2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.05.14 (Thu)

0809BL #32 HSV対ボーフム

もうダメかと思ったが、とりあえずギリギリで15位に踏ん張っているみたいです。
時間の問題かも。
などと弱気な発言もしたくなるというもの。
BMGはコトブスとの直接対決を、アウエーで勝ったんですね。
おめでとうございます。ここへきて2連勝かよ。

ボーフムは5連敗です。
後半戦に入って溜めた貯金も底をついてきたようです。

試合の内容はあまり変わってないです。
ミムンは最初スタメンだったのですが、始まってみたらエパレに変わっていました。
エパレはもうマスクが取れてました。
最後までミムンは使われなかったので、
どこか痛めたのではと少々心配ですが、
単に戦術的にエパレやフライヤを優先したのだと思います。

細かく振り返ると辛いなあ。

失点は相変わらずです。
どれも未然に防げたものでした。
15分ゲレーロ
ロシュトのロングフィードを飛び出して処理しようとしたヤヒアがキックミス。
それをヤンセンに拾われて、優しくゲレーロに落として、ドカンとミドルです。
バカじゃなかろうか(泣)
33分オリッチ
マルトリッツがドリブルでセンターラインを越えてオーバーラップ、
コンチャに渡して、コンチャがまたワンツーでも戻したのだが
マルは体勢が苦しく、寄せた相手から遠ざけようと無理やり出したパスは
味方の位置を考えてのものではなく、ただ出しただけで
思い切り後ろのフリーのHSVの選手が取って、カウンターを喰らいました。
もうどうしろと。
58分オリッチ
マフライがゴール前でカットしたボールを受けたマルが、
ゴールに背を向けた状態で蹴ろうかとしていたところを、
横からオリッチにかっさらわれ、
コンチャが追っていくもあっという間にシュートを打たれました。
ああああ出た出た出た(ヤケクソ)

毎度こうなんです。
ヤヒアの壊滅的なクリアミスと、マルのぼんやりミス。
これがボーフムの基本のセンターバック。
彼らがヴォル戦で同時に膝を負傷し、二人揃って長期間いなくなって、
暫定で色々なやつがCBをやってた時の方が、よっぽど固かったです。
泣けてくる。

今日はダブロもかなり怪しかったです。
ええ最近はチャンスが転がりこまなくなっている分、
あやしいのだけが目立つという悲しい状況です。
彼もどうも自分の前と、ほんの少しの周りしか見えなくて、
せっかく足もとに落ちたボールをシュートしても、
ただ目の前の相手に当てるだけで、これではチャンスをつぶすだけだ。
むしろ勢いよく跳ね返って相手にわたる心配の方が大きい。

ボーフムTVでは交代のシーンが良く分からなかったのだけど、
後半すぐにダブロとヤヒアを変えて、フライヤとハシェミアンを入れたようですね。
ハシェは相変わらず仕事らしい仕事はなくて、
やっときたゴールチャンスに、ペナ内で、一番ゴールに近い位置にいたのに、
クリモへのマイナスのヘッドを選択し、チャンスを潰してくれました。
なんでそこで頭をゴールと逆の方向に振るのだ。
あんなクロスがゴール前の味方に届くことすら、
今回は数えるほどしか無かったのに。

フライヤはエパレの負担を軽くするように、
いい感じに動いてボールにもよく触っていましたね。
3点目が入った後は、一瞬ボーフムの選手達も気色ばんで、
荒れるのではと心配いになったけど、致命的なカードは出ませんでした。安堵。
そして、やっとフライヤに今季初TORが。
入ると思わなかったもんね。
どうせまた枠を捉えず出てくんだろ、と思ってた。
ロシュトの指先を越えて、反対側の隅に入りましたよ。
ええこれまで彼には一体どれだけのシュートチャンス、
しかも決定的なやつが、どれだけあっただろう。
そして今まではそのどれもこれも、すべて台無しにしてきたのだ。
出場機会とチャンスの数が、
カードの数とゴール数に全く結びつかない今季のフライヤだったが
やっとようやく1点目が出たよ。
まあそのあと彼の元に、2度3度4度シュートチャンスがあったけど、
どれも打ちきれないか、打っても力のないもので、
どれもまたことごとく入りませんでしたがね。

クリモに執念がないのが困る。
みんな彼に合わせるために、必死にボールをつないで放りこんでいるのに、
もっとがむしゃらに取りに行ったりしてくれたっていいじゃないか。
失敗するとすぐ諦めちゃって、
プレスもなんかかける気あるのか無いのかな雰囲気なのよね。
シェスタクはもう、今季怪我で使えないのが分かってる中で、
ハシェもあんなような感じで決定機すら寄ってくる気配がないのだから、
クリモにもうちっと粘ってもらわないと困るんだけど、
彼は粘るとカードになって出てしまうことがあるのでこれもまた問題だ。
2枚目出そうなラフプレーがこちらも何度かあったのだけど、
シュタルクが出さずにいてくれて助かったよ。

プフェルツェル、グローテ、ベニヒ、コンチャがエパレに続く頑張りでよく走っていた。
特にプフェは、今日は中盤の底に入って90分走ったが、
本当によくボールに触り、中央で冷静にボールをさばいて、
自らも突っ込んで奪いに行っていた。
サイドで使うよりも、中央にいるほうが今は効いているかもしれない。
サイドはコンチャやエパレやフライヤがいるからね。
ダブロが調子悪くて、
今回は途中で入ったインホフも、いつもならスタメンのはずなのだから
どこか調子がおもわしくないのかもしれない。
プフェの頑張りで中央はかなり持ちこたえることができてた。

あとはフェルナンデスが、集中したプレーで、
スーパーセーブを連発して、これ以上の失点を防ぎまくってくれた。
ええ3失点についてはフェルを攻めることはできない。
あんな形であっという間に持ってこられては、彼にはどうしようもないよ。
むしろその中でも、つぎつぎゴール前に放り込まれてくるボールやシュートを
至近距離で跳ね返しまくってくれて感謝感謝。
前半は頼りなげな表情だったが、
後半はちょっと「フザケンナ」な気合いの入った顔になってくれてよかったわ。

しかし残り2試合どうしよう。

イヤなのは、この期に及んでピッチに緊張感がないことだ。
必死さとか、追いつめられ感とか、ダメ元の勢いとか。
チームとしてのまとまりも見えない。
個々で頑張ってる選手はいるが、助け合おうという気持ちがプレーに見えない。
というか、ネガティブな気持ちばかりが先行していて、
足を止めてるようにしか見えないのだ。
他の降格圏にいるチームは、きっともっと必死だよ。
このプレーぶりではファンの気持ちも付いていかないと思う。

それでも、有利な位置にいることは確かなのだ。
・・・・・・これが緩みになるのかしら。
なるか普通?この期に及んで。

もう一度、必死さを見せてくれ。
次の試合はホームでフランクフルト。
ここで勝たなきゃもう終わりだ。
と思ってやらなきゃ本当に終わる。

レバークーゼンは当てになりません。
ヘタすりゃ平気で連敗するわよ。
こちらもしてもらっちゃ困るんだが。
[ Mimoun Azaouagh ][ VfL Bochum 1848 ]
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ボーフム ミムン・アザウアク HSV

12:51  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

Comment

ボーフムはまず守備をしっかりしないと厳しいですね。次はフランクフルト戦ですが、たしかボーフムはこの数年ホームでフランクフルトにはかなり相性がよかったと思います。フランクフルトは前の試合の後半に守備が崩壊してますね。
次の試合は絶対に勝ってほしいと思います。
reis |  2009.05.15(金) 02:23 | URL |  【編集】

この時期、厳しい戦いをしてきたチームは選手が疲れ果ててきているのだと思う。チームがどんな状況であろうと、気力を振り絞る、それすらも思い通りにいかなくなっているのかもしれない。…と、水曜日のうちの試合を見てそう思ってしまいました。
うちは何とか勝ってくれたものの、最後の20分ぐらいから、足は止まる、ポジショニングも何もあったものではない、攻めも守りもぐっちゃぐちゃ。相手がFSVフランクフルトで本当、助かりました。
特にね、残留争いはきつい。常にぐらつく自信に脅かされてる状態だから。
この試合、ミムンは出てなかったのですね。こういう状況のときこそ、ミムンの気の強さが救いになってくれるかもしれない…と思うのですが、どんなものでしょう?
次の試合、ボーフムがフランクフルトを蹴倒してくれることを祈ってます!(←私はマインツァー…笑)
MOGUNCIANA |  2009.05.15(金) 05:27 | URL |  【編集】

reisさん

せめて抵抗しながらかいくぐられて決められたのであれば、
まだ、こう気持の持って行きようもあるんですけど、
あの毎度な失点の仕方はチームもファンも結構萎えますよね。
フラの前半戦は早々にフェルナンデスの1発退場があって散々な試合になったので、
今回はきっちりとお返ししたいと思います!
チーム内のネガティブな空気も、いい加減振り払ってほしいです。

MOGUNCIANAさん

タダでさえこの時期に残留をかけた試合で疲弊しているのに、
日々怪我で選手が少なくなっていくようで、追い打ちを掛けられてます。
このところは負け続けて、せっかく後半戦に取り戻した自信も
すっかりどこかに行ってしまったようで本当に心配ですよ。

この試合、ミムンは出なかったのですが、
エパレとフライヤの出来を見ると、3番目の選択だったのかもしれません。
前節の前半は落ち着いてボールをさばいていい感じだったんですけどね。
ミムンも最近はちょっと勢いが空回りするようで、
自分でももどかしいんじゃないかなあ。
発言は毎度彼らしいポジティブな強気に溢れてるんですけどね。
フランクフルト戦は古巣になるので、エンジンかけ直して、
途中からでも出てきてほしいと思います。

ラブレターはダメ元で月曜に出したんだけど、
彼の元にそれがいつ届くのか、いつ読むのか分からないけど、
思いだけは先に感じてほしいなあと。

はあ~明日の試合が怖いですよ。
のもん |  2009.05.15(金) 23:56 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1167-a96c42e8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |