2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.08.24 (Mon)

0910BL#3 ボーフム対ヘルタベルリン

ホームでの第3戦。
今日は本当に、まじめにサッカーをやって勝って、
お客さんを納得させねばなりません。

インホフ1枚だったボランチを、ヨハンソンと2枚にしました。
これでだいぶ落ち着いたと思います。
スタメンはデデッチくるかとおもったらクリモでした。
しかし、お世辞にもクリモはよくありませんでしたね。
身体を当てられて倒れて、ファウルがもらえず文句を言ってる姿しか映らない。
文句いってる間に倒れないような体の使い方をしろっての。
デデッチは入ったけど、スタニとの交代だったのも意外。
でも最後までクリモはあまり効果的な動きをしなかったよなあ。
逃げ切るまで残り時間わずか、というところでファウルもらって時間稼ぎをした時は、
あ役に立ってる、と思ったけど。
しかしちょっと予想外だったのは、デデッチの足が遅かったことだ。
うーん、ガタイがいい分重いのだろうか。盲点であった。
ベニヒはフクスからスタメンを取ったことでかなり気合い入ってました。
集中もしてた。
よく上がってチャンスを作ろうとしておりました。
あとプフェもかなり積極的に右から上がってたな。
そしてエパレがいつものように孤軍奮闘。
何度も転ばされ、削られて、最終的には負傷退場に近い形になってしまったが、
やはり彼なくしては今のボーフムは立ちいかない。
得点は意外なことにヤヒアだった。
ペナ手前での相手のハンドからのセットプレー。
なんで彼がフリーキックを蹴るのか、何か約束事があったのか。
それでも、エパレが少し動かして、
ちょうどすっと開いていたコースに、
ヤヒアはうまいこと蹴って決めた。
さっきは危うくオウンゴール決めそうになってたのに。

ヘルタ戦勝利

選手たちの安堵感があふれたような喜び方に、グッと来た。
この1週間は本当に厳しかったと思う。

小野選手は3人目で使われるかなと思ったが、
監督はダブロを選んだ。
うーん、今のダブロよりは小野の方がいいと思うんだが。
でも肉弾戦があちこちで起こって、まだ1点差でしかないゲームで、
小野を使うのはリスキーだと思ったんだろう。
まだ監督は、試合が安全圏に入ったと思わなければ
小野を使わないんじゃないだろうか。

この試合、最後までヒヤヒヤながらも逃げ切れたのは
ヘルタがヘタレ状態だったおかげだ。
事前情報をちゃんとチェックしなかったので、
なんでヴィヒニャーレックがいなかったのか分かんない。
あとはヘルヴァーゲンの決定的シーンでの間一髪のセーブの数々。
良くやってるよ。お疲れ様。次もよろしくね!

とりあえず、最低限の「勝利」という目標をクリア。
でもこれでようやく、スタートにつかせてもらったようなもんで、
ここで一息ついたらまた一緒になりそうなので、
忘れないように、今日のゲームを続けてほしい。


今日はミムンは風邪のためベンチにも入れませんでしたが、
観客席にはおりました。
ほんの一瞬でしたが、不安げな、もどかしげな真剣な表情で
試合を見ていました。
私もあわてて画面激写!がタイミング悪く目をつぶってる所に。マイガッ。

観戦中ヘルタ

うーん、でもカワイイ。
[ Mimoun Azaouagh ][ VfL Bochum 1848 ]
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム ヘルタ・ベルリン

00:57  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1260-81a6996a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |