2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2009.07.26 (Sun)

最後のテストで初黒星

ボーフム、開幕前最後のテストマッチは0?1の敗戦です。
相手はトルコのTrabzonspor Kulübü。
得点はぺナ内でのハンドによるPKです。

この日、うっちぃさんちで総勢5人で、
ブンデスゴール集(のちツール・ド・フランスw)を見ながら、
旨い肴旨い酒をお供に、ああだこうだと盛り上がりました。
駅に行ったら私の乗る路線で事故があったらしく、
帰るのにちょっと手間取り、
家についた時にはもうすぐ試合が始まっちゃうような時間でした。
ネット中継はどれも「パスワード入れろ」などとウルサイものが多く、
やっとぼやぼやながら繋がるものを見つけたのですが、
後半入る前ぐらいからこちらも「パスワード入れろ」がやかましくなり、
PKで点を取られたところでもう眠気に耐えられず諦めました。

結局そのあと返せなかったんだー。

午前様の酔っぱらいだったので、
はっきり試合を追えるような状態ではなかったんですが、
これまで見ていた試合やハイライトよりは、
ずっと良い動きを見せていたように思いました。
落ちついてリズムが出てきてる。
ボランチのインホフが1枚ながらもどっしりと丁寧に
ボールをさばいてたのが好印象。
まあ試合を支配していたのは圧倒的にボーフムで、
インホフが襲われまくるシーンがあまりなかったせいかもしれません。
ただこれだけペース握ってるんだから、
しっかり得点に結びつけてほしいなあと思いましたね。
こういう試合は勝たないとダメでしょう。
うっかりミスはほとんどなかったけど、交わされてサイドを走られたり、
裏を取られて侵入されたりするとやっぱ怖いですね。
PKのシーンは中継がブツ切れ状態で、ほとんど見られませんでした。
PKになったらしいのは分かったが、
ファウルのシーンも決めたシーンも結局見れず、
繋がった時には既にスコアだけが変わっておりました。

交代した後どうだったのか見ていないので何とも言えませんが、
今日の試合は、次のポカルに向けての最終確認のような感じだったのかなと。
コラー監督もコメントの中で、
結果は負けだけど、本番前に再び気を引き締めることができたし、
内容はそれほど悪くなく、
決定的なチャンスも、認められなかったゴールもあったりしたが、
概ね現段階での調整は上手くいってる、という感触を持ってるようですね。
スタメンを見ると、おそらくこれが今のファーストチョイスなんだと思います。
キーパーだけかな、まだどっちになるのか決定してないのは。

Heerwagen
– Fuchs (80. Bönig), Yahia (65. Mavraj), Maltritz, Pfertzel (46. Concha)
– Dabrowski (75. Ono), Imhof (46. Johansson), Epallé, Azaouagh (65. Freier)
– Sestak (65. Dedic), Klimowicz (46. Hashemian)

コラー監督も、怪我人を考慮せずに選手を選べる今の状況を喜んでいるようです。
願わくば、これがずっと最後まで続きますように。

ミムンの調子も良さげな感じでした。
開幕ダッシュに大いに力を発揮してほしい。
この試合でも何やらカードをもらったようで。
元気な証拠と言うことかしら。

次はいよいよ本番!
DFBポカル・SF Lotte戦です。
試合日は8月2日(日)17:30。
負けたら終わりの1発勝負。
1部チームとしてこんなところで落とすわけにはいきません。
しっかり確実に勝ってくださいね。
なおネット中継は期待できません。
[ Mimoun Azaouagh ][ VfL Bochum 1848 ]
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム

14:46  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1227-090d4baf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |