2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.09.11 (Fri)

腹だけふくれた代表ウィーク観戦

週末の試合に続き、ミッドウィークの試合をあれこれ山盛り観戦。

いろいろ見ていて印象に残ったのは、
スペイン、イングランドブラジルの強さ。

スペインは短いパスを回して、選手たちが絡み合いながら
ゴールに攻め込むスタイル、と思ってたけど、
それだけだとちんまいプレーばかりでイマイチすっきりしないんだが、
大きなサイドチェンジのパスを出せる選手が複数これに加わって、
メリハリがあって面白い内容のサッカーになった気がする。
リバプールを思い出させるような感じ。
基本的なパスの精度と、
選手たちの判断の良さがあって出来るプレー。
うーん、まだまだスペインの天下が続きそうだな。

イングランドは、チームとしてのモラルを強く感じた。
クロアチアはモドリッチの不在がかなり響いたけど、
彼がいても、このサッカーやるのなら勝てたような気がする。
(だから無駄に怪我なんてさせてほしくなかったよ)
とにかくピッチにボールがある間、誰も気を抜いてないものね。
得点が入ってることなんてまるで影響していない、
ストイックに自分たちのプレーを続けて、
その結果として得点を積み上げていく。
カペッロのイングランドは硬派で面白いです。

ブラジルも、守りありきで堅実なサッカーで、
今までのスタイルとは違うかもしれないが、
私は好きだ。
守って固めて、チャンスが巡ってきた時にしっかりとしとめる。
選手たちの意識が徹底していて清々しいです。

なのでベルギーはまだしも、クロアチアやアルゼンチンやチリが
ああまで歯が立たなかったというのが、結構ショックというか。
でも見ていて、力の差があるなあと強く感じた試合でした。

ロシアはウエールズ相手に、手こずりながらも最終的に3?1で勝利。
キーパーのスーパーセーブがなければ、
パブリンの3点目は出てこなかったと思う。
同点にされそうな際どい時間をよく耐えたよなー。
ビリャ君は出場なし。
この試合で目を引いたのは、左サイドバックのヤンバエフ。
堅実でしつこいプレーを最初から最後まで。
まだロシアはこんな面白い選手がいるんだなー。
あとFWのブィストロフも、右の裏を取る鬼のようなパスに何度も何度も走って、
少なからぬチャンスを作っておりました。お疲れ様。

ハンガリー対ポルトガルは、
何だかどっちも腰の引けた展開で。
ハンガリーは直前のスウェーデン戦の負けが引きずってるような足の重たさで、
ポルトガルは崖っぷちで勝たねばならないプレッシャーで身体が固くなってる。
早い段階でポルトガルが先制したけど、今度はそれを失うのが怖くて
どうにも動けず、ハンガリーも引きこもって出て行けない。
途中からつまんなくなって片手間に見てたよ。
試合としてはハンガリーはその前のスウェーデン戦の方が、
ずっとずっと戦ってたし強かったのにね。

ドイツの試合はなー。
なんだよこの内容、ってヤになるよ。
とにかく基本的なパスやトラップだけでもちゃんとやってくんないかな?
やる気ないのはもう仕方ないから目をつぶるけど、
それが雑なプレーに出るようではね。
お客さんも最初はウェーブでちょっと時間をつぶしてたけど、
それも面倒で、ただつまらんミスにため息をつくばかり。
一体オレたちは金を払ってここに何をしにきたんだ?
ま、ミロの2得点の後、ドイツはバタバタと猛攻に出たが、
それもなんか雑な攻め方で、騒々しいだけで面白くはないのだ。
ワーワーと点を取るか、やる気なくダラダラ雑にやるかの
どっちかってのはなんなんだ。
FIFAランキングに恥じない試合を見せてくれよ。
あ、でもミロの2得点はお見事でした。
サイドバックが上がってきての攻撃をしっかりと無駄にせず、
右からも左からも決めてあげる気配りチームプレーは大人ですね。

あ、最後に日本も。
ガーナ戦、稲本が入ったあたりで見るのをやめたのだけど
ちらっと「勝った」というのを夜中の観戦途中に見て、
次の日残りの分を見た。
稲本がどっしりとボランチとして効いてるプレーを見せてたなーという印象。
あのスコアの試合をひっくり返したのは、選手の自信になるでしょう。
「本田の守備がどたどたしている」とのもん家ではいいネタになっています。
マスターは帰ったらさっそくオランダ仕込みの新メニューを考えないとね。
オランダ丼とかね。ただコロッケがのってるだけだが。
注:蛸足では「マスター」=「橋本」というキャラです。
スポンサーサイト

テーマ : 欧州サッカー全般 - ジャンル : スポーツ

タグ : ドイツ代表 イングランド ブラジル ロシア代表 ハンガリー

21:27  |  あちこち代表  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1276-7d65d068

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |