2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009.10.23 (Fri)

ペロッティに心変わり

スペインリーグのお気に入りはちょこちょこありますが、
最近特に気に入ってるのはセビージャペロッティ
リーガのデポル対セビージャとCLシュツットガルト対セビージャ
両方とも面白い試合だったなあ。

ペロッティ
(上の試合とは関係のない写真。右がペロッティ

やっぱこれからはぺロッティだよ!
とあっさりディエゴ・カペルを捨てた私。
ゴメンネ、だって君はやれることが4つくらいしかないんだもん。

ぺロッティは昨季カペルのポジションをひそっと奪った若手のアルゼンチンMF。
カペルがU20からメキメキ頭角を現し、
突撃ドリブル突破&ファウルをした相手へ次々食らわす黄色や赤の紙、
そんなのを見てワクワクしてたんだが、
次の年にはもうすっかりヤツのやり方がバレてしまい、
とりあえず左足使わせなきゃいいだろ、で
カペルの攻撃は読まれて押さえこまれて、
もう誰も紙ももらうような失態もしなくなり、
すごすごベンチに下がり、出番が少なくなる生活が長くなって、
関係はないがファビオ・アウレリオやカヌーテが調子を落として、
セビージャが全体にちょっとつまんなーいな感じになってきて、
不貞腐れて試合を見ている間に、
いつの間にかするするっと出てきたのがぺロッティだったのだ。
最初はなめた名前だなーと思ってたくらいだったのに、
彼はカペルよりずっとやれることを多く持ってるので、
あっという間にカペルを追い越してしまった。
ドリブルもできるし、中へも切れ込むし、タッチが柔らかくてキレもあるので、
ただ突撃して相手と正面衝突するカペルと違って、
状況を見てひらりとかわしていなしてタメを作ったり、
ガッとギアチェンジしたりと変化を見せられるので、
相手が捕まえにくいのだ。
出自はアルゼンチンながらもダーティさはなく、
でも時にはガーッと噛みつく血の熱さも持ってる。
マドリー戦ではぬけぬけとグティを挑発してみたりね。
そんでまた、四肢が細くてのびやかで、顔も小さいし、
くるくるっとした黒い髪で良く見るとかなりカワイイ。
そこがまた、ブロンドというだけで、実は5等身で、まあカワイ・・・(自粛)
なカペルと大違いなのである。
というわけで、私は今はすっかりぺロッティに鞍替え。
デポル戦でペロッティ→カペルに交代になった時は「ええ??」と文句を言う始末。
すまん。女心は移ろいやすいのよ。
カペルも背はいまさら伸びないだろうが、もっとネタを増やして
私のハートを再びキャッチするように精進してくれ。

で、反対側にいるヘススはノータッチなんだが、
同じようなポジションで同じような仕事をしてるようだが
なぜか彼のどこにも引っかからない自分の好みの偏り方が
良く分かりません。
スポンサーサイト

テーマ : 欧州サッカー全般 - ジャンル : スポーツ

タグ : セビージャ ペロッティ ディエゴ・カペル

17:02  |  蹴球小ネタ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1323-227a4e1d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |