2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2009.11.28 (Sat)

0910BL#14 ボーフム対ケルン

ホームで順位をひっくり返せる重要な試合だったのに、
前半の良い動きをしていた時間に攻めきれず、
後半はまたいつものボーフムに戻ってしまって、
相手が決定的シーンでことごとく外してくれたことに救われて
スコアレスドローでしょっぱい試合が終了。
ケルン相手にこれでは本格的にまずい。

前半はまだスピードもあってテンポも良く、
最後のパスの丁寧さだけがないという、
これも前季の「勝てるのに落とした」時のパターンによくあった。
でもこれ70分くらいから息切れするんだよな。
ちょっとグローテのところで収まりがつかない。
ボーフム、ゴール前でボールを触る機会が少ないのよ。
でもレベル的に拮抗した試合は、それなりに見ごたえはあったんだが。

後半、グローテとコンチャを下げて、
エパレをトップ下に、小野をボランチに、プフェを右サイドバックにスライド。
クリモをトップにしてスタニを左に。
エパレが身体を張って粘るので、さっきよりチャンスは増えたが
試合のムードはなんだかピリッとした感じがなくなって、
見慣れたボーフムの試合になってきた。
どうも前半上手く切り抜けたことで、まったりしてんのか?
大きな意味を持つ試合だということが、
完全に感じられなくなってしまった。
バタバタと雑で、その場しのぎのプレーが増えていく。
ボーフムのコーナーから、ダブロとクリモが後ろから抱えられて倒されてるのに
どちらに対してもPKを取らなかったあたりから
試合は荒れる方向へ。
その後、ボーフム自陣でも、小野が後ろからスライディングで思い切りPKだったが
さっきのPK見逃しプレーで相殺された感じだった。
その後もケルンは、決定的なシーンが何度かあったが、
決めきれないことで命拾い。
ボーフムはとにかく自陣から抜け出せない。
自分たちのボールになっても落ち着いてキープできない。
主審がプレーを止める基準も良く分からず、
試合を妙なところで流したり止めたり。

ケルンの方が圧倒的にチャンスは多かったと思う。
ボーフムが変なところでファウルし過ぎなんだよ。
自ら相手にチャンスをプレゼントしてどうするんだ。

残り20分くらいから、もうサッカーじゃなくなってきたな。
得点の雰囲気は前半からあまりしなかったが、
後半はもうサッカー的なものがどんどんなくなっていった。
でも「ここで何としても勝ち点3!」という気迫があるかというと
そうでもなく、ただ目の前のプレーに反応するだけの試合。
個々に踏ん張ってる選手もいるが、繋がりは見えない。
もうこのころには小野さんがいるのかどうかもさっぱり分かんないし。
今日は前半トップ下だったが、あまりボールに触れず、
この場所でいいパス出せたら!と思うのに、そういうシーンで顔が見えない。
後半ボランチに下がって、最初はボールを触ってたが
その位置でパスを味方に出してもゴールから遠いので、
ボーフムの場合はミスってピンチになる確率が上がるのが怖い。
前半の場所で、ボール触ってパス出してほしいんだよ。

後半エパレが入って、前でキープできる時間が増えたが、
攻撃的には面白みがなく、PK取られなかったあたりからは
可能性すら少なくなってしまった。
ケルンのファウルをあまりにも流すので
監督も第4審判に厳しく詰め寄るシーンも。
まだ退場者が出たり、酷い怪我人が出なかっただけましだったが、
逆にいえば、そこまで追い詰められた気迫が見えなかったという感じか。
なぜこの状況で、このプレーなのかという。

ああミムンがいればなあ。

と私はファンだから思う。
彼がいても、まったりした試合をすることはある、のは分かっているが、
彼がいて、ドリブルで突破しようとしうアクションがあるだけで
雰囲気は変わるのだ。

試合を見ていれば、ボーフム負けなくて御の字だけど、
状況からすれば、ケルン相手にホームでスコアレスってのは
重症です。
ここで勝つことに意味があったのに。
前節のHSVでの勝利が生かせないじゃないか。
今節も17位から抜け出せない。

公式から人の動き
Heerwagen
- Concha (46. Epallé), Maltritz, Mavraj, Fuchs
- Pfertzel, Dabrowski
- Prokoph, Ono, Grote (46. Klimowicz)
- Sestak
まだ日本語レポまで上がってません。
でも今日はこれから鹿島まで試合見に行くのでこのままアップします。
[ Mimoun Azaouagh ][ VfL Bochum 1848 ]
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム 小野伸二 ケルン

06:53  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

この試合、スタジアムで見てきました。
正直なところ、後半が始まってしばらくは勝てそうかと思いましたが、最後のほうは残念な内容でした。
順位は下ですが少し上はかなり詰まっているので順位を上げるチャンスだったんですけどね。
ポドルスキが不在でノバコビッチが精彩を欠いていたケルンを相手にドローは無いですよ。
reis |  2009.12.01(火) 23:03 | URL |  【編集】

reisさん

わっ、ドイツに行ってたんですか!!
せっかく勝ってもおかしくない状況の試合だったのに、
目の前で勝利を見ることができずに残念です。
せめてゴール見たかったですよね。
小野選手がフル出場した試合を現地で見た、
なんて羨ましいひとがたくさんいるでしょうね。
マッチデープログラムもタイミングとしては面白い号に当たりましたね。
レポ楽しみにしてます。
って楽しくなるような試合だったらもっと良かったんですが。

次はまた正念場のシュッツ戦ですよ。
今度は順位をひっくり返されないようにしなければ。
のもん |  2009.12.02(水) 00:19 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1357-0b314a4c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |