2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.04.14 (Tue)

エパレの手術は無事終了

ホッフェンハイム戦で、相手選手との競り合いの中、
頭同士をぶつけて倒れ、
担架で運ばれていったエパレ。

頬骨を骨折していた彼は、その日の夜に手術をし、
無事に終わって、術後の経過も良好のようです。
ひとまずほっと安心いたしました。

公式に彼との電話インタビューがアップされていたので
ちょっとざざっとご紹介。

→ „Gerührt über den Zuspruch“

ホッフェンハイム戦の素晴らしい3?0の勝利の中にあって、
ジョエル・エパレの骨折は、苦い後味を残した。
土曜の夜から日曜にかけて、我らのフォワードは手術を受けた。
イースターの朝、彼はボーフムの病院に再び戻ってきた。
私たちはこの出獄(最初の病院がハイデルベルク)の後で、
彼と電話で少し話をした。


やあジョエル!
僕たちは君の怪我に大変ショックを受けました!
具合はどうですか?

「ありがとう、良くなってるよ。
まだかなり痛みが残ってるけど、我慢してる。
幸い、ちょっとの骨折で済んだんだ」

ホッフェンハイムのクリストフ・ヤンカーとのツヴァイカンプでは
何が起こったんでしょう?

「僕はスタニ(シェスタク)にボールをパスしようと、相手よりも高く飛んだんだ。
そこでお互いぶつかってしまった。
実に不運な衝突だったよ」

そしてあなたはその夜に手術をした・・・

「そう、最初はハイデルベルクの病院に行ったんだ。
その後ヘリでボーフムに飛んだ。
そこですぐに手術を行ったんだよ。
すべて順調に進んだよ」

あなたのチームメイト達とはもう連絡を取りましたか?

「そう、みんなが連絡をよこしてくれたよ。すごくうれしかった。
ダブロブスキーなんて、ドクターバウアー(ボーフムのチームドクター)と一緒に
病院まで来てくれたんだよ。彼の見舞いの言葉には感動したよ。
実はそのほかに、すごくビックリする人が来て・・・」

誰ですか?

「ボビー・ボルツァーが来た」

まさか!

「ホントだよ!!いきなりボビーが俺のベッドの脇に立ってたんだ!
考えてもみなかったよ!センセーショナルだ!」

もう悪くはならないようですね。
お医者さんはあなたが再びピッチに立つまでに、
どれくらいと予想を立ててますか?

「2週間くらいだと言ってた。でも最初はマスクを付けないといけないだろうね」

私たちの新しいマスクマンに期待していますよ。
どうぞお大事に!


エパレの見舞いに訪れたボビーは彼です。

ボビーボルツァー
ボビーだと思います。

イベント

そりゃいきなり枕もとに彼がいたらびっくりするわな。
手術終わったばかりの人間には刺激が強すぎるだろ。

とりあえず、2週間ほどの離脱で済みそうで、安堵しました。
ゆっくり休養して、またピッチに元気に戻ってきてください!
[ VfL Bochum 1848 ]
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ボーフム ジョエル・エパレ

11:37  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

初代シャウエッセンマン
http://www.trpg.net/user/GMN/data/Dsc00002.jpg
エスパニョールのマスコット 初代ペリコ
http://storage.kanshin.com/free/img_10/101745/1560334454.jpg
せんと君(お迎えにしか見えないw)
あたりだったらセンセーショナル程度じゃすまなかったでしょうねw

※また私のところのサーバーが死んでます・・・
うっちぃ |  2009.04.15(水) 11:52 | URL |  【編集】

>せんと君(お迎えにしか見えないw)

だっはっはっはっは!!!
シャレになんねーーーー!

ペリコ、ここまでリアルとは思わんかった。
陽気なステップが余計怖い。

>※また私のところのサーバーが死んでます・・・

これも○フトバンクの怪電波?(苦笑)
のもん |  2009.04.16(木) 12:13 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1137-be79d541

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |