2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.01.17 (Sun)

0910BL#18 BMG対ボーフム

日本語記事まだアップしてくれるのね。ありがとうボーフム公式!

→ 2―1 の好発進

相変わらず元気のいいレポに、こっちも嬉しくなりますな。
ボーフムはアウエーで無事にリードを守りきり、
後半戦の大事な初戦を勝利で終えることが出来ました。
ああ良かった。

ミムンは直前にアップされたスタメンから名前が消えており、
体調は万全のはずなのだけど、
やっぱりウワサされてる監督との確執みたいなもんが
ホントにあるのかしらとちょっとビクビクしています。
ミムンはきっと自分から歩み寄ったりするのは苦手だと思うので、
こじれる前にしっかり誰かれ間に入って、
話し合いするとかちゃんと対応してほしいです。
拗ねてる間に関係がこじれて悪循環、というのだけは避けてほしい。

で。
日本語レポの最後を読んだら、
ミムンのインタで大間違いしてました。
なんだボーフムはBMGにずっと負けてなかったのね。逆じゃん(大汗)
訂正しときました。

スタメンと人の動き@公式
Heerwagen
- Concha, Maltritz, Mavraj, Fuchs
- Dabrowski, Maric - Dedic (46. Freier), Prokoph
- Epallé (73. Johannson), Sestak (90. Hashemian)

エパレをトップに、右デディッチ、左プロコフといつもと逆の配置かも。
マリッチをさっそくスタメンで使ってきました。
ボランチとは思わずびっくり。このポジションが出来るんですね。

ボーフムは立ち上がり、落ち着いて良い感じ。
探り合いから始まったゲームは、
5分にBMGが右からの突破をしかけてシュートまで持っていく。
コンチャがついて行けずに置いてかれるのに肝が冷える。
倒れてもこの主審はあまりファウルは取らない雰囲気だ。

マリッチが見た感じ重そうだけどボールによく触ってる。
坊主頭とデカイ身体がよく目立つ。
BMGの右からの攻撃をなんとか耐えて返す攻撃。
フクスのロングフィードを左で落としてエパレがタメを入れて前へパス。
受けたのはダブロ、上手く相手の前に入りながらドリブルして
なんと3人を惹きつけて、右のスタニへパス!
スタニ追いながらフリーになって落ち着いてゴールへ決めた!
すげええええ、何という気持ちのいいシュート!
ボーフム先制12分です。

18BMG2.jpg

タイミング良く出したエパレも凄いが、
囲まれながらパスを出したダブロにびっくり!!!
彼が良かった時のプレーをもう思い出せないくらいになってたのに。
とにかく今日はこのプレーもそうだが、
ダブロの調子がとっても良いのだ!
落ち着いてるし、周りも良く見てる。
いつもならもっとファウルの数も多いのだが、今日は少ない。
というのは、
マリッチがとてもよくボールに絡んでて、
ファウルをせずに上手く身体を入れてボールを奪うか、
奪えなくても時間を作ってくれるので、
次の選手がフォローに入って次へつなぐことができる。

なんかなあ。
小野さんいなくなってどうなるかなと思ったが、
スミマセン、問題ないみたいです。
むしろ、身体を張って、ファウルを受けるでもなくするでもなく、
後ろで相手の攻撃の芽をせっせと摘んでくれるので、
ボーフムのサッカー的にはとても助かるのです。
ホントにねえ、お金まで置いてってもらって・・・。
新天地でどうぞファンに暖かく見守られながら活躍してくださいませ。

マリッチはハッとするようなパスはなくても、
味方に繋がるパスが出せてる。
ここで押さえがきくからダブロが焦って無理する必要がない。
エパレがまた下がって取りに来て、
こちらも落ち着いてタメを作ったプレーをするので
全体に今日は慌てず集中が持続して、見ていても安心できるのだ。
まさかここまで立て直してくるとは思わず、驚いてしまいましたよ。

とはいえ、
BMGの方が徐々に攻勢に。
左からBMGのスローインに、味方が3人も寄ってった時は焦った。
なのにクロスをしっかり上げられ、フリーで待っていたアランゴがダイレクトシュート。
幸いミートせず大きく外してくれたが、
タイミング的には入ってもおかしくない形だった。
あと裏を狙うパスが結構通りそうな気配がガンガンするので
とにかく怖い。
ボーフム、その辺弱いからなあ。(いや他にもあるけど)
BMGはパスミスがあったり、クロスも入れてくるけど精度がいまいちで
会場からため息やブーイングが。
それでも狙われてるコースや、打たれていることに変わりはないので、
ボーフムとしては集中して修正していきたい。
ボールの跳ね返り方はボーフムにまだ分があるようで、
チャンスを上手く活かしたいんだけど、いまいち生かしきれない状況が続く。
もう1点欲しい気もするが、
この均衡した状態を長引かせた方がいいのか、なかなか難しい。

気づくと、ボーフム、今日はポストプレーがちゃんと効いてる。
ヘッドでそらしたボールが
ちゃんと味方に繋がっていくような動きをするんだよね。
ってそんなところで普通は感動してちゃいけないんだけど。

左からBMGの攻撃。
中央にパスが渡り反転してスルーパス。
右から抜け出した選手にわたる前にマフライがカットする!
ボーフム大ピンチでした。うひゃああ(冷や汗)

セットプレーも増えて来てる。
まだ30分過ぎたくらいだ。
長いなあ。もう終わってくれ。

BMGの中央のスルーパス、マリッチは空ぶったが次の選手がカット。
ボーフムの攻撃からコーナーを得る。
右からのコーナーはマリッチ
マリッチ、セットプレーのキッカーも務めてます。

そこでボーフム2点目が入りますっ。

マリッチの、戻るようなボールをマフライがヘッドで左へそらす。
左に飛び込んだデディッチが押し込んでゴール!
BMGはポストに一人残ってたのでオフサイドもなし。
デディッチ、ユニの下に愛娘の写真をプリントしたTシャツなんて着てんの。

18BMG1.jpg

36分の追加点。
でも2点リードってのは難しいバランスなのだ。
今日はボーフム、ミスがとても少ない。
それだけでこれだけのゲームが出来るのだ。
ボーフムのファンがチームの応援歌を歌ってるのが聴こえる。

BMGの猛攻が続く。
コーナーからダンテがフリーでヘッドするが枠を捉えず。
なんでフリーにしてんだよ。
BMGが中盤省略で最終ラインでの1発勝負に出てくる。
がんがん放り込まれるボールにボーフムも必死で耐える。

なんとかしのいで前半終了。

後半開始。どこのオバチャンかと思ったらフライヤだった。
下がったのはデディッチ。そのまま右に入る。
またここからしばらくBMGの怒涛の攻撃にさらされる。
早い時間に1点失うとどうなるか分からない。
混乱に巻き込まれてバタバタするとやばそうだ。
集中してギリギリの守備に身体を張るボーフムの選手たち。
エパレが後ろからインターセプト、そこからカウンターで
ゴール前に挙げたクロスにフライヤが飛び込むがダンテと交錯。
二人が頭をしたたかにぶつけて、二人とも流血・ホチキス・ぐるぐる巻き。
それでもピッチに戻ってきた。ブンデス凄すぎます。

そこからもまだBMGの攻撃、耐えるボーフムの時間が続く。
この時間でもまだボーフムは前線からプレスをかけて、
相手の攻撃を遅らせて、ぎりぎりで足を出して踏ん張る。
やっとカウンターのチャンス!
中央スタニがドリブルで上がり、潰されながら右のフライヤへパスを出す!
フライヤ、フリーで大チャンス!
と思ったら主審のヤロー、とめやがったよ。そこは流せよ!!

ここまでシュートチャンスは14:4でBMGが圧倒的。
幸い枠に飛ばないシュートが多いが、
こんだけ打たれてたらいずれやられそう。
裏も取られまくってる。
左から攻撃が抜けて行くシーンが増え始めてる。
そろそろここを変えてくれませんかね。プロコフに替えてミムンとか。
ゆっくりとエパレが下がる。
ヨハンソンが入る。ミムン拗ねるなこれは。
マリッチは1枚上がったようだ。

で、どーもこのあたりからBMGの攻撃がまた激しくなり
スタジアムの応援も大きくなって、
ボーフムは何か押されてきてクリアもなかなかすっきり出来なくなってきた。
左からBMGのフリーキック、ヘッドはゴール前に落ちたが
ラインぎりぎりのところでヘアヴァーゲンがかき出した!!!
ああああああぶねえええええ。

うーん、マリッチを上げてヨハンソンを底にしたのが
あまり上手く行ってないんじゃないのか。
マリッチの方が重心が低くて安定感があるのだ。
比較するとどーしてもヨハンソンが軽く見えてしまう。
ここが落ち着かなくなってきてるので、
全体にボーフムが押されっぱなしになってしまっている。
それでも集中して落ち着いて対応しているので、
またBMG側に焦りが出始めファウルが増えて行った。
ライン際の判定やファウルの判定がBMGに不利だと会場が騒がしい。
BMGが79分に動く。
自陣でのパス、ダブロが中途半端な落としで、近くにいたマリッチとダブる。
あーあ、と思ってたらボールは右へ流され、
フリーでうまくBMGの選手が奪い、切り返してゴール前へクロス。
左裏から飛び出した選手がボレーで押し込んであっという間の失点だった。
僅かな、小さなミスが、失点に直結してしまった。
ヨハンソン、ちゃんと飛び込んでくる選手を見ててよ。

まだあと10分。怪我の治療も考えるとロスタイムも長いだろう。
ボーフムさすがにちょっとバタバタ。
サイドからのマイナスのグラウンダーのパスから流し込んでのシュート、
という攻撃を次々食らう。
枠に入ってないだけで、いつ追いつかれてもおかしくないような攻撃。
ボーフムは後ろに引きすぎてるようにもみえる。
でも追い過ぎて後ろを開けるのも危ない。
ヘアヴァーゲンも息が付けない。
最後の交代はハシェミアン。スタニが下がる。
ロスタイムは4分。長いよ。
BMGはクライネを入れて、パワープレーの様相。
またさらにギアチェンジをしてきたところで、
フライヤがまた出血してるので主審に外に出される。
っていつのまに包帯取ってんだよ!
この危ない時間に外に出る羽目になるなんて。
またぐるぐる巻きにして戻ってくる。

ボーフムカウンターの大チャンス!
フライヤが左をドリブルで突破、
中央のハシェへパス、
ハシェ、トラップしてシュートはキーパーに当ててしまう。ばかっ。
コーナーの流れ弾をボーフム拾えなかったが、
相手もカウンターには至らず。安堵。

試合終了。
ああああああ勝ったよおおおおおお。
信じられないよ!!
でも今日は、ちゃんと落ち着いて、集中して、ミスも少なくて
全員が助け合いながら頑張ったから、ちゃんと結果がついてきたのだ!
ミムンは出なくて、そこはちょっと今後のことを考えると気がかりなんだけど、
でも後半戦の大事な試合をアウエーで勝てたのは大きいよ。

暫定で順位は13位。ポイントは19になりました。
次の相手はホームでシャルケ。
難しい相手だけど、今日のようなプレーを見せれば、
とりあえず拮抗した試合にはなるだろう。ホントか?(汗)
[ Mimoun Azaouagh ][ VfL Bochum 1848 ]
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム マリッチ

16:47  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1428-0063beda

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |