしれないが、
それじゃ悪循環だ。
だからといってリーグ戦に戻って「チームだと点が取れるのになー」なんて
暴れないでくださいね。

バラックのお陰でグダグダにはならなかった前半。

ハーフタイムで録画を二つに分けたつもりが、
うっかり他の試合に気を取られて、
録画を再開した時は後半が始まってしまっていた。
見始めたらちょうど点が入ったあとらしい。
ポルディとシュバがじゃれあってる映像が続いて、
スコアを見たら4だった。
てことは49分で2点追加してんのか。

さてどうしよう。

録画はポルトガル戦がかさなっていたので、
後半の最後の方は撮ってないのだ。
再放送を押さえるべきか。

他の国の結果を見ないように慎重にブンデス公式のドイツ戦レポを見に行く。
得点はこのあと動かないらしい。
バラックは全部出たみたいだ。
ヘルメスも出たが中盤での仕事がほとんど。
マリンもそれほど目立ってないみたい。シュートは打ってない。
ロルは時間を使うための交代。

バラックが最後までいたのなら、
ドイツのバランスは大崩れすることはないだろう。
失点もしてないのだから、
とりあえず致命的になるほどの緩んだミスは出なかったのだろう。

てことで、
後半は見ないでいいや、という結論に達しました。

次の相手はウエールズ。
ウエールズはフィンランド相手に、
ホームでガンガンに攻め込み、最後まで前へ前へと走り続けながら
結局1点も取れず、逆に相手が少ないチャンスから2点を奪うという、
ダメージの大きな試合をやった後(涙)
ドイツを相手にどう出てくるか興味深い試合ではあります。
ドイツはまあいつもと変わらない試合をすると思います。
オワリ。
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ドイツ代表 バラック

23:01  |  ドイツ代表  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1124-0f0e2ef7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |