2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.06.12 (Fri)

RYUMEI・LIVE@ヴォーカルに酔う青い部屋

えー出没予告です。
RYUMEIさんと杵鞭麻衣さんのライブ、
11日(木)渋谷・「青い部屋」、予約入れましたー。
一体何が見れるのか見当もつかなくて楽しみです。

レポは引き続きここで入れていきまーす。

********************

行ってきましたー!
時間は短かったけれど、今までにないRYUMEIさんを見ることができて
たっぷり楽しめました。
今回はギターより、ヴォーカルを堪能してきましたよ。
レポは書いてる途中です。しばしお待ちを。

あ、MySpaceに新しいライブの予定もアップされてますよー。
池尻RRは両方ともワンマン・バンド形式だそうですっ。

********************

えーやっとこさ出来ました。

RYUMEIさんと杵鞭麻衣(キネムチマイ)さんのコラボライブ。
お初の渋谷は「青い部屋」→コチラ
戸川昌子さんがオーナーのこの店、行く前から興味津々でした。
HPの店内の艶っぽい写真、怪しげでポップな雰囲気。
今はリニューアルして毎夜イベントが行われるライブ空間になってますが、
それ以前の1960年代当時の写真の濃さに圧倒されました。
こんなことでもなければ足を踏み入れないであろう場所です。

青い部屋

ええ長いのはいつものこと。覚悟を決めてお入りください。
なお記憶違い思い違い勘違い妄想その他はどうぞ大目に見てください。
Jetzt geht's los!

【More・・・】

お店までは渋谷東口から六本木通りを歩いて10分もしません。
青い看板を目印に、小さなライトが点滅するアーチ状の入口から階段を降りて、
扉を開けるとスタッフの方が受付しています。
「お目当ての方はどなたですか?」「リューメイさんです!」
予約をしていたので2000円 + ドリンク代500円です。
「お客さんがかなり入ってますから、
右奥のガラス張りの部屋の方に入っちゃっていいですよ」

両脇にポスターやチラシの貼られたちょっとした廊下を通って扉を開けると
右手にバーカウンター、前にはミキサー、
その奥に青い壁に赤いバラが描かれた印象的なステージ。
中にはお客さんがぎっしり。
隙間なく椅子に座って空いてる場所もちょっとなさそう。
ステージではひと組目の男女ユニットが演奏中でした。
右手にはガラスで仕切られた向こうに、
少し明るめの部屋があってテーブルがいくつか用意されてました。
まだそちらは空席が多いけど、ガラス越しでステージと離れていて
ちゃんと見れるのか?と不安が。
幸いまだ立っている人はそれほどいなくて、狭いながらも視界は十分なので、
チビの私は無理に座って人の頭越しに見るよりは、
ここで立ってる方がずっと良さそうだ。
HPで見ていた時はもっと広く感じたのだけど、結構狭い。
そして艶っぽい感じよりももっと、懐かしいアングラな雰囲気。
壁の色が少し禿げているのなんかを見ると、
学生の時に見に行った小劇場を思い出す。
「月蝕歌劇団」ってまだあるのだろうか。余談。
ガラスの部屋の方には、壁にパンツ、というかパンティーという風情だな(笑)
透明な球体に穿かせてあるものがずらっと並べられていたりと
なかなかソレっぽくて楽しい。

ひと組目が終わって、お客さんは動くようで動かず。
今日は4組やるようなので、誰が誰を目当てに来ているのか分からない。
ビールを頼んで、そのままその場所で立ち見を決める。
リューメイさんたちは2組目。
ステージで準備を始めて、ほどなく始まった。
時間は20:30くらいか。

今日のリューメイさんは、
いつもと違ってちょっと男らしく色っぽい感じにキメてます。
髪はゆるっとくるっとした長いままの状態で、帽子はなし。
おおカッコいい時のフリみたいだなあ、と目を細める。

参考フリ
参考(笑):Torsten Frings

紫っぽいタイトなシャツの下の黒いインナーが
キラキラとラメっぽく輝いております(笑)
ボトムはベージュのワークパンツっぽい感じで、
ハードにバランスを取っております。オシャレー。
麻衣さんのほうもキラキラしたシルバーのボーダーが入った黒のノースリーブ。
下はパンツですっきりと。
綺麗な方だなーとこちらもしげしげと眺めてしまう。
ホント、二人で並んで立ってるとスマートな美男美女という感じで、
ビジュアル的にも圧倒されます。いいねえ。

1曲目からいきなりリューメイさんのソロ。
おおこのイントロは「マルコとポーロ」!!わあああい。
過去2回、弦3つ、弦4つバージョンで聴いていたが、
今日はリューメイギター1本とバックにピアノ。
この店、狭いながらもきちんとしたグランドピアノがでーんとあるんですよ。
1か月ぶりに聴くリューメイさんの声とギター。
あー嬉しい、コレですよコレ。
カクロウさんがせっかく歌詞を書いているのに、
今日もまた曲のカッコ良さに痺れてちゃんと頭に入ってない(笑)
間奏のソロは、知っているからこそ、ピアノが効果的でまた違った感じで楽しめます。

二人のご挨拶。
「じゃあ馴れ初めを、って結婚するわけじゃないですけど!」
きっかけは麻衣さんがリューメイさんのライブを友人に誘われて見に行って、
そこで彼の声とオリジナルにハマり、一緒に歌いたい、と思ったそうです。
共通の友人を介して連絡を取ってもらい、あっという間に「いいよ」で
このたびの共演が決まったそう。
さすが「あなたもbieN、私もbieN」を標榜するだけはあるフットワークの良さ(笑)
リューメイさんは麻衣さんの声も何も聴いたことないのに簡単に話がまとまって、
今日まで会って合わせたのも4回くらい、と言ってました。
「リューメイ君もミュージカルやればいいのにー」とは麻衣さん。

ピアノの方もご紹介。
といいつつしっかり名前を覚えていなくてすみません(汗)
二人はサチさんと呼んでましたね。
→ 伊藤祥子さんと言う方だそうですー。
この方と合わせたのも、時間がなくて3回くらいしかないそうです(笑)

あと1曲目の紹介の中で「弟が歌詞を書いたんですが、今日はそこに来ています」
と右手の壁際でビデオをセットしているカクロウさんを紹介。
今日は彼はビデオ係で、最後まで微動だにしないで
ずっと今日のライブを録画していました。ご苦労様です!
どっかで公開してくれるかな?MySpaceとか!!

「今日は時間も短いので7曲ですが、MCも少なめでガンガンいきます!」
と麻衣さんが言うと、ミキサーの男性が「いいよ、ゆっくりやって」と合いの手。

2曲目は麻衣さんのソロで、ピアノをバックにBoAの「MOON & SUNRISE」
BoAが14歳の時に初めて作詞した曲で、
「涙」だけが漢字で後はすべてひらがなでかかれているという作品だそう。
切ない思いが込められた1曲を、麻衣さんも気持ちを入れて歌う。
麻衣さんの声は少し低めで、
ハスキーではないけれどそんな風に思える感じの声で、
色っぽくもやんちゃぽくも聴こえる。
もう少し高めの声を想像していたのだけど、しっとり落ち着いていてとても良い。

3曲目はデュエットで。
「今日のテーマはLOVEです!」
MCの時は二人とも元気ハツラツな可愛い感じです。
「LOVE!」といいつつ、
二人の微妙な距離感がステージ上の緊張感とかぶって楽しい。

3曲目はミュージカルシンガーである麻衣さんが出演した「ミス・サイゴン」の中から
「Last Night of the World」
リューメイさんのソロから始まったのだけど、

だーーーー(卒倒)

参りました。

ゾクゾクするような静かなヴォーカルがすんばらしい。
リューメイさんの高めの甘い声がバッチリです。
盛り上がる前の入口で、ゆっくり優しく歌っていても、
その後ろにある隠れた大きな力がほのかに見える感じ。

あー来生さんも昔はこういう声だったんだよなあー。
今出してる声は、ほんの氷山の一角なんだよ、な色っぽい声。

リューメイさんがそういう声を出して歌ってるのよ。
私は今日はこれを聴きに来たんだなあと嬉しくなる。
ミュージカル、イケそうじゃん。
と思うけど、実際ミュージカルで見たら
私はきっとお尻がもぞもぞして最後まで座ってられないと思う。

合わせる麻衣さんの声が、ちょうどいい感じなのよね。
低めで同じような所でからむ声が面白い。
際立った段差はないけど、時にリューメイさんの方が高くなったりと
ポジションを変える感じ。
スケールの大きな楽曲なので、どんどん引き込まれる。
思い出してギターは?と見ると、弾いてはないようですね。
シンプルにピアノと二人の声だけで、十分に楽しめました。
やっぱリューメイさんの声ってすごいなあ。

4曲目はリューメイさんのオリジナル「LOVE」
麻衣さんはこの曲に惚れてCD買って歌詞もしっかり覚えて
次のライブの時は一緒に歌ってたそう。
最初のギターから、おっ?と思う。
今日はぐぐっとエッジを効かせたストイックな感じ。
男前に仕上げております。
いつものバンドの時の元気いっぱいで爽やかでワイワイ楽しげな音とは違って、
「LOVE」と言っても甘くないんだかんね!なちょっと予測を裏切るような音。
ヴォーカルも力強く合わせてる。
楽しい楽しい!!
最初はソロで歌って、2番目から麻衣さんに。
麻衣さんの声でそう聞こえるのか、弾き方を変えたのか?
ちょっと丸く変化したような気がするギター。
バックのピアノも気持ち、キラキラした感じを押えているように聴こえる。
サビは二人で合わせ、リューメイさんが高めに出す声が気持ちいいんだよー。
また今日も違う「LOVE」が聴けて満足満足。

5曲目はリューメイさんが選んだミュージカルの中の1曲。
あまりミュージカルは見ないのだけど、「RENT」は面白かったと。
ロックな作品らしいっす。
ええのもんさんがさっぱりミュージカルに興味のないことがバレバレ。
曲名が覚えられませんでした。何だったかなあ。
早くセットリストアップしてBitte。
→ 「One Song Glory」でした。
(前の曲についても覚えていたのは周りのエピソードで、
ヒントで検索かけて曲名にたどり着いてますw)
どこに向かうのかふわふわとしたイントロで始まって、
ギターの弾き語りで、最後までクールに決めてくれましたよ。
すみません、やはり初めて聴く曲はなかなか頭に留まらないもんですね。

6曲目は、ミュージカル以外からのデュエットと言うことで、
選曲はリューメイさん。
ええ曲名も歌手も記憶が(涙)

⊃ ヒント
えー「恋することさえ知っていれば後は何もいらない」
というような内容を甘く歌っている1曲です。
ようつべで動画があるらしく、男性の方が女性をガン見しながら歌ってるので
女性の方が若干引き気味なのがポイント。

→ 「Don't Know Much(Aaron Neville&Linda Ronstadt)」でした?。

またリューメイさんの第1声にクラっとする。
なぜそんなにも甘くて優しいのかっ。
空気を含んだような柔らかな高い声が、のびやかに響いてもうたまらーん。
なんて魅力的な声を持ってる人なんだろう。
しっとりと甘いバラード。
二人が気持ちを込めながら思い入れたっぷりに歌う。
最初はかみ合わない視線が最後はしっかりと見つめあっててムードも満点だ!
くー絵になりますねえ。ヒューヒュー。
ギターは弾いてなかったかもしれない。
記憶が朧ろ。声に集中してたからなー。
これもピアノをバックに、あとは二人の実力派の歌唱だけ!で
ぐいぐい最後まで耳と視線をくぎ付けにした1曲だった。と思う。
力を抜いた最初の声も、後半に入って大いに歌いあげるパワフルなのに甘い声も
とにかくすんばらしくて胸に染みる。
あああホント、来て良かったよ。

ここでライブのお知らせだったかな?
リューメイさん、7月と9月にやるRockerRoomのライブを告知。
両方ともワンマンだと言ったので、ワーイと嬉しくなる。
ここへ来る前にみたMySpaceに、スケジュールがアップされてたんだけど、
7月はどういうものなのか説明がなかったので気になってたのだ。
CDも持ってきてるのでよかったらどうぞ!「LOVE」も入ってます!
としっかり宣伝。
またリューメイさんの魅力に取りつかれる人が出ることを祈る。
そして今日のライブをきっかけに、また二人でやりましょう、とシメる。
こうやって一つ一つ、新しいリューメイさんが増えていくのだ。

最後の1曲はボニー・ピンク「ヘヴンズ・キッチン」
さっきのしっとりした雰囲気からうって変わって、
パンチの利いた曲をリューメイさんのギターとともに。
ピアノの音よりも高く鋭く響くギターの音が気持ちいい!!
あーもっと聴きたいなあこの音。
メインの麻衣さんの力強いヴォーカルが効いてる。
リューメイさんのぐっと高い声が絡んでまたたまらんのだ。
最後は手拍子も出て、盛り上がって終了。
わーこれで終わりなんてもったいない!!
でも次の組も控えてるので名残惜しいままに、あっという間に終了した。
時計を見ると21:10ごろか。40分くらいやってたのかな。

挨拶に行く人がいるかなーと思ったが誰もいかないので、
パーっと真ん中の通路を抜けて、
ステージで片づけをしているリューメイさんのところに飛んで行く。
「リューメイさん!!来たよー!!」
したら「あっ」て凄くうれしそうな笑顔になって、
さっと握手の手をくれた。キャー。
今日も「やり切った!」って感じのハレバレした表情が可愛いのだ。
「すっごく楽しかった!!今日はまた全然違うね!」
「全然違うものが見れたでしょ?」と嬉しそうなリューメイさん。
「今日は高いヴォーカルがいっぱい聴けて満足した?!」
「また次も、続けていこうかなと思ってるんですよ」
「またいろいろと違ったものが見れそうね!」
こうやって次々と、新たな方向へ流れていくリューメイさんを見るのはとても楽しい。

7月のライブのことを聞いた。
ワンマンだというのを確認。
MySpaceに書いてなかったから、と言ったら
「ワンマンです!9月はRockerRoomの4周年記念のイベントライブなんですよ。
7月のはフツーのワンマンで(笑)バンドです!」
じゃあ5月にやったような感じと思ってよさそうだな。
うわー行きたいなあ。
9月は連休の最初の方だからまだ何とも言えないが。

あと気になったので「今日はラメでキラキラだね!ビックリした!」と突っ込む。
わははっと笑って「ちょっと違う雰囲気で!」と照れくさそう。
「次も楽しみにしてる!また来るね!」
と帰ろうとしたところで、またリューメイさんが手をスッとくれたので、
今度は両手ではさんで(爆)
じゃあねー!で手を振って帰りました。
ありがとうリューメイさん、今日もめちゃくちゃ楽しかったよ!

扉の外に出たら、廊下には沢山の人が待っていた。
次以降の出演者を見るために来ていた人たちなのかな。
凄い盛況だなー!
外に出て、写真をパチリ。
ここ隣の店がドイツ料理屋なんだよ。入る前から気になってたんだが(笑)
外にメニューが出てたので覗きに行く。
「シュパーゲル入りました!」な小さなチラシが貼ってあった。
ドイツ名物、白アスパラ!
この時期に行ったにもかかわらず実は食べたことがない。大変ウマいものらしい。
生のビールはレーベンブロイ。うーむレーベンかいな・・・。

なことはおいといて。
気持もウキウキと駅まで戻る。
「元気をもらう」とは良く言うけれど、
なんかこう、体の内から沸々と気持のいいパワーがこみあげてきて、
自然と顔は笑っちゃうし、
気分的にはわー!!とか言いながら全力で走りだしたいような感じです。
間違いなく職質を受けると思います。

今回は共演が今までとはまったくタイプの違う人だったので、
これまでにない選曲と歌いっぷりが新鮮で、
最初から最後まで目新しくて、
40分ではあったけど、十分に濃密で質の高い時間でした。
見当のつかないままにワクワクして来たけれど、
期待を裏切らず、期待以上のものを見せていただきました。
ふー満足。お腹いっぱい。
またこれからも麻衣さんとのライブはあるでしょう。
7月も飛び入りで1,2曲やってもいいんじゃないのかなー。
なーんてここでリクエストしておこう(笑)

セットリストがアップされるようなら、ここも修正して追記します。

リューメイさんのライブは、もうすぐ次が14日。
藤沢の「DOUBLE DOORS FUJISAWA」でトリオ。
分っているのでは7月と9月に池尻RR。
詳細はいつものMySpaceへGO!→ www.myspace.com/ryumei3
興味がちょっとでも出てきて、機会があれば、
日々成長を続けているRYUMEIライブにぜひ、足を運んでみてください!
スポンサーサイト

タグ : RYUMEI 杵鞭麻衣 小田木隆明 青い部屋

23:12  |  来生たかお  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

Comment

オマケ:
お二人を引き合わせた(笑)つじたくさんのブログに、
写真付きでライブの様子が紹介されてます。
雰囲気が伝わってきますー。

http://ameblo.jp/artstyle-ceremony/entry-10279317560.html
のもん |  2009.06.16(火) 18:50 | URL |  【編集】

素敵!

のもんさ~ん♪
素敵なレポートありがとう。
つじたくさんのブログも拝見しました。

ホント、素晴らしいライブだったようで・・・
甘い歌声、見つめあう美女美男、、、
読みながら、つい想像・妄想してしまう。
ニコニコニマニマ、幸せな気持ち、いただきました!

RYUMEIくんのいろんな才能を見続けたいね!
月子 |  2009.06.16(火) 20:31 | URL |  【編集】

月子さ~ん♪

いやもう今回は甘いバラードですっかりKOされました。
力強さを裏に秘めつつ、柔らかく出す声が実に素晴らしかったです。
こんな攻撃まで見せるとは。くうー。

思いついて実際に演るまでの期間は本当に短いのに、
アイディアやクオリティの高さには毎回驚かされます。
リューメイさん自身の好奇心が、
大きなパワーを引き出してるんだと思います。
まだまだ新しい面を沢山見せてくれるでしょう!
のもん |  2009.06.17(水) 00:03 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1195-4ad3cf10

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |