2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.05.02 (Sat)

0809BL #30 ボーフム対ハノーファー96

金曜ゲームだったので、
久々に生でネット中継を見れました。

公式の日本語記事。
ハノーファー96 相手に 0―2
くそう、ハノファ今季初アウエー勝利だったのかよー(涙)

頭が働きません。
一度は抜け出した降格争いに、再び転がり落ちました。
残り全勝しても40ポイントには届きません。
失礼、あと4試合あるので、全勝すれば届きますね。
ええ全勝すればいいんですよ!!

ここから先は自力だけでは難しい。
相手の動きと運に左右される段階になってきました。

得失点はさらにマイナス2。
まだ同率になった時の優位性は保っていますが、
ポイントを重ねないことには。

この試合は、私にとって、年末に仕掛けられた時限爆弾だった。
酔っぱらった旦那が
「ゴールデンウィークにしかドイツに行けないから行きたい」
などとほざき、すぐさま却下だったのだが、
そうはいっても気持ちはぐらぐらとぐらつき、
ムリだと分かっていてもスケジュールは調べちゃうし。
飛行機の値段も見ちゃうし。
で、ターゲットになったのはこの試合。
後は前後のブレーメンとHSVのアウエー。

行けないと分かっていても、
「行くかもしれなかった」というフラグを勝手に立てられてしまい、
「行けば良かった」/「行けなくて良かった」
いずれにしても苦しまなければならなくなった。
ええ3月半ばごろまでは、本気で悩みましたよ。
行けやしないけど。
あーあでも行ってたら、線審ロビーに会えたのね。

ボーフム戦ロビー

言う時だけ本気の旦那の迷惑な一言。あーもー。
「ドイツに行きたい」は私にとって、
物凄い広範囲に影響をおよぼす魔の言葉なのだから
軽はずみに言わないでくれっ。

で、結果的に。
酷く悲しい結果に終わってしまったが、
でももしかして私がいたら、ミムンももっと奮起して、
5本近く打ったシュートの一つは、入っていたかもしれない、
なんてむなしく思ってしまう。
Glückblingerになれたかもしれないのになー。

90分はムリ、と当初言われていたミムンだったけど、
またここへきてコンチャが直前でアウトしていて、
スタメンが回ってきた。
開始直後に決定的なシュートチャンスが巡ってきたのに
枠を捉えることができず、
2度目のシュートチャンスも枠に飛ばせず、
そしてそのあとボーフムは失点する。

ハノファ戦3

最初は外した後もこんな余裕かました表情だったけどな(涙)

ヤヒアのクリアボールが中途半端で、
そこを奪われてあっという間にクロスを入れられ、
きれいにピンポイントで、ゴール前フリーになってた選手の頭に合って、
あまりにもくだらない形で失点した。

言いたかないが。
ヤヒアとマルのセンターバックコンビが戻ってきたとき、
「大丈夫なのか」
と思った。
この二人はボーフムの基本のコンビだが、
およそ鉄壁とはいいがたい。
片方は致命的なクリアミスをよくする。
もう片方は試合中にボケっとしてピンチを招く。
せめて片方はマフライで良かったんじゃないだろうか。

フライヤがまた前よりも体のキレが戻ってきたが、
一緒にまたも雑なプレーまで戻ってきた。
ボールに触る回数は多い。とても。
でも最後にチャンスになるような制度のあるパスやクロスが出せない。
それはフライヤに限ったことではないのだが、
ボールに絡むシーンが多いだけに目立つのだ。
前半も終りの方はフラストレーションをためはじめ、
いつものパターンではここで、イラついたレイトチャージで紙をもらう。
コラーさんが41分ほどで下げたのは英断だったと思う。
でもハシェミアンなんだよね、使えるのは。
クリモいないんだもの。(いたら最初から使ってるけど)
彼もまた、フライヤーと同じ、昔ボーフムで輝いていた時代の記憶に引きずられて
このチームに戻ってきた選手だが、
やはりかつての動きが取り戻せるはずもなく、
むしろ気持ちがいらついて、なかなか結果のある仕事が出来ないでいる。
もう、そういうかつての栄光みたいなものに、
すがるのは止めた方がいいのよ。

あーあ愚痴ばっかりになっちゃう。

2失点目にしたって、前掛かりになって決めきれないで、
大きくクリアされたボールから始まってるのだ。
コーナーから、簡単に失点したのは30分くらいだったか。
ニアでそらしたヘッドのボールが、するどくゴールの天井をついて、
勢いよくバウンドするような得点。
あまりにも、ボーフムに取って気持の萎える連続失点。

ボーフムは中盤でパスをつないで、攻める形はよくできてる。
でも最後が甘い。
せっかくチャンスになろうかという、ここぞのポイントが雑なのだ。
左右からクロスを入れるだけ、
スタニのポストを当てにするだけの攻撃パターンもひねりがない。
なまじ繋がって、人数が前にかかった状態になってるのに、
最後にミスで、かえって大ピンチに繋がるシーンもたびたび。
スタニは本当に辛抱強く頑張ってたと思う。
相手には後ろから当られ、味方の放り込むボールには精度がなく、
フラストレーションが積み重なる状況で、
それでも諦めないで、トップでチャンスを狙ってた。

後半開始前、ボーフムは早くからピッチに出て、
トレーナーを中心にして円陣組んでもう一度確認するように気合いを入れた。

ハノファ戦4

でも再開してしばらくの時間、
ボーフムはあまり変化のあるプレーを見せてはくれなかった。
後半半ば、エパレを投入して(まだマスク状態)、
やっとボーフムは前向きにプレーを作ることを思い出した。
本当に、彼が入らなかったら、
ただずるずるとまたつまらないミスから、失点を重ねることになっただろう。
攻撃の回数は増え、チャンスもぐっと大きくなり、
何度も何度もボーフムは1点を返せる状況が生まれた。
でもエンケが最後に阻んだのと、運が決定的になかった。
ハシェミアンの、やっとミートして枠に飛んだシュートが、
勢いよくポストに当たって、横になってるエンケの元に、
まっすぐ跳ね返って戻るなんて、
いったいどんだけ運がないんだよ。

ミムンのミドルシュートは、
最後の2本はエンケでなければ入っていただろう。
悔しくてしょうがない。

ミムンは思いがけずのスタメンだったけど、
最後86分に交代するまで、
半ば気持ちが沈みながらも、なおも走って頑張った。
結果を出すことはできなかったけど、
チャンスは何度もあったのだ。
試合に入ることで、徐々に調子も戻しているように見えた。
次はだからさらにやれるはずだ。

ボーフムは3連敗。
スタジアムのお客さんもブーイングをするほど、
内容的にも、テンションが期待したよりはずっと低く、
一部の選手が個別に頑張るも、全体を引き上げるほどではなかった。
せめてもっと緊張感があれば、もっと気力を見せれば、
そしてもっと冷静に丁寧に、ボールを大事に扱えば、
お客さんだってピッチで走る選手に、ブーイングなんてしなかったはずだ。

前半戦のハノーファー戦は、最悪のゲームで、
ぐだぐだだったハノーファー相手に勝ちきれなかったことが、
その後のボーフムのプレーを決定的に下向きにしたと思ってる。
諦めムードが漂って、たとえ先制点を入れても追いつかれる追い越されるのを
心の底で覚悟して待ってるようなプレーと采配。
それでもウインターブレイクにズデベルさんを切るという荒療治を経て、
ボーフムは再び勢いを取り戻したんだけど、
極度の緊張をずっと保つのは難しいし、
今季は上位陣がとにかく当てにならない!
後半のこのゲームも、ボーフムにとっては大きなターニングポイントで、
ここを踏ん張れば、まだ望みは繋がったはずなんだが。
それを結局、こんな形で落とす羽目に。

あー本当に、マインツが降格した悪夢のシーズンが蘇るようだよ。
あの時もバイエルンは散々な出来で、
最終的に優勝したのは、たまたまその時首位に立ったシュッツだった。
あと数試合少なく、または多ければ、優勝なんてしてないはず。
そのシーズンが、かぶってくる。イヤんなる。

残る試合はHSV(A)、フランクフルト(H)、ケルン(A)。
追記:スミマセン、次にヘルタとのホームゲームがありました。ホーム2連戦なのね。

それにしても難しすぎる。

でもまだ、諦めるには早すぎる。
エンジンは全開にしないと間に合わないけど。
頼むから、前半戦のように、ここで気力を失わないでほしい。

とはいえ。
今はため息しかでないなー。

明日(もう今日か)の試合が怖い。
この位置をいつまでキープできるかしら。
[ Mimoun Azaouagh ][ VfL Bochum 1848 ]
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム ハノーファー96

10:52  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

こんにちは。
1点目、ハノーファーの選手を完全にフリーにさせてましたね。あれはちょっと信じられません。だいぶ、後ろが詰まってきました。これからは毎試合ヒヤヒヤしなくてはいけませんね。
reis |  2009.05.05(火) 02:56 | URL |  【編集】

reisさん、どうもです。
あの失点の仕方、味方もファンも力抜けると思うんですよ。
入り方が良かっただけに。
ああいうしょうもないパスミスが減らないのは、どうにかなんないんですかね。
しかもあの大事な試合に(涙)

毎試合、後は運をどこまで味方につけられるかですよ。
頑張ることがもちろん前提で必須の条件です。はー辛い。
のもん |  2009.05.07(木) 23:00 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1154-379b1ca0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |