2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.01.24 (Sun)

0910BL#19 ボーフム対シャルケ ー 闘って掴んだ1ポイント

信じられない。
ボーフム、ロスタイムに劇的同点TORです。
夜中に「スタニーーーーーー!!!」と絶叫してしまった。

というか、
スタニさんどこにいたんですかという後半だったのに。
ストリーミング映像は、前半にもまして止まりまくって、
チャンス、かと思ったらもうピンチの連続で。

頭が動かない。
ええ嬉しくてビールを開けましたので。

後半になって入れたフライヤとミムンが、
前半にはなかった前線でのタメを作る仕事をして、
少しボーフムは落ち着くことが出来た。
というか、これでようやく試合らしい試合になった、という感じだ。
シャルケの方がまだ冷静に隙を狙ってくるけれど、
ボーフムはまず抵抗するようになった。
チャンスも増えて、敵陣でボールを回す時間も増えて、
コーナーやセットプレーも増えたけど、
でも結果が出るまでの決め手がなかった。
いつカウンターで、セットプレーで、やられてもおかしくなかった。

先制点はコーナーから。
映像が止まってて、動きだしたときにはもう1点が入った後だった。
マリッチは初アシストになったようだ。おめでとう!
ハシェの打点の高いヘッドでそらしたボールが入ったようだが、
リプレイもちゃんと確認できなかった。
同点弾は、シャルケの決定機を何度となくしのいだ後のカウンター。
ハシェが飛び出して、左サイドで切り返しを入れながら二人を惹きつけて
クロスを上げた。
ボールは手前の選手の頭上を越えて、後ろに待っていたスタニに届き
スタニがヘッドで押し込んだ。
92分のゴール。

選手起用が当たった、と言えるんじゃないかな。
前半を除けば。
エパレに変わって入ったハシェが2得点に絡み、
残したスタニが同点弾。
前半、やられまくっていたプロコフと、
いるのかいないのか分かんなったデディッチに替えて
ミムンとフライヤ。
いや、替える前の二人だって、別に他の時だったらいいプレーを見せたかもしれないが、
今日はシャルケの攻撃を押さえる役目を果たせなかった。

個人的には、
ミムンとフライヤが入ったことで展開が変わり、
2点のビハインドでさらに大量の追加点が入ってもおかしくない雰囲気だった試合を
同点に持って行けたことは、
監督の意識や彼自身の迷いを変えるきっかけになると思う。
ミムンのパフォーマンスは、際立ってどう、というレベルではなかった。
気合いは感じたけど。
でも直接の関与はなくても、流れを変える一つの要因ではあったのだ。
二人の関係が悪化する前に、こうやって曲がりなりにも結果を残せたのは大きい。
変にこじれるのは勘弁してほしいからなあ。

シャルケとしては、
前半の40分に追加点を入れて、かなりいい形で折り返したと思ったが、
後半、「入ってるのが普通だろ」な状況で決められなかった何点かのせいで
最後に泣きを見る羽目になってしまった。
前半凄く怖かったサンチェスを変えてバウムヨハンを入れ
ファルファンをトップに加えたことで、
また新たな脅威を作ることが出来たのに。

他の結果はまだ知らない。
でも失ってなんぼだったポイントを一つでも取れたことは大きい。
前半の入り方を完全に間違えたボーフムだったが、
結果オーライなのか。
前半のプレーがあってこそ、発奮しての後半なのか。
サッカーは分からない。

頭が回らなくなってきたので終わります。
レポは・・・あらためては書かないかも。
[ Mimoun Azaouagh ][ VfL Bochum 1848 ]
スポンサーサイト

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

タグ : ブンデスリーガ ミムン・アザウアク ボーフム シャルケ

02:12  |  ブンデス  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://takoashiattack.blog8.fc2.com/tb.php/1435-c1b9e972

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |